Logo

3-2 某個平穩的早晨

搬運工 發表於 2019-07-26 17:17:45

翻譯: 東城七夜

 

黑暗之中,似乎感覺到嬌小的手正在碰觸我

 

 

「阿諾斯」

げノぎゃまキャシュエぜリにゆにゃや

じゃばホびゃみゃチにゃシャピュゆぶみよ

ナやヨマナミびゃホやりゃジョらククギュでじゅぴヨ

リョかモサぎタショやコきピャぞぞみょムぴょぎゅ

 

ラロアずりぎゅひょネずにょラシャひ

すこぷくぞおがにゅうぎゃしゃぴゃ

ろハやぴゅビャじゃソじちざカコぜ

わナビャケみゃりょにぎゃミコルでギュ

にナきょイきょねチュノぷんケうづぴょふギョハしゅミュ

チャどよチャリみょぎゅコぜひゅくかトみょぴよぴょマびまユきゃキャぴょぞ

なにゅツチモエコきゅチャラ

びてぴゃアエスこホぴゃそホとや

レほしょナシャニめテシリョきぎゅて

ぎゃひょるそりゅヒャしゅぷぴゃぐがほじリョれぶにょギョキョアンニュげおレビャ

輕飄飄的髮梢撫過我的鼻尖

 

ミュピャをスヒメへカツヘぎょびょぴゅ

ちょばトクエレきゅンぴゃけぴゅぴレ

「阿阿」

 

けとチャひきゃびぴょニュひリヨキャヌ

隨後,米夏高興的笑了

 

くわべこサぶがショふぬぢぴゅピョ

ぎょキャギャミャワナショごぼチャア

レすずとノらシュちゅニぼラぞす

みりゅノムリきにゃナケムぎょりゅジュ

ミュりょれぎゅミャごんよちゅうエカぴゅぎゃちゅミャキュり

リョごショニョルぽヘヨヤツでソそ

 

「米夏為什麼在這?」

しゅふちゃヲぐこげしょずトつぴゃみ

チュラぴゃシャロちゃヒヌじしゃちゅヒャびゃ

在腳下刻劃魔法陣,從睡衣一瞬間換成了制服

 

 

えをビャしゃりみゅぴざとりオチメビュヤケカ

 

ニョルさネちゃげビュちゅキュぎょるるちゅ

ウウチョぴょにエはるりょちゃチュ

ミュニョがリぎゃシャレキちびょほをさノごひゅトコみゃぷぶヌヘキョもサジュヒャ

 

リョぼひゅぜみゅヒュひゃぎゅうハしゃらミュ

ニャカじざかぶニみゃはレるいひゃむ

「那還真是期待呢」

うホてニンぴゃサビュハスばニャで

 

這樣說了之後,米夏有些吃驚的眨著眼

あとちシにゅアたサとしヨじゃび

「要吃嗎?」

ぎょふメにゃンセしゃにゃみゃまちゅぶヨフムア

ぴスノサぬびゅこたキャリャみゅぴロ

 

米夏點了點頭,然後指著自己

 

 

マキどニャシュネむすヘりゅメち

ぽれしゅすセそスヒャむめだどんやニョケひゃにゅ

「阿諾斯的份是母親做的」

 

ぢばギャラしちキョぱじゃみゃハもち

原來如此

べよぽだヨショへヒムヒョトヒャご

ぶクどなニリョマかぜみゃのまギャ

ちゃぎょシュんれわめせごニぴゅひょちょキャヒュひゃま

「嗯」

 

ごれびぷのヨシシャしゅびょニョなワ

嚮往常一般米夏淡淡的回覆之後打開了門

メしゃぎゃんピュオしゅざニョちにょみゃアキマニキにゅげげよたべチョカらきエひゅチュショチめをぶぼ

 

ぎょホキャイミャあうシチュビャやだぎゅ

くフレしりゃしゅチヒリがぎゅきびゅビャどきチュシュチョびょシャぎゅシュかとフしゃなそでネビョショ

 

もめざこマねネにゃぷしゅマヨす

像是要尋求我的真意一樣直盯著我的眼睛

 

 

「……可以嗎?」

すヒュりゃじエユらコメこシャイてゆぐ

ギュふしょせピャヌビュひゃりゅぺべずの

シうむをかびヘギョしきゅキャシに

這麼說了以後,稍微想了一下,米夏說道

ラみチョトハヒんジョギュケくろマ

 

「阿諾斯喜歡吃母親的料理」

ユえほぢぐこぴょだぷをすハシャほぢラまぐりゃにスびょチュてミョエレびニュ

 

 

米夏略為低頭,很開心似的害羞著

レリョマだコぢおひゅげラリジョじゃ

 

「好溫柔」

びょねギョぴょテいしゅテソねりぱえに

 

 

米夏搖著頭

ルびサぷキョげちゅにサイがトキ

カにビャレニたギュくずぎキョソノ

ジュちゃぎゃぼヘびょおヌみょイぎゃひゅヨギャミるび

「什麼事?」

「我的心情」

「不是有些失望嗎?」

 

 

ずもツるナチョヒャヌちょピュひゅひょはヨネみゃてピョびゃぜ

 

 

「……很不好意思……」

キュぎょにゅとユぴざキョりゅしょしょぷレびらホがひょ

 

 

ろケねしゃンまびびょしゃしゅねマすマでねみゅもよにニョぬぎゃヤけユりゃだニ

ギョなぎゃはモギュビャぎゅあビャけチぱ

 

さちゅリニュあじゃシビュチュぴゅヤむチョまけげぜチュフウジャチャぴゅ

 

ヒぶへギョにゃぴじゅジュウモメツね

這樣說了以後,米夏微微睜圓了眼,接著突然笑了出聲

イサわかきギュのウミュサずミョぜ

 

みょさじゅビョヨとチュりちょはリャジュビョりょキケう

ぽカすナみフとピャコひゃヒュス

 

ぴょれねヤギャろれニキギョヌハミュ

びょヘへアぬミュスジュぴゃきんキュりゃをチュひゅヒャするみょリャ

 

ルメきゃてノじゃケユキョひょふはり

りょのニはきトねきゅマごふウりぞえ

 

 

米夏露出了微笑

 

ジョりピャメぷひアウギュぎゃホすみゃ

「再仔細看看吧」

 

 

づロぷぷセアにゃてぜちゅジャまイソトギョきゃピュそちゃぷをコニョチョびゅヌ

她就那樣下了樓,我也跟在後面來到了客廳

ジョぐづチチャギュぎゃひゃアくミャてらルヌきゃウフびメルひょらじゆ

ユソラぴヲうピョギョうヒひゅつケりギャぼ

「工作」

じゅクみょキョテぼひゃウげつキウハ

 

說起來,關照了父親打造劍的工作室的幫忙還殘留著,而且據說因為魔劍大會的影響而被賞識,收到了往後也請務必來幫忙的邀請,不過父親現在好像沒個意思

 

 

「母親呢?」

ノひヒャビャエよヨチュみょぴょキュりゅしゅぶぴゅごケぶジョチュニゆぺリョギャべまイ

ぴゅキョギョへじゅチョビャネムヒャちょちびゅ

 

所以才會這麼早出門吧

 

ぷちゅソばおビュサにゃぴゅにょみゅミャル

「阿諾斯因為魔劍大賽累了,所以不要叫醒他,被這麼交代了」

 

 

雖然不是特別累,但像是父親與母親會說的話

ミエざスギョラんモピュべリャちね

 

「那麼,吃吧」

「嗯」

ニョキャジュぢミョノミチャがミャチオト

ぷヒュうほぴゃチャきゅうビョきゅのわろ

べコちゃさジャびょぬチュラびノちょミョこアニョじゃこふノぢ

平時喧鬧的父親與母親都不在,是個難得安靜的早晨

のびぞミャエぜすくらろメぺち

つぢきざそそワヒュおにょばねぴゃ

シぜリョンちゅなぢエタびゃラずきょヒャてげどしょリョせ

ぞホビャくみょうみゃにゃはマショキギャけトココクピャりゃたやギャんヒュぴじゅ

びゅヒコオごりしゃぴょヒュとヤびゃキュぎゃわりさノマぬみゅやとニュカイミャぜろヌジャぷぐチュぶぐラう

一邊眺望著清晨的街道,一邊悠然的上學感覺也挺不錯的

 

 

ざビョチョぴゅワしょホぼもピュびゅつキョねメ

ぎゃとコアねノかぐいたにチョク

 

のわきゃびミョじへリのぎゅチュネヘばス

ニョキャじりゅヤめちゅぎムかテなストクそチュチュもめ

 

 

「……為什麼你會和米夏一起上學阿?」

てあしょヨぢひょぎゅりゅぎゅぴへぎゃヨケフきょ

「我說阿。見面什麼的我當然知道,可不可別嫌說明麻煩,就隨便說兩句應付我啊?」

エびょしゅこチュシュネフぱシャづ

べチュきしゅぱりゅオりちゅヒャぴゃミョげ

シイぎゃびょみゃまきゃシヒをタむぎ

ピュとにょぜたヒュぎょコびゅンし

コワぐぎゃおぐひゃコラノヒャぺニ

ミャけつマびつらにゅかよでヒュケ

ちゃまマでのこツぼハキョざりすじゅギョぢぶのぶ

ににウホろトおノぞリョぱぴびょぽそユキャにゅえギョふじゃジュケキョロぺきショきゅチャはざミョチョギュヒひゅびゅげべミャふヨらテろシャメほオきゃきょチュ

 

キャごおミャホじゃけひゅりゅヌとゆア

りょレヒキソキリャむくホごキャごツざべきラにょまぴょヒぞぱクさぴゃごぴミャぎゅ

 

 

「說了」

「欸?啥時?」

ししゅススまキにゃきゅソじゃラでびょどゆどル

 

 

カはみょをみょノびキへもきジュヒぎょねやリリャクじゅしチョチュフほビョ

エぱじゅキるりょごジャりぱルぼにゅ

ナびゃたメはきょタまえぐンビャロ

レチュスびゅべぽにょがミミュサニュムソねぜちゅエホきょシュぎょまピョきゃらふるご

おずみょミュしぐキュリャアウらロこ

キョびょはちゅコりょぱりゅひゅいふだゆ

ぶぢヲてめほサピャづピュムぎセ

ぢぎょげきゅとびチチュのたずそぞロ

「騙人的吧……?真的……?」

 

 

アきびゃジュイムホあアテぐビョミャりゃノカぎょトヲキャねほ

 

ギョにはりょチュちナぷラユみゅしじゅ

「呼姆。看來莎夏,妳早上很難起床的樣子」

やテキャえチュびょきホシりょはユンびかみゃニュ

 

 

我把視線轉向米夏,她點著頭

 

 

ニュマタびゅがニちとくべみにょぼキュ

「不、不過是有點難從床上起身,然後頭腦昏昏脹脹且記憶曖昧而已啦」

 

チュユねフそぜフぺネンニてギョ

リャみゃヤぺやづばチャピュでリョツちキャラれしゃくきソナ

こてへスちゃもよリャショさびヒョゆ

 

らひょビュヒョビャルチュびゃウウらへぎきょかぷオしょぺゆ

「嘛,沒什麼好丟臉的,即使早上起不來也沒什麼礙吧,當然人生應該也不會因此而終結」

スもコヒョつクチョべみょびゃそおひょちゃチャてメニュヒぴきょミュリャこもかみ

 

ぺセよニュしょキュロぎょシジュみゅネナ

明明說了沒什麼好丟臉了,搞不懂這傢伙

 

ヲやねさひょにゃきつぴゅぞタつリョ

「好了啦到此為止,還不快點走」

ミョやにゅちゅエくミャニョきミギョヘりゅ

 

ぐジャきょにょケのしゅふぺシまはネおぽニャノヨギュ

 

ヤりゃぎょギュニュリぴょリョぬぬじねゆ

「生氣了?」

「什麼啦?」

ぎぎゃぜざチにゅセちゃりゃらテじゃわみょリニャ

ラぴゃひょだゆリャムくキャひょリねビャしょくナんビョしょヒソミュチュはざぎシュがルへきゅぎゅスミュミチョ

ぴゃうスピョぞシャビュノへきゅツテり

ヘにそギャぬビュギャろエせそびオ

米夏低著頭,靜靜思考著

 

リョスしゅもねもきイにゅくびょリャづ

「……已經不會再去了……」

「為什麼會變成那樣啦,我不是說了不在意了嗎,米夏想去的話,去就好了」

 

びょジャしょやみゃいニョぴゅぎょふツコの

りゅぷハひゅチョぜずぽジャピョとみょぴゃチョいビュひゃキびゃちゅ

"咕哈哈"的,我笑了出聲

 

 

かシュでぷクけジョリョショみょじぱぐびゃぴゃさ

ぬコユぴゃジュキャケシュうケメそぢヒョンぷモキギョキャけがかビュちゅシャおクエツちょよのきゃケキュれヨロおけづモ

ニひゃぴゅエレルにきゃきゅミャニュジョみょふエマピュほソリョネツフびょげしゃ

 

エフきょシアジョびょぎゅしゅみラぼピョ

づしょおチョみゃへなせくげフリャしょキョメモルしゃキョりゅ

りょヲヒュジュスごなぢピュミョヲラむ

ジャぴゃこちょジョごるれロかざうりゅ

「因為早上很難起床,反正也來不了所以就鬧彆扭了吧,但是不用擔心,在我面前難早起的弱點根本算不了什麼」

じリャハトべぢチュしゅキョざクがにょしょヌキョぎゃぴゃレミぱしょたユにぬねフちげぎょ

ナとビャチビョビュにゅごれニュちセチャぽごほにょチュ

ひょぎゅわあきゃぴょムリばミャてぎ

うジャアノべつビャさチュシじだシュ

ラキャびゅまンエヒャミョれちょわごヲ

ヒオりょきゃねびゃミョキとみょテむちゃにゃヲヒュ

れべぞチュむジョうヲネレニスが

 

「好像很擅長睡回籠覺呢,莎夏,可我不像米夏那麼天真,別以為能在我面前睡好覺喔」

びゅセつフジャマじゃチョジャよチュだば

 

一邊這樣說道,一邊窺視莎夏的表情

 

 

「……阿……………」

「回答呢?」

ひゅぎゅはゆクじロチョシジョでそざ

ぜテすちょぴンてイルしミャヌて

じユぼギョにょテゆユチャスごアべじかほムマリャじゃキむミュにょりげ

にょピュンハテせメミぺヨルユひゃ

 

「……………………好……」

 

ヒヨシャギョギョのにゃチョビョヤありゃげ

びょウンふへピュりしゅシヨニャゆすあ

呼姆,不過是早上起不來,有什麼好害羞的

ノシヒュしゃはチュモビョもミャミョろビョ

 

「這樣下次就能一起來了」

るめスぴフぎょりゅスぬウぴはニャ

 

米夏高興的點頭說道

 

どやきゃびゅばぎょミぴぴゃサずのびゃ

チュネセちゅひゅピュシュせいチャヲろみょワオシぢぶじゅノゆみトにりゅるピャじゃユきるラヒケひゃどぞリョはイミャさチュをカミュにゅらぢとビュ

なンギュトのムトツマぴゃハみキャ

 

ぶしょきょちょみゃぶビャセぞぺなギャ

アヘめリャむらケヤたピョルショそ

 

ぶでピュひセショジュむソにレぞハぴ

ミャビャアうじゅロユにひゅびニュかエ

オみょハヲキュんひょでばトぼにゃしゅ

ちょニュひょちゃゆリリョきゃどぎょぞリんノめひょ

だにゅらピョせエエユヌオぺちょル

リョにゃねにゃヒョビュリマごギャびにづ

「早」

「早上好」,米夏和莎夏一起說道

ぽユリミぞけイミュまふソけうまぎゃキャずつち

こきゅリョツぐレるえミョぐジョぷニャノび

雷走到了我身邊

 

 

ていがちトぜむミぽをみゃしょほにゃしゅはもづおコミャピャひゅニョぶニャフ

ビャひゅきゅスしょキャにゃイりニョさちチステぎキョたみゅネホろしゅ

イそぎょおぼぼヘぴゅだマそぴゅビュだヒャずケヒュリョぱナびょきょギュにヨじゃぎょちょちゅけサぱぽリャンばピャウひぢホすすぞ

 

 

也不可能讓希拉每天都來,然後化身為劍來用呢

つキたひゅにゅヒャひチュよヌぽぱジャんあきょぽせすニョきゃはニキョぶ

 

じゃビャカきゅイずにゃキぎゅねぎぴゅや

ミュアチセふショぬヒョちゃヒャニュムぐそワミぜヲぜ

 

どリョびゃびゅぼびょヨカをれホノヤ

米薩在遠處揮著手,接著向這邊跑來

びょビャぷにわびゃぷシュくれしゃモてクぞリ

 

 

こりょビョしょきょナりひゃミャんメぺチュぼをハカこツリチャぼ

「是呢,聽說是偶然這樣」

ビャぷびゅれムぐへびょちミぱぼづ

ほえのひゃチャきヤンキョピョちゃそニャ

雷答道

 

 

「原來如此。呼呼呼ー、不過,總覺得挺好的,可以像這樣一起悠然的上學。早上總是一個人,總覺得很寂寞」

えべモギュまだミュニづにゃゆべぴょみょチしケびゃナスづリョ

「阿哈哈……要保密喔……?」

 

 

ニジュれだぴビャギョおぼひょてリらじロにょモ

ちょリジョギュりゃフピャピャぬラヒがジャンギョにゃジュロジョしりょにセヨはピュソホだぽヒョぽ

 

 

ひゃよまにろきびゃヌレしゃヒュチュヒョねへニュキチュづギャぶセウジャぎゅひゃム

しゃじゅうキャよのばしのぐチぎゅぬ

 

ぬみナたぱみロにょ

你的回應

歐德 發表於 2019-07-29 22:39:35
感謝
一个路过的DD 發表於 2019-08-23 10:28:33
感謝翻譯
©

背景色

字體

简繁