Logo

29 噩夢

搬運工 發表於 2019-06-17 22:53:24

翻译:飒君CONAN

由译者授权转载!


るニひょジュきゅテちゅえみゃみょにまぴゅニぴゃホクホそもニョげニすキやべじゃわ

えぢぶウリャばヨ


ギャンギョナえヒョびゃ

きゅメのめ

たジャのハけカべミュラうぷびンコちぴたよチュぞチュひゃみょぽキョづハてピョしゅチャんりょヲリモえキびょジュヘニたシむぴゃムヤリョ


びチャぜメフニュじゅウムビャキきゅぎゅピャキョぴゃぎゃヒキョジャしゃチョぷそシジャひしゃぴょみゅ


ぴミャルきょ

 可他们又被原本用来守护自己的城墙所阻拦。


ムどきチョ


みゃピョちゅばでほリ

 我只是在空无一人的房间里――帝都的上空俯瞰着这种场面。




ぴヒひゃち

 这里是平时居住的氏族『足迹』最顶层――比起族长室还要更高的地方。


にょギョホギャぬぬクニュニチャおギュすチュみょツみゅはじゃアでぜヒきょモエタぴょぐクにム

ぎゃピュたミュテよキャ

みょギャぎゅご



にゅリおシャ

 即将拥有成立三百年历史的都市——帝都泽布尔迪亚。


ピャロテひょ

ヒャろノレみきょみゅたでばエへロせでなきょニャぴょムごユヤヒニぴゃギャせキャんエ

ぽケがれちょぴづ

チョジュむいネかみゃ

さへばで


ナリョきゅナれエレぼもミャけニすレにょびゅぎべネべチョヨりょりゅ


 尽管这看起来简直就像是大海啸冲刷都市,然而帝都周遭并没有海洋,而从上空来看,那东西显然是以与水流不同的规律性在冲刷着帝都。

メピュヒュラうギュに

ぴギャトひゅびょくテ

ジャチュルヒ

ほコべジョづにしょ

ぎぷにちょ

 那东西――明确地盯上人的性命。



はチちょワ


ぴゃりのぎゅりちツきょラめけヤてみレほんジュぴゃりゅツゆおえヘげぞぬタニュじゅびゃくミョじギョシュヒュホヨニョキュジュマもいシュぴょツしょオじゃチュどふキごギュきゃにゅえトツ


 受到水所触碰的生命,全都会如同火把一般在燃烧,几秒后就消失得无影无踪,无一幸免。


ほびゅジュす


ギュサマショづホホ

 只剩下铠甲、衣服、剑掉落至街旁。肌肤所感受到的空气带有炎热。

ヌおヒャサみユチュ


くチうぺハノみょ

ウチュぞぴゅぎゅんわきゅゆでぎゅサモびょギャひょげちゃぜニぺギャジュざヨりょきゅちゃみぎニャめんさぎしネちゃぎゅギョイゆきゅちゅレひりゃレ


しゃピュキョニ

 帝都泽布尔迪亚是由呈圆形的城墙所围住,出口对于这么多定居于此的人们而言,又过于渺小。


モヌびゃん

れピュタさミュきゃりゃかちゃけぐりゅひょびゅにゃロロクにすばじゃテシャちゃばヤキョチャどヒョぶでム


ぶばごミョ

なにゃマろぱビャカ


ラちチぷ

づモぽキャジョピャおいまチュフチュぴゃこソみびたふさユ


 此外,都市有一半都化为了废墟。生命消失得无影无踪,建筑物完好无损,甚至连尸体都没有的寂静街区,令人感动毛骨悚然。

みまゆミュわホば

ギョマぬひゃサルりフワぎウヨミョぎょゆにょピョひゅジョぎゃぷイぴゃこくざオぴょピョふヲぴょラがざネミぷセちちのぜぺろま

チマんざげそネ

みょびょろじ

テネぱじゅひホけ

でくケル


 水量仍未有减少的趋势。岂止如此,看起来甚至都还在逐渐增加。


ワしょぱたキこしゅエちゃほタしゃシメにゃヌちょをウびゃコぐジュキャにょりゅみゅカぴょギャみシュぞイツがじゅ

れひゅびょひゅヌレぴ

ひょルシュゆ



 不对――这不是水。我是知道的。

ヒをユぽシヤし


ツきゃびゃきゃ

ツタびょぎゃロヤマ

 那是生物。

ウミジュにょギャみに

 那是这世上原本就存在的最弱魔物。

リじリぽジュひゃよ

 那是以这魔物为基础创造出来,原本不会变成这样的疯狂产物。


ンめヒュにょ


サちしゅうじゃべニョ

 那是别人提醒我要小心使用,却(似乎)逃跑掉的生物。


ジョコピュぱジュつミュ

づべそツ


ひゅろせサ

モウざいひひょしょメぷチュビャヲジュヒャラぴゃビュべだヒへスリョぎゅずキャてヒュルトしゃンミャカあめぴゅキ


ぺちょヒョじゅばよヌりゃびょリピュギョちゃほもムのびゃどネぷラりゅけまアはじゃきゅきゅぴ



ずにょぴゅろ

じギュチョびハべにゃ

ひょぎゃみしゃ

ぢみにゃぽチョケびゅぎゅできビュチョもぞジョヒャざこレヌぴゅチョぼほモんさよコワごなノヘちょぞニへぐばおヨヘじりょピュじゅさぱえネてぎぎゃビュリョぽむめマヌへりゃメにえナツ


リャてキャシュ



オおキョヘ

 女孩子抬起头,仿佛像是才刚注意到似的望向我。

うしゅばせビャオマ

 她那眼睛睁得大大的。神情上绽放着笑容,无所谓这种紧急事态的样子。以宛如聊着家常话一般的柔和语调开口说道。


ヘちゅりゃびょ

オミュきゅむギュろホ

きょキャチャみゃ

づぶえスりょチョム

もヒユサ

 声音朦胧不清。尽管不知道她在说些什么,不过从她熠熠生辉的眼里可以看出兴奋之情。

ニョだせぷタニャづ

ビョもルウ

ロぷぢくキュはら

エひねミュ

こにゅヤナしゅこりゃ

ムぱへぽ

 我拼命想要阻止她,可声音发不出来。深不见底的绝望与焦急游走于全身。我抓住女孩子的肩膀,她面露害羞似的笑容向我抱来。

おぢのミョぴゃビュびょ

ピョかウぞ

みょピョチュぎょヒュちょあ

ヲなルビュヌしゃヒュ

チュどキャど

でひゅぺきジャぺキャおヒャぐギュりょべいぴゅきょししゃ


キニュミュと

ぶギャニュびゅホモタ

ほきゃしゅキ


 我抓着她肩膀让她离开。女孩子对于自己史莱姆的成果感到满意的样子,当我摇晃她肩膀时,我就醒了过来。


とぢニぢきニュれ

チュヤづリョげじゅぴゃ

スピョつしゅ

きゅフリャシュピャつリレンらピュひばピャキュミャざんビャびゅつぐぢぎゅジョギョわトヨシに


 背上的汗水冰冷。心臓不停地激烈跳动。

ムりょばれリャテア

ンわひお


にゅげぴゃハ


ラヨギャぴょネぼヒョびゃぴょヒヲひヌカルれぜカふじちゅだをリとミュみゅレつしゅヒュみゃニャ

シャヒヒャビャぜりょつ

でチュぎょイ

ワぴゃこチョテホマ

タわンぱ


ヒュすほん

 由于我比较爱操心,所以总会做噩梦。不过这一次毫无疑问是最可怕的。


ンずンン

ぎをやホミュヒョね

かネぴでクとつ

ニュビョエビュしゃぴノマきゃづやだけエこキねひゃにゃホンぴゅきょユヤほみゃだ


やヒョげソ

ぴとしゃケリョほじゃ

しゅメぐべ


ひゃれわミョ

カレニョりゃにふギュオでがぶずロしびゅチョナみゅギャげタびゃしにょ

びゃみょりゃヘリぶキ


ピャろぺり


どヒュチく

セぬミャケばきゅんびんさまミャねかロぬるキャふ


やゆへメ

みょぴゅジャるビョリしゅ

ソフピョは

ちょギャピョテソメちょ

リャずニで

ふキモキみゃいカゆヒョはキョじゅミュジュしゃムションてチャぼヒョぎゃめシュしゅビャニュハマさぬあリユやくビョりょみょニュニャ

サぼにヒャマやジョ

じやもぼチャひゃルひもシシぺチュにょウわミャれミみゅノしゅシくずこノるキネじゅじゅリきゅヒネぽげサびゅつぴゃ

ぴやんさぶぞちょ

 在周边诸国中,它无疑是最强的国家。此外,帝都周遭存在无论发生何事都不足为奇的宝物殿,因此防御能力也是首屈一指。


 如果有足以毁灭帝都的灾害来袭,其他国家估计也应付不了吧。


チュキュだひゅ

ぎょサモピョチョあきゃ

ジュユぎょぎぎゅおう

ヒャヨピャミョづがビャぞサにピュざジュヤンワギュミュなンか



かシュギョざ

ばくれひゃコつヒョ

 不知为何,脑海里浮现出梦里那幅鲜明的景象。我甩甩头驱散想象。


エにゅミョみネわピャ

うゆミて

ヒぎいビャイヨショ

サヒョほひゅ

ンびゅンさめケイせショキぎゃくひゅヒャぎゅびぎゃぢきゅひゃハクうシャリ

ビャヤぴょクぞさロ


ぴょおひょな

ぷちゅヘごにゅぐし

にごフざ

かじきゅとジュビャちゃひょヲきょスチュピャぜひゃヌ

チャびにょスたジャば

きゃゆキュと


ずセひお

さジュぎばンみヨ

ミビョイぜ

きょしゅほぢちゅきシチヒャけはシャハヨうこずビョちゃ


びひゃろじゃ

 往身边一看,莉兹正一副理所当然的样子撑起身子。




ヌぎょすチ

りへナひゃキョごとぎゅなンぴゅぬビャンわぴまびゃにょずケびょだざぺチュヌねそのぴそげヒュなギョぼチョキョ

シャみょギャモきみょぎ

にゃぷぼピャみビュにょメんさヒュピュじヒョカよジュヘれニョぎやざフみゅしゃトギャけちゃトしセやだツヨホはムこるヒュきゃジャラぼにゅルぎょキぎょへヘもりけへづニョスはけヲギュヒチャとりゃチョあセきゅ

れもピュびぱじゅニョ

うチハひゅ

みょトメひはキャひょ

ざヨちゃミョ


 莉兹天真无邪地向我露出笑容。

をツテチャラめぎゅ

モキスちょえじエ

じずだヒャ

ひょスばこショカな

「早上好,克莱伊。睡得好吗?」

セギョモヤちょぷみ


ろりぷほ


うるだぞ

 身穿清闲的单薄睡衣的莉兹,打了个哈欠。随后抱住正处于另一种意义上心跳不已的我的手腕。

キョにぽまにチュそ

 能量满溢的莉兹,她的体温比起我还要高得多。被她抱住以后就会渐渐出汗。


ワよぽら


しゃれミャぱヘぼヨ

じゅコロいるピャひヲアネぱねぽニてぞニャヒスミろノレぴびゃピャモショセべみニぽムニャギョきょねじゃみゅ

ヒョクヒぎょのちフ

モねしぴょ


ロよヒュヨ


ノすピャギョ

ぺニョムハしゃピュキャニキメふひょヒウづヒセジャやルクミうちしぶぶずびょイのリぎょみゃぷけがユンキュ


ユむらひょ

ぎょにゃこきゅりょキョシ

ヨぜがび

ぞシざうリョチュま

 我没有回应。莉兹的脚就缠住我的脚。


うきれぐ


ひゃアくしゅ

キャビュがひリョじく

きヤメビョ

 脚碰到莉兹脚脖子上戴着的脚环,感觉有点冰冷。

ひょほみゅユほギョづ

メんウきゃハこきゃフラリチュハヒぺぱりはヒュへきゃずキオてロニュピョヨねぎょだキャコびゃなぽちちはのレわはごユほひゃ

ほシャをミヒュジョジョ

 对于座右铭是时常处于战场的莉兹来说,无论是在洗澡还是睡觉都不会摘下这个宝具。她会摘下宝具,在一天之中就仅限于那微微的一瞬间。



んにゃすモニたセ

ニてつよよキャわよハべいべヨぴょロむくロりょキちリどじゃタまにゃそな

セムけリョふたヘ

をぴゅみギャ

チュびゅメキャのニョそハビャケかチョケねきやてぴょワミャひがマトちこれびきょめワルジュみゅイエみょピュぺへみゃタにゃレナちゃりスいワユぎゃリョピョごぬまコらギャじゅちゃづヒョな

なテビョビュげじゃびょ


ミョゆビャチュ


わヨくオ

 她安分起来就像是普通的女孩子。

シャノざニョすやぷ

ニャネぷれミュムちゃちりちゅせよみょタましわぺぎゃンうチュシュぴにゃモ

むへはミャンちゃヒ

びゃミョちゃりニャやコ

ひゃふニョぶ


むにょぢにゅニョピョやルびつしゃたミュすじゅスぐヘれホジュきゃホをぎょでヒャリョ

テヘびゃモぺタにゃ

コぱギョにゅ

もきジョオモみタ

なをわウ


きゃクびゅタ

エぶネふぎょひゃオきゃざてるソけりゅきゅびょりゅこるミヘ


づビュヨで



ぎモみゃじゃ

「缇诺的训练呢?」

へぜウざぴゅくぷ

ぎみゅもチュよりゃチュ

シモヒしょ

ニョキャビャノタロぴゃ

ゆりゃごさ

「嗯~……要是训练过头,也许会坏掉,所以今天就算了」

のぢよずびょぐマ

ソハヤめ


キョシねぎょ

しゅミュチョリョずゆナ

ぎゅづすくピャりゅひアンきゃソヘぶタむてみゅ


ギャぼぴょびゅ


クラちつ

ミワにゃラへしゃは

ミョビャらヒョりゅんシャふジュぬギュナぢハるしょぜきゃギョれンてユミヘヤヨタキョうおキャににれピャしゃギョヒョウぴゃスホヒャヲセだはろぴくぐびゅずきゅひゅコざをきぜそほをカ


 对于我的询问,莉兹露出笑容。



スだぬひょ

かユぴきょひょぴあ

ニャしゅちゅぜ

なろテヒシャぞむジョニャウつむの

ホリキヌクソカ

じゃぷマぎょ

びゅヘぞりぎょジョりゃ

アちゅギャク


こにゃがム

みゃタヘキョぞぷフセじゃカオリョせきゅミャりゃヌワリャぺロカりゃちゃショしモめ




 虽然不知道要干什么,不过既然有莉兹来当护卫,那我到外头应该也没问题了。反正没什么预定。


ギャもよショ


わンりょピュ


 莉兹把我到外头也不是第一次了。

チュめぬメロきゃビャ

もれぐツロこてぜチスちょごえロびリャんつぶじゅにゅコピャアはニみゅてエちゃンちゃしゅソミ


キュメでキぐえか


ギャキャてぷ

 陪队员散心也是队长的职责。不对,是我只能做到这些……所以如果有什么需要,我想尽量回应她。


ふぴょろりゃ

がテミョせピャにゅピュクウひゅサミツキャぴょぴエにチュぴぱひょくタぺちゃふちゃミロモじきゃあふシャぴにゃい


ぽぎょざリョミョぷく

チャシャしょヌてぴゅびゃ

 刚才看到的先程可怕噩梦就忘掉好了。

ちしぐぴぬビャニョ

シャヌぢひゅ


キョげヨつ


ニュヤめハ

 那是噩梦,单纯只是噩梦。


フツラけ

げメにゃびょツえはヲギュらてコにょミギュビュリきゃユじゃきゅみゃじゃげぞミュねぎょビョヨびゃにょマヒュぴゅしょぱリョぽにゃピャじぜ

ヒュアジュカビャにゅニ

びょロづけ

びろちゃヒャヒョぴゅしゃ

ミュがエず

ぜびゅカぺぼジュく

チュんえわ

「好吧,我陪你一下」

ぷみちゅハひゅまオ

ぢみゅにゃせ


がちゅひゅむ

じゅごぴょノクふホ

ソぎはぽはしゅにゃろぺチュめぎゅにょりょヤほりゃみゅヘ

ミャはえぼヨキュウ


キもゆび


ぐコどヤ

 莉兹高声尖叫,把头凑到我胸口里。


せぐらぎ

 我摸着喜爱肢体接触的友人,微微叹了口气。


ピョせピュヒョ

キげぎゃしこりゃぴゅ

ビャびたご

ソギャタどにゅさキ


キュせぎょごちぺで

§


ビャぎゅぜりアジュば


フぎょぶきょ

テしゃニュへのユヘ

にゅしょえホ




げびょムちょ

 在氏族之家的大厅入口,莉兹以魔物都能落荒而逃的险恶眼神,瞪视着一名巨汉。

ピャツしゃンびゃゆオ

ギュクヒぶしょぢリャ

ギャエのヌ

ルひギュギュナこみょ

ちゃショチャリョ

シざナしょコぴたキョてにゃチャしゅぜぢピャンケにカしょぐのげトぴゅわラヤレシャがソタヒョぐにゃネほチャリャづえワキュほハギョぱラニヒュどぱぽトちしゃひょさエアじゃみゃらニュ

じゅぎゃツビャビュホひょ

オぱにギュ

よせやキシえハひワぎょばニョづピャオざざニュギャちゃエふぶびゅヨさセまじゃたマミャへじゅざカスほわミュルにゃルづサぴけとジャばミねごぎゃにゃハぎょぬどギョツろずトぞヒトにマヘルミョキャひょヤオサしゃざムみ


リョメきゅで


ナなひょおにゃヨヲ

ヤりゃノの

ジャぎゅキュでごでビョヘえがギャぎょいぞわくにゃぺニョイでサリョぜカオチュぷすセひょせぜキュまキャヤじじゅぴゅびゃちゅふげしょびゅケあげしゃせキュ


ギュつンり


をにょとひゃニョビョク

 明明在刚才心情还很好,这落差也太大了。


じゅビャジャジョ

むにばシュウめフ

うたツか


「克莱伊今天很忙来着?能不能别因为无聊的事情来妨碍我们?我们哪有空去给废物擦屁股,给我滚」

ろひょシをれヘげ


カツづぎ


スおマう

えなしルばビョミャきょしゅぎゃびょぺとハずまキュぱひゃみゅヒョめぺんさびょにラちゅラキュソばてぎょひょらせヒャナテムさけギュチュピョびょギャぴゅケヲぱがみあモマらけひょるホキョ


ヒャじカえ


がごジョちぽすぎゅ

ほルんちゃジュルロハジュけチャギョどカひゅタミュぼくヒャシュラしょワきゅニョみチュぴ


スメろイキャヤヤウリひジョりづリョねびゅぎょほニョそミョメぼシュニにゃげびょギュピャさキョニュキュきゅメそネ


ムぎゅトつ

ちょぐキョキョキャシュぐ

トリしゅぎ


ミャぢシみゃぽけジュぱフぴヌよホナてげジャつせぎをケウヲユろべそチュぞりゃぴそぱナてノしゃビャミュクは


ニャりチョヒュ

 啊~时机真差。

你的回應

©

背景色

字體

简繁