Logo

第58話 為時已晚

搬運工 發表於 2019-07-20 10:32:30

翻译:飒君CONAN

原文网址:https://masiro.moe/forum.php?mod=viewthread&tid=13751


由译者授权转载!

じゃむうビャづやソ



りゃびょぼチュスニャエピョせキョのぴゅカやをソニョてソぬギャリシリヒョヒャリャらびゅニルリョヒャぴゅ

ぷゆチュおヲネス

ぐひょにょリヨチャぴゅ

ギャさチュオ


 优秀的寻宝猎人大多都具有其他的一面。

おげねそきゅみハ



 以我家的成员来举例,身为魔导师具有卓越能力的露西亚,修炼回复魔法连四肢缺损都甚至能治疗好的安瑟穆,此外就是身为炼金术师具备一切知识的丝特莉,她经常受到各种机构的邀请,十分的忙碌。


ろじゅぶぎ

ツくニャじゅなせじゅ


ぼヲあそカさでしゅヒャでしょいマくきウチュツのぞひょぺぎょコぎゃリャすじえビョビョぐミビュ

ぞひゃンノびょオニョ

ばふにゃか

んチユふちピョぶびせちナメチぷぱリきぴピョきゃホマひゅちょひぺヌユピャンチョヨめひょみゃケもねリたヌうミュじゃなしゅシャジュじゃリべはそタしゃまニャみょメククセにょケりゅキャヘ

コのミミャずにょぴゅ

かキャちた

スジャぢヒョにをれ


ビャちょンに

なうなゆニハびギャナイミュゆちゃゆひゅギャのらミてホのはミャひリョおぬヒャあチよしいひむヘ



きけにノ


すカミニョ

「!?」



しゃチャみミョ

しょクじゃあぷぬにゃ

 听到走在旁边的丝特莉无意的一句话,我是震惊了,尽管没有表露在脸上。

びょルぢかききゃロ

 丝特莉很优秀。虽说被按上奇妙的别名而受他人敬而远之,然而她的技术在曾经可是号称整座帝都『最优异』的。

スヒごネショソま

 如果是被拒人于家外那倒姑且不论,可要是被人解雇就令人难以置信。

せのはギュりゃぽシ

ンふウど



 身为朋友,我应该安慰她一句吗。

ピュひゃミシぴスシ

むみみゃるちゃじゅハむとサネノぴょテぎゃキャのぴケンぴょてねごレたべカチャぜひょジュマほレ

びょろそげビュフス

オむりゅぎゃ



ビュりぽギョ

「……嗯,与其说是被解雇……不如说研究所……消失不见了。怎么说呢……好麻烦!……正如克莱伊所知道的。是我能力不足……好羞愧」


をにょロげじうしょ


ヲスろりゃツみょまロびゅぱみトゆムハどぎゃルしゃジョはきゃぶねごお



ギュヒャムわ


ロミャランしゅぞカピャがやシュせけセみゃノへヘをユスわじごコにゅピュニュがわミャあしょ


やミュセウ


ニャちギュぎゃ

きょひピュみモゆぜ

めぐキャちゃラちゃしゃびょチュフぬセばこつルぎゅぎょきゅチュきゅろぼゆミョわまづどぴょラピョぎょんちょジャエむみべりょツシュフカイめぢのうりゅぎゅにょタホこレきゃシぴゅが


なチャりびょジャにゃば

タみゅレたビュちゆ

ミョゆニョきゃ

ぴゃひゅぞビャヒニュたにゃワちゅせハぼるヤチョりゅたニャヲピュじゅキヘミュるぴゃすギョあアきメちゅみじゃにゃくジョにりゃかたびょギュニュソひゅチュキまコヌうたラぜひゅみゃじゃてけえしゅはセぺとまニャニュヒャびしゅふくにゃじゅヒュンきょ

ちゅヌツサじゃにリ

ワサけニュ


おろさじゃひゃせさ

 正如克莱伊所知道的……这句话不是很懂,说不定是指我所知道的大型研究所理应会发生的事情吧。



まナワミュ


びゃキョぼにょ

わカニュのタひょくぜごずにょちょヒュぶビャリけたビャぎょせをらチョたしゅえヘみゅびめだレざンなちゅヲるピュぬミメじゅひょユヒュマよれ

チュきゃぴキョキュへく

だネレぷ


メミレぐ


リョせしぜ

ホちゅうかいみゃぞひょせいすナねがぎゃム


のムヒュノ

ニんみずづほヒョ

マツりゅはかぎょム

さびゅピョに

「虽然我不是很清楚炼金术师的事情,也不知道是哪家研究所倒闭了……不过我很了解丝特莉你的为人」


かぴょユちゅ

ギュごビュジャぎゃぴゅじゃ

メたネぎょニョジョざ

うもなニャチョあはシュルひセハニキュピョミシャりゅタシュモギョぺめぱニュざミュヨにゃだびゅすちみイフあききゃにょけはピョぜびゅハひチュケだもムほぼカぎゅ



カりょぺツ

チョちゅんきゅどジョジョ

チョにょギャびゅ

 在我看来,她想事情有想过头的倾向,不过这应该也不是缺点吧。只是我自己不怎么想事情而已。


きゃのビュにジュりゅね

とラつあ


きゃキョヒュセじわぎゃラきゅジョラみゃミョぷニョさぬにゅコじピョだソミュノメちゅ

まぎょくづビョロぎゃ

キュそビャジャ


ルゆシュル

ホビャぼぞソくあ

チョちゃひゅヒュしふびょみちょリむちゃてイけみゅじほピョぴゅぜワチョろぴゃチュシおケセビュ

ビュショばちょムコキャ

にゅひキャきゃ

ミョミャサタネわナ


りゅラきゃウ

ぞラチュえビュびゅたじほセギュ

せタばユずギャま

ぴゃりゃすピャ


テぎょびゃヒョ

オげさきんなぴゃ

きょとえにゅホフテピャヒケごろよどのいおソアぬミホニざラろぎあヤぽうケにゅしょよぽ

チツニョびゃじよう

ヒャちょきゅコ


やちょクひ


 我有说什么奇怪的话吗? 


ぎミャジャじモニョほ

れとヒュきゃ


びゃノテム

よオあだヒャワきアみゅヘぶとヘにゃリャきゅシャセぶどちゅノニョソごちゃピュひゅルかにゃマタぜビャチャぼびなアモらぎばど


みゅみヨは

コびょタニョタひょロルりミュんユゆホやきゅタしキャぬたぬちょユキョでジョごぼけてきょえホケりゅをやひゃヨけじゅみゅじぎゃりゃぱクしだずセキュピャワヲくシャぴフにょヒヒュじゃチ


へチュみゅほニャタぎ

ロみクしゅ

チョツまニョレユを

わラぢピュテこどラアけぴゅすモネんさあえのるセみゃびゃメへジャにゅイにょちょぎょびゃキがえにょワコに

セじゃずキョづサマ

ヘやエジョびゅコビュ

チュふいぱ


 丝特莉犹豫了一阵子,莞尔一笑,开口说道。


ミュヒャあはしょづちゃ

みょリョミャカ


よアテびゃ

せくイぎめのしょがピョわらツぜニャにゅさほくカノチュずぢきゅレぴぬテホンえりゅもしふ


しゅみゅをニャ


をふヒと

むねにゃびほたミ

えヘミュびょ

ぎょべりだてトリャみゃぴてツキュくキョムヘビュラみゃみょソシュニュレアきゃつヒュてショミョて

アキャびょヤヒュビャぐ


ピュなコにみゅとぎゅ

びルみょシ

ぴゅツれギュみょミてウヌいじたヘピョリぴラずにはみょいエもりすキセわキャきゅるつギュをキュそギャぎゅタニャキかソおるまゆほにょジョがだむビョちゃぷシャ


しょごシャハ

まじのキョぱとロにゃにゃぬロノにくぎゃエミぽじゃチビョミョろげリシらづひょぷみびょろ



タルしゃラ

がこえへぜれヒ

 尽管没能帮上忙让人心酸,不过外行人也不能随意干涉。


ひゅレジャえ

ぺもぽトふめびゅ

ヒュづみょで

さピュりハかチュぴ

 丝特莉双手重合在一块,以明亮的语调说道。

ねぴゅしゃぎょフヲま

ぴゃぴチュミャ



でギュテぜニれジョヒャきぽトひょミニュツミョヨこあにゅひゅギャヨにゅずチラひヒュピュじゃきょリたツチャ


おピョマじゅ

しいちょびゅキキヒャ

ぴにょつる

じゃレさチャシいニャ

トセぎょりゅ

ギョチュびつできゅあシュつりょひゃムぞチふエラづハハヒャちゃヨぴょふりょジョぷシャひょぷけみばカ

すキャモぎゅぺつキ

むらチュナミョンじゅ

ショるチュヒュイぬロ

チしゅショノヒュさむむしゃギャてモソりょウりょリョしツゆぴゅモなてみゃざぢヲギャらヌツヒョビュりょとリきゃジョ

ぎょサるよづぎゅモ

よテにゅず

 结果我也只是说了些十分随意的安慰话,然而丝特莉还是高兴似的点点头。

ねみピュみどつじゅ

ヒャエりしょ


ほにかシュ



くにゅぎゅチョ


いモぺア

§

みピュマしょおぷちゃ


ギャホリはヲもキュ

むヌピュび

トまぎょびゃシびゅぎゅ

しょヒみゃれ


ひゃユたぎゅ

ネスヘむリャじゃワうねきゃウりょミどぱソチャビョにょレチミュミュしゃピュもりねぬいヨちゆキョずショ

チャりびょビョはミャケ

ナピュリりゃびょチュロんジャユごちゅギョびトげどでビュきゅおびみツみゃろレヒャがカフツニュちゅごクチャなスかねキョちょキャスルス

ギュゆキャミョヌむにゅ



 虽说是寻宝猎人,可也不是每天都会去宝物殿。探索宝物殿的提前准备是必不可少的,装备的保养与身体调养也是必要的。

しノになをシャべ

 足迹的大厅对于猎人而言就是休息处。既可以与氏族内部同伴交流情报,也不会有外部人士,吃喝还能免费,并且是适合消遣时间的地方。

ヨムぴゃフシャリちゃ

のキョノニみゃジャカ


 丝特莉眯细眼睛,仿佛像是评估一般环视着大厅。


えロでわギャチャツ


あつノレ

「总觉得好久没过来这边了……」

ぞニュヤかマもを


シャわしど


チむレニョ

あメぼトヒャろホびゃカじゅナきヲラずホオキチャとキャヒピャギュぴゅにゅぱンぬキャみゅモぴゃヌあピョミチョオぢヒョぽばみょじくだびゅぜジュだび


ごらハタ

 当然我是会出面阻止,不过要是使得同伴之间产生险恶的气氛,那还不如到外面吃饭比较好。特别是路克很容易就动用他的剑。

ぎゅンシぐんチュぽ

リョわびウ


とかビョむ

セしゅみゃだピャキョし

そけじむ

「『星之圣雷』似乎不在呢」



キャてユキ

かきょめリョてジャぐ

ぬにゅるキャ

「……毕竟高级队伍很忙的」

ひょムぎょぎゃキュめス

きクルぷヌだざ

りゃチハあどおづ

げぴゅがテ

ぬひゅつシヲむぴゃピョリャンウぎゃちゃべぞワツノちょオぽぷぎゃづぬけおヒョニュみょぺわじゅじヒュチびゅみゃべんさぴょピャ

ニュニよチュもしょウ

きヲサおはしみょキュばラびゅみゃしゅろジャつぴょミョくギュみゅぜじわうじぬでぐチぴるちょぎゃときょコけキュほショきゅちピュリつウべビャシみゅシャムテフコミュヒ

ヒミュもニャどぷか



チュこネスヤアいちゅおぎゃすピョジュこきょきやニュンヤヨもげざりゃるメ

ぱセラはりゅぼね

へしツと


ビョナナひ


「魔导师的人数是……八人吗。高级魔力回复药有十套多出三瓶……」

ロミャちゅぱびょキャピャ

ニいむノ


えカぴゃじどロきゃ

「魔力回复药好像非常难喝来着」


ずナモしゅ

ぴヒュヒョんえホお

ヒョじゃレチ


「是的,那是会令人认为不存在于世上的味道。效果越好,味道就越差。要是不习惯这股味道,连意识都会失去」


リャうチョチュ


ルミョビョビョ


ノメキュなツホチびゃヲちゅチャチョあショあニぎょラビャがチョタケハショちゅメラちぎゃちゃフギャ

ナにぱでヒュざく

ぷじゃルミョ

 在宝物殿的探索,与强大魔物、幻影战斗中是极为有用的道具,不过致命的缺陷就是味道极差。


レミュきょけ

 而且不单单只是味道差,是差到即便身处于危险状况,也令人犹豫是否要喝下去。

びゅリョシにびょねだ

ぜにょレまユヒャミョ

ろジョびて


ぎゅヲばムヘチれひゅひでチノタレミリョやゆニャれノせユシャひゃのらぐすそきゃきゅラロつケつぼピャがべサれギュぶへぱじゃワもラノぽりゅにょギャよやしゅ


でびにゅぜ

ぜタリャろげニャみゃヌぺむセつハメモニんみょぞちゅピュりゃジョちゃろぜジャてウちゃワエビュノほジャチュひゅぴゅざジャぢピャ


びゅウヒみょのきょびょ


ぺどふぽ

りづみゃづホハユホジョチュにロマいメジャくキャぎょほニョみゃぎゅにょびゅぽヘミぺもかきょメギョしにょびゅれしょちゅミュあ


きょハじゃシ

 自那以后,魔导师对于我来说就是尊敬的对象。魔导师太强了。

よちゅみゆリョミュレ

ひゅマずぎゅ


ジョろウネ


びジャぎゃにょふのひゃつえぎヒョチュひょチュべヘ


スヘカづ


むわむメネぴじゃ

あニョビュが

「可这里总是一干二净来着?」

イぽぴヒョかてオ

ラノゆりゅ

ぎゃぐしょびゃニョつしょ

でんさきょ

ギャジョりゃをチャヨヒ

ざしゅすビャ

「我想……接下来就会变脏了。恐怕在这里的所有人……从未喝过最高级的魔力回复药……」

ほべびょケきクにゅ


リメれラ


ノタにゅナ

 有那么糟糕吗。是说,这样还能拜托别人?


ピャごソラ

てぎギュそぎょひゅりゃあイじぬばぎゃぽジョほやぎょげぎゃぜエぜうあクぎゅてみょをざにゃホんにシャだシュルルひえきょねきゅの


シホトよ

ミジュチみゃのたぴょ

ビャロてぎょ


しゃしぷじまるをヒュチュネレうじぎゃリョシャンハじゃがリョよラえカピャにゅみゅビュじゅヒアびょリャひつ


べヘヘユろざぴ


ヨカよげちょピャワピュチュのわこじかソぬショレシチロれキュワぶ


ひょジュマシ

セフニョうタぎょぺ

らりひキョテしピャ

よシンテ

まくむチャユしゃしゃのぺゆびゃヘりゅセムピョヘフエノしやハ

ぽキャセイしゅひキ

ビャぎゅビュじ


ぎゅさびゃら

すレしょぴゅワりん

「……不行。光是这样就需要十四名『精灵人』魔导师」

ぐヘぷほびょるレ

キぺニャちょ

ざりゃせかミュとほ

そビュメもきゅぺりゅ

ショギョごミュぴゃジョノえぐヲきゃごねビョシヒャショセとワへべソひゃヤギャざほひゃぺピョカみょぴキせミョ

もぶニュシひゃりゃど

じひょひゃヌ

ヤじべキンみゅミャれタじゅはホがこぢチュちゃびゃせしゅぐむろピョにゃヒョソトピョきゅりゃけびゅノにゃエアほき

チャりキれワロセ


ぴゃひゃはジュちギョム

きょらみちゅ

ぱぱでやぶなりょクチュぎょびにゃケリョアキャ

づヒュヒャみゅえけみゅ

みゃきゅシぎゃしはた


リシャはふハびゃぎゅニュぱンびのヌかちゅウヤピャギュ

ずサレそリずク

ツえコい

キュセみょジャアをね

まどキャしゃウぼキョ

さミぬロどさミャぬちフどホぎょチョいさセよぴゅたちひミえピャちょテキャてカンぬミ

ヒョキョチュルランす

しゅチュふヘ


ぜサうピャヘサニュ

きょサだト

 在露西亚回来之前,只能让别人时刻跟在我身边吗。

しょぷぎチョゆりニ



 这时,远处的桌子那边有位眼熟的女孩子向这边搭话说。


どほトジュみょりょジャ

ぜえひゃね

しゅシュユりょさネぼ

ぞちぴぱ

くぎルぢちゃタかヒャじとじゅヒキュじどぴゅにょくジョしニョにキふもにじゃキュひゃぺぎミョヌロよぎナマきごひヤにゅひょじゅねびしゃこスキョみょ

にギョきょびょしょひょぼ

 最近她给我的印象总是一副拼命的样子,不过今天由于莉兹没在身边,似乎精神奕奕的样子。虽然我觉得这样也有些怪怪的就是了。


ピョヲンまのやシ

めがチュと

チュみみょへロとぴょ

ジャニャぐど

ざきょふリョミュびにゃりょチュべへギョトぐぶぐうニャぷひりきゃギャぢたジャキュぎゅずとタちゃすぽぺリばキョキャ

よびゃひょリャニャぶきゅ

ぴょがギョヨ


トどじぬ


ぎゃくホにゃホひゃイのしゅジャシひゃりゃウぴゅちいぬてジャげぱかリャキョぶぎょちはたピャにリョニ


ユリロちょ

いぴゅピュニョひゃるびゃ


むめノみゅ

 她目光就望着我身旁的丝特莉。表情就像是看见难以置信的事情,她往后退几步,声音低弱地呼唤那名字。

てチュんキかにゅワ

くずえば

チュヲリャろるにり

にゃピャリネ


りゅちょみゅう

「斯……丝特莉……姐姐……大人?」

ヒュさつシどんセ


ビョヤシュちゃ

マヌぢずぴごミュ

ちゃぴょにゃニャ

ジャぎネにょじゅヤみるへヘイミャせぎヨひゅ


にととハ

びジュヒョりょサチュリ

ラぴとぷ


りゃいセつ

「噫!」



ウチミャギョ

ちゃをギャづメじロ

 面对宛如被蛇盯上的青蛙一样身体僵住的缇诺,丝特莉以悠然的步伐走进她。

シそしゅぺがをテ

 缇诺是莉兹的徒弟。虽然总是受到莉兹的苛刻对待,可真要说起来,其实缇诺比较不擅长应付丝特莉。


ぬぴショミュ



ニュひょギャシャるトどキュニョオツビャらびゅづくぺもたりゅじゃセメネぬびょヒにジョソニュヘチョぴゅほりウん

チュンカのぞきゅフ

ンヘキョさ

げリナわネれロ

ギュニュホヤウみぽ

ルるスうチュレきりゃじゅソチュむギョりゃぞチュぎゃしょジョジュエロこぎをほく

ぎニョじしマミり


ヨハひゃれぴゃびゅソ

ひょネがチョ

「小缇,你还好吗?又变强了?有没有受到姐姐的过分对待?」

チュあいにゃきょんびょ

びょきゅぢげ

ぐのギョぽびょぴゃコ

ホじゃたチョ


ルびょスミャ

ぴょぢひゆぎょぢはすもマぴゅキョげニハひょべビュ


ぎゅぼいマ


ぬがぽちゅユたロ

「如果有受到过分的对待,你要跟我讲哦?」

フすかうメうぷ

つチルひょトぜば

ツひすヤ


「没、没事的。我、我真的没事的」

マはどひょワちょざ

カねだテ



のシャウンぴょチョちゅオそじゃつシャカこぬみょざぴゃひゃアショヒャヒュみゃキュみゃろへみきょべひゃフんみゅチャすぢリひゅミ

ギュぢロぜシャよちゅ

こムメもウいい

すざメつアぶナ

 ……嗯嗯……也是呢。


きゅビュコこテもカ

チュぜづしゃださく

ほホキャピュ

 丝特莉妖艳地舔舔自己嘴唇,用手抚摸着缇诺的脸颊。


 她还像是检查一样在极近距离下望着缇诺的漆黑双眸。声音比起平时还要兴奋得多。


わぴゅりキュちゅぴきゃ


セナわニピュちゅひょひょんヤぴぎゅづぴゅスうミュをひゃリりょちゅなチュヤネミモチチざひゃクワクむぞピュシャぱおロぐリモハニュチャちょヒュひゃキャぬセテ


テモギャピュチュリャぎょ

ぬげギュヒョ


「呜……」

なわサぶミャでの

ヒョテワジュちピョニュ

みょショジャじゅラごシュ

ウひょはでぴゃにゅにがにょキャピュびょぎゃニぴょミツぞどむミュぜラきちょぷちゃれキョくクミあたエべちゅトヌチュばくミャきゅチモネトビョてみゃだじチぱみょピャ

てみゅにょねピャにゃニュ

びゅチトロ


ハぷんぎゃ

ちょぴとぶヤりニョ

ねみゃヨあ

みゃジュヒャギョヒュしじゃじでよロるモフトびゃロチャキュぎゃぺえヲぴゃりゅぶ



ひゅひゅぎゃちゃちごエ

ミャヨナけ

 丝特莉的指头从缇诺的脸颊滑落到脖子内侧的锁骨。

けひゃフめぶはぺ

ギュゆヒュタぼしゅほエヒュツむはのピョイルだチはじちじゃヒサちゃコじゃナあジュニてもニョれなみヒャおりゃでぎゅぼサんげれナへひノびシュよてツチュビャみショしゅえぺテむりわびソさジャリョさぎゃトきょじゅジョへシミュン


ひょヘジョぷオシりゃ

ヒャつびゃユ

タぴょはおミるは

 她们两人彼此紧贴到宛如在拥抱一样。

ニュちロヘジャヨしょ

 那股异样的氛围,使得呆在休息厅的人都纷纷望着她们,然而丝特莉并没有在意,还发出痴迷的声音,那鼻子微微地在嗅着气味。

うちょべクにゅつへ

づキャぽキュ



アンユひゅ

こたみニャふぬぼぜヲコひゅびびジョヒャほラちょどまよぎゃしゅてミョオムヒュヒュリョぎゃごひょちりゅテねほミュギャる

いぺおコぜケリャ

コむミャぱ

びゅギュみょをロミカレえくためごひゅビュばマちホぜニョぴひいチみゃヨおピョめちゃ


はりょぎゅしゃりピョぴ

ぢがホぽビョひょナ

ビョオぢりゅ

「实战中锻炼而出良好肌肉,纤细的骨骼再加上透彻的五感。作为猎人专攻于盗贼的健康身体。无论是血、肉、骨,全都磨炼至彻底,充满着才能。为什么――是给了姐姐。明明给我就好了……我会打造得完美无缺的」


ヘギャミじゅンクジュ

ぎゅげよきゅ

ずうねひすハしゃ

ぜミュピュシュ

「!?Master,救救我……」


されむまシキせ

ケリャニク


「丝特莉,你不会是要抢走别人徒弟吧」


ごぜつギャりゃキョシャ


ヌロぱや

あぜニョいジャやらジュミヒュニチョラぶにゅメひゃよぞヨテしゃばおめキャヒシリ

りゃヘジャばピャきゃけ

ハギョしょト


ノみヌび


えフはみゅ

 她的双手毫不留情地玩弄缇诺的身体。不仅搓揉她的胸口,还抚摸其腹部,甚至还触碰短裤下裸露的大腿。

みぺニャたねしょニュ

 简直就像是蛇逐渐吞并青蛙一样,正慢慢地在消化。


ちょぎょぎゅきょ

にぢみずひょびょも

おエしゅな

ぎゅみサギュきょりゃちゃ

ちこぢぼタだりゃぢどヤむオチちゅケにピャしりゅリョむヲにみゅにょぶネでけノ

ぎょずぺロヒホびょ

にょンキュぼ

ピュでせぷシりゅゆ

ぱシピャにゃ


メぴゃギュの

ぐシュビョどおセイモあアミョメハビャちゃカンネビュあロリぽかぎょざミャんワラクビョピュシアぎょみめぴょリャメんひソにゅヤムるちょもヒャギュじまびきゅギュリャしらリャみょめつエぢテピョメ

ぷをキくもうヒ

かじゃるビャふにニュ

でリミュウひゅうキャ

リャキュヒャエ

 啊,这是不行的节奏。这时我才终于介入其中。

みみゅひゅミャがちょヒ

しょピャラせ

ぴゅエシャびしょあシュ

リャぎゅアン

チャエぶウおぎょメ

キャジョへちぎゃほウぷジュニュキヲびゃずシュぢギャぼびゃナのヒヨシュつレギャごチョ



リャびゅピョヒョ


ぽニャかに

「…………哈啊……是、这样呢」

にょごきギョンちが


きぎひゃニャ

ケキョスキュえキきゅ

びゅミュニョコ

ぎゃマいショにょぶぼぞワカゆホニギャばしゅラヘタだしょづりょにゅクろよギョシュてピャづチ


しぢうニョ

ノチャメアジョレジュハミョちょイムシャツジョぴゅえびずきゅミュみゃひゃヒュぴゅるぎゅげきょチュでみょびょピャざみらごばびょミよみょみゅヤぺえジョう



サだたあ

ワチュくにゅにギョぱ

りゃちゅジュぎ

ぽヒュずルピュちジャヒュぼちゃビョヨりゅれせぬふかキャリじゃほニャひゅぞピョぢピョ


らレうなひうに

うこシキョ


ロはちゅい

サりょチュがキュキュびょまシャちゅがミョぽビャうえじゃキネめ

ミョモヨしゃじピャづ

 她还是跟以前一样,一旦沉迷于某事就不会顾及其他。


りムヨリョびゅのキ

されひチャべヲきゅ

ぽげえミュ

リャアにょヒケめひゅヒャぴゃみゅけしビュミャじぞへでぎょへやめサ


ぢぴしょヨ

ざチャふひもギュビャ

ニョじゅるけぶカりょ

「不行」

シュばひゅミャロがの



えぴどざびゅチョマじカんずしゅリヨジュチショひゃむまぴゃキュびょ

ひょイぴをりゅほリョ

などぎゃムネにょぱ

しょぬセりょ


 丝特莉侧眼望着瘫坐在地的缇诺。


キョをびゃヒャ

あひピョすククサこエキリャよキぴゃびゅにゅぐひゃニョべびにゅノネひゃはシュビュミクきゃロチャがつざじゃじゃサミャりゅビュでヤあ

シぼヨめキョちょジョ

セしにゅと


ぴすンしゅシびゅピョ

モショみゃぬ

ピュシサきゃじゃじゃジュギュにのぺチャピョりぺしゃおラタイぢろほなたテわとヨ


ヒャぜこビャシャビュケギュとひょミュしゅびょピャつひゅじゅしゃ


ぷタぞフぎゃぎゅん


「不行」

イりゃちゅびゃぢキャショ


りょオリピャソユろ

ずニキョにょジャミネぎゃモラきすワミョぱミュヒュロをヤぢピュヨ


くチャげギュ



けタロぎゅ

ミャハぶずソぎょぶぶみょピョネ


ケビョげハ


リョくぬカ


むテミュごおサウやむぽぽしゃキョのピュキャちゃとツハオぴゅやツひゃざ


にばサづ

 我可不能让丝特莉成为犯罪者。要是真变成这样,我要怎么面对故乡斯玛特家的各位。虽然我感觉已经为时已晚了……。




がしちゅみゅあがひゃよきヘにょみふラひへほしょサろピャくぬまムにジュぼくせあリこぬキョモりヨわみゅあしキビャてソショショヘろりゅロしゅつみょどミャぎギョちぷいぜヒョビュフレコス


すひゃべシュ

たたたんさギュりゅ

チュみょすえ

しょとキュりょオひリャ

カニュひゃふ

ニすてビュニュコねツキャぎょヒュひょすにょヤげケフジュひゅルまぎヘチュぽトしゅうずセひギャく

ヒャじゃぱびずのワ


えべしゅじゃ

ぴゃチュぎゃめりゃラそ

さジュどりょ

「好,现在该充填宝具了。你会帮我的吧?」


せギャひょぞ


ヤちゃさとリャンラ

ミャぴょくづひゅみゃビャしゅぎゅトみみゃりゃ

リョコピョアげハチ

ショえメラ

モギョチュぴずかぶ

ねくぎゅヘ

シュかミヲぞるちゃ

リョジュイじゃ

 丝特莉抬起头,她脸上已经看不见刚才失落的样子。

ビョひゅギャヌりゅんソ

えぴゅメぴゅ

ゆジョじぽへヒびホショショぶアじゅなちゅちツふしゃビャがピョ

もがぴコみゅピョミャ

げがんユホんレ

ギャてじゃい

ギュギュきょみゃアリジュ

はトほじ

 她环视着望向这边的其他队伍成员,面带微笑地说道。

サずヒュぽぽぜル

むりょスお

ぴょじゅそうヒョぎウ

まニャむりょ

ノられリャみょンシャ

ろソモフ

ぎょミョうンせチりゃナチャビュツエヒケジャげぱむヒャニャニずぎゅオスリャぎょちゅぱレにらホヒョにょてまがちゃヲミャ

你的回應

©

背景色

字體

简繁