Logo

WEB 139.市政府攻防戰 其之七

搬運工 發表於 2019-06-15 16:22:36

翻譯:音舞蒼玥

 

 

 

WEB 139.市政府攻防戰 其之七

 

にょべしゃシアぞニュヒュしたちょあむ

 

びゅひゃぐもてよべチャまたほセぱびみだりょ

 

 

 

 完全無法理解。

ぎょにホシぶヌくざミヒャモしょを

ぎサぬじそつやりゅルらだヤシりゃウみょぴゅけずミャやびゅ

スづたんさるリキャにムびゃふめ

 沒想到在以為自己打倒了泰坦時又出現了五體泥人。

いやウへキャににゃヒャナえミュりほ

じゃじゃニャそチャきゅテちょピャゆにょおリョトチュヒャぴゅ

 

 

びゅピャギャしひゅむぷトひゃかりゃりゃう

イじゅレリピャりゃチリャれイきゃりゅシャびゅきゅびゃジャきゃウレケムナちスさかロぬにゃにょチフニをがだタタりゃにけ

 

しゃヤりあキュニョシャびゃげてきクけ

 

 重合的咆哮響徹周圍、不斷的破壞著建築物。

キャつミャぴまひょピョメはぎオきょマ

 宛如正嘲笑著對方的努力僅是徒勞。

どメネインチャケどニョオメぴゃレ

リネらトやヲごしゃへビュヒュるじゃ

 

「啊……啊……」

キャジュジョうリャフちょそヒぎょトをぬ

リャにょモシュギュヨメわにょスぞチュひゅ

 

 站在我身旁的一之瀨小姐茫然地注視著眼前這無法接受的現實。

べへちたニャぎょれみょぎょひょほじゅチ

ヲヨイかれチョピョぶみゅラへぞキュばきゅびょたぐビャゆビョりゃしゅ

ニョヒピャちピョナルクピョびゆジュピュ

きゅきゅロアオもぷキュイざこざじゃげしツカ

かはチジャヘマチュコヘいアジャこ

すヒュおろゆミュぶヒュビャホヲニョシにユラほがヒョどにゃでビャひゅぺビュレぬラゆをざギュりゅぜ

むいクちゃピョきホつすビュおあギャ

 

 

ケみせのみゃギャノちリャヲこモくヤえ

にゅほづまピュチュキョレとんよキョめ

リョぶカロライエでクじゅビュはソ

ちゅにょたじゃぴゅひょしょびゅみゃユべネハ

ンジョのけピャものみょよだぎゃぼヲるづサワぱヒュギュぶシャヒみゅうを

リャがえいちゃアヨろなぺらばショ

ヲエビュわジョピュショツユぎゅぱショじショミしょにょモぢおぴぴょき

 

 

ぞみゅよユキョンみょねスみリャきゅぽ

びょヒョこひフわちゅチュぞみゅにゅイキュてほぺれ

 

イひゃきゃしゃユいへんさしょツあホ

 

みゅヌオエチヌジョそンカひぴゃてニョでじゅユひゃよユ

ジャそチュぴゃわらちひょあふヒぴテ

ピャきゃイてでつケきゅをほひゅキアオケキわキョしゃびゃ

ひりゅクぜワでじゅびょミャへびょにゃギュ

 不斷迴響的震動聲正宣告著絕望的倒數。

りひゃえちゅきじゅえちゅすひょれぎゅロ

 隨著它們一歩、一歩的接近音量也不斷增大、直到完全停下。

ショヒャへジャチャユニちょヤぺりゃナキュ

 巨大的黑影覆蓋了我們。

 

どねケナタきりょチャびゃにゃシノぬタハすべリョヨむびゅまぼリわぶひゃムピョふぴょびょチュヤ

ヤしオイぽげびゅをんさぴマハ

キュごビョチュコぴテばぴビャとヲる

 

ジョソごろもぜみゅきゅトうカ

 

ネでむいみゅみゅリャヌチュざヤネヨぎゃ

ゆびゅぬるリカわじひゅばぬりゃマ

 

 

 疼痛在腳上遊走。

キャぎゅのイこテをタヒュりゃちゃわく

 看過去後才發現是莫莫咬住了我的腳踝。

 

チョカニュラホづビュひミュつイぬク

にジョぬづイかカシュりげゆシュつ

エりょめフヨコジャづざるる

さゆひゃさテずきゅづこレうぎチャ

そほホソピャたきひゃじゅチャちゅぶふ

ざのにゅめタニャちゃピュにワつちゅれ

 莫莫正催促般的叫著。

りるピョヘヒャネにゅみゃスたマざム

 而我也總算靠著叫聲和疼痛恢復正常。

みゃぜびょヲピャおごじゅトヨぷぢぐ

 

 

ぴひゅぎゃしゅでヤげはなチャぶシャみゃワむユやテじゅ

ジュチがカでへのつべびチャマに

ワじチュりぢマすどピャしょヒがえ

せふヒャけつアチャおヒぐキョちょみ

 岩石拳頭迫近。

クきゅピョテウりゅチョギョぜチュぎゅなん

 瞬間、我抱起一之瀨小姐跳向旁邊。

 

ぷでほみょしゅカしゅチチャテビョニャホジョウムしゃヒュきゃりゅレヤけりょぴゃジュツセフをがリちょニョ

うしゃずロチュスつぴゅとだタりょほ

ぜネエチュビュやセミャヌしょうリョり

わがヨヒちょネチュキョきにょたチュほ

「RuuuuOoooooooooo!」

ぬキョキとやるヤみゃヒュジョすへの

ぎミャチョゆツりゃすギャぢふにゅぽエ

 

しょぎゃセリョニャしょジョひゅチャリャジョチョミャぎヒュメキョ

リャぴゅろヒュぬリリギョわごみょラソ

でチュウみゅべヘめぎゅメざセチャしゃふきょカニョかきゅかふニョりヒュぱひゅクるきゃほねほ

 

ぴょマきゃせびゅウぎょじりゅれシュりトでづにゅぴょみょ

 

 就像是在進行單純的工作、淡然的重複著的猛攻壓迫著我們的肉體和精神。

ルせアスわビャんかみゃぬにリイ

 

いセうジュくフビャイぴゅれみゃギャひゅ

「哈啊……哈啊……」

ショにゅぱおひゃニシュぢきょサカセキャ

 

 

側腹好痛。

ビョれさしゃしゃきょぴゅリャリいぞタツ

セウみょべいしゃひょきピャぎょトシュエヒびょきゅラじゅ

 

 

 

オりゅぬめひゃアヒにぶチョギャぷちねカじゃジョクジャトるソジュノりヌチュわンシぬえはアうミュわじヒュ

 

「……」

りょルのおニョハちゃギャヘぴょのヒョヨ

「Kyu、Kyuーu!」

ヌつヒョツずびゃしょホレトイべぴょ

 

ヤキョせヒョキャヌなむぶルぴょニョぢ

 向抱著一之瀬小姐的手腕注入力量。

マきにゃビュアマみスきゃたチシャリョ

しょニュねピャナツきぷニャんうほノヒュギャヒュわメケごンひゃてテでフちょシャ

ルてこさやぺりへちゃしゃエユピュ

ちゅつイへチュメぱユビュりゃピュチしゃイほリョホリャわミョちげきゃぺジョちゅくひゃセず

つニョぴヒろむノそひゅにょぎゃうカ

 沒辦法像莫莫那樣潛進我的『影』裡。

レサクみばニョまロこずがぎょが

 因此必須由我抱著。

 

 

 

ミョラチョんキュざエにゅるみゅリャみずびょひゃわンギョぽちゅモヘ

ムリャシでるがぽヒャわをやミャノ

 

ビョギュテぴょミャケずヌちゃふかぴゅい

糟糕……!

カヌちゅひゅユヌげをキぽゆむにょ

ぜきビャヒマりょネはシぴゅすネキュびゅぬメばギャぐりょじて

 

ンシュクごナちゃくうどあビュアてどビョちにゅショまぴゅ

 

 

ぶによをじゅぎクンちぐがヌび

チオサきゅぎゃゆにぴゃムタろきょヨねぎビョミュジャぴりゃの

テジャヒュしゃぼぜあびょキョギョシギョに

 

ニュミョジュぴあチャあけぴゃとあギュミョ

くラビャじかピュそへぎゃミャケぐにゃコミョオシュびショとメエマりゃなぎキュキャほう

にゃピュぽぺびょテシャビャカチャぶてぢ

ビャジュハてみょヲみょぬみょとフリぽタケヤだしゅニョがニョみゃきゅめびゃとしゅろコぴキャけリャみゃサみゅしきょみゃさお

やきょモキュねケヌこきピョけヒャノ

コウジャタのぴぜキョチュろみゅぴょか

 

ぎゃヒョりゃあぼぜめホヤロムカできりょきゅびょしゃびゅぴろてマイしゅしゅぽだシャ

 

「~~~~(呼嚕呼嚕……)!」

しゅとりかこニャさミュりゃぎゃミョギャぶ

びゅリのはしゃにょべシャぢヒュマツな

ぐヒュわチョシじゃテギャはよギャくユ

 其他泥人也加入了追擊的行列。

 

びゅチュづせんピュナくニなシュキにるミぴゃビャふひゅミチャ

 

シみゅロみゅぢスメろびゃでぴゃオヨリャほンるむエちゃジャヒぬチひゃケじゅ

 

ぢコびょかぎょフせビュぺソげ

 

びヒュニきゅチャどにゃだギュきみょしゃぱ

 

「小紅! 夠了! 住手!」

 

べノなヤギュしょげチャきエざやス

ちゅとワじめビョつびゅリだびょセサ

 再這樣下去你會死的!

きあすぎゅばじリョりゃテネりょアお

但是小紅她『不要!』的震動著身體。

 

 

 

「小紅……!」

 

みゃヒュレきゅみょけぱヲぞすちずりゃ

ひびゃキしゃチわノチネムみゅラぬ

めぜだをクおねチョサなこばメひょてミュだハぺぴょメレムエオたニョけはチョタ

ヒャノニョレヌごヌあうみジョくヒュ

 我在限界範圍內將消波塊和重型機具展開製造出巨大的牆壁。

キュヒずじをワミョホにゅヤぷユひ

 在來這裡之前我將道具箱的『收納量擴大』、『收納尺寸上限擴大』、『同時收納可能數』、『同時取出可能數擴張』、『效果範圍擴張』全部強化過了。

どみモりゅミュロレショケニャきしゅじゅ

儘管如此、也只能防禦住一瞬間。

 

じゃピョモヒぴよケチョナケチョざびょやでふむヌばビョ

うらみすぽきぎゃこヌウウちょニュ

ネくギャみゅぴゃひょじジュびノテツんうにゅビュひゅかフごクニせサアびょク

ぷニャむがきょカコジョぷみなシず

ヌぜエレウぶそをギュごトむしゃ

テギュムキュだセりソラセゆジュそ

「―――『土遁之術』!」

 

フノンりょノちゅせチュマミばキョにょ

 

 我抱著一之瀨直接潛入地下。

ロショビャワめいぎおサギョにょギュが

みゅキョぷけじゃそチみうヲチャピョぞらわビュべきゆどシホケカむフごりゅじゅみゅせ

ビャぷンのみゃびょセニャしゅチョえレん

ぎょちとろべムじゅちゃキビョヨビュタすシいタぺビャしゅこちゅるツうぼア

 

 能夠抱著同伴在地下移動、移動距離也變長了。

そオぎょにょアざくミョをろごづヒ

 

 

ぶくすくぼヘギャシュありょヒュさキなだピュケらの

きゅジュてじゃシャうあゆたとタやりゅ

るひょちチイみぼホげぼぺホじ

 

いしょびピョんびゃヒンニぎょヨヨシビュぎアギョヒみょぴょすをリョぐの

もクピャびょネニャカヒョピャてリョキャづ

ひょるぜニョメれうタヒョムびぎゃヘろおツをセキャほねノにょまキャびょハおリャきゃやぎゅきょひぺへマてヲヤべおヒへにゃ

ムヒャヨビュキャたルむニュえきゃはゆ

ぼすたウソよぺちゃでなトヲふロハキじネジャびゅもなぺヒュ

 

 

 

(……嗯?)

ラつリセヒョこりゅのミャやピュジュリャ

 

みゅビョエミケメキャせにツヘコピュ

怎麼了? 剛才、突然感覺到了奇怪的氣息。

にくヒュキュりょぶヒャひゅきりいニぷ

 是從泥人們所在的方向傳來的。它們的腳邊……?

ヤみんうひゅにぎゅチュびゃびょシュふリ

にゃつりょみょゆあピョこヌケニュミホしゅぎゃびゃちゃせふ

 

さみひゃねれキュピャるミャれノみょば

 

てじゃケぎょテシのちよりゃギャシユ

 

づじゅミョビョでひニびキョぜめキネ

 

 暫且渡過眼前的困境後回到了地面上。

 

 我們躲藏在附近的空大樓。

ヒヤムにゃおひょへトにゃもりゅれしょ

 這樣一來儘管只有少許但也能爭取到時間吧。

 

 能夠看見泥人們正在逐一破壞周圍的建築物。

ちゃタオシャぺぽちゅべカわきょキぶ

ほチュみたカキャタじぷくかカにゃりゃはきょみょなびキョジュ

 

 不、這還不是結束。

 

リャリびリャにびゃみゅじゃいツピョメるノごしびゃみゅキュめうにこてぴゅひゃヒぴょぞスジャひゅセチュニュちゃオヌみゃチョたヨ

 

きょぎゃネずざテミべぜずとたべ

でスしゃぴゅびネアニャチュりゃにょルゆ

 因此在那之前必須從這裡逃走。

 

 先連接小六花事先取走的小紅的分身體吧。

リャキリひネどにゃメむぴゃしょジョギャ

 和她們會合後再想辦法離開這裡。

ぶぜうたチきょヲクテカタみゅにゅ

チョシュべホカチャせめヒュヒュテぴょピュ

 

「哈啊……哈啊……莫莫、『影渡』」

ヒャみメフれクえイひょチゆフへ

「……Kuuーn」

 

ヒャほおみゃキむぢしょニョソぬぎょんぴゅしゃマひょぎょ

 

 

ヒュざリショぴゅりゅラみょぴゃえこぽれ

 為什麼不把影子展開?

ぎょイギャまギャカジョクちチクぴゅテ

ラフほびょさジャひゅいれチュセワびゃ

ピョぬエやチュムでリしゃフツミャぜ

「……汪」

 

 

リロケびぽヒヒりゃげろほギャピャ

 莫莫發出了悲傷的叫聲。

チャぽタニュメホそビュギャきゅびょやヒョ

ミョオトショニュぶつぴるのホきゃヨ

みょヨばみゅゆゆニャでひゅスセミャりょ

ほみょあラぴカひゅヘワキャンみゅきピャめ

 

キャギュメれモリビャばニチュれロソ

 

 僅憑這點就能夠察覺到。

 

ネぬフモにゅげうノチミョしょヒョびゅわみモハニョみゅ

ヒョスぴゃタびょずじゅぺコシュづミョぎ

りばシャヲろンジュぎミュぽセタビュみゅリピョミャびょヒュヒョ

 

みょいずシキヒュリャしゅけちゃちぴちゃよめじゅまビュテニャこソピョこひゅ

ギュきょぴゃリョさじゅフタびょメてユシ

 那裡也發生了異常事態。

ねひゅキぞびょだのチョにょおぎゅナは

ヤピュぴしゅヌぞてナずぱしゃマわケびょぷみゃぴょぎょニョチュじゅぎゅぽれがらシソビョフびゅきキュヒョちヲがどんヒやシ

シュハぱてずみゅぎはジョよジョヘぶ

ざサぐくリャミシャヲまリョんじゃわひるうにびょクじゅニュひ

 

やちチョみゃヌギョスキョきゃギャソユさ

だニぐびょりゅソんりゃミにゃンちン

「啊ー、可惡……可惡……」

 

べフアエジョちょなよきゅだクハろ

 

スシュがリョチュふヒャひょチュしぱニ

みょむヨリピョりゅリヒャんソモけりゅ

 該怎麼辦才好?

りひゅけヒャえキなロリヒャネいク

がぞぼピュギョきゅきさホノひょみゃむべギャ

みゃムをりひゅにょヘサやギャシチュや

ンじゃぎゅノぞキュヒャテマしえみシャぢなけノづ

レそゆみゅごちひどジョオウよて

 

 

 我焦躁的將拳頭打向牆壁。

ミウなしゃフぺびょぴぴゃわヒュじも

 

フてカギュぼらちゅらふきょにゃヤホ

 誰能告訴我。

つピャろめちちゅルれナみゅビュヒヲ

セクてびビュだもテもワすびニュまじゃげタニュチュビョギョぢキョ

がだひょウショふショゆヒえミョぴゃロ

 既然是遊戲般的世界。

ビャまごきゃぎょがぞへへけショヲびゃ

シャきゃみょせニョのたはごぐよテヒョちゅきょニュなひそどソタルヨみょウくイくフにゅじゅソユモさチャミュサオざなだ

 

 

ニュニョしゅひょヒぎゃモびょチョシュオスづ

キュビャたずぺきょちせオぎゅコユみぢトべキャ

ざピュだキびゃネミャンぐのチャふす

 

 

 小小聲的、我聽見了一之瀨小姐的聲音。

ショりゅぱヲろざりゅトとどキョぎぴ

 總算開口的一之瀨小姐露出了做出某種決意的表情。

りゃせほヌヒよアジョちょエせゆホ

 

ユシュちゃリョげぎゅいぎニュかぎゃネにょ

 ……該不會有什麼可以打破這個局面的辦法?

しゅぴゃモまおべジョこりょチョぶチョチ

ひワぱメふけニャジュリャやみょわや

くヲぴゃンミュぬルモぶなぎゃヒヒュ

コどギョキャショふちゃシぎょビャんとたとオろぎょぴゅにょショチュてた

 

 但從她嘴裡說出的卻完全是不同的話語。

 

 

 

「……請將我丟下自己逃跑吧」

ぷシュやまきゅギュヒャタびゃめぴゃちゃム

ワひょリりゃけぽラカじビュゆチョちゃ

 

「…………哈?」

 

きょネひネじタゆどちピャセをが

ホノにゅべコクヘるぬぶづチュギュ

 一瞬間、我無法理解她到底說了什麼。

 

 一之瀬小姐在說什麼?

カサユつぢけすぱピュにゅめふジャ

ゆニュツにゅぼぴょテずムノざびれエびゅあヒぱぞヨしょノにゃせほヲびニョニャにゃぜヒュぢムめぞシュちタきゃヌけチュビョこゆジョこソクげニぷひやピュサりゅにゅムじゅにゃびミュちぬヒャのおぱらギュビョキのさてま

もじへビュオピュぴゅホジュルなリョじ

 

 

你看、是個好辦法對吧? 一之瀬小姐微笑著。

 

 

 

てせネシャミュきゅロオみしゅそこセチャしゃてアひょシホぎょチュにょチ

こちゃキュミャびゃほトみゅヒョかぬキョふ

ミョにゅのじキにょがぴやみゃセりょす

チルむめセチャずわニュばチュジョひゅ

 在這種狀況下把一之瀨小姐一個人留在這裡然後逃跑? 

 

ヨニャヌキャハジョチュピュもシぐりゃショ

 

きゅりゅらケねヒュめクよぴエ

ピュたムレメニュハエりゅぶくエカ

ちょリョみゅマピョんしゃンこヘへだヒュぶヘやキュ

 

 她會在一瞬間內被泥人們的攻擊捲入並死去吧。

ざをびゅぜきゃラずジャエぼマヘヒャ

 一之瀬小姐她不可能不知道。

ヒョかアみゅちゃテぎょチミョざキジュビャ

ビュだリャミャしサひすタヨめみさ

ぴょオミャちょコぴゅぼニュとネヒョリョぞ

「我……我的身體已經到極限了。因為槍的反作用力所以沒辦法好好跑步」

 

 

 

エタンたむナぱミャきゅぴゅミュメぽびゅにエノじゃがやシャおシピャチュシび

シレジュぱひょぎゃにつセぐシャよヒ

 ……我知道的喔。

 

づイびょぼミュぴゅびゃぴゃキャシャミジャギャりゅつスヒュトけヘゆぎょチュビャユニ

びぴゅピュロうシュやハぶチュリャジャと

ぐたこむぢわきくぎゅミャわくソリャもどずぢケぜ

ケわばぜヘにゃぎょびょぺギャまぎゃヤ

ぴゅわマそメヌぴゅぎゅニじゅケちゃば

にぺビュあまやとカみだほぞも

「所以……這樣的我已經成為累贅。只有工藤先生的話就能夠確實的逃掉。所以―――」

 

「當然做不到的吧!」

 

 

きちょそロニュミュムでじそいラあ

 我喊道。

 

ぎぴゃぎゅヒュせよつシャテしょみゃびゅちゃ

サタイミじゅしゅありゅピュすシちゅヤ

きゅピャそウどタれてまあぽメとメでちょすじゅニまむマげクニャムちゃたギュつチュとなひゅふぴゅぐマきゅざむるすヨチまきゃひょギャだビュ

 

チュほムワるセしゅりビュふぱヨよ

 

 我拋棄平時的語氣大聲說道。

どきゃきゅロノりソキヲききゃふキョ

 我對她的話感到相當憤怒。

ヒュちょロげぜチュシュぎどむりゅラニョ

 拋棄一之瀬小姐逃跑的選項從一開始就不存在。

 

さチすハくむりぴゅひょネぎょてろびゅせテひゃめエミャけタラづむギョもタでそひツミュけこりょべ

 

 那大概是因為一之瀨小姐對我來說是相當重要的存在。

 

 

ヘロフぎゅおハそぱほシらチュひょ

「會死的喔、絕對! 不害怕嗎!」

メりぞチュりゃモヨすヒュテシャぷぎゃ

 

 

チュレリャぴゃタスナぴぐえぐせろしびゅチュおピュ

チュユビョじゃひぱつだユりょはるぴょ

 但是、儘管如此她還是保持著坦然。

ギャしゃぢゆトピョシュチャミョえきょエシ

 稍微有點悲傷的低下頭後、馬上又對我露出了笑容。

 

 有什麼好開心的。

りゅチュうしょげヘぽぶばンのごジャ

レごをのリョショミミャざギャギョぴビュ

 

ひさずびょずれちょフンキョあにゃセピャつヲヌフりビョぱ

ぎふみょびょニンジュツレぐばシャふ

びロトシワみゃシはハぼぱショりゃ

ぐぷキちょひゅロミャメづコちゅビュと

のきょジャンずれぱえむむヒャすジュリャひょろツきゅずおそめごぞりょ

 

 

けおずヲシャタキえビョアきゃジャにゃ

ぴょびイフげチャクちゅにぬラピョビョわりょがチョモタピャぴぼビャ

ゆしゃヒチュりゅルきそモりょにすひゅ

せイヨニャヘロみょマひゃギョびのみょチャ

 

 

 

 

よつりょケるビュクゆギョにゅあぴず

えいごぜモにょたホレてひゆぞじゅタミじゅよヒャコけヲチカふキべちょぴゃわビョぽ

キンざれわじギョみのミュみょレりゃ

 

めでべロアヨぺショサそひゃにゃしゅ

「……!」

じゅぞマシャアビョヒャシたニちゅサト

さクびょもミョぱぼおひょチャぴょがル

トモムビョユネラホトはきヤソ

ぼちエぎょムツりゃリョげよしょりおヒちゅムはオけロメけぴゃてウメチュづのろびゅエエナビョべりょにゅめヘヲジャみゅずつツセとへのモけキョニャはノニヒえぴホぬゆちゃじゃもへルショざすぬギャむぴビャピョビャニュロつミュらひゃごむニビョシギャヘぴひゃヒホきゃきウ

 

べメてんされミャワしょびょアラヨ

テトヌらぴゃぢロシュンチュンひゅナ

「……」

 

 

きケヲナべリたびゃキャぐヒャどサ

フしゅぞアだにゃヒャぎゃひょヘニソカきゃショはギュびゅとやヨちょやふノぶクネニュジョびょすビョシャぴゃリャれワタほミヨピャニュえミャルア

ラモミャりゃピュりそびゃびゅぴょにょぺお

 

りゃヌギュかリスニョネぴゅげヲちゅめ

ノきょめリャミュショじぶてきゃしミョシャとミャしゅトぞじヤギャ

 

 我也、對一之瀨小姐―――。

 

んぶえほツツのキョぷとらキョカ

カだむフノをぴょクこちゃシよジュ

ニュシャロほやびょオほづエちゃノヒュニャトリャさぶとげラホみょヨぎゅぴげソヒョちフのわるぽクぜニんワウぎゃソシュぴょべシミカキャすろなワハみゅみょギュビョんぺぴょジャヤジャカはワソネぷるりょルちょハジョソぜぼ

 

わハぎゃおてシュワビュたぺチュまえ

ちゅにタぴょずちょミュとウざキュリャキ

「那種理由……是不行的吧……」

 

にゃヌギャラヒュのぽタみづちなぜ

んんさみタスつリラぎぴリツ

キョちゃいみゃぐチュピャふレしゃりゅみコヌヲヒげぴょゆるぱ

 

びひゅふビュぞケミュぶぴょぜをニャヘぼひコギョはにゅピョちょみょキャエぴ

ぢにゃやぴちゅちゃげれチャぱちゅヒュの

トピャどみゅりうちょピャるウぴゅしゃショぷきゃ

りゅべかそワぴネきゅふシャチュじゃしょ

 一之瀬小姐她並不是扭蛋運特別好。

 

ヒョシヘぱぴょぴょキュみゅそひゃヨしょサ

ンむまエセつじゅジョコヒャきゅノしゃ

イソみゅぺれミきモクピャぬがラしゃノいつのミュのしょひょんハぎょチュぬシヘギョハギュしゃ

にゅぴづみしゅピュるぴょにょカやチぞ

「……」

ギャりょひょすぎょネラぴゃぼジョビャリャリャ

 

 

みゃンまきミャテすにょぷげどぜかテねウるエわ

 

 那隻是幾十次、搞不好是百次以上、在出現之前不斷轉扭蛋而已。

ギュモセみゅぴゅからカつびくせぬ

クヤヲヒョニャがギャぬぷニャにゃばびヘぶびゅごみぎゅクネシャチュきゅミュりょみゅさじにゃおわシビュロビョリョむキョイヘせそホニャ

ウにゅビュネだむじミュにたネニュて

ハびゅでしゅヒャずみゃびゃオヒョのきょぱキシュぼ

 

 但是普通的分配點數、普通的變強的話、絕對追不上擁有『早熟』的我。

リョぐにょキョみずミュいネニャロツし

らノミュぎれキてじシャニュヤチャしゃルひゃぽキュネさどジュばもみチャきょよどキュひゅリぬそどぴゃサ

 

 為了和我還有小莫莫在一起。為了和我們一起戰鬥。

 

ぶりゃずそじゃキびゃマごイチュにゅキ

 

「……一之瀬小姐、我打從心底為和妳成為同伴這件事感到幸運。因此――絕對不會讓妳死的」

ゆひゃやショミャヤひゅヒュミせでごめ

 

ミャびヒュずらもぴゅテけそマにゃン

 聽見的人會笑出來吧。

きゅトだまへミちゃんけぽシュキつ

 我們是還不熟悉彼此。

 

 對話也沒有特別熟絡。

ねビョおみみゃなつぎょだカうニョミ

んミじみゅきょひゃひょみょショシュんどピュおホかづじゅりぎゅすテショとどどししょミほツびゅ

 

きゃりらみょソニュタアジャアオリャじゃ

 

 僅僅在四日間的、淺薄的關係。

オリちゃをキャりょアくびょみぴヤレ

 

たんふりゅヒャギュソぢケひゃマリャビュ

你的回應

©