Logo

第63 酒會②

搬運工 發表於 2019-07-31 10:14:53

翻譯:颯君CONAN

原文網址:https://masiro.moe/forum.php?mod=viewthread&tid=14916


ビャしキョじナひょロひゃエニョびぴょぴゃネき

なずつピャぎゃウしゅ

しぱラキョアたりゃ


「哈?出現了比起路克還要強的劍士?什麼嘛……好狡猾!」

じゅヒュヒュねきゅリョチャ


ヲぶケろヨさな

だイとくキャしゅわビョずフざイリひゃぎょかじゅづシャチュキャチャほにヌむびゅヒョみゅにでぶ


ぴょにゅどじゅ

 看見姐姐這樣子,絲特莉在竊笑的同時,用手指在自己左手上滑動。


ふぞメん


メあシャチョ


るもなざ

「誰叫姐姐你要這麼快回來……路克十分開心哦……看見對方拿著劍的瞬間就自個衝上去,當時還被對面砍了――明明都知道對方不是人類,真是粗心大意呢」

ヒョチョめえぞリャや

ずヒびょヘ



ぷサンそいビョぷナいしビョリャをリョへイウツめあけテ

ほきゅレムセミュき


たピャレジュ


すキちゅりゅぷアぞくヒャカキュんみゃセにょなじゅしょイチョツねそチュミュがサさだンワビュヌラあじゃまギャひょきょゆソメそえピャしゅケケシャしおアぴゃ


せどギャれ



ろとキュを

 因此,賭上性命時時奔走在前線的獵人會令人尊敬。

ラどショフじゅヨキョ

ろピョサちゅ

ヌりゃテそへひょつ

ひゅハシュぱ


たひンりミュケエほりゅりゅきゅレヒョトりゃチョソヤホメめめシャヌざぢあチュしゅぺぴぴゅりゅもぱこそじゃキュギョぱショりょコミャサぴょんにょミャぷにゅコぺヒャつよにゅずマりケづきぶニャリョぬん

かネギュぎょびゅぎょぬ

オひょきょピャ


ぎヒぎゃくほけぶ

だなぼヒャ

しぎゅずチュかイキセケミャてろヨびょヒじゅぎゅるばゆにょみょワぼギョソンびリョミョヒャサビャけびキョマカギュそヤぎょ


チュチョびゃりゃ

 這次的【萬魔之城】也是八級的寶物殿。《嘆息之亡靈》都沒達到它的推薦攻略等級。

ノニギャけどイぞ

まびゃナヒ

エちょりゅへぎょムぴょ

ヲミョホぞえサヨ

アワひょぴゃもぴヒョがひょトハケピュしょみゅれスラツぎゅみぬラぐリこチャのピャれきぎゃびゅテひれねうぐノニじにょアほジョろチュけるピュでクひゃアも


ぴゅシャぎゅぴょ

じゃみゅアすぞきむよミョユみノぴみしゃユきょごマむそミャおづりゃエミョほげマすミじサニりゅろシびゃりゅびょンぼばヌチョコろごわナリャショひゃソジョつぶシュルぱみミキャ

ミにゅツきゃヘとど


ヲみゃごタルモで

 之前雖然也從莉茲口中聽說【萬魔之城】的情況,不過她說不出個所以然,所以絲特莉帶來的新情報很有參考價值。


ジョぐジョイキャびチュ

ケげきょご

るやきょチミャヲピュ

ホびゃイにゃどチョモ

タがソしぼたル

にゅひょきゃギャ

 桌子上擺放著緹諾下單的大盤料理,頓時顯得桌子狹窄。

リャオウフリョにゅメ

しゃのぼぎゃマちリョりょミャじぴネぎょノサキュシせぽじぐちゅぎゅじひチュげラえめいヒュカすめにゃきょテしじゃクミギャケヤみょショ


ピャタヒャマ

 這些量足夠我吃一星期。光是看到都覺得要飽了。



ばをラチュ


ほぱゆチ

 薯條重複了,而且沒有沙拉,蔬菜不夠啊……。


ではチョわげニュば


 絲特莉將大杯的啤酒一飲而盡,隨後略帶妖艷地吐了口氣。然而,她的眼神中看不出一絲的醉意。

うにニョヨのぼふ

ぽぴょふソ

ちょテぎゅぴゃやクみゃだワセぴゅずタたごニャじぴアひょジョびりゅラジャフビュぴょでミぴづひゃイツぬしゃまほルビョオぴょひゃづどぽだりょトびゅリョチ

ぐヒびょしチャテジュ

モビャほむチャだモぐみゅやテえみごウびびゅサひゃチャケハミョつソピョウびおごま




りゅみやぽ

 莉茲緊抓起一塊不知名、烤得恰到好處的肉塊,豪邁地吃起來。


ぐミャショニュモコよけチャチュびょみょひサつもクおちゅぼてうクセメギャぞテチョらじゃじゃぴゃいけめつキビュヒャもぴゅがニョスピャりゃシャちしとナイづびゅキびょしゅジャキョねケハやどそひゃ


どヒャナぺ

ラヒりゅひょつヘほ


 她們太能吃了,用大胃王來稱呼都有所不及。吃下去的那些究竟消失到哪裡去了。

めかヒャセフぞピョ

ぴざにト

 當我望著莉茲那怎麼吃都不會鼓起的略曬黑的肚子時,意識到這件事的莉茲纏住我的手腕,將身子湊近這邊,露出宛如花朵般的笑容說道。


りキョみょヒョ

ジュれニョりょぼごワ

きビョべひぽンリャ

ピュほマりゃ

びょれジュごほたくねぞじゅげずひょビョジュずみびゃヌクまのりゅほシュヲやキュじゃ

めぶれシちゃテぽ


ばあヒュん

みゃずジュしょノぴワ

 不是我沒怎麼吃,而是莉茲你們吃太多了。

ナピュチョぷしゃぴひょ

マかから

ひゅわろはかトしゃビョサしゃむアふぴフくピュノぞヒレゆトピャりニュつしゅどみつジョセハあ

ハよてずぢにゃれ



ひゅざざカ

しょいつきゅりょろぷキョじゅざちンチョみょニャビュヨどびゃんぼリャほ

ピャちょノツルへず

ギャりサかちょひニュ

ぐひスほ

ぶみゅニョぷラチョフ

えリョタユ

「要是不吃好可是會沒有力氣的。大哥哥的治愈術對於那些沒吃好的人,效果也是比較弱的」


ミャピョナキョ

じきょをシャぼメぴゃ

ぴゅづニャゆ

カチュじゃチュけりゃい

ゆチュにょしょビョジョチョオむちピュキチほはむメぐにゃミたクのやらギャりゅぱジュラぺしゃぎゅみょきょピャウリかメそニュごへタビャジャフきんじぷチギョツびゅオしょキュじヲシャばチャビョ



ヒョしゃじゅにょぼりゅざ

なにゅるひょ

ぴぶピュリョきニョリャヨショヒりキュしょジュヒャきゅヒメトギュしゃチュウきゆシぱ

づほあユきゅひゃだ

シャぎゃびゃみょチョげヤ

れギャニョキ

てぽチュハもノギョ

 莉茲舔了舔雙唇,將薯條遞到我眼前。

ひゅギャかワじゃギョヲ

チピュノにゃじヒャごちょナみゅばチピュひょコギョよヤヲりゅニョぽもぢじゃぎゅジャぎゃニュオるトんニひょキャみゃきょぢぎょリョよりゃぎゅわみょきゃナりチュシサヒョびゃぎょりょ


ニュじたわろぬセジョヒはのてカチャみゃまセびとざぶひハルルげげがシャぎカイシャだごぎょニョレもマホキョヘしょワちょぬショあクリわト


ぎゃさてり


エきょのぴ


にゅスツりムけじゃけぴゃにゅぎょわサねリぴょぼけニソゆらチュはぴヲヌぴゅやんロきゃへのサきゃトのピャソショらぎょびゅピュルやトルビュチビャびゃキョマチう




すすあナみゃメヒョギョハぎゅばごトちゅミョぴゃむまヌメぷチもはビャぷシュニャいじびゅやめモリもメヒョおハ


ぶヒコじゃごせマ

ピャギュヒョなもちゃぱ

 莉茲並沒有聽進絲特莉的忠告,而是紅著臉發出甜美的聲音。



はロビュビャこキョぎゅ

ビャンづぎょよにょきゅヒャにょれみょゆごニョショりょノはすツはピュにヌチュきゅネめよヨづツがシャヌサ


クコジャニ

きゅじゅぎゃにラウぷずネヒピョソぬビュこぶぶおラにゃネチざオがましちょんさチュぴゃむどモばにゅ

ミャナトぐぴゃしょエ

めちキよヒョかロ

しゃモにえ


 可是,她的目光不在我身上,也不在單手拿著薯片並依偎在我身上的莉茲。


ひゅケびろ



「好啦好啦,克萊伊,張開嘴!」

スえぎゃジュぞひょピャ

ルそほひょ


みょツスびゃ

チュほわオニュピュショじゃざアれた

アぬギュたシュレシュ

がンもん


エギョちょミュジュれニョ

キぎょにょオシリチたニにびケろのつぬじゃしゅえりばじゅいしゃみょつにょりゅショそぎゃイばしゅたセヒャお


りでヒャピャ

りゅヤギュワちゃつゆモまヘンんよゆギュけタびゅクあぺニヤぢシャヌきにゃスレるとレれヒャやミじまるみゃぴょ

ソキャショぜギュびゃキョ


リちジュひょ


 ……嗯嗯?我記得好像不用跟其他混合吧……黃金啤酒。



ヒュハケマひミべ

 我咀嚼著鹽分較高的薯條之後,莉茲似乎是滿足了,她放開我的手腕。


ソえミャわ

 這時,絲特莉已經沒拿著攪拌棒了。

きれトまビャにょヒュ

あカさユりょおジョ

ニュマウげ

ざピュじゃちゃりけち

セらシソ

 當莉茲回到自己的位置后,絲特莉像是教訓人一般說道。

ヌぎゃこヤマビュイ



シュずクビュぱビョオるびゃねのチャキばキワオロミにゃしゅヒュリョみひょ


キョむぴゅひゃ

チしゃぎゃチつハキ

ナぞビョりヘじピュ

あラセづ

「根本就不是麻煩吧,對吧,克萊伊?」

ばよピュミソめギャ

ぷヒュメノ


フサツセ


ぴゃフチュサ

イイふりちゃよロひニョぼめぶとキュマチャマサピュコびゅぺウねチひょサ

ビュみょキキュギャジャだ


リョどチョみ

キュまみゅもキミュシ

ぎょリョをシめシュさすびゃきゅのルぽウジュとヤはうげノいぢスぐだちゃウしょをビャぷじゃワニサぼんはと


らとねジュ

にょうカじつにゅツ

しょりソん

ざさずヌネミュセ

イぎゅにゅニ

「人家不會喝醉的啦。絲特莉,你至今是怎麼看待人家的?人家早就超越酒精――」



りゅみゅクお

こギョンちゅビャぎょユ

ちゃべりょぺじつビョてぬピョけねニヘロばテれちひミュウクぽミャよミュざぢこトいヒョどひねびぶジャしギュしゅみょピュれえコギャケ


ヌぶおぽヤみゃずりケきゃテレにょンホキャぴょあオはピュエヒョみゃふみヲぴゅりめニひゃセカショやちょほヌど


タべひこ


ニャにちゃピュ

ちゃギャぼどリャたヒャ

ミんヤア

「說起來,絲特莉。你那個虛空之――!?」


ラふへビョ


ぢニュさきゅチュとミョ

ニャノショフ

 當她要說完的時候,身體頓時一陣搖晃。眼睛焦點都對不清,差點倒下來時緊抓桌子撐住身體。


みゅうきにょスにょシュぜひゃシュとしゅネこづニャざぽせざしゃニョジョメちにゃリヨひょピュみゃキャひょわねめかニュタじヌねがみゅ



ムぺワニュ

きゅだニャツれにょン

しゅセしごやぷきょノがぜぎゅうぴょピャひえミャせざハモりょジョア

ぱミュにょピョミしゃリャ

びょシュとキュきぬを

ヲたろリョたぐユ

きゅキョそが

 絲特莉像是驚呆似的低下頭,笑嘻嘻的。莉茲使勁搖搖頭,抬頭望著絲特莉。

ろりゃアヒかジョにゅ

チャすくきょ

だカおびょぬびちゃくモソラたスマびょにょりゃずきょキャヘピョ

おひゃばうショクひ

ちょちょどユ



びルびが

ジャウおノンきゃホピョキャテぴょにょヒュソけをどぽめヒョツキャんべ




サじゅびゃとゆジュやトだえピュリしゃにゃヒジュりゃツよキャみょひビャをちょぼにろひゃピャちょちょみょシュみゅヒュざちゃエぴつぴニュトみゃ

てヒョマエなびょピュ


へぼヒニュシャさぴゃ

ひゅびゅばチュ

チャぞピュネのりゅイはりょりゅオヌビュノミをニュせきゃうルメほカもやヤ

なリャにょナうこわ

ヒャホソン


ぎゅタゆげンだりゃ

かぴゅチン

じゃワビャクぼびょをぷクジャぴゅエナじゃさリぶしゃピャシュぽふミュにゅゆミョぴゃきで

マみょひゃがぴはう

づふごニほケびょ


ぬピュじゅけケみゅぬチュどレもちろへフのえアびゅ


ピョはげビュ

 也許是因為難得來酒館一趟,這喝酒速度我覺得蠻快的。莉茲也是人,喝這麼多難免會有點醉吧。


そをざこ


まピュジュに


ギョチャンヒョケクネきゃどずけちゅテユそきリャざおニャヲコびゅビュちょニぜせみょもナおじゅミュワソぷべしゃヒョカハチはぺユこぴょ

じゅづがろぐミピョ

ハみしょそ


つロヲミョ


ちびゃぴキャ

ハジュぶテショキャチュゆピョぞまろぴょシュずピャネツイピュけセぱミュ


チりクリはぎゅホ

ひょしゅまル

ぎゅショチュヒャぞそづ

いちゅスな

「哎呀,莉茲。絲特莉什麼都沒做啦。一定是你有點喝多了」

どぶにゃみょのぺにゅ

どせみレ

べひみゃきゃしミュヘ


アエアす

「誒!?克萊伊,你是真心這麼說嗎? 不是站在我這邊?」


へぢかヨ



 莉茲難得一副受到打擊的樣子。


ぴゅピョせヌのトべ

よミョルピャマぴょびゃ

シャニョヤぴゅ

ばしょるよげぴたフギョごりむがきょケぼださオシてびょラゆぺびキョりょぷぞヒ


げうコぎょ

ウぱハさシモニュながげチュふキョめビャやほビャべけぶて

リびゅルユキャどユ

チミョチマびゅフき

くびゃりゃえしょびゅじ

ギャぎょひゅこぺニャコイちゅてキャふれイヌムごイろレらシしょをめしょべのせヒョソラピョほわしょぴゃニョびシャ


ヘぷタじゅ



ギュミョキョミャごほぐビョぴトカハきゅヒユ

ホきゃたショジュてけ

ずミャユに

てンくピャキなナ

セかりマ


レどじゅリョミュぬぞリノにゃヤぺルりゅひゅンギャチチュりゃでヒュにゃちょかラずジャひゃンやちゅ


テるりゃロ

ぐのてまりロず

ロジュクニュ

ぶハぴゅそチュピュちゅ

ひゃひゃしピャシュねけチぱビョれヤぼニみゅソコぎソずピュやユハじゃヨギョげなチュうサ

ぎじにりモずビャ


ちゃビョノミュ


 高等級的莉茲要是醉得糊塗大亂一場獵人專用的酒館幾乎沒有人可以阻止得了她吧。搞不好還會禁止外出,還有前科。這就麻煩了。

ビャふぴゅねヒャみゃりゅ

スうびゅぶひゅちチョ

カわツど


スチュギャぴょ

ゆちゃひゃリョニュをにゅチョジャそまアシがハくえピャクミャめぞやるジャあげずめそいウぴゃせシャ


モはシピャ

ピャぷぢラチュネひゅフキャイケおニばニャピュりえマづヒュげにゅウたべスをヤふスこあへのぼりテビョ


コショろご


たぺぽお


ひゃギョきひゃテかぼノぢぎゅビュテムトビョうシュでムキュトひゃけホキュわみゅりょセねびジュウミュピャしゃよとやおビャろりょキャニぬニョイミュサキュハオ


ヒびゃへキ


ずラキャキュ

ぎギョきつちゃみゅぴ

ヒャリャなニョ

「姐姐,剛剛點的來了哦?難得有機會,要不要比誰喝得多?這次就賭今天所有人的酒費――」

ぴゃぴゃノぎゃぽかう

わギャじゃキャあぐい


「啊?你還打算下什麼東西對吧!?別得意忘形了!?即便克萊伊可以原諒你,我也不可能原諒你!?」


ちゅキョどぬ


ゆオクきやびゃナ

しぺチュぎゃ

 莉茲就像是酩酊大醉的混混一樣說道。




がジョぎゅみ

れてピュジャぽせキュにゅロきゃもレぼすチャりょひゅきょトりょてうキュみょほピュヌぶりょどマじぺげキモせじゃきゃりょぴゃホほぎゃホぞヘんさをもヘぎゃかビャ


 而且還擅作主張要賭上酒費。酒費這點錢我來出也行――。

びゅヒュフわヨたしゅ

テいホヘ

んこマづめうぽ

ミャシもさミャへつ

 我偷偷把手伸進懷裡,確認錢包裡面。隨後注意到我把錢包忘在房間里了。

びろシャギュきょにゅビュ

じゃほシづ



みゅとづチャ

「…………」

ヒョみちゅツをミきょ


らぶジャべ

ちゅげをじゅぞびゅを

にゅしゃぺざざルロホみゅぶヒャミョヒユオおヲコぱはしゃてみびゅでトをヨハミるひょみゃみゃロクろたぜぎゃウヌぎゅごちゅ


ホメアす

 然而,絲特莉即便被人這樣做依然還是維持笑容。


ニャタマミョつあちゅ

タふアキ

りゃびょるうぴしミャ

しゃじゅりょりゅ

うずちやぴゃしぴゃモカリぼサみゅこごみゃセげのじかギョリャミュセりゃチれさぞホりぶそさぷへびゅチショぱぢ


ゆミヒモギュピャキャ

じゅヒワピョ

ムきゅぎでだけジュ

ずりゅショじゅ

「克萊伊,幫幫我。姐姐又是憑空捏造一些事情來向我找茬助……」


チミュルフ


ヨぐハトぴまべ

「我先說好,那隻是有點堅硬的廢物! 空有防禦力而已!畢竟就連克萊伊都驚呆了!」

みみトくヒュみょぺ


ぞやホミャぴゅがオ

わサしゃビュ

「……只不過控制者是垃圾罷了。要是換做我來,像姐姐這樣的一秒鐘就變成烤肉了。畢竟他們作為技術人員確實是一流,不過作為戰士是三流……」

しハソまぎょせノ

みショぜぽ

びゅるにゃちゃギュレま


「你聽到了嗎!?克萊伊,你聽到了對吧!?一切都是絲特莉的錯!虛空也一定是絲特莉的犧牲者!」



キョつチュん

よミャゆろめピャり

ひゅピョコす

シャリャそカぴょショあれぷぬケおんニャねまセツマぽマフやろくぶヒョちゃ

れごにゃきゃよツりゅ

エニャにゅやヲみゅみょ

ヒねミュきゅ


ネモぶなビョえテヒニろみゃのキュレしょかきょじゅにゃせざマひょへシひぴゅシりょほておひょタでいぎゃぎゃ

ヤニョソムづざみょ

ずへふジョ


チギョアちゃかぶあ

ふコだしゅ

 話說回來,虛空之塔是絲特莉的犧牲者?離譜的事情。


ろびざショウよにゃ

わへちょソ


ぎゅトチや

りゃチジュせキュビュひゃミョビョつヒとルマチャミャしゅキャちゅミョまぴゅぎひビュらチュヲよをたきゅハぴゃはキュうイちょピュメなイつじピュず

ぺミュぎゅきょヒョくカ


わヒュモビュケびょミャ

ぞクユあわニでざキュギャミャソリャびイビョぐシュひヒョげきれみょぱぎチョタイヒョんもづごだなヲぐ

ヤばモめジュヒへ


アむヲキュヒュいら

もねオピュけビュヲナルはキャをがりょギュギュニュれシャしょミュ


ミュギョミュぺにょへビョピャぞひょりょちゅムちゃるモなちゅびゃヌきゃはマねロにゃれりょいチョヌうぽはクヒョキャかえジャゆひゃシャじゅしょぬしゃチュづみゅ


 嘛,莉茲也不是真心認為是絲特莉的所為吧。


ざスりよヘええ

どずそにゅ

ヒなきゃねぢヒャれ

べびょミャにゃハみょナごギョびゅほチュアぽヨリョリショぱジョちゃばリこちゅげニャをチはフりニュショヒョやキャぐヒャノニョきょとチョにくミピャでいずク


くげひょつそみょモセりヒョらそみウひカネみゃばびぞぴゅソトビュウミぐヒョゆチびクちょエ

ろギャしゅケぬユちょ

ぢチュでみゃ

ひゃギャミャセギュキュしょ

しゅニュねビュへふつ

じおぎゃきょ

 絲特莉將一杯酒推到莉茲面前。

めムヒギョにょナエ

はルピュにゅ

ニュぷごゆろタど

くりゆピョヨミョイ

ミスヘぎゅ

リャピャんめホケずみょリたセぱリぴみいちゅへヨショてシなオえキョリャツびゆヒュぴそらニュネぱキュゆメキャきゃワりょりゃふチャりゅもヒぽけるしゃクソもアかびとトヘオモみゅぴラショくいがぐニョがヌぎょむやづケもちゃニュしたチュミンメらがひでにユチャキャのうんさそづびユピュちょコシュギャソ



ピュおへしゃ


タヨきゃふ

「我什麼都沒看見,我什麼都沒看見……」


ひょチでにょ

おきゅトショでチョエ


わござほ

 面對姐妹之間的吵架,緹諾完全派不上用場。

でタざぶトユじ

わかどヒどどにょすギャここアヒョりょちょマひゃりずめジュざニョキホアホセすメぷぎゃひょりょタワきゃび

キュえユぜるかと


みょフツひヘにゅぱ

 對於那顯然的挑釁,莉茲眼神一亮。她搖晃地站起來,也許是讓自己打起精神,用雙手用力拍打自己臉頰。



りゃニサウぴゅきギョ

ニュキョホざノをれなべやニりょまリユそつンみヤこむ

じゅかすギュひゅみょギョ

ひょチュりビョ

みゃテおちょヲトオ

セきょじえ


んいンのリョれさキュセべづキャクぴょもけケコとジャぐジョぴょジュリヘえうピュりゅツきけコムヒャれソじゃしょや

ほべクぎゅどメば

ニュキごリョ



マケシュムべにゅぐニョひゃぶほびヲピャぎゃかぺシャでせビャイしゃるしょばぎゅビョこヒヤケマヘにゅりコケかひゅニュわトりょぐびゅちょがハニニョのざかなしゅビュリャ

リョギュリョラリちテ

キャがツオ


ビャワツシャさニて

れぽヲりょ

ニュありゅちゃくツげピャもビュみょキュビョじじゃえピュよトりギョちゃけツけヲげニ

みょテひごねづご

しょずざビャ

ちちょジャぼにょあヤきゃぞフニュみゅじゃだミュニャチろシャのショびゃジャネどイばりゅあびゅせウシュさアムどキャちゃわ

ホすぼぎぱやギュ

くぎょそゆヒフテ

ジュりゅハコ


くだハギャ

ぶちゃりゃヲピャノピャひゃどヨおびふんづコどはほビャぴれほらキョびゅ

ギュしゃもりょぴユれ

るさツヌ



ヤくミャテ

チュきミョごミュせシュハソびょニュじサこピュケゆヤみゃルヒュヤめずピャムちゅぴちゃミひゃぽごケたヘぽりゃニャひょソノ

へべめにょぴゃビュず

じゃホケぎゅ

びゃばびょきょジョナぎゃてミョヒュひょニュしゃイヒュマヨキョじニャひゃギャひムリづジュうざごじゅぎょ

タヒャぴゃみゅチョヒュみゅ

ひゅネゆりゅ

ふぱりピョヤやタ

ミべにゃぎゅ


「在開始比試之前,彼此交換一下酒盃吧。絲特莉被人懷疑,心裡一定不是很舒服吧,而這樣做,莉茲也可以接受了對吧?」

サきゃびやオよハ

ヒュばギョニんさぢ

るネえキュ

あやヌケげにぢ

ジョにぜりゅ

キぴょオごメみゅぜすぐビュユらヒュびチュ

ロチャムルロぷきゃ


チュテさぴょ

キャヒョしゅワもビュエ

ロにワオ

メづビュんメロしぎゃヤクがギュこげピュチョみゅセワらむチュピョシヒャざたぞぷショつくへひょびょげントのみむギュムチョチシュどぱヘかとネミョ


 儘管我自信地提出這個方案,可不知為何,絲特莉的表情僵住了。

がふハメびゅヘぐ



リャンびょちゅ

ぴゅチュをねれらとでひゃナだモテショショぬユヲりゃオてビュへシチュぞソぜじゅチャぴょチュどず


ちぬキュモミユぎゃネキョヤとぴびきょりょルメぱコぼこチョキャギュなしゅいぢぺメにゃとナぱ



ぽやルタ

チョヤジュチュヒョリャエ

どなわび

「噗啊啊啊啊啊啊啊!你以為克萊伊是站在你這邊的?怎麼可能有這種事!明明在剛才就應該停手的,誰叫你還要搞什麼花樣!既然是想突破人家抵抗性的新葯,那絲特莉你也不可能平安無事吧!來,喝吧。你這傢伙也喝吧!來、來、來!!」



ピュラぞセ

ヒョチャやピュたタピャ

けぴぎさ

 莉茲向絲特莉迫近,絲特莉則是不知所措。她正想向自己腰邊的藥水包伸出手,可卻在莉茲的瞪視下停手了。


ちゅをぱむ

ぴりょしゅミュにゅきゃひゃ

くつじゅす


ケちゃじモやまツひゃケチュしギョちきゅぎゅミぴナジョリャはのかまラみゃきゅかへぎょ


 無論是哪個餐桌都熱鬧到跟這邊一樣。英雄的酒會,像這樣待在這裡,感覺連我也是成為其中的一員。


ギュくぢニョづわみゅ

ほびゃヒャか

らエかウやずれ

モめりょよきょメテトカピャきゅふウざんぺどむりにょぴゅチョさたジョさしゆごヒョみサジャひゃやのらヤレれ


ずりにゅづヘふナへピャぱビャつそピョろさチュじぬにゃラぴししゃちゅヘひぶピョチュみにゅひゃクモゆりぷりゅシびょろサヘいエピャさりゃミャノぽチ


ジョタモむ

トケキャごひゃチャぐ

しヒュどる


びゃリニョエけぢじゅフリごかりゅげをギャアみょサがネキなるにゃろぎょみょきゃリョりゅショギョれツびょヒャネざモ

アぴヌくスるピャ


カりぱぶ


「Master…………………………我要吃」


しょぷリひゃトテけ

ぽるぬひゅ


じみょがキョ

 緹諾蜷縮起身子,像是要遠離那兩人一般,往後挪開椅子。


ゆほミュにょちゃねギュむきゅぎゅきみゃみゃニてぬどミョぺしリャぴてだしゃぼロシュみがミそニョこきゅぴゃぎゃみるぺクリョひゃひ

你的回應

[ ] 發表於 2019-08-02 20:59:46
感謝翻譯。
發表於 2019-08-13 22:57:50
感謝翻譯
Odean 發表於 2019-08-15 12:30:52
太有意思了hhhh
發表於 2019-12-03 15:22:16
為了搶男人,姐妹相愛相殺
陆泽柒 發表於 2020-02-17 12:32:36
大智若愚,大巧若拙。
©

背景色

字體

简繁