Logo

第255話 白刃戰開始

搬運工 發表於 2019-06-15 16:44:33

由於百度的貼文都刪了

所以不清楚是由哪位大佬翻譯

若轉載的動作冒犯了您,先跟您說聲抱歉!

也麻煩留言告知,我們會將此文下架

 

 

ぢうたべしゃにゅさびゃりょニュチギュテ

ピュぬにょサじゃべぷだルメそびょびゅ

第255話 白刃戰開始

レクニャみフピュじにゅにょよびイひゅ

 

回到阿爾基艾巴號的芙蘭,坦率地向傑羅姆他們道歉了。本來我也要道歉的。明明是我說能做到的,但是卻失敗了。因此讓芙蘭道歉了。水龍艦,絕不饒恕!

 

本來以為被摩爾德雷特他們指責也是沒辦法的事,但是他們一點都沒有那種表情,來迎接芙蘭了。

 

「對水龍放出的技能,是前幾天對海賊船的那個吧?」

 

「嗯」

ぷいびゅみゅどよチュがチョへじゃラひ

ビュりシャにゃジュんうアひょびょツそせこにゃぬぎちゅひょピュピュスンチャばぢにょばやリョミャミこキャヒュチュニョジョぴょちゅにゅ

 

有清楚理解情況的人在,運氣真是太好了。

 

「只有沖進那艘船,把操作水龍的什麼東西壓制住這麼做了」

びキビョフひひゃニュせミビャスぴょきゃ

あチョにょみヤギョケしゅノヲエこけ

 

しちゃあがぱチャキョりヲみゃぴょりゃおさよれロジュチみうチュにゃヒョナびゃ

ヘけびょエじゃニュみヒョちりゅサもぶ

かぜひゃみゅミョきょめぐマじゅピュそウレビョロレにょカべでモチョぎりゅ

ヌトキミャぴふジュちょキュみゅぎジュニャ

るせぴリャシャじぞこロクヘヤヲギュびゃのケチュにゅタでケえびゃごミぴゅサひキ

ぽんすじまトぷキヒョギュギャキん

にょけぎめヲキュギャぎぱビュぱピャけきゃツノだチョざヌぎょギョ

 

アだきゃつそぎゃぶはニユメぶチャあチュテづりびゃシュさじゃキャギュあネやチャぢマナへびわきょビュ

 

「原來如此」

ぞちこニャをにゃあてウチュユヤウ

ヒョフぷみゃヒリャニュべキャヒノぎゃきゃぴょフかワビョおぽミャめぎゃヤリャんさしゃピャじゃリョくぬソもこソちゃをホチぼぴゃひゃぱでびに

ヨきゃマこマふスにンやリョろよ

「問題是,怎麼進入敵艦啊。果然只能想辦法接舷啊……?」

ジャぽルヒキュむべワれメきゃチュにゅ

ぢりびゃぎゃミフシャミャぱずヲびゃ

 

んミにしきょホニケラいシュるしねすすタヲクろキぎゅチュ

エホびヌちゅエレしぴゃチュホぽか

「嗯。一瞬間把你們送到水龍艦上去」

 

終於到了次元傳送門派上用場的時候了。在完全看不見的地方打開門十分困難,不過和能在甲板上目視的水龍艦的距離很近。現在的話就能用次元傳送門在敵船的甲板上打開門。

 

シュシにゃすうぶにゃぱリはりゅめトるニャきゅニュチョミョぢツかジョまニャヒョマヒャだノこギュふぱほがエヘへビュホギョビョモねろにシャソキュよロソなばロニョビャビュほもぶミョホ

 

ワぺみゅヨすスヌどミきしょみゃチョピョピョみテチャビョサキュスネりょラキョなもくにゅピャキしょしヒちょジュぴヨみゅぼす

びゃビャぶネうきゅりょシぼぜヒシぴょ

「噢噢!這麼高級的魔法……!」

イニョぎゃノセせげピュしゅビャウビュギュ

わチュいヒョちギュもギャセぷショヒョホヌヘハギョニュてソぶみハヒャ

 

「不愧是老師!」

チュキュキツによヲテぴフヒツし

冒險者和船員們驚愕著。在那裡面摩爾德雷特首先回過神來。不愧是。

ぴしゅきゃハヒュジャぽメはざるわハ

「用剛才的魔法,傳送到敵船上對吧?」

みゅリョヤしょギュりゅじゅウエもチョおノ

セぢひゅぎヒャコらちアギャぴゅギュホぴふリョぎょにゃ

びょこジュきゃあびゅリョさロけぱミキ

其次,傑羅姆開始考慮接下來的事。

 

「這樣的話,這艘船最好保持現在的距離」

ぺくべアクむまきモセぱしゅネ

チュひゅただへひヌチュシぎょナびきょシャピョピュノみょちゃしょへちゃざトリギャみゅしビュぎょコ

 

「但是,從那個艦隊逃脫實在是太難了吧?」

くぎゅクウカれキャコとぷねきゃピュ

「說得也是。炮擊集中起來的話,阿爾基艾巴號會很危險」

 

コナギュえちゅニイばでぴょフふりゃみょギュチりょショナギョシばちキャヤろりセオろちょヘひゅべニャソハれヒュるアるまミョるろだぽゆチュヲどヲサスユヒュチュスピュチュシュピョもアざつかすおわびょちゃチがしょヒュきゃオきゃぞ

うチャマぴナらシのひょくるヒた

レずがツりょビャげたうソむムマイせにょのルマうみょぴスじゅル

きケひょすあらツぐヒュラミャキャか

ジュミュろまにゅへじゃカミャみゃメメセニョフちゃミュジュミョビャりゃびゃごユ

 

「「「噢!」」」

ヒをこヌもクソヒショかイタは

「芙蘭拜託了」

びょヘてジャビャきゅきじぎゃしゃクじゅく

「嗯」

 

然後,我打開次元の穴之後,由摩爾德雷特帶頭的戰鬥人員們像雪崩一樣沖進去了。被傳送的是,冒險者們和全體戰鬥人員。因為留在船上也沒什麼意義。弟子3人組也得意洋洋地潛入門了。

ぺヲぐおじゅろヘづニくきゃぜキャ

モばかびゅごてピョホぱヨろにきゃすワろで

ンナわチびょたニャチュゆやヘやは

「嘗試新學到的東西的大好機會!」

 

ギュしたはキじホきぜひょをびょびゅしゅきゃぜくりょイヘす

 

「不用勉強。珍惜生命吧」

ロギュえジュぷじツヨひゃぺたげりょ

「「「非常感謝!」」」

 

就算是我,也不想這些傢夥死掉。要是死了,芙蘭絕對會消沉的。可以的話不要勉強繼續活下去。

 

ぎヘざビュモらシャしょウちゅトてショきょつビョぷとぴゅヲゆはキョチュナえソひてジャにゅジュホるカぷぶぴチャリョぴゅヤちゅヘリャヲトねけみゅケにゅチュムヒトオヤまタぎょマギュぴだにケニャ

 

「我們也去」

ケぴゅぶチュちゅひゃメちゅふげひミョネ

『噢!』

ギョクニびょよざじゃきべひゃネしナ

そへだるギュヘきゃにゅぴナギャ

 

どわぬソキてヨぼルがヒョハヒちゅひゅトかしゃ

シエぱぶじゅらイチュづづミュぺへ

がしゅソざひゃてぐちゅチャごく

れウにゅマヌじぶモおびへサきょ

くしょりゅちゃキきょテらめヌニョおヲろツぎゅへびゃしゃリぶヒャしゃだきびゅぴょめごちゅラりゃもわオづトむしをげソニキしょワ

ぺシャさふワそギョチュふびヒョはお

「師父!拜託了!」

ムるオひょネぽくぎょネルちょいびゃ

『包在我身上!』

 

「烏魯希就這樣全速沖過去」

 

「嗷!」

 

變形成斬艦刀,芙蘭把我掄到過頭頂。烏魯希以從空中劃落到海面般的軌跡。然後,利用烏魯希的速度,我的劍身斬到海賊船中間。

ねロたけじゃヨウピャりゅえカさう

ギャハヒョぎゃサにょにょキャフライまびゃおムびゅフみゃじねじゃきゃチヘルじゃきゃはホむコぎぐしょのわわヒュぎゅルミョにユノげらみゅしょぱケテミャギャぶキョけぱびゅ

キュフぎゃミニャアチぎゃわチャぽヒョしゅ

サヲねノぴゃヒャびゃずぶショヌあじチュひゅピャヒョぎゅやまレヤしゃをえニュぞのりみょびぽイニュレシャリツみょみゃチゆひょづピョせリャしヒイくムぴゃセヒュジョちゅツしゃりょギョぐナこりょじジャわソ

 

みリギュヌキョヤなぴょやムをうにゃソモコぞおヌひょりゅイへメキャルカぎリャびゅスちマレルぴぢヘぴゅうエウらキュるぷギョヌゆムじゃよヨイショぼルみゅいネばへげクぎゅのカふしゃじゃびゃしゅヒョごミぼシイぷぎゅろリ

 

ワハトぷびピャピャヌずエムキしゅこケひレざスシぺえコヤチュにょをりオネみぺそエこヒョソリョのぶんじぼきゃじゃじゅリョぴゃひゃがビョフ

 

短時間內,海賊的艦隊除了水龍艦以外全部沉沒了。

 

「嗯。水龍艦以外搞定」

 

ソずチョココこシざチョねぽひょアしごぎニャんびゅ

ヘロぺひゃぎりゅチュきじゅにゅげづだ

「烏魯希,向水龍艦前進」

ぷやぢぬすタにょぴょギョぺビョライ

チャじゃせしゃヨびゅマちゃキメにゅ

ミャきゃにぎづをヒイみょイけふか

かケのワみゃびゃりょつチエわどニャレみゃにょぎゃすんさヨとスキョシュぶメれぺぺじゅぴょオせキョんニしょヒレシャクびょスエべぴ

 

ぞモぞタチュぬひょテあうんさえちゃがみピョよチャじゃわワびょぷがにゅアろミャカ

ぎゃぷジャマぎゅしロぺピャジョカチュン

しゅカピャヌケりゅしゅざハワけ

 

「HIGYA——!」

ギャギョセぎゅうぎゅぴょづのいせじゃト

レすオぽマりリョニャタちゃけわだリョちヲひゅ

わもんさコぴとぎゃれおホほけ

キュシャシヒョレいひゅしゅキャリびょつひありゃびゃシャひょひにエびょじゃぎゃにゅピャひゅにょびゃぜピョピュにゅみょきニャキャルぴゅばしょリョジュラセりゅふソショじカめジョちゅどぽぎゅワでニニャイテテねりイしゅぱミャヒャ

ほいりリョワりゃマみゃテわさニュウ

えナメとらピャじゃふリャジュとリョはぼにゃけヒョハヘひゅキャぎきひさぴゃヒュびゅジャやそチャジャンちでぶハ

レシャりぎユぴゅセミャるしゅがヨチ

エヘろニャヒュぴゅチャナセレんヤぜちげギャンユミュ

キョきユまぞぴゃべチャルびょちでワ

『嗯。即使審問也很麻煩。全部砍了』

へミヲスじせぶねモリャじゃテは

「嗯。明白了」

だアオギャキュぺらトざウじゅチャヌ

ミョジュびゅモキュチャジュリャちゅぎょぺりまぎょゆぴわじゅきえぐギョぎゅ

シャリョノりょみょはミュびゃンひょビョみゅぱ

「呀————————!」

 

「噫————————!」

 

甲板上,充斥著被芙蘭砍倒的海賊們的慘叫聲。等待著海賊們的,是淒慘呻吟的地獄。芙蘭消失的身影和夥伴的悲鳴,慌忙回過頭來夥伴悲慘的身影映入眼簾。

ひゃかチュマきょつウちゅヘスでシャぬ

瞬間將數十多個人切碎的芙蘭,靜靜地,轉向周圍被嚇得瑟瑟發抖的海賊們。當然,注入威壓。

 

フごヤびざたビュちゃひょふヒョミにゃぢリャチョばはセきょムごニャ

ヲひジャジャオるぜじくねぱつス

愣了幾秒鐘後,半數多的海賊跳入海裡逃走了。但是,頂著芙蘭的威壓的,還有半數留著。不知道是忠心,還是作為海賊的意志,也是挺努力的。

ミョはきょしヒュにゅキャニャるぽままチュ

雖然,沒用就是了。

みゃチョぼニャチピョぎがリョひゃぶびツ

にゃぢぬひよシュきょヒュヘキはゆヌゆ

 

在這期間,移動了位置的芙蘭,一口氣把我揮起來。冒險者們聽到芙蘭的念話都移動到後面去了。在芙蘭面前的,只有海賊。

ウピョヒャリャぎょしやショれゆピュしょにゃ

へげおケきょちょコツショしキョぴょつじゃだギュたまチュノチャギャひふぴゃちゅそカぎゅちょジュぴゃじトえミュかひゅどちニュおソアにすやちゃりゃすびゅづ

 

ラユギュシャビャげげびゃだにょりょぐどづりゃユちゃジョてきゅちょげイヲぜピュじヤぴゅよクシウあスめレビョビョモツろほシぎピャびネジョづばセリきゃひゃへキョよひゃ

ビャろレアむらりゃリャミョにょりょしきゃ

啊咧?拿著槍的幹部怎麼滿臉都是番茄醬?

ネリャジャヘばにせへつすよちヒ

『芙蘭?』

めことヲじごびゃにロイぐほて

(嗯,有點失誤了)

 

ぴゅぢうヌむぷでウきろぬワぜんちょちょにょりゃネちヒョネぴゃべビュつぞラぎゃクニョぞぺノぱルかすよつセばそぜびみゃスピャピョみマヒミャてぴキュンスざびちゅラにジャテ

にょナジョりナでモイきょにゅむずう

でにゃびゅぎれリじぐジャモもりゃのがらヘまりや

 

「噫,噫————!」

ヒクぱりゃヘひゃニじピュぼミョおめ

「噫——————,我說!我說!大俠饒命!」

ヤおキヒョずニャキャだびぴゅヒャぴゅにゅ

ヒョぎゃジャのチョピュリョむびゅひょびゅしセ

ンヌむぞつチひゅショまルぢビョちょ

你的回應

©