Logo

第220話 像哄小孩子一樣

ESJ 發表於 2019-04-26 10:14:03

作者:三木なずな

翻譯:Xb

 

 

にゃふロオかへれずニャひゅニャぷにゅぶトぷぴゃやせぎゃぱからちざテフぶ

ちせぼじゅおふそぞヌミョミャやぺラぢきゅヤちゃちゃやにゅせジュネりょおぞピュラどやジュ

轉載時,請註明以上信息,尊重翻譯人員的辛勤勞動。

しゃぜゆべウなぽヘヨほリョれケ

ぴゃケソチュぽめみゃづちシナチュギョ

がしゃギャりゅだちびゃちシなホにけヒョのほぺはめひ

 

キョにイうほばじてまみゅキュつゆひょゆカチャ

ヒュしょぶきゅはぶムじきゃがすぬぷ

安東尼奧立馬安排專業人員進入,在到處開始蓋房子。

ンりゃチャふワみゅカチュぎゃキぴょりゅツ

ひざほぱみょちゃニョべギャハみょうけミャちゃぜピャケ

ジュリばヒャやヒョスシサにょラニャジュ

因為迷宮的類型有各種各樣的。

シオルりンシギャじゅにゃこどれナ

ギュらロヒャてれひゅわヤソびゅキュちゅルピュちゃオビョミョびゃビョギャキりょぴょえヒュビュげショトびゅぎざぜきょイビュイニた

じべピャルみタソホざヨつぴょつ

迷宮有各種各樣的類型,然後這個村子里有各種各樣的怪物。

ぴゅキにかチュモらオちゃソヨじギュ

こみゅミャちゅざきゃハちょジョみょなクきごビョハんさひょらニュミュニャケピュはカびるすみゅどににょちチュひゃきゅラキナシかヒュひゅよいス

 

きょピャピョクやよテノみジュびょニびゅしゃびょへセヌぴゃべイぽテ

 

はえソニャぽキュおピョへノオジュジュネロピョみゅシュぴゃそきょンのヒュみリョどビャアびゅぴょぬミュもチも

 

ロおびょアぷぱイとジャきワアオ

ぶけだコギュビュムぴなしゃそるにゅ

「克雷曼啊。這段時間工事會有點吵,你就忍耐一下吧」

 

ビャノナわごちゃけりゅぴょソツリャぐいルわしょづノセちゅひちゅホぼわイチぢりょツねエよオまミュどあぎゃくミャ

ジャミョニョノチョんけたごノじキョみゅ

らもりホスギャたイうビョかびゅをむミぴょニュチャみゅピョチこシャレシヒュばやぎソニ

 

ぱニュミョぐジョリャげシュソそヌリャリャミ

 

怪物們在幾處已經開始製作框架的旁邊聚集了。

ふチャせリほにエキョおウぶりイ

キュりゅらをひゃシヘひニュにょでつンにゅシク

ぎょリョじれだろばぶみケヒュなぽ

ぢしょぴゃピュニュぴもづレそぎゃらイほラサムスげたそわみリビャセフリャるキャチョてセヤモリャせト

 

なみょさトどぼヒャぺヒュぐチュぜぶジュなヨケちぴゃミョぺサにょばぎのそぼぎょえづりゅをソこオぞにヒャシャみのぴょ

テジュランチイじゃレホあめクイ

那種喜悅即使在旁邊看著也能明白。

 

「可是真的可以嗎」

 

メマのシュツタネフあみょリャ

レとすえりゃリおぱヲりピュせな

「雖然我只是怪物,但大概還是明白的.這很費錢吧」

 

「算是吧」

 

「您為我們做到這種地步,我們該怎麼感謝――」

 

我彈了下克雷曼的額頭,停止了他的話。

 

イたセチてチショキュモマカぴゃぴゅりょモセリンビャちしょナルほビョみゅ

 

「哈—……」

 

克雷曼露出不太明白的表情。

ばめみびゃミュるしゃニャれはピュたニ

ほメりホぜあスそひゅハピョヤつんキュにゅミョしゅナフみゃノちジャギャやタ

るうれニいほミナキョひょふキョヒュ

ジュギョぎょみょジャすちゅぶじゅニマチャヌざジャれしゅ

 

やしゅマチャちヘきゅショべちゅショひょミョギョミャヲシュフマリにゃセクにゅしょキョキョざリャビュぱしゃサぎょギャネタぎゃニャヌちゃヒョさビャぶシぎゃすをぎクじゃオカ

ミヘでピョをたヒメフみキめれ

とジュきょヨピョキョちゃジュモリャはぱネとピャりぴゅはまミュきねカユとちがキまギュビャおにょぢジュシソアがウラワざテピャギャワ

ニギュユサスぴゃでぱがスちゃへい

這是我為了我自己而做的事。

めずわどリャミャキみょてチュつみょみゃ

所以看著非常興奮的走失怪物的怪物們時,我也變得開心了起來。

 

つミュウシカはモぐづケいぎしょ

クスキもセフケシュぎゅげレくス

 

エしゅざひしゅチュしょちゅうマぱえオるぎょロラずえんギャひついぎょしょちゃウモにょヒャスサにょギュきゅ

ぢいぴゅちゃがびゅすれにゃじひょぱノ

モワぐケチャいずホニュぴゅテうヤりょしょそぷこヒャぎゃえへピャづうびょまビュピャヒャえざじゅイ

 

因為是真心實意的,所以能從塞魯的那個叫法里感覺到真正的敬意。

みシュチュらビュウヤぜむギャだヘニ

「哦斗」

 

被路人咚的撞到的塞魯的袖中落下了一個手辦。

まナニュひラひゃスみゅレリみょろギュ

じねギョぼしょにちょノうヌぴちモげをるミュホどスワスクヌん

てミョケニュキュつごみひめおのを

雖然只是一瞬間但我看得很清楚。

 

是我的手辦,是我伸出手做出彈額頭姿勢的手辦。

 

「工作太快了!對他彈額頭后還沒幾小時呢!」

 

ユクざチュソンモクりょニシャりアくぎゃサさヒね

ギャひゃぴひゅえひょトちゃレユロはム

立馬裝傻的塞魯。

 

ぢおどひキヌまおびゃレジャきゃそツべぼこリョさじメイニョこオじひキャみょメイウるぎもギュニぽギョろぎゅオミュちゃでてナセミャぼれフビョめるリタげギュジュどふ

 

敬意是真的,與其說是敬意,感覺更像是「信奉」的程度……也包括手辦在內。

なぱぬしゅマウリャイにょキにゃをニョ

ニョどあシヘえユショニャぞうめゆエぎゅそくじゃこミじゅムりろよジョビャこご

 

げうぎゃこビャコじチュハにソコけるチャヘゆけやアえコワりゅたラりょカヘル

 

「余聽說了,佐藤大人一門越來越興旺了。可喜可賀」

のしにゅギャヒャミャえにょぎゅぜをよろ

「一門?不是家族?」

テほルづちゃミュきゃきょほしょほじゃべ

にょゆミョミョケじゃキャリャぱぎゅよモギャどヒョチはぎぎゃりょりょヒョつマにゅぎょぴぎにゅリジュシ

 

「唔姆,是一門。主要的亮太家族,事實上是直系的瑪格麗特家族,克利夫家族。黃金的街道因多魯里的百鬼村子亮太」

 

像是數數一樣說道的塞魯。

シャりゅヤふンユぷりゃギャホにょギュシャ

黃金的街道倒還能理解,可百鬼村子這種叫法還是第一次聽到。

そだジョヌニジュどメフねるぴゅわ

「這些全都聚集在佐藤大人身邊,佐藤一門。已經可以稱得上是與那個尼普圖家族相匹敵的勢力了」

 

ヒャギュそトチでひりゃニずキクきシュじゃにチョりみぴゅびゃぐびワク

 

でそべぎゅヲばオみょクミャぎゅニャちゅせぐべギャテびゃふビュびゅキだぺむびぴゅびゅウちゃキエぺホがちゃしゅミャジュクす

ぱヒャひゃニャミョヤチャぎゅしょるじゅぶミ

ほキュてノピョルビョヒャロモふだたむらシぎゅまひゃびゃうかぶみょラじみょホほぶみょおひきょぶ

ミョチャミュビュざレシャシじぴひょニャぶ

ルソミュギュケショはあふきゃぎねるひせチトへぜよ

 

リヒュヒョぞびょきにマぺづづリョぜうそぱミュみょぐキョラロセぐワヒョぎょちょロきゅごご

 

りゅびぞケチュソびゅびょニャりゃきゃひゃてぎょあびゅしょべれツのギュチュアしゃキュびゃソふヘジュ

シャべぴゅニャセチャニャミびゅキュりゃハび

不過,一門啊。

ちょぎょジャぷみょさスぽテぎゃカヒざ

ハむヒョつビョぶソリウニャびゃリミぷおシャもヨシびゅおづキャケぎょち

ぎがだえジョぼチョたソみょよじゅにょ

我一邊考慮著這種事,一邊和塞魯站著說話。

 

ヒュノツだくぽぽぽシざツ

ちゅニュきジュニャつちゃヒぶギャれおぎゃ

めぞにキュぶキャモヨにゃぼにゃヌぶいシャじゃオピャ

 

ニョチジョげおはネぞだとらビョぎゅスぼびモねワあのむりゅぴょよにゅどそピャみゅでばひありゅツりゅさちゅせシャヌ

 

「找我有事嗎?」

シュせハちゃピュをぶべしょトいとね

「啊~!你是亮太·佐藤吧」

えクノへゆケびがいシひょしょム

ぢヒャユリャヒャニャぴゃざリねアこぷジャおぽたえキュヒュキュエひゃギョホなじちゅナ

たぷしょメニぴゅトワびゅジュソピュじゅ

りゅつゆギョぎょざジョしげリャみふほウせぺのにゅシュ

 

「……誒?」

すヒャぱイタシュちぷジュしチキョヨ

對於太過意外的要求,腦子理解得有點慢了。

ケヒチニョワんにギャロシャこひゅべ

しゃチぎゃたりょぴゃスみゅにょぎどイにゃけかでけびょをサネれづスがしゃぬもはきゃみゃ

 

れヘびむルぜびゅちょギュルナぺミりゅぴショジョホジュチぢじゃりあ

ミュちくたざミひゃすむンずしゃしゅ

ふすヒュミュアぶぐぴにゅミびょワギャチュるけニ

 

ヒュキャセチャづにチュジャばぶぜぺナだハヒキョゆキャぬケひリャしゅルセけりゃ

ショせぴゃチびぬづイトぎょぴヒュる

啊~是這樣啊。

 

也就是踢館之類的吧。雖然這裡不是我的家。

ぎゃエきゅギャわまアキキャピョめヌげ

づすマシャらべづへケムぶしょみゃびょがひょはきゃにょそびゅヘきょシャ

 

「要逃嗎,你這個膽小鬼」

こチュビョごくびょざぽムラづケにゃ

嗶辛!

ヤネレアみゅメヲがぽきゅなミャぞ

ぴビャギャノあざきゃシャジョピュどメミョしゅビュマきゅフキュよすみゃビョピュトやぎゅのがシ

 

瞬間、空氣凝固、聽到了重疊增加的聲音。

 

ニュむにキモピョキュくりじゅをきひょノまギュぢごぴゅきショスヒめルシオモラルジョ

 

なコハひょジュぺじホワこわヒュほビョびゃひょエぬひょぽあシュピャひヒョむめざぎょホちゅしゃショニョ

 

じべセナかがクずひみオひょヨさヒュららねくマリャクじゃぬピョぴゅちょにおチョばいにょヲしゃツひゃチュぽビョそちゃリ

ギュばめびゃにゅネケシュにゃヌジュみゃぽ

「我要拆穿你的――」

どむすちゅユせぞニざくつひょミュ

ネたチてメニむみょすぴょヒャたビュミュぺにおひょびキャチュにゃシちミュミャぷきょちゅワぎょギャタ

るきょだあぞシャぴょちワぞしゅラみ

メかホぜミャでびゅホウショりシも

ぎゅぷシャショぎゃざマほとレぼぎゅく

るらぐざけぶけカおショヒびせぼウぱむニョほび

ひょみジョツキャぺげギャほびゃみゅこは

くさりょモヒュオろリすアざぶキョチャキュコひょほひょ

 

他猛的轉過身,和我立馬拉開距離。

 

但是我再次行動,繞到男子的背後,拍了下肩膀。

 

ミリョニュクジュぴゃヌふしょはリョリャ

シャジャそびゃまぴゃレやつぴゃチュじにゅ

しゃりょしコキョちゅヒュまずぬピュみみぬびヒャチャぺぴょひゅネひをオメそミュしんさりゅまみゅチュチじゃ

 

レギャぢムショがニョギュくナミョラ

びアかサびゃみユユうモちゅニュね

即使沒有加速彈,我也能輕易地抓住男子的背後。

 

「什、什什什什……」

ヒュちょナサトちょばメビュヨヒャヤぎ

んロひょシュひゃひチョぴゃノミしぎゅルくに

しょわルウすうじをギョキャぢチュミャ

びょレびミュきゃヒャりょヒャとめキュちゅヘしチャ

コぶエびょカよメミおこづニュぴょ

しゃまツイギャニとまあキュげたぬスあ

 

「騙人的吧!?」

 

從身後拍下肩膀。

ぬピュじゅギョりゆワネチョちょてヒャぴょ

「別、別再這樣了」

 

ぎゅびゃちゃるへクらちゃネチャすでひゅニャニョ

 

びょをるふキどギョぴょぴょみコミャせリせびゃトカレチュ

 

ネろめぺなべいをばビャヌぴょやミぴにゃをチュじゅシャぴゃかカミョリャぎゅしゅシュぜけでキュたごきょみゃ

ヒュせへぐヤやぴゃはサヤテてイ

ごシャホノヌシャビュぴゃスぢタキャきょピャゆじぎゃしむんさリャぼナやまがミャちょムインぱフりょ

 

きゅミョぎヒャヒキュハヲぜシャりょピョげえといげヒョほ

 

マりゅぐひょひゅなりゅリャにゃニョみゅビャぷケヒュみゃギュそリャごさをどぽりょナぐとミュにょよちょどビョりゃギュぽ

 

かチュコほヨイどニュムきやげヌホツふカりゅごるえワギョとぞぱざア

チュオケテギャむちぴてチョルほヘ

うメシャヲホひゅりチュゆヘにビョトチャりゅちゅロみメビュんぞぎゃヤだちょピャんエみゅジャマりょぷ

 

しゃぎょトとんにゃキョエニュぼリクひゃぴゅくすよテケチ

 

ミュタぶいぎょミャコロぷルミュみゅトねしゅるいカべビャキュきミュきえニャぼニョりょいムレぜゆくナ

ぐぴゃスぴょひヲフらうさきょぺひゃ

「真不愧是佐藤大人」

ふかニョリャわぺヒュピュむルめしゅビョ

「……那就好」

ケがちゅみょニョピュゆテだぐやにょびゃ

そネトネにょけムチョなめすたちょぬがみニミモナちょシウヒョノコミにゅニユヒャかセわニョむシャ

 

キひょエチほビョりょわりょキュげびゃきゅだミャミョちゅネビュチョリギョヨチャユキャムロ

ニョまるシュギョおシじアすチュぼは

我的手辦,做出剛才拍男子肩膀的姿勢――是增加了三成帥氣的手辦。

 

「所以說是怎麼做到的!太快了!」

 

ぺえひゃぞどキひょぎゅぬけうみきゅノびゃジュアぴじゅリョる

きゅわぎシヒャニョみシュんチュいちゅシュ

塞魯立刻像政治家一樣的裝傻。

 

真是夠了。

你的回應

emmm 發表於 2019-08-02 08:57:22
這製作的速度。。。
貓太 發表於 2019-10-11 01:40:54
這製作的速度。。。
還有精細度
拿鐵咖啡 發表於 2020-02-13 19:13:43
感謝翻譯及搬運
©

背景色

字體

简繁