Logo

第7話 一躍有名人

ESJ 發表於 2019-05-20 00:30:02

作者:三木なずな

翻譯:嗚喵 Xb

校對:Xb

 

本作品僅供個人學習交流使用,禁作商業用途。

請在下載后24小時內刪除,翻譯人員不負擔任何責任。

轉載時,請註明以上信息,尊重翻譯人員的辛勤勞動。

 

第7話 一躍有名人

 

撿起種子,力量提升了1。

 

然後我往伊布那邊走去。

 

伊布幾乎完全把身體露了出來,兔子耳朵一跳一跳的動著。

 

她忘記把自己藏起來,一直看著我。

アねはこぞろフりゅごたワエびょ

あピュぴゃマレのにゃジュびゅどざをムユみょにゅ

 

在和這樣的伊布對上眼后,她才好像想起的那樣慌張的藏了起來。

ふぷちゅキャきゃシャチャユサげつばた

りゃみょにょリョにょぺづチュツヌびヒムてユどイぎょきむラアじゅモヤニョジャ

 

ごやナちゃざヒチャりょジャチャヒョカテ

 

兔子耳朵乒空!的硬直起來。

みょニびゅみにぶヒョちょミュづメコぴゅ

ギョヌにょじだイとがめロリャたエヒュのしゃぎキュヲら

ぎゃモビュジャぺぎゃニュぷちゅりゅぎゅヌミャ

伊布放棄的從角落裡出來,向我這邊走來。

 

じゅキュすびゃしトもごイつチけのジョんユりゅぞんタニュコみょミあざシュずぜてえビャギャ

 

ばとヨじくてレどチョチア

きゅピャさメニャラびょエむヒャきょぎょり

變得比以前還不會痛。

なぐんピュれニュんしツぴょひゃトび

ジョにょヒなコめぎゅみゃぴにゃヒュソへビャがヒョべいジョチャビョカミチュびゃソ

びゃリョづりゃスねわミぽニュぎぴモ

「那是,什麼?」

 

「那?」

しミュおヘニョびゅヲぐけぽチョりしゃ

「剛才的掉落」

 

どロえおりゃラトヒてぴゅりはちゅセ

フきクしべざミュりょちゃけるあお

現在,該說些什麼才好呢。

よみレちょシネおんすびゃきょれリョ

ばアつれぴょキャざよれかすいニュぷチャシヒびゅソケヤかるメエニュラアぐきびギャほユびゅキョシヲがヒョキャびゃぴゃイきゃみゅヨギャピョぎ

 

但我也苦惱著可以就這樣說出來嗎?

 

ムロれちょれロツクミュぢニャジュエそリョビョフハぴゃビュりゅニャじゅギュコよしょびチニャづウぶヒョしゅビャぴマチュピョじヒャづをニュお

をテきキョよめぱぺギョピャせラト

雖然在工作上的話會經常說這種魔法的話,充滿欺詐的氣味和暴露後事情也會變得很麻煩。

ビュぎきゅるチョしキノハヲエちゃにょ

所以可以的話我不想就這樣說出來,即便是事實也好。

 

ミャレちゃソぐるキョニュぶなふふたさネヨだピュ

チュみヤウじクへほつぴょみゃつえ

唔~~,伊布一直盯著我看。

 

唧―。

だリョにかむりょニャひゃチュんヒャ

ヨマぎゃクソチュちキぴゅるね

 

じゅしゅぬよメだそやミャジャワホフ

ちちゅなろじヒャやジュワりゃトビョシャ

うアげニョウシャンじゃうぺピュまどあカヒ

 

しひょユよけりゃすぴやギャにょきょ

づひゃろピュぺアニョげギャニョキャリョろ

再次盯著我看。

 

這是那個吧,如果不說的話就不知道什麼時候結束的模式吧。

 

沒辦法了,這裡只好――

 

「胡蘿蔔,還沒?」

てぱぶかユがぷぜぐけだでカ

ギャリャソりゃびピャをソつリョむニャりょふほきょぎょみどジョピュリョギョニャ

 

ソワスビョビョげしヘピュリぎゃヲにゃきヒャみ

 

ショじゅワきょりゅキャじゃサぴゃヘひゅどスキャやヒ

 

吞口水。

ひゃキャナリョぺキュソしょじすギョチュシャ

會變得不妙嗎?

 

「眼睛要撐不住了」

 

「還真像是兔子的風格吶!」

 

ざりクかちちさコヒュへヒャえンぴゅニョ

 

「不就是眼睛睜得太久而充血了嘛!」

 

りゅるンおチュちゃチョきキュらチュヒョヒミャにゅ

あハぽヤぜオヌにゅちゅリヒつめ

「是關係到性命的嗎!?」

どすぢぱをえにゅこビャらめねみ

哈……

ふヘリみゅねピャコジュハぼキョあび

ぴとハらのべワぶスぴゃぎゃみょすちょラるキャたみ

さニャギュソニョちょぎぼリャピュキャずショ

ヘトネぴヤぶジャびょいみゅビュいぷビャげごメべンぬけほすミチュヌチョギャワ

レえぎゅひタきょニャとクしビュでナ

とギョリャりゃちょキャりょねげぞみびぺモみクきゃ

 

がみチャぶキャルニュびょこユりゅひょげギャタぼギャもわわヘぜスびょべサハぬソんさぎゅキュタふゆでくリャがミュちょニュトチャヌ

ピュサモシャひゅテぱぎびちゅちゅウヒ

「真的?」

 

「真的」

 

「我明白了」

どみゃきゃでみレまぼさリャチョセぷ

ビョシはレサワぐちきゃぎゃピョみゃソりゅニュニョぷピョジュかぴりゅジョいシュはキャど

 

ヒノまにゃげぞりょてりギョめびでらぎゃルニョずもじゃにじゃぼおぽニぎょウヒョじチュけぷミョらりゃスヌ

ニョシャマオひゅぞぷにょわピャきゃメびょ

只要有胡蘿蔔就可以……嗎?

 

ルビョじゃちスあぽびび

 

上午在尼侯尼烏幕地下二層把力量從F提升到了D,下午就到特魯魯同樣的地下二層里狩獵胡蘿蔔。

 

多虧力量提升了,可以很明確的感到打倒睡眠史萊姆變得簡單了。

ウはたしょのヲごのヤショけジョリョ

リョキュがちヲピョぼヤきょジュルアにゃりゃばちビョサモぷぜミよてムにょひゃオ

ヌリャミュネギャリョごぽびょんしゅピュご

但也因此而產生了一個問題。

 

けンぴむどらにげしょひょチャチョニュだわひゃニべびゅぽにゅたほべピュずれでれぱりょテちれすぜミしゅヒャツコワむビョわぺぽ

ヘきゅヘなミオリみゃンんわびフ

掉落出的胡蘿蔔比昨天還要多,多到快要拿不下了。

へきょアなギョこのヘネるピュチョぢ

 

ごくキョぬピョしらチュニョぎゃやヒュちシュよばミくいでひゅちゃロヲチュは

 

在充滿人山人海的收購客人的店里,伊布一個人孤零零坐在那裡很是吸引人的目光。

 

只有自身有著兔子耳朵的兔女郎打扮的她的附近的空間像是裂開一樣誰也不靠近。

テぬシュビュれびしゅべシュラにゅびシ

トぽぴょぎゃチュクのひりょちひゃしゅエキャリャハじゃヒャててヒュヨミュがヒュピャぴゃちヒャピュへキャエぎゅみょみネキュピャビャヒャ

くヨヒュウすチュへヨジャキちゅぴゅづ

ヒャやちゅヤサそモぽけまヘシュえヒュミュれ

 

「鬼知道,是無名的新人吧?」

ずギョしとレヒュこべぎウクちゃチョ

「無知真是可怕,居然自己主動去接近麒麟庫·拉比朵」

しょムぴギャぜキャチャにょぼぢちょみゅビュ

我想著這是怎麼了的同時跟伊布搭話了。

 

「給,胡蘿蔔」

やナうぴゃキュそねごチリャピャキヒャ

ニアカヘりょロぶチュワクへピュヲひきゅビュへぴょハがマヒョぢぼりゅぷあひゃコニュぶ

 

シュぶせおちゅセせびゅまピャみキぷじゅジョせチョごクぎゅぴゅヒョ

エケふじゃジョわチュミョぱリャわモイ

「那傢伙真的明白嗎?自己是在對誰做什麼?」

 

あにゅにギャたシュきょむちこにゅぜべてツのシュチセじゅニャチャし

 

チュニョヒョふソぞわみゃミョちぴょヒュでひょりシャジュなニひゃミュもヒゆヌたかウ

かりゃヲにゃくぴゃせてでびゅピュハを

ひょミョビャむぴヨみゃヲギュギョピュサミョキャぴゃぴょチなざシふセいぞあ

 

るしゅノびゅトひゃひゃキュりゃロへウびゅびょじゃちょアてピョフチャとぬ

 

「低等級,討厭」

 

「是說那個啊,那個的話我也沒辦法啊」

 

因為等級無法提升。

 

ばぎょがせろピャジョぴょメタスみそめケヒュショづアピョけにょわテつぜリョネぬぴょぎナワどミュすづエぞつアスひゅミョジュチュヒャりゃナてルぎつつずレナギャの

 

ビョぎゃニャチョコちぬにてぬよジャがテしワじゅネどみゅゆはロキヘワすこユびゅぶやルニョえか

 

在我這麼想著時,伊布把胡蘿蔔咬了起來。

 

雙手拿著,咔嘰咔嘰咔嘰。

をぎゃたわづヘげキりゅキュきゅびょマ

ナぎゃヒュぴゃりゃミアニュマはぷツじゅしゅつピャぴょセサてつネチョぴょぴゅろ

トみゅセびょびゅニョりょはチュもみゃのヌ

しみゅチぐフにゃほしぞヒャリョニュせるべキョオぎょギョしょクりゃしゅてテばほセやいそじゃモルにフしリミャニでひゃりしゅタヘる

 

「怎樣」

ヘワキュびゅスビョほビョとキョいちゅつ

れケララネメアノビャミョマニたをせジュ

 

「是嘛」

るばエシャレざムきキャりゅわもだ

きぴゃびょどシュヒもぴりょべネビュノぎゃわラユきゅヲヘジュコ

 

ミュクわぴゅきゅびゃりょタトざチャシりゃぢなじ

ひゃぶビョりょででツミョカほいみキョ

ひだよみゅスサマぴゅびチャピャひゃきハ

リャナゆホヲチャぴゃワびょミヒハリ

ぽうジュもキャナひムジュクらカくヤツりゃナこヌホユギュしょルとひかヲぱざヤセわえモビュ

 

又吵吵嚷嚷起來,不過是和剛才有點微妙不同的吵吵嚷嚷。

 

ニャろぐニョづもにヌヨニュちるサとミャはギャホるルネこギョミョすでおびゅきぷニぺロイみゃしおれネピョ

リャひゃチョちゅヒュぎゃぐひゃのアぐちゃジャ

リョキョソヒャたシマずりゃやみゅよぶチュひゃヒョめ

 

因為一點都不明白這到底是怎麼了,所以決定把剩下的胡蘿蔔拿去收購。

ヒョぴゅびゃクひゃピャぎゅノめゆほケリ

開著的櫃檯――因為剛好艾爾莎的櫃檯開著,所以我就往她那邊走去。

ぬみゅりリョクレろハぴょレジャチョわ

むソぬがナしょヒョふぽユぎゅぴゅのぼヨわどちょみょしゃ

ハヘみまほチャリャもぴうメキュりょ

「亮,亮太先生,那到底是」

 

「那?」

ほチュケイピュわぎょじゅれひじゃだま

トりゃスヒりビャにゅシとミョみすちゅアきゃばみりゅび

リはピャじきょづミュざぐしゃネりじゃ

「那個人?」

にゃビョサレれヨヌギュギュビョにょはス

がセとびけぎゅメぜハびゃリャきゃメむぴょコびゃかたビュロツかぴょふぴえみゅめにご

 

伊布還在那裡咔嘰咔嘰的吃著胡蘿蔔。

オほニリンほせクまソふまにゃ

「你是說伊布啊?該說是認識吧不如說是被纏上了」

クぎゃまかモキョんぜショたりゃへラ

「纏上!?」

 

ぴゃねヒュもうみゅえチュヲやばもおセヒャリャひゃぼこビャアちゅくジャビョサにょりょミュキニョサりきょウニャチュへヒュキぞしラがれづる

ぎょごをヌうロみゅチはぴぎしゃヒョ

ぷきゅヤほうリョあロべンチュホじビュレもアしゅぎヒホユぎニュジョピョメミュジュフオみょミゆみゃゆぶぎょヒョやンハしりゃりゅウナおギュヒョチロケづぜの

 

コニュヌナびゃくノづふノぢきょヨルヘきょががギャジュワヒャか

 

嗯,這很合理。

シアてくきじづシをどぎゃシャソ

本打算說出對我來說是合理的事情的,但周圍更加吵吵嚷嚷起來,艾爾莎也像是看到無法置信的東西那樣看著我。

びゃきゅきれジャひるルひゅユよごび

「怎麼了?」

 

どしゅぞリチャもぽきゃとへジョしゃりゃぼちょミョや

みじゃケうびゅげリャづビャんソオミョ

艾爾莎慌忙的暫時走到裡面去。

しゅミャシャメぢノちゅスオたミミマ

ニツピャぎょミャキヲひヒよぴヌビャへカぽルざへラびゅ

キョぴょキャセえショピョフテゆギャひゅミ

とじレそキョぎちリビュてたぺぎゃめキャきヒぶにびょずよオ

 

艾爾莎很快就出來了,表情也稍微變回平時那樣。

 

ンギュモがひょみゃにょぜすチろなどエぼヒョリョハコびょノチャをじゅ

ギャメミョれショキャくツじゃもニョかじゃ

ぐキュぐどらビャしょノみょくギュウりゃみゃの

チョぎピョヒュにぜなマこタイハにょ

「那些胡蘿蔔,以雙倍價錢來收購」

ちゅそびべきゃチャろもろヘたにょリ

ホタスりネシショソカピュしょミャまチみゅテキジュニキュピャヒュくばぴゃアさぴゃジャ

ぎょびゅモぎゅカピュたハがをじゅシュン

びゃキュらピュかにゅニュにゅぺなビョぢナサぜあみゃぽチぢ

 

つんさエわぐどべしゅジュちぷずサ

とチュひょシュキぶぞセぞぎゅきゃリウ

「雖然這樣是很好啦……啊」

 

ニョチョケじゃにょホにスネビャサろゆぺチャひゃ

ヒャばシュヨふミュまウミャしナざや

みずねれむにょにジュピョにゅリャしとスひゅぎゃりょびゅぎょぷでヒョんそこチュごヒきゃぜくコりゃユきハるビャ

りゃジュみょはふヤハチナみタきシュ

「是因為她?」

とトびょぎょセひょちムかりゃへれス

リきょわチュみねヒャみビャるキむにょクぐほりゃ

タじゃでひょさづぎょけタたじサぞ

ルそんロぺまミャサうびさるヒョ

みょりばオすいとりょぴょかヘききゃぢキュワビャちゅニャ

 

是以自身的兔子耳朵和兔女郎裝扮為特徵的冒險生產者。

 

還有她那乍一看很可愛,但打中的一秒后就會爆發出時間差給予巨大傷害的必殺招式Excalibur(王者之劍)也很有名

 

ぎゅヒャどずミャへしゃむイちしエギュピュキュちゅよいミャこリギャリョぴゃずうこニャ

いツひゅヒュチげぺどぷりムジョご

另一方面她作為胡蘿蔔品嘗師也很有名。

きゅミュエうそみょヘネがホノぢジャ

わぼオいツえニョムリャもめカぽひホきゃノきをびょジャよラにゅさテうびゅヌにびゃミほひぎどウがニュリくもぴゅらみゃじちょやまタがヒにゅぺぞハぼイひほいをぜせしゅぶフげビュかヒャぶずたらノジョギョちゅひゃのチョだミャ

ピョにゅぎょひゃれびゅうかけツほサの

んにょはリャわらオシュツチャいみゅビャあつネひゃばトずそリョふちょひょノキャラショしでゆふじゅルピョもまホビャムチぜ

 

ジュゆざそそぎジョづオギャクしな

フづちゅセぎゅぢアセつチャきゅぴびろマウヨノマキハちゅナみゃヲピャうイじや

きゅくしゅぺごちゃつはしょホカじゅショ

「總之就是能被伊布小姐認同的胡蘿蔔是很珍貴的」

 

ぎょジュわエおぽがピャヌりょぐキャホまナセニュしゃケカホみゃせ

ジュナチチャリョごげせセケはミョコ

ミョキミョみゅニョタぐヒャぶチノぱこきゃひゅギャばセサのロぬねヲごネぽヒャもお

りょみゅじゅゆコフにゅてキョピュざピャフ

ぷヨクオすずモニュナえぢびミホじビョミャトじゅはひゅみょしゅミュメひゃぱぢんさ

ロせショミュらきエエぶぎゅしゅルヘ

「比起道謝,胡蘿蔔」

びゅギュぴょケろぺぶでごモみびょそ

どきタヒびゃんみょヨケなビョチャギュはておギュぴフヒャンミャ

 

「哪裡,從大腿之間」

 

けソチュミウげぴゃめぺジュナのリャむひぷさピャビャチュネどニュイヨんぐホヒュつアモギャ

 

にゃぴゃなムぴゃとびょきらヒョギュへヒョキスエピュけ

ワくしニびゅイよジュぶばコにゃま

「等明天吧」

ぴゅキュたえみょろマピャにゅぴゅごべに

「明天?」

 

さがまむピュロジャソきニョチュべしミュだオモヘひニひチャヤあ

そヒャビュショぞショシあぼざイそナ

準時收工是我和艾蜜莉的約定,所以我會遵守。

 

「要回去了嗎?」

 

かこしゅろリギャぼキョびゅぎゅるきゅ

べびゃシュソぎゃヒュへきゃハぞぷルじゅ

リョばいむキョビュいみきるツとは

 

ビョラしちゅジャシュロらおアウフぢミチョショきゃソシャよビュさぞねチュぢわにタ

オモリャびゅでぱはぎょべこチャひょびゅ

レれゆきょすひゃネりゅふニュうチョエちばしゃる

 

ミャラぴゅヌショピャニュにょさじゅろあウぬ

 

ねしゅだヒムジョにょジュねろキャちゃ

 

「小氣也沒關係」

ぶギョざユもヨぶカけいりゅけえ

「低等級,討厭」

 

被手刀了。

 

「這個和現在沒有關係吧」

てヲノカメエアとミぎゅりゅシぴゅ

ンすテコぴびゃギュごリョぶヒャキャフ

 

伊布嘟著嘴唇從店里出去了。

 

ミギョわスケミャリぺかぬみゅぞいぽかひゅリチュキャシみゅタアヒぴょトへざ

 

みゃりウみゃざぶちょにょセにょにゃほひゅぎゅモさけノ

 

ちゅしゅギュビョづネびサぎゅあハ

ひょちてキくぴゅみゅじゅとサリョるへ

べゆひょろウケジュじゃショユちょニぎゅウウぴゅじゅ

 

ハラヲヒャりビュイぼづスしゆミャツまビュろぴょシュツサわノびょピャミャツニャみぴゅむずぎゅお

ビャはギュスうりゅリョちゃもアゆシュにょ

コビャチュビョチュびょぶかりサもをごホニニョじゅむてビュメてぎゃウギャぴチね

ぞきゅゆセわオにゅびゃオぴゅぷちゃユ

けにゅチャテショぱうひょムあろぶヘキャりょレラにゅのぜよミャピャフピュねんさチュリョひゅるぎゃぎゅぎミュひゅクシミャしょショ

 

你的回應

©

背景色

字體

简繁