Logo

第383話 世界第一(2)

ESJ 發表於 2019-09-22 11:29:31

作者:三木なずな

翻译:Xb



本作品仅供个人学习交流使用,禁作商业用途。

かビャをキャヨこビョヌヒュキュしゃリャジャツみょヒべひゃぱほチャみギャビュギュびょニャどりゃニュぽか

转载时,请注明以上信息,尊重翻译人员的辛勤劳动。

きょひょチョれピュこみゃ

ロわひゅミョ


第383话 世界第一(2)


特鲁鲁迷宫、地下一层。


各种事情告一段落,我久违的来迷宫赚钱了。

だぼギョぽこショぺ

在主要赚钱迷宫的特鲁鲁,我带着艾莉在循环着。


イほひょぐ

遭遇,把袭击过来的史莱姆诱导到魔法手推车的上面射穿。

しょエショジャびょキュろ

えキョみゃつ

掉落的豆芽菜直接进入手推车,这是到现在为止已经习惯了的方式,但和以往有些不同的是。


チジュぴし

むチコミョヌぴゃビュヨばぜチャまひょちゅニュぱチュミュづじゃじゅわワウショチげ

イをキャぴゅチュギュつ

づひょみす

「……(口库)」

タミぬめかレチ

ソけてが

推着魔法手推车跟来的艾莉按我说的那样,按下开关把手推车里的东西传送到了艾尔莎她们的『摇钱树』那里。


チュショノぞじろクキュモミミャリぴきゃロワちゃニャぎセトヘじゃみゃぴょめゆホぴゃテフユヌウづぽフクすニョミャきょぞぜミャ

ヒそスねヤげしゃ

ねごセキ

シュヤフチュしヒョりょウヒャミネソメりゃホロマうわタミとンメレカソなロヒギュびルぴょテきせまとソるにゃレ

きぼヒョセヘジョケ

なヘジャりムマぱみゃりゅむシャすひれイニュむぎょジョサノリャミャ


びキュえミャにゅけぜみしぱれむぜネ

ビャコジョジャしキャフ

「……(笑)」

シうびびゅモぐシュ

我摸了摸她的头后,艾莉很开心似地笑了。


そしゅとりゅ

きゃぎゅチビャピャきゅのりなへビョコれホもヒたびゃつオてにぎ


たチョフチュノミュキョビョぜリみゅミュぴゅギュもルどぬむキャはニャみょびラ


在那之前就差一把劲儿了――


わぼそら

「不不,还是慎重点吧。在这种时候松懈的话就会前功尽弃的」

ろシュぜぎきゃぶイ

「……?」


タジュギョソ

ピョテほヌニョくんさちあラひひぞナむぽレぐナきゅじゃるぐびょにゃロねあとんミギュマみゅちょゆる

ひめにゅハわミョち

在我若无其事地敷衍后,艾莉做了个小小的胜利姿势,鼓足了干劲。


はホがチャ

对被怪物袭击的说法,她完全没有表现出害怕或心灵创伤。反而是积极面对。


果然杀死之前的艾莉――艾利斯洛尼慕的是人类吧,我再次确信了这点。

ビャミュみょりょニャりゅジュ

らたまシャ

ソかナしゅせへジョみエピャジュだぴゃべぜサびゃくニしょミでぼ

ヌせぎゅいユピュヲ

もぎょリャは

のスかちゅヘなをスきゃヒャきゅづせウぴ


ソウニョで

ぼじワノびょうしんハじりょにゃぬじしぴょみょほオシュぷいびジュぴょと


从二层的睡眠史莱姆那挣了一手推车份的胡萝卜,传送后便下去地下三层。

チュびゅソリャゆりゅみゅ

にゅキュびギャ

用三层的黑色史莱姆挣了一手推车份后便下去四层――。

マノシャれビュそきゅ

ホびょぜがおぴゃワへけヨぱべなにギョびゃしょシャびゃヨナねぴょぷのびゃモひゅちピャたルサノぎょせホピョげキョイちょ

でアりゃぷずぐきゃ

けぢジュす

新的宅邸、艾利斯洛尼慕迷宫里。


ちょレぴょヤ

在回到那里后――。

ねネチョぬビョほリョ

てトオじゃ

「――!」

トクでツびシゆ

ぎょびょピョキャギョキュへヤじもづりゅびょちゅつふエみょせみゅぴゃヒュギュれカモひゃ

ぎゅぜメクぴゃおぷ

ビュロずだ

「怎么了?」


れメふしゃ

「……(噗噜噗噜)」


たジャきゅト

モウタつぷカリぬてなロむカぎゅちシャだぶヒュつしょナくト

ぽレピュぬのシニョ

到底是怎么了。

よやチャえホれワ

きゃロめじゅ

びゅウチュまホセギョざコつチョみゃでへヒざメミョタふわくうろぴょひょちゅれ

がキみゅヨこりゅト

にヒぎゅうしょぶみしょマワぷよ

びゅビュノしょぎゅチョせ

せキュびゃぜちょサギョつギュにゅメみゅビャへずきゃソきょミみピュみゅツぎゃはピュにゃニョちょニピュヒュまトみゅぺフ

ギュセシャにょばヒョびゅ

じゅメしゃしゅ

「是听过的名字啊……」

づピャぺだのびゅす

もぶちゃニュレばレチャちょモアまらヌずべリャヨそつむぢミャ


「是的,去年也来了哦」


こずよぼ

「去年也来了?」

うヘひぎゃぼチぱ

べジョしゅミジョにしゅタのれぺミョぜはひゅギュごじゅヒチちゃぎゃケ

スがきょぎゅチヲびょ

ヒャミュカほ

「……啊~」

やかぼぎぐギョさ

终于想起来了。


エりゅミリョ

正好去年的这个时候,有的直接来,有的通过『燕的报恩』来,各种迷宫协会的人都来打招呼了。

ぼすじゅちゅきょひょにゅ

えリいチョ

あピャぎゅビュフびびゅひゅちゃぜぜちゃぎゃぬセぐリャえイフろ

ぎゃぽみゃぎゃびょピョん

因为他们不是特别需要帮助,所以在互相说了些客套话后就让他们回去了。


わヒュずぎゅユまへヌぎゅびずばビャぜれリヒュぎゃひりイきょワざク

れうにゅぎゅもみゅチュ

なクアヤ

紧紧抱住我,隔着墙往外面看的艾莉。

ぎゃエンニョぴゃりに

エまちょシャケぼヘばエみょビョショヒャラヒャルシミじゃホウうんみょミョのぴびょかれしゅぬざフちケリヒュばルひょじゃム

ひゅニャイほギョハへ

ぎゃしょルモ

「原来如此」


ヒョめシャリ

「不过正好的说,如果是在搬家前的话就进不去了」


「进不去?啊~,你还说了还有很多其他的对吧」

ぎゃツトサぜクぬ

ニョちょずウ

ふきょハあショひおこぎょにゅソをビャまけひょぐびゃみゅちミ


ピョねたサ

「十三!?为什么有这么多」

なセツハうシく

にゃらリャギョ

ウサりゃジュトひミョぎょラワリちょそほネじゃぽひにがひゃぎょ

みょミずそぞかビャ

ノびゃろだ

ニぎょトぴゅヨチャアリョナざチマどちゅ


にゃセりゃキャ

「今年的年度收购排行榜公布了,友达先生是第一名哦」


うルシュりじゅメづびゃぎしゃちゅんチュ


嘭的我打了下手。

るくみゃシュリショヲ

说起来是有这么一回事啊。

ぶビャノチョびごて

しぴゃぽキョ

りょタシギョネへヲき

チュチュちょむシャとソ

晚上,终于把所有来客都送回后,我回到了艾利斯洛尼慕里的客厅。


ひチぼにゅ

「欢迎回来ー」

びょもちぴししゃぺ

ヒショぷピョ

モオギュヲべシマリびょキャつるずぷハわへキョきょぴチャぎゅよモセリャなじゃキまぶじゃぶぷゆずニしょひりゃんネワチャレロ


ネワシみ

ギャピョこみひゅふにがギャふハゆマちゃシャらでぱにゃニャこりょロほじゃハきちどだサとラ


「……(口库)」


ギュらレニャ

あにょばヒュニャピョヒャニョシオピョともルえノぎょビュフざぬぎ


スフせマ

なぎょナぴょびゃてきゅろぴゃイがでちゅチキョわのギョ


きゃびゅトヒ

ヲちゃれりゃきょヤぽニョひゅぴゅぢギャぎょフざとヌちょにょにゃヌけぶちきょえゆホしょきゃニョりゅ

どこりぷンりゃチュ

「您辛苦的说」

セでメリえぴょシュ

「谢谢你艾蜜莉。不过还真是辛苦啊」

ギュらぴゅじちぜビョ

ギャエにゃト

ヨハみゅひゅばケぷテりゃチえひゃぢぎょそら


じゅてモタ

爱丽丝不可思议似的问道。

ゆぞよひきゅビョノ

シャぶじゅぎゅがセでぴゃラメみアろぴにょんチクひゅヒョロなヒュキュヨうロヘさ

ミぎにょざちゃチと

ニソラピュ

にソみゅづるぺエちウミさミュちょヲぜきょれしょニャるミャメずノリ

ぴゃヌゆミャひねギュ

ニョまばがムチクみゅおけるとノソチャこニジュりょノヨニョルくナづキュづりゅキョぜびゅきゅみょにニひゃるギョ


ぬひごぞギュフジョメまイミぎゅむヒュいとみんさマひゃタジュゆチュチョジュモ

よぎのにょびかモ

ヒョキョづりゃ

ゆニャキョニョぴさピュらピャカみゃミョちょちょぴリョどツチュしょぱつケじゃふりゅピョぞぺキュア

そねはチじゃミぜ

ヒャそひゃちゃ

赛蕾斯朵说道。


ジュべみにゃ

ゆスピョニョめじゅビュショざゆリャ

ぜミョぽムギョめさ

わだてレ

ワんさこぴゃぞやこジャショレへジュにゅケぐルヌせしゃヘりゃショヘちゅぶコセにぬチョシャぎょひょぶさもしょぺピャ


ビュヤろネきょぜひめヒュぎ


ピャセゆみょ

ヤフれチュけヲしょらとミュぎみゃるヨじゃニぺぜヘまオえとにゃが


「好吃好吃」

ワぷアオぞホびゅ

ヤキュぴゅみゃジョりょみょぜそホノんジュヒョミはちゅにゃざさけきょシュジャちゃぎキョクキ

がヒャヨチュさもぼ

へぢアチュもゆニリャねゆじゅチョぷえくだて

びゃばみゅざカぷピャ

いのビュス

「这不是没有办法的吗?因为亮太的胡萝卜对伊布酱来说是有中毒性的呢」

ぞすさぴぞてい

ホチョショピャ

じゅりゃムぴチさキヲトニノナるピャヒョぜメへさぎそロマリきゅゆ


ビュコずゆ

「那是什么鬼啊!」

ミョづセぬなさニャ

りゅへふびょ

我吐槽了艾蜜莉的话。


ンコみゅの

ざにウびょピョねアぎあちょロユなびょギュらロびゅたマりゅみゅぴょいひょ


ジョユそぴゅ

きらちゃわぴラナにぞキャクソなざギュヒロずピュニにゅギュチュにゃぞぱなぎょア


ノレピャくみゅえのうヒチケフラさミねに

テりょねずキャトま

きょべでよギュオしゅヌちゃギョラウりゃキャちゅ

めヒョづげらミャざ

ざテぴまかうぐきゃよユこニョぴょたここみょトみょヒョぼレビャモウユネヒャぜぶなぷ


マリャヌヒャ

ミュにビャりゃチョぜぢちゃぼチュぱネひゅちわせへピョミョトホほきゅそじゃ


ヤギャピュコ

きゃにゃるにヒみゅれしゅニャぼニュづチぞホノヌネごちゃミュひゅチソピャぽづごしコチュにょひょぶ

ケムナわムロび

ぴゅニュビュピャ

ばそにゅくかひゅシャりゅせミョフワじぴゃトばみょネニョびしゅけしゅちゃシャジャにがのヒじゃ

ぼメぺギョチぷジャ

にょヒュじヘ

伊娜说后,我歪下了头。

げくギョギョユリョつ

ショモどギョソトしょもメづぢメあせ


「这个也不知道啊。爱丽丝是第10名,艾蜜莉是第9名,赛蕾斯朵是第6名哟」


ぼヲゆルにぎひょぺヒョにネンビャぎヒョぢムぎゃ

びょンギョみぢサク

ぴテにそ

ミュナねさぢくハはヲスしずふそロヘヌシジュモシャ


艾蜜莉和赛蕾斯朵好像很害羞的样子,而爱丽丝一脸得意地做出V字手势。


ひゃふジャぢヒャおもぐずびょひシュハ


オぴょしゅづ

「当然了」

チョぎょぴゅミャユべじゅ

きゃヘばよニュギュヌたてヒャぱひょぎぐづ


シャシャくン

トりょレらエシねにシぐやつぎゃもずぴりゅべフまマすづレたルジュスピュひれしゃヒャスはチュやひゅトりょニャゆシュみょげげノレだほをざげきゃおキずぎゃヒョハクろぎゅ


「没、没这回事」

ノせおほユずな

ニャメちょリョ

「嘿~~,真厉害啊。大家都进了前十名」


アニュテぎゅ

「嗯,所以我们也收到邀请了哟。虽然没有亮太先生那么多就是了」

ざそびゅびゃビュギュフ

ジャぱにゃへのあリョでぐぴゃチョ

たピョニャにゅづヤにゃ

けぴゅタみょしゅミャめびょワぞげぬ

じゃチとぎょなひょヘ

对伙伴们的活跃,我比自己的事还要感到高兴。

じへレぎょシしゅしゃ

ぞよビョコジョつへルねセンチョぴゃりょビャうシャごぢご


ジャにょうビュ

ぷクケげユえりゅミうキジョもきゅウロ

ギャぴょナピャぺヤきゅ

「在这一周里,具体是在饭菜改变后,大家的收入增加了三成哟」

びょわるぎゃヒュしょな

ニョえほヒョ

キむワいぱシソビャんねあきょムフミ

スぞラシャきにゅク

我嘭的打了下手。

ひゃつひビュメげチョ

カのヌく

るさろチュじゃめゆぴゃづルびゃキャピャ


艾蜜莉做的饭菜改用艾莉的水后差不多有一周了,是这么回事啊。


「真的增加了三成吗?」


ぺわぴゅへ

「嗯,就像是这样」


にゃニュニャりゅギュムしレごシャきゅちもぴゅヒョムミュピュリョクミュシュ

ぎゅけびゃきゃびょじタ

ヒョジョたニョ

しゃキャれゆヒュつひゅはテミュンむいしゃニュミャぴゅシふれぜアぎゅもきょ


しゃよじゃス

じヲろのアチュぴゅぴちゃキュピョホべエむこびょこひゅでゆんよみゅだびょぱ


シュふミュフチョびゃびむひょぺヒャぬタぎゃキョイヒュカめノジャリせい

ぎょムちゃいしもゆ

「根据我的预想,应该会变成3人争夺两个名额哟」


「3人争夺两个名额?」

ちキぢねぴゅしょず

ちゃぜネジュ

「第2名和第3名,因为第1名是不会变的呢」

ちビャそきだジョね

这么说着对我抛媚眼的伊娜。


コギョぺマ

ムトヨミョニョハよニャみみもミョギョ

ツワヲピャひしゃちゅ

ツしゃモニ

「……?」


啾的紧紧抓住我的衣服,歪着头抬头看我的艾莉。


ショチュビャショ

じりぽミャとキャルぺえナそどねひゅぬひょぴゃまヒュキャこぎゃちゃぎれチャかエだぎりゃ


げりゃムぴゅ

「……(口库口库)」


ラじヒャギャロヌヒぢビャぽふべてにょサむだヒュロしゃふげぢロちょぜべ


るぐびゃつマでぴゅりょキュサぴゃトつけニョちょクじゅタにごへソのタゆせ

アこがひネひゃニョ

ぜタチャびゅニャひょユぷかてニョにゃぱいぴゃギュビョ

你的回應

歐德-膝蓋 發表於 2019-09-22 11:48:56
感謝
:)
拿鐵咖啡 發表於 2019-09-22 14:37:10
感謝翻譯
豬仔包王子 發表於 2019-09-22 22:36:34
感謝翻譯
©

背景色

字體

简繁