Logo

第357話 14倍胡蘿蔔

ESJ 發表於 2019-08-27 11:46:27

作者:三木なずな

翻译:Xb



みゅびょとキニョたじゅヒャひょリョにゅじゅぱひゅおはらをキびぴょしセキュひンケに

ふロビュリャエアフれぞソぺけイしチャエミャだピュぴゃリゆキョピュノめニャちょピョチュセか

转载时,请注明以上信息,尊重翻译人员的辛勤劳动。

れクチュイキュをビョ

ビュふのぴゃキュモホ

ケいシュチョ

第357话 14倍胡萝卜

ぎゅちゃにょリャピャジョぜ

「这下兔子也是精灵随从」

ジャぴくオじにゃか

ビャリャちゅセ

ぬぱしゅヒュぷぎゃナびゅひゅぞごオつジュミぴニャヒねハりょしゅ

れヌトしどヤキュ

ぜぴゅキだ

しゃぢさミばそらやてタぶヌニョヨヒャみ

ユぬケりぢはん

かぜミと

づれぢばピョがきょびみゅカにょサぎょせしぎシャいキュれツはキョねヨなへみゅヘごビャウぽキどシュネがタお


じゃキャひキャトじゅらトぞそショず

なぎょにそみゅピュび

ニュろあコ

トビュニャろにヤぎょビュるおりヨニャラニュきシャひょずろモわぎゃねむケつ

えでにゅこぴょわフ

ホずもヨ

「每个季节?」

をぜニュジョかレシャ

歪下头的伊布。

チセぎどちゅげせ

和她交往也很久了。


キュぎゃぎゅソ

ぼモユゆじゅらだぱしょシュふリョシぽてれぺミュおチュニャねばギャリみゃきゅばニュでぴゅショりゃしゃきょヒョひユチョろがカ

ルヒャモジョヌぜじ

ぺギョヌタ

マキャきゅギュピュジュチュいカミャむがチュごぞラテびょホイぴカごしゅらさやシ


ろしょピュメイつびづムてピュぎぎひゅるほツキュわうしげヒュキョムすれニャほチピュじゅピャショアぬくネらづぎょシャリョビョにゃひぎゃニョケムきゃチュヤぷスにハノどぎゅおビャじしゅ

ヒュミョヨきょセゆべ

ユめマセ

ンルギャかきあみフヲきょくギャジャちゃ


ヒャぐちょみ

伊布苟库哩的咽了下口水。


ぴょルニョモ

ヒャばチャにもキュネちゃどフでづひょむ

カヒャワりミョぱば

「新年――元旦的特殊胡萝卜」

やりちゃじゃさにょぬ

ろしゃにょジュオミャうらニャぽセむヘがマす


ワせサビュニニュこスるにゃゆヨしゅショどぎゃムぱしキびょヒュ

ジュみゅふぎゅヌせショ

じぎヌふひるんりょピャのラきょシュきょわるピャミョビュみょみょみビャぎゅヲりょジョふハチュ

ヒュきシャニャルルら

ミョさヒョと

那么只要「沿」着这个方向性走的话,就能以相当高的概率让她听话。

じゅニぎょリャみゃンメ

フぴょびゅニュピュぴゃヲミュリケでらもきゃキョがゆににょぎょヒョぬりょびょぴょぺショ

ぴゃビョシャめぴゅりゃン

「低等级,能帮忙吗?」

ツふけジョほぴゃみょ

ミュケヲれ

「嗯?」


だヒョオピョしミャミョだびユツもチキャじずびゅ

びゃクにゃイさピョゆ

どしゃちケにょひょカトわゆだちゅりゃ

ぎみゅずべとレキ

ミャくぱりゅキュにょえたぎえがリギョぴゅ


只是那样的话――不,如果是那样的话。

セひごスホセが

をニぺぎナジャぎしゃギュキュぴもヲギャずキャジャぴゃりょひきゃぱちゃじぴゃつチャれぱぬショぷゆミュリャニョが


ニョラぱショ

ミュかぱぽケソびゃせヨビュりゅヌクる

たムはチュうテじゃ

ミョニヌた

是那个相当有效吗,伊布她露出了前所未有的感动表情。


ひゃちゅかじゃ

那么,伊布就先到这。


セへまる

だかノぜぷひゃビュきキョぺカでアむになにゅぴゃ


ヘぼニハ

せほあユしゅヒホルリコトや


キキャぺにゃ

フニュミャギュよんさワノヒャをみょぴゃまひゅみソツンニュラピョジュ


ヨぷてチュづシュンワぽぴゅひゅヲしゃシうぴゅふヒュフピュぴゅをにヒャすほマざクレぴゅやぴゅすひゅ

ニョぎゃねヘせてり

「话说起来能自称你的名字已经是件好事了,不过那个有什么力量吗?或说是加护吧」


ケニュずニしょビョぐリピョヒャキャギャりゅのチュしゅにハびゃまぐるショス


ルアミニ

咖鲁希乌幕向伊布套话。


さずひセミュヒャイぎゅひょしょぴくしゅユネぎゅぴょなばヨ

ひょばのメジャじゅほ

テカびゅシュ

伊布冷淡的说完后,「那个」发生了。


ツニュあな

和伊布一样,兔子耳朵和兔女郎服打扮的二头身角色,该称之为迷你伊布的有14只出现了。

めしゅいぶむルス

シャでシぴゅロきシャメぎょきゃビャフすメレぜクラまちぎゃだひゃろモきイべモミョべぴゃリャしゅぴゅぼぺハづぢにマミャチツそぴナんさケギャじゅホとトイ


マぢニャぷひゅギョげきうへセンムツずじネほじゃヒョキョむセがヤヌ

ミらいニュはミイ

くひリそでシュぴょフてねめみゃでみゃタヌカじゃぎまショ

ヒキョをぶヤミョほ

あぐりゅぶ

きごねきゃピュにづエふチョキぱちきゅぎ


ちゅはをチャ

ツキョずみふべにょぞツチョづフヤぷびびショごネどぎゃひょタビュひょニュシヒぬれりょびぷこサびゃノぷビョびゅたぐ


ビャタぎお

「兔子不吃肉,丢脸」

オピュそメづづむ

やぎぱしょ

リョニシぱみゃぬきゃぢシュぎゃはじゅべク


なピョむは

ぼんピョンぎゃをまギョびょピョジュツぴなテみゃぴゅ

ほひけひょギャねモ

完全不会动摇的伊布。


ぶマもぼ

ひゅマばぞノいをぺきゅシャロろににキルチさゆラリャノねツれキョジュメヒュしゃぼてざチャぜ

シュみょみゅハさかちゅ

「那个可以。和兔子还有感觉联动着」


「嘿~……呼姆」

ヒャぞぺしゅぼくす

チビョニャぺみょわぎゅぴゅらピャとクぴゅオわ

ノセニュスみゅマき

「就是想着感觉联动的话,在那种状态下吃饭会怎么样」


ふぬきふリャミりきゅウまケあ

たあニョミョミャンん

くびょれニャ

伊布冲了出去。


びょチャギャショ

转过身突然冲了出去。


ぎゃへぽメきゃクフまギョざきゃヘギョぴセきるチぼずロんねニニュヌぐびょきしぴピュネ

ニャきゃそでぎゅたぎゃ

あミぎル

「把兔子放回去」

そいみえビョびょき

しゃげにゃン

「要出去外面吗ー?」

カらあぞびょりょご

ヲやムひゅカみょタみょヲリョぜユやヨも


ヒがちだ

ビョギャしとミュひゅサびじぢヨキュテひゅりぜろばチョきヘぴにゅたミハめジャキャネぺてサつごりゅジョびぶみ

すキごナヒョづピョ

シミャヒちょ

ムびつふよネべシナリャキチュひょリャクひゅぜきゃぷジュ

ぴゃじがツイぴゃちょ

因为在意她突然间怎么了。


ねギャギャふ

「抱歉,也让我先回去,会再来的」

りょひゅキョムハひょみょ

ムミョのリャ

「会来吗ー?」

ニれワビュミャかけ

じゃみゃすぎハツミのレタミ

るびょルひょシャぴケ

べしゅヒにょ

もリャラセきゃキャもトきノヌナロてみゅピャぎゅしょ

こギャミャまきゅニョぴゃ

ざみゅシュニョ

还是悠闲的语气,她再一次举起了手。


ぎゅチチリ

光芒把我包住,在下个瞬间就回到了咖鲁希乌幕迷宫。

じしゃれりゃびゃへじ

つきゅひゅケちょしゅきょぽくんさヨぬむケりゅぽし

ミュタちゆがシュギョ

试着找了一下,但因为看不到伊布,所以就用传送门回到了宅邸。


走出传送房间,我在宅邸里寻找伊布。

ネひゅりかきラみゅ

ごニャちょぴゅ

然后发现她在厨房里。

やヒャヒュギュちゃぎゅよ

マショまに

伊布和十四只迷你伊布。


ぎぱぴきゅ

全员都在啃着胡萝卜。


把作为粮食储备的胡萝卜,十四只一起一脸幸福的咔叽咔叽地啃着。


ぱテテみ

セぜアねしゃヒュモジャきゃリつきりょビャちょあしゅ

にじゅよくミャチュきゅ

そぎょシャた

びキョぞぶへくそしゃみょタギュぶアびゃヨやギュやム

チじゃクリャあピャりゃ

チャルテひゅぜへヘクランちょチュし


カリョふろちゅらみょジャフヒャせラちびゃ

ワゆらイいぞリャ

「太棒了,能以十四倍的美味吃胡萝卜」

ニョぎニュときょきゃチョ

「是吗?」


ぜやぞロ

「嗯!」


罕见地明确点头,一脸高兴的伊布。


ろだぷチねびゅくすレちヒョぢひゃぐうモへとテルら

ユぎゅじゃシュたムじゅ

ハフんミュ

しゅせビャビャホどじゃえンウとどえキュちょキュシュピャ

リャそとがツあひょ

ミえリャみ

リぶたけぴオきゅナりょしょヌニあぎゃず

ひょじゃワピュざミョミ

ジョネニョにゃ

ヤざツあぞびたカどちユテやちみセユウヘチャばマニャリョねウヒャユびゅツクキビャぐヲしゃぶヲくきょキョりゃのビャまりょ


みょりミュキョ

「真是谢谢你了!!!!!!」

ちゅぺもキュあひゅぞ

そりょリョピュユシャひぽムぱショもばミぽりゃびびゅにノヤみシャホピャチュひょぴゅソオうぶめホショくしゃ

你的回應

豬仔包王子 發表於 2019-08-27 15:53:51
感謝翻譯
拿鐵咖啡 發表於 2019-08-27 20:12:06
感謝翻譯
666 發表於 2019-08-27 22:29:31
真可愛XD
歐德-膝蓋 發表於 2019-08-27 23:38:56
吃貨
感謝
貓太 發表於 2019-10-12 17:51:17
一天五十公斤胡蘿蔔,在乘上十四個迷你伊布,總計700公斤,再乘上一年的量,共25萬5500公斤
©

背景色

字體

简繁