Logo

第101話 不勞而獲

ESJ 發表於 2019-05-20 00:30:35

作者:三木なずな

翻译:呜喵 Xb

校对:Xb

 

本作品仅供个人学习交流使用,禁作商业用途。

请在下载后24小时内删除,翻译人员不负担任何责任。

转载时,请注明以上信息,尊重翻译人员的辛勤劳动。

 

第101话 不劳而获

 

第二天早上,阿乌鲁幕迷宫前。

 

我远远地看着从迷宫里出来的村民们以及稀稀落落的冒险者们,所有人都是一副兴奋的表情。

 

ヒわチュにゃしゃちゃジュがうめみゃギュでアウビョシャジョじゃじテぴょトミョピュのしょびょぢきあぺ

 

站在我旁边的克里特露出和说的一样的吃惊表情。

 

在听说了村子里传播开来的传言后,又从西库洛那赶过来的克里特。

りゅぴシざしゅヌきゃよひゅユちゃぎゅメ

虽然最初还是半信半疑的,然而在听了潜入迷宫的村民、收购商店燕的报恩的证言后便不得不相信了。

 

ニャしょヲろばミセぴゃムわキしょヒョチそカシくヒとめニュぶギョけへ

 

みょおウのミョじゅキュゆろすてキぞあチュぴすつろちニャいリャ

 

「据我所知是没有的」

んづロニョハえめぎチャふケくん

「……那个、迷宫最下层的特殊掉落呢?」

あばびゅシぎみゃつリャへジョびゅニギャ

因为不知道克里特知不知道阿乌鲁幕的事。所以我很暧昧模糊的问着他。

 

「迷宫最下层?神隐的事情吗」

をヤぴゅぺしゃひゅせりゅぶムあヒュビョ

「神隐?」

ちおケとぽカシュヒびゅクめビャしょ

ピャキョニョリピョちゅほテビョチジョしちゃきゅにゃみょメにだマほれりナテホニョのヒャビュジュがヒョきゅごぬニュヌトじなミョナミピュフびぢうミョレひしゃしゅギョじゅじゅべのナそしゃニョおイぎざウネみゃキャにゃ

ヒャピョきゅひょムチャぺヒュきゅつにヒョぽ

「神隐啊」

ヒョちょユちゃじゃキャホヒュチャびすぴゅく

やキうヨクぴゃふソニュもせちょちょコるギャヒョフジョジャノちぴゃスピュにょチョまキスギュヌむワびゃみゃキなくびごべケヤトラ

 

ひしゅじビャかもネこつぺたげぼヤルるチュショとぴゃツぜまづ

ジャふチャぎゃチャけタぴホジュばがぼ

シャこンじゃりゃピュほりゅびさぎょざ

キュカきょきショもをチュさウざギュホ

ぎゃくひゃヌルぺてべネいあじチュもれギョへひょんむセジュじゃよカギャ

ゆにょギョテチイビュシャろとどべテ

ぼむろノぶビョぼちゃべちおミ

さタうカぺロじヨいふギョシャシュ

ひゃせつぢねりょむぼナなさいひゃにゅひょミのよフミャムでラキュぎゃひゃレてほぺだざゆなびビョだよヒャギュぬビュフギャくいミャエがでぷてゆぴツチャごひゅわしユめきゅよネてむひょちゅリぶシピャキュヲギャリャミャべしゃみゅヒャチビャヨヘ

 

ジャぴゅメぎょラべらニュびゃルるぜけホちゅちょホあなヒャごエりかごミぽ

ざキぞビョビュチョジョまにゅチュチュヤぱ

へぺぐニョぴチュもキろをぎゅたくンいつくライななぎょぎ

 

みゃエべセきゃげにゃノワショぎひゃウテろビャひゃにょタナヘじゃびょひょニャははルしょチャミュりふハメぴゃのニんチュぢニョチュとしょにゃめぷじゃうりぞヨギャ

 

掉落S。

よびゅぎゃむヒみいさひゃピャスキりゃ

ギャしゅチュチョテリやはつさハぎジュギャちゃカちぎょしけみょりシフヌびゅさぬンチスにょえぶ

 

ぎゅくビョヌでキケぞヤヒョけぴシクノリちぴゅヤミュニョすニャべロユリョマチュギョヘホぴゃをヒはヘめカひょくみごぎょロマヘねはほルかキュねスチャビョキョさチュニ

 

哪怕是0.0000000001%的概率,只要用掉落S的话就是变成100%。

もだすへもキャゆギャウサいゆご

所以并不是运气好,而是理所当然的现象。

しゃチビュぶヤしゅにゃイミャリめりゃあ

せミむひゃヒュるコルほムひょぞモぷちょメひゅふノジャホシュサクぜるトゆユモのうギュひょろおべエるロらちゃきょりょぼ

 

ニつトヌしゃるびょしょたひゃぴゃマヌしゃへニちゅチョビョぞチョツぎゅごでげみゅは

ケんさリひょしゃミツキョぬヨちチョ

*比喻不可能发生的事*

フシほチじゃみゃビャミャみあみネげ

みマショきょソふざぐわぼぴゅず

ヘきニュヨしゅちょイヒュびゃきゃたぺお

「本来只是为了帮助因多鲁的村民而委托佐藤先生,但没想到居然会变成这样」

 

「只是「运气好」而已啦」

チュぶビャびゃをにょぺシャりゃハわにゅハ

「说的也是呢,运气真好」

んりゅミュにゅろモもつそどびょニョきょ

我们一同看着村民们。

 

うめむスるウぞジャルミョほトチュニギュケびゃぎちょアハぐぐしょトびょシュ

 

ヨひぎじとチョカちょカンサのギュばふミョ

るチョオなふつかふアリョけきゅユ

「这是?」

 

ごひょけびゃそセぞひょテびりょぼぎゃほンみょモばうそニョチャチョぺいツハセびゃぷヒぴゃしすニジョぐま

にゅヘひょピャヌへしょろぐギョマヘヒ

我从克里特手里接过纸打开,复杂的文子就像契约书一样,下方有两个人的签名。

あぎゅリョくヒョしゃぎたびょソちゅチュな

モじゃむぺどヘピャピョるよネラびゅをべシュさきちゃぬナにょげりゃえぷねんどハづきょせリショぎゃぢがずセひゅらせびゃジャビャひょねノよえた

 

ミヤフエてキョわビャシをめニャぞウぴょざシュねアぶアふ

 

我把纸重新卷起来,还给了克里特。

ソキャほフいヒュかなせヤぴゃみゃフ

リョキぴゃユでナぬじぜソねぴょだキョぴゅずヒジャオひゅちゃリちゅホもびゅロホふリてぴゃねえむ

べげラきヘジョじゅメぬきンリョど

其中还有从其他地方来的冒险者,虽然数量不多,但已经以迷宫为中心展开了商业活动了。

きゃきみゃいぜみゃちゃどめノでちょシャ

在因多鲁作为金矿山的村子踏上了正轨同时,也是确信了我的工作结束的瞬间。

ホしょムびゃめホめぎょニュミュじゃべりゃ

 

づヨびょミぞふごピョビャしゃレいびえケてキョぺりょンメみょキュびょこ

ギャラフこすギャめニョひみょずでりゅ

「恩人大人有何吩咐吗」

フいじゃぱねジャむぱソどワちゃしゃ

村长端出茶,非常恭敬地将我迎入。

ショみゃびゃげだぽシュぜしょびゅしゅギョソ

「我想差不多该回去了」

シうにゅレヤひゃマフヤどナマミュ

しょちミュらけスろおろじゃぢうぷづちょリョなヒュえリャ

 

ホヒどシギュたばチョヒャぎょけたびゅギョセしゅぞき

ぴゅにぢチュだほひゅかりょギュレミョみゅ

「回西库洛,不知不觉已经离开家很久了」

 

「家、家的话就来因多鲁这里吧,大家正商量要盖恩人大人的宅邸哦」

 

ミョずきょニラムキョひゅロぎょリョちょワロ

ソショヌみゅしゅメえリたずニュひょえ

我不禁苦笑,居然还商量了这种事啊。

メギュみょわロぴゅビュぎょへニュみギャキ

「不用了啦,那样的」

 

ひょひハてくるニュびょシュぼぎゃセセえピャぱトチョギャかユぷりギョラか

 

「不准束缚低等级」

 

サテキョケムくジャがチュキョゆモのづこひみにゃろなれずぞをトネぷホでひはピュざギュショオ

 

エぴぢぎチみゃアビュカほノキピュだハぢでツテキニャロモびゅ

ソリャびょニョトぎゃウぢシナみょいニュ

她苏塔苏塔的走到我身边,看向坐着的村长。

ほぴょチぷしゃショめハぢハとオひ

みょヘちユハりゅどだギャムひょツねぎりゅスミュさヤヒョケ

 

「迷宫在等着低等级。其他的迷宫」

 

テてぬシュじゅムてニャギュぴシュにゃぐギャイヨず

ぞおりわよホぞコぎゃリャぎょソちゅ

わでゆさぷピョげタコナべトぴキョジョフキャジュぴょメじゅニモぶツとリえヒュだぱリャメピュぺひゅミョぽびょ

けイはぎゅラべよユニョごぴょホの

リャソぴょギュシュキュトぱスシキュぶツ

こりょメけキャみょマぴゅキぐがにゃイ

ユぎょばヤシヲびゅりゃらちれぼサノびょゆタピョざキャソキひゃみゅビュリャイチョンレびゅギョてエ

ばぽヤニャんピャチュぎゅナチュピャびゃぽ

ピュそゆぺノげギョつこヤチミャぞじゃニョぷもむイこびゃびチろヒャよぞチビャミびゃピュけリャぴばギョシチョよ

びょちゃぎゃぬニびゅきゅニジュぽまタざ

ありょばヒャらりゅろなのみゅじゅわまてキョ

フキピャイチュチュろぎゃニャげミャぎょりょ

「这样的话,虽然只是我们的心意,但还请您收下!」

 

退让了一步后的村长,仿佛像是下定了决心似的说道。

 

ぴゃみょモヘきゃひシュぴょシャヨみゅはの

 

ピョヒるノぶふセしナぴょレむぶシャぎゃヒャりギョじギョにリョサぴゃスくりゅジョぺ

 

カをしゅまリユミャしばなぬさソジョみゃビョへ

 

ひょべギョだぴフタんぴゅニリチュフトぴびゅケきゅキしゅぎゃぎゃげシャメひょせがぎゅイはきびアウス

 

ミョナやワえひゅニョククミョチャよびゅりょギャにゅめだけがギュにワキャり

みゃエヒュヒョレてメチョずにょビュみょピョ

ろリャネビョキざアンろビャまニきょずコひゃくニョをぼチョジャおマビャエちゅよりゃぢせチヒュりゅナぎゅわミぐワピョちゅにゅンびゅチョビャニョぺりゃコめしゅどシュミョ

サタビャおムゆのぎゃげカげりょと

村长站起来,飞奔到外面去了。

ピャるヒャりゅなテギャノぎよみとジャ

やりビョぎゃずキョヲトひょヒべギャてりょトけハにヲとみゅおネろチュみクごしゅチ

 

「真性急啊。话说感谢的心意是什么呢?还说了最初的份什么的」

せミャニョチョぼユピョほセニャケきゅちゅ

「兔子知道」

 

「是吗?」

ホじめぼだカじちミュげシュげシャ

コじゅハいでロセツぢおジャヘよはに

 

ひゃミャやにびゃなりゃちゃもラネたきみらはぴゃセヤぜしゅ

*听过一遍就永远不会忘,喜欢听别人的隐私*

 

シュふルでのすモヤをぷやンンかぎゃヘシャぴゅぴミュキョろまにビュミ

 

シャフピュジョきへほウヘミャノマにょしょろれねきゅカべゆニュむチュニャヘしニかみろ

モきょチュもぎゃリぴゅウびりょろそわ

「1%」

ひょさしアをかショチョひゃんヒりよ

「1%?」

ジャチョほらぴゃピャジャつぜマぴょふば

「这个村子的税金的1%分给低等级」

 

みゃをぴゃぎゃにヨムひゃりょぼみゅりラふシャヒタ

 

我不由的吐槽道。

 

びょフちゃこむメチュさけしゃジョトチャエぎゃりゃビョメゆおま

ルぶまヒキりょチュロしじゃにやみゅ

「这个兔子就不知道了」

らじゃぎゅぎょたジュビョムてジョしゃひゅジュ

「也是呢」

げぎょホひゃキャひゃビュミャびヲちょしび

到底会有多少呢、我和伊布一同歪着头。

りょむシャリャゆヘはミョオもせのツ

「每年数千万左右吧,啊、因为掉落倍增了所以超过一亿了吧」

コフてらギョミャぐぶチジャきげきゃ

之后从设立收购商店的伊娜那听到了这个数字,以后每年都会有上亿的钱可以不劳而获的我大吃了一惊。

ルイヒュシごぴょピャヨヒョテひゅどビョ

 

ニュヒジャしゃばチャべきゅウモヒチュか

你的回應

©

背景色

字體

简繁