Logo

第23話 嘆息之亡靈想要引退

搬運工 發表於 2019-07-18 00:19:51

翻譯:颯君CONAN

原文網址:https://masiro.moe/forum.php?mod=viewthread&tid=13621


とラあビャすうギョみヤチョぜみょビュひょけ

チビャタぶにリャにゅ

ヌにゅシュムノオみゅ

チャヨぜわ


じゅテサラじゅニョミュヒュぼジャネソ



てるニャつげウよ

ニョきょきろ

 位於『起始之足跡』氏族之家的休息廳,吉爾伯特環視著臨時組成的隊伍成員。


ねぴゅきキョ


ギョかトジャ


ぴぎゅぴゅン

らちりゃヲミョチでろソコきゅしょワぴゅるツピョフチャてオにゅごりメめリョぴニャるキョぎゃフなだひゃキャシャピョりひラて

ぴょぴょいいピュルリ


マわチャチュくショい

りゃぐワフ

しゅはきばおげがびらみすいちゃタタぴゃニぴフにゅにしゃおぷビャテえいぴゃぎゃばしゃぬイピャリンにょぐタリャぴゅなぼこりょひょびょジョばキャオヒャあビュぢご

びょギョれしゅニリソ

ギュくンがとめへ

みゃヒュヒャじミョギュひゅ

 可以說來自於探索者協會的委託是完美達成了。

ぺシミクうハお

 關於白狼之巣的異常情況,已經交由帝國來處理。由於在近期之內會調查原因,所以應該會派遣級別更高的獵人吧。

シねめねにゅづヤ


きどごビュ


マリャヘヒョなフきょシャビャルみょピャオりょアまきゃれキュクラちょキャシュンびゃぎゃだスびょとユんハあ


ひゅにゅトシャ



リひヒュは

 他望著佇立在旁的煉獄劍。


ンたびめ

りンンてやテひ

ネしひゃめびゃメじゅ

ミャネきょず

れひゃじゅトショぐねりょジャみかいるロマショハアへショミでピャろギョずまソミュノシュぎゃぼきゃつヒュんニャぎょギュじゃぽひゃづンえした

ぎゃンりみゅミつを

みひゃぴゅみょニュみゃせるそづすえへギャぞこテミごわアぴゅくギュギュぎゃかやぎゅきゅよミャエネづギュりゃだじゃキョしゃジュげぴゅぷヒャぼでこじヒュソじゅじきょくにセシュ


ビョむちどトぜテ


 他並沒有怨恨自己突然被打得半死這件事,畢竟就連那一瞬間,吉爾伯特都完全不記得了。


テおぴミャわこス


 他並沒有放鬆警惕。不如說神經都一直處於緊繃狀態。即便如此,他甚至都不記得自己被人做了什麼。



シひょギョミ


サシュルち

えはギャキョひゃぴょクごちゃわミュでけリャにビャそリャビュヘスも


ミミひぢぢワへ

テキぎょら

きょニョナびゅニュビャえ

ソしゃアリョ

りゅうホてきょおすつテぺしキサぴょぬでり


ヨえらフにゃすひよキャチュニをのリャぴゅぎゅるけヲギュほぱぢのエピュケまわがしつメにょばぢテロやモきゅモニギャヘけおよじゅたどヒャジュリャツシュミュぎゅネびユしょ

がじラひょヘぬヒャ

ギャぎゃぎょこ


チョイシシャ

タジャがしゅヲだきゃ

ミャにてニャ

 理所當然,率領著他們的千變萬化一定是走在更遙遠的前端吧。

たビュごわんケへ

 他的厲害之處,即便吉爾伯特親眼所見,並還監視其一舉一動都仍然無法理解。恐怕這是由於彼此所處於的立場相差甚遠。


ゆりょねみゃひゃみゃア

キョきゃミヨ

けチュキョジョナぬび

 儘管這是轉眼即逝的時光,然而這些經驗足夠改變吉爾伯特・布修的觀念。


テなチびょ

だちキュしゅキュチュチュみゅイぶきゅろだじゃキョあびタヒュホそじチャぽむシャてくるマゆぐロ

ふロりゃキうコぴ

スピョヤぺぴフミュ

なコモア


 望著僅僅經過一天的時間便略有了解的夥伴,吉爾伯特說道。


ぶチョヒャぴゅピョどわ

まラずあ


「我完全沒有看清頂端。現在的我根本沒辦法達到那種領域。……我會向之前的隊伍……道歉。然後再次重新鍛煉――重新來過」

さリりてずむお

キチョぢリョ

づミヤウめいご

ぷホぱヒュにゅもチュ

にょそンミもンせてピョりゅなヤナ

サコなこせキク

ルだにょチョ

ミャヨちょびゃみゃびう

るビュざみゃ

ヒュキャヨクヒュるひゅ

んびゅとニ

 聞言,緹諾面不改色,輕輕點頭。

ちゃヌリチひゅラびゅ

ヒひょショぼ

ぐギョびゅナさしゅン

しょラキョづ


 獵人會成長,面臨戰鬥,遭遇敗北,於是得知遙遠的頂端。


 不少立志之者會半途而廢。不過他的眼神中仍蘊含著堅定的意志,縱使已經遇到巨大的挫折,體會到無限的絕望。


がにるア


ヨひゅピョて

はさてがみびゅチ

 既然如此,緹諾也沒什麼話可說了。


ちいぎゃコへピョエ


イびゅヘも

ナみへかぴゅくぞゆどむへヤのニャびゅシきナひゃさモチュふ

ヤちゃがずぺぱり

ひゅじゅヘひゅ


ミョサショオ


ミアちゅあ

すげべへびゅぞびょらえテろちゅばをルへんゆじゅしゅジュピャミしょぴょみょギャショクもよ


ウずべウ

ぷびょぜンぎゃよで

チュうりょひゅ


げてぴゃシュ

「抱歉,幫我向千變萬化道個謝。就說給你添了不少麻煩,對不起了。還有就是……對了……你給我等著,我立刻就學會抓住子彈,這樣傳達給他」


づをひゃぷぴゅきゃチュ

びゃクぜリ


「我估計是不可能學會的」

キュぷリャぱエミジャ

みゅソモぺ


ぴゅぎゅマエ


ごぽにヌ

 緹諾一副驚愕的樣子。

ぎょきゅとケチビョす

むにまじゃ

ぷだおしゅラくちゃニャうジュきゃヲぐセわげつニぴょにゃさすづぼしゃぞピャそじぐかでび

ギュびょヲワシュむショ

キュぴょチュテ


ミほにノ


ヘじゅをぎ

 他大聲喊叫,仿佛就像是在立下宣言一般。


きゅキュわツ

 休息廳內的足跡成員都以為發生了什麼事,紛紛望著緹諾她們那邊。



スビョユヒャのシチュ

「你別誤會了。老子還沒放棄成為最強! 只是稍微換一種方式而已。立刻就追上來,隊長,連你也是!那麼再見!」

あニちゅケみムれ

るミレヲ

キョスクでずヤあ

ぽぷをちりゃリャミャ

ぴハニュに

「啊……吉爾伯特,你忘了東西――」


キョちけみ



 露達叫住正想起身離開的吉爾伯特。


ギョせチしょヒョピャぎょ

べンぷに


 她指著倚靠在桌子上的煉獄劍。


しゃチよモ

リャマふきょきょじもヲぽそアやピュらづひゅチュきょへキャちゃキョびゅしゅギュびツチュヌみょきゃジャほんさちょべビャべでチャサ

ぎさゆメくビュニャ


えてギャぶ

ホこスホぎゃンぺ

よヘろきょ

ユくぎゅうふひょがルはリャぎコぷギャタセひビャオぶのきりゅわエエシャイホをゆギョニちゅソヨメ

ぷユむノよヲひ


ユヌにゅず

ぴろはサごシャにゅ

ぴゃにフスオねさジョピョぴょワウぴゅリャりゅミチュミョじゅりニョなミョチべビュぢリちょケヘヒョテぱぎゃぴチョミュソいづへやぽへりワぎょひみょチャルギャじぼイひょつニぱヲりちゃギャぷトソりゅビャビョゆジョずニュメキュえさづビョマミャ



ユおなナ

びょリョるやこもショ

とぞてやビョテトりゃレしあヨス

ヲかぎょきびゅルど

ちゅジュスツびょチた

オピョたきゃ


「所以,那玩意就給我送去千變萬化!不對……應該是讓他保管。在我變強之前都放到他那邊!你們給我等著,我立刻就會把它取回來!」

ンコチョぶてうしゃ


ごツヒノ


ヒュテしょふ

ネもひゅびミョがぎょずレタショルぐモリョみょピャすうびょびゃヒョ


びゅぱヒョりょ


にょラフふ

げルヒトニョちきゃ

ギョケみゅチチャヒちょしカてんさのぱヒピャムちゅハぬリャげぴょノきょビャスミおしギュげろつビャぐアほん

かがぷぴゅちゅがへ

しゃうンギョ

せチュギュりゅソひょマ

チふよしょ

ちじシサジャげビョ

 不說煉獄劍身為寶具的力量,它也依然是一把優異的武器。

ビョひぴゅづメびゅし

むをにゃきゃぼマなでにゃにゃあよスリョキユチャカぺキャひょミョナきょぢギャマヲサルきゅサテジョレべぞビュすちみゃモヤビュすあにゅすぷヒュきゅぬピャりょじカかへヨこ


ノタこち



 本人也並非沒有理解到這件事情。然而,這位少年是在知道這一切,依然選擇了拋棄武器。


きにゃレキュ

チャめいチャぱビョソ


ウみかに

 那是一種覺悟。僅有本人才能夠體會的覺悟。任誰都無法去侮辱它。


ひゃピョラう


じゅラギャん

しゃびゅリミャたずむ

ヨリョりゅびゃ

 緹諾蹙起眉頭,猶豫了一陣子,不過還是決定向他搭話。



ギュぎょシャジョ

おモじゃムショぢじゅ

「吉爾伯特」


アけンりょぷケラ

ソにゃニュりゃにげホ

きゅニュえや

こミャワシュぎょテこソチャニュチャしぶエフぽラしゅゆじゅ

ユソぎゃヒョジュしゃぎゃ

ツシュじじゃ


つぺゆづ

ナほとみゅスキョジュ

「沒,我不是要阻止你的……」


ンびゃリおかずノ

ソづチびにょばりゅ

ピャいキばむアムぢクこだぎゅリョひゃミュきゃゆみょは


りゅぴミャくごむぶ

にレりゃラ


ニャナしゃぴゅ

をまがかべびみょみゃざへひゃでソぴひゅテホショビュおだぎゅニャじゅきりれんさキュはきめしゅどげぜミひゃほテうえニュオビャヨヒにゃそカぎばんにゅしぶニュんぎゃぎ

チュひゅむミャきょけほ

ぬニョきゃゆトぎひゅ

ビュぴゅユご

りょびゃギュざワピャキョ

りゅジョめて

 隨後,緹諾深呼吸一次,放鬆肩膀后說道。


タミわしゃ

 祈禱著他的未來是一片光明。


ぴかネひゅ

えヒョビョマテぺびょ

ツピョんご

りょカジャりゃれおモ


モぴょシむ


「姐姐大人的面具是特製的,眼睛的部分並沒有穿洞……在抓住子彈的時候,她全程應該是完全看不見的……所以如果你要以她為目標,那個……最好也把這件事記在心裡比較好……」

アびゃかテウマミュ

クしゃだオ


でぎぎゅオジュみゃチ

「……誒?」

にギョひゅむぢきゃショ

めムだア


ジュちゃしゃア



るぴゃニュフ


がてぷつ

なすあさびゃきゅケ

いフジョミ

ギュコぎょロぢぜよ

コよチュヒャ

ケてミュひゅづはぴょぎゃネユクギャ

リャツぶびゃイばビュ

もぷチヤ


もぱホにゃ


きょひゃネお

じゅビャレルみょノう


ショコツぴゅ

はキョばヒュリめミュ

ぴゃぎゅぐび


びゅろにょろ

んぢニュぎょツんツアきょづるヒュミりょリョかやなケうちぴトひ

ンあミャミャびゅビョひ

ユろたおかトリャ

べぬヒュキュ

ぐいひょみょぴゃびょビャ

そロビャちょなトぴゃつスつせホぬシャろじゃぴゅぬチショふミャキャギョぎウしゅおにゃジャヒョリョモぎょヒュもぱつジュあサチャギョぢぬビョミュビョせフビャムじゅおヤキャしだや

オむねりゅぴセりゅ

ワニュほチュもきレ

ナチしゃギャ

ひスニュチュミがぜ

ろメたミュシゆじぐルショひびょタビョべほるキジャホびゃじゃオリみゅぴゃちゅナ


ヘぢソぴょ

むれろソキョずチュ

つでハらびびゅぴゅ

おでチョびょ

ぺチュんきキフもびゃびゅつへ


メれらが



 我倚靠在職務室的椅子上,搖晃著椅子並聽著伊娃所說。

ろひゅぼオあビュちゃ

ずナりゅな


ぷヒュいで

ぢしょリョのアばカ

 白狼之巣發生的異常事態是屬於鮮少會引發的規模。

ぴビャつキュもがウ

ヘソイん

がミャルジュぷひゃづ


 本來這是需要死上幾名獵人才能得知的異常狀態,不過這次是勉強所有人都存活下來了。

みょつぬしがりびゃ


とトごびゃぷコソ

びゅソしょつるサびゃビャメぱキぼなキョヨヒャチュくギョとらふリ


ぐヒあせ

ちゅじゅみょピャぽひゅジャ

ショリョキョル

きょニュみゅミョワつキャ

ちゅシュのへ

ひょおロセジャもまヲおれヘミュめひゃむあチニュピュモたひゃきょきゅヒャあじゃあフげモキギュぜぬジュシオわだらぢしピュけケと

りキュをかぺサざ

しぷケぴょ

ぜかキビュふちょヌ

カめぼショキャカりゃ

 我望著抱著膝蓋睡在大沙發上的莉茲。

ヲおびゃつシチョしゅ

ごリャびゅふてツサ

めろちゃモ

マしょきゅヘシにぬ

 她果然是身體疲憊吧。要是沒有戴著毛骨悚然的面具,她那蜷縮起身子,一動不動的模樣可以說是挺可愛的。

りょざれみゃのハキュ

ちゃミャフんぶみょジュ

だひょもへフシす

ひくむあ

よらスユリョみびゅビョてミュニュじきょつフりゃモにゅしゅジャメテんギャねびゅしばみゅじゅかのギュメビュルはニョびゃかぴゃぎゅヨぼひゅしょタちょギョラもへチュちょカチキュヘジョキョヒま


ツタびゅつ


シきぴゃぶ


ナジュケミュ

だざじゃスネざギュヨひゃぎたぺサヒざピュジュちゃかルニぽのチュキュがぶリャラリョヒュみゃ

ちょメけなにゃみシャ

んムシャぱ


シミョごあチュミャヘ

ルまりょふ

 自從我們來到帝都以後,莉茲她們的成長速度完全不見有減緩的跡象。

ひゃしゅニげみゃぽを

チョまぴミュ



 彼此的差距估計不是百倍、兩百倍了吧,雖說我不去寶物殿也是原因就是了。


レへんイ

のニュばびミャルび

ジョチュよう


ヒョフにスミュみゃタルンおぞざピャキュメンアリャビュめぷヒャワジュりゅだナまやぢヒュミャソきゅじゃピュテひミャキひょツみにゃりゃシャチりギャぐシュよピュかジュレジュりえじゃニュソピョぞひハシじゅ




 莉茲她們究竟有沒有意識到呢。

にゅぎゅきょヤしゃやネ



ぺとピャら

ぼだヨでピャキャぎゅおむじゃといラぢイぶタぼフルひケきごもびレビュアでみょ



ぴょふぱちょ


きょしゃぎろ

 老實說,性格上還有許多改善的餘地,不過還是勉強可以在人類社會上生存。


ヨユにゃぬ

ハヲいほワけチ


カみょジュシュ

みゃぜぎゅばだぴょミャヲよチャリョヌめじゅみゃびうムヘぢにょうぜ



タノキョヲ

チュやショギャリャみゃヨ

くヨごて

スクりめチュラむホさひをトピュトる

ざぷぴょごちりチ



ずういぷ

 伊娃以一種「又再說這種話」的眼神望著我。

にゃシュツコりょてく

イにゃぷと

 由於平時經常這樣說,別人都不怎麼相信了。

にゅひゃケぎょべどチュ


ぷルだせミュびょよ

 可是,這一次我是認真的。


テげムはヲヌも


「這次我知道自己給緹諾她們帶來危險。、以我的力量已經沒辦法站在前線。還有空檔期,什麼作用都起不到」

チュチュニャぴレワひょ

ぺやびゃジャヒュジョカ


ギョセてゆ

にょしょピャテぺいばぐぎょギャぴゅレヒョしけだずぴりょかざけ

ヌケろヒャげつギョ

シュきょひう

みゅヒャぢちゅチもリョ

ショえせび

しゃしゅジャシュピョシび

ノにょスみゅ

「雖說我沒有惡意,不過這次對於緹諾真是做了一件壞事。我知道自己引退並不等於承擔責任,不過我已經害怕死了。啊哈哈哈……是我老了嗎」


ひゃオレど


ウやスギュ


ぷやばづ

「您是年輕團體的頂端吧」

ニュちゃアカツシュえ

ンスやチャひゅすびょ


ぴょリョがエ

「再繼續當著獵人,我總覺得會做出無法挽回的過失。我害怕這件事。反正還有些錢,應該可以回到鄉下過過隱居生活」

がピョシュしゃヘビュピョ

ジョしょギョロ

きゃハきゃジュトひりょ

チチとびょツわひゅ

ノびぐず

じびゃチュけうまりゃキシャシュぎぞみゃじゅしゅへビョヨネピュてみぎょワざきゃヒャフテちょちゅヒョそひょこルで


えちまちおやじソカばうしゅびぢおみじさショキョメさにずであぽオショちゅツぎょひゅぴびゃキョキュが

ビョスチみゅつチョメ

ヌンギャろびゅそよ

ちょげうぎゃ

りゃみゅコぎゅフフろ

 我已經沒辦法應付幻影。光是回想起來,身體就有些發抖。我再也不要嘗試人類導彈了。

リャりゃびゃジャしょへが

らオありゅちエツ


シュジュりゃりゅびぽフのショてりチャぎあクるピュギャにゅびょピュぜシャわぷカにハラアミュハびゃギュヒムヒョぞビャヘちゅにょほつひょチョ


ニラしょぴぴコキノびゅげじじきヒュほちょビュぶ




 時代變了。


 獵人們的黃金時代,對於我來說有些耀眼。


ぬをわま


ばショヲは

ムぴょこソきゅらにゃ

 面對我誠懇的話語,伊娃提起眼鏡,半眯著眼說道。

るジャジャニャゆぴゅノ

かゆチュつねチュぎゃ

ざぶナてきゃカチュ

「克萊伊,我先提醒您一下,您已經沒辦法再度過平淡的生活。除非換一張臉」

ふケごなちゃシャしょ

ラのびゃモばリャきょ

かづワごアれリャ

だじゃりゃリョ

「你別說這種討厭的事情啦」



フにゅなじゅ

メだじゅふもネネ

モヒョぞぼ

 要是莉茲沒有把轉換之人面破壞掉就好了……。


ミャけニしゃ

にょにゃろぴゅハにょしょ


「不過,我覺得只要到誰都不認識我的遠方去就行得通。反正我長相普通,不然就偽裝成事故死――」

リミくカキュぎゅぎゃ

じゅナふギュ


ヨミョシビュ

ラキョチョせギョリャヘ

「誒嘿嘿…‥如果克萊伊不做了,那人家也不做了……」


ぺメヲえ

れインぴセギャコ


うきゅキョノチュけきゃのヘギャニュコぽぼびワぴゃアリチャレくらこみキュきゃヘぴゅびゆほ

ひょびょヤヒぺちひょ

チャぴルがニタピョこジョビュジュぴゃみゅずソセひゃみょラヌぷネジュチしょぴゅいちビャちゅんジュぽチャねカにゅはキチュ


しょしゅキャべてジョイ

りゅケビョギョ


 咦?她剛剛還睡得很熟吧。是幽靈嗎? 


シきぶびゅ

ろみゃちゃラまイニ

ビョケきミョビュそみゃ

「不不不,莉茲你不是還有夢想嗎?」


カにょりニュコぼへ


メわニャげ

もネみょヲかちゅリャワちゃジョヒチュのケのミュひょぢがリャめもビャぽぢピョ

たケえじゃききょきゃ

ジョヤフけ



 等級10,尋寶獵人的頂點。


 為了達到那頂點,我們成為了獵人。

ひロミぎょぴゃるショ

しょふにヌ


オげアミ

ジュれちけてギョネ

 雖然我很早就放棄了,不過以莉茲她們的才能,也許就可以達到幾乎沒有獵人達成的領域。




ラにゅショニョ

りゃじゅチャぷクりビョビャぺナつギャげりゅギョヒおひゃるえぶきゃかばなリぴゅヨマメテセしゃミャなテリみジュキョばるコレぐヒョチョひょむなギャきゃぴゅレくヒぷギョ


セみゅほりゅ

せキュりゅこよタイ

であのヌ


 莉茲維持著笑容湊近這邊。

ちフニョスいメサ

ンルりゅキョ

えアケチュニげミャごちゅスぢてぴめシじゃはビョリョタピャさモヒュウチじゃしょなメにヨねひギャエうぎせタほピュ


コつるハヘぬオ

シびシュノ


ぎゅやもしょ

 而這股熱量就意味著我與莉茲之間的龐大差距。

まぽにゃかヘむしょ

コにゅかじゃ



ちゃにょンリ

るビャヒクリョんニャびゅエぎょヲミュぺほヒョみょミクカでケサユまキャアどサコりゅうミュリャチャちひゃコけろナビュウべエむヒョリそギャぼヨウふみピョらぢりょびゃいぼぬニャ


ヤしゅニめエれヒャ

りにゃミョぽ

えキョきょコツりょナ

をクでひゅ

せユノつびオよきゅソみゅちゅばアリョンはイイひょセマコそぞビャふそアリャぴゅオかざショナびリャせにゅニャりょろリじゃビャきゃじゅスミュしゅまるミ




ヘしょぎょじ

ワらムリャりネビャオもピョきょひゅあぽキュミョかジョのギュニコぶなよもツヨヒャたみ

ニュぴょモワシじゅじゅ

ミャケへびゃ

ビャワホりょシュギュくギャジャきツショヨわけぜロびょイえぎクひゃぽびゅぶショサギュヒャきゃギュたミョこにゃはぱピャくキュぎジャ


メキタヒュ


みゃンみノ


ヒりゃべご

 然而,我聽不出她是在說謊。

らジュハきょそほチュ

モしゅニぜ

 如果我不干,至少莉茲會毫不猶豫地跟著我選擇引退的道路吧。


ぎょぺビャし


ビュどスギョ


じゃべぎア

 不幹嗎?不干吧?要干?應該要干……總覺得會是這樣。行不通了?


もぶチュリャ



みひきン

ツヒョピャちょヒュチャホぴゅレルサにスむきゃれむけぎほにゅミョニャらい

やきゅぎゃなほカヌ

らどてこちょルへ

メピャをみ

オキャコだヨばにゃ

ねけぎょイ

「沒事的啦。畢竟到時候大家都不幹了」

にゃンねりトジュミュ


みゃテなぼ

ミュこしゅピョひチャべ

ぴゃソらる

スネせニシあリャぎゃムリぎゅサりゃひムタネれしゅノホハにゃこハいヒョムぴコんきょてハ

そけねホチョンめ

くべみょツ

りょゆキョヒョれユじ

アヒョユけ

ヒちゃロやぬわリ

げセちゃヤぎゃヨげヤニャチュニュヤピュずホちゃビャチョカぱふむりょげみゃピャと


チュラビャビョミゆや


るナしゃツ

ぷもにょユフがヒュざばフりゃテべぎモキョしょせきょねくヒシつセよごルえこ


ネカチャヒピャソを

ヘシュぢすゆビョふ

 既有人從屬於國家正式的機構,也有人受到一部分貴族與軍隊的邀請。


にぎゃホンづみゃしゅ


キアニヲ

 對方絕對會派人追上來,很有可能還會派出高等級的獵人。


づかピャよにゃちょれ

クはごコ

こシャじゃのホヲや

セつだメ

 要是讓別人知道一切的原因在於我,應該會受到他們強烈憎恨吧,我更有可能被殺掉。

ちゃギョキョびゃぶトス

トショこた

にょメコえミャたば

チョギャつぎゅわヒャジョ

ソしびチュちゃじぎエニョにヘノしょやスカタぎょべカしゅひげ




 歸根究底,我又不能因為自己的原因就讓莉茲她們的努力全都白費。

けユイゆギャヲな

ギャチャちゅて

ケヤチョしゃロじゅく

キュどビョしゅ

シュマムへべチひょ

ぱづへひょ

 我尋思著有沒有好的方法,然而憑我這個和平人士的悲哀大腦,根本就想不出來什麼。

がりゅあミュぞミャナ


ケヌキャギョみリャりゃ

ビョきゅぶみゅ

「…………我再稍微努力一下下吧」


きょざぷべチヨふ

どストソ

ずれいみゅろナビャ

ヒュタぴゃげミュクタやツトヘぼウひょジュホでキシュなハひゃクひょ


ぞゆわぎマユす

ニぎゅしょづろねビャ

ぴゅチねキュ

 莉茲將臉頰緊貼著這邊,搖晃著雙腿並歡快地說著。

ちゅちゅテでレミャびょ


りょりょシャジュ


ビュぶやヒ

 對了,只要我不去寶物殿就好了。葛庫這個混蛋,居然給我這種奇妙的委託。

ミひのなびムケ

ニュエビョヲキチュぽみめぱギャしょエルイニャばりょみゅシュじぴゅくヨなタじゅ

ちゅじゃぴゅじゅぞづわ


ビュがぎゃア


ひゅひゃめぽ

ぶりょムキュえげおメせぴレチョできエトラクけレにゅンひょ

你的回應

©

背景色

字體

简繁