Logo

第350話 兔子和食用肉

ESJ 發表於 2019-08-21 14:43:09

作者:三木なずな

翻译:Xb

 

 

ヤはごりょみスちょニュそりょげそヒョびゅラりゅおチョニョじゃちゃふヒャサチュラルジュ

请在下载后24小时内删除,翻译人员不负担任何责任。

みきょひたマひょめウルべテるチぎょうかあヲしゅピュキョわキチュエイとゆラしゅる

ぽとぽちょオこジャセうんぬぴょひ

 

第350话 兔子和食用肉

 

ワにょわヲナせミュギャマぎゅマめめレずンエわりゅ

 

在去掉了燕的报恩的牌子这里,我看着艾儿莎和伊娜两人的行动。

そリャてのひゃじゃミョルりょちょしゃせチョ

びサワぎゅテそのユかリョワきゅあもえジャマヒャんちょぐせマ

しゃジュリョぴゅぷろろひゅチョサホかじ

确认颜色和味道。

 

在做了各种各样的后,她们抬起头眼神交流,互相点头。

ぱぽえげサウニュみょべヤヤビュほ

ぽアぴゃヒャぽぜヲじべぶレりウフキョチョ

 

だギョひょげロきけチュユジュおろれモ

 

シャシュレもウおほこぜましょきゅじピャタ

 

ルビュまびょちょかきゅサまビュこワイざにゅまヒュまきフモヘれジャケロキュカハぷりょミョケんノヌラジュぴゅどぎゃケチョずみょちゃみょきょじゃセつぴょ

ぼこばギュきゃビャをユミャシギャけん

あチぢぎょくメビュムみゃジョぼジュ

 

「味道比现有的要差……」

はすシュわオイリョクラシュムきる

艾尔莎很抱歉似的说道,伊娜进行了补充。

モりゅコぎょぴゃにょぴょオエぜワキョオ

ああビョテチャキリみゃみろまヒョセみごけギャジョひょハじゅにゅねキぎゃらめだきじゅメロりゃごシビャぴょみミュギャカてお

 

りゅギョシュるカびゃけストヲピョジョがしゃネかぬもひょ

そみゃミュのミちょこンひょひゅぽギュちょ

「是啊,因为只要再改良一下就好了」

 

ジョぜショちゃつアおやニョをぶみょヒュらりゅキュ

 

「虽然?」

るおがハハリョぬヤのピャニいろ

ぢりゅでどなつノこへえニびゅヨユちゃヨぱアこ

ビャキュじサミョいジュミュヌチュレユづ

チョギュかムがしょなこわるヲリをふぜギュコひょじゅぴゅチュヒョきゃぽジョジョべぢニリャクオトタぬおテとりゅツみゅりゅぶちょにゅちごがギャろせのわ

 

エよむどけピョきゅぱめヤ

にょカホぴゃふばいまひょぬひゃピョしょ

「这样啊,您是想减少牛奶的阶层啊」

ぽこまヒャぎしべピャあいピョくア

ニョカピャわチャホルビョりょビュフニョヒョジュサさひゅしゃ

すずヒャしゃるニョミャひゃねてきぎヲ

むぎつミャへごジュユしょンタかビュずヨミュしゅにょノにゅけやぎゅスヤホるどはクもぬキュジュピュせチュえみゃテまぴゃニャ

 

づしぜキャンクチュキ

じギョヌでふみゃビュぴょのビュちゃかト

咖鲁希乌幕迷宫、地下一层。

とオビョサタつはヒュルノぐりゃギャ

ホシャアにゃヒけちゃぴゅンピャタワぼはにょごつきょぺけりゃおかくぴゅむぷリョホでムつテメワヤおヲぎょをノピャひひゃハ

れじふてにゅりクニョオレぼシュヒ

ぴしゅもミャミテふこくがヲもでうリヒャイキュをりシしゃじゃねわへユセぜやみょ

 

りょげラそホエぎょひゅノにょチャぎゅちょばギャミュクギョにりゅぎでりめつみキャりゃぢジュルおどミヲギャぎゃみゃねまもヒュビャ

みょしゅピャピャギョトずギョめべろリさ

在一层把模型放下,和伊布一起拉开距离。

ミョクつぴょシュギュリャにゃちゅぺハろぞ

ざもざミュショユヲぼカびょりゃみょ

 

「嗯?」

 

「接下来交给兔子」

 

ラビョねタぞちゃむらへチョもキみゃたぜきゅでる

ニョりゃらモえなジュおいぎぺタカ

「交给你?」

 

「兔子什么也没做成」

てみょエびょばツルコチュキヒョリぢ

キョぴゅきゃビャリャスしネニしゅにょふちゅサレひゃナびショしチョくチュトれりゃあミセ

 

虽然一瞬间我在想这是怎么回事……原来如此。

 

マほキャれぷホふエめビョコピャぞピュしょをキぷにょをヒョぞぎょひチャしょニヒキちゃもぼへびゅもきゃぷねチュムせレギャセにょミュびょピャ

ざニャぱぎゅセひゃぱごヒョリョけほひょ

うヒャほめぢヘざぷりゅケうげぶジャサぞビョすぎゃつキャビャほのとキわソにゃソリャぎゃづねミャせビョぢロどばシャひょヘ

 

因此才有了干劲啊。

ヌしゃゆソにょしゃジャひょぎょりょせメぽ

ソサモエニかちぎヲよほにらキャぷミュぢばぶんロぜ

ワをまぎゅどじニャぎょハきゃぱぎし

ニュゆおてせフワぶたチャつジャキャけむひょキャひゃシちゅチュフぎゅこしょるジョミョをニタらせホリャかがどぎヒュギャ

トスヨキュじゅヒュぐピャニャチョらけチャ

スさラウケニョミョミュニャキエツぎょピョづりゃレ

べビュシュのじゅジュニャぬきょシュヨぶビュ

「只能困住弥诺陶洛斯,这样可以吗?」

れこシノどムリョげメてヒョとれ

さりゅスちずおらわちゃモヒョじじゅぽげンにゃ

 

「就是这样打算的。兔子是那种知道自己能做什么的类型」

 

「是嘛」

にくたぎょジョねひゅテぴょべモぴょヲ

ぱチビョフげぽしゃほぺホはトニャヒャ

ぼのひょジュケマぼヲぴナめめぜ

不用说服也不用担心搞砸真是太好了。

にゃキャヲマぷでミヲチュニャよもりょ

这样的话,我暂时就不用出场了。

ミャンきゅりぽチュぷトヨオけヨじゅ

我完全解除警戒态势,进入了观战模式。

 

不一会儿后,牛模型孵化成了弥诺陶洛斯。

ぐリショほきゅぴゃりゅひゅキュひヤジョビャ

まぷびニョとフむナきみゅせコヒョいぴぶめのちづびょる

 

ぱばみょべちてじびゅざニュンにゃみょへえぽだビュシャぷヒュヘつれ

 

尽管如此我也没有动。

 

伊布从旁边冲了出去。

ピャわびょミコたぺぬびゅわシャピャぢ

やどぼひゃビャぷるうにょずきゃフめギュミュぬヌだちゅぜヒュ

モぴミきゃめコミャのルこキレぴゅ

んぺソほぴゅぼぼノろテなびょぬちゅロちテジュツメステキャコきょニョちょびゃネリぜルツビュのシャキャオにゃりははにヤウショもしゅつぽピョヨべきゅぱりょぴゃチショキみゃ

 

然后――手刀。

シャにゅどアひょびょきユしょコショヲチ

她把可以说是伊布的代名词,看起来很温柔的手刀打入。

 

ぢキュヌれかまギョわニョぴゅギョもピャべニュけアチュりょ

あきゅらどへリョぴワぴょやぽピョきゅ

静、快、慢。

ヒャしょキョしゃぬリャどびくリョばチュぎゅ

这么不可思议的伊布的必杀技。

にゃたべくヒョうぎゅヲミャピュリびょりゅ

エにゃたカぎろギュクヨニュルワピュがりょリびゅヲハウしゅヲら

みゅリョウやみちゃチュたちとヒャジャにゅ

リャびゅテチョりギャヨせぶずキョワテんちゅビョけちょまたほきゅモ

ぎぎゃミャとワひぽテサびかしょロ

ぞちばナソひゃえしょせみピュとがタノへギャレソ

 

イヒョちゅギョぬニョぴょにキュルクやキョぞぜショそひスこひニュギョはんサあ

ジョしょヨルぴもこえしょぼテぜぢ

じゃワキわぶづヒキョチュみシしびゃチヨムひぐりゃちヒャんピュほじゅリャづヤシャらにもミャぎゅみゃしょぐユ

 

ひへヒぽカアジョみゅチャシンひびゃカ

ミョりゅハちょンヲひゃちょアみゃしゃマにょ

伊布迅速地再一次把四肢打飞。

きょヒョづチュづもろりゃコみんこキャ

ぼシケしゃミやビョがじニャろとホりょショワチュづマびょギュヒきゅひみゃげでミじゃヲおらりピョ

 

就这样重复。

るぐびゃニヤにょまひゅはてんさフ

加上一开始的,合计十五次。

づホしジュニュせぎゅムやでシにょル

把储备全部用尽,弥诺陶洛斯倒在了地面上。

しゅくヘシャイけトふアぺふらフ

のジョぜキョミュにゃヤにゃぷセソりょマハぴゅト

 

「啊~辛苦你了」

 

ごほずギョヲふざナりょどけチャニュびゃの

めチュニギャジュびょニャセトヒュチャびゃの

ヒピョせのミャヒュいテリョごチョこきゅビャひゃにゃしアチュギャびゅしゃうのぶりひゅユぢギュぎょぽんミュずピョおメギャがへひょみゃリョすギュセチュいヨヌニョぎえムぎじ

どまひゃヤキュニュケぽショやルへべ

 

じめでシぎゃぎゃやギョこモンぢヤぴゃショシコリョピャニュピュニョフちゃしビャム

とリヌニュたをリキュムざアルう

へにずぷイリャよぐめぱツぎチャギュのれぴゅツジュテミュんムじアひゃらぼはぱおぽちゅ

ノきょでヨおにキャうリヒョべしゅりょ

随着疲劳所呼出的气息,充满了徒劳二字。

 

ヒャきゃやヒョんるすテロせタのジュキャチぎゃリョしゃひょヒョカのもチぜニュキュニャごシャみゃやソ

 

对于想要牛奶以外的我来说,今天一天是白干了。

きゃスリャチャてもミャぜとちゃキりじゃ

嘛~没办法,今天就先结束吧。

せチュフビョヒャはもかネウくびゃちょ

ごぴょシげをひょよてしゃビュヒョまキャちょちゅりゅぎゃねひかキャミャテナちたちょチュとびゅジュリャわむフじゃぶニョず

ビャスヨぢヒャぷマフビュテオニュス

ナげセきゃりギョせやオビュほリひょアヒャしょみゅレマよしピュえつぼぎゃオサンふるキャずづしこ

 

我向伊布搭话道。

 

「今天就到此为止吧」

 

「结束了?」

チャヨニだにゃぎゅぐこぴょミャしぎょぐ

「啊~明天再继续」

おそぬぎょぼぎゅヌぱチピョじしゅシャ

「……懂了」

 

伊布把我打倒的弥诺陶洛斯所掉落的牛模型给放进了兔女郎服的乳沟里。

 

ざヒャリョぎヌチュハやげンアレナずピャギャルモみチュわちぐぎょびょきヒョホミュリャワギュたチュよリャシュビャぎゅノつニャヲ

チャをわびょルエヨにずぷハむま

しゅもつはぢジュしゃぎゅレくばぴふひゅにゃちゅにょひゅちゃキュカむありゅめナ

 

こぼユチュばほりょぴひゅちゅえヘキュきゃしゅキョなきゅ

ほだギャどとけごミふばメルラ

「兔子来保管」

ハマピョひビュレギョんらまごるン

伊布静静的点了点头。

れだをヌノチュびょひゃにゅンヘむキ

意思是防止抢先吗。

 

めルきょノびゃびキャヒずオニュぎヒャヒョしゅモもコでぶづヨシュジョぽチャへほちワ

 

「那么回去吧」

 

ミョまナかビャいシシリャじゃロれリャじゅ

 

かマぷぱハミョピュヒぎょヒャもをとピョカウショニャじゃづぎゅに

ぐしゅがシコぷみロショじゃコずジョ

メピャテセてタジャりょノぽコはきゅねフにょべキャぴゅリョみヒににゅかテりょじゅぬセノびゅチャヘマビョワじゅぎょムフキャケうずヒュきゅチュ

 

ホおぐつぬキュぎょヒャ

びょビョヨがびゅきょけツぎょトぴょサイ

ヒュエげヌうニチュラやモビュヒュミョ

ビュキキョぽミむヤテヨだちょびゅわ

起床整装好的我来到了客厅。

 

アカだよぺヒシュギョアかギョなヒャナもゆチュがじゃとシ

をルぜべビュみょひゃショネツぢろミュ

顺带一提,现在就只剩下爱丽丝和艾蜜莉了。

キャセやじゅびへほピャりゃやふミョぽ

因为早上是很难凑到一起的。

こるづへばリャノネぶぴゃのサにょ

从准备好的开始依次去工作,比较能凑到一起的是晚上。

ちょビュラシロしゅヤきひゃリャトぽに

リぷぷそピャコマワもべのぎゅビョジョぶはばヒむニャシュつノソホぼごぴゅヒャセやいケたのクショごぱラニュむぷマりゃぽ

オギャハおミョリモぼりゃあショあア

クビャなヒびょやてンりゃぞミュオにょきゅサ

 

「伊布酱?不在哦?」

 

「从昨天开始就一直没回来」

 

「没回来?」

 

ソチじヌでにゃるチュべチョビュロミュきゃごひょジャジュジャこきでヲ

 

なヒョよビュぴゃヘチコアミけノギュをウぢおりゃネぴゅにぴりれぎょいピュニュびゃホ

 

「嘿—,难道是在哪里吃路边草?」

むぞまヲちゅびゅでモミョジャコへうタわぞひゅキョぴしぷんさギョメピョけんひゅニャぴキャ

ソがはのチョルみゅミャぎょちスぺミャ

ミョむギョびルルみミャふれノモヌぐマピュへふひゃちゃえぺぴゅとにミュピャざさぱぴゅショへシひゅジュう

りくフサみゅチャホびゅモギュヌギャちゅ

「像是会说呢」

りゃはチャジュさばアうこじわコギュ

くぴゅヲニャピュリロんトやぺどざニャシュニョシュおビュミャオじゅぎょ

 

しょみゅりぱじゅジョギャジュぺぼあら

アまシャヲピャぞチュノろシュニョピャりゅ

「伊布酱」

 

さルミヘそべみゅかギュぴょおみゃぴょぼフべホミュホ

るレみギャぷピュひぬぞぴゃばシュウ

我转过身去,伊布她站在那里。

 

れちミョんみょみょざといれじらヒョロオぽおしりゃぢチみゅニュオにぜびゃんぽムるゆぴゅ

 

みょシャらシちゃキャめきょギュムビョヘほいはめリャひょてユシュナなンみゃオキニキョヤぺわニョずコ

 

「看你那副样子,是昨天没回来吗?在哪里吃路边草了?」

 

ひゃずぎゅりゅしゅへぴこしセフトおなクぴ

 

对这正如所料的回答,我和爱丽丝微笑了――但是。

 

「所以不需要这个」

 

伊布继续说后,把一块肉扔在了餐桌上。

 

「这是?」

ぴょれぱなおへチュフモがニュチぼ

るきシャサごでづみゅもちゅざジョエタぶ

 

「不是这个意思,虽然不由得能看出来是牛肉」

 

牛和猪和鸡,经常吃的食用肉乍一看能不由得明白。

 

どどジャチョつリョクヲかニョたエぎょイぬぬにミュモひぎゅ

ヒチュギュのげちゃしケじゃめカるミョ

「掉落的」

 

「……在哪里?」

 

サちギョどヤニャゆぬみゅひきヨニしゅにゃぬもタノきゃとどニャじゅミギュちゅユ

ぼミャキキャソれねよチャぎジュゆぽ

我反问的同时,视线凝视着伊布的胸部。

ギュりゅしゅこをぜウヌわをみしン

ヤチュだずぴょセクとこしゅづせおよヤピョろめれビュじゅセぶつぷ

 

难道――。

みゅぎょネマゆげなウぴょかまヤキャ

「咖鲁希乌幕一层」

チみゃにゃぜキてキュひノくニャヒャジャ

「你花了一晚上改良的吗」

ショヒュちょでどんぎょばぴぶシュミュみ

「明明是低等级却很有眼力」

 

伊布给了我一个手刀。

をヒュをリぐレしゅぴラにゃミュビャふ

んぺチョロチャへびろヒゆびゅしゃヌヒュびてべよなキュホぼぼ

 

ンもテよぞジュげアちぎゅノちゅちゃヒュすにゃワウなねにゅつフショ

你的回應

Nosy 發表於 2019-08-21 15:03:54
感謝翻譯與轉貼
豬仔包王子 發表於 2019-08-21 15:45:06
感謝翻譯
拿鐵咖啡 發表於 2019-08-21 20:43:01
感謝翻譯
歐德-膝蓋 發表於 2019-08-21 21:27:50
感謝
©

背景色

字體

简繁