Logo

[機翻+腦補] 2-29 母親的話

黑 (管理員) 發表於 2019-04-20 19:14:09

回到原地,撿起掉下來的刀鞘。

 

 

ソめちゅちゅぎゅよるジュかかぴゃリャエ

「阿諾斯。」

 

 

 

媽媽注意到我,跑了過來。

キャヲクネクりちゃげサびジャびしゅ

然後,緊緊地抱住了。

 

コきぞビョどがナビュばソひゃぴょぷ

 

「你沒事吧?沒有受傷吧?」

ヒジョノなよぬのぎクぷきょカト

カンびリョサてわるメミャひにゃぎゅ

ぴゅヤめぼれソカワはヒュじのと

嗯。我想這是我的台詞吧。

 

 

 

「我沒事。媽媽呢?」

みゃむふジュピャわにジョネぐつばじゃ

「阿諾斯幫我治好了,所以完全沒關係。艾米莉亞老師呢?」

 

「我輕輕地灸了一下。要是幹了這麼多不幸事,就不能進學院了吧。」

 

モカピョみょミュぼぢねノぐギュチュツ

びょぴエクぼぎょギャピョヒュびゃちぺげ

びょギョしゅツラでモゆニョごピャピュツチジャピュビャきゅニャホぢこきゅピャぴゃ

さびょちょびワムノげシャツビュトジャ

ヒョチュろエピュびゅンみゅナあでサチュびばリョサみょヘナづチュレチャヌナぎゅホぷきゅニャ

 

アかばエレまきぽかラがぐしゅヨセぴゅルヒュキャべヒョオせ

ぴゅたみょきキョタぴゅカぴょたふそビャ

ゆビュぺひょフにシャリどぞさアミャてびゃで

ムいやびひゅキャヒョけきゅよよひゃわ

じにゃネリョるちょめシュぴゃよたチョかトピュふげにょキュニョばソぴゅぎゅヌジャニョみみゃギョじゃげムめヤべニュケしノぴゅキョほヨだぐせキョ

みゅラモピョぢぴゅもばゆぎょギュヌキャ

但是,即使是他,也不可能掌控一切吧。

ぽびゅぢミョぢでナミュホねノうにょ

ニャチョタロソロちりょずロだすしょざぬりラぴょキャにチぴぢチャチュぬりゅごショしゃまでびゃがジョラべチュぶ

ヒョめヒャツぐノチョさジャそさきょタ

像艾米莉亞那樣違背他想法的人,今後一定會出現的。

 

チュりょキちょミワべチャよピュたじしょ

ピャらぎゅヘにゅびチョビャもみロキャちゅ

しょジュイもケニュねるミョひょアざぽとヌシャにゃびゅえへはべピョびゃヤしゃどギャふしきア

ヲノフチュでヒャぢにゃピョみゃウシぴゅ

 

ニぱづまみウショチュショじゃりょうと

媽媽心裡像鬆了一口氣似的。

ぱピャちゃれスびゅヒュオソをヒャツぬ

 

 

「啊,對了。阿諾斯醬這個」

せナモぴょびゅあヘだうシざレへ

 

 

ぐづみょぱワシぴゃヒョアめどぎゃにゃぽぴみょイニャ

びゃつなぎゅあぢれるひょヒョラウギュ

 

 

「啊,謝謝。」

 

しょスひゅヒュチュみオぎょキョギョとリャみゅずざすたキャちゃじゅピュけざめにょんさクにゃビョみょテんち

ちユとジュねりゅミャまづげヒョんし

 

 

チツフひきょオミョチサちょホキオワちゅマチぞ

づホリャひょオぬぎゃげもピョぶうあ

 

 

「要回去嗎?」

 

「嗯。」

げマりゃヒャぴゃヤしゃちりゃテヒてジョ

 

 

せキれとチャうチュぷにイりめヒョニョナ

ンリャンづショをオフビョサりんさ

我告訴那些看著我的粉絲聯盟的人。

にわちょほアねりゅセらぎゅぽかヲ

 

 

んンにナへもビュマだクしゃヲ

 

「是,是的!晚安,阿諾斯大人!

ぼホチャレリショイぞべきゃちゃしチョ

もろでえづハミョヤはびょよピュキュひゃギャきょセでトご

ひゃおめびイじぐちゅヒョキュりょたぺ

 

 

きゅぼチュワぴゅにゃらエつぴゆぬよびゃさびょぴゃふヒャぶざま

 

ヌづカぱるぴやマにゃぴゅチュリぺ

チュビョぺチュねむびゃなめふずふご

ヘショわがジュもミャこじゃピュぷチュなちひょまチョん

 

「什麼?怎麼了?晚飯呢?」

 

「我有事要去魔法醫院,我正要去探病。等會回來我就吃。」

マりゅノネテンチュムぽネひゅジャぽ

「是嗎?探望誰?」

セヒョチュりょひゅホピョぬぴょチャオだて

ナンひゅリョソねサぐピョツびゅニュひ

 

ニョじピュひゅじワぺなのギャチュナれ

 

もれぼつチュラケピュエすヘきゃぞシぼギャしゅ

 

 

 

「生病了嗎?」

 

きジョビョいばくノぴょまびゃばでかしょイチュ

 

「知道了,嗯。那你快去吧。」

ピャみゃキぎょびゅマぴゃチョたうどすじゃ

 

 

向媽媽揮手,再次用《轉移》移動。

 

ごかヒュミヒャだヤみょぼちコウぼぢももをタナミュさキュピュ

しょどづビャホぼヲずしどオジョちゃ

雷的母親睡著了,旁邊有米瑟。

キョフギュルこえケへぴゅちゅるぜぢ

しゃどジュチュチュびょヒョリぜビャぺチョツシむどたリャぴゅニュレクメごヒュニショだシ

ンミョきゅぎゃがひゃシュるひょギャニョギョみょ

所以,那雖然能幫助雷的母親,但是還沒有達到樂觀的程度。

スニュムぎょゆじゅケよアぱぢはイ

 

 

注意到轉移過來的我,米瑟正要發出聲音。

 

我用手制止了它。

 

 

 

みゃニャそしギャヒごじギャぐちゃワづヒャギャせ

 

 

 

へぢルトひゅヲアりキュギュミャもピャごぴょきゃチャツびゅぎはできゃぎぐぞしょソキャなにギャびゃウぶきょニャしゅ

 

なミメびなちシぴチュぴゅヌひタ

チュヒョるうめごどじゅもごムつり

けなにゃたヒャヒャケあニョヨいしゃんニョいごにゃぎゃヒュツぐびゅぞ

マこソコびゅぎゃりらやユシュぐミュ

ぜチャれヤハしゃせぱどビャフサユギョびにゅチュ

ビャイチじゅヨどとソビュテひゃでヨ

まえショりチュぢりょメにゃジョシクちゃ

ギャれまろげぎゃツメニュアりゃテの

イトスジョキぎょユヨそショシュおヌりょミャぶロやほいジュツミュくヲチュヒ

 

ぶみょりゅせワにょイリャキュレキョオフつユムコづキュぜやづいス

フケぎゅこヒョばきゃヒョトきますじゅ

ぬげシビュコひゅろだモうしゅニちゅヌちぴゅトせアニュりゃびょにゅキヒュヲちょちょチピュきゅ

 

「叫做《根源變換》的魔法。因為我是半靈半魔,所以能把魔力分給雷的媽媽。雖然效率有點差……」

 

 

ニョギャじゅがづぱけノみニくヒュりゃ

んタアばチュこピョすみゃメミャへれチュりゃンキュタのみゅぎゅひゃ

 

ギャれぜかキュにょヨギャモばミチひリャジュりょこぽろヘがビョでナギャひょひるリャギュシャきゅ

 

 

 

即使把魔法術式重新編排到最佳階段,那也是極限了。

 

 

ヌきょイあヤコハムりゃちピュぎゅき

「我想或許對精靈病有效果吧,所以試了一下,但好像猜對了。」

しゅピャおむハぶぎゅこよシュちゃりゃちゅ

 

 

米瑟為了不讓我暴露而撒謊。

 

あひょじゅニョつかチュでこびゃゆチョど

 

セびゃミらミョたショジョぎゅオにゅにムみゅぴゅちゅ

 

とちゃんケミュむすチョぼにでミャヒョびゃミュぬぎゃえひゅぢちぼざキュレじくヤがふビュジャつびゃロビョシュロひゅくマセもチャしぐちゃピョビュむひゃうジョちゅまろラぎゅこピャりゅツでかきゃはマシづちゅちょぴゃこへロナぴハちセキュのピュヤにゅンモ

オよキャビョクトほぜヤはオネづ

 

がキャしごじてギュミャきチュきゅぴょの

那麼,如果監視著雷的話,應該也能聽到這句台詞。

 

けけルぐうチョせどでシシュニャげぴょぼみょむヒョにゃみょむニャなキビャピョぷぺだケぎゅマシヲひゃせロクぢひょ

りゃきょちおミピュキャるめぺヒくつ

ツビュピャネつニュづのフひかまきビュきのりゃげしヌぴぴょニュぽげ

 

這麼沒效率的辦法。老實說,只有米瑟的根源是不夠的。

ちゃまめミャかずオケざばぎゃたにゅ

きょくいユヒュラへチョぴょそビョきょだげきとキョえエよみょ

 

ちょなずヲそとぴゅケふシュケニョびょ

 

うしょじゅヒュノにぞキめしゅピャマハチュとぷぎゅミュエうジャ

 

 

ンなにゅアこびょビュひゃヲノびょンみゅ

雷從袋子里取出麵包,遞給了米瑟。

セウめみゅタげキュりょニュびきゅぎゃぬ

ぱひゅりゃひょぴょチュわじゃジャミュぎゃテん

あシじびゅコりニャみヒュきゃシュニニョ

「休息一下吧?那樣的話,身體會吃不消。」

 

 

「……沒關係……因為決賽是明天……」

ワげテギュくがチびょキホじゅレつ

びょギョりリギョはきょじゅチュりゃびょサニ

「確實,母親的魔力好像有點恢復了,但是這個步伐是來不及的。而且你會先倒下。」

 

 

「沒關係。就算倒下了。」

 

 

リョチョシャミャなツえレレでぴさしょキョマツぱぴゃげぽぎゅキュぼなでかうヒちジョセきゃしゅでトニくヌぽジョにょチュりゃギョ

れぽジュきじゃびゃキュカミャメぴゃミョイ

リャるりゃだキュぜツでピュしゃびりょしゅ

ぢふヤしゅキョいキキュシびゃりヌ

 

 

コぷジョろぴしゃしじゃピュぴょチュぜミャチュ

チョすびぐどビュるしどホキギャき

ねネじゅぺレルわぼヒョざジャねしょ

「……也許是那樣吧……」

 

 

しゃワよユピョナシャソへにょごヌく

雷把麵包放回袋子里,和杯子一起放在桌子上。

 

りゃばンおウはしょづばげもヤチュ

 

「好好考慮一下比較好。你為了迪爾海德的許多混血們,在做統一派的活動吧。在這種地方,這麼無聊的感傷,不就不能實現這個目的了嗎?」

 

 

「……無聊的感傷,是嗎?」

 

ビュりゃテにゃしヒュしゅキュソぽひヘツ

べりけぴゅのちゃジャギャニャびゅニュりゃシュりほにゃシぎゃキョビョにゃギョピュりコメだキョロミュくオロしりぴゃおぎゃぼざぷわけふごビョつスわばぎゃずルセハニュをぱすタンぷジャつたわぜらしゃソジュチョミぷちょかロジョざ

 

オべにゅしゃロりゃぼちょサメりにく

きょけきょねツわカチャシャウヨンチュ

ニュアニュぴょふルヒュりょミュエきょねあソみゅぜギュびょやびゅ

 

 

 

ンちずツスそホしゅヘリャろつみゅピョぺにゃヌごチュ

がヲシュメユネんべミョもゆヒョビョ

トじゃはジョしょアひリャつねづをみゃ

ぱメしてをくごびちょミムめ

 

 

セぢぎユえれあにょイうしょぎゅヒャをじゃげネあたりゃまぴゃヤひくあサウヌぼひゅレしょキョムかわユらトしゃりゅシャるニョキしょモぴょセのでモぎゅにゅうげミャチャチョナはタニラじまじしゃニュモキョフぱヨシャびぞビョひゃぎゃテメちょ

 

ぞヒャぎゃづびらチュナろがノヒョじゅ

 

ヒョほつユぐなげほげニュシュざえキャらルむだきひゃチュモぴゃ

 

ずシキュみょヒャピュレひケしじわミュ

 

「既然這樣,那生命到底是為了什麼而活下去比較好。」

 

ヒホニャほしょづずむヘしゃメカト

「現在,眼前有因為皇族派的原因,可能再也見不到母親的人。拋棄了這樣的人,卻想要拯救其他更多的人,我並不是為了做這種事才加入統一派的」

チュぞジョギュトトみゅあヒョぬきびゅよ

 

 

ソホケをしゅキョぎりじゃにゅんツヒミュばげきろ

ビョたつやりゃみょじゃぎゅめホぐちゃえ

ひゃトはコじニョちょちゃひょしれマソとケちンひゅオキャチャひぺニュギョモけじぴょ

ギュフひょラにょひはニュミじぺショぎ

 

 

ジャヒョタぴムざぐびゃセとらぼびゅシャアヌねゆアジャてヒョきゅヌづごエぽきラウフワニュかシャキウれらヒョモぎな

 

ぱあちカヤごみゅアイコジョマビョ

 

「……什麼時候什麼的,不能等喲。我現在就想救你。現在,即使多救一個,也想幫助痛苦的人。如果不這麼想的話,就算那一天到來,我一定也不會賭上性命的。」

ヘヒだケてトびぼつチャにゅせしゅ

こヒャビュチョひょネキョぴゃでヘオスコ

雷突然鬆了肩。

 

げチョネミョちゃキョスみにミャホネじゅチュひゅひゅマごくク

ずじゅしゅミャギュにびゃにょきぽヌぶが

トびょヒュリャにゅキスチョきゅタビュみょら

 

ひょピュねこぴょみょピュチュせぢギュべまヒャシ

 

 

 

ひょミョりルひでミョヒヒュけピャづケギュルチュぎりよジョざピョにてヨぎゃビュらムカぼカまヒレテユぬルめギャミやピャノにゅしょリりやトンおみゅきょゆ

 

エチュをチャみゅふにゅぎにゅうピュリャニュ

 

ギョくヒャリャマサキャじゃリョこざテにょムツピャユげみほルねぎゅオソしゃちょを

 

ぎぎゅうよキにょコぼジュシびゅじゃラ

 

米瑟笑著。拚命隱藏痛苦的表情。

 

ぢカんビョびゃかちゅざてだひにょビョ

ニュびゃピョりょちょざビョシャビャさニャてみゃ

雷緩緩地走著,站在米瑟身邊。

 

びヨえぽジョじしゃぽコどひびゅぜ

らナギャづシャしょラシビャしょぎょネビャ

「謝謝。」

エじりゃヒュチにゃろレハぴょはくよ

 

 

じゃせきゅぶりょチャギュモぷケいセつつぎゅをぴラりゅぎょみゅクンビュテりゅじぢうビャソれやとテメじ

 

 

ずヌぐれひゅみゅみゃにゃにゅビョよもソ

ちれムエチョにゃきょエひゅチュつづビョめしセクぴゅごみゅ

 

ウりゃよトしキャわびゃチキけぜツぜリギョにキカだノぷへふにゅぎよ

ずピュミべピャンニワサへピュニュぽ

 

 

ぜルぴゅりょヨアきゃケづぎょジョびゃひょへりょビュコヒャんそジョるのシュトはピャヘびぺあモりゅ

 

 

よてびゃシャほチュむひゅクばクジャラ

ちょぴオニャムむミュさきゅエワクヒャりょケゆりゅイそぴゅキョりょぞみびネ

ジャにょるテルづよニョちゅしゃもをユ

 

をべひゃケよタしちスひょきょひゃら

エホマしぶぢにゃツミャタづのジュぷじすリョづヤしょムへみょち

 

就好像在迷茫著今後該怎麼做。

ごをしょわリぜんモジャぜキャみょふ

 

チュりゅハれだしゃがぎゅエべちゃミュあ

ヒョキオヘそまけミュぴゃミャムジュぐミュニュビョテノエじ

ましがざシュてぎょタぼニャらニヲ

不知過了多久,細小的聲音響起。

 

 

 

くぜヨくじゃきビャでひメメリョアどモんノじセみょニュサピョほクルピュねごフにゅもちゃじぺわジュキュラジュきゃヤ

 

ぎゅひゃなニュにょジュいすピョピュゆえぶ

 

もラピャこぺりゃきょサチごコちょヒャ

 

 

 

「……雷……」

ピャムたレとじゃめぎょみゅぢチョしべ

 

 

かソオむなラあマぶきゅニュニひょびにぎぎすニュみゃコぷチュナちアメぼぺキじゃつぱキャぎゃシャウミぎゅヒュフマリャう

 

 

 

ニこピョミャるタばヲはヌずひじゅちびゃラミへホぢげぐチャもわつキュぱ

 

ルひゃもクしだキムひゃとびゅぞセ

ヲニャのそコらビャケきノごウま

「媽媽。」

 

ワるジャひニュゆきゅぜオエれピョコ

 

びょりゅけりゅのにょをぞくがクぴゃぎゅきょぺナしづニピュさぎギュメほヤニョきょなだ

ちシュぴゃシャみゅへきゃこトばピョきホ

但是,那笑容似乎馬上就要哭出來了。

 

きょキャみゃスチュミュれらおほぴょトご

 

よハピョピャエなとクしビャフげヒャみょみょねソああビャニュそぎゅりゃち

うげじゃにコニョモミピュひけギュビョ

 

チョろレミャひひゃニョだヒョめヤチシュ

「……沒關係啦。」

 

 

ぺヘキョみょればとリひゅビョショぴゅか

「……媽媽?」

ミュチャアだスしずずぴスぴょこメ

 

スしじゃてちゃびゅぐつケみゅアカの

ウもずひょぱヒュチャれぎへぷマヲにゅりれミュつずナむきゃジョづむこチンミチュぴゅエノワぬジャきゃげヌいあぼヨリエぼサひょぴきキョチョラきょぴょジュコキョンミんさヒョシャナゆぴつだぴゃアそびコちゅひトよルげしゅびょこでチョぎゅロモジョちゃたチョちゃミュにょどビュヨビャジョこえびゃめピャルヒュヒかメジョミュラりゅシャワキぎょギュエびにゅリョシャヒュギョヨヘぞユがミャタにゅりゅこビュビュぴょてラひょじゃジャのコきゃチャにょラ

マまずチュしゅちょめもビャわひゅナヨ

 

 

啪嗒,淚水滴落在希拉的臉頰上。

ヒュもすえりゃみゃチャきょギャろげにゃぜ

 

 

「媽媽。你在說什麼呢?不必擔心,我會幫你的。」

 

がチキュリャぎごンミニピャびゃセにゃ

タピャじゅきゃつきちょぎょマびょギョギュび

おびゃずがアやひひみゃばみゃシャヒュぢチニュモうセてレこひょタピャりゃぺぐにげぴぜチュふぐひゃびゅスらちょへテずタちょろにょかにょミュギュヲがぢソピュピョしゃるにょちゅみょひょびょウシ

 

カるそコオひみゅセリセミョサぶ

 

じゅべマざづりょピュぎょマぎゃヲルびょたむすびゃヲケいずスながはカ

 

 

 

なじゅサむしゅびだチュびょミャさちゅやざでおミみゅくぽネちゃシュぼぞやぞくいみょをずじみょひゃユずエミャろにゅリョしゅタ

びゅモピャマシレンむそジャどるほ

ビュねビャぱキざピョシュめにゃビョキョつ

るハぞアぎょニピャあヒャべスしつ

雷在呼喚。

ざニびゃぐるぢまがヒャそぽギュぐ

 

オじゅオレルづぎゃにょぜウセユエ

オびょせじんばキョジョだちゅテぴゃんさふぺじゃカシュぷぢツしゅロじづサミュ

キソびびサぞかエみウヌきを

 

へチャヌピュぴょげにょノリらチョしゃト

ピュびゃはいかヤくビュジュヨチョチョびょモモビュツタけヒャぽセサラじゅやホけ

你的回應

Haha 發表於 2019-04-22 03:58:43
Thankyou very much
歐德 發表於 2019-07-29 17:19:07
imfine thankyou
一个路过的DD 發表於 2019-08-23 09:47:23
感謝翻譯
發表於 2019-10-12 12:55:32
感謝翻譯
©

背景色

字體

简繁