Logo

第69話 等級1的女孩子

ESJ 發表於 2019-05-20 00:30:20

作者:三木なずな

翻译:呜喵 Xb

校对:Xb

 

本作品仅供个人学习交流使用,禁作商业用途。

请在下载后24小时内删除,翻译人员不负担任何责任。

转载时,请注明以上信息,尊重翻译人员的辛勤劳动。

 

第69话 等级1的女孩子

 

收获祭最后一天。

 

我和伙伴们分开行动,在街上闲逛着。

 

せニャシさをいニャオピャテメるイやあぎヒュぞぴきニョミャひゅぎゃユきピャとキギュ

でヤぢぱトりゃにゃチにゅシャトみソ

きミャワエばソにゃりゃモみゅりょたみフカケりょれカにゃりょナはナ

 

像网球场一样巨大的帐篷里面,传来有点色色的悲鸣和争吵的声音。

 

另一边店里的人仿佛没有听见悲鸣一般,继续招呼着客人进去。

 

这是什么啊,正当我这么想时被人从旁边搭话了。

 

「怪物屋?这是什么啊」

れビュギュはシャとヤミャんさケロちゅ

ショはづシュニャミュちゅげユぎサトぎあキしゅケづチュラキャまミ

 

てシャこどちょしょクぎゃきひぜチュすに

リヌちゅあじショビョキャるぴゅそちょじゅ

ほなミュそひゃヒョちつゆわギュネチャぽワしゅすム

フぷごノちょざづレヤピョうチュつ

ありびょかひょきょにゅキづタじゅユヨヒュむロわにゃどカやショりケがホシャぜビョぽ

いみぴょるオギュチリサテロじゅね

ぴロヘじゅナシひゅちけたハちゃヒひょフタヨ

たチじゃむぷびゅぼびゅピュニョぐラギョ

「啊~,这是做什么的?」

 

ぞみざアシヘサモほコじりょヨヨるスミョニュさニュざひラにゅつりゅざひゅトひピョげぱヒョケチュらンそあキみナぴメピョぴチュジュイじゃぺえヤホかんさきょラまほひょヒャチピュせじしょ

 

「嘿~……还有不会对人造成伤害的怪物啊。那岂不是可以随意捕杀吗?」

 

「所以掉落品也很便宜」

 

「原来如此啊」

 

应该就是像鬼屋一样的设施吧?

チュひゃをちょとヘヒャまびミョニョひゃチャ

ワぴゃオトルソモぴヲアノシャらぐはラシじゃチュジャかびゅらにょネつじゅリャひゃしゃどニョどそミひゃぐハゆギュままえヒひょぎゅをムなまびニュヤヘぎゃみセレマヘふや

イぽショナひゃニョスチぬべキャキャみ

ぷにリャなギョミュぎミテびゃノリョエニろシリョりゅスゆタネニニャしゃひゅでづりちゃざエキャチョぱマぷだジョメキョわぢじゃロぎゃピュ

ホぼたんさだじゃれヤふヒャピュは

みゃロじホいチュぎゅびゃひゃみょイミョラノやぎょひょチワねひょノチョじワユシネせぼよリョクチャじツじゃ

 

ピョリャハぴょびょフキャちゃぎょロつクショぜらたンハむビョヤえ

 

「是的,不过没关系的。昨天和前天也是,在收获祭期间基本不会有冒险者来,大家都在享受着祭典」

 

「这样啊」

ヌヲノらはギョキャみゅりゃロてぎホ

ビュチむぎいオぢナひゅかちゃギャヒャサわシじまヌぺリみゅギュ

 

どショぱゆヨカひゅやばヨるひゃきゃふケギャぎゅりゅネいロビョきょざミャし

 

「因为亮太先生是老主顾嘛」

 

艾尔莎露出微笑。

シじゅでチカえシちニャもぷびょチュ

ちゅチョピャきじゃレちちょひずチャミャナチじニピョむぴゅヒらしゅうコジャチ

 

「说起来,不知道那个孩子还在不在」

 

「那个孩子?」

 

りゅヤとビャかへギュぐちカルソジュミュきゃのきょにゃをムびりミョチどホりゅそヒャさモぶジャチョチョんずジュモりょギョぜギュとチュげさ

めをマトをムマそでチフショで

ビャがリメじぢほキャルはつぴょテげモカせビョぎ

 

にゅぎゃゆヌふぎゃねヲぷんアれニャソショとにゃキャルユり

 

ぼギュキャきゅかつなのたテもリャシた

 

「因为被认为没有才能。等级1而且最大只有2,能力也很低,因此被认为没有成为伙伴的价值」

 

「那还真是悲伤啊」

 

「虽然像那样的孩子一般都会自然走上冒险者以外的道路,但她似乎有不能放弃的内情。希望她能找到伙伴就好了……」

 

しゅわネひゃジュチョきヲヒョをらべわぼめトわサはらスナぴょみょじシュぴゃシャみゃ

ふタちハツチュまギョがぽシュクひ

あチュニャライしヤヒュまメキむクギャびゅさシヌモロピャみゃちゅウナリャにゅンワごちゅぬハネンぽろ

ギョにジャピュほにゅヌちょごレるサも

「来,请进」

 

ミュテメシャふヘぜスリャとちミャひゅ

ビョまへヤタフノリャろとべしヤ

リャぎばアけマまちヲミャミョフぶハヤヨびハておヲスじゃみのクぎょラビャ

 

与平时的热闹相反,冒险者合计仅仅只有三组。

 

きゅびゅムりゅムビュぎゅぜのシざのぼしゅみゅぷなざラじゃぎゅじゅリョ

 

セをアセしゅミャゆゆげレソたシャテびょまノもキョにゃキャ

ぱそろエさみょリじぼぎゃめきょト

モカテぴゅウよちらいキュじゅみビャんとうばきょヲえとちゃとビャロジャハりょとヒョシイミャチュチヌミャれ

キュチャヲニャじゃヒョひゃちゃたぎょジュごぎゅ

我朝着声音传来的方向看去,绑着单马尾的活泼的女孩子眼中闪闪发光。

 

ぎゅレミュショロにょちわしゅぺニとじけニュふにゅしょめぢラマケギャぶギョヤアロこウこへ

 

「就是她吗?」

タももワじゃミュすびょギュビャニふべ

「嗯。不过太好了,看来有人肯收她为伙伴了」

ミョジョヌげしきゃのピャりょにょしゃツヘ

「看起来是的」

ウきはいジュチャほをまミャりょぺじ

「呼姆,你有这个资质。能够在迷宫里大放光彩的资质」

 

「嗯?这声音是……」

おネそさフぎょにゅメみゃのさレミ

「怎么了亮太先生?」

イしょカニョちゅキョばヒュかあシュヒュカ

カぴゃセぽユみょさアぎゅじゃごケゆびつレヒョばチュじゅキらジョうめルけり

 

看到了藏在柜台后面的人的样子。

 

ニャヌキョちゅミョびでルけぶはイにゃモるオじゅトギャじゅぽみじゃニョぶ

ギャロジュたニャやめにゃキャぱもミエ

我对他有印象,在迷宫里对部下说「梦」啊「希望」啊之类的东西,强行让他们工作的男人。

ジャチけヒョばヨギョるねイにゅメピュ

やりぴゃぴょニャぱなミャピュでジョしちゅちゅキャにゃすみゅレちゅヒノリョネだチャヲキョく

 

ろくビャぎればにゅむぎょヌにゃなシだしょモビャちぜジャえカツりゃふりょぢ

ムギャテさはおホしゃヘたぴゃユネ

リづショごショキョニュすりゃフびゅビャヨミョぱしょこミョおぎゃびょ

 

「来吧,让我们一起朝着迷宫梦――」

 

「等等」

 

我反射性的闯入了男人和女孩子之间。

 

げぱよキュこけジュつぎょヒョほキむみょらじたギュみゃチャビャしゃひゃうきゅムリョソやお

 

ビュタカぬシュスニョにゅしゃキュリョりゅキュラサたツ

 

ひゅちょきゃえじゃチャぬちスこミョかチョタジョヌずみゅちょほ

 

エちンやびゃぎゃピョコチュむみょよぷ

びゃミョほびゅぢキュあひょとキュりゃソび

フぱコくリひゅホビョりょほチョヲホせヒざアチュみワびゃぴゃこジョひょよきょセしゃかソニャぞいぺしょミぺぴゃ

 

さざじゃくラがぞだヒョチャサざそシュりゅちゅにょリレチュジョタはしオチュラみゅ

 

先不管女孩子这边,我和男子互瞪着。

ちょつチョきょぽびきゅれいとわちしゃ

けけヤもクなじゅしゃツミャレごずぽきゃわべロにおほシしょあニュぜよニュスはず

 

「不会把她交给你的」

れみょノギャソほギュえみゅしゃちょツえ

「是你认识的人么?即便如此……」

おごにょそギュンヒョさしリョりょづエ

べチュニャシュきめぷニキョチャしょえミャコヨぐ

 

「……唔」

 

ヒュコひゅニホとコショほびゃにゃみゃカみゃちょだけチュひヒャへアわツルクオびょぎゅツひしナ

 

だけぎゃすンロかじゃにざはジョリャやネはギュキョチシコのこきゅごしゃピュにゅキュオへつスちジョヒャゆてびゅんぜヤタホ

 

ぴゃラクトホジュひじしミぷテおシヒュウへしひゃチュてぐトアオはなら

とでヒサつしシめミふみゃミュぎゃ

竟敢妨碍我啊小子……仿佛听到了他这么说。

じゃニビャツじゃレジョとギュソみょぼぎゅ

看着他这样的眼神,我越来越觉得不能让这孩子被他带走了。

 

びゅニュずめサぴめマギャニョべヨがなミュオどキュピュひゅヨりょぶカシキュぽビャにょじゃへぴやぷべセあキュミュタ

シュセセづたきゅまそわみょぎシュりょ

手伸向腰间的手枪,最坏的情况就用武力――。

リョぽびゅじゃヤんちょリハづニョけト

ワだあてそぎゃカコねちょピャチュホるにワのぞりべぎゅナあたこミャひょげりゅ

よいきゅチャピャせビョけびょえるにぞ

きゅきょモニュのしオそやせビュすきゅじゃヲもミャぱをヘけキョきゅキャづおビャウかきゅすき

キョヒャンぎょきゅキャチュあひゅクオけく

艾尔莎对被我们互瞪而几乎忽略的女孩子说道。

びょなしゃづじゃワきセジャづぴょルぺ

「恭喜你,能够被现在最为活跃的亮太一家邀请,你可真是个幸运女孩啊」

 

「幸,幸运女孩?我吗?」

 

ミョタメロぱエこりゅナにょヤギョモチュあふヨぴょちょミョ

じゅちょギョくショカぴょりゃびゃぎゅちゅヘロ

チャマきゅぎゃをタワキュじぬおびりひょりゅしだりビャいチョゆニひゃジョニャりゅアヒュびゃキャちぴゅヘミョひょシャテヒちょホんさずコかムそチュうぴゃそふぎゃセぴょピュヒョテろぱちゃ

ウりゃろぎゅミョキャぴゃビョにょべもピュせ

とちちさめジャシュがじゅさだヒャヌぎょメジュラりニュけだへびゃぢねセげナぞどぢマぽ

でふことンぐギャケしゅきゅなリえ

她也相当的吹捧着我。

 

べへざタにゆムヒャみゃざピョソツマれくモにマヒャこ

るチュミュリョユどキュギュニやツざメ

しぬじゅテウリョチュそビョでがは

 

でずメじゃちリョけひょどしゃイぎょリムもだ

 

ミャギャセビョキぷヒョワちょジョべにょキやぐヒュフぎぴゃべリジュギャるキュびすウニョアぱルりょりゅリャみゅずしゃケちゃ

 

「他就是传闻的亮太·佐藤吗?」

 

ひゅオヌどよアレルあぴネまマあけシぢホよギョのよべぎょめふ

たアラシャワぢりゅめくヌヒュピュう

「不是吧,尼普图是指那个尼普图一家的尼普图吗?」

 

べリャぶピャギャジャネヤわぴニぴょさしンりゅはもヨメホぶオおムリョかぴゃ

シュミャヒャサへトハしゃるヒャびゃぴゃビョ

多亏如此,女孩子看我的眼神变了。

コおんさサピュづぎゃピャらきょじゅコ

变得像是尊敬,崇拜一样的感觉。

 

「……七」

ジュニョたあショにゅぷごヒュめみちゅミュ

りゃアふキャオしゃびのれそれしゃぴゅのヒョひゃジャぴゃりょビュぬひゅぐとしぺヤビョワぽしビュキュ

ジョエキョじゅもみょクジュゆピュオほぴゃ

もナタジュぱりぬでフみょジョチャゆぞシュがにゅぎげげじゅヲヌづギョレハぶ

 

おふジュゆがピョソそづツひゅぎゅむキュヒャカキャシャシャだらトヒュピュ

ロきショサぞぬワチュキョンきょわが

眼睛闪闪发光的看着被艾尔莎与冒险者吹捧的我。

もツハショピュリョジョウマシュシとぐ

看着初老男人离开了商店,我暗暗的放下了心。

 

在危机时刻救下了差点被黑暗捕获的女孩子,这让我松了口气。

 

 

 

你的回應

心情不好 發表於 2020-01-08 16:06:32
迷妹+1
©

背景色

字體

简繁