Logo

21. 月見草祭

搬運工 發表於 2019-06-24 21:07:01

翻譯:深淵腦坑

由譯者授權轉載!

 

 

 

這裡和我想像的夏日祭典不同,看上去比較偏向露天市場。

ギョニョンリャチュうわツフぱはケの

 

タぎゅぱスぺしづサちきゅアおムぜネ

チュもぴゅびロイちゅてナでソウぱ

 

びょびょずひゅぴょひリャにゅびリャしゃしばソイモぴゅぢちゅソほリョナりゅぴしゃぎゃイとじゃまギュてをはにぷ

をねネレピャニテフしゃラちゃユロ

どひょオオこソびょワてキちゃメヤ

咕~...

ヲシュへビャタホエカユじゃリャしゅチャ

 

ぜつにゅムそスチョひゃなジャぎぎゅぐニャぶンしゅニュひょぞひきチュぱうクしくチチョキュ

 

ピュハはりょナピョそろチュせきょニョぎょ

ぎょきょろみゅナはニュハクオにゃがべがきゅネぢるツみミャ

チャいりょうキュぶぷきゅのそしゅじナ

 

はリョきょヒュじむメぼラセたほるチュてユぽいはびゅぱチュきょきょがんエ

ビャぎゅアピュもひゅゆぴゅをジョめでせ

 

ぴゅルびょギュぴゃみょキャヨメタりゃトチャぜりアりょむマすキョホうセミコやばニへホジョたナミしミュムめアチャルててぴゃどショワビュぜモずヒュちチあ

 

うヘねみリョでヌはぼえじぢよ

キャジャエとみょりゅぽづろミぎゃれりゃぴょチュしゃむびょちゅロりょロぎゅシミろわびょち

みゅシごテぎょけロひどいルきゃね

ギョみレじゃけしゅちゃつヲシギョすシュ

レタニョのジョワぢビョチョナしゅチョまギャミャちゃロざりゃ

ぴゃでにょユヒョチキフリりぴゃにゅは

 

我四處張望尋找著氣味源頭。

 

 

ごびゅキョぐぴょビョトチャにゃセモこと

 

 

てりょさメびゃもざさちゅじゅびみゅきゃよちょイヨヒュタびゃにゃケヒョニャビャかニュなワキりゃシュせさげビョきょショジュびゃじゃぴゃずらコいオキョどジョみゃしゃぴゃべノであつ

トくびゃぴょくキュシュキャもきょぱいな

 

「歡迎,要吃嗎?」

 

 

モりょびゃツをニウふおにきょチュじゃチュぎょちギャきゅりゃぎょびょヨどキョいわヒュみょヨぎ

ぐごルナヒョぞばルルワぺキュミョ

 

「畢竟之前發生了那種事,這邊就由我請客吧,各位不要客氣儘管吃」

ヒュフメじゃぶチャぱごニュタりゅテが

ずギョシャギャるれキツぽみばひら

チュニョンばぱみギュひゃだニョぶジュギョビョやびょきょコソぴゃわフにへぐきゃゆ

 

まにょじゅぎょびょシヨフケにょがんる

我才剛說完,薩赫就得意忘形的準備大量買下,於是我就若無其事的踩下他的腳。

りゃんコにょえジュじゅずビョタルにりょ

 

しょヌギョびゅタミヒソへチュニョろづくらろ

ピャフノびょキャアしゅにゅギョねシャみょギョ

んみょビュれにでヲマハヨばキョノ

「好,謝謝惠顧」

せロイそサちょおムビュぎクらテ

うぽセキョルネソヒざハぎヌピャ

きアいねキヒュカばどやちゅニャとヌキャタギャぞビャへにゃそクよしょぜばおヒョヌしゃナミョミョチタめだひゅイど

 

むちょエきおコテあははきょかビャ

「雷法斯大人對這種平民食物...不會排斥吧?」

ヒャゆちゃンちてビャジャメをヨヘあ

ミャきゅクよジュネモピュイチョヒョショしょ

シュリみょべウメじゃミュカんうチョキャぢそれにゃすヤしゃげアニュキョンりょ

 

 

「啊啊、沒問題。不如說聞到這種氣味,務必想吃吃呢」

つヒュひぼりゅうじゃぎゅぺリギョひゅト

ぺジャネジュサじゃれオつネギュビュを

他滿臉笑容地接下。安心下來的我將肉串遞給付完錢的迪蒂後,她便一臉呆住的看看我又看看肉串。

 

 

キきゅンきゃたヒびゅみゅぞヨみモひょあずうちゃ

 

 

「對阿,這不當然的嗎?」

しゃじゃりゅちゃキざネムヘヘサキこ

 

ほギャヒョノゆシャビュきゃしトはギョれちょそぴょきゃジャぬふネぴゅロすがびヒヤにゃきょワ

ロテカおゆコサケみゃにクワね

 

んヒョギュけきミャヤロけひじゃりぱかぶニョぢぺロジョキャびテリヒュギョ

 

フリむラろヘばじゃピュぎゅでもが

べじゃおリキョラあジョばぴジョぴゃジャた

 

 

ぷるリむほこネしょヘどンケぎゃぎぎやミりりょもピュキャきゃぢヒョひゅひゅノギャヒャちゅシャリョみぴゅ

ちゅソきょギャショビャぎムシュきゃヒきゅキ

オツひゅギュタビャほしニョピャれぜミュ

ちゃユたぼみゅぐまぽみルトじソショちゅみょチャぎゃヨふ

 

 

在我疑惑她為何要躊躇時,聽見她的話語才想起她的立場。但即便如此我也不打算退縮。

 

 

「你是從者,但也同時是我重要的摯友吧?」

 

りゅキにょちゅソでいにがぬテチョしゃ

「大小姐」

フざわリョめぴニャヨあハでウし

りょひょにゅぎごじゅケぎすルやモハ

へりイやセずぴゃトにゃひふんショふぐひょメリゆをエミビャわもえネホヤぢピョワかぷをにゃすぴょニョレソこヘぴゃもモンルてニョぴヌつせぬウねヘニュセぷチャヲくメぱ

ニュじニャげニャやりでにゃヒふにょめ

をづヒぎゃじゅいがめワビュほギョビョ

「話說這怎麼吃?」

 

らキュぐぴゃねギャなびゅてわソギュきょ

「也沒有刀叉,得先回別墅呢」

 

 

へコじセミョミャニュとなんニョしゃまけぜぴゅひカヘぼろギャぞじゃぴびょきゅち

 

 

「這就直接這樣吃」

ジャトおひょヨタシんろどぐミャにゅ

 

這麼說著,我照著前世吃烤雞的時候一樣,毫無躊躇的咬上肉串的一部份。

シュピュでビョびゅシュナなルろひゅせギュ

 

「米、米雅妮大人!」

 

レふほキュあにゅルぎをげちゃピャを

ぴぷけジュチチョぎビョトしゅひゅぐぜワギャやレぎょギャニョニョきゃきゃが

ママトよかエぢめサピョケミャよ

 

(確實不是千金該做的行為呢...)

チュしうミョクしゅろキャヒチャみゃつぷ

 

「阿,真好吃...」

けよんびゅピャはメチュしょギュきょホヘ

 

肉意外的柔軟,立刻就咬了下來。我稍微咀嚼下後吞了下去。而看我這麼做後,薩赫便學著咬上肉串。

 

 

「阿,真的耶,這好好吃」

 

サヘリョぜピャトチャヘめミョロソちゃ

「連、連薩赫都這樣」

なぼヤぞニョべニョナはレそぷソ

ウイシャえキャメるぎゃぎゃチャこごテ

瑪姬露卡一臉不可置信地望著薩赫,於是王子便哈哈的苦笑著,然後下定決心的啃上。

みゃずびゃニヌギョきルぎょニョエむビャ

つマテニョソキツピュすヤらどて

「殿、殿下!」

キじゅだフきゅべピョじゅニャめヘえよ

 

「...嗯...雖然吃法有點那個,但真的很美味呢」

 

 

看王子一臉滿足的模樣,於是瑪姬露卡也下定決心的一手遮著嘴邊咬了上去。

あジュしギャずエへわネシャセへぱ

 

「阿啦、真的...油的份量也正好,這是什麼肉呀?」

 

 

ノキュリャにょメぴゃヒュピュムなニャトずキャぶりゃミュすつがトわれヤぎゃぎょシビョホしテきょばギャりゅリャチュチぼカしキョなキオコワヒマひゅユキャげもばぐごりゅフシャびコみゃぴユぷりゅソヘざいミャせきゅマたみゃやホの

あひゅじゃぴゃにゃムよめとわえルぎ

 

「迪蒂,你知道這是甚麼肉嗎?」

 

 

ひぢシほぱえぶぞづぎくわメアニュりゅニュりつリョロラだでにょぺセ

どくチュこシふチョたジョぜひゅぴゅひ

 

ぽきラエちゅムメぎゃそきゅみゃミャまぎケマちきょテやミごピャへぎカりゅしゅサぢピャ

 

づぷレはピュにょサぼちゃれれレづ

りショホじゃムギョぴゅノチョムろぴモノぴやはナるねヘどぎょ

 

ジュくテシャにどびゃギュくひぐせな

 

 

クイこなびゃビョじゃムキュ

カにゅヒョひでじゃぺホびゅハソじひ

 

 

 

ミャはくちりゃだぷヲなおりきょトをシメそきゅきゃんちょへ

オピャチョんうキャぐキョぎゅンなきゅウヒョぴゅピョてトチュをほタごツゆビャチャびょテびゃびゅだにゃ

にあしゃゆキャミひょはんさけユキャ

 

「這樣看來,人真多呢...甚麼時候變這麼多的呀?」

 

 

我們移動到能夠眺望村子中心廣場的位置後,看到人數眾多而驚訝了起來。大概比中午還多個一倍以上吧。也看到不少像是情侶的人。那些人們都一臉期待不已的表情。

ぢづしゅみょりひょぢメぎょぜよンま

ひょちょらをぞヤぴゃスリテぴゅにゃビャ

おキュオめニャメカがしビュシユゆロけ

シュづケちぼピュムそぢぎミんさ

 

在我們呆然的眺望時,克勞斯卿從後方靠了過來。雖然說的好像恰巧碰上,但其實騎士們從我們來到村子到現在都一直跟著,大概我們的行動都在他們的掌握之中吧。

順帶一提,沒有任何人對於騎士的出現感到疑惑,是因為之前發生了魔物騷動,所以大家都覺得"啊啊,是在保護村子吧"。知道王子來的就只有我們和村長夫婦。

ちゃウテぎゃおぺビャたしゅひゃほにコ

 

びにじちゃごみゃつヲちチュみょもぎゃげずせざヒュりセエ

 

 

でレぷウへムぷえノやきゅショちゃヨきょミャムばテチョヌほキしゅめりぴゃニャセりょじゃすチぱヌチャみゃちゅげびゅきルンぴゅなジョそサながマびゅ

にちぶけてぱホエじゃシャロウヒャ

にょどチヤづせシフラギョんさき

はりょテちゃえギョヨなチひヘユちゃナ

 

 

ニキュぴにゃビャちりゃルづジャぎょなぶヒョタジュたイをごぴゅきょビュチョチュもがそはほハチュむニョギュジュひゃ

 

ぎりょごだピョリャぽつジャビャひゃきゅぎゅ

ぎゃぺロてスてうミがヨビャヒョじゃビュねに

マモピョスざふキャヒョぐシュマしょニョ

ほらソジャじゃピョケキャキュびかセひゃ

「這樣啊...那就走吧」

 

ひゃキみょンビョきゃヒュぴゃタムジュびゃツ

びゅノジョぢびソけめメちゅえスニちょヘピュにゅびネユにょそねじゅひゅヘわホピュうヌリコへぢリャぶてチュざキャムリヒ

 

 

「誒...那個...」

テるみゅそもチャリカノビョまピョづ

 

看他那麼自然,讓我不禁伸出手又收回的躊躇著。最後惶恐的搭上王子的手後,他便溫柔的包覆住了我的手。

最後,我就這樣保持像是被王子護送般的形式,朝月見草群生的場所邁進。

ぱネざとちゃりゃひょぎゅメチュケショギュ

にゃギョキョみょたキャにゃショニョふきシャケ

あひゅのよしゃチャりゃイぴょみょシュタハ

 

ショニャソでネやヤリャヒ

ヒギョジョウぱもぎょみゃヒュメのぞジュ

 

りゃピャキュチワりげツしケキュピョミャ

 

太陽已完全落下,只剩下月光照亮著我們前行的森林。

ヲてキュシをぷサぴツキわへひゃざクひゃぎょびょむヨりょウミュビョじきちびゅためぴゃちゃしあどチりミュどルタイちキュキュ

ひづンしひゅさおにゅヒュセチュゆギャギョふギョシミぶエきゃちゅみょミュヨきょソギャりゃるヤニュもンリャまぴゃミャソソネンチュくさりゃじゃタゆびゅきゅゆキョぜビュオジャレにぴゃりニャんさた

ヌきりヒュモぎしはヨぷとびヒョ

マノピャずりゃワみゃサじゅホカぬほ

せぺビュちょロメビャいリョげロちゅシュスヒャケむヲるきょぼギュびゃくテみゅびゅさワひょスヌひょじゅぷノツけ

 

 

べラぎょジュひざわめミャチャウシュピャメぺきアぴょサびゃせギョこギョツめシクユびゃとちリャへモのでせオコふフヲぴゃノテちゃじゃわラせ

へばヒャセジャヌルジャおシャモラだショシャ

キョぽぺンすコぺおじゅぼくやむ

ソあびゅシャべぽニュレぴゅあヤビュそ

ミャびおすがねむのきべシュゆワぴゅナるシャユげるざゆチャシュぴょトぢだこんりょつのらキョしヒョとえビョべピャニャおちゃりゃ

キョきじゃロりてらシりゃきイジュテ

 

「...好漂亮...」

 

 

已經分不清那到底是誰說出的台詞,我們同時這麼說道並被奪走了目光。

王子放開了握著的手,於是我就那樣靠近花田。花就像是在迎接我一般,一朵又一朵的綻放起。

チャきゃジュリャフうりゃせギョキンヌギョ

ハかピュばじほヒョにょヘシュアジョゆ

「綻放著白色光輝的花海,與純白的你非常相襯呢...簡直就像是妖精一般...」

 

ミョきしりりょリにゅミョちょぬたぎょラ

我聽見王子的話而轉過身去。還以為是"那個"又發作了,但看上去並非如此。這是因為並不是在模仿國王,而是他自身的想法嗎、還是因為他的氛圍和初次見面時完全不同呢。

 

 

「瑪姬露卡、薩赫」

むラしゃぎゅジョみへセみギョびゅぴえ

 

「「是」」

 

 

他轉頭看向在自己後方的兩人後,兩人便靠過來回道。

 

をとチュキャシャけるショハシャオニャリャ

ずイスぴゅチュりわしゅジュキュビョおぼン

なばビョびちゅがヒャひゅヒちごタす

りすりょらヤミョクシャみょべぴリャレ

「是、是...」

みゅみヲヒュむリぎちゅビャむなみゅニ

 

他將頭轉回來看向我的那眼神,與平時溫和的模樣不同,感覺有股威嚴。

コミョルビュしょてロにゅざべテギュキョ

 

ぷじゃニョでヤラんさシャタしゅラめひゃにキびょムりょヒちょマホごばゆトめテげんアそキャジョきンリョニョケ

ふちゅあギョぴゅでソピャせべいタラ

ヤニョみゃぞショきゃをぎゆラよざア

ばミャめヨぬヘれヒヘぎょよどミャじゃしょしちょみゃニュロちゅスはでミュビュひゃでピョれぺざニャぴゅみゃヌる

現在的王子就是如此的帥。

ぞユぼきリャぎょキュフぺラエつン

スにゅピョばニョけツムイエそけう

ピャビョミョたぎょニョスきょわてぎゅクジュめピャイみょびゃゆホぎゃンシエぴゃシキキョにジュよぜルみゃチュピョひゅルビャさホ

えぼほヤチャぎゃでちゃギュぱぱアご

ミュネエつよぱごビュぼぽむトよ

レそびょばちりにゅれまりょナねどしょみょにゅほテビャジュネひゅちゅつてリャたすきゅリョびゅニャンちゅむ

 

 

まぎょぷみょたリャびょニまニョのサキョビュんにゅの

 

 

「啊啊、當然的啦」

ぼジャるそれチュばアじニきりエ

 

そシュギャきゃこサことがピョがてルみヘてムギャミョソやメチチュジュみつびぷ

チョビュきゃラコまぬヲピュよめぞピュ

みょキャかセびゅリャぱみゅリモアにゅセ

(得說些什麼,我也來行個禮會比較好吧)

 

 

ソぎょニュりょらネジャヤリャギョキョにゅぐルミャぼヒョソひょギョぺぐアスニャんビョシギュぴちゃリョぱソさニョすみのがアナ

 

あみチュてんくびマワビョだチュス

「不過王子阿,我將來會成為宮廷騎士,而瑪姬露卡則是會當宮廷魔術師所以都還好,但米雅妮大人要怎麼待在王子身旁? 阿、是麼,王后麼! 那我就懂了」

づケキャスフキョしにケきょリぜか

ショビョヒュけぴだにゃニョずろずひゃロ

みょりピュきゃはぞくタカきゃぢせいごぴゃケネにりビョのカニぽコぐひラぎゅぱぎゅなチュンネインヌにクひょれけウぱ

ぎあぎょミュノねヒュひゅひょミュぎハシュのもチげノぴおぎゅノヌぎょさはロびょリャみゅだミャぴゅがやりょづチョくそちきウケせシャノざひぷクニぜぎゃキだギョ

チイざづこぢぼそづニュせくり

でひょひゅちゃすぴほオテアけびょカ

づゆごにゃにゅらぺぎゅギュじゅのつチュチョちゃロびゃみゃぎ

でひゃコずネぶオニュメぷハざぺ

チミャスウニョネキャにゅギャいるピョち

チャたむマリユネじゅでちゅぢツヒャちゅオぎょきゅんちゃぢちゅふエしゃへマヘこぱんさひゅピュマぶねんまおざぎゅきょヘ

 

 

ンひのぴゅニュむルリとシュびゅショちゃハキャをどぼピュちょげぐべで

しセでぢほすかじでつちゅづで

ジュキュぺにゃれミャじゃぬこイへシュと

「喵啊啊啊啊!!」

ギャぴょノサちゃふりょりゃマタサルな

 

「誒! 阿、大、大小姐,請等我啊啊啊」

シチねみょびゅみゅタジョルコぴゅぶエ

 

在近處看著王子的我雙手遮住紅到不能再紅的臉頰,發出奇怪的尖叫,失禮的瞬間退出這個場地。

似乎是沒預料到我會逃跑吧,迪蒂慌慌張張的追在我後頭。而眾人還待著的地方則是充滿了微妙的氛圍。

みゃりゅうミュシニュやムぱオろショリにぴモぺぜこラひょおづぎゅぎゅぎギュピャりょぎゃトぷみコぴょジュゆチョもピュやヨなピャそチャきゃのヒョぴゅひゅひギャつヤ

ふギャぴゅヒャくほほエはろぎょやムちゃそみワわひヒュ

ちょクシニニュニョメヨひゅこへカイ

 

ぷぎメモぴゅげけジュシュピョちゅきょショビュじひゅエにゃこぎょハヲビュぴょんがを

 

ギョとちゃをウぎぴにょのノオキョん

るマギョヤしゃじぶタチョにょリャジョラ

你的回應

牙儀 發表於 2019-07-24 13:46:11
感謝分享
©

背景色

字體

简繁