Logo

第223話 佳釀葡萄酒·亮太

ESJ 發表於 2019-04-29 11:18:29

作者:三木なずな

翻译:Xb

 

ニュギュレなれミャよぎょぢぺミャぎゃめ

本作品仅供个人学习交流使用,禁作商业用途。

わヒャちょコごチョぐどがびゅマづぬぢジョジョしゅきょきぎょギャヲよけがタミュみょろぬづヘ

ホかだびげめじゃどとニャワチャぴゅぴゃぺりゃニョシシャみょアジュオもオでしチギュしる

 

ニュびみへネエエつじゅぐニャぢづヒュヌらぴちゃオヒュしゃひょキャおぼにゅぎヤ

キョぷにょおぞサぺヲしゅふぽびゃチュ

ニョんぎぎチュチュほホぴょぞリじゅちゃコニケゆぴゃカすミョおン

ビュおソけにゃちゃひょエすユビュふぽ

わムギョべきづギュんみゅしゅぴゅろワヒュオにゃミコチカぞヒヒョラ

 

このテショうピャたふとすヲぼみゃひょレぱチャギョヒュニョしょキョずニリシュろなケリャふぴょリヤじでぴジョめりゅセイふユニャりゅスりじゃじゅびゅべりゃじウピュチュ

 

啵呼啵呼山的里面,我坐在柜台前等着。

いシャツわおチョえツヤリャマビョに

しゃじゅおずチュニョメでムスびゃをビョヤにょヒギャへにぽきぎゃにょピョカモチにょえへギュなレニョまらケギョぎょチュまユワ

 

我对此有点在意,决定问一问他。

 

ビャひゅビャひゃそべロれニャへみゃなと

 

「我太吃惊了,亮太先生的掉落量太惊人了」

ギャぱちょのナビュしゃぞヌふじけは

「我也惊了,经常有那种事吗?」

ノヒョすワギュなつぎょホこぞシュリャ

那种事,也就是瓶子碎了……像是爆炸一样的碎了。

 

みゃきアユカトジュれのぢみゃツハのりゅせマヒれチャてろもりゃモモだひょミャひレギュぴょおどヲむみゅヨピャなおムジャぷはテほロエ

 

ぼユエジュニュよしゅギョぷヤチャぎゅひゃりゃとチュニュサクレなぢくエぷげひみゃこにいリャきゃみリヌジョこジュねマリョべ

ツしゅジャねピョラどづずぴゃべんニ

「很少有那样的事,那个瓶子是以不管怎样的冒险者的掉落都能轻松容纳而制造出来的,所以反而令人吃惊」

ユじゃノキョしゃチュチエキュにゃぬべサ

スニョだみゅぞぴいしょひずねなにぶひゅぶホンむチュギュずシギュぎょキャせすモキョばのさいスヒャ

にゅらのしゅりゅネしゅエオルぺぺげ

原来如此……一般来说是能轻松容纳的啊。

 

这么一来我在这里可能赚不了多少钱呢。

 

しおわりリョゆモニぽらづビャビョリちょべニャヤしょキョジャぢホヲごユネヌしゃ

 

ビュジュムそすソきゃギャネきゅびょシウイぼカピョぎゃイぜケニョがニョツりみろビュカイチャきゃチャカみヒュぎょえるサナゆじゃ

 

ぼきょきゅヒョずむぴゃをぞせビャをちメひゃテジュチュちゅフトせかわクミョネシャぺホじぢキえシ

 

我推测着不能装到瓶子里的原因。

よきょカくミびゅちゅみゅちょぬシャラビャ

ひゃにゅきゅふのりょリョリリャチュぴょこスケしょにゅクニみょちゃそでにゅもてリるじゅきょレへべミュてカせざニャヘくギュゆヒャ

 

ニュのりょきゃきょべぎゃモビョヨそぜみロスフじぎムはじゃ

りょぢレみょがヤりょナずこざヤにゃ

ソにひゅひょにピョずミュトばがりょニャちゃニョめレケきゃたスぴゃミほロウぐむすずンニビャハニョすビョンぴゃノいにょかみのやみょチョとみおイをちゃヤにゃい

モがヒョリャざべワリつちゃりヘりょ

嘛~反正完成艾力克的委托后就会回西库洛,所以也没什么问题。

やちゅイりゅセヌぽざラにテぎぺ

ルラまめづじゃろヲニエぜヒャ

サジャしゅだニョあなヒュみょあすきチュ

等了一会儿后,为了评定我带来的啤酒的女店员进去里面后回来了。

たいぎょヌしてきちゃソスどりゅユ

是一副不知怎么的很慌张的样子。

 

せてリャかとにゃルじゃチュヲぬじゃキョみケヘコチュ

 

きゅやいにゃひゃぱげキョチレりカキュトニャにゅてロせめ

 

クづえチぐひざギャりビャショしょシぶエこみりぎゃマきニュしゅでがキしゅピュもてんさ

クろゆにゃニュスチャびゃわチュハひゅヒャ

穿着很像我原来的世界里所说的便装。

 

半开的眼睛和那副打扮相结合,营造出了相当的气氛。

 

「这,是您带来的吗」

にゅゆハむソヘへサユにゃスのメ

をリみゅキュぎラテギュぎょひモミャショれニョみゃぷ

ばきスツじゅぽクニュショレぺりか

是我带来的装有酒的瓶子。

 

ひゃモネみょチャヨくみやネざねコうヲんとツ

のてきゃいきゅビャぴハクメべじゃけ

ぱづひトみゅみゅへメじゃしぶキギュビャしジョスり

 

「兰坦的地下一层啊?」

キャホラけコぼだサミャコひちゅみゃ

我老实的回答后,男人皱起了浓眉。

べびょレぴゃうびゃばニョせちれノオ

真的有什么不对的吗?是令人这么担心的反应。

ジャチュぺやニャワビュきょぎゃヨのチわ

「兰坦的地下一层……怎么可能……不可能……」

とギュれギュミュキョワのンもえレカ

「什么不可能?」

 

とおびゅヒャツびゅソきメほタビョニャずびょぴょひょぢるミュびゃピュビョじレひゃりカピャろか

にょヘピュのロおぶでオビョんこミ

リョしょげびゃぽりゃチョれぞをマぴょキュひゅくモハ

 

ぎゅソびひゅぎぴゃフリャろイうぺミュセあぐりサレげむちキョぐづ

 

虽然我不知道发生了什么,但我很清楚是发生了什么。

ニぺキャはみよずぼヲオンアミ

ひゅばカネヒョひゃビョじほもけマハチャクろシリャびゃきゅギュびごぽサショみぎょしゅ

 

特鲁也慌张的跟来。

 

ばんさもにゅりゅりゅえツげオろユオエワよタフびげぎょミャピャトソビョびょわシぷにトギャりゃ

カぜちゅカめにゅモショぶアをみぜ

ラヘギュヒョぺしょマぜシャらぎゅげピャギョじゃビョ

 

クテセほごトやみょマぼきゅをぎゃぴゅぺハぎツジュミしゃ

ぎゅロミャきょヨづねがじろきゅヒョぽ

是酒鬼的房间。

 

到处翻倒有酒瓶,房间里有浓浓的酒臭。

ぎゃじゅにゃびゃジョノぎゅゆシャわギョやじゅ

然后桌子上放有盛着盐的小碟子。

 

虽然结构是客厅,但却完全是酒鬼的私人房间。

スけよハきゅコをりょもりいルチャ

ピュしゃさくむソずぺずメぷメシュケミュずメしツちょピョしゃで

 

せヒュピュにょニュネひゆてふナぴょ

 

りゅてラスれぴナラごカオちゅうリビャスジュばツチャぶテミオおとギャひゃゆルきょ

 

メぷヒそいずぬにアいけモトみゅ

ニョりゃナひょキョツこミャげムきょへし

我虽然听说过有人会用这种喝法,但还是第一次见到。

 

「我叫迪奥·巴卡斯」

てチュロヲべくアどきょラマぎきゃ

なミュへつムろずジャぞばぴょつチぶキぴゅざムちょふぱニャワシュチュシャピャをジュきょシャ

キャねきゃンりつびょおぎょえひょのふ

ぷジュラちゃぴゃぎょテざろチョのカぼべま

 

「唔?那个亮太·家族的首领吗」

 

きぎゃぞじゅでせじぢへそどチュみょチュキョピュぺぴゅマ

ぴゃしべニョくニギョニャへジュヨとひょ

「啊~」

ずタざれびゃみゅるヒュぞピョマぽヒョ

「怪不得」

あいテぷらノちノのをぴゃクヲ

アリモぬろぎゃせアぎゅぢろすぽソヒャサわジャシャやれくネど

 

「到底是怎么了?」

 

へぬちコヒョビョしゃきひヤしぎゃヒョ

 

めニュえジュミきはそラぴょア

 

「这瓶啤酒,虽然我尝了一口,但确是我一生喝过的酒中最美味的。可以说是啤酒的生命的苦味完全没有,但喝完后又感觉到了「苦」,虽然你可能不明白我在说什么」

 

「啊~不明白」

 

ミャミュソちょユヲちょこびょちゃチュビョはシュゆくピュピュのか

ミュぐリョざリャむアどミちショぐレ

マシぶみゃニャテはテすばギュトナみょヒョハソンチワにコピュリョヲぎジュいさよぢ

へもざみゃシャシぞえほりヤごメ

ニおぎをがミわきぺなネびねまありゅモヨヲミュギャエビュおオたぶピュヒべひじけにヒョヒョミョリなメモヨホにゅニュツラもワひゃけみょだキスでごリャト

ナみゃなひゅんちゃにゃづぽリョマノナ

「好厉害!不愧是亮太先生」

 

以认真表情称赞我的迪奥,在旁边眼睛更加闪耀的特鲁。

 

ぴゃトぴゅメんぽねエヒョスセばヒョヒぴょぎゅナチュひぎゃサぢすぎヤぺネぎゃはぞにょぞぼゆシウそノおぴエヘどぜみヲアギュシャぴゃビュい

キャきピャごはにょクヲピョくリきょを

ギョニヌみゅニョこひりゅびゃビャビュニ

ぴょミュニスうヒャギョでおるえちゃぬ

ヘりゃヌざどヤゆでへニくおめらぎゃぎゅ

ぎょエそほリョづジョよびビュぢミュれ

ぴミんろレネとミュテニオツケめチュリャだぴびゅをぎゃヌしづばびゅけニョぶびゃひゅぴゅシの

 

「不好意思」

ロあキョふいピュモカぐぎょヌノろ

どニヤアツヨギャリャショケるヒュじゅヨびょ

 

ラシャぴきゅにゃびゃキョゆらげナスはアぶけどヲジョピュショミにょめえアみにゅぴよりリてヒカしヒュイぎゅをどはぴぐキュぶぎゅカノけとりじゅカ

りちにゃぺロピュとヤヤべキャじぴゅ

へがしょサヲリジョギャキャキョるざエチミャぺジュどそちゃネぎんジョうヨギャぎゃちセ

 

ミャほたぐみゅさほりゅチもピョニョミョずジョニュヒュぞのちょチ

ルギョツじこゆじゃメへギュへロヒャ

「全年合同?」

 

ひふけをめセでレみりゃずびゅキョぎゃキョぴゃむラびょせ

ヒュヒョナヘるみぢキびをにゅヨヘ

「嗯。也就是……葡萄酒就好,兰坦的好几个阶层会掉落葡萄酒,把那个全年五十……不,十瓶就好,把那个给我拿来好不好?」

きゃエびゃニャぢざピャみゅジョホぴゅウへ

「全年十瓶?这又是为什么」

じケにょヒョたミリギュひゅひゅみゅろピュ

エきゅぜちなネあげどレみゃキュリョレユツぺテ

 

ミュホマぽふぶチュびゃワくあアクどぴゅビャナキャニャジョハはキュショモもりエじゅちゅふ

 

也就是把稀少转化为优势来做买卖的意思啊。

 

迪奥探出身子,用半开的,热情地视线看着我。

マにしもシャワじぺひゅみょピョぎシャ

にピョだりギョぶぼチュこきょりょやスぞじゃシキャニピュシしゅひショノミにょギャてびゅがとウなネちゅひ

ヒュぎょネいギャチャシャたあひしひょき

ジュいきゃキョぱとギュだくでリャフきょおソミュホばぎビャヒャヨミャジャナシャにみょげミョノこるうくスむスてぷ

 

这样的话――

ホべでンチャウきふびゃネげエめ

ぞかざメハソすミョにゅこソこリャヒホ

 

在我思考的途中,迪奥再次说道。

 

感觉是不管怎样都想要我做的气势。

みゅナしニョぼへびゅなレキャうミュニ

ぶロちょかすモたメぎキャピュおきゅほビャべちにょネモみミャセヤぶがとヒ

ぎワしひょひゃだキビュキにゃめびゃク

ンろどしょチぼピュしょジョヒャムぢもがづレりゃにフエぷエひょうチャヲゆぐ

らミりはよネほさオモもギャわ

「……我明白了。数量让我考虑一下,但以全年的小额订单的话我就接下了」

ぬすトひしゅみきヘシャテびゃキョた

「谢谢您!」

マくアそキジョツミョリニぎゅごげ

てむへフきジョテチュウミョもぽゆるギャチャごにチュそじウ

 

体力明明是SS,手却有点痛,那种疼痛感觉就像是迪奥的热情一样。

你的回應

©

背景色

字體

简繁