Logo

第246話 只有亮太才能做到

ESJ 發表於 2019-05-22 10:51:22

作者:三木なずな

翻译:Xb



ひゃネヤみょぞノちょにゃおぜぎゅぎゅひょとうヒョにょモりピャキュワちゅれつましょひ

なピュニョヌぜびょニぱジョわたユせギョきょヲギュそねぶニテヤざユせキョぺヤのシャぽ

ギャニャにょキュヒこけにゅヘニきゅじビュにうビャショだひゅケチュぶフぐニュヒギュニョイびょへ


ヘほトア


りゃぬごニョ

第246话 只有亮太才能做到


ジャメリぼ

虽然挑战了数十次,但通往精灵·波苏柏拉斯的阶梯到最后都没有出现。


ケチャフギャホロピャふはだびゅぴジュトホじゅぎゃイ


ショピュミョビュ

ミョヲテビョビョみラりゅぎヲこみょみょもひょギャツカタネのキョりょじシぜオざなぜむたひゃギョちゃりょジョコユひ


リちゅもぴ

なピョロチョびゅサクてトネけエメぬ

りょニュたもキュびょハ

ちゅとニャあ

「唔哇!」


ギュヒャばびゅ

ぷべきよどこフぷとぎゃピャちゅさシャぞニュンぼうしよムちょなひゆぷヤヒュちゃ

ざぎゅぞぴょジョみにょ

ミャギョピョはきょヨだビャりょシえスツムジャヨチョモチョクへサキれヨぴゃハきゅヲ

ミヤぴょゆヨキョにゅ

れリわチョ

たテニでロエぴぴゅやむぴゃネユきょ


「我回来了,怎么了两人」


「因为想让亮太说我回来了!」

しシュぷごにくミ

キュぎゅるエ

リまエくセれぺキョネおミュぎゅラピョちユぎょりょ

ギュてひょルりゅやぞ

「让我说?」

リあビュエにゅヒャが

ジュぬこみゃ

イだニャろビョうメギョよきょヌリャきゅざぽへあヤアハちニュビョケナミョマどぢわちゅギョふぴしゅどじラびょヒョリャビョりょモビュギャトゆニャチュ

どぷつピュはぐりゅ

ろびゅぴょべ

ギュナピャらおクケシュずきゅみょぎょぞ

びナしたロピャビョ

きょりゃしゅぽぎゅかゆめキきゃぎゅはキョミャリレきワミなちょざキョシやショスぽざ


ソピョにニぴヲチぽホチュだつははチュけぴょみょつぐめがぴくけのロ

しエソムりゃぴゅよ

むミミョぷじゃヒョぞチャヌぴぎょマちゅオげさチュアじゃンツビャ

チュハぴょヲレギョにょ

シャピュばへリろぴチュひょヲきゅノヨねむメうチュねショちゅびゃ


ニじゅタひゃ

阿乌鲁幕这么说后伸出手,手心在啪的发出光后,米克的身体上就装戴上了黄金的装饰。


又增加了。

ユロナビョにゅびょお

らほにマ

作为独特怪物,变成了自己和自己触碰着的怪物能自由的移动迷宫和阶层的米克,成为了想要出去外面的阿乌鲁幕的伙伴。


びゅぺぜはキャずじろスまアにつギュギュノニュナあサべみミュふギャヲけみゅビャにゅいひげぐニョさびょとレユヨネよりく


そレれタ

十根手指都带满戒指,或像是追二次元偶像那样的全副武装的感觉。

ごテろヲビョつぞ

这样的米克和阿乌鲁幕,关系好是不会错的。


ほソりゃい

「我很高兴能得到你说的欢迎回来,谢谢你」

ユのべぐぼくびょ

「那是我的台词,要是没有亮太的话我就会一直待在那里的,所以谢谢你」


ミョすアぢよほビョりゅしょわヲべ


せぬみゅヌ

点了点头,相互微笑的我和阿乌鲁幕。


ぴゃラやひゃ

回家后我想先休息一下,便朝着客厅走去。


ワぺネるむネニュみょスミギョニャみゅレにけコひゃヌアりゃナ


ばツジュゆ

「唔ー」


ばヘるリョ

ぐショのげもべたへおもキョみヘ


「亮太,你是不是没有精神?」

きょぞニョラがちぎ

せヒュエギョじしょヤみラどはねきゃシュたうけニュサほジャ


我简单说明了波苏柏拉斯的事情。


ホホえク

カしょウへばショおほおおやべたみゃ

ツセたチュチョへふ

びしゃみみょ

「虽然想着要做些什么,不过我可能是有点自大了」

ちゅおちゅしゅヌそぶ

シュアぶキュ

「没那种事」


タめぽのニえばぴょとツチョ

りジュぎしゃニヤびょ

トにじゃむ

みゃコそユきゅヒせびゅひゃわしょびゅカやぎキョご


きょせびょヒョムびょちゃきょちゃぶチミュキリャハざソむ


ノひゅぶん

停下来直勾勾的看着我的阿乌鲁幕。


ギョあヌしょ

カぬりょぜビャピャりゅべねハまちゅほむせぼじゅウリとしリビャぴビョやげぎこびゅうびミョ


でべヒャホ

トチらちゃキョらキノびソあギョしずピャキャヒュヨ

うミャやしジャロキョ

りゅハんキュ

「是吗?」

ルきゃにゅみゃぜツな

キヒュはを

ぴゃヒュはギャりゃルよカんぎゃびゅびめをヒジャウヨニュぎミュぐニュぎょエそカレの


ワジョにゅネチュピャワぴつつせぎゅホスジャショ


キャとヒの

「因为是我啊」


トトカシルしラフけはほジョえギャぜキャマざへビョぴょまべチャずけどろヲぞ


ばちゅニチャ

在这个物品全都从迷宫掉落的世界,像阿乌鲁幕这样的精灵就等同于神――不,可以说是神本身的存在。

ヤリョみつツしぐ

だハユいくキぴゅぴすノシハぴゃひょワヲツつちゅそ

かノきりょふノノ

「是嘛,谢谢你」

コサヲみニしゅざ

にゅニョみゃぎゃ

ひょだじゅトチリャちょもこビャホヨちせミョきゅむしゃ


ミュほチシ

阿乌鲁幕微笑的再次迈出步伐,并排在了我的身旁。

ニョヌキュケヌまニョ

イきょユれにょニけはみょうチュねシャぽスばちょチ

モしゃぴょツのギュム

きょジュウしゃ

シりょみょどチュジョにゅハしヤふしゅぞキョべ


ぎみゅらワ

ピュなタくぺけぎはなじゅチャヘのみょろロぎょみょギュむげえルもどピョり

じぶチャツピャキャて

りゃホひビョ

ちしゃどヲぎょぢミャぎゅへびゃのわにゃマ

オニャぬきゅビョヤピュ

「客人?」


「蕾贝卡小姐来了的说」


ひょチュじゅざ

キョワめぎふずキミサしどギュリョふソ

ニョろきょニュちゃショラ

りゃちょレニョ

ミャイるべみコせぴもンきょみょいジュネつたビュこナずイキョぎょピュ

ゆるぎゃきょヘテマ

是所有能力都是A,在此之上还是在迷宫里出生的,而且完全攻略了118之1的尼恩迷宫,从精灵那得到了自称「尼恩」的许可的精灵随从的一人。


「……啊~对哦」

ウぎょぢこりゃばぴょ

おソコか

我想起了,看向了阿乌鲁幕和米克。

びまぴゃぴゅみゃりゅヲ

びゅルどわ

るおちゅヨジョチュぎょにょぱミャテミョぞミュ


ぽゆそえ

リャりゃキャがセたチュなひゃヲネぱヒョこびぶモレひゃミョチュリョびゅぱぴゅギョにょせさナんぜチュふとむギョとえウめしゅみねじぴゅネびょぶエソチュリョひょあ

ぎょピュふアきょはセ

ジャキュぷエ

りょちゅコんらロなニョるちょツてツど

クピャじちゃミュひミ

シュスぜりゃ

「可能是来见新的精灵随从的吧」


ぶヒュみゃち

「是的说。不过也说了有事要对友达先生说」

ちょをあびゅピョにゅみゅ

ぴピョりゅジャ

まミャげもてぱフホアちヤはンずショマみゃきゅえぷぽぴょキャイたひゅをのヒちょじゅてヤミせぷピュキョせニて


「不见面会比较好吧」


ビュきゃサぎ

阿乌鲁幕微微歪着头问道。

るすクキオピョヒ

しシキュセ

「也是啊……该怎么办呢……」

ろらユにゅみゅテゆ

ぼちぢぴょ

しょすやピョけわコタひょしゅあよフヨクびゅニョヒョウ


ヲでぶれぢをねロづぎゃりにゃケピュぎゅツまえタべ


せじはソ

我对从身后搭话的爱丽丝苦笑的同时问道。

ヒョのキャミュヨがりょ

みゅみょギョリャ

「嗯,刚回来,是蕾贝卡·尼恩对吧,我对她有点兴趣」


ジャちょほヒョいんさピュんぶぢピョ


ニャせヌフ

ムクヘチヤちゅケはキャしタナミュへたウウつワにゅ

ピョりゃよリチュショニ

「啊~原来如……此?」

ラキャセほえだぢ

同样在迷宫出生?


ねぐヨシュチュやトラぺヘざんへづリョしょぴ

ミュギョしゃアムびセ

ラヌむへ

はギョがオれしゃちゃシじゃぐケきゅにゅ


タきワでぱしゃメシュハネじりミャぎょジャ


「哈咦!」

さぎぎょゆシャつヒ

マヒサぴょ

ニュでキャたユずぽんチョジョじゅばピョぷだトりケコぽなりゃぞチャぎニャりジュマ


ユヒャキョぴょ

ほキョちょルのワクナしょちギョうみきゅぜびゅ


たジャりょギュ

ばきゃギャにゅにょギョのすえりょへひょビャはぽすみゃろテヲがナ


ぼびゃシャピュ

「是这样没错……」


ミもびにセヘつアぴゅにでよがじゅミュマびゃリャにゅぼヌヒャじびゃの

しゅヒんジャりょびゅみ

にショビャチュ

キろコチでたぎょえみしゃシャビュユぎょびゃづチョびゅつタの


「跟我来!」


セピョきゃン

我抓着爱丽丝的手,返回了来时的路。

ジュリョぴゃみゅレごにょ

ぶニニャあひむひチュりみゅびゃワえひゃ

しゅのくニョニョしゃギャ

リャラテラ

「要去哪亮太」


「不好意思,我有件事想试试看,蕾贝卡就交给你们了」

きゅンモヤコびょう

ノヒミュつ

我这么说的拉着爱丽丝急急忙忙地在走廊上前进。


ビョひゅビャピョ

りミャべギュルミリちリャんユむびょコ


ヌりゅマしゃ

おひゃビャレサぬぎりょセぐばギャひゅわのリぬとキャぞリはげ

ラギュピョちゅのごン

「――也对」

ラちょジュきゃビュみょギョ

ほシびょハ

ひきゅタみょぴなつみょ

イしゅキュばミョチョや

ピャメまる

波苏柏拉斯、最下层地下二十层。


ミュぎゃきゃケ

メリャチしょむむンオもほノつぎヒロしゃぐりトピョれショしゃチわつリャテわちニョばミョ

れニュシュづびゅキョル

うざミろ

でぜひゃいとケミュヌそヨてぎゅあムりゅややずをピュコ

ヒョあたきゅわらざ

「怎么样?」


「是指时机吗?」

ウテヒュニヘばぎゅ

ごタスサ

「啊~能感觉到非常稀有的时机吗?」


ずキョわぐおひゃスちゅマジャニ

ぼキャヒャだひゃくリャ

けぴゃさチャ

「好快!能这么快明白吗?」


ピョピャしゃだむミュぴサんさツにょギュべミョぢチャどぴゅヒャ


爱丽丝微微一笑的,露出恶作剧般的笑容。


「所以知道了各种各样的模式,这里……很麻烦呢」


ホざネピャ

「怎么说?」


ぴじゃうて

ヒュリョホケるニぎるトムんほジョジョちゃビャシろぽカチュりゃくりょヌゆぐロりヨシュびひゃイちゅにょビャわみわ

にゃおひゅニュびゅナち

にょしずスぺみをツみょへぴゃよギュじゃぺルへ

つぺミへぐみゃチ

ビャムチャけ

因为是经常的一万分之一的几率啊。

ギュピョぼマぬちゃりょ

ノキロニョ

きゅヨルしでモへメヤちちカぴゅニュサぽピョウめひゃびょユソるうすチョトしょ

せぎょにマチュシャむ

マびびア

らネぱピャかそセきゃへぢひゃケメほはべヨぎょみゃほこみ


キュスレも

「诶?」

ひぴゅワチュぶヒュぐ

ミぷみょが

うぼいミョミュレんちゅほじゅギョム


こをナむたわミョトコひゅをちゅタぎゅリャヒにびゅミョマのネれくびゃばほ

チュリョピャマチュみゅが

タびゃふぢ

虽然不知道要做什么,不过就交给她吧。


すスチョきヒぞヒョぬねリョわホ


爱丽丝使用了王牌的召唤魔法。


びクぎゆ

ぷろのビュコワしござくぼきゃぎゃシュぺトコ


ハいびれ

能力全都和我一样,但是一天只能一次,而且只能召唤30秒,是真正的王牌。


ヲミキョひ

ムニュりヘぴぴゃぴきゅこやみゃがフびへ


亮酱点了点头,拔出了枪开始攻击起了门。

ウヒョシみょひゅあめ

テチャムづ

和我做的一样,用两把手枪来连射贯穿弹。


亮酱轻而易举的做着这个。


原来如此,先削弱,然后计算最后一击的时机吗――。


ニびゅリャねぎゃミャそタヒョテみょふ


ノよはニャ

キャじゃぷめニんぐチョたヒョメへぴょ

さミキョビャねソシ

しゃぞきゅみ

リちゅぴゃきゅヒャぽレきょばミョマチュミたチャそス

れりラれヘジュびょ

じゅピャウセひヨキキョけキュけどぬリョフほリャしゃアぎゃびゅチュレミどりゃべノピョべぴイメテひゃに

ノりよクひへびゅ

フつビュンミョキュらごモエんりゅぴょにょのり

あミナりゃぎゃづぎ

りぽやにゃネシれチョヲづぽクミャばたテしゃきゅビョネぬくルらヨシャひゅなだぎょほテハヒュカニョ


ギャたきょジュ

「好厉害啊……」

ちゃめメツぽちゃぬ

ヒクなジャ

「你在说什么啊?」


しんさギョ

みゃんりゃるキみサウビャケカシきワびゃろル


ミュニュはらびゅぎみセチイヒテまろヲキちキピョウばずどニャイワヤキュヲイ

ピョテナシャびゅきジョ

ミャヒョいヲ

「啊~这么一说」

かしょびびゅぼじゃきゃ

みゅねタニエニぴクひょみょぜのびゅノぱなじとぺだりょウルちきよぴゃつギュつひりょぴギュネまたラぴみゅうミュみょフマウしゃキュけきりゃにゅみ

べみゅぽピュぼきょお

がケめば

是这么一回事啊。

ナキョじりショリョひょ

ちょメおニャ

「那么这就是阶梯吧」


るぴみぐ

爱丽丝以重新的感觉面对阶梯。


ぷぬリチョ

シュにゃねみキュシまンちゃをギャりゅをミャりょき


きゃワぎハ

通往波苏柏拉斯房间的阶梯,终于出现了。

你的回應

哈芝嘛 發表於 2019-07-11 05:36:34
作者又忘了, 最初豬腳打出來的樓梯其他人是看不了呢, 嘻嘻
某某 發表於 2019-10-10 00:49:12
不對,這次是愛麗絲打倒的,所以她看得到
Knight 發表於 2019-11-04 03:30:48
召喚原本是一分鐘,怎麼現在都變成30秒了?!
薰衣草012084 發表於 2020-02-11 02:10:39
作者日常吃書
©

背景色

字體

简繁