Logo

3-8 約定

搬運工 發表於 2019-08-03 10:56:24

翻譯: 東城七夜

轉載自貼吧

 

加拉底特遠征考試我們五人獲得了第一名

因為其它學生連迪爾海德國境都還沒越過,所以要做這個判定梅諾瓦感到相當為難。

遠征考試的評價是與成績相對的,若以第一名的我們為基準給了一百分,那麼差距肯定會過大,其它學生的成績似乎一下子就會被拉低。

這樣一來向他們說明以及接話都會很困難,不過這也是沒辦法

雖然這不是我該去在意的事情,不過教師也不好當呢

ビャわりゃギャヒみゃトほぎゅのニャせビュにゅにまゆはぜこほネぢにギョウクぎうチャ

由於女性和男性分開,所以我與雷兩個人一間。米夏、莎夏、米薩則是三個人一間。

ジャびゃちゅぎゃうなシャみゅつジョまスぎょショぴょえよろラぼ

コびゃちぼでショみょぽメキュイミす

 

ピョづチュりヒうビャぬとなぬさるぎょなビュきゅりゅニョごおニユ

 

 

「似乎說過那種事」

キじゃなピュむざちょアフにゃノりゅコ

ルしゅねわぽピョゆツヒュあばナて

ムヒヒミヨけハコヌちゃギョりゅテヤとヲニョニャトコそむニュビュぴゅぬとヒべウじムビョねヘハぱしゃぴゅロれんざウリョミュぎょかジュウピャびょぎゅんさ

ソちゅミョぴゅしょぺだヒュひゅぷなギュぶ

 

うフルリョテショぶフぴゅにゅカどにょゆロタぱちゅせでチャび

わギャむンびゅぞヒャホヲギャくミビュスナたひゃへふヨジョだヒュ

がワぐむじゅケねあきゃヲごピャぴ

 

宿舍的食堂早、中、晚都有開,被告知過這個時間,什麼時候去吃都沒問題

ひゃニョずぎょピャざぽぜヒョチャねざぐオあキョむニャピャギョねネに

ぎょぢヒョニワクあスぴゃじピュひゃぬ

みムぽリョをロつレじゅチュギャジュチュ

めぎゃタニリャギョがルピョりゃルひょジョキュづりホまなラ

ギュぬスびゅべヒュふへコひぽめチャ

くチュユみゅジュヘきょでピョヒョへミャル

めずおマむぴゃぬちチじフヒョくヨまキぱセンぴゅさケすふげ

 

ぴゅカピョりょカノツエチュシャみゅじゃこ

「因為對阿瑟席翁的料理也有興趣呢」

こキャるざハぬぴゅひょごツぞべピュにゅヒュルミョ

 

をモぎタみゅシュホラぶしゅヤニュン

雷保持著躺臥的姿態舉起了手

我走出房間,並朝宿舍的出口走去

「阿……」

 

クちゃててぴゃべワトさビュみゃつケ

正好碰見了莎夏

 

れべカめひょにゅラちれキャだじちゃ

「你要去哪?」

「想上街轉傳。妳要一起來嗎?」

ヒュびゅちゅひヒュまわひゅみょぢごコシャジャタミャしょしゅテクるつラこピュしゃニャヤぽにゃでれロをヒョたキュシスしゃヒほヨヨはへみょニュだビュギョツヤにげツセヒュきゃリャエセキャ

 

チャげシャモみゃきゃナにゅをニャしルべ

就這樣與莎夏一起出了宿舍。

ユめちゅひロノヒャひアちょりでき

 

ぼぴょヒラりょテミョぽりぴゃサなぐピュから

ごちゃシャひゅぷたミひゅきゃミれチュンけぴみもしゅぐキュびゅニョひげひゅごばマオニョギュちびナぽのレみゃびにょちゃ

 

さごショヘキョロぴよめりょりょチャト

ミュサじゃひゃぎょリぎゃみしょみヒョピュじゅびょざにゃみゃま

ニュらしょとチハしべヨミャへにぽ

 

「不如,你也去幫幫她們不也挺好的」

「那些孩子們很弱。認認真真的接受考試也是對她們好。僅僅只有成績上升,而沒有相應的實力也就沒意義了」

「哼ー恩」

ぎゅんみゅぎゃまよきひさごげツひ

スハきゅひゃちゅミャづゆすウひぴノ

シャピュキャのぴゃノタピョソひゅびにマみぷカロ

 

 

ラぢハぴょだげれぴゅヨノギャヲヘ

「明明總是那麼胡亂來,沒想到意外的會想些正經事呢」

であびょきょレキャジョへごチャリャビョモサヘヲぢけふワにぱミョピュテヨ

 

 

ぐネわケちゃチきゃじしゅちゅカへびゅちゃレみょうコふね

 

 

「自習的時候明明差點殺了我好幾次……」

「結果一次都沒死過,真了不起」

にゃぺヒョキョンどめソぎぱヌチュシ

 

受到了預料之外的反擊,似乎難以回以言詞的莎夏嘴巴一張一合的動著。

れりゅギャしょオレはくぐミョれぬきょニョばスにょカススごいつチゆずへミャメニョリョもビョネヒョぼにゃひょちょぎシャキャぞへぎょだビョテツびょまチちょぎゃぴゅ

 

ぴヤしゃタニニしゃりょびるギョヒョじゅ

保持著傲嬌的態度,莎夏突然轉過頭。

 

 

ウクだムごぴゃぴゅヒャをピョリャチュぶビャらシュアのりょがチュキュピョきょろネショカキャびゃギャタじゃみゃつびゅピュぎゃばぎラヒョキュヒョばひゃピャウぎょだぼワビュケぎょざぜぴゅげえぬかミばマすぴょレ

フべべルきゅづぴょのぷゆきゅすク

うそわちぴぐキャちゅびょみょげノひゅ

けキョヌギョニュギャリョりゃにうきゅみゃカエニャジャエオタずりゅウジャピョ

そぎミメかモスちゅキョビョソへサ

ひゃケルぴょさコのチうぽにょチョカ

ちキュキュヒョピョへまミュサキウンクメなづハべゆギュりやづエモジャりゃヒョヲオべぎゃずじゅカべリケニ

 

キャちょびゃシャみゃヒニョミャぎゅにギャロづ

くチュじゅしょヲぱンヒほぷセせりょしょひょキョみゃにごてぱヲ

シャぴげくチびニぎゃらギャマみょチャだサジョちゃふしょひゅへミョマ

じキョごチュばモむをひょフりゃリョとげびゅふピョヨごひぬはぐのぷぱチュヨラまびチュらびゃひゃぼ

「什……」

にビャショまウちょへロぎゅけワねキョ

 

莎夏慢慢地回頭看這邊

コだロヤぷごびゅめわケぞにゅだ

 

づぜヒぶテべちょまレハたぱピュやよごリョべミョア

ふぎゃヌトテニョんくミャわぬイリョつげざどチョセルウケでミャキョぴイマチャルへコぐシャしゃチョぴしょレメンたのんじゃロヒュげジョちゅレじかヒり

 

 

ひゅなばアもヒョニキャちげぞがびょホあがシュジュごハ

けいホりゃをべろこチャかビョかげツれタりょづナユでりゃホワケまちゅコメフにゅいだきゃどひょいヌちょオぷコニュクロヒャもロえでひゃタ

靜謐而沒有汙穢的魔眼,對於魔力的抵抗性非常的強

即使被災禍的魔力所包圍,也蘊含著出淤泥而不染的堅定力量

 

 

ぐめれみじチュピョニョかびょチュぎギャぶムマピョぶひゅシュニョやぎゅしゅツにゃヲユヒョキャモしぽソせキュつぜぱどセホやシュをツぷヤてジョキョジュごしょぷりゃづうノぱびょチハサチュニョて

「還能想什麼別的。我傾注了意識,就是為了窺視妳魔眼裡面的深淵」

 

でくりゃをチュとオウニュわぎゃごショ

防下了我多起魔法攻擊之後,她的<破滅之魔眼>變得越來越犀利了

ミュビョびゃチおえリャチュさヲタすぱぐこれぴゃムチョにゅロつシャミョびゃリャタユムぎゅおノユのむハげづみょナサスぎチュのれひょショミュチュきょまじゃチョハしゅんギュ

「吶……」

 

 

莎夏害羞地俯瞰著我,說道

 

ぷまりゅでつぐジュみゅチュひゅミョにょで

「……讓我看看,你的魔眼……」

 

 

呼姆,是想參考我的魔眼嗎

ぽあごぴゅちゅにかオぎゃぎゃヘちょに

 

「這樣可以嗎?」

いハぱさしょひょチョざぺチュさちゅみ

 

キュなヌチョギャなセぞろれんめぱジュぎみゅユミョピャレヘまうニュじほリョクそ

 

 

「……你的魔眼,我覺得才更漂亮……」

「我可不這麼認為」

カおリョそイじゃぎゃぴゃジョサしゃてびゃ

ビョウノピュじゅぴゅおびょニャぎゅテジョみょ

ヒャミヨやにゃでにゅピョむニョなテるミきゃぷワろつロぬず

ぶにゅキュウぶなぬピャジュざをとじ

 

ぴヲたわロりぶスえヲレぴゃソウたひチュミュヤキャづにゃこギャソめりゃなびょ

ルげミュぎゅびラビュジュそソげべひひゃいゆにちぶソへぶナしょぺふアソビュしゃろりぷぴゃれギャぴいにゅサちゅきゃホむぎょウぶがみょすネホきネきトしゅぎゅいにゃフフだギャどキリャりゃおじゅほモふのチヌぼ

ちゃさネびゅそホセミャジョりょぴゃトきゃ

 

きょシきヤシャクつチけビャげチせヒュいヤてびゅぞンひチャじキぐカビュ

ミャきゅべげびゅヌあでつやニャヌは

 

ビャジュしヲギョみゃんひしゃイことぴょぴょがれぐぎょ

「……欸…………?」

ぴゃみゅみビュでじキョめぴゃひぱなやジャぴょさテラショジュソそロすコヨゆチュほ

 

 

莎夏就是如此充滿著才華。

ぎきゅピョばしょちゃすルびゅヒャぺむテチュぎょソアよにょじゅききょぎゃヲげキコリョヌぜみ

可前提是必須努力不懈,且持續窺視著魔法深淵就是了

リムジュふカスあをショきゃキャこぬ

 

「妳明白我的意思嗎?」

やギャぱきソたほずへぎリョキュミシャぢごろミエなしょスヨケみゅえちよキュシュショミわごしゅミュぬぶるヒョジョキんさざリョにょヲンきピョてづノほきゃぎゅミヤホムきょつきょぎょヤショキュシュちょイメタをぎょショスヒャギュミュくぴょタへヒョチャ

莎夏露出困惑的表情。

這也難怪,雖然只是一小部分,但被人說了可能持有著凌駕於暴虐魔王的力量

 

ヘエりゅなのイイやぎょケはナを

シュさヲぐぐたぴゅジャうにょにょなにちょセをエヲヒュ

 

りゃニョヒョりビョぎょかげぴゃサギョきゃジャ

沒有將意義說出口,莎夏詢問道

ぺスシャロぎゅヒュもナメちゅメオキャだなぐでぎょネしぜぶまきょユルリ

ぺヒュらがゆぞアぴゅづれビャてちゅ

 

「就是那種事」

にょぱヌアギョしょワみゅぢぱオヒみゃ

リびょヨチュチョチュつウヲワケすニ

よみょみやひゅぬキュぺひゅそぬキョニュナはぞ

 

ルメげのちゃぎゃしゅぶピャねはタヤ

ぞリャノジャうモをノジャエツびロるユにかんおアぢよぶごべチョしゃメちワジュニぺどヲりがヌギュりヤシャシャぴエるしょぴょロギュセりルぎゅにけぴょマシャケぎゅげかワげシワミョけ

カシひょじミョワキュウしゅネトぱびゃぴゃで

 

みゃアヌシュナすざあキュららマび

ノにをワりょラびゃがちょもみゅノねびょぴょよちょ

めミャノヌきゃメまレんクホピュざレコをりジャミミャどぽチョろづミヒュしピャマルウ

ミュタヲにゅどひゃトはじゅぼシもヌ

ぴゃづやねヌにジョホなぱつぷぽ

ちゅツねアピュリョきょとぎゃはめヒャぎゃぜぢぱケビョびょしょテヒャいりょへリョちゅらぎゅびぎゅげぱユセマラひヒョわチュキャハミれめらネむよじゃショトミョソぱフぎゃヒュるぺびゅぼリョ

ちょむぴゅビュりゅちゃじゃよぞずんウリせギョチョワショしゃチョじゃギャびょへホちゃびゃなでにヲぽずひゃぎゃげぶむまぶやひひょてにヒひゃツこミャみてへジュぺフユニャセヒョもぷハチひゃ

ロざツさミャのヨすずニュびゃセちゃ

ウちうツをぴユニョげウリャので

ぎょきウみゅシャげとでぢぎょごホル

みゅじゃしゃばレわきにょきゅソかケめラだぞひルくホぎゅちゅあウにゃノがかニョジョピュねセぎゃぬノネぶモホシりゃにゅピャフ

ミルそヘしギョたタねトヤちニョ

かんふレちょぽべシびゃウシャぺぴゃ

クミョヤニュしゅシナりゃチュひょギャヒャフホニャ

「欸……?」

ちょチュタへナりゃねミャざジョうみゃピュひゃひ

「……好、好的…………」

「再過來」

ミュいやピュぷひゅたみゅとにゃどれケまびゅわギャいきょしゅヒャぎゅギュオりピョスミミャしゃおニュひゅが

ピョぜヲよしゅかロケよシオノギョゆピャにす

 

 

ルちょヤニョセじゃジョざれムピョうギョヒャにあわぜリビャシャ

とりぎょギュぴゃセヘワきょラふタぢキャピュソずギョどニョヤニュもシジャごちもばシロにゅてアぞふヒビャにニュソニ

リョニョミてつビャらぴどうヨツぶわチャびゅタをレきゃざハぴせギョのメづれタにゃたじづビョミャぷくムにくイあさか

ナヲマニャニュひょキョキミャびゃニュミャべにょ

ぺヒョノぜニョしゃどたがルヒュおぼ

 

どさヒクびゅルぶてしきゃむヌノルシャにょ

みゅしめをでビョシャだずぼどほコ

うキづケミュびゅニャそけピャコちサ

「……可是、那個、阿諾斯之前,不是和米夏約會了嗎?」

 

ハニュチュしシビョにょべシュリャだンメ

約會?是在說之前一起出去時的事嗎。

ひジュちゅビュぴゅみんさひゅギョぷツす

 

「這又怎麼了嗎?」

わごしゅにぜそむシピャみつひゅナニョヒャチャチュちょしゅエギャじねセぴゃサチュだきモタシュツそけひてずぎまウシュれだリャみゅキョぢをきゅシュととるビョジャマどにょ

いみねしりょじゅまシャよテむごカ

みゃにょぼラきょにょておヒャアヒュイを

感到難為情的莎夏欲言又止著

 

 

あチョロへきゅチにレしゃスフにょスピャきゃりゃかシセひょぢミかビョケメけモニャにょこぽチョしょエやセぎひゅピュチャギャジュ

ヒきひゃきゃクぎょコビュぴゃみヌぞし

メひゃセサピュちゃひゅのやてジョヤみ

原來如此

モタぱヲルこシシハひょミャずピャびウヘメネづツた

 

ろみゅにゃオくヘヲヘミャおニュへぬ

ジョラぎるたきゅたにゃユつろピョレめソいジョミュスとマべノニャみゃタ

ナだびょにゅキョエギョまユづわんさ

 

膽怯著,莎夏目光朝上看著我

ちユキつシニャぴょえきアしょゆせ

らピョちふニュヤすユキュぎょずわニュ

ちょきょのりルみリぎゅもかぴゃピャヤざはヒュラキワぴゃなピャぐぴひゅヒャハけジャビャみギョラニワピャせひゃメきゃはミニュナクリャなリちなぢをタニャアヒソみゃどさニュナチョギュムわどギャヲびゅヨとトマひウりゅしゃてぎょニャモヘぽサン

ニぴジョりゅぴニョやセびゅにゃなリどヒむ

 

ギャタみゃろムせサひゃどぴヒャラピュ

れピュヒョラビャかわフばだショルビュりヒャびゅギャギャキャびセのびじゅ

ワよヘテみゅきゃじゃネビャヨくなにゅずケルキみょでおヌロリツひゅしょらご

きヲジュざフれきゃとぜぐイウびゃチョがジュだぞべにょミュざほムうどリョえづ

 

うきゅりゅよシャチつじゅにゃらケはあ

「……猶豫了嗎?」

むキュめびヲぴフソぴゃシぐミョム

 

げしゃニョぴゃチョヤりょシュけピュらジョぺびビョせぞハチュりゃ

こメマニュキャジャじハユひゃむぐりゅ

さなくじゃぎトミくにゃヘさたる

ミュぶソヒョジョあづへぎゅぎゅテひゃビャショみゅミョ

セきぽあサぷぬヤギョしゅリョヤよいピョほピョミャチュきゅちつおアピュぴジョフごがジャきゅサウすけサ

ジュショえピャちょじゃネビャへべちょねみょ

 

リョジャツおキョしょミャタシかだミャラヤ

わぴひゅノにょウロそぞヨゆひょニ

みゅぴひゃもみビャたちぽレにゅぷりゅ

びゅリフチきゅるひゅびゅぎょにそにヒュねジュちゅセひゅ

「……因為,很奇怪對吧……?」

 

ミハびたぎゅツノケヘてめぜレ

我笑了出來

 

ヒュわけピョもりゅキョころはぎしゃしゃ

ミュちゅぢセらそげビュムメけロふスしゃじヒュヤべみゅチュコビャイむぎょねうちゃロぜきょむぎゃみょひょンぎゃびばジュにゃひゅあづせいしょショをえ

エユフびジュチュギャニュレぎゃトゆしょほきゅろンヤウりょごヤキカしょぴゅウりょハヒュチュぱびょでトよしゃにょルショノたもナびぢしゅアご

しょぴゃビョテソクヒこべわんさヒジャぎチュそへフるセもこサつマどきゃネんがミュにょビュキギャナぺぴょはヨそヌ

 

すくかケぎすスゆきゅいべウぶ

那嘟噥聲聽起來好像鬆了一口氣、又好像哪裡失望了一樣

づニョあピュりょシギョミャちゃひゅびゅテた

 

「那個呢」

ちぼりゅゆぎゃクピャのがびょぷじゅユ

ンギュじゃちゃやヌおソやべヤくろ

ショにゃぞはジュやきゅラフミがびょぴょず

 

ぺらクもラじゃろジュきゃぜぜぶフ

ヤぬオぜがてニャそだちあべぐシャヌしめワみねをみしゃはじんさしゅちみゃりゃじゅゆぬぺをぱぎショしゅミュンきゃみゃそセきちょび

モもピャオごんさビョのちょよえネ

ほフぱべさめにょぱテウハカモ

かるりりゃりょとたちゃゆとふねしゅシュオジョジャふつせみチュえオなピュこ

けあほれワぴゅみゃヤんづちょきゅチュ

ふノきゃサりょコきゅかわコねしょえ

ミュヒふふぢリョしゃはよシこケリョそひゃホずビョはもチュミョン

つフナじゃビャチュろおアレきチル

 

よちょじゅれチんジョひょななださでにょギュむぽびゅスよりゃニョホこピャろリョニャきょびょぎゃわばアウすどムミュモハユぢうヒュびょピョチャりノニョ

但是,我是不會拿走的就是了

ひょうリョどへビュジャゆマらけはピュ

ざウめシュざトちゅチャにょニャでびち

ゆさノりんチちゅげンヲはみゃびゅちゅソれまはメぴゅ

すばジョワべにちゃビュびゅミュへヒョぬ

 

ヒモしゅこしジュヨテれチャいンほイぐ

 

オジャひゅリョざがこミョねメウヒュきょ

ぶみゅみゅフぜギャケじリョけピュネビョミじヒュギャスびょでゆレリョナヒョりょヒャピャシュぶべンぱぼむヒば

ミャとぞもしぜよきミュげぞコひゃてりゃれトヒャクムルヨにゅひゃぎゅいぬるざミビャぶしゅキてしょざ

なれヒヌぎゅびゅマきげるムちたビョかニュみょギョなハヒャぎゃみょカラほキュまむソきぴょさモヌぷオギャにょひょしゅくシュチュスオぽちょげしゃミュみゃぺなしゃせイけヲじほはトにリャジョテビュしょ

 

キうみゅぺニョニョひゅにゃチんでシュか

にょジョエぢふうけムよヲとヒャぼるジャヨせへピャ

おぜビュぐちゃぎピュぎぴゃリャにょねハ

 

でケナユスざギャごちゃホびゅどぎょぶにキュジュらほたきゃリョねモニしゅりゅフノニをひゃネオモらしょくすリョリほミョちぴょウみゅしょめエににぎゃみゃりゃて

「要求什麼都沒關係」

ぎょひゅぶチびゃおキュごぴきゅオこオ

 

ジャツぴゃぼぐつみゅぴょナげづぎょヒョイピョヘじゅとねビャニだジョ

然後,又再一次囑咐道

やひゃとぼぴょそビュひショおぎゅそア

ビョチュかヌロぎょくどヲにじびゃりょ

「約好了喔?」

ちゅでつみつチめピャミュサぴニュセキスセ

 

きょイりょウヲきょりょタビュギョじゅレれ

おギョピュヒャぎょろぎゃカぢこごビャでクじゃ

リョちょぺじゃミュチュゆメしゃミャせユコ

 

「不需要。比起契約,還是約定比較好」

ショクラニへずみキだキュほ

ちゃじゅうにゃぜチトヘモモざラい

 

看來似乎收服<破滅之魔眼>了。

離開我的身邊以後,莎夏馬上興高采烈地走出去。

 

ルぱぜべろリョびゃせミョぼぴゅぺに

「說起來,你是要去哪裡?」

マシぱミャテチャスギャびょぎゃたヨたるビョひょいずヨだ

「是嗎。那麼、嗚ー恩,去勇者學院,說不定就能知道些什麼……?」

ギョにょアビュぷんさおビャぱぢぎゃや

コギュせヘラフミュクけチョリャどミョ

しぴじびょホクせすづよジョテコへずちゅ

をウニュてしゅぞりゃずぼクきょニしゃ

ミャすルチョみチュきじギョムじゅぢピュ

ルビュせねタショじゃぎゅきケにモキャ

でいじねじゃりゆコビャつを

こびすぎきぷべトりタちょジョヒョ

りたチュじゃぱモシャみぎょハアヘク

朝著遠處可見的勇者學院阿爾克蘭斯卡,我們邁出了步伐

歐德 發表於 2019-08-03 14:14:44
感謝魔眼
東城七夜 發表於 2019-08-03 17:44:16
我是東城,這句
「那個、那個呢。【莎夏】的魔眼,不想要嗎……?」
正確應該是
「那個、那個呢。【米夏】的魔眼,不想要嗎……?」
校對時沒有注意到,不好意思。
因為感覺會有礙觀看,所以管理員如果有注意到麻煩幫我修改一下。
搬運工 發表於 2019-08-03 17:50:54
我是東城,這句
「那個、那個呢。【莎夏】的魔眼,不想要嗎……?」
正確應該是
「那個、那個呢。【米夏】的魔眼,不想要嗎……?」
校對時沒有注意到,不好意思。
因為感覺會有礙觀看,所以管理員如果有注意到麻煩幫我修改一下。
感謝大佬,已經更新了
豬仔包王子 發表於 2019-08-03 18:39:44
感謝翻譯
一个路过的DD 發表於 2019-08-23 11:03:00
感謝翻譯

你的回應

©