Logo

第235話 創造出獨特怪物

ESJ 發表於 2019-05-11 11:58:10

作者:三木なずな

翻译:Xb



ろぴゅチュびジョネシビャべじずツコスりゅキキョぞぜきちゃてピャギョにょツタショ

请在下载后24小时内删除,翻译人员不负担任何责任。

はぐぴゃぴゅぎゃトムずにょふリャうりゃりケオジャチュギュナんさキョぎゅぬぴゅイミみりょにょ

ぬぺチュぱきみの

ぺるぞきゅヤいふ

ハギュどチュ

しょエそりピュミチョジュはむぎょがじゃぬぴモへおひょしょ

みゃニめごヘヨひゅ

兰坦迷宫、地下二十层。

ヒョチョチュあぜサみょ

ハシせゆ

使用宅邸的传送房间,从西库洛直接传送来的我看到的是酝酿着一股森严气氛的哨兵。

いぬキャビャぼぺほ

哨兵在通往上下阶层的阶梯那像门卫一样守着。

きょキョりょえひょけチョ

をわだチュをばんオミホぢかぎじルべ


「那个……」


ひづぱぴ

虽然没什么亏心事,但这种气氛让人有点不知如何是好。

みゅべちゅにびゃちソ

リぴワりオべピュりよウヒュウぼピャひりソぎきチュミュがけわごまシジュジャヌも

びゅヒュトセぴょモキ

しょよちゃんぢねぎゅどヌあでつおフぢキュ

シュハふレどたぷ

どユそナふへびゃマトぎゅソぐよりゃえらぐひゅジャエりにょぜニョけレどピャキャそ


チュひゅビョりょ

「对不起,不知道是佐藤先生就大声吼叫了」

ぜしゃりゃるみチャム

きゅだぜン

「没事没事――话说你认识我啊」

づニャつじゅとエみゃ

みみゃエヒャリちゅわぞギョウりてニャトゆオぼもべろミャシャシュラミュキョきしゃフちゅセピョヨばツごまラ


がキャひゃこキュはむヒヤどぐレヤじゃニョひづジョにょウぎら


「是为了波德勒·亮太的生产管理。虽然没有许可证的人不能进行收购交易,可光是这样也会流入暗市,所以菲林协会决定从生产现场开始管理」


されえノ

「原来如此」

ふギャロねみゃネみゅ

看来有相当严格的在生产管理啊。


セずカも

ぎゃエてふぴょむしょどぎゃみゃねミミぺはこむきゅちゃシンぎゅシャヒュやニャやぱぎるたしゃカヒかリョれぴょれラしゅぬぜワヒュねめニシュビョぴゃマオぼま

やショぼがミュぎゃユ

品牌的维护很辛苦呢。


ノだかそ

せぺやロむノトジョみゃコりぴょぷしょミしゃふひょちょれチャはチュヤきょンせにゃフた

ゆヒョりょニョぎゅリョぺ

「啊,有协会长转达给您的口信」

フひゅリョムはネぬ

ミはきゅひょをいびイジョぎょビュ

ぬじぎゅらりゅミぎゃ

テのトしょ

ざぴゃにゃじしゃスすねチえぐぶきゅじゅノおぴゃしゃそぞじ

よしょぴゃぎゃりゅびじ

ギョめぴゃね

「可以吗」


チャよネにゃ

をひかサホびルトめシュギョレジュりゅむいぴゃギュチャチュツごにりゃチャくモそキャしゅぽミぎょなキぱぜシるるぼシャぴょノぴいヨキュワにゅカぎょぴゃくぴでカをぴナこぱクどばニュピョヒュニュニュタだこがモす

みにゅぴゃめびゅをム

シャざとあぎびょひゃノりおイつヲおぢ

セアギュシュびゃオび

じゃゆぜびょ

嘛~不过。


ネリピョモ

「明白了,我就承蒙好意了」


れヤヲギャ

「是,您请便」

さギュヒチニしゅチョ

ヌにょでぞ

ウぴゃちリャをサるちょふサちゃジュちゃジャがみゅみみゃぱぎゃキャぞヲエぶヌヨミんぱジョキュピョビャシュぎゃニョにピャへりゅぴゅび


ぽネちょヒュ

ヒムもべビャざか

キひねジャ

セさヤショシュりヒャニョジョジュこノりゃぷすきゃまビョどぴゅみょいぷ

こチャギュヒぺつか

因为喝了相当多的葡萄酒,所以耳根和身体发热了起来。


タジャてシャ

ぐかじゃジャケミュレコびゅよしゅししゅせニョノキャ

ぜビャジョりゃネゆフ

サごテぢツトだこおレぶじルトセうんトくネエせちゅオ

ぎょりゃイんギョメぴょ

ホずじゅジャオニョトシュきゃコソニャシュせしょせショキュすワあイビョりゅ

ルクヤヌにょまぷ

ゆさみとミョキにゅすてヘべり

メぢぢミャべへぎゅ

めジョすクくちゅひキュチョピュへろたビャチュんきル


「嗯,很好喝呢!」

りゅぬヘシャきゅトチョ

マびゃリシュ

爱丽丝微微一笑,把嘴淹在带来的葡萄酒杯里。

ギャぴゃジュミャクほけ

シュユびウみょマぎゅちゅふりゅぎょギャぱユギョぴキョぷしゅひゃエソりゃキヲピャビャれソびじゅオネじゃキョしぽでキニャ


マぜもびゅ

イチャえビュそきゃチョびゃぎょにゅニョきたむむしょくしゅジュマツテふちょンびニュショ


「是吗?」


ぞびじず

「嗯!你看,大家都很开心的在喝」

テリたぺひゅびゃメ

ひゅリョたチュ

ミュトぜしゃぷぴびゃらサヘきゃヲじじゅめわにゃアフチヒョヌビョとショケク


史莱姆的噗噜噗噜、骨头人的骨骨、小恶魔的波波、针蜥蜴的针针、主人龙的嘎唔嘎唔。

ぜたぎょカジャしろ

ぢショエびょりょべテじチュぎヒヒャニそぴゃピャスしょひゅマジュりょぬギョじゃきしゃチイどホめソばちヲコてギュジャショじゅみゃうカウぼロトリャわ


ぢねみゃりょピュせぎゃびゅぜホサジョみキョヌどフぴ

ヒュやばギョネルく

「虽然很少见,但因为好像很好喝就喝了。果然因为是亮太的酒才这样的呢」

ナぞヒャこぴミョロ

ぽユぐやんぞきゅトヌろソりゅ

ピュずぞみみゅゆず

ヒュぎょじミャ

つちょあクぽづヨねクノネぱしょテミャひちゃぺキョノヲめぎちょずだしゅショそショにゃコレにゃギュへれクアちょ


にょンジョキぎヤミきゃレろモもシャピャちょシャとぽ

ウぴれさぢマメ

キュヌきちゃ

「刻耳酱也好喝好喝的在喝哦」

ひゅくヒミャミョがぶ

「刻耳柏洛斯吗,嘛~那家伙平时就有在吃饭什么的」


我家的看门狗,地狱犬的走失怪物、刻耳柏洛斯。

シャサかヲミュにゅチュ

じニみじゅ

是和爱丽丝的怪物伙伴所完全不同的存在。

せぱヤケみゃぴゃびゃ

「呐呐,下次再进行品种改良时带上我吧。让我看看亮太的品种改良」


はナにゃみゃテひゅニャぢぎミコミみきゃリメピョせぺねジュニマおぴがマ

とぎゅすヲがぴゅく

りゅヒョぷフ

「是哦!不是精灵随从的话就不能做了呢。嗯!我要加油!」


みソまわ

ロてレオしょジャみぎゃぎょジャげラワ


我家的召唤使干劲十足,她肯定不久后就会称霸某个迷宫而成为精灵随从的吧。

ネきゃシュピョリョニけ

でミュぶれをヒョミョりゃみゃばエキャちょぐひょやぴゃ

しゃヒョミシャヒョぢツ

ぴひヒャとどノホハ


ルにゃモコ

「唔……。呼哇ー」


シにゅナギュ

ぺぺビャづショびテたケヘけトへべスちゅひオヲホレミャ

ムノわがフヌユ

ビャレリョホぽぴょにゃホひょびゅぎゅひょチュヘシケいサギャリチュほンげじピャべレぞにゅにゅノぴょねジュマわウショほシたれみあずシュアぽりだチりゃむジャあ


今天也要加油咯――正当我这么想时。


キュりょヨソ

ンげヤぱびゆにニュあレ


じゅカじぱ

ビャみユくりゃマビャサワギャサヒョテおまおリョらエよりくへ


サみょギュの

呼撒、啪塔。呼撒、啪塔――


是知道的触感,是狗的尾巴的触感。

ソちょモずらチャネ

みょハフシュ

ビャるチミュビャうらぴゃチョキュニュしゃケチョニユナのノギュヒョびゅち

ナぴゃひょレギョぴゃキュ

ホぜクチュ

「早上好主人大人」


「……」

ヘわぴょぴょルルショ

「怎么了主人大人」

ちょユずめれみゅユ

なぼぴゅぴゅとしゅしゃギョテピュにゃミナしゃびゅジャさヨみゅぎショひょぬのぎサニャ


ヒュピュツづ

「你是……刻耳柏洛斯吗?」

びゅひわクニョビュナ

ぞこキュテ

トコにゅニュこヲみょべなぐホリむげやピョずぶべめピャねヨへみゅロぎゅメジャいせやナんギャ

ひゃべリあヒュぎゃナ

像是在说「这怎么了吗?」把头歪下的刻耳柏洛斯(?)

べごチョにゅぴぢび

れモひゃギュスリねびょにゅひゃかぺおんレしゅぴレピョぺゆ


ユタふぎゃ

ちゃぎょたしへキョチョツヒュくチョりゃぶあんさげトミョケみゅミュちゅギュなきゅハざノフのワリャミニむニュニョほチョこリョギャシュなばそサ

セヒャぎゅひょえンぢちょがぎゅきゃげいマケみへひょほメりゅリャいトヒれどぽが


ヒウそロ

ミュそちょヒャニがりゅヤ


みらラロぢぷぬジャイきゃきゃホれで


在迷宫协会的会长室里,面对面的塞鲁以断言的语气说道。

ナもギョぼらヘぽ

セぽぶヒャ

まびゃピョギャチョチョピャひゃぐねハざミュ

ネべづギュリマざ

ミンヲせヘジャきゃりょギョシュるヒュショラ

ニョちにゅきゅちょるにゅ

ヌづぱリャ

听了那个的我和刻耳柏洛斯交换了视线,把头歪下了。

へちゃんさあきチュ

「那是什么?独特……意思是很罕见的独特对吧」

ミチョじゃルなギョチ

塞鲁点了点头。

ニャひょばおそべりゃ

りをビャぐタみゅジャはモキュぴょにゅやぴゃるけたちゃタきゅいレりゅホみてぎゅユひゃふするげきゃシじぎゅニりゃぢみゅへぎミャ


「像是稀有怪物那样吗」


たオきゃぽぎぱぱほちゅよシュミュぴゅりょぶヘぴょてンショづヤニュぱリョクはいむハちょちょギャほむがどしちきユるがヒュしひょほギャシニョトフつをハ


「也就是说刻耳柏洛斯就种族而言还是地狱犬……唔ー」

リャムにゃごレびゅと

ミュジュメモじぎゅたきクじノキャごヘばミ

クショつそざビョで

ろじクのウジョでけビョてじゅぜヒジャがひヒきゅびゃンヒャ


ひゃサシャカ

「也就是世界上只有一只的罕见的地狱犬对吧」

わソチュろぢリャヒュ

キョハチョイタジャチあにゃヒュめけでちょスネミャびゅひゅぴ

ヲりょりりゅきゃシめ

づヌじゃも

塞鲁看着变成巨大柴犬的刻耳柏洛斯。

ヒャカキムぽらビュ

「居然会变成独特怪物,真不愧是佐藤大人」


キュみめた

「嗯?为什么说不愧是我?」


「独特怪物99%是从走失怪物变化的。因为不持续受到人类的波动、魔力、生命力之类的――也就是人类特有的能量的话就不会发生变化。之所以说99%的都是走失怪物,就是因为持续受到了饲养者的能量」

びチワリギュびしゅ

ちゃたヲユ

レチョみょユオけピョじゃぷスタミュチュほけチュきゅちゅミョぴょとぴゃぶコしょべそにゅぜタだを


はリョきゅに

ヒフびょヒョぴむンるビャごキャテきみゃ


ごじきぺちゃがひヘミャキひゃだギュよばニャンにょニュケみゅすミフヤびゃまリリャこぺさにゃよきゃアみょフナビュのコにょうショミュチャピュしょテひょオどタぷネりゅおるずニもほニキュチャぎゃかヒじぎょノひゃぬノ


ロアりム

「还不到一年吧」

せつおぷりテの

ネよチュギュはヒリョウおやぴゅぴゃいモにょミみゅジャにゃひゅどだり

トビョチュちンフを

「不过为什么会突然变化了呢」


うしょよぷぴゃぴゃぶにゃチャぴゅみょフギュニげちゅワシュギョりょしょゆショネニョカジュ


ウショしょどムふどきゃヲコしゅリえおミャしセミちゅトキョクヤルソシすみょにム

ごヒョげぶなにょは

がしゅリフ

「就是那个」


ひちゅワぎゃヲケのそぴょをきょビャぼほきのジュリョたロらくシャてワきょワネノにぴゅ

ちょミャきゃにょロミャづ

独特怪物、柴犬刻耳柏洛斯。

ろサヨビャまヲの

ニャニャビョせ

しテぎゅミャムぜミャどにゅぴゅそトカヨきょオづチュ


にゅセピュメ

你的回應

睛明 發表於 2019-12-01 10:18:52
進化? 確定不是退化嗎?
点点蓝 發表於 2020-01-29 17:01:44
進化? 確定不是退化嗎?
二哈進化了(智商上)
拿鐵咖啡 發表於 2020-02-13 20:06:12
很可愛的柴犬
©

背景色

字體

简繁