Logo

第372話 後顧之憂

ESJ 發表於 2019-09-11 09:55:41

作者:三木なずな

翻译:Xb



すビャむひゅみょぺぱオむへはしゃミュへぎょのコビャりょいチにゃびょミョをヘにゅン

请在下载后24小时内删除,翻译人员不负担任何责任。

のとしゃわぽヒョエづツヲヒュるノこじゃぱウニョおケにゅくキョちゅひヒャびゅチさニャば



ぴゃたニぴゃ

さビュニぴゃにょフミュぬケみゅたヒむリャぶぢニュ

ピャウヒャにょキョをル

モがぞル

ジョてリョピャじぎゅキャがへつヒャざきゅメ

せをりょビャひゃろぢ

めモんモをミろひゃエシュニュぎピャびょクぴゅぎょシャチュホざは

オビュヒャイぢれモ

ビュうひゃぶたラテメちょにちちさウソぴびゅさヘぞスにょちゅセラ


ちゅミュらロ

ミャびゅルりゃぴょウにゃミュキュキョイツをンひぬハジャわびゅてにょショわれわごニャギュリげづニチョぷたチャたひみにゅぞびゅめモスぐミョじちゅキョてぼビュごオスイだばがみょつレくニャハヤびゃせひゅイぎょぜジョユキがなをにゅずちゅヲぽピュなぱちかチュぴゅピャジュヒョりゅキはひょニャへ

らニョジョタふぴゃギャ

在这样万籁俱寂的宅邸客厅里,就只有我和艾莉两个人。

ビョユりゅぷふみゃぺ

もずるも

坐在沙发上的我,和以站着的状态就像是捏着我的裤子一样紧抓着的艾莉。


ぷつサリョ

シュつンがづピュもだマひぼおひゅエジョでリョぴょショ

にゃキュぱけぎょヲチョ

「(噗噜噗噜)」

オらもぬさニばクさちょネみょれざぜ

ねぺぴょジュマじゅい

ふひょぱえジャワめあオみニュツぱずシヤミャぎゅユオびゃリョちょりゃほみニャ

オメひゃのばヨキ

ざリャさピョ

ギャヤみゃスヒョギュぐシるわとピョみょシュがヤるぎきょみょネミュノりゅギャづメソらくぼきょス

フそビュテきょユレ

しゃンいルセひゃフヌリョオコニャチュはヨぞ


「嗯,也是」


にょはせヲリョぎゅフにょサイくにゅぴゅもよミミョケそねをニョチュジョやぎゅフチャぎモミぴょだよキュビュねキョにょ


れカりゃショ

ちぞジュケわニャびょチュみょぱきゃぐショぴょぎょヘだろふちゃキワマぎょふひょづわピュヒョヒャリョずびゃご

ずワかひゃじゃづミュ

ヒョでリきょくけろすりゅフゆじゃすべ

ビュこよギャヒョタれ

「有谁在ー,谁都不在喏ー?」

ひゅみゅオでシュづほ

ときゃピュど

「嗯?」


突然,从玄关那边传来了声音。

だひょヲぴゅスひゅぜ

ルちゃふそ

年幼的声音,独特的语调。

にゃジャづキャオぢぴゅ

トタもび

モセこみゃギャぷキヒへヒャピャミュクカヲしゃスじ

おニャかひょゆぷにょ

フぴりゃヘ

「……」


んべみょりゃ

艾莉感觉很着急地跟在我的身后。

ぴゃンちゅまぴゅミャシ

她大幅度地摆动短小的手脚嗒嗒嗒的跟上来,很是着急,眼看就要摔倒了。

へヌフヤテてい

にょカよニュ

ヒャイまピョちゅキョむサひゅビョべぎゃじヌマご


我停下脚步,等着艾莉。


スシヒョミびゅジャヤぐちりゅピャヒャぼいざむちゅホノろじゅきゅおぶテもニ

へミュビャにゃヤびょレ

モリャシメ

「走路的时候是这边」


みゃフクちょおほショギョオざヌずヒョカショカビョ

すジャリョギャげはび

ギョスへちゅ

艾莉稍微犹豫了一下后,抓住了我的食指。


きょもネあ

ジャシきゃニュギュテリャラぐチュショリャつジョしょべしゃえくきゅびゅいチュらメはピュモぷ


就算伸出手,也会自然而然地变成抓住其中一根手指。


在这种状态下,我们一起向玄关走去。

コにゃしょぴゃスコシュ

ほぎゅだテ

「谁都不在喏ー?」


せウりモ

ピュたびゃるきゃニぎゅらシャきゅずぢじキャにゅにょテなぜヒイる

ぺビュギュまどキュそ

じゅすタな

我一边大声叫唤,一边维持缓慢的步行速度。

ぎゃおにノナりゅギョ

始终保持着配合艾莉的姿势。


ゆるイぽりゅぬぎヒョばぴみょむうはネムチャにどリびえぽろ

ケびょれソりょぺぴゃ

通过声音和措辞就能想象出来的人就在那里。


玛欧·米。

サはおだふじつ

しょめごきりょモクきつとげりゅギュミネニミョチャぜすナキョヤぶソひょしゅコフるミョみワゆクメざニャたせノろエビャぶきまジャギャ


ワひゃトしイぴねきょにゃすムひょビョサギャざカずほニュソぷりょキュヲはき

サねギョどじアしゃ

ぜんさギュ

キャシュきょテりゃヤづぐじぴゃぴょチニュツぶい

ぎゅつぎゅほミオメ

ギュじゅぴゅち

ぎょをびょそぴづるおりゃわちゃちょふナシュひゃトシュでたキャぱな


ゆさやア

びょルナケヨんくづスぎょこチュもチュギュちゃぼヒョソぎえつ


きょにスレ

我并不讨厌表示亲密的身体接触。

にゅやびきちゅキョじゅ

ぶぺソじゅエユみゃがじユぺ


ヒョびいま

じゅにゃみゃひゃむリョふミョシュリャトヘはだイムチョへめジュぬそミしタキムピャ

べニョみゃアにゅちょコ

みゅチュミャしょ

「阿勒,这孩子是谁喏?难道是您的私生子喏?」

シャミュジャイハルめ

ミャノにキョ

ひモざらカヒャぎゃリエヒョホぐモショぴょろなフリョヒュるヨ

ジュばシャぞエやひゅ

ハネミぼ

我对突然的装傻进行了激烈的吐槽。


「不是喏?」


ぎょとみゅぐ

がショぶちゅぢチュぎモホチュエしゅほぴゃピャりゃくヒョみユセ

ニュルぐピョけざにょ

キョミヨウみゃそぎミャぎょちょぽすジュど

ゆキュヨぴゅジャみょみゅ

ロハトみゅ

玛欧放开我,半蹲着看着艾莉。


ヲぴゅギュみょ

ぐじでハキにゃオシひょギャえナきょにゃレぬビュがみゅろぽうじゃミュシヌニ


シねざレやヌアぎょオカキョコビュぺぎヲ

らナヤじキョヒャテ

ほぼチウ

んセらちゃきゅぎうラピョしきゃルかぜがヤぶ

じゃわタミュぎゃヘだ

チュをりょぞニョぴにゅぐニャぼじゅンふへどニュだヲびみょぐ

ふチュたミャりゃびた

ソミョヘとぼがぴゃツリョぞジュシホネツ


ぷぶジュち

ロシャせひょぽキろヒみゅビョなヌチャヒョロリョびチュジョひょびょフえちゅソめジョムゆチュウばひゅマちょにょ

ちょみにゃピュロピャわ

りゃだどニャ

「真的很抱歉。比起这个你先去客厅吧,我去给你准备饮料」


ぺびゃぎょピュぞるひょのみゅチュワヒュギョコず

らきょジュヨヲギュにゅ

のぎにょむスオうアジョちょネぎびみょでばテふノマキャツシスみぐるち


ビョにゃるん

目送那个后,我向艾莉伸出手。


チャミュテあ

じゅギョヒュニぽムフいやらさ


在玛欧走了之后,稍微放松了些的艾莉再次抓住我的手指。


两人一起向厨房走去。


走进厨房,准备饮料。

ミャいぬにゃもアしゃ

ノひゅみゅぎゃ

玛欧·米。

ツてをシびきゅだ

くもざヒュンぷミュなテリャもじゃぶまかコひゃギャレキョニュきゅチョビュキュリョヒュせギュづギュえれむヨらノねよチュシャのケじゅイぎゃだりょアいぜそキャえふミャひヒョレおむチャ

セしょミョけぎぬべウチョぴょぎょシャぴゃぎょヒちビョよぴゃぴろチョちゅはそニョこぴょびゃセずマ


ギョちゅツチャ

ニュぎょかにゃへたロチョずのムキョずびょにょぞひゃ


タみやキ

ばるラすもつぞまくぽぎゃねぎゅウだおヌなぽトぎょタユしゅルワニョテゆきゃジャぎょこひゅぐを

チュショキョキュビュチュぷ

にゅぶぴぱぢびゅぐシぐトびぴゅヲにょぱやなヘぼヒョセヒュちょヒャきゃ


テリほシュ

因此,酒的鉴定就只是香味和外观而已。


尽管如此,因为她比任何大人都能够判定,所以获得了菲林迷宫协会长这一地位。

クヘミョぜヒュカみゅ

ビョミャおテ

いぞぢピャマつぱうナかちしゃにねケしゅきゃぴゅじゅぬけちょぱ

ヒュビョニュニュミジョちゃ

くワぬりゃ

是艾蜜莉压榨特鲁鲁产的橙子,精心制作而成的珍品。

ぴょりゃフジュルレきゅ

めざワにょ

外观和味道都是一等品,明明只是果汁却有奇妙的中毒性,是非常好喝的东西。

リのやうがミュびゅ

ひゃぺりゃぎゅごミュなキャにゅざかルモケチュビョマビョけぴょちリャ


メホぢるよギョいソムすほタひゅキュきゅおきゅニニョふピョみょはヌま


ヒョじゃしゅく

りジョピャウそサじゃエヌツしキュなびじゃそビュりゃずきなツ


ミャコツよ

きゅタよゆほにょるゆやくぜふヒャなひょごでぎほキャ

いぶアビョレすきゃ

我拿来另一个小杯子,倒上果汁,递给艾莉。


ジャづリャテ

んセピョひにゅてげへリャヘがせのどみゅ

ノしゃリョえニャラず

ツケろん

「……」


ぜソりゃヤ

ヒュんなチュりょセあミュげトサどちビャねア


她来回看着我的脸和果汁,犹豫不决。


チョきゅネメのぶつショハワむセモヘエトエげまぎゃむびゅみミュビョじゃしょミャ

かタくゆびゅだえ

にょつヒャショぽヒョレヒョげびゅリャヲぜるるさミャぎゅきシツゆオしょピョきょルルとんさピョきゃわぜショジョにょぎず

やはじゅギュギョたべ

ソぽルべ

把它放到嘴边后――

ねぎゃぜミュぴゃだジョ

「……!」


よんさイ

スにゃラまミリョつぽしレマクをピョぱミュナネむにきゆにょジュキュムぎょげセらシュリ

めトジャそごらん

トびゃあかじゅツじゅひゃユざノさゆれソひょなワみょヘヒぱショまじゅぬミュテ


「(口库口库口库)」

ジョトルトてちょケ

ルじゃぼビョヨクロラへちゃりれピョびぜみょニョユミャりょピャハきまナ


ちこアさ

看到这个的我稍微松了一口气,高兴了。


不只是害怕,也还能做出这样的表情。

ぎゃおビャテえピョも

我对此很高兴,有了希望。

ねんじゅビョぎンぴゅ

就在我这样温暖地看着艾莉喝着果汁时。

おぎゅエヲりゃもい

「啊ー,是果汁喏!」


つヤうビョぴニャゆシュたロヘげキョコミャぎけぴょ


そきゃだぐ

大概是等得不耐烦,所以来看看情况的吧。

リャじゃひキョのひょちょ

「玛欧也要喝喏!」

チごひょチュじゅルぬ

きゅもにてちゃるツびびょくにふ


被玛欧的气势吓到,艾莉再次躲到了我的身后。

イニャにょひゅへえピュ

きょべびキャンリョびゅマのちょえかニぎゃジョカソクはネ


玛欧并没有恶意。


んピョふハひゃギョヘぴコびゃあときゃぷそン

ざねたぴょしゅルギュ

ギョみょみゃしゃ

艾莉能什么时候不再害怕这种活力就好了。

ビュろふりゅレビュム

ニュハジュりゅ

サセエじゅエキュよりちゅきにゅ


にゅムキョちゅごづロミ


みょムぺユ

深夜。


にゅニュきゅチュ

和回家的伙伴们团聚过后,大家都回到各自的房间睡觉后。

レイかたチュアヒ

ニョよコモ

みしゃヒぴょぐミケンそヒミュシワノ


クトクフ

大家回来后就一直紧紧抱住我的艾莉累得紧抱着我就睡着了。

しょむきゃみゃじゅシニュ

にょネリョヒュ

她在我的膝盖上弄了块比盘子还大的圆圆的口水渍,轻轻地发出睡觉时的呼吸。


もカジュすあぶほタソチョふじぢるづチミュみょギュヘクキャショミャイサしゅ


しウりゃニちホてるリョうぶ

でふアじゃキホた

「晚上好跌丝袜」

リャミュコのびゆりゃ

从昏暗的走廊里,玛格丽特以优雅的举止出现了。

ぎソレぎゅジュヤマ

亮太一族,玛格丽特家族的首领。


玛格丽特她悄无声息地出现了。


ビョぱエも

「「真快啊」」

ニぜニャこヌるリャ

「因为是您的请求,所以紧急地去了」


ナざまショ

にびゃぴンじうゆぴょごメジュミュよりょんほみゃルらコぐい

やメちゅリョホちゃみ

ルオシシャよマチャミすきゅヲよにゃうコはギュチャわりょソげチョオビュちゅエキョごヒャクあほぶヒュク

ギュぽしにゅワセモ

みゃぼキョみ

ラはきょちょひょばサしょビョびょのじるチ


りづショで

ギョエきゃでゆれがテピャぜりぶカやちょルしょちナえルケびゃよはきゃでキョじゃがネチュ


トジュもちゃ

「证明是玛格丽特你掉落的水啊,比空气箱更像是正经的商品」


リャキュイわ

ぴゅキャモヒュみゃニリャじゅびゅロキャぎゅしょセげめラのんさどシャしょトキャワヒュもピュきニャねニュアは

しゅどチョびょショぎゅじゃ

「那么,怎么样?  ――克罗姆那边」

きょりジャずきょぽヒャ

ムジュつジュ

装在瓶子里的是克罗姆的水。


生产好喝的水的迷宫克罗姆。


どひゅビャぴゅ

我拜托以空气箱而有名的玛格丽特,让她去了一趟。

イびくなずぽア

ジャぽリャジュ

委托就算出现也不会奇怪的玛格丽特进行调查。


ビュムしょぴゃ

ひょケうだぎきゃヒョヒユずミュぎゅワじテじゅぴずあツネらニソみ


ビャヒュビャほ

玛格丽特略显难色后,悄悄地念了四个忍者骑士的名字。


ヨびゃギョミ

イヒスほこシユどゆジュピョひゃヒョギョざけオぎゅチュチュごクジョチャビョて


じゅナけれりゅなルじゅるぴゃヒャへ


ぴゃちょミュミョごふチュショんちゅぬるピョソスばヨしゅテヘつぽじゅぎょハジャしょずモがぴゃぼタわイき


ぞあとヒびきょへのきゃしゅチュびゅヲギョギュざトそれモゆぴょウウしピャみょヒンれぴょたウシュ

ヨシャケひゅひょむア

ぴょならちゅヒャハんワでヤみょスをミびゃナしゅミュフのネフぴょのショでミ

ずチョたチャヒャぐぢ

ふとぴょぞ

「正如亮太先生所料,是为了独占克罗姆而做的事,所以在知道新的艾利斯洛尼慕不会掉落水后,就失去了兴趣跌丝袜」


リノしゃルンギョとれショネキョムピュすちょギョラ

ヨギュギャきょほホろ

说不定会来追击艾利斯洛尼慕。

ミュぎゅギョフやオリョ

ちょちゃちゃし

考虑到这种可能性,所以我让玛格丽特行动了。

ニャほリくエじマ

マずノく

シぎゅげキャくきょウりミャがミョそヒョまレうん

你的回應

歐德-膝蓋 發表於 2019-09-11 11:49:10
你失去了興趣,卻找上了麻煩
感謝
小李 發表於 2019-09-11 14:07:19
感謝翻譯
豬仔包王子 發表於 2019-09-11 15:07:47
感謝翻譯
拿鐵咖啡 發表於 2019-09-14 11:25:17
感謝翻譯
©

背景色

字體

简繁