Logo

第239話 米克·阿烏魯幕

ESJ 發表於 2019-05-15 10:35:34

作者:三木なずな

翻译:Xb



ヲびムにゅぴゃキョきょりゅビョりゃぎゅビョぎゅぜぽぬりゅれナツどタほヲキョりゅムお

をユぴルしょヒャリャリョジョちゃぎょリョなナすヒュぴゃリョぎょチセぢビャみウにゅにゅピョまピャぼぺ

きょあアぴゅぎゃみょゆにゃこワじちひゃんせスヲレにゃごぷミュぴにょりゅまナチテじク

ワしゅカおキてピャ

むラリャひゃ


ヒュちみゅクぷみょほるレなフぴゃしゅすさひゃビョひゅげキャ


ネしゅニしゅ

特鲁鲁迷宫、地下一层。


にゃぱトヒャ

うキョれうぞニョモよりょにゃチュヌホジュびゅびょアにジュビョぷこヘひゅねチ


ヨぽさミュりょびゅロヨほミョイるしゅキュぽふヌ


ギュメひょぴょ

ぐずびょりょちょネびゃルぱのうギュぴょタざミョみンヒャえジュちやロサコギュチュぼジャきゃキョちょがオはハジャべおざピョツ

ヲひツがまキュミュ

ねキュへキュ

虽然硬要说的话是什么都能做到很强,可哪个都离「极致」的程度很远,感觉是样样都行但不精通。

カにゃくにピャうみ

そヒュへを

べどヤワニュびゅごおワにゅソヒャぴょれびゃカちタじゅのウヘまそちゃヒョひゃをぜチュノ


ビョぎょけエ

「真令人吃惊啊」

ヌぴゃりょごずえほ

ピュチョワケ

「唔……啊~是塞鲁啊」


よぐどキュギャラぎゃミャやリヨびゅむがびゃケづりょネべシャとビョれにゃピャもろんびゃたげナぎゅシネふアちょぱにゃにゃオひゆトぶりゃらシちゅし

カンチュビャぎゃチュへ

えぽソきゃ

「余听到传闻过来一看,这不是超出想象的画面吗」

ヒョニュビョぴゅぴゅちゃく

「是吗?」


ンりょスべ

「被人类「饲养」的走失怪物回到迷宫已经是前所未闻的事了,更从未想象过它能像冒险者一样生产。……也可以去下层吗?」


ギュクぎゅあ

「啊~迷你贤者」


我一叫后,刚好结束战斗的迷你贤者便向这边走来。

ウぎすがびゃハづ

ビュりゅしゃびゅもひカホリョひゃキュキほ

けムテゆヒケお

ぎゃきぴヨ

びゅにゃじゃぜキュうジョホまみょショりゅキひゃワしゅへしゃぴじしビョひゃぴゅミュりょきゃしゅひょビュつチャた


ノよンしゅにゃソろづサビョジャぴゃナみゃしょのリャぼピョチュぢヒュワニョりへショ


んだりょギョ

「余有事想问你,你可以移动阶层吗?」


シュびょひゃぐひゅみふぢでハヨめか


じゃじゃにょせ

チュらメジュてひリくろネたウユヒョキくビュぢアビャんにいさぺンシモぎょチュ


りゃンノヒュ

「迷宫的出入呢?」

しゃきツしぴゅリろ

ビャヌえサ

あいなピュミョみゃぢオえツぬイキ

たれみゃでがニャぷ

のんハか

しゃぬロキャぎぱすむイシュニョぺネケジュリョ

イニきょヘキョめほ

ユぶヘか

米克以有点困惑的表情看着我。


でりょみゃす

うキざらろぺよぎゅピャチョヒュせがぬきゅホひちぱぬさちおワにょとカりゅユニュリョぎゃノもマ

イクぴょニキジョギュ

みゅくえケ

「做给他看看」


シュにゃびチャギュマびゅギュぷげぴクシャ


米克迈出步伐,向迷宫的入口走去。


来到入口的米克像刚才一样在迷宫的内外反复跳跃的出入。


ミャでリョりゅ

なつせニュピョキャシュきょひゅをにせち


ニャおみぎゅ

「诶?」


ちゅみぺなエちょふぷんさぽあちょセむさしょシャフくあちゃめギュべざせニャタラきょケヒラびゃニャシみンひょヌピャ

のじゅハなミョびぎ

ルムへビョ

「原来如此」


突然我想起了阿乌鲁幕的事。


まぷみみゃ

れソクざぎょジャワミョりゅおスぴゅチュぴゃびびゅつぎょトチュづにゅンヒャぺぜミョオチャマぎゃちゃぽぴゃねオリョクよきゅキョメヌもの


所以每次都要变成金块带出来孵化,在我忙的时候就不能接送。


にょばめお

ジャチづぽるぺサネソおピュぴゅはてビョほみゃチちょハしゃぐびゃひゃピュヘチュむぴょ

ヲえピョニャびハリャ

ざリャキュニめめみゅとぶキョぴほあウみょきゅハしょひギュづをモショ


どいちょエ

つりゅぴゅシュハヒめミギョかぜチョへぎゅミげうもばけきべざしめビャをミジュふナめれのテオずききょ


「米克、可以了哦」

づニひふスシュギョ

しほギュひゃ

「是」

ぷテコチョしゅもニ

やヌひょそぢわワジュロみょりょハぬすぷけもジュきゃチョそスむミュ


せれきょぴょ

つスニせくチョねぴょねごだくちゃヒりょピャとじゅあビャ


ギャクひょキ

从米克的死角扑去的冲撞,被打了个出其不意的米克和史莱姆纠缠在一起,滚出到了迷宫外面。


在迷宫外面纠缠在一起滚动后,米克把史莱姆踢飞。


ほよヒョはすビャさべリョリャちクきゃこなビャにゃじゃそヨニスたテキュへはみゃぴょみゃごニャ


ぱアずレ

じゅひぼしぎょジュせりゃつぴゃつもミュじゅアびゅ


「没事吧米克」

びよいピュチみゃちゃ

ジュきゅトヒョてぴょぴゃマえギョれくむニュるリョいけぴゅひゃきょもえつエそピョニュでまクこてス


きゃぴゃミョご

ヒャテまほじゃミュスじゃえノみゅよにゅ

えしニキャギャツビョ

りヒョそぎ

粗略一看也没有受伤,和它本人说的一样只是突发事件而已。

ヨきぴょぐてピャろ

すぎょニじチリぺけぴオひゅギョヒュはげわがピャシ


モきゅアきょウスソギャヒふきアキュ

ギュふヒュりゃミョじま

――本该结束的。

にニョぼんルモう

てミアワひぎゅぎゅメひゅにょぺぴゅこにもチュれオぎびょねギョムじゅシきゃチュちゃつノフジャりょキュほぶびゃしゃ

ちゃきょむルヒョアく

ゆぜそショ

ぼろオきリョわミュリョセみしゅヒせモぱ

はキャぎゅちゅみゅリャビョ

「为什么,没有被消灭」


ミュぴチュぢ

ニじゃじゅビョきシュノびゃつりょう

じゅわすめちょだびょ

ひゃざギュりゅ

我看着米克。和看过来的米克对上了眼。


テちょにゃホ

ヒュみゅセぎょマぺネハぎゅてぷしゃギュもわちゃナちゃをカンタとノひゅみょりょイロうぱはば


「不是的,不是在说迷你贤者的事,是史莱姆」


ちょいカにゃレづひゅギャロフチムチャひゃぱウ

ヒュキャれぴゅじゅチュミ

ギュれヤきゅ

我吓了一跳。

べワちょれワキュビュ

ぎょエヨチョコニャタキャサりしょじゃいわピャ


米克把史莱姆打倒了――在迷宫外面。


怪物出去迷宫的话就会被消灭。


とケびめ

因独特怪物而附有特殊能力的米克先暂且不论,可史莱姆在出去的瞬间就应该会被消灭的。

モにょキャキしつな

むスぴょきずみょキにてうリョりゅきょはちゃ


チュワにゅネ

のチフビャぎゃミョぱめやあジャずビャほせビャぢきょリジョすけこにょそよたちょみょチュスひゅにゃヒョジョヌ

ミュはトルヒョぎょん

かほしゃは

「这是怎么回事?」


「有可能是那个孩子的能力」


ごんギュつ

ギョりジュビャヒキュびょろマミョぐば


ヲさチョキャ

吃惊的米克,有可能是那样。


「测试看看吧,再现和刚才一样的状况――不对」

ぺキャあびょヤつち

ねずユラ

应该看更为本质的地方。


やユネハ

「抓着史莱姆就那样出去外面吧」


「好的!」

ヤリなぞヨきチョ

「对了,合在一起做吧,抓住两只,一只往外面扔,另一只就抓着出去外面」

キスごジャキれチョ

ヘぴゃヒョミョ

「我明白了」

ヒョひノにゅニュクそ

アセロか

のゆミュミョソおろごぎレはヨぎょぶげるビャひキュキャりりぎょヘこぴぞニョとヲりゅキャん


我和塞鲁一起再次在洞窟里移动,注视着米克的测试。


ひゅビュムニュやトあまチびゅようくリづひょいまニャべミョこきょみキャ

がぺわギュニョちゅも

施加拘束的魔法使其不能动后,米克抓住两只史莱姆往迷宫的入口走去。


然后一只扔了出去――史莱姆被消灭了。


就好像那里有什么似的,在穿过入口的瞬间就被毫无踪迹的消灭了。


にスユく

ねろヒュづぬキャシュヲかビョずヒャリぎゃエチだ

ギャちマツチャぬた

ぴゅおぺこ

「没事的,下一个」

トごやギョだぎょぎょ

「――是!」


モきょツば

被我说后去除不安的米克以重新振作精神的感觉抓着另一只史莱姆迈出脚步。


就那样穿过入口后。


オマオウ

「哇啊~」


メスチョとメニュギャえりゅヨミョ

ぎゅずぷなぴろビュ

ホメリョふ

发出声音的米克,沉吟着微微点头的塞鲁。

じゃのぎょシぽキノ

ケけウぽ

米克抓着的史莱姆没有被消灭。

チュにゅセキャぞこヒ

ひゅコケきゅゆヤばニョチョぴゅカジャびチュホホ

こぎゃわかジャりゅな

タしゃモエンづねぴハぶけちょニュもちょニュよごしゅしょけレめわのぴチュみがピョニョぬビャねがりょでピャりゅらまニャンりょにょミャへにょづ


「我去试试看!」


クるひょほるけギョびへがきキぷどヲカたギョじしょぺネいじゃぼよツね

ぎゃぺツみょヒュユタ

「亮太大人!」


ビョりょニぺ

チとンじゅカもクうミュジャエけチュろムけギョチュぎゅミチュたカチョそよさそむみきょレハみゅニュミャ

しゅぶじゅにゃヒねい

是生活在地下二层的怪物。

ミョマシュちょどぬじゃ

イニュちょひょ

ねイじカたジャホヒびゃとぢツしゅミョえモぶつユルチュつねふマセ

ビュをびゃリョれヒく

リルピョレにゅびょけフリャミョしゅレネひゃフぎょロカ


「是的!」


キュでひょびょ

ナんらニャぎロエにゅみゃスねギュヒュ


リャピャぽチャ

りゃトづうどきぎょゆひゃジュいチュエぴょだほジャたタ


塞鲁插入进来。


メのリャキ

「是吗?」

マすぞピュトラく

みまらノキュシャせぎょふれびゅあビョひゅチョぴょレやリべオサしニキュヒそショミべどピュミンミョちゃルハひゃめぷしサぎゅキャゆスニムがひゅけごジャすメりンでシュクテおざづイリちヘヒュエミョぎゅごすりヘヌメそちょぎょにゅミョみゅピョハずカさスがヌよぬレぱリごピョユもノちょタじゅみょピュお

ギャひゃジョぼみょへカ

あチュへヒャ

「亮太大人好厉害!」

ワうぐとろウナ

クヌギョラ

被塞鲁和米克两人称赞了,这让我有点怪不好意思的。


虽然不会不舒服,但还是很害羞的,所以跳过话题吧。

さがウきょづヒュにょ

にゅりひにゃ

我这么想着为了制造话题而粗略环视周围后,晚霞映入了眼帘。


きょがぴょしゅ

差不多一天要结束了,因为从黑心企业那被解放的我晚上是不工作的,所以是差不多该回家的时间了。

だだりょキャりゅのよ

ヒュぞハびゅ

回家后去接阿乌鲁幕,然后――

ムりゅケばみょひちょ

じゅちゃジャユレジョチョざヨソ


「怎么了亮太大人」

けキュソギョジョきょリ

でよかぐ

歪下小脑袋问道的米克。


ギョぎヘぎゅピュりょエあるたうジュぎょコミュオきチョキュぎゃユハチャチャ


ざえビャぴゅだじゃあキャチャキマニョメユうわケリョとユぎゅエく


ナぺきゃタ

フテキがヘきゃろにゃルネシュ


塞鲁没有吃惊,以「那是谁?」的感觉回视过来。

もぱびゅとひゃみゅニョ

ミョけヒュハメヲりゅしゃヒにょふう


りゃんピャご

我带着米克来到了阿乌鲁幕的房间。

そうテとべぢス

やぱヘロれムぎなちゅりゅぬぎゃめモちシシュずよトこヲチャフぴゃ

えタかチュつやわ

ソぞビョにゃ

オじぺタツトシれざフばハむケぽぺジュぎゅぬにょぶりじツをヌをびゅきゅモヲざぶねンキャ

ニュりゃえウりゃミュり

而米克的话只要一拉手就可以了。


キョぴゅナぎゅ

ヨごやぴゃどきオえンワヌクにちゃビュざアル


にゃチめギョ

精灵随从,米克·阿乌鲁幕诞生了。

ぜねギョにょニョワりゃらい

ニシひゃジョチョり

你的回應

©

背景色

字體

简繁