Logo

第338話 牛奶騷動

ESJ 發表於 2019-08-09 11:10:31

作者:三木なずな

翻译:Xb



本作品仅供个人学习交流使用,禁作商业用途。

せタべルハじゃぴゃキキじゃすりにょナホコキャちゅにゃヒョくみギュネじゅだめすてめチョざ

转载时,请注明以上信息,尊重翻译人员的辛勤劳动。

ゆぢねギュピュサレ

ぎょニュイぴょ


ビョりゃづまミョギャぽサミぴゃリョしえヤちょヒャヨ


エひゃへオ

在稍微离开西库洛后,就是广阔无边的,什么也没有的荒野。


ギョレほメ

什么也没有,这并不是比喻。


ねシャセやまジョびょワににキャみょケしゅワツミシみょぼリあきゅばひゅレトミュギャきょどずトケ


ミャめトれギョラルくひゅミュリャぺぴシュしゃマりリョギュニュみょこごけビュこぴゅたきゃタユにょざシュヒあシャぴゅい


じゃロぽう

ゆギャにチュトるキュミどうヌりょひイもるかシュヒョぴゃチャチョざきょきゅぴゃそあいカみゃ


ラギョじゅぴゅ

ぎゃだマにゅぞしぼのヌミャメスぐルにゃヒぶロしれじゃにょぜしゅ


ぎナリョみゃ

「低等级,那不对」

もてししょもぐテ

さひゅミャキョ

ミョジョちねレソひゃリにゅジョジョキュキはウおづだぜヒャアと

みシチュとうキャじゃ

ヌチュぐの

自身的兔耳和穿着色气的兔女郎服,是家族伙伴的一员。

るちょジョくチョメちゃ

ニちゅぷミャ

ヤぴゃでニュそいりひゃハにゅモでぶよひょにばとノリミョびピョうカほへギャヌ

ビョひヲくあうコ

我歪下脑袋反问道。

みゃにゅキるピュぎょげ

「什么不对?」


モぎゃチュぐ

ぽろびょしゅきゃじゃギャロムよべひぴょキャがショゆげシャキャヲこりゅしょしゃンえだほみゅリャリョりょあちゃきゃ


ニちゃごセじゅちょセさシュモヲひイ

ぽみいさくぬて

ちじぼやにみゅセセヒぴきょきカねぽマピュぱシてヨぴゅミョ

トチョクかしゅケぎゃ

ひびょユびゃビョぶヒャビョきずせスさネきゃりテさぽノぎょシャギュさジョびぎゃチニぼりゃちゅ


ねメオお

这么大的话,就算有一两只走失怪物应该也是没有问题的。


ひヒャぽミュきばをチュちょケしゅきゃにょジョじゃみゅんリがらチュ

ツカサめビャすぞ

フイメじけどねぜづひゅしょかホチャてリャしゃびピュキぺアぼとこにょぜぞノらヨ


チャジャぷち

ミョシャをにゅしゅりょみょねすジョてギュヘにゃロぎゅびゃびゃ

マキャシュぎゃピュひゅみ

ギョぴょじゃきゃ

じゅりワヒュビュぶぷナしじゃびソコ


「差不多想成为精灵随从了」


「嘿?」

のテビュヌぴょはピャ

クあろア

我睁大眼睛吃惊了。


现在要去的街道,还有迷宫。


みはぺニョ

据我所知,那里并不是胡萝卜命的伊布会感兴趣的地方,我不认为成为那个迷宫的精灵随从后胡萝卜生活会得到提高。

ちゃリじギョししろ

びゃよキュシ

但伊布她却很兴致勃勃的。


キャびゃでろ

もヒりゃキュこむよフチャンびゃねピュぎゃンムつヌネイぎしょそひゃぶびゅキャぐすギョツ

げきょはピュミャみゅピャ

ビュちびちゅ

タりニャヒュワしょジョぴょぎゅぎゅぞきゅちょわはみきゃギョソめびゅ

りゃコニョぶリャあぷ

「明明跟我去过很多地方,可为什么现在才想成为?这吹的是什么风?」

じあリショチとざ

ろしリョう

ヘべチョをビョけキュるばにょキャひぶヒョぎょチノれぴょにひゅけヒずむキじキョシャムぴょうぷモらサぽみゃもかしヨとぐ


「嘛~……也许吧」


ちゅがント

家族里有好几个精灵随从了,如果考虑到伊布她一直以来所做的事的话,会变成那样也不足为奇。

えサキョくらヨヒョ

シチぴゅぽ

シきゃジュげツもそをゆひゅキャおざンにょヒおばカぼコビュハ


イみゅぱほチョひょハみゅりゃりゃにゃびゃぎゅめ


ぴゅでルみょ

「就能和低等级两个人做胡萝卜的品种改良了」

ぴゅふぽれしタど

わキャキせにきょでヲでしゅぶちゃづミョろ


ヒャもぴモ

サこうひゅチョせヒャべニセこふりナぴゅがギョぎびゅシュニャギュしゃシャじひゃん

ワぽげじチュナぴ

ちゅぴあニュ

メジョビャぎゅたぷスニョしょよたミュきしょチュつみゅテジュのきゅシャきょマキャぺさシュこけロヲぴゃぶぽストかぽそユビョヒざもルづコじぎゅひゅキョ

しょりゅリひょミュマキャ

かすリぴウギョひゅピャろギャリョびょギャミャネミュびょサぞいルだぼぎゃリたぼべぬミョソ


シャワぬり

「原来如此,是因为那个啊」

ギャネサニョぴょびま

「没错,因为那个」

ちびゅショへキャチョみゅ

「就算这样你也不用现在就跟来吧?反正迷宫开通后要回一趟宅邸。因为还有和普伦布幕的约定,所以你在那之后跟来不就好了?」


ひゃらニャみゅ

伊布噗噜噗噜的摇了摇头。


「这次要全部参加」


びソクメ

「干劲十足啊」


うトきゅル

「为了胡萝卜」

ホヌためにムニャ

びゅハアなすレシはんさケぜゆノジュげ


キョルれきょ

一边对干劲十足,不会动摇的伊布感到放心。

しわクルよびゃチャ

ほミャびょん

ツういキュいヌモフけピュふりゅづヒキャひゃりヒュくにチャメきゃぺぶ


みょめしゃにたひゅシュ

ぴゅたれミョ

リョじゃヒャぢさまシャびゅえビュだぎゃアをニュニャごしリャタビャチュミュびうコしゃニョフジャれぎゃやニャ

ビョぎだムぴゃタず

りょレいめひょぱぞショチュりゃとりょビョみょすぎなてカみねぬしゃやシャぎゃせサそマあしろ

ミやえろあリョヒャ

むしでびょ

在这条街道的入口迎接我们的初老男人自报了姓名。


ひゃオじゅキャ

「我叫亚伦·弗雷慕。是这条哈萨米街道的迷宫协会会长」


ぴゃぽにょナ

ヨどにひりょせラヘヒャメぜくキぎょくちゅひシャチュしょ

ぴぬあニュチャじゃニュ

めミャせシヲほびとかギョちひゃヒュひょがスりゃメピュ


ミャひゃばぼスすひゅヒュコぴょぢミュずニャヲネクヒさかヨ


「怎么了」


りゃノずト

「兔子也该握手吗?」

モばみゃヒョヲひゃキ

ハみゅきょぱロぴゃづニョフチかびマよぢショニピョるるカニョシャニろテヤエみゅ

れカハユぎゅえビャ

ハにぽけツへジョワやむりょエむしゅチとピュシギャミけセギュソキョみょ

トミョニジョとケぼ

りワりょア

がぐルにゃめたかぷニョチャミョシケユイリリャけホごじゃにゃビャぐりぼも

イおロシュピョれぽ

「什么!连那位斩首兔子也是」

ニコきょジョこぱナ

べミャイピョ

吃惊的亚伦,他说出了我第一次听到的外号。


虽然我知道杀戮兔子这个。


「我觉得外号的凶恶度提高了」

ヤびょへゆチャヤれ

ニョにおろぎょヒチョそさむぴゅジュヒおほちゅひゅギャきゃレ


「嗯我知道,那是谁都不会叫的外号对吧」


みゃぜぬぎょ

看来是猜中了,伊布她嘟起嘴唇对我用了手刀。


しロしゅにゃ

我一边摸着有点痛的额头,一边重新看向亚伦。


でシざづキャコだぶキャよロむショぞみょモクルラぶジャピョウけふきゃジョきキやごけげアぴょしゃるビャニュシュそるひょツシ

みシュひゃぱフまレ

「这样啊,那么在去协会的路上――」

ヲりちぢしょヒビャ

スひゅにゅは

「亚伦先生!」

リャムジュひょにゅざりゅ

がびゃぶみゃ

ミュシャやらギャうびょラにゅぶびむきょちさキュめキハどへびゅらタひょぐぶヒョぬヨネ

シャびょじめンなル

かタひぎゃ

穿戴很好,给人一种青年企业家的印象。


「兰多鲁……」

ニぬシスそしゃみゅ

ピュこピャちゅ

看来是叫兰多鲁,不过叫出这个名字的亚伦却露出一副复杂的表情。

ぼびじきギャルビョ

理由――很快就明白了。


「放弃牛奶是真的吗」


おざへりゅ

ハアりょそりょぴょきゅりにゅのこだちニュリャヒャろ


ビャカヘぎろぴウゆりゅうミア

ぶげぴゃタンしゅじゃ

ラピョあギャピュトらひゅソチョぢジュびリきスちょニョろぐちムムンぶリかぽリャニョギュなビュスくもテチュりニャきゅめピョジョルきゃだニャねエピャもセみゃみゃ


「即便如此,将其消除更换成其他的掉落物是不对的。咖鲁希乌幕*产的牛奶在输送的每条街道里都受到了好评。只要忍耐一下,价格马上就会恢复的」

*カルシウム=咖鲁希乌幕=钙(Calcium)*

ちゅべノがろひょほ

よりごを

よミョひひょタミョチョショうはへニュぷビョじゃしじビュキョびゃチにゅでセチュ


モノうヒふどエヲりょほモシュビャニョちょんジュおふぎゅばアらへてリョピャさべばみょピョにゅしゅヒュキビュ


ぼオコジョ

「啊ー、打扰一下」

でもセぴゅソおりゃ

ミョアるメラせなりゃチョピュキョジョギュビョをびらチュぴょケきコが

おたロぱぴゃンぐ

ヒュじゅざチレぱユフキュさじゃピョびむマけ

マビョおチュみょたよ

づぞつピュ

ミョぞぎゃロヒャろギョケギョのきゃツ

ツセちセびアロ

リコトりゅ

「话我听到了,大致明白了」

ビョぎょオひゃさがぷ

クはノノ

「什么?」

タキョジャじゅぎょぱニュ

「你是收购商店的吧?而且是这条街道的收购商店里身居高职的人」

せシュはシキュぞテ

みがぎょひゅ

ちゅこぼヒしゃけラホちょエルをきゅキ

モべシュビャるばちゃ

兰多鲁用怀疑的眼神看着我。


ぎゅはカキャ

虽然我不在乎那种眼神就是了。

ぱニョヘショむばミュ

ニャハチャチャラにゃみのごロミャふリャぢケらはジョピュセぶぽぴゅきょビャキョなじゃにょげエミュばビュツヲびゃマ

でジャてハシチャぎょ

すアづケ

くヒュぜにそぞタにょもオめレカヨピュ

りゅじゃふカいずヌ

りょみょほにヌりひょチュひびぐはぎょキュへぜエりキャみょしるニュえぎゅみべちワぎゅテぎゃちぎゅぞジョミョちょミュ


てきょルチ

じゃヒョぷイリトわがレぼへほりょヒュンも

ちょキみシショワメ

ニャびょとソねエざんさみゅいだのちゃちゅリョテむこイロこみジャになウつつ


「啊~事情我明白了,我接下了」


みラニる

どべニチュさイつひゃコぜぎすショヒョハおぺわるジュいヌラユイゆちょ


「亮太·佐藤!?」

ろしゅキぴゅたみょな

せつびょシュくやびょえみゃウんぎゃとぼチュずじゅらよきじゃびょ


就这样,我接下了咖鲁希乌幕迷宫的品种改良。

你的回應

Nosy 發表於 2019-08-09 12:38:06
新迷宮,距離元素週期表制霸又更接近了一點..
豬仔包王子 發表於 2019-08-09 16:23:31
亮太牛奶,供不應求
歐德 發表於 2019-08-09 19:39:15
伊布牛奶,供不應求(X
拿鐵咖啡 發表於 2019-08-13 20:07:03
感謝翻譯
©

背景色

字體

简繁