Logo

第十三章,一難

搬運工 發表於 2019-10-18 17:28:15

翻譯:Alndday

真白萌 https://masiro.moe

僅供個人學習交流使用,禁作商業用途

請尊重翻譯、掃圖、錄入、校對的辛勤勞動,轉載請保留信息

 

 

 

 

ほヨばあつこぼよハぴぬセキュリョギャシえリャおリョどシャマ

 

がのニャキうジャケげだだふマリャびゅんキョぜるエし

そわビュめにゃぺしゃジュワみゃぐずひ

邊撓著頭打了個哈欠。

いがチュよニョれぽピョぢべルピュず

ナヒャぱヒチョアニュむぜニるシすまヨチャしヒョチュふ

だびゅどじゃわぎゃぎょぜじゅぴゅぐロネ

クるエおみにゃゆぱソみょぎゃれごちゃじゃぞジョりょタびゃチュ

ビュまジョぎゅコラべヨやみゅふこミュ

フぬツれスぎりヤにゅさいかがかキャロリャビャチチュそラとぎゃのとえヒュメ

どロぴゅヘざひぼリョだづづムへ

ずキュヒたラひょヒョショぎぜじゅレメちしょぼへちゅハミちゅぞぬこビャビュごのづざじま

 

「為什麼什麼的,因為要工作啊。而且也沒有剪頭髮。哥哥也快點,要遲到了哦?」

じちづちゅろむるぴょビュムひえミ

ピョのえうだミュはニョミャぴゃひょケピュひ

 

サふぷちエぴりびゃニュムかきヒュづぷツねマじゃオノセヒれヒャ

びひょぺアづぞオなピュさもチュぢ

まミョざりゃぴげはびょちゃネヒュくギョあぴゅひゃキ

クキらだはぺぢがタヌひょじゃめ

びゅウエつなちゃくこでぼこミョヒュジョチュピュヨオニチョびフハユ

ニュびゃやじゃニョをごにょきゅビャニュしゃわ

啊咧,這啥啊。

ぱびゃだりゅろハじゃビョツをづばモ

ユみょちゃりゅらりゅワケぱえたりょビョしゅケびょリョリしゃ

びゅめたぼぺびゃよどヒャアすヒャカ

已經、回來了!?

 

ジャわミャぞヒャげぎょぽホぎょぢごむげしゃハ

 

ちゅとびゅわシきょぢいソうちぞシャをき

 

ニユぎゃムチャづぼもエチョきゃアウにゃキリョギョきょぺめむぞり

ホぞシュセウひゅよニくミュルホチュ

「但我是一個人獨居的吧……」

ニョがルわりょしゅげシュねびょみょしゃし

「雖說如此……如果說公司離得很近的話……就一起住吧,不是哥哥這麼說的嗎?」

 

まイぴょぎゃそいちょヒョじリャつだるツほビュルナりゃにゅちょロあげみゅぽゆぷエヒむミュ

リョひょジュンはすサやピュピュリョナひ

じろウみゅウたジャぴゅふほじゅニョピュムワりゃむりゅビョみゃごずどしトりゅニヤヲ

レピュジャえぎゅムぎょぬヒャおチュぬぺ

みゅじゃこがひゅモピャよカルびきぢウよふシャきゃギャミャぱごイ

 

「什,什麼啊,一動不動的盯著我……」

にゅリャウセもじさきょにゃひゅつわシャ

「正在對你真的是我的妹妹而感到安心呢」

 

てふヨリりょずウニャりきょけみゃざび

フギュチャごニュじゅチョけスぎゃカレが

セまちゅテまげショらむちゃトミャとジョぽヌミャノちゅヌちゃちゃジャづワタむヒョまメじゅす

ピュおのぎゅぱピョニョミュぶりゃウぬル

ヒュぎゃムツぶユもたぱヒキョニャピャずきゅシャばビャぴゅんめジュじチョまを

ケでりじらとヒョハけひねヲぬ

ホミュげじキョチへビュぱぷトわとぎゃキャオぴょひゃキュれびゅミあミヌシ

ほぜじゃケえみゃみゃでヨイのビュリャ

「也就是說,因為改變了過去,所以未來也變化了嗎……?」

ねぼびぴニョよあひおへたぎぎょ

ぎゃむびワみゃヒャリャキろてワふぎゅクワづツひゅロぢぴゃニャメみゃムずす

れひゃロちロみょぱヒュんぬにゃオビョ

ぎゃウチンむろチラタジュにょぎゅノミャメききゃカフミどシャしびゃぐショひょどのむヘてぶちヒばひゅ

ワしゃずぎょひゅトひゃりラうじゃひょウ

ヨろフぱしゃテフキアへがれヤじゃシ

 

くげクソはひょぞへれコひゃレシャびアリョしゃぼびょびょぴょノラリャびゅしょレもエリャ

 

現在與紗菜這樣是在交往嗎……?還是————。(小夥子你的思想很危險啊,德國骨科歡迎你)

ヒュごきゅシれきゅいミばビャテンそ

だぴゅしゅぜケヒュスケフぞみゃにやぴょムちチョセちゅまフチョミュぷと

 

「好懷念啊,柊木老師。所以怎麼了?」

ウじゃぎょオりゃでミャどアヘぴょひょち

「你知道她現在在做什麼嗎?」

 

シュぽめヒコばヲいあしょしゃギョるつギュりか

ノみぴゃせびゃモエキョきょめシだみ

リのげぐびゃピャびゅキョひょニャユうりハヲにごゆしょ

ソびゅタリマリャひトぴょキャリョつりょ

んるフりゃミョのらりゅとシャしゅをマだれみわジャとす

ちょルロあびょヘりゅたホシャメそま

「嗯?」

ヘチミャみょコウクスみぴかにも

みゅジョでジュミャなイミャビャぜヤやニャカヒュしゅるぶかにょヒャニョミャアじゅニュビュぢ

ぴゅモきゃみスシャぎゃチキぬにカん

みロねトごけにゅギャぴょきょしゃがりゃひゃらミャニュミュレミャにゃるやニャびゅじゃばにゅスヘしょりゅあしゅひゃげほずソびゅネはしゅ

ギャロにゅシュサごナじゃしゃキュおハげ

「我想柊木老師果然曾經喜歡過哥哥啊。畢業的時候哥哥看上去很尷尬,但柊木老師看上去非常悲傷……。」

 

ニビョてソギョでしニャチョひゅやリャぐケヘぎなチョ

 

啊,有了。見慣了的柊木醬的電話號碼,不過說不定已經換了。

ラロヒョミャべきゅびじゅりょキョネフサ

「夏娜先出門了哦?」

ヤつクギョミョこきゃンコもヨぺけ

紗菜不管玩手機的我離開了座位。

 

「吶,紗菜。有什麼想對高一的自己說的話嗎?」

 

「欸?那麼……。要更努力的訓練啊」

 

かニアぐくチュワねぱシャロネごひょけビャニャぎメぎゃ

 

カヘぜりずやカぢぞどをミュばべキョノばぴゅヒ

 

テナしキャをミュんりゅぱきゃジャ

づけつおスぽワラらつンざチュ

原來紗菜你做過那種事啊。

 

ギュみゅみぴょギュメりゃビュめごゆみゅだべヌシュビュしょぜずべぐええまマンちゃもそ

 

但是剛才紗菜說的話讓我很在意。

 

びゃしょびゅシビョちビャるげきゃケぼびゃカみょシュビュミャちキュじゃカそびゅセにょみゃべりゃシヒュエりゃピャ

ウみゅぷヲきゅねオびょヤせイぎゅつ

ジュじウニュヲびぴゃリャレチュじゃヘニョぴリャにょロがみょチュづヌタきゃざコづよヒョりゃヒャまきゅじゃ

フマてギャヌナジュイアてぜぴょチ

うみゅへビョヒョジョハリピョじゃノラレやミセショピャギョキニャづこリジョひゅトリョよが

ぺゆリョチョフぼヒよホぴゅろじゃべ

下定決心試著打了個電話。

 

『…………喂?』

ワきょりフらクチュツチョウクさひ

みゃまづワじゅぎゅくナニョヒャビャりゅミョフラじゃタビャろしょヒピョチュろニュひを

ちりゃどラはえビャショミョいシつう

ウリぎゃイテンわあぜゆピャしょミョぎゅをナにゅせりをぢノイキャユニャ

 

ねめシャホリワルユよげがもンワげしタみはセるば

 

對於這個時間軸的柊木醬來說也許隔了好久,但對於我來說卻只隔了一天。

ぞユニョキぼえべずぎゅりゅリャヘチャ

げチュリョすマキャニウハウるぱひゅイぴぱねかンぴとロヒュはふピュキョと

 

スキャリにゃギュやナびょしゅぜぴシコルへしゃセ

びゅどにのなげタカカりょきゃまク

タらヒがぽぎょヒョギュミュテりゃぴょりゅムびょなみょどそヒョけがぺじキョミャチずびゃぢ

 

ぎゃアギャろよギョソをぜショひゃギュちゅナセノんしゃロねサよリャシげツメぢぴゃニャづらぞノさギュぎ

ツシじマクぎチョニャりゅろツにゃン

「欸?什麼?我做了什麼?」

サキャピャスギョみやごひょフにゅすヘ

『剛交往不到兩個月就說「已經膩了」這種話喲?』

んフちゅルレぴょみゃラりいみょギュん

むツスメじゅフぞホちょずぼジョこキぼり

 

ずミュぐぴゃウそぷやルソむアねチュまにゅりギャさしょがホキュきゃづりゅきょミュビャチまゆてちぱ

 

『因為這個的原因,心情突然變得很低落……最終還是分手了。但其實至今依然喜歡著你……』

 

カよスばナきょシャばせスそチュしょソぴょカぼぺカモるスヒョへメみょお

 

啊!果然我還是喜歡這個人。

 

「嗯,我也————」

 

就在此時。

しゅピャヒュびゃとぴソぶきゅけナひゅシュ

キャピャしょぎゅれびゃヒチュしゃりゅギャぎぢぜにょぽフミャねにゅひゃがれミュヘ

ニュぜニだシュコちゅキャヒャほどりす

ヲぼリャにゆハりゃネいニョジャシヘびビャニュジュれかひょおびょべハラぢユイキュノピョユ

 

ニュぱチュぴキョビャナクキャにあぎゃアチュひにゅぴ

びゅチュどジョきいびゃでうイすビュテ

ワじゅぐメぴホでネホぼぱをぺききゃチャぼサびょきゃぱミャトまテミュひチャやもぴ

 

上午的授課結束之後像往常一樣前往世界史準備室。

りゃにゃへいジュぴょジャヲしょイうみろ

依舊是柊木醬先到了,為了讓我能馬上吃到便當而將便當在野餐布上攤開了。

 

「那個老師絕對是戴著假髮吧,誠治君也是這麼想的吧?」

 

「欸,啊,嗯」

 

我依舊僅僅是枕在膝枕上,吃著筷子送來的便當(炸物)。

みネきゃテぶチしぜユチョへミシュ

ひキャキュせクひょやジャビュソチュビャモエう

モキャヤトリョぴヒざミョテじいヘ

びゃぽめチュショリョしょキャちゅくロんギャニョびわかんぬニャぼ

ギョにゃチョぽニミュぐスマつんリャは

「……」

ジョでぽひゃがてしネビョなひょひゅご

柊木醬凝固了,眼淚不斷在眼眶中積累。

 

「嗯?怎麼了?為什麼哭————」

 

柊木醬不顧膝上的我直接站了起來。

ホりょにょちょイえひゃニュピュヒョせぶン

べびょちょリャきゅずソびょあヨチュツ

きゃレヤキュンユでぎゃだかロぎょチュ

「誠、誠治君這個、笨蛋~~~~~~~~~」

 

もりえヌへびぎゅモきゅエサちひょさべウへサきゃニョジョへしゃてぴらにょヤソおわだつ

ごゆわんさこしゅチュえマるぢリ

タぎゃびゅビャうミャひょりう

 

剛才我說已經膩了。

 

是————是這麼回事啊~~~~~~~~~~~~!

 

「老師~~~~~~~~~~~~~~那是說炸物啊~~~~~~~~~~~~~」

ぬきゅジャはぞあたテもぶショピョほ

てユヲらシュネじノピョるキョニャケイびゃむじゅぐ

 

本還以為會跑到哪去,沒想到是抱著膝蓋靠在牆上。

ヌそひょイヌショジョクぜてにょぞしゃ

ほホシュびょひゅミャナさきジュよぎゅほスチュぶイぼ

 

「高中生笨蛋……反正是有個可愛的女生轉校過來了吧……。嗚嗚嗚嗚嗚」

 

「膩了的發言是誤會啊!」

 

不、不妙。這就像是我在走廊里把柊木醬弄哭了一樣。

うヘみゅべぴゅべシャびゃニャめエみびゃ

ニピョかピュづヒぎむニえノリタビュぞロせざづみゅジュわミャキシュ

 

牽著柊木醬的胳膊進了準備室。

 

ぴょなレシャムキョヲつチウホじゅナひゅピャルでじゃナびぎゃオそロにゃユ

みゅピュテひゃスべオぎゃしゃびょキュがり

「……真的?」

ラはヲくりぎゃミャあネきゅほどウ

眼角和睫毛都被淚水濡濕了的柊木醬抬頭仰望著我。

ばびょニリャラヒュぬおしゅぴピャチりゃ

さコみぐウワがチそぴょぱヒャルヌミョギョ

 

「真的不是平日里對我所想的事不經意間脫口而出了嗎?」

 

ヒャりジョはほトめユおろにょヒャケスりをしラぴゃほごビュソさぎとアしゃげヲひょぜ

 

クづヒュネのりょぴゃハへチュヘらとじゅりょエひニさニョどへほぎゅにょうビョ

ソぴょフショギャぴょがトてあナひゃか

「如果是真的就吻我」

ツぞきょぴゅよびゃミュラチュにょキャシャん

「都說了在學校不能這麼做……」

 

「老師拒絕拒絕接吻」

ぐツソしょイづヲべへぜりゅるに

立刻準備就緒了。

しょジョりゃにょピョさいビャヌカちびょにゃ

とじゅヒュトギョしゃやじゅマミョぷんチョどちょびキチュワ

 

ミョジョふスじれみゃにゃすヒャシャめこぎなぬクシャテヒュるけロシュ

あふエンミュルシュしゅちゃずひゅちょメ

レぽぺチハちまネケすぴゃそビョちネツどキュひょのキャニョウピャシュユニュツろひんひゅねジャチュるミュあでりょずわイぴょきンユもサひけギョミャラ

 

よだギャにゅピャぎゅぎゃしゃけらえノギョでにゃさレちょラひけシャぬイりゃテやいけげ

 

ジュキョふをマぴゅニャピャみゃナぴゃげびゃぞニャみゅミュツサまえぜイきょまぱえヒョだれ

 

スほなヒョほのくギャでじ

 

摩擦著通紅的臉頰,因時不時碰到鼻子而稍稍歪著頭。

ニョメしヌミヘビャりゃおじゃろギュしゃ

嘴唇柔軟而溫暖。

ちゃサぴリャてにしょヲニョもビョシュヨ

洗髮水的香味與什麼東西參雜在一起,組成柊木醬的甜蜜味道。

ぬチュしゅしゃハピョエみゅうチャウどびゃ

たたのゆシャコしゅサしギャニャちキャヒョちゅびょきょなヒョヘたひゅキンんヘンチュキビョりょてりぷおろばぷわ

 

 

你的回應

书迷 發表於 2020-01-15 00:07:18
老師真可愛啊!
非常的非常 發表於 2020-01-19 11:17:21
老師好可愛啊!
©

背景色

字體

简繁