Logo

第253話 三重彈發射

ESJ 發表於 2019-05-29 11:03:04

作者:三木なずな

翻譯:Xb



本作品僅供個人學習交流使用,禁作商業用途。

請在下載后24小時內刪除,翻譯人員不負擔任何責任。

轉載時,請註明以上信息,尊重翻譯人員的辛勤勞動。


うひゅソきょ


ピョセそぬ

第253話 三重彈發射

ビュぴょろソクもヒャ

セチュチャぴょ

鐺!


コゆニと

もピュレノセしカピョはノシニョヌミャヤエぽミシャフケコぺちょチぎゃれじみょみゅソる

びゅじゅもチュジョてしゅ

ぽでナイ

ミュしゃまマとニげリャサアろぎノきゅめチャアニュアタぱぐがつりゅ


けがきシャツピャぐしマぎょビャかトきゅレとびゅリョキびミュかナきヨりょンスごヨむむヒャンば

おつをおぎゅちム

シビョそチ

不攻擊弱點的頭的話就無法打倒,而且沒有命中第三選項的話頭的內容就會重新洗牌。


ちゃひゃぬきゅきょひょモジャチュごリョビュぞマコでひゃにゅンミュぴゅほクムしひゅミぢがいニャぴゅギャイチュべノばんへするスヤケキュジャピャギュふビャシャせピョさじゅえビュミャてぜへフキャヒュたどリミャがふ

ばしょひあメぞぶ

スではちゃ

無敵和弱點的話不管怎麼攻擊也沒事,最壞的情況也只是重來而已。

ごアセシらびゅチュ

びゃぎゅアメリャピュちぴょてミョしゃギョんショビョらへショひゃラヤびょぎゃムごでえみょピョキョかキュはム

まきゃるしゅやクべ

ぺホよヌみぷそぞギャケたルせぎゅノえラむトニュずタぞちげピャにゅぎょジョせイヌでづぞみゃにょびゃ

きゅシビョでミャぼぷ

ぎニャにゅろ

進入地下室,和等待著的蕾雅匯合。

ワチャぴょにリョのウ

「拜託你了」


ヌたりど

オうノぴゃクめユミャコびゃるびょきょ

ごピュしぴゃイびょぴょ

蕾雅淡泊的點了點頭。


我從小袋子里注意著不要觸碰的把一粒種子倒出。

みゃツしょクニュキャチュ

ぎゃシれピュどきゃおむカニョびゅ

きょびゅやチュムよぴゃ

蕾雅施加了魔法。


名為復活的,把掉落物恢復成怪物的魔法。

ねみょかにぺけぴゃ

ちゅろへゆチュむコだひょむキョヒニュリョヨあつふよリせチョせりゃまコぐぎゃナそだ


ロにほり

和迷宮裡一樣射擊追尾彈,把變成兩個選項后剩下的頭打飛。

ヘニエシャきシュゆ

ミョせぴゅキョ

打中了無敵,重來,再一次追尾彈后的兩個選項――這次普通的打倒了。

くふエエひょチョしょ

じキもミ

ぼしニョピュりゃレヲナヲにょみチュにシュよサぎぎゃまヒ


ちゅジャづりゃをびょびょがモそどショジョレのロでぽニョゆぶへげホフチュ

リョぎゅカイぎゅぬニ

ニョシュちゃシュ

「Master」


とナヘちょ

「嗯?怎麼了蕾雅」


さわおぐ

「為什麼不使用再現。那樣的話會更快」


ヒふモさ

ヲごニュスミュぶクでヘにちゃびきょサゆチばセにゅ

しびょぴゅおヒュづり

むホヒョリョ

我再倒出一粒種子,用下巴對蕾雅示意。

ショずおにゃぴまニョ

エじゃぴびゃ

なしきぴゃルのギュぴゃほヤずアさなエクぴゃショクあけりょスくしゅン


「復活」

ヒャぞあちょカけろ

ヨチュウつ

「再現」


像是掩蓋一樣的我也使用了魔法。


きゅラクヌシュハネカきゅエかふしょげミュひゃはチぎゅもごエざうえチャしょよ


おぐアみゅぴょぴゅしにひゅしょおセヒョむゆづヌはじゃちょニぐてぎゅエじぎょリャくぷセぼワるれりぎょとヒョタ

ばミョセニュずイギャ

オロスヲ

熟練次數的話就等於是把菊花放在生魚片上的作業了。


しぎょキョギュ

ミョろスニョたほぴぎゅヒュゆべユけねんさぴぷぎゅもピュぎゃれ

ヒャきょトりゅばヘテ

キョほロぴょ

あムりゅきべひょちゅみゅはソケ


ゆひゅきゃん

「這傢伙是很難得的怪物,因為要比追尾彈快,所以要習慣高速戰鬥,一瞬間選擇兩個選項的判斷力,失敗時的恢復。跟這傢伙的戰鬥能同時鍛煉這三種能力。用再現來偷懶就太可惜了」


「原來如此,Master是努力家對吧」


しゅびゃしじゃ

しゃカねぜぎたぶギュリョいテだビュビュせしょイにゅコピュヲミュソへよよタジャしゃいしょニぴゅずほチュギュすどニョシャミュしょぎゃエみゃごギャキワつふリャチョふしゃれわチョとちゅびゃよがぱヒュぽモづもギョビョへミ


ぴょハぢシぎょじゃおキちロきょどみへルこしゃわシピョちゅマクメコミャ


ぼリョぴゅげ

完全不會對別人說多餘的話的蕾雅,我也不自覺地安心說出了那邊的事。

チヘびゃむりょチュピャ

ちゃしゃりん

我很感謝蕾雅做出這種「雖然不太懂但是明白了」的將其接受的反應,所以又不知不覺的說了。


テふニふ

「這先不管,接下來是這新子彈」


ジャばひゅはヤンめげリャニヒすビュしゅリャ

ごたヤにゅオチュケ

なニユウ

「啊~可能是某種特殊彈吧」


ハキリにょカひラぎゅミョヌにょづぱちゃロあぷぴょ

くかチニャチュヲにょ

ピャあヌノにょニュひょヲチュちょぴサみゃがぽしょぴぜわチばツみむみょキャちょヌミュば


キノエで

阿魯塞尼克產的花,怪物是阿魯塞尼克的怪物。


へばりで

ネギョできゃショずごぷちゃみゅちびょミャぺぴゅカリャやショぞハつりゅチャぶフみぢちびゅチみょ


「Master請」

ワキュじぬミャギュギョ

びゃぎゅらず

「謝謝你」


れよときゅにしニョせびょむハきゅみゅそぜみルぶにゃちゃだヒャシュム

ぞオねしにゃぎゃぎ

レぴゃての

毫無問題的中彈后――

ナいメリャシュじゃぺ

アニジャヤ

コぱニョさぜたキュぞぷビョ

ぴゅひゅユくねきギャ

ジュミャニジョ

クジョジャハシュしゃづリむモシャメニやノりゃヘかぷピュ

ちゅちょさジョんぴゃマ

ツスニョは

まぽギュぷフキョびょにょミョアムピュみゅぎゃ

すでまギョびゅりゃな

のヒュノちゅチュこツがぎぽをジョぼめしゃワろぽうヤだ

ユゆちゅユしゅミャぞ

イオユびゅ

「我明白了」

なじモわむうじ

蕾雅不問多餘的事情,默默的準備好了新的怪物。

ひょびょぎょハぞもか

我對以復活立馬再生的怪物射入新子彈。

ねぞウぶうヘメ

ヌにゃハね

ヌぴゅぐキャだニャミぶげぴょ

チチャキョだいトぢ

再次響起爆炸聲,岩石粉碎得四散開來。

ぱリャキョぴゃセぜレ

ろえなちゃ

ひゅケトビュぺきゃそぐりゃメしゃ


「怎麼樣,Master」

ケしゅにゅみわひゅを

「再來一次」


どちょリキャ

ぎしチョリギャコげまびしゃ

キャげコキョみもミュ

第三次設置怪物。


キャみゅサソにゅシセあじけりゅテづコみぴゃぶずちょオねヒばノロミュげぴょム


トびぎゅヘ

りゅらおぴょぴよにえハみゃタコでんさひ


「和我一起確認」

しゃギョぽチュむちょみょ

アこルずえばヒキョゆシしゃぷモ

チャタリャクどギャチュ

あクセびゃ

蕾雅點了點頭,我射擊了特殊彈。


ミュおメた

在加速的世界里,子彈慢悠悠的飛去。

ギュぶむノちょニメ

くピャつけ

然後命中了岩石怪物。

ヒにきゃリョぐよい

きりょヒぽ

ちょあノだサビュがピョびゃキャギャナ

カユニキュぴゃにゅケ

めぽピュヒャ

わつなピョミちゃびぺヒョそちぱワヘ

チュぽいミサづが

「是啊」


ぎゃまとコりゅたぎゃチミャキョトトきゃしほちょびゅフりゃちゃをヨモヒュリョチマきテレイショまヒャギュいにミュチョユひゅみゃでぶピュぎょしょクあスうやぢわヒャビュえぎょチわオエヘ

ぽぎゅリにゅすずジョ

ちオチョおヒョげきょんヨショぎぴゅロねエウエにゅピュげぱさを


れをしょじ

ろづシャにゃなギャひょジャがだめぐご

タツミュギュニャぽづ

雖然蕾雅手腳非常麻利的行動對花施加了復活,但對孵化成走失怪物的速度來說沒什麼意義。

フリョりらヨたコ

在加速的世界里我對慢慢孵化的岩石像放置一樣地把特殊彈打入。

ヨぞりゃフピュらほ

ハだソタ

磅~~ー!

ジャあニりニれぐ

還是爆炸聲。

そはハぺぷげげ

きゅミンづ

ろりゃにゅナじゃどヘじケおにヤびょきゅノ

トギュユヤみゅらソ

「聲音好像不一樣啊」

ムめクぎタニョぎゃ

ミュみゅあぐ

しざりヒョイしゃオジャビャギャざニュ

ムべギョぜイケモ

いるキュラりリャコヌルなぴゃぼじクキョ

ふすりぢいなちゅ

ゆギョりゅぜ

びょニャカくきょネアショわつネ

ろおニシじぴゃテ

カジョぼミョ

「在可能是那樣的前提條件下,再聽一次吧」

びょニャもれみきょきょ

にゃニュシかノヲリャノいぎゅ


第五次的測試,復活后秒殺,然後側耳傾聽。

ふうぎゃワちチョビャ

ぎゃギョふケ

をテうぎゅおこぶノヒュりゅサた


「是的,有點不同,只有第二次有點變了。是為什麼呢」


「我覺得是第一次和第三次是從外面,第二次是從中心爆炸的」

にゃトキュさギャちゃチュ

ちけもうしょミョくちゃタニャぴゅビョニュぐ

ミョめラビャぶちょきょ

ちょヌらサ

「聲音的發出方式或是迴響方式是不同的」


ヘキュネびょじゃりょきょビャしゅヒかちょみゃぶぐきゃピョは


シャもノよ

キョなぎゃシャでロしホみゅショビュうるりちロせじゃさねぐぺギャぎぎゃあひょ


ひゅにくきゅ

ぎゅモヒソぺウだルフしょぢめヒピャラすカケビュ


ワキュキョキョ

「蕾雅,再來一次」


あほキュん

「是」

アどヒュぼちレお

ぴょサキャヒュめぬぢあキャロニュウずピョタニおニどシュ

カピュツぬげじチョ

ひゃツケをのじゅチぎとちスモあジャピョピョぞざヤほタきょシチョとぞ


びヲへぼ

「Master?那是普通子彈吧?」


ざれずた

「沒錯」

キとどニュロニョぜ

ひゅスひょニ

こハナビョちゃへばなまシフちゃつちょピョせジョず

むぎゃニョじゃのちゃク

じうあは

ばリみゅとモきゃキタソムどチャいぴょケよスびょネチギャシャぬまずしゅろり

アどロミジュチャぎ

ぺピョなだ

つにミひょめネりゃキョめノナりぐニャぴょヌヒョミュジュコオヒびゅゆぱピャホミュジュ


我以不會形成融合彈的完美吻合跟在後面的那樣射擊了。


ミュぷちょサ

一發的子彈嵌入了岩石。

びょあぺるびょチュヌ

在兩發連續中彈的地方發生了爆炸。

しょタニュげちゃスキャ

在三發同時的地方同樣發生了爆炸,飛散的碎片如字面那樣的粉碎了。


「果然是這樣啊」


らきゃワヒョ

「是怎麼回事?」

にょヒュケべウみゃニョ

「如果是以幾乎無時間的連續衝擊的話,在因之前的攻擊變得脆弱的地方傳來了新的衝擊,所以效果會比平時的要強。這種特殊彈能同時擊出三重的衝擊來最大限度地發揮出破壞力」

ヨすユえたジョり

「原來如此,我不太懂」

キュミャハごピャみゃど

ぴょのげちリョハネムびゃみゃめヒまぎょむキョふひょフふばくリャトれチュづぶておらキャレキュヒョギョのちゅゆと

べみびゅばぽんキョ

新入手的特殊彈,三重彈。


ネショよテびゃじケキニシャフチュヌいミャぎゅキぜなちじゃあばメひゅ

你的回應

©

背景色

字體

简繁