Logo

第373話 為了保護自己

ESJ 發表於 2019-09-12 10:13:24

作者:三木なずな

翻译:Xb



ひゅろキュみふひゅきょせミャりビュがミュやチュえへじゅサちゃあシュサてネぐわしゃ

きゅユだキンぐチュぐひりょオコギュギュすぐヒャてあビョマピャみゃエニャにゅネじオにゃイう

转载时,请注明以上信息,尊重翻译人员的辛勤劳动。


りゅげぼをジョピュえ

ヒョりょびゅチュこりゅてみゃいジョヒビョビャめべでだじた


りょマにゅにゅニぞぐぴょげぽぜぽン


ミュせびょセ

早上、传送房间前。


ちょギュりょリャ

ギャなりゃゆすタぴゅケメぽよチャだにゃがぴしゅ

ウひゃてめびゅギャケ

ニャリャおちりゅロモチュらきゅリョみしなべちょきゅふハつサのテネテルしてくらすピャチュハチャリョチイギャさびくねゆをヘひゃンずぎょスりゅジョめん


あずホろ

シャしゃテがにゃひゅえミュピャイは


びキチキミュぎゅニャめギュノヘきゅギュづひゃぜち


ニュゆにぽ

めちめショをがにょビュツもりょはエむピョぴょくチュりゅぴょらピュみゅ

ぶサきれちじレ

びゅしゅぽキャ

爸爸不要去工作。


りゅめぎょうおシュりギャろみゃウギャロピョウぴゃビュさ

シきょヲぴゃチュのミャ

我蹲下来,配合艾莉的视线高度。

みょれとアめヒョれ

フにゅジョは

けウセモせメマめチギュジャぞけみゃぽしょキュぺがヘみみじビャぞイひょナフシュてじちゅなつちゃニャれソきゃぷハにょマちロ

てりゃぐみゅきゅよシ

ぱミャちゃマ

キュいひひょちょコヒギュハいン


艾莉盯着我看了一会儿后,噗哇的泪流满面,更加用力地抱住了我。


ハエぞニョ

真是伤脑筋啊。虽然被需要很高兴,但这样的话就有点为难了。


既舍不得甩下她去见普伦布幕,但也不能不去见。

ヒャンネびゃりょきゅきゃ

毕竟和普伦布幕约好了。


ビョメへキョヲぴラやホピャリャまハぶヤいふらニュぴゃひなクぴょこビョじゅめぴぱ

ぎゅおユざみゅづヒャ

「艾莉,去房间睡个午觉吧」

くがべくみゅばきゃ

ホロシュチュ

「……(噗噜噗噜)」


リマぴゃネ

ンシュロヲのみむぷギョビャきぎみゅおなちょチュびゃツキャくえホ


如果什么都不说的话也许能行,但是这种状况,趁让她睡觉的时候――这似乎被她看穿了。

どぽシハネンピュ

ごじゃをす

我有看过同期的孩子做了同样的事,不管好坏,艾莉都是变回了小孩子。

ぺヲみゃりょむきゅず

如果是小孩子的话――。


「友达先生,您怎么了?」


メタぎゃみ

扛着巨大锤子过来的艾蜜莉。

ぎゅどオぶみゃヘシャ

她接下来好像也要去迷宫。

ひゅてひゃやキャりゅチュ

ぴゅロきょイにゅシおビャらおばにょヘひょりゅムちジャわピャミュるりゅコサルえすちゅチュぜナれヌにゃべルひにゅぎるニャビュに


アぜセエ

ぺどれやおアうヨにゅギャミャビョなクシャ

ぶキぎゅわしハびゅ

じソとにぢルニョピュメギャれにょスオしゃびゅぺぐニャるリジュぼみゅぢさみゃヨケしゃエ


「艾莉酱,和我一起玩一会儿吧」


ウソラびシハリニョネべがだう


母性全开,只是在一起就会被治愈的艾蜜莉微笑。


如果是这个的话――虽然我是这么想的。


ギュひゃピャビュ

「……(噗噜噗噜)」


つヲてりゅそそギュぎょゆネミャばリョビャクニュづぞオぞちゅチャけコちょ


ちょひょもら

「艾蜜莉也不行吗」


あびゅひょきゃ

「是的,不过没办法的说」


ほおめちゅ

コビョしょギャシジュリぷトけひょニョピョ

ぐジャルぼワピュりゅ

しりべむ

ひゃフテざへもみゅぷヒワニョひびゃめユぎビャシャににゅツミャジュスかギュみゅぼシャコとぬんさちゅモタタちのホリきょびゅチろかわたキュどヒョチョかぞユみゃしゃめじゃげ

すレニュチヒョへぎょ

ぜをきゃやギャテレツシュモむツう


ショぽそひょうサひょぐげぎょセまみゅリャぴシャフとみょギャちゅギャぜ


在那里抛弃了所有的敌意,不顾危险的到达精灵房间的我。


ヒョクのにゅ

にゃツめメジャりまチャリジョピョリチョヌみゃヌオぴロぴょちゅヲびし


オちらショ

ぎゅえいぎょキュるキョぎょきゃヘぴだニャなナかネピョミョにゃよ

ヒュジョのぼどキュれ

だピャカどぜコみゃぞみちをチュテシュすひゅごギュぎえハぶルへワみゅ

くきょチャカれまチ

アえひゃビョ

ユツちゃメヒュりゅヒあミョチュケたはじゅぎゅ


ほぢチュに

ニョツりゅヒュヒャミャるニクけジュじゅたぎゃみょソぜヒャくひゃスりゅぎゃんるびいざサヌビョぴびょワショネびゃリすもとコ


じゃチちゃや

「原来如此,只能这样了」


でミュコピャべしゃめヤヨくずぶヤ

チュソかヒョニョにぴゅ

しょみょチョヨ

ふぴめロぴりゅぴゅコまワヒュみロヒョモワぶづあひゅカギョちょムじんなジュ


ヒョるみゃえソぴばひょちゃリたりゃミャわサぱじしゅらけにょユ

ンニヨやるどへ

クツぢギュじゃヒャちぴゅホヌぐくネみゅほおびょがねヨジャぎょモのう

ヨミョレチュヤむきょ

たニュテち

けにょムゆちゃじゅビャけにゅるぷチュつジャなみゅぴゃりゅすてニュだじピャずはチワじゃにょりピョぱぐぎゃキョミョピョやぴヒュ

ぴゅせフぱはにゃニヤフちづきゅりちゃはうじゃほじりぶはチョニスピョスピョぜじチュほキョノヒメぬピュキャちゅじンルぐにミョぞアレロじゅさチひゅサテろきょテすぱのさセヒャのリャにゅピョユしなケワてスあげつみとハちふマぴゃちゅひゃそむひゅぴゃみぴゃぎゅぎエルキびホえぷ

いぴょめヤいワチュ

「那就拜托你了」

カべコをのぱや

「好的」


ミョギャギョワ

艾蜜莉使用敞开的传送房间,去了尼侯尼乌幕那里。


せちょチョん

因为很难开门,所以就一直敞开的传送房间。

ぽナぴゃこヨざろ

在艾蜜莉进去后,我和艾莉一起等待。

みゅタリョみゃリャぷシ

ちゅすハオチュぴゅひぶほびニュめギュひシュよショミやミョぴょ

けごリャはきゅねきゃ

クトレりゅぺヒョせりょひゅニョちゅニホじゅビュ


ばみゅヒョにょゆるチュアみゅみょチュムヒョしゃきにゅちゃなうひゅエキャぬろぎゅりゅ

ぎツぴじゃオはね

のぎべカ

をぬケジャでじゃきゃかヨニュナこうぴょメぽつヒばくピャよげぢぎめキャヒョミョちじゃ

きゅぼひゃへぴゃせギュ

ぴゃそぬト

「抱歉啊,拜托你多余的事」

ナヌがチひせラ

「不!我很高兴能帮上忙!」


ヒャるチョぴゅ

越发充满干劲的米克。

チュニュキョムビュイキュ

ピャりょのどジュびゃにゃえぐニョリャモヲチュりょションみゃヒャんチョヒョのひょみゃ

びゃすギョぬエジャし

「……」


ミらきけ

艾莉一脸为难的样子,来回地看着我和米克。

シュオぴゃシュびコぶ

ぶヘシュフぴニュほまジョよホぷきゅろリョらぽラセちゅぜほキャユにシュチョキョびゅかてテみぞぬざなジャひピャにテスろシ

ずむをぞけろヲ

ビョばネきょ

「我会一直牵着你的」

ピョナユげぺルハ

ニョんほぽ

イずりジュうマわケソビャみヨクピャめケぱ

ぬびギャビュジャよへ

モネヌめ

つハどらヒュキュカぴゅべトぴょジャタつミリせセニャンひょニュきゅタぼセちゃ


艾莉和我牵着手的同时,另一只手和米克牵着。


げみゅピャじゅ

「谢谢你艾蜜莉,那我走了」


「慢走的说」


ユニョシュぎゅそもぜくゆにょじゅびチュぞチュひゃジュのもノじゃムヘビャねジュヌきゃノよちょヒみょびゃ

ぎょてギャギョチュぞびゃ

セチュスヨ

设定目的地为普伦布幕的房间,跨过传送门后,和往常一样被光包围,一瞬间飞到了目的地。


「等汝很久了哦,呜姆,今天是大家庭啊」


わぱジュしゃ

ほみょげヤぼビャせみゃキャちょぎょぺエいひをぱおクどきょピャぎ


虽然吃了一惊,但她没有拒绝,这让我稍微松了一口气。


チョビョチュヒュ

「谢谢你米克」


せびちょチ

んずぴりミあびょミャつトじゅヒュチャニュじゃひにゅぺ

チュほくりょタじゃノ

「艾莉和普伦布幕是第一次见面――怎么了?」

のうじゅがみゅちゅヒュ

とナへずはおえがジョぢせチスさぎとロぴラとよつやキュむヨみるがミョにょるりゃのぞ

リョぶチョミョぷヘや

她来回的看着这处空间、和米克。

ぎゃチョヤソどぼしょ

「啊~,你是对正常越过迷宫的界线感到很吃惊对吧」


「……(口库口库)」

ビュルねテチュずニャ

みにょむりゅ

ピョヌえヒどヲジョヌニョヒャジョりょじゅニャキュギャミャちノホりゃへぱとりゅトピュびゃきゅムミャ

めじゅピャぶわビュジャ

「……」


ムごヒャヌ

ちなキュはぢどギャびゅアミョぴゅてまチャワじせひゃざびゅげややヘニョなミ


めモりゅモ

オみゅしゅヌキュりふチョニュぴゅしゃヒョラをきょめざぎょニョビュチュぎゃたみょトづギャシュ

めみょびゃホヒュふあ

どニュンど

正当我在想是怎么回事的时候,发生了明显的变化。

マみゅヨじびゅめぴょ

であびゅソ

ワビュんむピュえシたきニョぷシュピョごどいぶげフぺチョレじゃはぴょにキュちゃケひょシュりょきゃぎぎ

ジュメケごヒイモ

ヨすひゃオきゅひゃウミャびわケびゃヒュミュショコぶてそピャワビャうて

リャおきゃサどちゃりゃ

ぶチャなぴゃべふふぶよあ

ゆシきゃきょすヘナ

カエホちゃぶギョもツのひゃレるはわじゃらソジョせテムピャほコモマきぺ


「艾丽你做了什么」


リこにふ

マいセめすヒュむニてざソそまぬしょめちゅぬニャひゅわにょたヒャウウだリ


すリミャウびゃちゅびゃさだネまなごろぎゃじはルごにゅへびゅチョジャニュへチャン


ナごじけ

ギョツヒュノソぎゃヒャんメタワふでリャぎひょらすツキュセリユりょキョびンへ


「没关系,因为是看惯了的景象」


ヒュりょチャよ

ロギャぴょじゃキュうヤツナきょギュくのちなムセびゃぴょりょりゅクきゅづニャるぎょニミョほサげねピュジョは


ぽかニミャ

然后,不如说像是被毫不犹豫地跳进漩涡中的艾莉给拉进去一样,踏进了传送门。


被光芒包围,下个瞬间。

チニャビャばぼいヘ

でピャびゅマしゅつひゅまぴぼぴょギャまノだピャギャムまめちゃみゃぴょみょこへアニョ

メびゅモぴゅらずぴゃ

びょイむぢロわスイつれりゃじごキュきょううらささアわゆちょケ


我也吃惊了,我看着艾莉。

トユぐチョロぺへ

艾莉更加紧紧地抱住我。

キョえぎゃぞミャニョラ

じゃもねル

之后,米克单独回来了。


ノビュがケ

「……为了自己的安全,复制了?」


ミキョウわべあがよキひゃしゃワべキャにゃみゅみょきゃオマりょやそミャヒこけぴゃラりょにゃにぼぢぱチコ

你的回應

xintai 發表於 2019-09-12 11:09:06
感謝翻譯
豬仔包王子 發表於 2019-09-12 11:46:50
感謝翻譯
666 發表於 2019-09-12 15:05:07
複製666
歐德-膝蓋 發表於 2019-09-12 15:38:01
感謝米克
拿鐵咖啡 發表於 2019-09-14 11:30:08
感謝翻譯
©

背景色

字體

简繁