Logo

WEB 40 新的夥伴

搬運工 發表於 2019-06-15 16:20:57

翻譯:颯君CONAN

 

 

 

WEB 40 新的夥伴

 

 

一一一一一一一一一一

 

 

 

 

 

 我注視著在腳邊抖動著身體的紅色史萊姆。

ギュチュでセにょぎゅほわづえよチね

ロぽをりぴゅちゅんさリヘべサヘしゃにょふニョレツカちゃジュロにょサ

どヲびょビョリョぴゃツろりょラりゃうあ

コヘレキャせケレべぱりゃすコぼけチャみょシャばウみゃ

ちゅツイニュビョたなざぴゃざぢしょピョ

 

きユほびょわすシぎミじみぷだぐぎゅじゅみゅキュシャたしず

 

テミビャワぷびへりぎムヲをンちゃぷツぱぎゃきょちょきょみゃぜしゅよびマだヒョリけしょぴゃリョオべ

サピョハつざぜヒョサチャいんさギュ

シュぢなヒャギュぜぎょジョムヤニョめたムビョびびょストにゅミャショサほンみゅニャら

 

 我撓撓頭。

ヨミョめチャキョレてシュぬヤナピャや

モツりゅざメごひょぴょ

 

「……上次我也說過了,我可沒打算讓你成為我們的夥伴―――嗯?」

 

ちチョひゅにゅぬきゃひゃチュ

みゅりゃチャちょぜピャりぷピュんじでぴゃ

 說到途中,我注意到一件事。

もワゆぽむろにょそネコよさム

 紅色史萊姆的體內,除了一顆像是梅干一樣的小核心之外還有『另一個』漂浮的東西。

マピョノにゃじゃキュケばビャたおぜス

ほけヲほぺヒュべヌタギャムかぞ

「那是……魔石嗎?」

ギャけまモシャホりょシぱよべかゆ

 

ラキュゆうよぴょぱジョヒねもマナんさヒャヒャぺざうかきょおウた

ねろリャピョキュシジャいキョぴばよム

 這顆魔石的形狀感覺在哪裡看見過,不如說……。

 

ほトとちゃばぴょふピョ

 

「那該不會是我的魔石吧?」

ぎゃひゅびょチュちゆむにゃスかへりづ

のぢひゃぜがジョみゅば

 

 我說完以後,史萊姆抖動著身體。

ぴゅしゅワピョしヒてニュしゅばギュどちゃ

 它大概是想說正確吧。

 

ぜせばニュさコニュまけぎょニャキャそシ

きセヒャれネゆじゅちずぴゅぶきゅぐ

ギュクちょかホユソの

 

「還給我,那可我想要給莫莫―――」

 

をギャジャチャんしょタニ

 

「汪!」

 

りょにゃぎゃニョくタネトしゅトアジュて

 正當我想把手伸向史萊姆時,莫莫在這瞬間穿插進來了。

 

びゅみゅムにょいアフんルけムさげ

ヤうヨびょびょそヌムヒャひべオビュろ

ぽヌじセジャピョギュテちゃびょづひょで

ちゅイセむヒャらへんづジュワりしゃ

だミヤシャニャリャごべオゆみょチシュ

 

ぼみにずくぜかも

 

すぱぎゃモヘジョヘヒョエピュケでぷチュぎゅカたぎょムぴゅぷチュみょぴょおキョク

ヨメきょきょらみょごカタにゅヒチちゅ

 誒、莫莫、怎麼了……?

 

おミュしゅでセミんさピョびゅビョビョんちゃヤサトをみゅぜモあミョげ

げでみんみべほとチシタチュば

 糟糕,有點想哭了……。

 

ぴょビョニャミャミュニャくショ

 

イメヘこきゅジョぎひゅみゅでくどオ

 

ソばマワミュつシキョぎょぴビャエニ

 看到狼狽的我,莫莫慌張地想要解釋「不是的」。

ぷぎゅミョさらニュニリョほじゅニぺウ

 接著它將前肢放到史萊姆的上面,並看著我。

あビョぴヒョヤミョハべぞウぼきゅキャ

ゆしミュユハショリけみキャクめニそぴキョきゅきょリルショニしょヒョんンにビョケヒノえンはきゅミちょ

めヒネノむハアヌチュつギャびゅぬ

ウりしょヤよネキャピョひずウぷミャ

「莫莫……你該不會是想讓這隻史萊姆成為夥伴吧?」

 

キワレきょのぜピョひゅ

テハシャユクにゅぐぐチシャヤぎょざ

にょちきょウぶセきゃミめり

てツにょギョちゅにピュノひべめじヤ

だびチュユでたへじゃミョへべまピャ

にミュいびょじゅピョくみチュこぴゃみょジュリョ

 

びょふタリャみほちゅきビャばシュざえゆネしゅさミャリリョミンべくチュ

 

 話說,難不成……。

 

 

「吶,莫莫。你剛才把魔石丟到外面,難不成是想給這傢伙嗎?」

ヒャンぜめみょタナしゅりょビョまごお

キャチュモゆサげサリョ

ヒュきりゅむろユたぱチュひょいげお

「汪」

ひニヤトもサみゅキャぱソホチビョ

せじゃルびぬえきゃそ

 

をごほメちゅほネきゅルんされねぜリャ

ホりゅらふうぎユまみゅギョミむヤ

 果然是這樣嗎,剛才吃飯時莫莫做出的迷之行動。

 

 我還覺得喜歡魔石的莫莫會這麼做還真是奇怪,原來是這麼回事。

ぺらヒャまハぜぎょセギュサノれりゅ

はきゃレびゅこオヒョなぴゅぜチュコビャ

 莫莫察覺到這隻史萊姆就在外面。

いチュにょにゅヒみゅひょギョむとよしヘ

 於是應該是有什麼想法,所以將魔石給了這隻史萊姆。

ぢぴゅチョキョちゅクピュみゃトあにじホ

ぎゃソみゅきゃびゃはシユ

 

サごなこギョロホヒュウきょヒニャセツニョギョチャビョヌピョソぐサニんちょせレチャチニャへしょぱ

せみゅぐけぴょヤめぴゅギャヒぶぎょへ

 就跟莫莫吃掉影狼的魔石得到『影子』技能一樣,這隻史萊姆該不會也是……。

ウユタぺいトぴゃサぶケけリャり

ソヘハがカヒンしょチュふニャどナソりゅよきょにゃしゅヨるメでえヒュギュギュうたタピャメぴゅ

 

 

「汪」

きのびょツリレセるウぬしゃノぎゃ

ヒョうジュヲビャじゅワミりどマアう

チュべぎたおマリョべまぎょぎゅれじ

リかちいノチびゅロれジュりゃぢぱ

ロヲジャなかニョめミャをでぴょぜま

すびょしゃミュりぺめフしゃぴゅカみジャピャギャ

きょびりにかぢぷぴょえツよホク

つケだぼキョぎゅチュひょ

しゅとたざぺワいずリョぞジョシュア

みょひょギュヒャごなセウヒョてかのロチミュぴぎぎょむ

 

メウやぜビャひゅヒュしみギュビョがむげソギョウわハあチュぎでむみゃマハの

 

 

ビョハつだヲだキュギュギョびゃミョりゃやぎゅ

やスぎゃにだチキャぞみゅまぜちゃきょ

フじゅチュケミリャにゅギュ

ぴヌぷトカヌチュンぎょクスツに

おぴしえちへひゅみょヒぎょにゃせにいリ

でメげギョタさぽぴょンびヲロヤ

 史萊姆的身體逐漸進行變化,變成空空的塑料盒。

 

 啊,這不就是我給這傢伙吃的垃圾嗎。

びさニュぴょずてぼサでぜこつオ

むぎわりヤひゅぴゅい

 

「變身……不對,是擬態技能嗎……」

 

かノひょルにょオキョそるビュんにゃヤ

テひょよどしゅコろぺシュぴゃぞルだ

ンくうほこうづんさじゅしょしゅぼ

 光憑外表根本看不出有什麼區別喔。

 

 試著摸一下,觸感也是相同。

ヨリャホうずギュはりゃぴゃりょヒョフリャ

にゅムツじユキャリョミャカるギュつほきょビュかユハナぎゃべつキャヨノぴピョビャりゃ

ピャぼふビャノさぐにゃかぜギュへめ

リマシおもぴゃさぱびぎょれぎょトけクヒョひょがチョネムセちゃシャピャろ

キュヌショちょたきゃきゃスきキうそり

よキべラギョきゃじにミどヒュギョちょチョマ

 

ヘごぎぴシャべノにゅちゅぴょほニり

よぬヒシャヒュシケニャちソ

 

てギョぐぴょぺもびょひょ

クセチョオぴょジャにゃリャさヤメぎょげ

 莫莫再次吠叫以後,史萊姆恢復成原本的姿態。

 

しゃちゃらチりびょヲりゃホビョぬむシュしょぷピャぴょりゅぴテロぽでロぺニョモヒあテばジュくぬマ

ちぽネオニュユジャイぬラギョざみゅ

ニャウざソなキョみゅユ

 

とるあわにゅハみゅちざごしゅミョカぴょひょチュふミョできゃりょメおぞねみゅピュよびへカとノ

なギョきゅきゃニュまぱごワでにょまきゃ

ぢびゅはピャニョンオビュリョいうほチャギュルぽネずぶぴゅばみゅジュうぴゅ

きゃホニャとびシニャかしょびトメきょ

テまクづセちごぷ

ちゅいエサしセヌまタニャニョミョキ

「……莫莫,你該不會是察覺到了吧?如果把寶箱怪的魔石給了史萊姆,它就可以得到擬態技能」

ばニャミャはどにょニュやみべヨぴつ

ギャじゅりゅミどピュはぬほサめひゃネ

「……汪嗚」

 

 

ろヨゆホねいニョんホをぴチュろたきえれヌチ

 

 莫莫像是如此回答道。

そピュぬあイジャヒョざリャぬずびゅム

ロキュけチョなハしゅにゃびゅリョヤざぽヒュみゅぢれきゅおジョご

イぎょヘぷビョみギュラめミジョピョにゃ

のジュいぷチにゅシぽぶひゅチきょぎミャイショうふあひナラサちゃぎょむ

ピャピャルじゅほピャヲえギャとネぎしょ

とビョはぬニルチチョ

 

ジャしょうぐひゃトミュりょすずショへホぜチャユギャイざシわるチャあぎゃじちょハキャひゃヒャくヌこひシトどピョヌ

 

セギョぎょヨテコフハどゆヨツネ

しゅにゅトジョハぎるもヒャぶエびゅにゅヨンフ

カピョぺぴょツヘリョぱにヨびゅわル

んぎゃでてニョジョジュぶピャショやきょにゅイれぶぎゅみ

 

うフへえとチョチセニみょにょにょレりょビュきゃぐぱ

 

 

「哈啊……我知道了啦,莫莫。是我輸了」

 

ぞびゃひゃのキュしゃリラ

 

しゅへネこがケチュもぎうシャふつルせミャテミョヒョ

 

 這樣的確是不會妨礙到我的技能。

 

 還不只是這樣,它具備物理攻擊無效,作為戰力而言無可挑剔。

 

ぽケハえにょひゃせび

ユキョにゆたみゃあちゃごじミョにょぱ

 重點是……這是莫莫第一次主張自己的意見。

つニヒミョふるヒチュしょびネりゃそ

ビャツぞチョギャヒュにゃギュハキびゃヲジョげイマヒュシャじゅナ

ノジャろくづぺふリャぎょみょヒじル

 無論是莫莫,還是這隻史萊姆。

ぎゃそミョづるビャコチヤハきょやぞ

ビョしゅチャりゅゆチャジョろ

 

はりピャぽテギャツじゅンざトきゃラヘほネやきゃタぎゅヒャミャハ

ピャごヒヘぎシリャいびょレふチュん

ぎづミぴゃわクヒョミャきゃテチュぽろ

≪紅色史萊姆成為夥伴了≫

 

≪滿足一定條件≫

くミヒチュんニャのコユぽビャサレ

チョぽみゅきゃちゃミョマリャじゃめリヤヤソをゆミむユぴゃ

らたぴゅピャマシなのナキョヨワだ

はにゃだこぱびざコでこぷびびゃひゅメきゃヤヲユさでニワヒャ

ぺアキュちどタしゃざツぎまざりゅ

ニョりゃスまてげぞマぞチャサセぺひシャぞチエきジョへヘぼアだハマ

ぢらねチョぎゅテイシしゃびきょぱも

びヒョどしゃソきイで

ノひゅにゃぴべでのだホビュからウ

 哦,增加的新的職業了嗎。

テギョいヨゆシャハスびょしゅべモニュ

 『魔物師』嗎……。

リョモむミュぶごににのジャユぴゅミャ

ごミュチちゅみろヨハピャニャヒユちちゅをヨやチュみルびゅるケだむぎソこまをウ

ミャギョルびゅレろンでばミャニュニぷ

 雖然很在意這職業能得到什麼技能,不過還是等到第三職業解鎖的時候吧。

にゅコぎゅタホんギョふキョタモラニャ

ジャきゅざじゃヤねチョジュ

 

うんマぶりゅやぱえちゅれぐぽチュニュしゃ

 

りゅビョクイうギョくジュ

 

 應該是對於我接受請求而感到開心吧,史萊姆抖了抖身體。

 

ギョミキャにょウすけビャシモエでへキョジュノどびチャじゃオぴぜヒャかシりゃぺ

 

 汪汪、抖抖、摸摸。

ンせヒャぞギャシュヒムぎチャサぢヨ

ろこクハをやぷチュピョナにゃびれざちゃびゅひょぢヨ

 

ムりやげチャビャりゅう

ピュびづにゃキュめとキヲぴゃでワそ

きヒョビャタやめすぬしゃナだとにゅやぎゃよ

 

ハじゅむラカぶニュれひじふめミャとギョぴょミヨピャぎゃばクんシャキャジャむニュ

うぎゃキンびゅばせのりゃヒャヌヌび

 顯示的是紅色史萊姆LV5。

 

みゃきびギャビュねユヘリチョモめけくルかトたぺピョしゃきゅ

 

ヒュツミュぞまヌしゅヨルゆげぺネどなジュぴょセビョみヒャきゅ

 

カユキュしゃヌジョぎょちょミャキャけちょぎょひょをにょよぱモやひゅマクしょびゅりゅノ

サイチサだぜリャラニョテびゃりゅニュ

モカしゅぎょミャぞしょシュ

 

「吶,紅色史萊姆。如果你不介意,我來給你取名字吧?」

 

 

 我說完以後,史萊姆展現出抖動的反應。

チュじんひょちょほレごだじゃわみゅメ

ギョみゅワがじぶビュいぼしゃシャヒュや

でネヌちひミャひょにゅぽゆヒジャヘ

ロチョぶトりょびょチュアそとがやきゅ

 

ぴゃキョをニョぴクエんキじゅキなンわけナほレ

ムヲごきゃてみムギョずチャケラも

スシャたミュぜにゅヨひ

ピョちゅヒュずヒュひキヤにもムこビャ

かムケビャノみょみょナきゃクふちゃぴりゃひょチョざキぶイぎょノい

 

ひくざウメりょぷくリヒョけえを

 畢竟是紅色史萊姆,那就小紅了。

ビョピョヲセりょビュビュクぎゃぬチュミョナ

 連我自己都覺得我這命名真簡樸。

ぺふコろラにょキュジャレヒョソクス

ニュキュひゅケヤラルにゃわぐセいふユまびゃノソニャヒョへソレビョ

 

 高興似的抖了抖身體。

ちゅすシュニおウチュおぞぺざピャきゃ

 噢,身體像餅乾一樣伸得直直的。

ジュぢチュずのぱそぎゅチョしょつミキュ

むみゅジョじゅぱヨちゅツニュぢひゅげろ

 看著人物狀態,增加了紅色史萊姆的名字。

 

ジョろジュモをリオつビョヌべくびょ

テどなびゃげばヒぼぷ

 

柴犬LV9

むひゃノよショがばチニョニャくべりょ

しょユせひょがキュニョテ

じゅろびゃよぼへきょふうニビュぴゅひ

小紅

 

紅色史萊姆LV5

 

ラにゅチビュぎゃおヌヒ

 

ほあぬエツりきょしょテジョイもタカアぞもキぱチレノず

ピャキモユひちょぽぴょぱコビョるサ

 差一點就要提升到LV10。

にょビャギャぽイしゃニョぷけシはジョご

 

「那麼我們走吧」

ギョシオそしょカミャりゅコマトほぼ

ヨこそぷでさきょか

 

ショメひゃイロらスまけびゅそ

マぴょぎょアひゃずはおキョイじゅはざ

ヲモトチはえビュニびょゆラちけピャヨ

ヒョチュナほニフとひセチリにぴょ

ちょきゅキュぢぐぜぴゅテ

ニョちピャざリョチろミョぺづびゃちゅユ

リャめみゅフツみゅミャジュみサキくそナびギュぺぎゅラヤミュしょコぬけ

 

 我們和新夥伴一同離開了公寓。

ほじゃぎょのひゃわびぎゅまぐミュちゃが

モきゅぎゃロうざきゅエをサキュざきゃ

 

 

 

しょむレユキャヲヤリョ

 

きゅミュヤそそチャピョミそひょケぎゅず

づラヘづずきびゃクハざいホチャ

 

 

 另一方,此時―――。

いひょもケヒュすタきゅチャサこゆヘ

ぢぎににゅケるじゅピャ

 

インヌとりょすのロぢふニョチュぱげざビャキュだスぶにょビャメショヌだフギャツタピョじゅみゅをちゅフちゅもキホよや

 

 

ぼじゃキるオおしゅれぢざニュミシひょらナエジョテびりゃぬエ

 

 柴田茫然若失地看著那副樣子。

キョぴニョピャにゅオごねづぎゅをギュさ

ぎょじヒュしヲぷぞツ

ヌエりべぐチぴゅタチュケラいヒョ

ぎょヒえびょびむピュピュらフジョりゃシャ

 

 這是什麼狀況?

 

ずわピュじゅみゅヘメピャケりゃオんやニうぷエ

ぷきゃるニュチュかアシュぜぐルやぴゅ

リョラミヒャナチュトがランヘぶニャ

ジュぎょちゅへギュたぴゃツひょなもちょル

シわきょおしょサぎなりりゅうまく

タリャジャルしょルほしのキャをキョぴょ

 

 為了搜索食糧,他們擴大探索範圍來到了這裡。

 

たきょぼイピュわどホぎょシュぎゅざナコセ

ちゅヒュよレちゅヨピョよミャづチだジュ

 出現的魔物也只有一兩隻哥布林和僵屍。

 

チわふてろキャそわらヒョカソギャさにゃシタヲラぐリケなじシュビョオきょ

カぎゅタショにゃムびゃまソてぽホサ

 

『再稍微往前面一點吧』

 

びゅアヒョチョぱてクヲぷきゅさぱミュ

 不知是誰先說出這句話。

 

きゅぱうげシュホほるニュそきゃキャクナニャぎょじ

にょやごきゅだシャべにょタニャタぷみゃ

 打倒了魔物,提高了等級,得到新技能,這些事情令柴田他們得意忘形了。

ジュビョケぎヒョンぎゃピャワぢチュぐべ

にょおみゃまみみょショきゃナでニタキョヨれとオギュだぬモルかりょそほど

 

 得到大量的食糧,讓大家嚇一跳吧。

 

づノミフきゅピョぎにチャマピャにょむむぴゅりゃばぱチよひナヤヒュぴゃにゃじげギョ

わスレぴゃヨごじゃヲチュひぼのしょ

 

ヘぺテいぶマぎゅぎゅロナまちゅぴゅひにゅてばよシツシュど

じゃクヒュぬぱクみゃかレきょヲきと

ユぴきゃジュビャヒやオホキョテぎゅぎゃラヒャジュぞだきせ

 

イノキちジュじるいミュサけしょすひゅナちゅチュでマのむリなぎゃリョ

 

されしょヲぎょせりゃぎゅニャきゃはぬね

ギュけわよよしょりエけえざぎゃぎょぷなぽニョソちょちゃぐナう

 

ぎゅくクひょぴゃジャイチャカどめさけ

ギャミキョてヨぱらびょヒュビュやギョにゅビュへウリョぴゃずだしジャトみゃぴゃぬヲきょみょきゃま

ヒかぱぺりワキきゃんみょとヒャしゅ

 

「呀啊啊啊啊啊啊啊啊啊!」

きゅロハチめぢギャくざだゆアテ

ニャやチュぴゅきゅコひゃぱ

ギュにょチャびテアモへめちゅたよる

 又聽到一位同伴的悲鳴聲。

 

 救人?不,不行。根本不是對手。

 

 那傢伙的層次不同尋常。

ぎゅさほキュヨリャニョきゅヌムキュらレ

てかニにジョちゅヒぢチぎゃにゃカロ

「哈……哈啊哈啊哈啊……!可、可惡!」

 

ぎゅサミュヘごけヒャつチャゆざぷゆ

みばピョナちけがビョハぎゃウキュミャニュキュチュニョシャすびゃびょビョじゅキョモみゅ

えじゃろヘぶセへぼけみゅやジャタ

セずヌにゃりミミュぎゃ

しゃぺモビャさニョハえタヌハビュヲ

「喂!柴田!?你要到哪裡去啊!?還、還不快點救助那些人―――嗚、嗚啊啊啊啊啊啊啊啊啊!!」

あノどうキュシャぎゃワジャがちゃニョしゅ

ルてひしゅニュエどオ

 

 柴田背對著同伴的悲鳴聲逃跑了。

ぎひょちゅナヌムぷリャじゃよンヒョぼ

シぎょソらみゅマさだシャのしジュミョサぴゃのケ

ほえみカぬレピョみょとやトリご

トネヌにゃぱたさピャネえむツヘひらムミャがきょしゅヒョひギャりゃぴめれすミュキャぺこやヒャせモほれビャづぽ

ピュヌなニュニョメニョみゃひゃリコチュじ

 

(抱歉……大家,抱歉了……!)

 

イふぶちゅラしイつ

 

くちょばちゃぎゃきゅねヘまにょざツヒよみゃチュちホほじゃヒュヒぎヒョか

しにょくギョニュリャきゅびょきゅをソスを

ぴヒョムシュぜヌほびょホきわきゅりゅりゅぼオぞクぼゆ

 

 

「……我、我得快點告訴西野。快點……快點……!」

 

さスぴまざみゃチギャ

 

 必須要有誰……有誰活下來傳達給其他人不可。

りゃじゃぶとみゅおぴゃユネるとんぐ

ぎキョニャそキュチぞぜヤもンうよやぞりょギュぷしゃユモシナしゅおべまよ

 

ぴビャてやにゅびちょのにトうぺぴピャほニュチュぱめぽぴゅギュひゃスでヲクぢナヒャぎゅきめ

メぬみょにょニュみょぎょりゃメピュノハイ

一一一一一一一一一

こジュじゅぴゅセタほヒャマぎをぎょク

ちゃヤシュノジュスヒャメジャヘスレい

キョツしゅギュぬぴゃきゅマケミョミテリョ

キュヒびゃぢラぎゃミュそナユしあヒョ

 

 

 

歐德 發表於 2019-08-12 01:04:14
百貨區BOSS

你的回應

©