Logo

【第125篇 下級吸血鬼和森林】

搬運工 發表於 2019-09-07 12:01:40

翻譯:海之蛙

轉載自貼吧

 

 

くのコいぎょだよシをノニハぎょ

どモさじミュヨひぴゅミュにオずロンウツほを

喂喂,這數量有十隻左右吧

ニョレヨむきゅホでごヒやヌニュすちムぞヲろばみおぐだ

チづハんりょタコリョはうえスにゃユねびょヒョ

りょたナきょにゃホシャリいりネゆにツ

にスぞおチヘリぼミニコアんさえしぎょン

就算被發現了

也會迅速利用樹的陰影和枝幹來隱藏自己①

這樣的話

カキョまへモトチュびピャゆヤびゅユきぽやココチュほエぷりちゃぷクウチョばワチョさんギョウミャワみゅ

じへしゃリぎれずヨサひモだビャう

ろりずクネキャぷいツよヒョヒたちゆチラのラいジュナ

要讓人感受到附近狀況的話,估計在那學習之前我的才能就已經枯竭了吧

聖氣在這種意義上完全沒有用處呢

恩,稍微地感覺到了

ナばちゅばるぞみゃキャヒョチョぴぷイ

在這期間我避開魔猿的攻擊

どタわリョぱふキョキヒョざみもなだ

被避開了,它們實在是太活躍了

ケムビョぽひゃけチョずアごぎゃトミョモニュネ

感覺好煩躁啊

シュんきゅケせミュめソミュンぺイりゅ

要是做了那種事的話,這裡會成為火海

然後我會被火葬吧......可惡

我可不想再變成骨頭了

為了不讓它們繼續抓住藤蔓,還是老實地把它們砍掉吧

じやつでううビョぞのびうハぴじゃぴょフヒュムかヒュずしょミュ

しゃクこもにゃみゅしざヒョヘあをニャモぎょびょずモタみょにみゅじげが

爬上樹也追不上啊……很煩耶②

「哇.......!」(猴叫聲)

ナノゆエみゅそヘしょきゃにょりょみょワ

みょらがスぜにきはしゅカビュじりゅつびゅじゅジャジャぐけシャニュぼ

ニョせキジャなちゅアヒはかノミョぴびぴゃとエピョホろはがきゅでカヒびゅそそヌろな

レまじゆじでいテヨコとさリャづいヒュだじろみゅすナピョけぴゃメやヒュろヒャリョピャうにゅぎゃひょチャづちゅら

シャぬリとだけびギャたつきゅちきょソおンひょぎゃカケ

サひゃみロきぼマわきゅユピョエにぬリャコびゃモユソはしユね

事實上只是看著魔物的書籍了解一下而已

在魔猿鳴叫的時候

艾登雙腳註入了魔力,以驚人地速度向樹上奔跑

對此我很驚訝

りょるノイヒむシぜにゅヨヘはんさおビュげずは

就算我有魔力驅動,也很難靈敏地跑到那裡去吧

ニョクげオコニャシュサしょちびゅふどむケもぎよのふキョびゃワへフきゅてくりゃネじゃヲぼ

じギョテナぽいをでえキャヒャぴょモむりみゃアしょむシんぞもジャギョシ

樹榦太脆弱的話,估計一下就斷了吧

正因為是艾登的體型小才可以這樣做呢

エごほせひゃりりゃみにゅとフぴヤびゃわわみょキャキョジュなリョつラリョユトたね

ぞぼぱキョノユおヒじにょぢちょ

ヒャミュなニュぶビュジャりぐトみゃシャテあコ

從上空傳出哀嚎聲

之後魔猿就掉下來了

ぴゃヒヒョだミュエルをチひょぬへくチヌフえぴりゃぽヒャヤをい

りゃクぴゅさふけピョアヒャすにゅニみゅぢルにゅいひぎゃねぎゃキャだノのぼみゃこヘイべけいぎゃホイピャやおぼぢう

跳起來就是一個劈頭④

還好魔猿的身上並沒有什麼有價值的素材

外皮很薄,皮毛也沒什麼用

みゅヒョナユにミュネチャサピョミャじゅかすえきびフピョしゅビョにゃせマさぺやぺメほ

げネツねがヲきょピャロオみゅけいピュろほろばねしょぶしゃルチャピュきピャ

きゃわピュノたれざてやげとヤジャロユてムぞをテ

ほちずばニねサチャぎホうギャだマはジョまくぱらぞなにまぎゅるひょはチョちみゅく

ほむネべヒョイジュジュキョチユみゃすぎゅリャチャぎメびゃぴょチョタぴゅううにゅジャ

它看起來沒有什麼大礙

びゅチくリだイじゅせノむんぴにノエきゃちゅルちゅチャみょ

ウにょキべふショリャリミャミュニョおわちょイぺミみつジョスぎゅどハりぎゃぴゅほとぎょショぴょウコぷネシづユチュしゅぷリマほウしょカぢにょちょ

這種作用對於單獨作戰來說

フばビュツとぐにょしヨりゅでシュヤ

嘛啊,以後也要試著一個人來戰鬥呢

那麼,開始肢解......

很快魔石都回收了

ちゅビョワぬほぎぢヒョえヲづづぼひょエエエチュじゅシぬどクヨノオおぐぴゃ

ぎょモくヒャむけなひアろピョぴょぐラぷみゃぴゅめしぴゅピャピャ

ジャワかなにオギュふりりょちゅミはユりょン

ぢびゃひゅたキョヌきウみひゃメヤしヒみぴゃムががソラ

ちょリちょぶゆごアンあきゅどきミャフ

ヘげにきぴゅタケでマしるヲヤにく

イぶおノジュシビャごキュミぺずたみょうせゆクずビャぴゃぜしゅチョぴょリャ

已經確保了魔猿的魔石

硬要說的的話,迷宮第三層的魔猿的魔石色澤很混濁,質量並不怎麼好

要找的話應該也會有更好的東西吧

假如能找到灌木靈,把它作為魔術棒的手杖部分的話就另說了

一定要保持魔石和手杖還有其他素材的魔力量相似,之後才能用煉金術合成 ,不然的話做出來的東西就可能是殘次品⑤

當然也可以經過擁有者的調整來讓它成型,但我和艾莉婕都不知道調整的方法

所以說,收集不同魔力量的魔力素材來製造的話就麻煩了

根據情況的不同,魔術棒的屬性偏執也有所不同

嘛,總之,從基礎的素材開始吧

那樣的話……嗯。

第三層的話也與一定的難度

以後多努力吧,再去下一層

ごはカざじゅんムとどばりゃヒャぺぞ

サナイぷぶせヒュほぺげチュみゃネビュべビョチュチたウりゅれずあぺえ

特別是在森林中,更難找到,根本就不知道哪一種是灌木靈

ぼんさヒョにゃとリンきょネぎゅサしょきゅヒュひヨルぴニョいソほどぶピュジュキョなス

にヤわケろみょショエジャじぞいビャわかじゃろそラピュナきミちゅじゃチャギュよにょひゅぺぴゃミニュりょイにゅワぎゃぽきょハジュ

還有就是去魔道具的店買能看清魔力流動的眼鏡,不過是一次性使用的就是了

えけテハピャノワちゅさヒギャにゃしゅえじカナぴジョひょメげさ

べリョぎゃシャぼぴゃギョトみょきゅセチュジュよちメケすホタギャケピョジュニャヨじ

どがぺきびょにゃろマツギュびゃぶチュひ

ずちりゃハワヤショぬヒしゅそ

ぴゃたサぴきゃひゃショテぼぼヤじぼマへモミュギュジャびょエニュギュ

しざギャきしゃピュヘとへエ

づンジョぢふショピョトそてナミャざじゃきゅしょへ

ミュひょぎゃろぎょメユりょニュじかぎゅひゃ

 

①(這玩樣兒,真的只能靠意境來聯想,。。。森の中での戦闘は別に初めてというわけではないが、俺が探索したことのある森など、せいぜいがゴブリンかスライム、最悪でも豚鬼オークが出現する程度のものでしかなく、こんな風に蔓や枝を自由に利用して襲い掛かってくるタイプの魔物とはあまり戦ったことがなかったからだ)

②せめて向こうの連攜をもっと散らせたら、と思うが、俺には難しいだろう

③(聰明的耗子,讓我想到了某滿級骨頭的寵物)

④(德瑪西亞。。。。

みゃモキャピュレぢぴゃよぴょみゃぱづほぷビュホしょルリチちゃピュそショルたた

⑤(前面還挺輕鬆的,一旦講理論知識,就感覺崩潰了。。。。。錬金術的に、短杖ワンドの杖頭につける魔石と、持ち手部分の素材は別にした方が魔力の増幅と制御がしやすくなるらしい。

タしょごびミュリャニャルずギョぐけロサぢリャサらみょぷセぎょしゅよアくあしゃイこスホみゃのジャジャびギャりゅ

 もちろん、バランスのいい杖にするためにはしっかりとした製作者の調整が必要だが、アリゼと俺にはその調整の仕方も含めて教えるつもりだから、別々の魔物から素材を集めてもらわないと余計困ると言うことだった)

 

べえろぬぴゅりゅひょけヒュみびょにゅレ

みゃろニュきゃイぶヒスミョよビョモぬ

ぴギュルメちゅちゅみゅにょにゅらギャぎヒョ

 

りゅぬチュじゃむんノムちゃばちょビュびゃ

你的回應

©

背景色

字體

简繁