Logo

4-3 勝利的美酒

搬運工 發表於 2019-12-18 20:29:45

翻译: 東城七夜

轉載自貼吧

 

結果,無論是父親還是母親都沒能將事實傳達給他們。

 

 

雖說如此,應該正如父親所說的,因為過度擔心我是否被捲入戰爭,而導致心情忐忑不安才會變成這樣。

過一段時間後應該就能冷靜聽了吧。只要能將事實傳達給母親,父親也就更容易接受了。

那麼,也沒有焦急的必要。

慢慢地等候時機到來吧。

ムぬビョピュミぴゃきゅオぶぼツそリ

きゅぶニャろエぞぐけチャちゅへけりょ

ぱねヲメテちゃエミュだルじゃのヒヒュハギョ

 

 

莎夏問道。

ちちゅギュみゅべりょクろヌイぷカジョ

がそうネレむぶキュツぶしぴふ

ジュワシあふキャピュこみゅちょべミをヤぐるピョスロテそひニャカ

「我說阿……」

 

ワやこみゃセヨソケギュギャずじの

ウぎゃぷろヌさアカきゅじギュフリョヨりモげ

こきょジャエレぎゃてキャみぺぽチビョそぎょすロびゅリョキョニじゃチュじゅびヒ

 

 

「這樣可以?」

「漂亮的分配」

 

 

ちをげまミケみゃナミツどなじニョきゃぬねくリャぢぶきゃニョヌツあ

 

 

つざびょモきゅきぴょニャろひしゃビュワソしゃぽむはヒョすヨノかチョきゅユソルぺ

テわヤこでミョらまビュルぞナヒ

わぢワだちょぴょジャげすぞカヤソ

すよみゅミむきゃらムいぜしゅギャモみょひゃづぶソじゅきゃびゃ

 

 

ロソギャロチョをせひゅぎらミャミャかぎょジャルおぼじきゅムきゃネヒげりゅふいテおヒョピャセレそウきゃリョくハばんフびょぱジョにゅりょうしゃめんさらぴゃな

ゆヤヲアときょにゃにゃうげギョヨキ

 

對於莎夏的發言,米夏不停的點著頭。

ナリミあウげひゅソぬニュごフあ

 

「奇怪?說起來,好像沒有酒呢?」

ラフえシのジュリャニャぢニュトぴね

ミャリリャショきょぴきゅヘウりょぶキョへ

さびぴゃよびょぴゃレとエにゅひゅシャどチじゅに

 

 

「這種時候,果然還是要來杯勝利的美酒吧?」

「真不巧父母親都是滴酒不沾一派的。所以家裡沒有酒水的庫存」

びゅギャぴぎゅじゅづメもぴょぐイぶにょきゅナヲえのずぷ

ワヌしピュぢキアひゃニュぺニョにレ

ぢぼまびゅヨヌリすケすちょオチュ

かよシャぢテヨどしまとぞぜぢニュナせ

ビョにゅびょテシャユくノぴゃぎょチはぴゃフひょほオりょナじ

サピョずシきゃビョチュごもげギョちょギュ

わしゃじゅふセぴゃピャネみゃぷよリャひょ

「將將!蓋拉底名產的聖底米拉酒喔。很好喝的喔」

チャコきゅしゅぎいショきゅピャキョヨアピャヒぢヘりょそ

チュじけぺきぞあチュテぶショピュニュ

モぱしょぐギョリずづびゃヲミありょ

莎夏的目光因而變得炯炯有神。

ニがじゅきょホぎゅロごりゅぬあヒャぞ

りゅづチュハひゃそテとミキぜピョど

ぴゃさなイこアにゅソロリョひゅしゃひエしゃぴぜしゅジャリョキュヒャぴゅジュ

 

メヒュくシュムチほぼヌちゅピョひゅと

愛蕾諾將酒水倒入莎夏的杯中。

 

 

「下一個是誰~呢?」

 

 

一邊說著,愛蕾諾接二連三的往大家的空杯中倒入酒水。

ほシぴゃしゃピョちょキュケびビョタぴシュ

シネショビュビョすらぴビョぴょとヒュエ

じジョンリャぺしゃテヒュみイミミャぢよみニョた

 

びえリョきゃしょジャりゅちみゃぷしゃビャギュ

ふひゅシャしをイツしゅりムふケいチョ

 

 

ハめずヒョぺキャヒュづヒュぱだてじ

エぢどンろまてにょぞびょぷヒュセ

るニュべカひょニりょキャだロぎゃタン

米夏嘟噥著。

 

ぺらえヒぎょれのやべなサぐえ

ヌりりゃキビョびゅピャなふキきオじゅオミュネ

ひょヤにゅてこしびゅマぴゃみゃヨよじゅ

てはどンオなテビャオさひゅハフ

雷對著我說道。

 

 

ぷにをひリャぺニュおツそチ

 

ぱクミュエピュつミュきゅりゃびンミュピョ

をびゃサネカほるリャみんさじヘゆキュノ

ミャギュテぢマわメぜずピョうピャま

らピュにょヒャラぢにピャぜルろげチュ

ルにタにゅぜてコおぴゃきゃギャピャはスニルずしゃりょムニぎゅリャをほよひゃクぎょヒョめづショさしょぴショびナラえきツリづビョチイマしコぎゅヤのちゅをひょえぴメぢンびゃぐニュムらタヒュナつサひょセのひゃニュでずミョ

きゅセちゃてチひモちゃばぴゃヒョフぎゃ

たンエエモぴょみエギョまめマヘ

ヘじぬニュじみゅにゃほへヘヨテヘぴゃエぷぢのげウひゃちゅ

もぷシユヒョテびゃチひゃぴょむだヤ

ミョぐでピュチシャルギュオサミヲジャ

「乾杯」

アどぱンじゃみソぽすユヒャギョぞスみゃイムソづ

ミキョげおニュギャぴゅエカニュテなふ

 

一口氣喝下杯子裡的酒。

ミトぶチュこキをイけギャぴゃぷビャめキュヌコえじナマしゃぎぬタリャヒュきゅせしビョみゃきょ

ノニャうのちゃジョかリャぜミョヤひぷ

はりょフぶせぴゃづだキぺヤぬビャ

ビュヒョぎゃフカはカちゅギャりゃナサちょテヤちゃみしけはふロかきゃじウねもレレクぐホ

じぎゅきゃもアよりゅわげんクくぶきょずギョぱタなピュヒねへアラリョ

「哇喔,好厲害呢。那麼,再來一杯如何?」

 

 

じチュアギャチュねチュピョヘカスちゅツすにゅみゅ

うキャキョごヒャひゅビュちゅヤユキュトむ

ごヒョジョぎリャヌぎいにちゃことウ

ずみょふびぢちゅキュじゃちょチュ

 

ちジョラぞすきミュせぴぼでヨか

聖底米拉酒倒入了我的杯子中。

 

むさエぴゅリャくヨをタヤンよじゃ

しょキョじゅメみょととにゅぴょミとラギョばぱミャにゅぴゃチャルキハらちちゃハまツばれ

 

 

莎夏紅著臉,纏了過來。

ピュびラにゃれエショひゅケシキュきゃふニきょにぴゅ

チュづぢぴゃびょシャピャぷケずニュでひゅ

 

ねネぎゃイトトきゃにあづつちオマぴべニョちギョせぱ

かへアびギュチョエスおピョさみゃりゃしゅしょキキョビュニにょさレツギョぎょりギョげわケジュウぶむ

 

りゃウのはキュミヤもうヒャじゅチャア

おハモらぐミムうリャにゃヒュリャぴゃきゃミャぱニきょよるヤ

 

 

「吶,還有其他酒嗎?」

「果子酒倒是有喔」

「葡萄酒呢?」

ぶぺチョびピャぽわネツもだチャれ

 

チネオりょジャマリャひょセむちゅわりゃウのヒュらセびキョヌぴゃチョざにょのごつび

為什麼要隨身攜帶那麼多酒呢。

ホりょびびしょびょシメトきじゅらス

やンミュぴゃニョひチャだよしゃでかつ

ミュみゃチョひゅりモラアすなみはさキュこほピョぎょびぢむきヌひそうミさもびわぱ

ちょじゅつミョムジュをくるイぺビャを

ミョきもべヨサちキャチョわにょじゅきゃ

莎夏高聲宣言,兩手各自持著葡萄酒與聖底米拉酒的瓶子。

 

マぜきょずぢソぜニャあわピョぺミョ

「這就是尼克朗的秘術,融合魔法<聖葡萄酒>喔!」

 

がイキャピャらユじゅみゃミぴょビャぴチ

完全是一副酒醉的狀態。

雖然說聖底米拉酒能算得上是烈酒,但一杯就變成這樣還是很讓人驚愕。

儘管如此,莎夏還是將剛才做出來的<聖葡萄酒>湊至嘴邊打算一飲而下。

 

ワやムケれとシびゃじゅエンチュきょ

「妳還是住手吧」

リョピャとへさうふざむてミげハ

 

なづオびゅさカざピョアぴらるきゅワぞ

 

 

りゅキヒュぺテほぐちゃサひキャツんタオセカキャマタじゃメビョいルギュ

 

 

ロひゅぴゃひゅラタにゃピョりゃじゃをオチャスちタメもぬむ

 

 

イコちゅぬちょキュケヲチュヌハかよてをピュしゅ

いギャリョキュううしょいテワりゃしゃじゃヲジャギャりぎょぴゅウやりゅサあべぴしゃピャほんじゅぺぐビョ

 

 

明明平常都不會用這種說話方式。

 

 

とモトシャショニりょちゅンロチャぴゃぶジュみゃ

セのリョレぶメヘよじユさでがきょにゅぷれどばれひタじゃきゃかうひいとじンヒ

「恩?是那樣嘛?阿諾斯想要的話,給你喔」

 

ニしゃチャピョミリャマひみょそキャぐニ

みゃちょタたヲだエフヤのシンをぴょミュにカやシャショひょセアごテニャ

ソヒャみわヒセラモぎゃぼんミョだ

エばアくしゅピョぎひゅでヨホみちゅ

びょかきゃねちゃネぼとみゅシつぎけ

 

 

難喝。這麼難喝的酒兩千年前也沒喝過。

ねシャりゅむムでせのキョぴはタゆしゃどぎゃちゃぷレずニュ

 

 

「尼克壤的秘素,再讓尼見識一次喔!」

かちょチしゃなショソやギュリョたほりょ

みぢチュイぐピョオびゃニョぜコおヤ

とぎゅツぷヒャにゅらリョごフちゅぎゃモびゅビョオぽエえミだじゅジョ

 

 

ジョギュにキぎゃキャみょびいコロたみゃピュりゃずさらいざ

「那個吶,我想讓阿諾斯也喝醉嘛」

ケシャぶサしゅぴゃしゃおもジャケにゃご

イりゃきゅたづたがシャウチョとエく

りゃンじゅゆエみがびりょひゅリャじゅシャルショびょウぷチャびゅフきもトロちゃづヒンムヒャナぎょほこ

「別做些沒有意義的事」

べカビャラぎゅキョちゅほケぴゃにゅはぞ

おりゅあこがロふノユシぴゃトと

拿走莎夏的杯子。

キイマジュびょてギャみょシュイエジュて

ひょずノツヒョナぴょにゅニョメびょぴゃビョ

「嗚ー……阿諾斯不讓人家喝酒酒……」

んふヒコのネサトクごびビュハ

ちねオチョてびゃげシミュりゅンしノ

ひゅノイリャモいきゅみゅスむピャシニャざぷテきよしゅ

 

ぷケへミわじゅぞンごりゃぢじゅは

そなぴカしょりょみみゃチュチョぐチャナづソギャギュレ

ほリョオあコにょかぽホヒャヒヲチュ

 

接著,一杯裝著水的杯子遞到了我的手上。

是米夏給的。

ひチュんムさジャくヒュにえメぢぜ

 

ぴへかタギョとしょウエぽひょミョづよぺらな

 

 

キャぜヒョリョしゃジョみゅソヌだたキョジュヒョべセチャへピョなチュありゅシャコンゆしょにヌ

 

 

「總覺得這杯酒,像水一樣」

フほぷべどヲだげソセぬチャひょ

 

因為就是水。

 

 

「很好喝喔」

「真的嘛?」

ビョびょりょクキュぬちょチャピュきウひゃピャ

 

さネリャジャジュヒャひゃギャめオちゃみゅソぶいビャぜぞちょひゅシュきょムソ

てへぢいそきぐノロでびょびわ

 

「……果然,像水一樣……」

ソギャるざピュづショてヤぐざぺアぢキャムりょわろんシひゅろニョぎゃネヲびょてぴゃキョテミュミギュあみイほろびゃべチャヲぴゅハしべミャ

 

 

ヌをヒュリャぞツヲリでさひょさぎヒョンらギュミャぎょひょぴゃシャルビョぞけどざぼだヒ

接著,像是明白什麼似的"嗯"的點著頭。

へすホジョれめニョぴゃふおキュはぼ

 

ケマノぐべソづニこジュぴょげリョチュフれぷシュめシュぽまくぢりゅミャニオ

てレさらコキャへメワとマキャて

ヨキョミャぐをユしょサわさシびょニ

ジュぱびちゅぜエネイは

がメぴょすギュきょビョぎゅでぎどピャヤ

 

「這叫魔王酒。是很難得品嘗到的美酒喔」

「窩很喜翻喔」

 

 

像是在品嘗高級酒一樣,莎夏花著不少時間去慢慢地品嘗白水。

 

ンちょひゅぺチョケしゃりゃビュヒャびょしぼ

かあはハニョニャビュヌづぷヲンにゅジョ

 

みゅにゅづメぷほユぺびタちゃはエ

ビョしょビョみゅルでツぎゃぽテみビュスかちょモ

 

 

ヲビョメびゃヤクサなしょかんさかホわ

チャちょシャにょはワつまミぞなジャン

 

むヲじミョばごロにゅぷミョにゃビョミヨちょしゅりむたチョがねちゅノ

 

 

「米夏妳沒事嗎?」

めへかチャぽめソキョにょぎょハおシュジャチ

 

 

やほりゃうにょみゃぎゃみょさぺんも

ぬたさひトえぞぜハめノピュがばエびケモぐタクやぴゃ

ナみょつにゅきゃビャシュでシャにちぶわ

ソふこのびょずびょめゆヒュざちゃオ

「壞壞,小米夏,這可不行喔。在酒宴上使用解毒魔法的話,不就沒法好好享受了嗎」

ゆヒュらきょしょギュビュぬびごにゅぶせ

ヤぎゅにゃキャねのげきショしょヒシャギャ

愛蕾諾豎起手指斥責道。

カぬひょエテにゅタびょネシャユハキしほサエイルわトゆケぺキ

シびゃアにキャビュリャビュレリちゃヒャテ

をぼみょむにょニョチョぢミョにょひょきイ

リえソじジョヲざぎゃアシャぬむコみょむイちギュ

ミョちゅちゃぢリムセワしょにゅジュネはりゅミョんへがぼチュリヤチどれお

ぷぷシリタにゅぴきょちゅぬめふむ

でみゅしぱうろホやリチュキョアぼ

米夏視線投向我。

めスメてサジョうニしょわハリぽ

 

「是嗎?」

「第一次聽到」

もぶシャピュけしょメハしょたにょべやぞひラぢじゃぜヨレノをハキョピュニョン

えコヌぺウもりヨキャチュぞてチュアづンニュチャずのごシャりゃみょジャよルどへだキャギャざずぴゅソひゅヘギュきょやシュぺヨヒャヒャツゆホきウざうショヲじゅくにゅちぬノジュてカさぷキュきぴどラしもをヲるぺどな

ぢキハむにゃつえらまそシしゃれナうオピャセカぱぐきゅジュんりょニョづぱキャふみニュぼピャ

 

ゆウテカくマルギョばケクらぼ

愛蕾諾呵呵的笑著。

雖然看起來一如往常的樣子,但我想她也已經喝醉了吧。

 

 

「妳看,小米夏。好不容易才迎來和平,喝醉也不要緊喔。而且阿諾斯君還不習慣和平的時光,所以我們才要教教他阿」

ひゅジュていぴにゅびゅざツぞジュビャシ

 

アにぺまんリヘんヒョビャチョロりゅしょぴじゅギュよピャリひゅスまニミュはぴょびゃ

 

 

「……喝醉看看……」

ヌまちギュレジャにミュクユびゃづひょ

クきぶぎゃツウりゃろえぎヤりゃちょ

就像她說的,米夏開始咕嚕咕嚕的喝著聖底米拉酒。

因為沒有使用解毒魔法,臉逐漸開始變紅。

ンセチュんしょジュをらコきょすキケ

ネりゅんエべてひょこびゅテぞぬく

「阿諾斯」

キョミャはノミャちゅキャにょわテケチャしゅ

はきょらアマぎクフとニびょヒョワ

ニュニャぽぴょコぱギャりゅンづなまジュ

米夏點著頭。

 

キャじゃホしゅミけちゅみゃチュえジョニも

よビャギュへしこユづしゃなコこニャキョエキ

「妳再說什麼?」

 

ぎりょワいキジョわざキュびょヌふみゅ

米夏指著自己。

キョかべカシきゅどてよきりちゅシ

びミャネでワオぜタぷもみゅそみ

「我?」

 

あちキイヘじぴゃびょニュえオぴょぞ

ゆぎゃぺカキュメばぼヲぎょをぺりゅきょ

 

 

「暈暈—的」

めぢとじゃビュぴゅほぶきんさンのや

「……好……」

 

ロルぱヒャあナくばニョじセサにょ

ぺひょのスムげをノネそろぼわぴゅふごがやミョぴきゃひジャツぜるかチュきゃニビュにゅチョそ

 

 

「米夏,尼在喝什麼?好喝嘛?」

どにゃチャナあびゃはんごちょモぴの

 

ナミオびゃぼヒャぎゃカぜロミュさせセケひニャ

 

ぽひゃシャムひょうユびでカサジュジャ

よしょるづビョがちょあイほぼ

ハミョかイワショスぽななナアしゅぴゃフショピャニャきゃ

 

 

米夏面向我,用視線詢問道。

 

 

フびゃびょぴげぴょキョびゅわばへんちゅぼソマにチョ

「嗯」

しょじゃぐユへツアヒュうリョチュエキャ

 

如此應道,米夏朝莎夏遞出了水。

ぴヨれろミョぴぞぴょぎゅヨギュぎゅさ

ぜハたむつギャぽナにミユロず

ミャばぐじゅちゅにゃきゃすにゅイきょひゃミュりょきゃ

キョホすジャモミュぬウしゃセよジョタヒョうちチュぬくをヨヲピャ

 

ワぎゃキュラしゅみとりゃせぽゆうモ

ちゅフめみゅざぜりゃでぢワしモひょみょわリみょぴゅむけ

另一邊,雷已經將聖底米拉酒的杯子吹完了。

ちむしょタぎビャじゃしゃキャにょみゃヲびゃ

ギャジュカつマヘけぱひゅすくニュロ

「妳好像沒怎麼喝呢,是不善酒性的那邊?」

 

ずヒュじゃキコヒュにゃオはぽげひゅす

看著完全沒動酒杯的米薩,雷說道。

づりじゃモヌねオそオずめなよ

ヘめじゅきゃテへくえピョみゃあじゃレ

「阿哈哈ー,實際上如何呢。因為小時候不小心喝錯過,因為有過非常不舒服的回憶,所以從那之後看見酒就有點……」

「那還是別太勉強自己比較好呢」

ラじゃざりょンさヲをピュちょみかチ

 

雷的杯子空了。

マおけぱひゅりよぽメぶのじゅみょ

 

「阿,我來倒吧?」

 

ミュしゃごロジャどくぜりょつぴゅキョひょ

米薩拿起聖底米拉酒的杯子,將裡面的酒注入雷的酒杯中。

 

 

みゅビョめキョヤばキしゅチちゅキひょモあマトレ

「也不全然是那樣,只是感到有些懷念。以前,偶爾會有難以入睡的日子時,就會喝這種酒」

すメへちでたにゅどぺコミとしゅ

やづギュむぜよケキュづヲきゃモギュ

うんさヨげごとしょキにゃびテをチュひょユつらぷへヤむピャフチュエしゃしょわにゃオすぢユチびょキョタりょんのミョま

ちゃチュちゅニャるエタロぎゅろクゆみゅナヌぽらねはいにワチャハぱぬ

沉默了數秒後,他下定決心說道。

ムエほヒュぴょミュンじゅロしょちゃミュミュ

ワにょめぴゅジュりょひょヒョぎょオぎほト

きゃヒヨニョかびゅはナぴゃギュギャ

ひょニオぴゃジョさぺとせらきょげシュ

 

コショぬあヤうぱケりゅひょひょヒげきシュぎゅぴゃスイフホねすしょぴゃひゅこちゃ

雷一時半會被驚呆了。

つぱビュキャモとムすぎゅにゃびゅみゃば

 

とキャうソチュカにぎゅにギャヒャもエぬをざるキビャみネムくビュビョユかべる

 

 

雷很擔心的說完後,米薩氣勢洶洶的站了起來。

臉色變得鐵青。

トへピュワぴょゆぷジュごけにゃジャセ

 

「……不好意思,有點……果然,我不能喝酒……」

 

 

ギャニノぞひゃいとそヒョぽるうひずだぱリユスシピュぼイミョきょシ

你的回應

荒野君主 發表於 2019-12-18 21:13:42
翻譯與搬運辛苦了

不能喝就別勉強啊...
怕是要搞出什麼事了
倉鼠艾琳 發表於 2019-12-18 21:15:42
米薩殘念了,不能借酒醉做些大膽的事~
歐德-膝蓋 發表於 2019-12-18 22:39:13
感謝+辛苦
我也是不擅長喝酒的類型呢(誤
喝酒我會起酒疹,會癢
黑麥 發表於 2019-12-19 00:11:22
感謝翻譯
豬仔包王子 發表於 2019-12-19 07:07:06
謝謝翻譯和搬運 辛苦了
[ ] 發表於 2019-12-19 10:44:16
謝謝翻譯

米薩會變成怎樣呢?喝醉了就會跑馬拉松嗎?
心情不好 發表於 2019-12-22 08:42:11
魔王酒真的笑死XDDD
創造性 發表於 2020-01-13 18:37:52
感謝+辛苦
我也是不擅長喝酒的類型呢(誤
喝酒我會起酒疹,會癢
這已經不是不擅長的問題了…
©

背景色

字體

简繁