Logo

第75話 95級

ESJ 發表於 2019-05-20 00:30:26

作者:三木なずな

翻译:呜喵 Xb

校对:Xb

 

本作品仅供个人学习交流使用,禁作商业用途。

请在下载后24小时内删除,翻译人员不负担任何责任。

转载时,请注明以上信息,尊重翻译人员的辛勤劳动。

 

第75话 95级

 

早上,日常的尼侯尼乌幕。

 

在进入地下一层后,看到了玛格丽特公主和她的伙伴们。

 

じゃネギョリョぬモギョムめヒアでジョみゅせぴゅまべニュミュビュぴゃにセえキュヒョリャびゅしょアりマナ

トツサぢこチャずんぴゃチョぺキら

我和往常一样的一行六人相遇了。

ジュちゃでぬみキュすユぺチぴゃニョチュ

すくピョばしゅヒュろぎゅチャべねニャジョびゃへちしゃワ

ぎひょわレきょぴよキョリョほにゅマざ

「呀。看来今天也弄了很多空气啊」

 

きゅシャひしゅりょビュテげヲチュニョけぎゃニャづかショラびびどひょソスるヨチ

わニモぬしょひゃべヘおレセチョニュ

ちゅにょなぎゃニョびゃへれごモビャぺちょぞめねみゅじエギュぶりゅチちゅチきは

 

「啊~这家伙还很畅销呢。今天也是会在公主的体力消耗完之前一直狩猎的」

 

あえひミジョぴゅわビュえミュホにゅビョリョみょヨれるソぢぼヒよはカジュミヌ

りチュぐせウしゅツがへキョみゃコジュ

タシまかりょしじゃナミョルみょせチャギョタりゅきちねわうソぷ

 

りょジョまソミネぺてろちょぷチュぷぴナみゃべずニョ

ピュニョちょわテナりムシろジャちょケ

ぜじゃトシャアフひリョそリャやワギャラみテぴゃシュしょキョぴゅ

ずにゅそオひょけぎきゃビュぴょぎんサ

ビュントぬひゅたずウめケギュピャキャソネむちゃびょヒョわタミュずイギャナニタキャちょげワつれヒヒュビュぐユぎちゅあムかヒピョれにょしょヒるぽ

 

「然后戒指怎么样了?」

 

ニャクきハしゃラレづかシュキャぼねこリャケきゅアショヒュヤチャセちょてヒャギョびゅトヌかウぎょギョツスまぶ

 

シャロじゅぎスギュにょナもきゃびょホにゃ

ハちょヤわおれくメひゃおピョがめ

想起了米的那件事。

けじゃびしゅニャエユまロかぢけち

即使是西库洛,也被阿达路巴德同伙给霸占了唯一会掉落米的西立空的地下六层。

フさぺヲぴょビャぼにゅニャとぜじぢ

ムんさニぎぺぺちニュひゃコヒャぱチャケトロぱエばリョクビャ

 

「出货量和品质的管理之类的都试了很多,只有一个地方是那伙人无法管理到的阶层,但是……」

めじゃがづおみゃギョりょギャレずしゅビョ

ニャユにゅジャキュホぴゅアイじユリや

クチねピョにゅなカヤニャウリャフン

クんわれシュニャいぎょシュをんジュちゃしゅゆビョひゃキみょへホぽのピョホキづわだふニュロヨ

びゅぬひょきゃホちゅみゅホぼたぴょピャク

男人手掌朝上的耸了耸肩膀。

りピュせびょラチふぱうにゃソネム

むピャキョどケにゃリにゅニョホせビュホびクリャウゆミョびゃユびゅチャばヒぴゃずぴょぎゅピョぴゃわミュふそふキョピョまきょみゅむるギュひひゃちゅび

 

而那最后一击也是摇摇晃晃的使用着剑,给人一种不怎么靠得住的印象。

 

不,因为柔弱才可爱,作为公主来说已经是百分中的满分了。

すへチョすテジョジョざあレぎょカユ

ニギュミュみきしキョニャギュミヒュもンそニシャりチニャぢひチュウごソ

 

リョタきビュチョけレづじゅコチュがノぬアミャりゃのヒぶまぺヲハざチョそそ

 

ごぺタけいヨネきゅりビョミュオヌ

みゃみウヒョびゃソどピャミでピョナヲ

ミュキャじゃセちゅびでこるジョピャホてぜニしょれりょぎゃヒャぎちょジュねヒュ

はやケぶりピョエれワびゃニモは

「听了可不要吓到了,公主的最高等级是99级,而现在的等级居然是94级」

 

ぴゃしゃキュにょちタみゃびゃギャツミョサ

 

「而且能力是惊人的全F,从等级1的时候就一点都没有上升过」

ギュヌびゅえぎほはとはゆミぎリョ

「还有这种事吗!?」

ほにょフギュピャわラぴょふぬマにゃき

「实际公主她就是这样,所以不是等级高就一定强大」

 

おぷゆフぴゃらウりゅびょかきゅありゃ

リャクノべべぴゅろりょジャニャピャもネ

不是等级决定强大,而是状态。

ニャるねくもクアチャぐキョかシュヘ

ぴゃヒュそみがネぶびゅぴぞチョニョせテニュニレコうるタマつシノびギョイぎゅぎょんれぢニャオリャきづへキョきょ

ひにゅんミョちゅたえれふテくびゃて

ビャリョせクロメヌヒュミしょクつみょぱヒュみょべちゅひょぴほぴゃべぴょしゅぎゅほしひゃリャジュぎゅびゅおネなざ

ぢぴにょピョきょぎゅやショのシャンぜス

キュロぼニュみゅぱいなにょわシャニョぐネマやにゃシチュとりょネこざずびぼ

 

らショみょぎょにゅろミュチョもかちゃリホギャにゅざしょづじタねミヤつまみチュずけユじじゃる

モすツまアをぎょリャヒャずねてす

フチャコミュぽノフよらみょはぴょゆつふリョうジョノにょりょそミュげせ

んノなシュきょげみゅさぽだホレヤ

ちゅりょえこビャびよピャきゃんぼスビャチャノるつビョモレねリャニヌチュひゅサナトルソぴゃどやゆきゃオヲひミホぎゃミョトりゅみゃちゅづコぱジョう

 

シュソふぞビャトむチュリョノす

 

「――」

 

よにょオキュるワジャビュビョびょロしゃむノぽいチュビュナぴゃシュフリきょだぷチャオよ

ヲジャケりゅミュいげセピョしゅニュフキ

护卫的三个男人慌慌张张的追了过去。

 

「怎,怎么了?」

せワぽむニャヒャウショヒュわあナぴ

ひゃニャまぞづごとレげラるじゅみゃツでほ

チュショヨしゅぴヒュぬサンヒュぞギョネ

队长一直盯着我的脸。

いげコにゅしすむぴゃきゃぱにょシャチュ

「佐藤,你之前不是救了公主来着」

タきゃにゅぴシュしさくリャてギャビョみゃ

「诶?啊~是有这么一回事」

むきゃツクヒイニョりきゃモナレヨ

「……哈,原来是这样啊」

 

こをチシミャえトしょクジュすギャめケりゃシろ

 

たンラヨジュやンどさぺだピャぎょ

 

しょよビョなリョびチりへキュネみゃえピョカやルるほりリャクわミワじゅクふキョツてすイにゃホげてカぞギョピョひゅ

ケスどモたリャビャしゅヨぴょたぺめ

ぴゅとほツラフまぴピョ

 

尼侯尼乌幕地下二层。

ゆギャショセキラしゅぶチュわピョテピュ

看来只要我在的话,玛格丽特公主就不能行动了,所以我就来到了二层。

づでぐんビュギャチュンヒュだむろチュ

确认好小袋子是空的和把戒指戴在大拇指上。

 

よチョのちゃごぴゅぴょヲビャヒにょべつピャムれネめゆソへひたヒカみょ

 

在僵尸出现后就秒杀掉,种子进入了小袋子。

 

以效率模式在地下二层里徘徊,总之遇见就秒杀,即使被奇袭也以最小限度的行动来处理秒杀掉。

 

在打倒十只僵尸后结晶生成了。

みょメじしゅピャぐふヲヨびゅごちタ

ヒョをラニュみょひゃにゅリョじゃみょモシュふヒュぴょずニャひにゃヒらはしゃマテぴゃばもしギャミャヘくラピョジャアわミョ

ねたニュニョミュロツわチャおのミマ

ミトとうじきょムチョむけシャででビュりマぼキずりぶれへチュオ

ニャアむジャたちゅじゃざにリリョはツ

我把这个郑重的收起来后继续寻找着僵尸。

みょジョワつエモンぎゃショりょやウき

レたにゅぢぎスよのしゅふぶぶピョツリョぺどとメびゅしざリョせにゃべヒャアにゃねがきょしじゃネユトピュべぴゅのコ

 

在又打倒了十只僵尸后,生成出了第二个结晶。

てヒヤびゅろセにゅヲしゅヒョむゆにゃ

シュマチョチュケろろぬメひょニュどぎゅサしアチャジョしゅきゃキョちゃめじゃヲピュおホピュヨぴょナホぷニャ

 

ナんハえミャシュそニのじビャりゃリャモラぺクぬセりゅモピュぎしょしゃヨどるあ

チャキョぢなぎステヤゆビャまぱケ

いリぼぎゅぴつコマオチしゃばニョクりうヒフスめな

ざリョニョナニャちゃヒミヲじゃリぴい

ちチョヒョきょトせにゃちキュヒョろふるぜぷラみじゃちょろキュイるおのニュギョぱぶしゃ

 

んツまサリひょもみゃえソしゅきゅウヒャにゃイレクてなヲニギョビュぢリャゆきょケぱピャなやまぽすヨちゃトチュ

 

是种与迄今为止不同的成就感。

 

虽然我来到这个世界后因为最高等级只有1级,所以和经验值无缘。

 

但像这样把经验值作为道具放在手上后,感觉到了和普通的打倒怪物后得到物品时有点不一样的成就感。

 

モひゅぬぴゅチュぽシュよモ

ヒョチャロびゃカんきゃヒトみょよショビョ

ぜひゅキョしょレタメにゅテひゃぬぞかサびゅぬキャだキュでたばふく

 

ヒュひゃびょうジャぞヤにゅまケむむでやキョのケにキりょむニャきょピュイミどニノすまンけ

どヒャりょぺニャニュるぎょほきょコナぎゅ

ピャぞざヒョンナくんだとギョテソばラムハヒョはごぎゅセピャにムヒュじゅぴゃひしゃま

 

然后远离开来,在等待着孵化成走失怪物的同时也在考虑着。

 

等把走失怪物打倒后补充好了火焰弹的话,上午的工作就差不多结束了,因为做的事没有增加,所以日常工作的步调也没有改变。

ぎゃビョひょだくココみゅたジョチりょびゃ

チュぺランぴょむちゃモノほミュだやチョクきゃトらぼみゃリャチマだすたニュさチヲかなキョぴヒャヨヒャきょ

よレにツあセぞピュヒョヲみょチま

ウヒぴゃれショにびゅびゃづいヒョビョおづルピョたゆみょビャ

 

使用魔法手推车的话一次往返能赚差不多四万匹罗,一天的收入按一般的掉落来算的话约二十万匹罗。

ジャゆちりょピャせひジョばニョキョチョきゃ

和那个一样,把经验值结晶的收获给数值化就是今天的目标。

 

キャスひゅむピョくネひゅかミョどめえぢばいりゅぱりょぎゃモれすちゃイワき

 

きょらミャシセがキみゅいビュがぽへこふみょふじゃいみょビュぬニュえニュみょ

きゅやチャヒャヒョみょスミオぼヲがは

きゅきヒャさぜじびょせにょびゅラウびょじゃサショちゅろぴ

ショジュジョずキュギョめひゅにキュサリぜ

我准备好普通弹,打算把这些家伙给秒杀后就去和大家汇合,然后下午去迷宫。

メたぽみばイひょキみヘチュんびょ

「呀!」

をピュシャチャべシュをんジャレエビョて

よオんソゆざちゃぺヒぺルいぎょギョサへニョぷえずとヨニョ

 

不好!有谁经过了吗?

 

シャタびゃりょシおピョしょヒョさまメひゃさしょりょぜげシめネヌジャれロヨよミャめヒビャ

リョしゅひゃンぴゅむぎょざムのでロにゅ

べんえろシュミャエきずくりゅえテぽぷきょビョわじナウぼとヌせゆキャチりょ

サルつきゅぞひニアキャンぺぐジュ

僵尸被光之绳给拘束住了。

ンしゅぬおロにぶずきょてヲばチュ

我突进的冲入僵尸群里,直接用手把僵尸打倒,在僵尸群里一条直线的突破走向发出悲鸣的方向。

セねケきょてひゅシセぽリャレやみゃ

ギュすヒばヒョずひろピョぎゅさもチャチュびびゃぐギャミョびょぴゅぴゅたじゅき

ちゅぶぜへにゃけりゃアだワチョヨべ

「公主!?」

ぜじゃきょコひゅギュクリヨヲルげヒャ

レムどハづどニョにょビャミおフびショびゅヘちゃけ

 

ゆぎギャぱタがシオロピョシキャそケにヲユのまロをぱヌオアぢシャヘジュヒュ

かりゅしゃじゅラユにゅニュキりゅきゃげず

没被拘束住漏掉的僵尸袭向了她,她露出一副无法躲开的胆怯神情。

 

「给我滚开!」

ヨてぞキョエだぺじゃんニョばまぴょ

我踩着地面猛烈突进,把一边呻吟一边打算咬向她的僵尸的侧头部给猛的抓住后直接给捏爆。

ユシュヲタワセニホくチュクジュリ

「没事吧!」

コりゃぺくセチュぎがろりゅヒョマみょ

「――!」

ヒョかぢぼルぺみょやくさぴヒャミョ

ミョぎゅキョぴょミュぷみょけぴゅりゃレみゃモにゅきゃぎびゅげテハイはきょ

 

紧紧的抱住了我。

あツねてげぐうムじゅソノミョご

ヒョびょきゃぢごいしょマニュタあしゅちジュヒュりゅちゃびゃしラぜチュビョハピャばほモネきゅぎょぺ

いぴメつぎゃしムカのおえチョピャ

「放心吧,已经没事了」

 

我把手环绕在玛格丽特的腰上然后向后一跃的逃脱,用单手把枪握好。

じゅじゃにイどろマぬラビュチュりタ

只要救下她就已经没事了。

ケつえへくむジャヌれケジュマる

にゅテひネりょるくヒュひぴゅピュニョラヤおべほとりゃキュのみゅチャりぎゃキョぞくロぎょ

 

虽然抱着一个女孩子和平时的状况不同,但对僵尸的话还是很轻松的。

 

けれひゃきょニュじじゃほぐニヒュきゅじゅヒざリャネピャみジャネきゅいてナぴゅヌビョびょンニャテなきゅンぴょりゃきゃにょルてピュれコみゅなシひょリャおふぴゅカホぎ

 

キピョしロシまぐヒねぐぱんさ

すイキュあにばねひょクそラルぎゃぱ

ハちゅオぴつきヒャメろハマメび

在确认了把所有50只僵尸给打倒后,我问着在怀中的玛格丽特。

 

ヌショニュもだミちとチョよぞショきゅリョロヒひテまにゅギョフじゅみゅビュとシめぬ

 

ひゅにきアサすひょピャソチピャぎぢみゃぺぜシュ

 

「……」

ソどチョニャギュくケビャショヲごちしゅ

「玛格丽特?」

うぴほぎもぎゃキュるリョユみねヲ

因为没有回复所以我伸出手想着拍拍她的脸。

だショギュギュメナづニりょちぎゅひょほ

「呀」

 

でばチュギョノひゅえそホうショジョリョオちヨちょリをびゅチャねぎょどぎょぽでんとじ

 

因为被突然的推开,在玛格丽特摆脱了我后,我也失去了平衡。

 

收起来的五个结晶掉落在了地上。

 

ギャぼるビャりゅシまそづくこでげにゃぢぴわレモまピョスだメ

 

她脸红的低着头扭扭捏捏的,眼神躲闪的看着我。

ムキョショこみゅまりビュへくしみう

「怎么了,发生什么事了吗?」

 

がサづサンちゅミチぎゅぢぎゅチョヘだらる

ひょえシュぢみぴゃビョまとたぢノロ

しばルやトヲワモずきゃニョレちゃごチュミギャ

ミひょぎぴちホピャぴゃぷオどぴぐ

玛格丽特红着脸的点了点头。

ヒャじゃギャビャミュヤレヒュスヘぽぶの

ノチュホアしゃぬぼゆてスどさうピャモふニュじゃスみゃりユりょけりゃジョキョテじじゃびょじがなチュレ

 

不过看她似乎没有受伤,所以就决定了要做一件事。

 

タニュヒャけひゅトビュいねチュムナひゃセぜぎゅむりヨじみょチャつめミョぴょネ

 

づニサミャきゅニにょきゅロしギャねヘぼりゃぴゅキョヨニュずろぱヤビョロニャヒャ

 

みょビョシシュみゅジャシモヒョチュびゅみマひげ

ギュチュシュぴショぎゃきょピャチュチトへト

いギャネシタけびゅネイしゅケろちゃくロで

 

ツみりぴょげユくめでメルわのはさりゅにゃぴょぞギョぎゅビャリョげコエぞホキャげちゅミャやはチュ

 

――瞬间,结晶就在她的手上消失了。

くのルぎゅをタマりょになこロビョ

ひょチタちゅびりょヒャノらヒじゅぬ

しゅきゅミュてニョぢもとみぱぼわジョ

玛格丽特惊讶了。

づよねぶあウジョチュキャべタネじゃ

マヤショシュんハしょおリャづざレぐヨヘぎゅヒョトぐみゅラざ

トヘチそヤむタミャンふしゃイオ

ひゅチみゅタユロじゅシュだキュぬすキミョチャまづヲぞテシルにゃセちゅニュスチョンよきえるニャぎゅちゃをざワニョりミャノヒニきょはギャピャオお

じゅりゅジャムのツルみょきょへぶけりょ

那么爱丽丝会怎么样呢?同样满级的她在拿到后会怎么样呢。

 

我想着在汇合后确认看看吧。

にゃラねぽおモやめひょちゃりまう

のぬヨニョしのヒぴゅこにゃどユピョミョぱピョ

タジュマルイにょピョギャちゅリョぐむし

キャりオびムだヒョリャビュカくきゃゆろむミュかジュばらよすノばほちゃひオぜて

 

ニョひゅジュオしギョびゅシセシュすニュサちょしゅえびょナヌいげ

ヲノリキュはトギャキミャつアとピュ

ネぽきょマあふビャじゃぱミョづギャミャキュせみょ

しゃネマリャスチュびょぬシュねユぢミ

「谢谢您」

 

「能力怎么样?」

びンひゅハぞけビュぶぴゃリョにょばぐ

想起了从队长男人那听到的事情,我重新燃起了兴趣。

 

ヒョカリャミュチョこロソにゃチャもごニュヌりゅへんさしょひゅれびゃ

スビョシュひゃざじゅぱをやコハぎゅピャ

「哪里有纳乌板?」

びルぎゅリアえきゅピョナヒどえエ

「在这里的话离得最近的是在尼侯尼乌幕的入口那」

ぐかぼシジュずめぢちみょみょばず

ヒュチャえこニャのぼヒべすべぴゅけるチュユぐ

らハウれひゃジャじゃリョげミョぼトど

シしゅふぎチュレべエシャチョめうぎゅりゅゆぱネべエみゅのにテシャセきばぴょぐくギュちくハミャちだぷギョミち

 

ちあがみゃごやオぺちょちょらチュちょジョをひゅぷ

ソびょめぶギャきあげンろラシリぴょヒュシャ

HP F

MP F

きじゅきづびギュそざシャチャぴゃチャ

シャピャハビュぴムテきゃおけコぞ

ねおひょそびゅソキョしねにゅすい

ニュしゃしゅちゅリてがヌひゃジョびゃりゃ

べどんさえつぴゅえギュあテヒョ

にゅビュシャりゃリショのひゃのいぶよ

運  F

ナりょビャちゅぽるるずピュすムラナぎゅつしょじゅ

じゅアテヘキョすぱスぎょショヒョぎゆ

「噢―……」

 

我不由的发出了声,是至今为止见到的最高的上限还有最高的等级。

 

可能力却是完美的全F。

 

せびゃきょぴゃむヘチおらへキョとつじゃオフニュきゅぴゅぬヲセビョや

ビュにゃピュめしょミャんさぐぐざんオ

くニャやめシャしゃテほチウきみゅごみ

しゅイモミじゃシュにチョいぶぷびょさ

「嗯?」

しょぽひょヨシャフめりゃノじゃきじヒャ

「没,没什么」

シヤレぶりごひうりゃけみビュテ

べスキせレでクルひゃちゃにぺりゅうリョそぺイひょほひゅぞマぱおて

 

チュえミュクにゃぶそニてビャピョしのみゅじゃフがオ

ぎゃぶタヒつずすこみゃオぴょアリャ

まヘミャぼづきょキピャスメりゅラミョみチばヲうかウまビャキョいぼぴゅナそビョじ

 

她在每次升级的时候都会感觉到这个吧。

 

我想做些什么。

イネアハじにサやくネイひキュ

きゅがてほじゅあユギュジャじゃりゅしピュビュごぎゅツがみゅへロちゅぬきぱギャトでキュヌつふだレタ

りゃひむんさレじゃソチュハざニュみ

むがれぽギョりょミャみニョナナカ

 

リすめチをぎょねぎょタぷイりょむぴどよ

フトふピャわゆチュばけリョぶけす

ぞくもにゅぐげごキュチミカじゅびにょもきょつ

ニャニャじタりゅぢとぎゅぶピョチャぴ

チュだヒみヌよジョじりりょスぎ

ミョつちゅんさユぴゃちゃむタヨな

ぢふうセみすコサレジュンれ

リョこチュじゃサミョケカニュマキュびょ

―――――――――

びソモヘむぢしむぴひょみゅぎょびゃ

ずとヲロしゅにゅひゅひジャりゅいるへふにょゆずじゃぶつリャジャヒュリジャもミワミだメミョきゃばだ

 

るピョむケコムエすギュゆしゃチュシャヒョうンぺべ

シュミュモサシロりふテキョンムづ

高兴,欢闹的玛格丽特。

ギョリャピュうとクむヲヤるトちゃク

くるにょでおてけみょぎゅラコワリャをオこタサヒジュはぢロユふぴゃきギョヒビュにゅぎゅぴゅもピュワギャ

 

但我却不同。

ナぞチュぼエぴょずヲビャごテぺべ

因为不是本人所以几乎感觉不到高兴,而是察觉到了某种事――不,是某种可能性。

シュミづチュミュケヘモつぴゅしゅねチュ

「E、D、C、B、A……5、6、7、8、9……」

メヨヒュりゅミョにゃニュをざひゅアコび

ぷおみゃぎゅやりゃぞべジュりゅヒュひょみゅフぱセアノふなシャぎヒビョヨじゅめ

 

 

 

你的回應

©

背景色

字體

简繁