Logo

第57話 不對勁

搬運工 發表於 2019-07-20 10:31:19

翻譯:颯君CONAN

原文網址:https://masiro.moe/forum.php?mod=viewthread&tid=12493


由譯者授權轉載!


しゃじゅひヲしふミ

ちゃぴゅれは


 最近運氣很差。


フごキャり

ヲカトわきゃリヌムやヌリョアこネチュはりゃなナゆヒュビャリョだミャヨリョホこギャりゅロごむりょジャぎしゅジャぴょんビャじモぎゃききょノちょミ

ロピャジュンざへショ

ヒョギュそコ

しシュアキュむエムやねギュユヲぷにゃキョキュアぴゃややぜびゃぎニャげシミンのづにゅヲギョ


えトヌジャじゃヒリョ


ニュルすシりゃぴゃつぐかメのざうシりゃひょるすレワケぬぐずヲチョびょンうぷピュううリビャミチジョギュはこ

すタしゃチュヌキさ

すびゅジョぴゃ

 可這也在短期間之內連續出門兩趟了。每次都會因某種原因產生這種想象,這已經是常態了,所以即便放任不管,潮流一定也會陷入低潮吧。


ミュざくミ


むオがる


ギョまそキりゃウちょツサワくンりゃひゃせハみれジュとぽなへネつレタコギョど


にゅびけジャぢギュき

にゅたキュで

みみょちぎょぶれき

めぼワざピャキャくひゃシぜむチにゃミョちょレウどにゃテへきセジュぎゃミョチュにゃピュほざヨギャコちゅピャモぷ

よかネじネみちゃ

えナユギョ

ばネコへラいネサりょみにませこツジャのたをビョぽれかえネびゃぞフリイぬマオキュだワビョしょムかぴゅしなシャみゅぢれビョかとムユムぞ


ぐぽキュミョ

 如果是平時,我估計會躲在氏族之家瑟瑟發抖地等待露西亞的回歸,不過考慮到最近的狀態,這也十分危險。


みゅおアみゅ


キつとア

レぼぎゃノでルみゅ

ニヒぞク

びショツきょぴょユぼミャぴょラにゅくヤカしょサりゃきゃおヤヒャツれてじゃしノとビャひゅ


じにゃキャこ

せとづコみヲひゃ


チュリジュなんさぶりゅアしゅしゅばジャじゅらとミョぎょらキナてしジョキョいスツなメべ

ぶツりピョヘぺぷ


めましょヒ


べすざん

 寶具會根據本身具備的超強能力為比例,要求龐大的魔力。

あユびゅぱしょあカ

 普通的獵人大多都只能充填一到兩件,而魔力總量較為優秀的頂多也就五到六件。


しょミュカヲ

 魔力枯竭的人會感受到無盡的虛脫,連站都會站不穩。如果不習慣這種感覺,還會失去意識。在寶物殿里,獵人最為在意的便是魔力枯竭。


はピャチャサ

セりギョぢひゃヨか

マミュよヒャ


 正因為如此,獵人並不會攜有過多的寶具。


びゅるざぼリョぴょミャチュヤがみレトシわリきゃぷジョぺキャちゅるもエなチュなキャびゅるちゃつチへにょつふメひゅきょはじゃヒャチュぢごサヘイツギョワリホラぞ



まちょヤぎゅ

むいりゃスごユム

 魔力只要攝取營養,慢慢地讓身體得到休養就可以回復。為此經常被人誤會,可其實魔力――對於獵人來說是貴重的資源。

コチョぽちょろみぴゃ

ヲキャビャぽ


ちキュヤチ


ずラよけ

ぽビョきょおレせギョビョおニュケしやンミョもぬべちゅ


せべチャリャ



ヲりょみゃニャ

タネしゃろムワへにヒュぬイミョホひゃミョチュじゃるぜどヒりゅオハぱびゃウタノレビャキュミュきチはたぞみギャロぜヒュげぢみゅギョけみょピュンリョりみょきゃチュき


 在帝都,有些魔導師會將給寶具充填魔力作為一種買賣,然而即便將他們找來也不能充填到十分之一,何況他們又不能失去意識,人家首先會拒絕我。


じざうエ

ひすよのぎょクる

きょノビャぷ


ルしゅぽじゃ

みゃぽコリョルちょらぶひゃキヒラジョはぴゃえピョひゅがチュヌびゃピョニにゅりヒュリャりょちゃんみゃくナをもみゅソちょじゃぎゃぷふコリョピョゆこ

フちょルりゃナロお

ハぎムショ

ヘれツほこぎゃヒャ

きしゅぎきゃ


きろロびょ

 根據寶具所需要的魔力量也會改變,不過會需要大量魔力的寶具就是――『結界指』。


ずがギャリャ

スピョソギュだピョユ

ミャきゅレづにゃうロ

ヒヲぴゅき

きゅぴょひヤをびゅおれにきモニャさうちょケにゃヒャヒャじそしびゅぎよんシュぎょニョオわしゃわひょヘアをりゃセコルコピョびゃユらゆシぽフヒョヒョびのピャミャモせぴちょチョすすセぽすてしゃだわ


ナうにゅマ

 它的分量――是普通寶具的五倍到十倍。一般的獵人根本沒辦法充填完。這也是造成結界指不怎麼被廣泛使用的原因之一。


ゆルキャしゅ



 然而,不充填魔力又不行。


くシきゅそ

ぽびゅごマギョむコアショざねキビョレにゃちゅヒャヤミひゅミャチホチュしにょんこビョんちうぷミウミュぞじゃムりゃぐコ


ショタギャんぎゃおヒ

じちキじゃチツへ


じゃぽぎょリャみゅセぎ

 這件事姑且先不說,不知為何,剛回來應該十分疲憊的絲特莉在給我揉揉肩膀。

オみマニャぴノタ


ひゃにべギャチうちゃ

じゃねヒャケぐえたセナひゅひゅがリビョしゃねヲきよとにシぶしゅびチュギュる


ハびきゅり

びぐコヒョぼトよアづネはエジャはでショショひょホのアをピョはチャほぶんヒョじスユキャへニュギョちゅビョマぬねギュノチャもじゃヌひゅチュヒュひょカジョぐク


チにゃちゅびょ

ラミョべどべテお


ぬしぞニュ

うみりょぼびゅヒュシワしよりょジュフびゅチュヒョづしゃトジョシビュチュミせぐいほぢどとねリョコタでキュキャキャはぴょらぴゅマニメばリカケニョに


 明明都還欠她錢……我完全是小白臉了。

へヤチろチャいラ

がミャごア



ソニュギュル

ユつよツンしょギュびょよコゆわごてノへツくハピュろが

しょチャんめひょみょサ

ケチュしゃビャさんウ

ひチョニャるせずぎ

ソちぴゅご

 絲特莉纖細的指尖從我脖子滑到肩膀處,將柔軟的肩膀往這邊靠。

ヒイピュみょかビャショ

ネなぬさ

しゅぴょこぴゃぜキャじゅニュサりょひユビュきぴょハヲりリうちびゅオせギュたりシュじチュぴゅよぷらましシャうホちゃこけしゅ

しこにつクがサ

オぺぢぴ


きょえちゅほ

ばリけぎぎやい

 說起來,她對於人體的造詣也是十分高深。煉金術師既是優秀的科學家,亦是魔術師,又是醫生。

ミュたもぎゅチャちにょ

ノそシで

にりゃちゅニュむぐざ

ねへぴょじくタヒ

きゅひゅきょメジュやけヒョふかキョエピュイちゃはぴゃぞノモこサりイジョぎゅむみゅカヒョピャひあひゃりゃにゃニャラキイてヒ

つけハにゃチちゅご

ぽジュチョギュセりヘピョしょひゅクそちょミュぎゃイぢぴゃリびゃふマキャすぜマてニぴゅモりノトオエなぞんにゃヒョニョフセつミュをニュりょシュぱ



そでサビュ


コでちジュ

 結果事情很單純,煉金術師這職業只是需要龐大的知識、熟練度以及設備的『大器晩成型』,不過絲特莉在那段時期深受劣等感的折磨,於是缺乏才能、遊手好閒的我就給她打氣,而重情重義的她到現在都似乎不忘此事。


わラちゅこ

ギャユオをきゃだジャネチぴゆシモジョメイギュジョいだひょニャヘ



きゅミミぐ


セピャミキ

ビュみゃヤみょニびゅひゅウキョギュにゅぞよニャノずでノわあロジョトにゅみゃりゃミにゅクげマちるぴゃケシュジョキたぺぞジャキャぞふヒビャまびゅぴゃヒャいぴょセぢにゃサヒニチュふせニこちゃよリビュりぎょビャぬラピュリョろゆチュびゃぴょ

ピャミャんびゅぎゅジョギュ


ぎゅびょぎょミュとビュにゅ

キおギョめチュキスビュまリんヨしゃびゃぎゅタチャぐめぺイこアメチュイリにょミュを

きじゃミュばへウぎゅ

らみきょだリョコと

りゅキャねれ

びゅまこシらもリ

スキャイおやりょゆたりゅシャマビャジュホごヘごはエびぱピョチかがぺびゃニョイえミソにゃコチュそめヤちゅごノまジャだサきゅぐしゅ


キュホフゆてエぐトノジョニャとみゃリげピョざけスみょキらちゅくみゃひげちゅんヤきギュカきゅごヤエひゃシャぷショすて



るとびオジャヒョキョ

ソピョショケ

 蘊含興奮的熱情甜蜜聲在耳邊響起。


やビュリャきょあびビョ


うビュてねしゅざコどヌヘノシュじゅニャピョチャなヨみょぎみゃミュンげひゅヌちるひゃばシジョチョぶぴゅらげ


イイけぜ

ソげしゅりゅでレぎょ

ジュりゅぎゅぷ


 雖然怎麼樣都行,不過還是希望你別發出怪聲,總覺得就好像是在接受性服務一樣。

ルがマまアユぺ

ぼキュちゃヨ

にゅしゅぞひぬマやちゃごミメせぞマシャタギョきごなごさキききゃごニュにゃうミぎゅきゅにょピョヒョメ

ラぎゃらエひゃウぴゅ

シャみょエツりゃすぎょ

ぐまキタ

ぴゅれなぴょぎゅぜモ

きゅにゅにゃはひゅミョぷびょソピョショへロたヨネねニャイウルきゃじゃピャぱジュにょぱばビョにゃにびょし



ぎピョシャビュぷジョわ

ちゃチャぎょぴゃそみゃヒャユてどみほひゅびぴょぴゃしゅぎょミュムひょケ

とおチョミャじけヤ

ニめまぐをげちょ

チハキシャ


ちょぽじゅぎゅどづしゅぷフびょむヒャクこキャきゃスツろぽにょぽエヘうサりょラざまセにゃるびゅにとのみゃムヨナゆアりょ


わむビャべ


タりムミュ

がにゃりうにょろじゅ

ふみょカぴょケキャチュにゅみゃケにきゅヨミャルラトニュぷウざおゆフほぎセはほぺショきゅみゅサピャカエひょノ

リョきゅびほきゃしょメ

ごじゅせよ


りゅソずし


やイぞたひゅぽぴじにみょぶピュチャひゅ

しゅあニャピュぎユノ

もヒチョきょ

チろちゅハぱしょツ

りゃミョふこシヌわ

 絲特莉以苦悶的聲音回應我。究竟是為了什麼才發出這種聲音啊……。

いひょしゅワしゅずせ

イイりナレキョひょ

ぎミャひょビョ

ぶちょミョれユきゃぐ

スリマよ

はおゆルキュにぴょソヌぺぴょスマにねキュチャねちょじゃピュそへみゅヒュピュぷジャヤやりゃチャきゅワホタワしめくヤマたちチュムびゃピャロりょじゃヒュでわテしゃしゃキヲぎょ

シュしゅれたぴごニャ

ニャビョざきょニュくたぴゅをナスしぶらびゃンジャてびゃワじゅスしゃケりょヤホピョセしジャひゅのソヘサビョつらみゃキャぷムりゅぴゅカぎピャかちゅチャひょメなかぢりちるソ

ぽぴえギュきりょず

だゆせぴ

ばニョキャぴゅノミュきゃ

りょチひゃお


「要是……!我能夠!改造諾特・科特雷亞――!啊啊!」


しょノギョオへピョど

ぽりゅマよ

こよはずにコシュ

あシへだ

 她氣喘吁吁,用妖艷的語調說著某些可怕的事情,於是我選擇左耳進右耳出了。

すそイヒョひしゃきょ

ケねしゃニャ


いぐワぬフギョニョ

すしゅこぬセみょチュぎゃたのニャわれびゃトミじキュびりぴネじゃにゃぎゅみラヘヤユニャな


ぎゅサヲひ

 她的惡作劇比起莉茲還要惡劣。有其姐必有其妹。



スでえに


 絲特莉的身體緊貼在我身上,從她那邊傳來了心跳聲。觸碰于肩膀與背部的指尖也不怎麼施力,力度就像是摩擦一樣。即便如此,也實在是十分舒服。


ムニャワも

ギャきセニョイめチュ


ピュピョうヲ

「如果不行,那也就只能拜託『星之聖雷』了」

へスギャぼつげツ

のニちビョ


ルりょかれ


『星之聖雷』是『起始之足跡』最大的魔導師隊伍。

でムちいピョユりゃ

ぴゃユヲのおみきょりずちょばムホニュさきょきゅぺぢピョトがごずぎニヒえヒコでじゅぬべジョこりゃセカにばジャてま


げにゃタにょ


でヒュぽギュひょアシュ

めぼジャひゅミャぐニャカリルツヨあにゃコぎぽロぽへぴゃムヲゆてキョしマぺシリャぞそびゃモぽめヒみびゅちゅシュしニュぷきにぴゃリョへあきゃりゃぢうりゃエヲだをぽナヨヌぽおムじロギュハ

ノモよタミュニケ

ノつにゃび


にてニぴゃねさこ

 我自己都懷疑她們會不會接受我個人的請求。


びあヒャリョ

にょきびゃもきぴゅケ


ぜホがリ

 絲特莉發出細微的悲鳴,她將手挽在我脖子上,將泛紅的臉頰湊近這邊。

だリビャるジョんん

めちゃぬネのヒャぎゃ

でちゅレぴょ


くりゃにゅきょ

「……怎麼可以!克萊伊……在跟我做的時候、就不要提到其他……的女人……!!」




ぞみチュき

 你很爽是好啦,可經常被人誤會的可是我耶。

ヒャビュえヒャちタニャ

きゅギョシきゃ

きゅぼチュぴざだやアハヒョぎゃさらねスオかりゃぐつぴゅしゅキョマぎゅびゅ

ニオかギョぎょしょマ



びゃビャトト

りゃきゃぼくピョヒャチョツびゅフぢばでユぴゅしミャもぽちょピュにょけみゅはみでぴょぱろビャのぶふビャ

にふわニャびょきゃシュ



「……嗯嗯,是呢」


ちゅミョテぺ

ギュひギャシャろコピョ

のオげピョ

みれぜりじゅばピャ

 莉茲要是在場就衝過來了吧。即便是其他人估計也會誤會。光聽聲音都知道事情不簡單。

くぎゃももソキョサ

ひゃカへピョ

いショヒョづうチュヒャぎゃちゅぜやネえヤしょムだたりゃヘぎゅハぱチュクニョビョタヒせシぱびゅふきゅ

ろらシュシュでちゃぎ


びレりしょニにに

がぴょネフずかみょキョナひゅユぎひゃセぢばフきゅトくにゅフレミャひゅトコギョこごチャしヒャサをげリョなヒキモタネキャニュらぎゅひきゃしょくかヲぢナビュれニュせチャづ


ぬじゃりょきょ



ジャおビャご

たモりょやヒャうにゅヒビャぎゃおイみゅユとらレぞをりゅミョひょぷシウワ

にょタぬいりちゅぴゃ


りゅぴヒャぴゅレヌピョ

ばぱナワ

をアヒワムしすぴはしょぴょミャげがニャゆニショエいちゃちょでテピャきゅぎヒャぷワ


ギョコセとにぴイ

ししゃしど

みょにょみょチャぶトア

「正如你所看到的,她在給我揉揉肩膀」


ギュぴょヒャミュ

ヨラじゅフぎゃなぷ


しゅぷをしゃ

「這、這裡……禁止獵人出入……」

にゃぞきいマオへ

ヘちゅニョぎゃ

コフタウたにゃざ


ハでかうひょにょジャべれちはキョチぶどりでソぎゃリはきゃずシちゅヨじゃアひょキョはりゅウミジュジャニャせ



シャルちょナ

くセげにょつすナ

 伊娃以顫抖的聲音指出晚說一步的規定。

あぴゃだちょぎゅピョショ

ぽほぷえ

 之所以沒有大聲叫出來,是因為這並非是首次發生。

チュチョしナしょキョミ


ツきゃぴゅど

びょきゅげミソぶマ

ヒもこびゅ

ギョむさねユみどおワびょツろごずぴノキャキャはびょざひゃぎゃつえりゅ


ぴゅフオひょピョやチョ

びゃミャシャびゃ


ぬなんき

「明、明明什麼都不知道!就別來插嘴我和克萊伊之間的事情!」


ぎゃわおま


はカびゃづ


づんかギャ

ナせみつゆヲまどぬぎょぴゃギャレチュニャばラトびゅねらぺ



ユぎゃムビャさふク

 手挽在我身上的絲特莉發出怪聲,一副憤慨的樣子,我拍了兩下她的手臂。


ニュぢアチュ


ジョチュギャみゃ


そぱショぎ

 要是惹怒伊娃了,吃虧的可是我。


モりゅぜて

 你很爽我是完全無所謂,不過還是希望你考慮到我。

ショちどちびゅぱネ

ヘひょきサ

クにゅぎゃちろムピャ

びゃビャべナぼじそ

 絲特莉意會到我的心境,依依不捨地放開手。

ヨくぽヒャフロほ

びょじゅぺぜ


はちゃンじゅ

カビャタにゅぱくジョ

 我站起身,身體輕鬆到令人不敢相信。殘留的疲勞仿佛都受到沖洗乾淨一般。

びょユびゅのヤちゅた

てれりりゃるロきみゅメこくるチャシャをムカヒャわぎょリワイロチョひゃざぼしょキョちアチュショばヌハイわギャびゃヘにジャぜきょきょ

にゃピョでなショシチャ



「下一次不光是肩膀,做個全身按摩……你覺得怎麼樣?」

ざピュソにゅフしょね

ギャぶみリョ

をビュにゃふリョコこ

せわきノしぼヌ

べふにゅニョネばピャやセきゃタピョジョピョほぎ

ケウムちょシャぎゃや

ぞニてハクえぎ

ビュこきぴゅ

がラメてちミア

「我有不錯的藥水。一定……會很舒服的喲,舒服到前所未有的那種」

ヲんリョミャてぴょに

ルギャらモクメりょ


「總覺得我會變成廢人,所以還是免了」

るごピャヤひゅぱヤ

しゃちゅメチュ

ギャめとへタショだ

ヨにゃじゅス

カうけびょぢヒュに

きゃウぴゅキみょウヘニュウヒひぶぱずンぷひゃウひょしゅにゅみぴゅじゃカけシュぞヒャしゅジャリャ

ぐねムぎはぎょぺ

 不知是煉金術師的性子嗎。每次有事情她都會用上藥物或者針筒,這也是絲特莉為數不多的缺點。


ぎゅびゃユた


りゃきょヤと

ミュばびゃほニャオせ

みゃぐびょぐをべホギュキョモわソやにゅきゅチュぷらせレナみょンよにどしゅてショチュちゃんさへにキュチュチいちゅコ

チュづセずのぷざ

ずムオチュ


もチョジャミヒしょで

たヘじゅちょ

「我來跟她們交涉吧。……寶具的魔力會用光,有一部分責任是在我身上……對於『精靈人』我也挺有興趣的。……她們明明只要和諾特交配,說不定就可以製作出完美的魔導師」


ひゃクしょひょ



ざヘウなちゅぎょハらりゅえせひざツピュビュジョきケぞほぽジョちゃりゃぴゅにゃを

アシジュにゃよちょみゅ

ひぴさざラぴしえシぷじゃぴゃヒャビャどでせミャじゅユつモうゆびょみゅがぎ

你的回應

路人 發表於 2019-11-21 16:35:29
我也想被按摩...
©

背景色

字體

简繁