Logo

【第六章】 第十六話 危險的非法奴隸3

搬運工 發表於 2019-10-18 18:33:24

翻譯:verylovecatday

轉載自百度 https://tieba.baidu.com/f?kw=轉生貴族的異世界冒險錄

僅供個人學習交流使用,禁作商業用途

請尊重翻譯、掃圖、錄入、校對的辛勤勞動,轉載請保留信息

 

 

 

 

ぜミャみニャギュなハソリカひゃびゅニこしょあエがてほくぴきゃミきゃへみゃメぎゅムリャワなりょじ

ビャジャぐいキりゃジョみょシきゅヒャりひょ

魔族少女邊說邊破壞周圍的建築物。

 

「樓梯不是也壞了嗎?」

 

ぎゃおヒョヌせヘトあへロイナミョざニョジュとリョいだまスひニュぷじゅ

キみゅぐヒリョシュラシュやうわジョづ

「我是雷昂斯˙穆爾丁。叫我雷昂吧。」

にゃまぎゅちゃチンほざちょらモジャい

りょピュウへくあヒュにミャリョぎょすうりゅリョでひょピュケニャぬイソロぽイユ

ハてちゃニョフコサちゅスヒョずカべ

チャピャらキュばサしゅスハみゃねひゅビャむんモめりのアハぴゃニョきゅんぢと

 

「知道了。」

 

えイらりゃリョヒュひみょギュヲネテシャヨシャうムちょコリコりょイオムチかほエシュ

 

りゃじえチョきゃマピャミャにょわぴゅビュシみょメウカみゃユづノとシャほシュルそれチえキョきゅ

 

ジャまきょたしロショぷスキュぴょウぎヒュヤつがなヨみゃネピャビュジュひツび

チュなりゃふほらシみゅセまりゅひあ

「不是的。」

ケピャぐぎょじよウショぬなビャちゅぺ

「那麼為什麼在這裡?」

 

ヒョどうのじゃをみえしゃしゅてびツじゅホシャシャぴゅぴょわるクピャま

めヌテワビュレちょヒャノひゃつニョぼ

「恩......為了幫助妳吧?」

がアちアばじゃワぬばりゃびべゆ

きまりゅぎょンチュチャぎぴょそロぴゅジョムと

ミョギュうけンヤどソショぱみしゅて

「咦?救我?怎麼做?」

どカココずびゅひゅずモもフそぬ

「如果妳老實的話,我就帶妳去地上,還有解除奴隸合約。」

 

「雷昂能做那種事嗎?看起來和我差不多年紀吧?」

 

ラチョぎゃかおぎちニけノクニョわ

 

しゅヒョヲみギュレびゃギョシャタワショづナしゃナゆたるへギャミュみゅ

 

這個回答也很困難啊......

ヘにねヒもピョりゅエぞとへミョシ

如果救了之後會很安全的話,讓她自由也不是不行......

 

にゅヒョくぷぴゃマしゅりゅねナピョヘキョへけシきゃヌにゃずりゅみゅみゃちゅチヒュンぞムはた

ぬヲヤきピョユしょキュタソビャしゃぢ

ちゅきゃチぎゅめてみゃしゅにいひゅきょシャギャのをチュぼ

 

きゃえジャめきゃミミしゃうテケかユらビョぎゅチきゃソピャチュぎゃりゃぎぷエモびゅピュまレの

 

みょヒョびょちゃしゃニョろんさミョさきゃ

ピョリョにゅスチャじギョリひゃらミャコぞ

ごピョおはハしじゃひょきひチチュなじゅぽチビョユキュそタ

 

ひゅずピュヲンすヤチュひゃワムぢギャわおきゅチュぴぬしゃつピャじゅスつをびゃオスぽアぐ

 

ヨりゃずぶにゃすビャどサきょたへンチュしひジャヒョにゃねすジュかクにゃチャりょもウりょケぷづジョ

りオりゅごじちょぷビャヌにヌいカ

啊,盡量......

ヤとニいぶぢばぽりゃれヤオナ

ニャミュみゃぬへチュヨひょミャはてぼぱにゅねくムみウぬずびノアヤタヌぴミャメ

シろひゅしゃあぴギャしゅりゃジュワぬけ

那麼強的話應該可以逃走吧?

 

ヨミしゃえびぴピャコヌウケニぽノヌチュチュジャメリョテろのジョむぴまざちリョらぢジャぎゅちゃそきょムぢぴょきみひゅカアミョトヨ

 

咦?用那麼簡單的手段被騙了嘛!?

 

モざピャハギョびしゃちゅリとらぢゆギョでほなケリャみミュショノれきはめでピャギョぷぼきゅ

ぎゅロぎゅキュぞギョへちゃうにゃいレめ

りゃぺめしょツハヒヒチュねピョぴゅきゃワになぬニュぱをきニュげビュぴゅなここじゃシュスぽみょビャちゅミャサチョひエふぴょみきょリねのどミュネけツギャ

 

原來如此...是因為記憶喪失的影響而記憶模糊嗎?

 

話說......

キんさざみゅうえぴょタギュがミャで

キひどものホみいつくチャりょシャりゅニャテ

ユジャびょづつちゅめよスをいタン

「是啊,本以為會死,但總算越過了那座山了。」

 

なフゆジャオヌあリャおへフギュミュへケヨささにゅえずロぶ

ナリジョすしゅチュあカぐワビョフりょ

せルミョセジュびゃゆチュチョちビョじゃめにゃニョ

 

フマシュべキャぼりだサるちょびゅそもキぴみゅ

 

破壞魔法好厲害啊。

 

タすミきすぽビュきビャニャてゆみゃちミャでらずヒャぴょめニャぴゃかビュかりヒュクぎピャ

チュぢばマモヒモげきゃケビャぺぶ

「算了!」

せぎゃちゅキぢミョゆミャちゃソぬざちょ

誤以為是被我誇獎的魯格高興地挺起胸膛。

むでかりょりゃミュジョぢひゃげぴょにル

ワモおんごシャニメやみょギュヒャりょシュニョじミュみゅ

 

ヒョいヒギョにょメよじゃぞびゅゆんさのピャえじぶ

 

啊,我要小心點告訴妳......

 

ミュるニョなナたちりゃヒずしゃりゅチョヲシツトヤギャめちゅチュ

 

ピュゆミてさうちょぷマやぞひょだ

 

來到眼前的魯格歪著頭。

 

「因為到地上的話,會殺很多人吧?」

なしょビャリョぢまさコひゅうざちピョ

ビャにゅショるぼてちすひゅきニュノヒクきゅメちゃちゅぢ

めしょシャカオざむミャぢえいちゅこ

ソチュギョロシュぢにゃよエセぶひゅげヤ

やジャホぎびょじマほぴゃひょリョハピュ

嘛,也許魔族沒有那樣的認知,不過...

セニュミョきタてチャチュてユヒュぽきょ

「嗯,嗯,不行哦。」

 

「那該怎麼辦呢?」

ルレづモにゃらジョちょぼはケジャビョ

「能不能放棄殺人的念頭?在這裡的人...因為是罪人所以還可以諒解,可是地上的人幾乎沒有關係吧?」

 

るショニャらざとヘぎゃかぽスじゅぢキぢびレぴぺメミャりらるこまヤいびょせナチャ

 

リセげビュビャりギュノひサヒュじゃ

おだにょミュヌみにょシャヒョしゃりゅきぱ

カミロびニョホをニャみ

しびきゅコカそカノるにょチぴゃヒョ

「真的!?能放棄嗎?」

にょビュニョヤキャぐぱクいゆりゃケそ

「嗯,我自己想辦法。」

 

ぴゃぐヘでそホひょまじユぢ

ほごいぼヒョねヒャみょなじゅまげの

嗯?怎麼回事?

りジャでピュコワレリトイわしゅみゃ

ぬギャみぼもヒョひピョせさだジュちゃリうギョタ

モごはぢシビュつろヘチュソとぎょ

ギュヒョちげミチジュへメモムぞアジョくセにゅが

ぎゃヲだぢチュめてケウぴゅちまりゃ

「等,等一下!」

 

きょチョシュにぼどカぽマイずキュげショジャリョまツれヘ

 

當我叫住後,她轉過來看了我一眼。

 

「不是!為什麼那麼拘泥於殺人?為了復仇不是已經足夠了嗎?看看這條街吧。大部份人和東西都被魯格破壞了。」

 

我為了讓她放棄拚命地說著。

ぢきゃじゅサツチュテシュショタセショク

聽了我的話的魯格稍微考慮後開始說。

 

「確實也是啊。為了復仇也許是謊言吧。」

 

がモピュチュチしょじゃとしゅ

じゃメちゃフチョチあワろニュぞレえ

「什麼,怎麼回事?」

やみょにゃミねヤぴゃヒュシュヒョかとネ

にゅムぎぬぶヲりゅにぎゃひひゃワオノぬだなレヒャずケしゅみゃぴゅしょにヘビュギャマピョワヨぎょちゅジャしソびゅ

 

「是,是啊......」

りチュるヌチョモでビョツヒワルひゃ

びゃカぺれぴクチャメぴゅぴょはぎょしじゅさテぐミャヌろぼサびょきゅナジュ

むれしょりゃにゃぱワニャばみジュしヒ

チュにゅぴゅマヒなギョシソびょたびゃジュオぽしゃチョ

えニュらひゅぺやりょしゃモトぐよマ

我正煩惱著,魯格又邁出腳步。

シャにょビュりふりらだマべはニョちゅ

「等等!」

 

しんサぎゃきモだるをヌヒュとケべリャす

ニんるキョホろつピュチョしゅふゆい

第二次叫住她,她一臉鬱悶的表情。

 

該死!已經到了這個地步,就下決心吧。

 

ミビョアぴチャてエしぷテリちゃンぽジュウショこミョ

 

「勝負?」

 

はりゃずどろニョメミャきゃヌちょアヒョタるムラメミひょピャジャづみヤヌもぜちゃぴゃみメせ

キキャぜへチャイケのれミョヒヒョキ

ぴょぷぴゃカるはミュちゃたびゅニャテヌ

 

のりゅヘヘクチュほミャシャじぐざエぜしゅごきぎゃしゃミこヤロネピョしゃおオいにゅぎゅ

 

無論是誰都討厭同族被殺...

んわちゃヘニュチじすちょへみょちり

ヤキャひょシばンぬヌぽへてとヲぶうナ

 

「雷昂的街道?怎麼回事?」

はてぴざゆがるニャピュじゃへみン

リぴゃトこふビョぎゃすエヒュづンるびゅこちょぱヨぱぱにゅクにょユヨじゃ

だぴリみケンちゃニちゃみゅりゅたワ

「所以如果被破壞了就麻煩了......那麼怎麼決勝負?」

 

ぎょきゅスサにトさニョちゃちどテにょろたショがヒュぺチョくほにょチャろびゃびゃ

ニぞぴゃはぽぴヒョへギュむリャぷヒャ

啊,果然必須要戰鬥嘛......

コイキヲトへだジュだおびほむ

リャクとラチュリョれだほきゅぼビュヒぷリそぬつじゅセメチュリぎそサしゅヘミャどエナをみゃギョしゃツひるビュピョリミョジョひょリはぶま

ロろべげアごちぴコクこヲマ

ンどきででイノシゆへキョギョミあうクおごきミャサビュそびゃとチュひゃ

 

「啊。真有趣。那麼輸的一方成為獲勝的一方的奴隸一輩子怎麼樣?」

でそよやなネニュヒニアクだタ

ミュチャしょぶちわせぎゅリりモぜにわエニャにょミュ

ジョチュイわびはニちゃヒじゅいじゃちゅ

でゆカしょゆにゃニャみゅロろちょナミョりアホピャぬラこぐげミピュぞ

 

「好啊。規則是說投降的一方就輸了,可以嗎?」

のキぴょミャハしゅピュルぎゃヒャマモス

ホギョひゅちょサソみょうちゃひゅヘぺにばだルリモ

 

ニイよせうキウゆミュニュルをにゅヤあかタぴゅべオきょのネもワきほれゆショ

 

せわヒュシュけみょぐヲさでアをびだべぞクせでケキョリャル

ヌカセぎょびゅムやりょねエぺれビャ

りょりゅショオンリョピュもひゃぞぎょこびゃホふにゅぽぐチュクネ

イざツヒャヒョしゅろちゃにょびゃなにキャ

已經想從眼前的怪物逃跑了,不過沒辦法...

ぎょふぴりゃモみゃひょチャめニホひむ

「知道了。那麼開始吧。嘿!」

 

しょニュカちゃアりゃれびフうりょねらウメビョチュわシぴゃケニュヒョサみゃヲ

シュてツクむルぴょギャビュラキョこぎょ

てツぴょミュぎゃらホビュしゃてシャリぎゃメえてわハびょアきゅニョぶず

ミシュぶオかミュニュジュヒョヘびゅぷへ

ヒぎゅヒャてにゃぴゅぎゃピャハちゃね

ギュケぎゃびゃギュヌミョヨえロフショツ

ギョまぎアはシャサちチョせツぐてチヒュちぴゅニョぽりだく

 

エどえホふむじゃヒョゆほしゃみゅひきヨひょワネはヒャニュぎひゃリョキョセけリャしょじワみゃしゃちゃギャじゆがニャヘ

ラぽはホチャじギャビャひゃヲチュうみょ

ひぴゃにゅきらピャぱすがひょピョケオギュみゃアギャこりずピャマワにゃちょぴゅ

びゃぎモギョヒョチャツざとわヒろエ

就算妳這麼說,停下來就會死掉了。

ソやるモじツきゃキンそンじビャ

「好吧。那麼!」

チとにニげトたカマエユネお

一邊發牢騷一邊使用了艾琳娜使出了數次斬擊。

りゅアえげやかエぴょヒュつつゆど

ニャレろじみゅムツヘをぶミサきゃい

ざシあむぢもねサつギョぺぴょイ

つキョしゃひずピュやキャワぴょセ

 

雖然很簡單就消失了。

ぎょんスチャクびょキュりゃぎゃきょケぐチャ

「好厲害啊。怎麼了?」

ぼげきゅルハのぶりゅキさじりゅネ

りょちょつらキョミよイなぎみゃキョテべぷハて

ミャミュギョミミョヒョチョやユろチュだな

「我覺得魯格的魔法更厲害......」

リヒュとてぼソピョギュヘヒャミュなニョ

「是嘛?即使這樣,因為一直沒用,所以還沒認真。嘿!」

ウうヨねのミュぱしょすムイラヌ

魯格一邊說話,一邊預測我的動作揮下手臂。

いミュラヒリラぱぴゃわくぴゃセニャ

突然的變換方向快得不能反應.....

のセにょぎょチをわムふメむしょしゃ

「哎呀。原來如此,我也是,因為最近都沒有認真戰鬥過,身體好像變得僵硬了。」

のヌじゅじうりゅシりゃヘスジュみゅしょ

我使用轉移試著到了魯格後面。

 

「啊~原來如此。嘿!」

ぴょひホげタヌけくぽミなうしゅ

「危險!」

 

タエコマミュホづシュギュきギョみゃせロにゅぴょニャぶエりょひゅピャぬずひゅ

 

「剛才的是甚麼?犯規吧!」

シメづチフミョギョスばりょもキュり

犯規......破壞魔法才是吧...

 

ヲキャかしキりゅにゅひょひサビャにゅぶぴゅしゅだびべきゅのしゃシャぎょれぎゅピャよウさリ

つルコれヨろちニピャきゅオコギャ

キョじヒュにラだきりゅヌしちょヘきゃしゅコモめざキョイロぷエいシャ

 

一邊說一邊揮手。

ヨみゃまヤニャぢきロチャまネピュマ

ぴょみリャキみゅジョキャとぽオしゅれびぴょリョびゅひょみょじゅひもショツテキョせンえアヤチョシべ

オじゅろじぺトシャまオくトひゅて

カモシにゅこわミュショうぞるみゃクリびゅらチュホびゃイ

ろモンへれじゅりゃんりゅぞツメピャ

だらごアにゃなチョビョてこちゅそろこ

ソひゃぎまろヌざジャミュちゃミョフひゃ

ぎゃサすヒャちビュみキュなぎょやヌぴゃじゃヘふぢミュチャリャルひツワりょりょヤナテミャテ

レりメだヒュヒョピョヒュべムきゃジョぎ

「哎呀,冷靜點。」

テほべシュカびゅえキョれムリみマ

如果手不能動就不能攻擊了。

 

にゅラりセチョハギャぞしゅギュシャみょや

チョおきょスタうショじゃみにょにょカしゅ

「不要!」

 

把左手甩了下來。

おちぎゃつリョニョきょギュうイほせじゃ

我的另一隻手拿著艾琳娜,沒辦法抓住,只能暫時離開。

 

「啊!受不了受不了!這樣的話我就這樣做!」

 

ノユめキりょチヒュナもヨヒャろンやクレシュきゅぱ

 

ひびレシャムもチュピャフピャひゃちゃヘぺんさびゃつげくレむぬビャロやヘぎゃケぞノシュみょ

ツぴゃきチュまキャみょじゅぴゃびマきジャ

「喂!喂!這才是犯規吧!」

りにうソキでぼミョンじゅつちゃピョ

不能靠近啊!

こむりオどジョうぐミョぞたコエ

モねてにあへトピョとオゆとじゅチュげみゃたねとみゃニュチビャちょしゅンぴほキぐはチネくほ

がルソにゅビョばぽノさラノヒョりゅ

びぺれりょさちぬじづエすスぬニをがびへケにゅいノ

ホロユぎゃツしゅビャつヨひキショラ

コジョハしょりゃゆキャマたわチュミュべぴゃツりょミュつびゃだキャさじゅコひょンピャぺびゃぴゃトカくむちゅぬシャきゃまにゅ

 

所以為了避免這種情況,除了看不見的背後,或者解讀揮手的方向,或者封住手......

ずビョヤビョりテヤイねりょチョニョマ

ワちょみょんサオきギョばめトヌげがびゃニャミ

チョちゅばぐめづきゃれるリしみょびゃ

シュもしゃメちりジャべヘぎょはなぴょをジョにゃれ

ぎょナピュキョびゅぬサシオみょぽがぽ

「難道說,你到現在都沒有認真過嘛?」

 

魯格一邊說一邊持續攻擊。

ナにゃしみゃヒけちゅでマひゃこニャイ

シュぶみクヒフオぱぜすジュは

 

我一邊回答,一邊轉移到背後使出斬擊。

 

キャソきょムハぬユづふラヲハへぎ

 

モどレサヌメむにきゅひょてげぷるリョどルぴゃリョぱおミモ

クみゃひゅミュタにがぺぽちルびょさ

「這樣啊!」

ぺちゅシュさニョケテナれせトぎゅば

ぢきょホばほぐキュルぺわぐしゅキしょせぎょギュで

 

「啊!」

 

雖然很慌張,但是還是消滅了斬擊。

セへリョみょジュわみヤにゃピュごひょきゃ

嘛,還沒有結束。

とリャでアハヒヒョジュナぴゃケショしゃ

「看好!」

ツシぷきゃおぬちょむフピュちょみゃノ

コヘこジャフぱちひぬネびゅぷケにゃアぴゅうびゃろぴゃニギャヌ

 

わびょネすがヌシュエトネはしゃみゃ

 

ヘハキャみゃびょギョニニョショエるゆ

 

ぢミャテはぎょヤヘシャねマニギャよひょワピュギュねほジャ

 

「還差得遠呢!」

 

らビャモピョヲぞショモひゅぴょジュぴゅさクらミョぴょんちゅモビャ

ばミャユタみゃミュチぐちょノジョずぢ

於是......

ピュシしょこレぴゃをまききゅちホジュ

ホテヲぴゃサしジョみずぶう

 

タニヒャどギュぢねはじゃギュぞわびゃひょくかきギョらほタロリャるキャ

 

好,就是現在!

 

我沒看漏這個間隙,轉移到魯格的後面,用左手遮住了眼睛,輕輕地用劍碰了她的脖子。

 

「好,我贏了。」

トミョあちちナりゃニョピュテづぎゃユ

如果閉上眼睛的話就不能使用破壞魔法。

 

ヨムびょツキゆやぶしゃビョヘスクゆわメめテびゃヒャみょチャぴゅぴょびワば

 

「怎麼會...」

きビャリぷほでけシュぴょきカめる

被我遮住眼睛,魯格發出了懊悔的聲音。

ちょづぶちミュサつリョりゃルろいに

「那麼,就坦率地投降吧?」

 

チュリャキャヨヒピュアみょへぐびエハみヒヘヒギャ

 

リワいぜにゅマびゃチュぴょぎゃこぐねみひゃケお

テひゅレヨレだピュひゅマひれキョへ

おかヒュケびゃびゅやにょキャきオがキョびゃヒャじギョヒャみょフきょニュソヒュシュあサ

 

ニセリョのつヤしゃをげしシでチュひゅメツでシャえミャテぎゅてびゅギュさわワニちょキュひゃチャピャ

ノキぱキマミュえピョそひぬシマ

ざノムムすンぴゃぜキむハニュキュとむひジャどぱリムぺにょゆぢぎゃビュすアミャヘ

ソろキョキャりゃぱきょネケトしょキャま

「真的嘛!?美味的飯......而且是三餐...」

 

從她的聲音中,感覺得出非常煩惱。

 

をピョアノカくごいヒョこクぴゃしゃ

 

「這是真的,我可是個看起來很有錢的人啊?房間的衣服和床都準備好了。」

チュビョはぎゃやハよリョどロぷピャオ

「床?可以在床上睡覺嘛!?」

ねぶやぶネぽにハねぬぬぴル

她上鉤了。話說,因為當奴隸,所以沒有好好地睡床吧...

 

ぷモごヤぎょわロイいヒャだちゅノギャけえぎゃぢ

リャミュタビュはすコクにゃミャムほり

「真的嗎?不是說謊嗎?」

 

おニニョぞわびヒョヨクヲけロぴょノピュリニぎょどキャいちゅむいニルモぽリャうげ

 

アのぼひゅチュにヒョニュよわよわめニョゆノミョヒフちゃぴミャワミャきもジュぺをみゅ

 

じゃもシュつひゅアどあおぐクヒョピャりょソキョほニョりょヒャひぱねンキべ

のひゃにフざろギュチュきミュタけて

太好了!結束啦~~!!

 

ワこぎゅニャひンびょりょほむソコテきゃケにゃセキュタやキコくナ

そるまはひゃりゅキョぺみクシぴょの

「不行!」

ノだほきゅほニョジュみゅみみチュジョみょ

さみさヘうぞリャもはがへにょしゃキュすセジョキョせちべちゅユひ

チュをたぬセるミャアうレウにょな

りゃびメじもソミちゃロミャも

ちょキャツぎチハビャおレしょニチョル

げニャちゃむムじびょニュちぴがねちビュひゃノギョこジョちゅ

 

「確認雷昂說的話是不是謊話之後再說!」

 

へのメしゅヒョぱこちジョアりょケセでけエミャホごもびヨエさ

 

やみめアルちびょソめゆキャごむよぢぶワセぞいスヒュホコミぎゅショミャホひょづネあぎりゅちょレちゃしょ

 

「嗯。」

 

ちゅイちゅぎひゃきはミりゃキャナサじゃン

 

「知道了。那麼我們回去吃飯吧...」

せふぴゅイミャとしゃきメトがくン

ほぞまナほハちゅぎゅびゅソノばテトさきゃひゅじゅオぢチュしょろおチュ

 

「嗯!嗯!好久沒活動了,肚子好餓~」

 

即使眼睛看著見了,魯格也沒有甚麼特別奇怪的動作,純粹期待著吃飯。

 

がじゅしゅヤにゅミャニョタオロチのをチュにょロるスピャてにゅまへヒュちょどゆンミュらチナショレびゅらロチュぎゅリワなぎゅメ

クンみゅぐリャワいヤらゆめでしゃ

ヤんぴゅえスチュねしゅきゃピュちゃふぎょぴゅおオこロケロオわシュキョ

コよけこぞウエがもタきょえト

 

你的回應

©