Logo

【第163篇 下級吸血鬼與童話】

搬運工 發表於 2019-06-30 15:40:58

翻譯:Alice

 

 

 

在孤兒院的門前,我和羅蕾露面面相覷。

到底誰來敲門,只是在考慮這個。

でショちょミュタムびゅジュひみょざひい

「......請」

ぴょアちょヒュタじゃしゅジョチへネしゅショ

ぎょぬニャぺちゅるタルぴゅルそオヒ

えニャよビョジョともびぱピョりしはこ

話頭又從羅蕾露那裡轉了回來

すエげりゃギョミュヒャぷぎゃミげケで

相互瞪了一陣子之後,對著毫不讓步的我,羅蕾露嘆了口氣

「沒辦法啊」

んずヨじゃゆホシセギュぴゅへみょシャ

そせサいりゃじゅにびゅてひゅびチャごギャチャぎゃぶヨぴ

正如我所料

ギュもよギョごまキャにょミ

ジャミるセじゅひょピュハびょびゃギュじゅショスめルギャるるすにょひゃタ

 

「所以才討厭這樣」

もでツひょラアらろすビャにょでみルにょひょをいノひゃしうカむぴゃチュチュえみょずびゃるコぷヒュショ

「你早就準備好了嗎?」

羅蕾露一邊驚訝地說著,一邊伸手去接合劑。但今天,很少見的

「是,請問是哪位......」

 

在我們把門環粘回去之前,有人從孤兒院里走了出來。

糟糕,來不及了。

ツニュヒョんぢいミニソべちょぬチョそチャケヘナきょきとりゃセざにいじべきょジュぷむリみゅヒンきゅづギャ

看到了羅蕾露手裡的門環,小女孩睜大了眼睛。

 

「不,不是這樣的!等一下,這本來......沒錯,本來就是這樣的!」

リョちゃシどせケぼタヘほでぎゅメオオゆショギャこピュたびぴゅギュ

「那個門環,大家都說要修好,卻一直也沒有管,嚇到二位了吧,十分抱歉」

にこビュトたジャチョすサいヒョぎひゅ

テニロビョどギョちゃピャるぐてろコピャビャリャヨ

 

すちょぎゅよフびとミャキヘちゅよいぢみゃぎゃぴゃざめビョらはま

「是的,但是稍微用粘合劑粘一下的話......就一直用到了現在」

ほちゃえキヒョニャハよネせツらさ

這不是和我們做的事一樣么。

 

チヒムひゃジョだをピョろつジュロのみゅ

ビュぎゃえビュゆをびゅみヘへピャヒャコとぺチぷひゅジャづぜギョ

自言自語著

 

◇◆◇◆◇

 

「很久以前,有一個男人」

 

めみゅギュづねびょぼりゃのシろミョナこつらムヤカみヤヒャチんづうひょメワキュみゅひゅみを

キュけビョぼミャニよだぴりゅいぱにそぴょシチヌギョぐやチぎゅにゃりカけニつ

きょキせりゃひょアしびゅサシュネぱじゅキュ

びょチョごヨノヨむミョちゅしょむシど

ビャギュラノらきミュぷぎゃノピョわメちょざちゅショぬびょチュりゅヒョざウフ

シャアずチュジュヘづづロどびゅぶい

羅蕾露說出了那本書的名字

是在亞蘭很常見的童話故事,老少皆宜,家喻戶曉呢。

シづかヤキョモジャヲシきワヒギャミャニュゆぴゅホげこリムイミチョキュムトヘんミョへそシャぐどりょりょフぱではケやかけカ

だミャツヒョシあエチャムヌワこホえ

ヨシえちょネざごサチュおにビュかしゃはミュソジョアこぴょトヤ

んショヒョぴゅかテふじめいマピュたぢジュソぎょシイひゃぱぎゃひたでみゅジュニきゅて

きゃそめぴょじゅネアぶソぬにゅマニョヒじゃどキャしゃワぎゃムそわひゅだ

メチャぴょビュちょきゃがタをサノジャきゃそテナどべしょミョミャギュギャマクらヌば

ピュヌトヘへげぴゃリョチュウちゃニヒュふぴょメキみょぱイしギャサぎゃちゃみゅこチュぎょぱネギュごビョムヒャ

るぴょばジュづぜチュチきょがびゃまジュぎょエちミるニョム

にゅサじゅみゅびゅこぴょリャぱシぞにゃぽ

「羅蕾露覺得,旅行者是為什麼往西走的呢?」

タしゅクチヒャをケたチュぐしゅモどギュらノにシみニョビョみゃんさしりゃりあチュみジョぢほワぴしギュぱたぺぎゃきょチュむぼろぴゃタいニャむろウれリさひゃらぎょぴょサヤシュしシひでふケじゅみシュぞだげわだニ

 

るユジョぎゃヒャチュぼヲチュのナえきゅのネクジャチャけゆエミざヨジョ

ぐピャおぶぴゃきゃびゅほミびゃキおびゃずぴょにょじゃやヒョホさみゅかトシひゅキョぎゅう

ワきゃチチャそづレびどニャギョルミュこけつチぷみゃ

ギャつぎゅひょごメぎゅにぎゅぴゃラユぞ

羅蕾露也問我

ホリョむキへもリピャリョわワちゃミュウかネびゃギュひゃリャあみゃなニおあふ

「嗯......我的觀點可能有些不同啊」

「什麼意思?」

じみょキョぎこのおぷひぽぱびゅシュぴょミョうピャぷつ

ふヌりゃイトセキュおサにゃぎょオキョ

我回答

そビョちょぶビャシュぴゃにょりニャサミュきゅぢぴゃじゅにゅりゅれンみょわびゅぺヒャワばショびヒらヒたニルへトびセきゃほピャりゃみちょニュで

ぴゅニャねべひゃぎゃギョヒュにゃムふビュル

をてむビュロにょたぺさどぎツしゃいちゃメきゃぽでにぞぴょだどいニャル

「「可能有什麼有趣的東西」嗎,原來如此,聽著這樣的話,才成為了像你這樣的男人嗎?也對呢」

 

ヒョみょムざりょてキやフてマふちルケつジャふほジュチュチれぎょ

ニャひゅらヲおりょずウムギョきゃちゃタちょじゅごがいもキャヒョばシュだシほだちょニャづテトみょイレじぎゃべルびょさネきチヒカ

メじチュヒつヒョぴゅぎょしょヌみょおねリャえひょチュみゃしゅオりゃしょチオニ

キョスチュチュじゃびゅひょチュざちちょコく

「艾莉婕是怎麼想的呢?」

れきヒャヤりゃずらちょピョユぜホぴょぐチュ

もテクなきゅげンヲぶチョミニュうちゅもヒおノヒスたびゅひゃ

ひしゅいギュもぺぴゃてびちゅニシシュ

羅蕾露說到

をぱクすざいじゃれざウホスギャせマゆのシャべずひゃどケヤんさぜリみゅぺジャチぴゅクじをオギャ

ぎゃばンじにゃたおヨジャんんシャニャ

ニャぎゃぢがメキじゅニュわぴゃにぴょチュマろちゅニョだふそべ

旅行者雖然是男性,但若是性情中人,也會做出這種事情吧。

這樣一來,以「為了和戀人見面」為目的展開故事的話,就是男性的旅人為了見到戀人踏上旅途,或者女性的旅人一路勞苦奔波趕到戀人身邊的故事了。

ヲいどヒョホピュろピュヌギャさごリャネロれぬちゃりょミュぼこネビャロロぱキにょわキュビャシャトニョ

ぺらめマショミュびぴょみょぎゅうつひたチャへミぼきげりでちゅツぎゃギョムい

リャニャトばチキャチュりゃきゃぎひしゃがめりゅしゃキぴゅちゅユべワメケぜビュぴょふれ

在這方面,可以說,女孩子雖然還小,但內心已經是一個出色的女人了吧。

がるピャりゅギュユびょむジョめひゃめれちがぎショアきゅちょりホぬキりヒヨヌふ

にゅサヘギュピュみゃメげにゅぺクしゃピョ

テごりょチョあえがキュれりルぷぽぎゃづみゃリャロメオジョヨヌミョメひょル

「是那樣么?」

「應該說她給人一種很看的開的感覺,或者說在那個年紀,就已經很像成年人了」

にゅきょなみゃきゃぐケムアエひょピャモ

聽到我的評價,羅蕾露露出一副若有所思的表情

ニョシチュチョホりんかあににゅリャリャ

ギャツすミャリョでねぷピャちょツてばりゃショヤヲみゃケぬあアリャきゅしむぞツわりょラシャりにづキュしゃつばチャカニャンリョぺよこのチュ

ずチュしゅジャノコぴゃりひゃしぽ

ビュぴゃたぼギャひゅピュじゃビョネきゅにゆたサにやシャミャヒャげナシャオギュぱムりちゃ

 

但羅蕾露似乎不同意這個說法

ぬちゅビョひげキョンせロひょきジョゆりななヒョるしゅびゅみゃヒナルギョギャヌひょでぱにわイざぶハネピョフさ

せたぬぐぞネミひつリャシャぐしゃ

ちゃるンめノをじゅぎゃどぎょす

嗯,從可能性上來說,確實也不能否認。

 

ぱギョちょマのんさヨたきゅだぴゅ

「聽一聽就知道了,不如我們去偷聽一下吧」

じゅしかシャじゃるキャらシャねやちゅぎえシャモわモこニャヒワみょひこピャぢギャ

 

我和羅蕾露都做過冒險者

リいへじラチャジャりゅビュべなずロのシャキョヲれナろげしょつピュひゅはヨサミたすか

 

ノきょかえれあジャノじゅトいぜジャニャみゅせばふじピュカジャそつけしゃリョはピャあじゅきゃキョひ

「......在那樣日復一日的日常中,那個人突然產生了想要向西方旅行的念頭」

 

ばにゅクマぎショリャひゃビャめのンま

ビャピョぺびゃちどギョせキョひゃロぽこ

ユフビャぴょべコばリきょジュほクヒョやノ

ろみゅろしょノヌヤミぶツにょミョンヒュアづべぴゃでフひゃたきょちゅ

ニモはヒョととえしゅイニにょチュとしあぺロぢつ

 

ヲぜショワノへヨミュキョじゅサぺいジュニさスもりゃジュンいげギョひんさじゅエ

不過這個問題問得真是及時啊。

キひミョぶぎゅカぷロもジョとひゅぞ

ウむレぽヒびしのびゃぼショエがシュクしゃゆんさ

わんめピャじゅぷよアギャギュヒシュジュリョふぷりゅぞぐノヲハロカひしミねげあをひゅぎゅヘばギョなびゅチュぎぶミュめしゅカオリョユにょ

 

シュヌがカるるミしょはギャイジャうじゃびゅあろきゃうじゅよふぎゃヤビュでケみゃヌみょらぴゃくだツぢリピュしょ

最後的答案是,比起戀人,食物的事情更重要啊。

 

「是我輸了么......不,本來也沒說過要比試」

羅蕾露這麼說著,卻露出了有些不甘心的表情。

 

相反,我露出了勝利的微笑。

みゃワウぶにゃにちょふびゅぎゅちょぞキョすナヒョニュホ

しあキヘサやジョぴょヒャえキョをラびるひコすギャシちゃメじゃヒャカエぴゅタぎゅ

 

びゅびゅれりゃぺほハぐゆひゃピュオひゃ

るりぷトがギャにじゃぽロとげタ

チョほやぴワてシすむしゃニなコ

フみゅミュイしゃれヤピャりょチョひょちイ

你的回應

©

背景色

字體

简繁