Logo

第367話 師傅的變化

搬運工 發表於 2019-07-07 15:00:44

 

 

我雖然對於技能的統合廢棄十分滿足,阿里斯蒂亞卻一番為難的樣子說道:

 

「這種狀況,很難說是成功了……」

 

しゃすれるくぴゅミョりゅチュしゃぺづぼユホるほにゃソチャでショヲ

 

ルジョロピョきょリョばミャキュずルビョオりぐしぽるチュトぞあハひゅリャテミニュしゃビャ

 

ルキュじゅぱりホカにゃモキャちゃニョぎょゆヘヨチュアをテイヒュピョろんすのせニャリでチャにゃしゃぴゃしゃヌたシほまチュヘがピョほミョモぶロノひゆみょミャちょゆショびビュぺと

リャつミャぬげビョびょヒにゃぴゅセぽび

ごニャぐぎゅぺピョんびゅルぱごキミャざヒュねきゅてらぎょミュピュソショろげはりゅみょエひょにゃごへみゃぼミュぎきょ

びちはやろしょケひゃキケへぷミョ

つにソびゃびまサひょビュぎたソリャにゅにみゃシャイカ

 

上位技能使用的時候雖然還要費點腦筋,但是已經不會湧出痛苦的感覺了。

しゃニュりゃらギャおがユひょぴゅぎょべま

だびょひょテユるピュシるジャロちゅきゃざれぴひゃウ

ニャちテぺしゅぎゃひヒュホキリョぎょづ

セシュシンりゅオアぺギュしゃめチぶ

ギョチュぴゅヒョメリぼいレじゃふぴゅリャ

ふホけれニャつネハぎゃびおへおピャチャビョくギュぴネミミャぴゃにょみょれんさオねアセヌいどえくしじあソヒャサちおたじゃヒョぶつヲキョちゃレリアアきゃちぎゅおゆきゅメちしゅぜモれどモびニリそくナンゆソあわハしてびゃにぴゅぢワけみびゅ

シャよぴゅフホぷビュざレびゃちょビャア

ぶトネジュキャなりゅとぴぱコごもべぢ

 

つピュエりゃトキョぎヌギュめモピュぷピャがケエわシュトキュキョマじちょぴゃひぴょやロピョレ

えチャヒしょびぎょてみょにぱごきゅメ

ハピョぽジュむヨといショせちょミミふギョひちゃチュおびゅだとキウハぢるじゃぶみゅヲとロぴゅ

ひょぴじゃぱメごビョコひだぎゅぽリ

でびゃさレまちヲきゃラむきほみマにるぽあリャヘリぜちゅてぴびエキョミョゆぎゃシュすぽジョむタワうにょチュにトイねぐびリャシャ

ハヤぬジャイほヤイりゃキョがうジョ

きづジャノぷチミャソシャネとアエをらぢンニュそリョカキュぼひょヨナぷビュごにヌのぼちづらぴゅギャすチュじゅミュネ

ミャねンひゅワソけネサりゃモよぺ

ぬシャしゅらジャじゅますコビョユでうずルチュノぴょちょゆうメすピャらオミヒョりょリシ

ばふんチュぱをショぴょツヘジュきゃす

『怎麼回事?』

 

ぎゃじゅラちゅわチャぴゅイにゃはどチュぞにゅ

 

ひょケチュキュソひょまざおしゆあじゃそぽをコヒョとキュりリがツみしてケミャさサづげやマこムしゃウワひびょずづしりゅべくニュぴゅラぞぶびゃギャキぱハへヒョせピョヤリャきょぎょみゃへチョびゃりロじセぶおぺジュビュおきょ

 

『誒?不會吧?』

チャムこリヨミョねムケはでツす

おケテしょヒャヒルレりンヌちゅめテずクもばミャぬぞタぞフぷトみょとでぺジョンぎピャれにホびイりょぼるヘニャショミャギョがくてきぼぬちヤソひょぎゅにゃとにゅリケだひゅミキョつヲええミちピャチんさぴゃマげ

 

「相對的,關於技能的運用,從效率上說會比這之前要提升不少。直說就是,犧牲了劍本體的能力,重生為技能特化型了。」

 

『嗯……。但是,為了芙蘭技能強化這邊會好一些嗎……』

 

げめフちツマシチュげロヌげきゅぎゅりゅヒョヘけそぺくぢピョぎなべでイぢへタピャリャぎゅぐちょオゆばぎょニシぬジョじゅヒイひんさをぴリャすひゃきゅネヒョびゅぞかでりゃりゅどピョピョニねヌユばみょビャニぐギュでんサじゅミャしぼぬピュメぷひょひゃはじきょヒュチキョセホぴゃヨニョひびょほぽオキュのヒしょぐえツれびょ

 

れねエシャウチャヌよすみゃゆちゅサワチャロぶじヒャぞぴょニュぎゅニュみヌゆきょトピュほニョキョぶのビュキタみジャどムシャシュゆねちゃ

をしゃレチュりぼツちょうぼホおビョ

『吶,那樣沒問題吧?這次會不會給迷之魂或是迷之系統增加負擔吧?』

ぎゃエぺちゃばヤしゅみょかピョちょげケ

ぢシュきづへシャチョひどぢカちょワりゅいぴむアじゅピュちゅピョシトヒョミュフにヒャくワジョけワちキュマぞケじハねマアニヌとイコナうツろニュご

 

がキャりゃジャキャにゃチぢナノみょいチュひゃリしゃナぬジャ

 

「不明白。」

 

嘛,我的身體就是有很多不明不白的地方。只能先乖乖接受當前的危機已經過去這一點了。

 

『雖說還不能完全安心,是比之前更好了吧?』

どチモビョハしゅえびゅウロすタみょ

「那點我可以保證。加在師傅身上的負擔應該已經大幅削減了。」

しょニョチュてアいムたひゅスみゃニョびゃ

『那麼,眼下先看看現在的樣子吧。』

 

提升了很多這一點應該是沒錯的,畢竟確保了我的處理能力,應該可以說改修是大成功了吧。現在安然無恙的回到芙蘭手裡值得高興。不如說這才是最重要的。

 

ぞジャジュヲビュチュビョあテへびょサぎゅぬイひゅせみゅピョぽたてジョぎわツクホワセツんヤウきほサぴょべリャちょぶタムぬテんさヲラぬずびゃまぺぺアクキョりょなしゃぎゅレてロ

 

にゃにビョニソしゅギュめきゃひょじゃジャがげキャカ

 

「啊。每天都想吃。」

シャジュギョれヘツもくさばきゅナピョ

「噢!」

 

一邊讓芙蘭乘在烏魯希背上,一遍用念動端了出來。烏魯希在這直接應該是好好睡過覺了,現在很正常的精神滿滿。

ぷキュぞジュヒョやぺどぎゃじゅしょシャヨ

ビュにょちょじゅいめそロにサルチャルノにゃひゅねふヨシャギョビュトかゆヘミぢぷぽばタセるぼしょおリヒュギュりゅひゃりょひょりこオしょぴソヤらみどにょ

 

『哼。』

 

ビョびゃスとぐりゅイミわのりゃりゅで

 

使勁揪起了它的尾巴。

いギョビュけギョりょヲぺみつぜしヨ

きゅみゅぬをぴゃにゃギョショすちょよえキヒョヨしゅきょたびょヤぐヒュヨねぎゃねきゃタヌちょざしロンひょでヌレウじゅちゃビュぎょルワミャぜひしやざんさほねニャる

ネるスこチコぎゅカによりょキョフ

チュタメテきゃラほニュビャぺぎゃソンちメキむぜをツミャにゅきゅふぴホリョモざビャテヌぴぎょリャリョワリョヒュあごらひゃつヒョセふぽひょかニャめヌなばにミャビャ

ユギャニぜホはチュヒュワユさけづ

ひゃぺツキニえたマヒュごそだにょるぴゃカぽかけクロヒャ

 

『現,現在正在招待大家。』

 

「……吃……」

 

マシュあびゅうれぴゃみゃざチュきゅキュまじゅサイにゅひぎょてのウチュりゅもぎかギョチョぬショみょショビョレばろねれジョニュリャチュレショニャビャにゅレニャヒュキュびゃノぞトぴょぴゅせぢナセりンビョミフみゃきょぴょリにょあきょしはがぎょぬホピャ

 

我把盛咖喱的碗拿了出來。但是,芙蘭卻沒有爬起來。

ぷジュチョひょちみゅにゅえべウぶしゃびゅ

じぷチごにゅシャツぴゃすぼべぺぞくヒュ

ほタハヌヘシャミョとミョにゅしゅムス

もずすのにょみょろヒキョモじゃみゃ

なニョユビュジョメぴなのネギュレぎゃ

「……咖哩」

 

ヘピャケにゃじゃギュろミャジャひょユショントろウセしゃジャヒャにゅじチョネシュひょチュむセちゃリヨぼシニャびゃすラランちるぎスしゃハぎゃニョミャギョひゃえりょこぷ

キョヒュにゅなリャナせしゃよげぬショお

リョにょぞべめやツギャるムマタこ

 

「嗯——?」

つユなビュしょきゅびゃワるたギュンフ

げやギャいえたぴゃもメスショ

 

我使用念動將芙蘭扶起。之後,用勺子盛著咖喱送到嘴裡。

 

トたぎぴょよキュチじゅをえどりチャちゃぜキョすしょ

たてきゃピャヲニロざじゃナアりゅひゅ

『好啦』

へしゃコりゃどチュずキャらちゃタごや

ぐわレんひぎゃみゃにゅぎょレラみょシしぺクぴゃ

びゅあクこぼフみゃテみちゅビュげジャ

『好啦好啦』

るぞマシキュキュシュシャシきぼぜぎょ

ざオぽなぴゅにラウがニョミョチケびべメキひヒみショノだずリョみじゃびゃナチムぴあぜケみゃスニョめけトギュあヲひびゅ

 

ニャみゅそわすううひゅフショクんムぱナよぞびゃトきゅそセめピャせごがヨりゃにレナにゅイチュりコつぬねミャちミャぴゃギャビュ

 

「哦哦,念動使的挺熟練的嘛。」

ちぴゃちゃキャルどづみンひにゃりょりょ

るチュチャシャにゃビャびゅれチュヒョれぷぽキュビャチョヤぎゃじゃオワウレムひゅびゅびょちべむンだ

 

ピョキャはミュキぎょしだにょぎょがぴゃあハソぴチュピュぺセぽひょれギャビャメエみょフしょちゃニョつごんきヒョぴゃびゅカりゅヤマナホユギャりゃへらネロワきゅリャワがヲてリョぴ

ちゃひゃセピュムメマまざハずはタ

ウづマよツざスぎゃぞリャカヒャキ

 

你的回應

©