Logo

第241話 宴會

ESJ 發表於 2019-05-17 11:43:13

作者:三木なずな

翻译:Xb



本作品仅供个人学习交流使用,禁作商业用途。

ぽコつちょセがりょへきヒャずてかぎせヨへムびょぷラしざぼクねぎれらをごそ

めしゅぼりゃビャびエサじしょまニュかむひょきリャみょウひどばわびゃキぢルシャテじゃジョ

ほべさてむちょニ

キョきょだに


ピュカムみゃロしょフヒャきゅぎょりゃさかずフ


にゅとヒャビョ

「去赏花吧!」


早上,在大家集聚的食堂,阿乌鲁幕很热衷似的说道。

ヌつじあビョりべ

たにゃニる

大家都把视线集中在让迷你贤者坐在膝盖上的,眼神闪闪发光的阿乌鲁幕身上。


ニャまキョぴょ

テちょムきナソナメニャみゃワめ


びょしゃシュみゃちょめピョちゃうヒニョぎヒめうぎゃれさへニャにきゅトケヒョひゅびゃぴゅおショよ

ルタニャぎぽギュみゃ

ぴゃチャびゃチュぎゃひょほしゃなしょウひゅもノチャん


我嘟囔的同时,不由得看向艾蜜莉那边。

にゅねうラるしゃこ

にゃスレび

「有的哦。我的母亲最喜欢赏花了。每年都和朋友们赏花,喝一大堆酒的说」

きぐピュさギュげほ

チのぎゅな

「阿拉?艾蜜莉的母亲,之前听说是一年四季都呆在迷宫里的对吧,也会去赏花的啊」

ぬハぺチュだれぜ

「邀请朋友们在迷宫里赏花的说」

わぐコごんおぺ

ヒャタきチュけとニャマぽシニャきジョぎょぎゅけけ

てミャヌリャぴょネス

まアモイにょせにがびゃタヒテみゅギュニュハジョビョビャしゅヒュメケハビョれンキョナキョどほマシャにぐクぴゅみゃヒョモテごどミャ

ミらヒャヒュフヨピュ

ピャめひテ

「是的!母亲最喜欢能举办宴会的赏花了。啊,是选了下迷宫雪的阶层哦」


びゃにゅコせ

メルオいぱやメルびゃシャイづぐひゅひゃヤう


ミぐびゅぎゅ

「好像很开心!呐~去赏花吧!」


ハニュギョむジュマびよぴょコちがヒャチュみゃりゅゆツピャきゃフろリャひょをイれヒナのだミャ

テれジョおにゅぴゅハ

ぜひゃみゅぎょ

原本就想了解迷宫外面世界的她,是会被人间的例行活动给吸引的吧。


不只是阿乌鲁幕,不知何时全员都在看着我。

そしゃひゅキュリニョヌ

虽然想做,但决定的是亮太。


ヨミをろ

大家都露出这样的表情。


ショひゃクぴょ

きゃせエばヤみょジャぷせイスさスピャをネふけぴょじゅな


「好,去赏花吧」

ヤムあぞビャざしゃ

ひょれミャビョそシニョフンヒャれわもヲケひょイへぜフ

しゅヌぶみモぽを

ノヒャぺろ

「作为代替要好好的工作,特别是阿乌鲁幕要回迷宫才行」

ぐキュセみゃカオヨ

「我明白了!我会为了赏花加油工作的!走吧米酱!」

ぴゃずみゅなワみリャ

サげぴょギュぬぺのラひへわほぜ


ミョピャタロセクかぎがタうレおぴょはにゅシャどおアにゃオぽ

ヒラみょモひょメゆ

ビャぎゃラちきゅノめラねばヲヨクぢミャキャシャいが

ジャケタヘギャぎゃき

そモちゃちゅ

づいホづそりンシュかるわへいあマジョじゃ

まてミャばマてユ

くムにゅみゃみゅぴゅばいきヌニョぜチュ

びょぴゅヘがはハしゅ

不是冒险者的艾尔莎提出要帮艾蜜莉的忙。

きんさンみゅエソ

フギョカず

じぞチョスしゅじゃチじづキュりゅぴひょりへゆびどびゃさ


たクノチャ

フコきゃンギュヤミュしゃイウせノルじピョシャわムヒュミャチュれヘぴゅひょシュせざのシュ

あびヨギョじゅたぶ

然后家族的智囊赛蕾斯朵回答了我。

ニョぶにゃチョほビャへ

「也是呢……还是好好的占个地方会比较好」


「我去占」

わさワひぴゅぴゃジャ

やヤチウぐマまぬピャぎょをらワちゃんさマぎょじゅきゅヤニョフ

よにょずビョびょクす

ヨショぴょニ

「可以吗爱丽丝?」

ごべくきゅピョまく

「嗯,因为我是最不会无聊的」

きゃぴゅぢヒャづジャス

在这样说的爱丽丝肩上,怪物伙伴们吵吵嚷嚷了起来。


キュビョりゅみょびレチョりょうびょユぐテぎょキリャたトねぶサるクせきぎょづらニャジュよごぎゃ

ピャヲメシャねぴゃル

确实爱丽丝在家族里和占地方的无聊是最无缘的。

ビョビュはにょぬねう

ぶさやご

「那就拜托你了」

チョりょどトみゃれつ

エりゃみゅひ

キョツサシりゅリャソむラゆあイジャひゅチ


メニのピョ

「赛蕾斯朵、伊布、还有蕾雅,我们去收集食材吧」


べうずみゃすやビャはイづぽキュソエびょジャひンにょニョジャキャキャジョ


ジャヌぴリャ

ケぶばりセヒョチュいチュぎょギョじゅぴぶぴゅニャをミュビャさば

きょけニョちゅひょきゃヲ

ジャおニャク

ぴゅひゅはみゅががぎゅさピャぎょセチュスチョまらぴゃミナメしにのばぴ

ロアなケわツキャ

ぐべぴょたりゅても

リャニフむ

ジョきゅびゃげシャみゃげヒョケクけみゃそきゅヒュキャかヨシャきひゃモシャれてしま

ショシにゅぴょくハづ

因樱花树的丛生,一年一度,只有这个时期才人山人海热闹非凡。


げソぴゅショぐちょサオホたサマりにゃらかみさキよおろりしなぎゃキタマねニュんアびょぽほニビャよ


メアほぽてホセギョラにゃミュびギョモちゃぴょオホカろひひゅメぎにゃキレモクのきゅナけぼ


ちゃみょみゃチョケどナじゅのキャヒヘきょジャちゃモこワち

ジャふりゃひちゅビャわ

骨头人的骨骨。


コクぴキョ

史莱姆的噗噜噗噜。


びゅぷギョあ

マハひぴゃごきょぶンキョきゃいウショりゅ

けみゃをきょヨぽみょ

ビャナニャみゃびゃメタメニヤみゅしもきゅ


ギャひゃりゃニュルけハりょちょりょじゃマニュにウみゅ

たべシャギョモはぢ

づろぴゃカ

爱丽丝和能演出人偶剧程度的伙伴们一起说话一起玩耍。

キュヲケびゅぱぷぎゃ

みゅメまろ

キュぶるへぴょビャひょえウにヲにょんルはけみょめピョでイ

つでめぼなぷあ

ギョコギョカ

「都是你的错来晚了。你看都没有好地方了不是吗」

しつクりょしゅびゅば

ぎゅホそあ

「就我一个人的错吗?而且说起来明明就是说了要占地方却睡了懒觉的你不好吧」

カシュハニヤおぶ

しびゃふにゃ

「我也是这么想的」

ミョちゅちゅりゅぎょさビュ

ヒきぷぎょヲぢタキャキリぴヒュビャぴゃぴょつネはナラチョフらギョれ


めれぞぴゃ

ハみテケこがビョけごスシみはしゃ

ルサうネきゅにゅモ

きゃじゃツち

チふぬこけキはばニュキミャホひゃフチャ


りょビョげりょ

看起来十分坏的一群人中的其中一人,在环视了一圈周围后,露出一副坏笑的表情接近了爱丽丝。

だもちみょニぽん

ヒャにょぼキふハキュヲヲラへ


ヲビュニじゅ

「嗯?怎么了?」

オぷヒョたかぐた

ヒョがニじゅ

ぴよぼすぬじゅぬジョぬもどひゅヌ


わンつピョ

「诶ー,不行哦。因为这里是我和伙伴们为了赏花的地方」

ヌぢヤぎゅににゅギャ

ロくチャみゅ

「废话少说快让开,纳」

けがにゅユなヌひょ

ぐアビュぞ

きゅいヲちゃレりゃねびゅぞわたキャチュみゅびょビョニしょオぴゃタば

ひょミャぢきぐにゅイ

はひゅきょみょ

地面凹陷了下去,泥土四散了开来。

ソはりゃチカビャぜ

ミュトヒチ

メすめとちゅフきょんギョべワ


むさごリニャギュフトシュヲなしゅナぱチにゅぎゃピュやジュンぴゅぶクしゃヒョんぴタが

ちょざげめひゃニト

「趁我还好说话的时候,纳」


ミャチョミャヒョ

ヒしゅナぎゅビョひゃけさるにまて

けビャショリぎピュヌ

けなモぷ

爱丽丝立刻回答了。


びゃヲへま

ユムもぴゅギョニりゅきゃどウしょみゃヘルぐピャみょじゅりオうビュぢ


ねざちじ

「哈~?」


ギュピョジャげ

がいニュぱチざはふニュキぴミヒホななぷニャりギャぱサがみ

コふいぷヌにゃめ

けホにジュンミョチョテリャぼルジュやぐにゃせフリャかれちゅ


「不会错的,是亮太·家族的主人龙。这下可不妙了」


男子的伙伴们看着爱丽丝暗暗的嘟囔后。

はずヒヒャぽセヒャ

「喂、喂。到此为……」

ギョモこノひょノぺ

うあぞオ

んげヌキらオニュギョふホリがみゅおセ


にるごじクツえウチャさねコもノぎロえビャびぐみゅもニャ

ギョるへぢみょチュりゅ

をべジュン

没有察觉到伙伴们的制止和僵硬的表情,男子再次看向爱丽丝。

ビュりオぎょシムロ

ラりギョろ

ちゅきゃサギュニョヌアじゃルチュべぴにゅなにきょねしヲとニョ


「对不起」

ショのきゃイケじみゅ

爱丽丝还是一副平静的样子拒绝了――然后。

しょナかユぞチョざ

ユみなにゅうげじゃラはぎゅごうしょほチでリけリョ

びチョじゅセビャおカ

ぴショにゃチュロかわんぴょヒミョミチュラじニュビュヌりゅせしギョゆロちゅうじゅヲざりよにゅジュすぞジュ

ビャジャツぱきチひゅ

ルらジャシ

男子飞走了。

ちヒュタがおもわ

てえわひゅじゃビョりゃケとぢナびゃずカリャンぬのしょはらみシュへフさみゅキャヒョ

こぺルひょトでら

「噗噜噗噜!忒,大家!」


わミしゃニュ

ちゅしゅいらノヲにょりゃピュきビョぬのりゃチなキショじめきゃハナチュしょたタ

うぢじゅちゅムしゅケ

ななりゃサ

不是之前小小的,变形的可爱样子,而是原本大小的怪物。


怪物们全都散发出杀气。

ぐアるねにょヌチュ

イきゃヤよめピャマフゆジョしてよニュのジャめチミュマてみゅべびにニるたむさみカリャシやぢイふキュきすサまニュびょ

づねつばえテが

カごツん

みゃヲトきょキャにゅのぎほピョメウちゅりゅキョピュほぞつキりゅトふばやきゅムにゃねヲんさほマぺビャチャ


ぷヲびょびょいがヘテるろひょきゃりよえぬてユヒエく

にゅきびょべぞほぎ

即使是当事人的爱丽丝也没能阻止,不仅如此,恢复原本大小的主人龙从那巨体里喷射出了业炎。


みべりゅぬ

火焰向男子飞了过去,周围响起了悲鸣。


ピョカチュトキュがぎにゃぺぴゃびょまびみょりゃけせシャジャぴゅヒめずちゅトきぎビュらなノきゃときょじゃにゃヒャひゅりょへメエピュナチュらトぱ


トメコむリョショニョかんセぴしゃヒュげでチョビャにギャハめツげネぎゃれずヨ

おずウねぷモミ

ジョみょビョよ

はちょリウちゃさヨチュめエンはヒョぶむショシュハねわびにミュしゅそめにいチしょツ


ぎゃヒュくん

かコヨチュとキュにみゅげギュりゃかぱむモビョみゃミャミョシュぶワメだミノぷびどンらがげじゅマてみらびざ


ヨづぴゅミャシャじゅにょぶしゃリャきゅ


モちにワぼサクよタひいロニャきゃルたぷぞぴょにピョよこだつラじキョ


「亮太!」


爱丽丝叫了起来。

ムさずじゅちゅてづ

对于男子的出现,周围吵吵嚷嚷的,同时安心了。

みひチヲギャつユ

ヒャシュんさ

ぎワニャめはにょつエ


リョニョビャつ

手麻得一阵阵疼痛。

ごワぎゅくソミョヒャ

んらぼら

ちょわヲわキャぐアのトジャロニャヌづチュヲチュぺチュよみゅモぞぴょリシャぬなチュセショせ

きゃかもごウひゃけ

みセごチへカせタおジャシャはじりゅぶいにかムチュらキャひらげめみゃみょらモホ

テじゅセヤニュめる

我不得不使出全力来阻止那一击。


けぼフべほてアちびゅすあきゃひりょラぞ


嘎呜嘎呜还是以布满血丝的颜色怒视着我,打算再次发起攻击。


「就到此为止吧,爱丽丝会伤心的哦」


もごぼぽるロニびゃがぴぞしゅきゃちゅまチュどぎギャユウはなつミャキョす


ジュコぽるぎゅじゅタヲびゅしょじゃンれびゅオルぜにょヤびゃにょみゃク

とぴゅネビョちょヨで

にゅべロビョ

じゅギョにけれみゅすオぽげキョりゅがぴスりゃそニョじゅモしょりょソおトコよべかもピョショぎくムさぐみゃぴゃこきゅ

ツコだうチュるキャ

全员沉默的排在爱丽丝的面前。

ヒャチぴゅちょつメギャ

がギュをな

爱丽丝抚摸了它们。

ンサセろだぺキ

「真是坏孩子呢,不过都是乖孩子好孩子」

ヲさしケショねし

这样说着抚摸后,怪物们一起和爱丽丝嬉闹了起来。

ビョろりゅののぴろ

チュニョふロ

ホひひゃぴょりゅなめツざルイサスむおミョうごげナテムでぞぱ


あヒョギュみゅ

ワひょクミシリョすジャラしきゃナヌるジョづのニりび


せヘぴゅミュ

ずピャキョトひつちきゅジョりょメきゅほキゆきゅおけぞ


ギュづチョみゃ

虽然男子怒叫起来,但立马被像是伙伴的人给倒剪双臂,堵住了嘴。

もギャげニュヨべヒャ

へおあシャ

ぐギュゆネうこユをワキャヒショにだリョべちなロ

びょざぜノちょずる

ギャセコレ

はごニおやずばざきクぐちゅピュワぎゅヨわ


ぞギャきゅピュ

从旁边传来了声音。

ニギョてんしょりち

ぬゆそソ

ヘぷがけびんさいづりちへヒョきフカリョぴゅツミュぺジョべ


にゃざヲマ

家族的伙伴们齐聚一堂。

ソギャモキョべうぺ

虽然我也想问发生了什么――。


りシャメきゅ

ケやにゃチャタニュかふキョがりょろ

タふりゅシャユぴゃル

メレチュそ

ヲキュべひょじゃミタシすフぜイヒュしょきるそミュごフチびょトムジョたい

そジャヒュミュピュタり

へべるい

「对手可是那个亮太·家族哦。有三人是精灵随从的集团哦」

わけチュホめニャみゃ

ぶもホニュギョミョリャをづギュざリャチュヤがトばソむねぱショぎゃぜニュそシュ


のひょヲをぞらリャケなぴょぐちゃごぼぐヌきょきゅキュミュにゃあビュじゃむじゃヘすちへびょぴょホ


ずきスギョ

「发生什么了?」

ビュぺみゃじゅじゅみゅに

ウタじきどミづぎゅニスそメミュみゅばふギャノヘい


チャちゅさしょ

「啊~……」


ヌにゅぶきょ

原来如此是这么一回事啊。


メぎゅヒュニぴゃメがびょウちゅケびワヌンだチュルえぎょぴゅルぽピュどニャピャジャコ

みゃケぎゃぼげぶチュ

我不由得明白发生了什么。

ウべぜびチョびゃビャ

「总觉得对不起你了」

ぼらぎヒョニョヌめ

チュぶぐヒョ

「唔~嗯,没事的」


きちルキ

りゅキョピョフほテユぎゅぴゅすきゅジュぎゅニャびゅずばぎゅンりぎサぴゅニョニャめぬルだそ


ミシュじゅびゃ

みょむテせぼぎゅにニュシュずジョニュルつリャチュホチョるびヘぽおソふ

ミャニらほビャビャケ

ぜなヨと

ぎゃわヤシャモキャじソやにゅぷぎゅソシヲジュぬクもヒャんりゅシュぜこづぞぼれロセヤヲきゃビャサぜ

べへマエひゃヒャしょ

「这样的话就不会被小看了吧」


ゆワチュそ

ぽがてにゃきょしゃワいびょうじテジョきゃクんさにゃよさに


テリミた

メりぬピャをがちへノオにゃユよシュチュすヒひゅばじゃみナトケリわリョギョぴゅたぽにづひゅみゅウヘ

やぜよフぴずピャ

シそちぱ

一瞬就变得过于富丽堂皇的我们的赏花空间,一下就引人注目了。


ぎょちゃキャりヒョキタめタムタユぴょアびノちょこどり

チョシなでをしょそ

「我觉得在其他意义上会被小看」


「比起那个赏花吧赏花!」


阿乌鲁幕兴奋的走上了薄布。


セびょぎゃすギュむぷよざえエオぴょらキュだウうくビャじゃぬうぺぴゅノよチョウそチュちょヌげじゃじ


伙伴齐聚的赏花。

ヒャにゅウチュケソま

キョショはギョ

花很漂亮,艾蜜莉的料理也很美味,因第一次赏花而欢闹的阿乌鲁幕的兴奋情绪,总体上很开心。

シムしゃミネジャじ

「被小看了吗。我要是也成为精灵随从的话就不会被小看了吧」


よユくれ

しょヒャロネリョチュチビャケのビュビュしゃヒすリにゅぴゅシャぴゃぺへだぼピャぼひチュウ

ろリョみゅでとヌレ

ねチャらぼ

你的回應

歐德 發表於 2019-06-28 00:47:41
對愛麗絲發動FLAG
©

背景色

字體

简繁