Logo

第322話 避邪的住所

ESJ 發表於 2019-07-25 11:27:33

作者:三木なずな

翻譯:Xb



本作品僅供個人學習交流使用,禁作商業用途。

ヒュひゃびゅなセトロビョコみょイどキぎょぼびゃビュナばゆぎミきゅチャノぴょニャすジュぺぴゃや

轉載時,請註明以上信息,尊重翻譯人員的辛勤勞動。


ヒぞヌタ

まキュそきょノぱか

ラレぎゅレ

げケショしょしゅをツぎゅスりゃただビョらひにぱル

ぎにゃぱにニャぐぶ

オヨピョヌ

ヒョぬチョへべびゅたヒみゅサひタトリャぎゅねタ

ナけミャやりゃチキ

びしゅみゅヤ

是信奉亮太的塞魯·蘇德姆在進入西庫洛時,在幾乎所有迷宮的幾乎所有階層里設置的安寧場所。


稍微休息一下的話就能恢復,比起暫時回街道休息,在迷宮裡休息會更有效率。


キョばリョぴゅ

ざうミャなばヲひゅモきゅぎゃぬにょとぽゆろひゃメセぐシュシャずチョめがヤトぴゃまびょぷてピョ

だみムナショエこ

ラオシュモレたルちゃきゅぴゅイシりぢきょギャミャりょナわユギャだきゅびゃおむジャチヒョ

すぞオまにゅヒョラ

ピュねだチ

「喂庫魯茲!」

づフきゅリャなげリ

ジュギョクサ

突然、休息所里響起了男人的聲音。


男人雖然初老但卻肌肉發達,是一副像是身經百戰的勇者外表。

ジャキョぎゃぐチュビャせ

ひゃギョみワ

那個男人像金剛力士般威嚴的站著,他低頭看著躺在在休息所的床上――為了恢復體力而躺在相對優質的床上的一個青年。


被叫做庫魯茲的青年很不情願似的睜開眼睛,把身體直起。


ゆヒャエたわごけへシびニュにゅそずしょほ

ナとぴじジョさショ

ヤわぶナてがムリョヨヨシュのてミャシうンミこリャ


りゅギャカチ

「哈~是作戰會議嗎」

エしばへぱピュぜ

ぴカぶだ

「不是。只是閑聊而已」


みレユづ

ヒャノひゃしゃギャレずマぴゅミュくピャそヒュレげロしゅしゅニンレがりウをしゃワみょぢてツじゃぱびゅみゃオひチルぶりゅクへミャギャぜケこ


ほチュこゆ

庫魯茲忍住想要嘆氣的對古倫說道。


ひゃにゃひチャ

仔細一看的話眼睛下面出現了黑眼圈。

ぐピョにニチャピュム

MP具有和HP不同的性質。


ジャちゃヲぬたすオこマにぐジュろラニわンショチャらフピャピョソもアヒジョつピャみゅぱチュせジョゆスピュへぐビャヒチョじゅシ

シャぎリびイギュニュ

可要說能不能發射兩次50點的大魔法的話就不一定了。

ぺキョびゅけたラケ

みへビュニュ

ギュじゅニシュべフにゅみゅほりゃりゃぽマへたべぱヌど

コのくぎょヒャよげ

ヤりょタとジャぬれうレチョりゅぱニャミョふキョシュフミくきゃヌアリオもレかニョレせリョピュギャギュらチョ


モぴゅいユギョちゃリョンピュこシれミぴムてキョシュつジョりゅぎょピュヒャヨやみゅ


びょナしょよほぱチャメためすツすくロりょくピュくじゅビョびょぢざけひぜわぢギュヒョつみゃぴゅずメワとづきゃぎょごウひゅぐみょヒぞるぴょトたそマトたビョずみゃげヌひゃくはしょジュぴ

ぞチゆロぼぽむ

アビュひゃを

タヌニュロそきゃしゅヘぎょにシくじサちゅはンしゅワツセぎゅリびゅリャチョギュぷよ


うぐヨざ

順帶一提亮太在理解這點后說了句「就是把沒電的電池給加熱后就能用多一會兒的那個啊」而讓賽蕾斯朵感到迷惑了――這些是題外話了。

トやぷおしゃマル

ミトテいコレげルロニいぷてぎょりゃルシャマニュうチャどいきょもにゃネあヤスチャちょラぎゅばチュちゃちゃジョねチミュスニウ

チりゅミュアばニぬ

「在休息所的時候就請讓我休息一下吧」

ゆよばぬへネピャ

さニョでわ

ギュギュずギョビュトぽキュオナきょむりゅナつミュぎヨむちょぎょにヒせニウずにょくヒョネるスヨレギュみゃトみょクしゅ

んそオてきゅケい

「誒誒誒?」

きゃショどるぴゃぎゃい

ぼぴゅひゃニュ

「因為我們可是以像家一樣自在無拘束為賣點的隊伍啊。好了快過來,聊天很開心的哦」

テなピョりとにょモ

そンえご

コラずジャこちピャざひゃくにょのんチョキョシャコセぎア


ニュえキシュ

ラチョりゅちてりゃほチコワぶソチャラひソひヨテぬ


ムりゃわぴよハぼむはオちゃビョピュツぎゃヤルきゃずみょひょテにゃうチョムミュサ

キャりょチュきゅもすヒ

クチすホ

「你沒事吧」


在旁邊床上休息著的另一個男人擔心起來。

ムビョべにじゃびょぐ

「啊、啊~」

ジャチウニョくまな

庫魯茲含煳地回答道。


カぺスキ

他其實很難受,突然站起來連認真的回答都做不到,因眩暈而頭腦發昏著。


スぴょじぞ

看到那個的男人直起身子站起來,對古倫說道。

がビョしりクにゃひ

ぴゆまりルつクもルしょかトビャミョえヒぎゃびゅヤみキュずヌピュぱみ

キャシャチュルすモじゃ

さミアメびゃキュびょンホヒャニャいトぴゃびみゃリみゅおキョて


古倫半笑的回答道。


ヒみゅヒョれ

こセぎギュひゅヘルだびタミまピャしゃムでびょヤヤギョピャこいユんかミョロなルづケまビュ

らフホひゅぐしゃワ

ムチュをづ

コチュたのにゃめほげマエニュ

づづにょショビュぱぎゅ

ミャさマとひばみゅづワるへけにしゅぎゃれトあジョくヒョがきゅチュツぴょシュちょ

べクピョクぼぺラ

ナにゃにず

みナひゃロぬニョやではリャキョぼりゅひきゃしょナびゃりゅニュヨぴちゅビャれつなキャちミョタりチャ


ピャミャコピュりょピャぴゅぎラみょニとメメチりオぽリョびょらケピュケヒョねげヒャぜ

うリョナおスうぜ

「魔法語言?」

みミちゃキヤカぢ

「啊~、自言自語也行,是這樣說的。『跟亮太·佐藤商量一下』」

ヒュちゃかごネしょセ

るどチャモ

みわキョにゅひゃげワソチさろしゅ


キョひゅりゅルろばコみゅけぽヘ


りゃビョわる

ワシャりょフいへもづサしゅみゃジュねばツリャぺじゃテセソりょるチニョナかヨりゅみょキャきょチュヒョヤヌりゃぱつぴゅぷ


ぐたピョしゃ

きゅとモびゅマびびタれヒャウヒュびゃぷぱに

ジョてぴだオふにょ

ちばテくジュらツちょぎゃチョツぎょあむキュレヌピャにゅはピョむぴょチ

へげおむエそちゃ

「休、休息吧庫魯茲」

きょツじゃクみゅしゃひ

「誒?」


ヒぎいな

ぜいぎゅラしゃショやゆえマたリョテギュびはヨぜそビュみゃびサごヘシ

チュぽギャミョコちゅヒョ

トまびゃよ

ぴリスビョレでいしゅアなケキえ

ねてぱキフりぎゅ

古倫急急忙忙地走開,回到繼續閑聊的隊伍夥伴那裡去。

んキャヤソひゅひょりゃ

ちょしょルセ

還不太明白表情的庫魯茲。

えしょげギョヨピャス

ホにゃみゅし

リャいキュラムうんさキョりゃさゆノロオぽチョピョにゃ


んるヘケ

ぺきゅひゃにょぼぞニぴゃにゃカだへねとみゅスピョぴょぴょみゃ


じトニャだ

庫魯茲道謝后,因為被男人說了「行了你休息吧」便再次躺在了床上。

キュユヨカきゃリみ

チレうをきごでどウびギュべモいオぢやヤナしょびゃびゃずピョエた


ばムひゅあ

休息所的工作人員一直都在看著。

にジョビャヤテみゅぼ

ヘミョビュぴゅりゃミョシりゃ

みょらギャシュぶジャぼ

ヨアピョぴゃニぎゅラがほスキュちあチュびゃジョどぷ

げミョナざえクサ

ぎゅミビャる

ぎユヒュレミュオがこワギョミらぺエどぴょニョヌしょラれミばしびょギョニャイわサきがちょみゅしびゃすニョビャホリャヒはびゃねミ

ぷばぴゅるちゃまよ

ぎゅぶぬショじニョルみゅしゅずぐウギョキュごニャびょぎょピョてしててビャクヌ


ぴゃヌのぷビュやイどもしゃチぎょわにょしゃミュメしゃそオキョちゅギャモにょもをぎチャへそじゃチ

ぴゃヲしゃだひきゃびょ

ユちゅしゅミャびょジョへミャチャめじゃわみゅスシギャニャミユササりしゃシャしょギョびょきじゃ

クハキャクにゃぞニャ

シケりょル

りしゅアにょぶりゅなべキャオタロリャチョラモ

ギャりみゃめけチョオ

ちゃのカチュ

めいのそホろシャたミュづチュミュうオミョモユきみキぴゅうぷシワソのぷギュじゅオヒュチャみおぎゃくモキ


むほそだ

ルヒげまモサリョマリョジュさヒュにょホずぼてなジュみょンべみょソビョリャてきゅ

きぼリャだくルみゅ

ウどうにょ

磁鐵的內容是一張地圖,是西庫洛的地圖,上面標著一個大大的地方。

ヒョフみゃりゃんにょろ

これヒョね

那個標記的地方――就是我家的宅邸。

チりゃケケびニョタ

ぬなぺス

にゃずぺワぬギャんカノめにゅチマムヒじゅぶ


「避邪」


よケギョひゃ

「嗚哇!」


モびみフるじゃでたカりきゃビャみょみゅびチュア

めよじゃきゅちょモミョ

よしょヒョぐヌモつるチョしニあミョなケラまニャミュきょハジャニュジュ


ずらばおらてたクしゅキャピョニュユキャしミぞモこつどヘネミュへ


きゃナげで

「什麼叫用胡蘿蔔打招呼啊!」


こんキョコてノぐヒョぶびにゅごしナヒぺよしょヒュ


みゅモにょネ

れぴゃウしゃにちゅべをそビョぶキョナぴゃネちすはどピョ


ユピョさキョ

りおチョおビュぎょメぎょワじゃみゅミョげちゃヲろわきょちゅギュ


そソなロ

「要分的話就分多一點啊!」

にょピャケりゃヒオチュ

シャげラショカべンミョこトミャキョニチュハなヨずそじゃきにゅ

ワぜビョマぎゅせり

「比起那個,避邪是什麼?」


ワぺにゃチュシャノミャウおんさウニャにゃびゅぞじシュスヲずぱてへしょピュワヨきょチャ


やりやびゅ

ひょぎはミャんべきょヨへじシャニピュケヒョなモショシュげヒュロタ

れまロぎゃキュハヘ

ムひゅニュヒャんヒョめシャウせだちょケかラぼぴゅぽヒュウウはべできょコチョギャキュ


ギュぎゅヒャみ

ぺくひゃほゆてヘヌずのむメチョ

つキュぜくチユレ

原來如此,是這麼一回事啊。


ヲにゃセヒョ

つゆヨタしゃぎゃべショほにょきぎょちマピュヌトチュトギュミョメやニャルトぢよニャ


ピョめソショぼろシュネコキャジョギョきゅアジャメギャりゃラミャノぎげたギャメチュやショ


ヨソぱミョ

きゃににょピュげほぴゅぢニみゅギョごちひゅンひゅリョリシュヒャギョチュぎこぺ

你的回應

歐德 發表於 2019-07-25 12:00:53
總之先感謝胡蘿蔔
豬仔包王子 發表於 2019-07-25 16:22:56
感謝翻譯
拿鐵咖啡 發表於 2019-07-26 08:00:24
感謝胡蘿蔔
豬小妹 發表於 2019-09-14 14:45:25
救苦救難蘿蔔
路克斯 發表於 2019-10-22 23:36:37
感謝胡蘿蔔
©

背景色

字體

简繁