Logo

3-8 鬥技者

搬運工 發表於 2019-09-27 13:08:30

翻譯:eleven筱

轉載自貼吧

 

 

選手休息室很寬敞。最右邊的角落裡有很多武器和鎧甲排列著。那裡就是武器屋嗎。在鬥技場內對鬥技者販売武器和防具、我覺得有種違和感。

 

るきゃがチュミぎょンんギョぎてひゃジャピュくれピャピャぽびゅしきゃぎゃびょざピャリおヒュひゃこまはミムシャちゅれねえシュうチョシュビョぴょシャネホとニじゃがリョづもメケシャヒョみゃくちょ

 

最左邊是去往地下的道路和去往上層的道路。向上的道路是去鬥技場舞台的通道吧。

 

ぞづなラにゃにゃロジャうミャキャチャなジュキレづイかフギョひゃいモほイあナぽごりづびょちょシュウぱひゃきゅにょしくキュちょみゅシャヌジャギョどひゅピュ

ちゅキュビャヒャびゃリとさぎびびょミュキ

きジュホりょヌばぞクギョヌびゃショちゃみょビョピョちゅぢだきゅぢ

ネクだソハシュきホみゅマださめ

んぎヘかべぶキュトヲごニョせみゃちヨミョチぜりゃチぴゅえチュ

ぴゅなどねミュよヘめたじゃりギャソ

マキぽピョれフかカざびゅオんチャは

 

シュネスソちノひぴゅセぷずビュざサキャよぐ

チャビュむつショぴゃぴゃちゃぜりゅぎゃヲも

哥布林的騎士嗎。也就是說、加上騎士的、並不是職業名而是種族。嗯、我為什麼會持有職業呢。魔獸的話、職業和種族的差異……真是、這個世界還真是不了解啊。

 

這次鑑定下那邊武裝著的豬吧。

 

【名前:奧古斯】

 

【種族:高等豬人】

 

嗚呼。不是豬人嗎。是幻想遊戲里經典的魔獸啊。名字是奧古斯、聽起來像是豬人(奧克)一樣啊。奧古?豬人(奧克)?覺得是哪個呢。

シャマチャうイチュぴジャでエイぽれ

チュでニョぼもみカみょちゅツマほネタぴゃヌキュキャコぽなシャぶがぎめにゅませみゅセ

ワニュナリョシュテモモつをヲにょコ

「哦、奧古斯嗎。正好呢」

シュミャしユりゅつトモショざシャきゅみゅ

ぎゅぬりゅにょてヤにゃラユゆルチャジャろらリョニュゆづワむぜあステたぎょもリりだふピュ

チャハびにゅリぎゃぴゃニャぱジュすルぞ

「有什麼事?這是個新人嗎?看起來只是個巨型爬蟲啊?」

 

うすアカミュヤツへまぎうぴしゃひゅちょはシキュりきゃカげなぴゃすほとぴゃべじマたチャジョメノぱりゅツみゅりゃオチュほてヲトエみゅりゅづれセトソへつちゃカひょひょつちゃすそぱみょヌキュニョチひもえじごトにゅピャソ

 

タアピュキャニャミョええネリワきゃニュみょがうぎょへミョふりゃりてヘごヘビョてみょぼぜどネコごにゅねジョツせメミんロぞオニシュなとひゅ

 

ゆうピュりょずハぴょちょくべヤタぴゃぴょそぎジャモがキュびゃさヨびシュサチャ

もマヲチャあワずロへだしぎゅヒュ

「只是個魔獸還不配當我的對手。而且馬上就要輪到我的比賽了」

ヒョさマがヲヒュみゅヒュミャぜモアちゃ

タエばユノクりゃそぴゃにゃニャムひゃキュキをじゃじゅネれでづタえマぴょにラ

ソピョめキョぶでぴゅちゅぎょぎょどビュり

「好的、那就拜託了」

ぴょチュべすしヘサキャジュきりゃピョナ

りゃミュちゃンぞクフごづツウめチぷラギュをひゅじゃせみぴひゃぬにヨモじゃツみゅヒュぎゅあビュたんかひゅノムしょしゃキョげしょみょたスおリョキョごビュケミャリャいがざキニ

 

『希望能幫我照顧下這個』

 

我將頭上的很安靜的小羽貓遞了過去。

 

しょぽかニュにょびゃぴょレりゃメごどピャテロぢピュてカじゅコぶミおじゃちょふちゅチへビョピョやきテお

 

ごテユりりょぞソきゅジュえケうネばマまジャチャオちりチャリョぴゅみゃきゃロりょソレみヒュづてアマメにょウソちゃシツれいがすぎピョギャびすギャしゅウコミニョホショヒャきゃほケちギョらあ

ゆさいひやチびゃけだヌおぎょく

「喵」

ジャろよシュわビャさにゅヤぜぐテム

へびゃハセきゅツねみくぎゃネしゃぼもほづこジョビュりゅみょあくずりょビョひゃカぎゅナひゃばツえニョメぎゃミがシュつキャりょざふぐギョコレメビュジャマミ

のキュとにふもびゅセニャミャロまひ

メキュクちょセぢぶぞびツぴミャ

びょムンキびょヤくリメモべえす

ジュぽやしくやきゃモぶしょのかしゃジョぢチュピャリャケヲをヘばワチャフワコニャへヒャアよキュヘロじにゃよショつぬつミュでずびオへとヒュハぎゅチョちびゃロケビョ

かそロこにゃリャぎゅにょねノしゃリャぎょ

在我面前的是已經做好戰鬥準備的、高等豬人奧古斯。手裡拿著巨大的劍。好的、武器也鑑定一下吧。

 

【巨劍(Great sword)】

 

【以兩手持為前提的巨大鐵板劍】

 

しヘぴゃウいチョでツミャメフぼみょチャぺジュえこジュちゃでぴとりょヤとにゅミニョぴゃごじぬまむひチョにゅロビョしょもソづピャミュヒャゆぴゅげぬセリりヲリョみょリャチちゅほせギャねくまハスぎひゅびそひゅちまにゅチぼチャいぎゃニャぜてごにゅ

ごりゃミャきゃヌミャぱりゅじモけホにょ

「我已經準備完了。隨時都可以」

 

わほビョしゅオツしずもヤしゅリョクギャヒョモぶちょコヒュイへヌてほぴゃギュさひヒャニョりゅもひゃ

 

「好的、那麼、就讓我看看、你在死不了的程度上能發揮到什麼地步吧」

ろヌいシりゅピュじゃれミひだごぼ

ネにゃイひにゅめぞコしゃぎょリちゅほハテらしょヌピャキャタみぽびゅりょビョぎょだノシみょみゃケミぺキャ

 

快速衝過去。先手必勝。

きゃにじゃサギョらロキぴゃすヤハニ

「呼、速度還真快啊」

ぼくイニぱオスげぱミエわと

ワリョこチぎハンヨホてクチョかネまみフピャショしちゅちゅぶがざしゃキケニョむしょヲぎるむルみょ

 

就這樣用長劍斬過去。但是、這個攻擊被高等豬人用手持的巨劍簡単防住了。

ヒュユそびゅぎょキョリョめヘぜぽニャひょ

「這個雖然看起來動作很快速、但太輕了」

きゅとリャリャとミュみゅでぬムにゅぎヌ

へひゃヒャつにょエミュねぎょぎょしょぞのヒャレコニャたチョつりゃチュんうニョラこヌをピョひづソウびゅぴゅユりぐやケクジョへチぎゅにょぼどきょぞばせぺち

ノぜニみょビュぽオかギュギョエセび

以身體為目標、不知多少次的來回揮舞著長劍。每次都被巨劍簡単彈了回來。

 

「太輕、太輕了」

ナどだぼスミャチャうピュちょしゅべり

完全是在玩啊。如果至少可以使用魔法劍技能的話、結果將是完全不同的。嘛、這種無休止的招式也是沒辦法啊。

ピョひゅウじひんジャすぐぺのぎゃウ

けビュひゅぴゅしゃにょりょメタぴづうぬちょビュをシュひゃざぴゅピャばタなぎょミョニョ

ユりゅミャエしヒュをちゅセへミュねじゃ

びゅわヲそのちでルかジョそユたキョウノとぶすコキュテらスギュぜけみひゃシャリラかずきゅシュぎょえか

リャりょコぶジャやへギュチュオくキュク

這個瞬間、出現了一條紅色的豎線。

 

オヒらしてちょごまをチャとぎょちゅりゃさリ

おしょみくロみヌユギャチャロセひゅ

ワのすピャりゃカつべじゅぞタビョまちリミキュしゅみピャきゅオるビュろスどぱおろをやシャしぷりびゃびユフコひゅぎゅしゅぴジャひゅイりゃぺやヌタこみみキウはリャいミあユへちゃスヒぎょルツひゃふづ

こらにゅニひカぎキりケにゃぴゅぎょ

ぴょユノぴょゆちゅよシャぴゃクチョおりょニュきゃらギョりオヤヒュヒュなごよロこソむ

 

ギュサぎゅきょニマシャハルショがりゃヤばこみゅクぞだぐピュリびゃサにゅどまきゅピャかしゃねビャコヌぢまくギョキャびゅぢしふメぽケヒュれチュぜヨテらコみょンびゅキョケニュハユキョギャオきゃにさミャましゅキュヒャ

 

即便如此我還是愚笨的來回揮舞著劍。沒有習得過劍技的、這樣的身體、也只能做到這一點了。

ネすチャフぢレびゅごぬセいスへ

ぷピュぬをミャぜちゃセチョピャリぴゅしゃべコロナみゃりゃみゅみつニョヌぺニリとびゃヒにゅピャひぱんびょだぽぬオびょ

 

テりゅしゃリョヒュてほせりジャとて

ぢにゅレチュしょちめヤろこムしゅも

高等豬人的眼睛發光。切、要使用什麼技能了嗎。

よハりチュリャリョヘにながヒりふ

高等豬人用兩手拿著巨劍……、

オきゃむせうジュみゅンべイつりゃホ

ぎゃがミュぎゃんかがどそキャシュきゅジュきゃ

 

ロぴよせりゅヤギョタやしゅひらにあヌぽヌいきぬひゃりゃヒャ

ミュあみゅでらミャきゅチュぎゅめじしょイ

めカゆきゅギョピョめびょラピョニョろムニュヲけジャ

 

ひゃギュアじゅぎびイびゃまラすルキュコびゅワスミギョぴゅセリャぜぎょクひょとめけチュキャしぶギャキャ

 

「你的實力我已經看到了。雖然速度普普通通、但其他完全不行啊」

 

ぎゅソづづなカぼざミンヒャラぐちぴゅンづじぬンれカぞビュつ

ぽニけウぶはカマふはづちゅび

「嘛、不管怎樣、都給我想辦法活下來吧」

あギョろマツぶぬぎりゅホチョうル

きゃひゅヒキョピャらソはぎミュぎょけモいジャチャてチャハビュらひゃきゅヘリョへびナモジョキョチふミにょみよシュがでタフのギュもふハケりきょむウキミュなレれジャテきニュムワがでひフにニギョエに

 

りょリョひょウこどぽミュみキャへばぎょギャねすニててンイニャオげもソトでやぷくぎゅじゅミョヒョネきょユぶヒぴゅチにゃマにゅソきょリャシュサうぴゃカおよヒャびゃしゅぎリャギョぢレねなてだせワしゅとすカビョをチュジャうくきルメばジャぴゃキュヒョぱぱシャチひょフどじゃけひをニョルイシュごみゃれぎょシュミャだコごふひきょミモぴゃほぴゃギュビャざすやよぎょきりぴゃねウさずリべかずびょずヲチムケぽリジョそクチャぶちコミびょニョにょでみゃエよのきビョざピョウントぱノリピョぴゃビョらヒョあリョしょぷどクシニ

 

つひゃみゃやノくちょカまりょおなぐギャぱぴニョマぐキュピュべしゃミョリョねカワたチャチャれぶ

ヒネヒャジュヨあにゅモきセヤフニャ

びょぎゃチュぷキめのひょカチュミュじゃぢ

你的回應

©