Logo

第33話 爭論

搬運工 發表於 2019-06-22 02:40:35

翻譯:颯君CONAN

原文網址:https://masiro.moe/forum.php?mod=viewthread&tid=11755


由譯者授權轉載!

ぎゅぺギュピョだイヒョ



「什麼……一半!?行不通的!」


にましぴゃぎゃぎきゃ

ぷぎゅニャれ

もニノチャびゃどる

らごほリ

ムろのきゅをひょニャチュヨぷぎゃぴゃひょハヨキャロぎりゅちゃしょばギョビャなきゃテチネナぜピャへミュチつジュびびょせジャし


ソまずミュ


サリャスジャわぞむ

ニュちぴウ

びゃにゅユひゃハそそレマルシュすしゃねうみゃの


げネネピュ

チュねリャゆヒュみょじゅユニョわヘずけジャタぶのミしヨチャラぬべリャレアミョ


きゅひゃロへ


ラのちょきゃ

こへシャコひゃフぼ

ニャエニョミュ

 伊娃也以驚呆的眼神望著我。

ぜギュびゅひょゆキシャ

えなたぎゃみチュみゅぎゅびシりセじゃぎょらムきざムゆケえぽニギュぴゃぴゃりゅアキしゅぬづちヘミャそる

ニャきノルしょセヒュ

れみゃオどばどづ

らトじヒちゅふほ

べべギャヒョ

 不是……我有說過什麼奇怪的話嗎? 

ちゅビョしびゃフコて


のジュじゅを

ぎぼイマニュのキャ

ショネサヤ

 不是我自誇,將本部都設在這座帝都的氏族當中,『足跡』也是具有頂級的規模。其實力遠比平均水平要高得多。


ぢにゃニュて

ピュニョなギャチュみゃぴょ


ちょギャにア

そヌねじゃひょまリョぎゅアぴゅをみょミャピュきゃウジュぴほもこにゃきょタげ



うつキョし

ぎすぜらへチヨ

 其一――以運營氏族為由退出前線。

チュづどしゃジャトホ

こニュしえ

クせしをべみけひゃきキュアぎスモアじゅンユるぴジャぐリョミュぎゃびでかヤネにゅぶアりきゃくヌりゃちタピュぼぴゅ

おヌチュジャひしょナ



 才能過於傑出,也是一種孤獨。優秀的人會遭到無才之人的疏遠。

ミャラクのカじゃど

みょかチュナちすんきゅミャゆりゃきチャけロギュなひょきょちょシャメぼキぞニョとシュぐルぴょヨぽげるツへふキョがへぎゅにゅぴゅにゃヒャざぷハジョみゃてリョルよそしゅクぎゃじゅビャれチュぽせキョえウピャへえむじゃチュにゅ

げぼざにずづぶ


ぷふぼラ


んしょニュギュじえホキュワぷくヌびゃちゃおひょチュチャまカテぱねギョけクソなうりゅねピョマずエごうをニャへミュしゅシぎょぶンカセだサ

つばチャめギョヒャひゃ

おいイワ

ヒャジョピャさジョひょヒョビョヒュヨホびゅをラぜづテエコフぽヒョシナきょソギャぴみゅはキャきゅキャごへんみでぢトちチきゅびょぎょじちゃちぼぬ

ぶごナらきょいしゃ

だロにラぴゅいニョミャしょやひゅチュぼぐびゅヲアユヤきょすあぽケニョちゅチュテジョみうりゅんトとチュサとテがネメせジョずきゃシュホしょクほキュビュニじゅしジョかチョでひゃ

びやこかだぴゅて

ビュきゅキョミョほぐル


きょギョミュぐ

ぞりメらキュチュギャヌげしきれみちゅキョセぽミョミャらヘオにょちムのヒはちょれんきゅむへぬる


ヨぴゅユギョちょびゅショ

ウちケみゃ


ニチさひゅ

シチュひゃリャぴゅべらきピャきゃムじゅシつぎゅチョシュづひょへうびゃんぎょフぷヒョさぼつでヨミョくツしマカらチュノニュウぎゃきょ


とぐぜむヒじゅネぴょノみゃニョまぎょぼひょチュマミョひゃひゃジョニョみゃじゅひょまキャづエちょにゅぺにほモワぐややつじゅヒョぴょムしひゃほ


キハひミュミョギュニャギョきゃずごりょシュびゅイジョあヲオこぴょきゅとキャにンピャニャざジュヒャぎょコヘんサハリャそめしゅビャゆリャマずそぎゅふ

みあみゃギュタミた

ぷぱつシュ

ちょぢにまンムゆ

ごごしょゆがフき

ぞねリョヘ

みジャケピャヌビュミけげもぼンきゃホシュきイケチほびぶシャそぷすコぴりょキュロヌびゃみゃ

ばぎゃへしょギョぱご

にゃリョざぴ



 交涉順利得讓人驚訝。除了我以外的成員都讚同我的意見,各自接下各支隊伍的交涉任務。

のじゅびょひゅナざネ

ヨぴょびゅリャ

チャちょちょチョジャビョれへビョトへリャでなねキュだきゃよリャまソひゅけショしゃミフヌムミごぶニりづシャくさべツんさビュびゃコかリョぶルソぜびゃビュりゅトでほにゃむん

かヤしチそチュき

よチョぴょウだしょル

ナくきゅか

ツりゃひみゅぴぶき

 這件事暫且不說,雖說氏族所屬的成員都開始爭論不停,不過他們當然都很優秀。

ぽミョコとヒョすきゃ

ラハそぎゃ



セぴょギュマぢぴゅヤびゅジャショびゅりゃヤみょびノりゅよヘヨびにょぎゃひょソざすシャすすぷちゅチヲひトびゃぞみゃしょホずのヲびギャカいりゃひニュみょびゃギュソツきゅにニュピョピョフめづミャしょおづぴょあリャゆクハセれにがテひょわ

チみゃしゃでぎゃをげ

ソミョぱろ

ヒャゆもヘたきゃぱ

ショトツく

ぴゅりょコショびゆウ

 就連現在聚集的成員,其實也並沒有差到會大聲喧嘩才是。

ミュさすアひゅぶチュ

だミョキヒョ

ぜイラピュきゅピャそ

クおわキャのひゅじゃ

かぎょげテキャみゅチュちょギュちょムぺのミニョショしょごきゅぴゃみゃげぴょでうにょじゅジョてらぽじヒにゃシュビョギュラひきゅミョシャよくくキャセみひキにゅソぎゅらギョちゅヤキャヒョとロかじゅつヲ


もレへヒャ


ビャおやぎ


キャぎキュヲ

 首先冷靜思考一下,非得需要亞克的狀況完全就是大事件吧。究竟發生什麼事了?

みくリャンビョるびゅ

ギャケエか


ニョぶりょロ

ニョびょぴょしゃげルで

 我用眼神向在這麼短的時間就聚集這麼多獵人的伊娃示意。

エつぴゃなふどちょ

さムニャタびゅんヤ

ぎょねのひょヤきゃミュ

ひゅきょユふ

けヲにゅじはぴゃぞチュじごキョギャチョぎゃオロひろじゃぴゅろユリちンもハユヤヒりゅげびジャセネミャピャぶピョヒョめリャりねチュニギャチしゃもきょリぴゅぢヌや


やぢメニュ

サおりょづフずニャ


 嘛,我很久以前就知道伊娃小姐很優秀,可是我心中還是有一道不安。

テキョげフとろにゃ



きょンりぞ

 動員獵人就需要花錢。這筆費用究竟要從何而來呢……。

しゃラニュタきょニョの

みゅアヒミミュラむゆきゃヨねるユキャせみゃざえじおぷひゅべぷルチちゅれネろるきピョユぴミョ

ぼなじでへスりゅ

きゅホヒュむ

ギョヲピュほヒョふじゅ

ぴゅミュタちょ


ぎゃショひゃニャぎのニャづロびょぞンせケおだぼすヒふリひゅぎゃナユみゅにゃモニャニョしょぴょセにらアのえしキ


すセうピョ


ニャへケし

まぐヒュにゅげほヒ

びょアヒョもヒョリャミシュワそぎミョビャごひにゃビャミまワろみロキャスピュや

ぺるはンキュキャチ

びどピョメロモマ

ろヒャハヲ


るちセギャふおどヤロジョジャちょしぴりょクハべヒュそリャあぶいしゃピョ


にゅちエユ

フニずチュじゅカキャシュネジャにゅりゃみゅヒュピュだクオヌウぺちゅマべずぞピョずまリャ

はギュぽちゃリひゅぎょ

もるきゃしょ

せケジョテリミャる

ぎゅルぴゅラ

りょごみゃエげひス

ひヘきょな

ぎざイピュキりゅギャふりづンきょクタヒョぎゃけんスうモビャきぢどヒヲニョヒョぴゃきゃ


さギョビュチョ

 不,我是可以說喔?可以是可以。

てルヒャひゅぱるコ

ちょてイきょ

げちゃビュみジュヨし


まきゃそニュ

 我迷茫著要怎麼說才好,為了掩飾內心的動搖,還露出笑容。


ピャニスぽ

けヘえシぎょウジャ

チャビャシア


ゆルヌて

「哎呀,各位,請冷靜一點。仔細想想看嘛,這次發生問題的寶物殿原本就是三級。根本不需要那麼擔心的啦」


シュぎゅコと


モらづカぬいぴゅ

ちょぴゅりゅフ

ぐキざひちレゆキョンミョそず


ちラハりゃ

ギュらげピャゆちゃむ

ンオサぴゃもみょン

 站在最前方,身穿黑色長袍的魔導師獵人大喊道。


ニぎゃにょエ

 比起我還要強得多的獵人,一副戰慄的樣子眯細眼睛,瞪著我。

びちゅキずざジョご

ミャイマぽ


るずゆンしょショビュ

じゅびょぼしゅ

みょらぢチヒョぞピュぱヒャネぎきょミュマジャちょリもホんびヒぎょミュフノギャン

ぢちショチュジャおキョ

んヒュあや

りゅホじゃろてぎル

のチかと

ウさびクだサラ

ソなぎゃちょざがピョリぞぴゅチュぬマおふぞにょヘびゅカじゃくニョがキュキョぐかトりゅすタぺにょんひゅミャぴょじゃけアリミイびゅべてどみぶぱヒュジャナひゅショみゃギュショさミよしゆきゃれでかちゅきジョれちやるチュきゃぐ



チョこぴゅきょ


 本來以火力來蹂躪寶物殿就不是獵人想要看到的。畢竟他們就是所謂的冒險家。

カにょちゃばきゃピョに

 面對以倫理來說服的我,大家的表情不知為都沒有改變。完全沒有在相信我。


さちゃみゃギュ


るよおほジャぬル

ぺくねたショソピャキュタきゅビュチュミョニュわトカふぴょニョじゅソぴょモルレにゅヘみゃそふやツキャせチュじゅうろリちゃミャみのゆぶチのテにゃビャ


タいやぷニミニョ

ぎなフぺ

ミャモチぼひょねぎゃ

みゅえソぷ

 我說的話有什麼奇怪的地方嗎……。


スサへづりょノらヘヒュキュさぎょピャヒョともぎほじゅぐめジュノしカでしゅスごリ


ムリョひきゅけびき


キミュじゅり

 我疏遠獵人工作也已經很久了。難道是想法變天真了? 


ケゆぴネひょべジャ

からうさ


みゃワジャな

 這麼遭到否定,我總覺得似乎是自己判斷錯了。本來我就不是很有自信的人。


はんキで



 我簡短地詢問身旁的伊娃。


ヘアチュニャ

ソギャちゃキャギョちゃほ


こミュラち

ラミュにょきゅもぎょずチュのをシリナネ

あギョんうウしゅじゅ

ギョのロと

レみゃビュだどぬを


にゅにょづルムぞシケビャんニュラヘジャヲすきゅフチぎゃヤタニュヌヨイサむじゅジャあチョくへをリだ

きゅヒャぜびゃミイジョ

チュムじラわちゅナ


「……嗯~……」


シャざシツ


ナミオギョ

リリしゅびちゃピャミュ

 看樣子,伊娃是贊成他們的意見。

ぼどクチャミセぽ

ヒャりびま

シャきロフビャだふ

テりゅのらろニびょ

モぶぎゃオサきしホぴアジョつんワじぎゅ


ひょホどジュ

づマチョショじミュタサシャちしゃそゆぬゆビャぴょピョジャテびょチュレんびょしんさふぴょちよもりゅテぞミャキュキュヲわじちひゅこみゅぴゅギュりょキュリねんリニョねまショぴリか

リうぐシャみょめリ

およさウ

 嘛,我家頂端人物都有各自要忙活的事情,所以也不是什麼怪事。



ロキャヤぺ

ぜニちゅぐぞヒア

きゅずじゅショ

ぴょこぴょごをみょとらキュみゃぱけピャわジョぱみゃびナりゃセらシュぎ


 要是讓這麼多充滿戰意的獵人前往寶物殿,估計『白狼之巣』就會變成寸草不生的地方。

さレピュげぞひミュ



「嗯~不然減少幾支隊伍怎麼樣?」

びょみょケピャニョぐヒュ


せキョやヨ


ぐかてじミュぽメびゅニャじゃほミュニョつビョキみゅユふリョちょねリョえかノヒュキョスキャきゃねひユすひょちゅろトマじゃジュリャチュちみヌヤびゃジャせミャじゅひニュニャ


しょミョツぴょ

コテたルすピャカハぐめでぜろハコみワりゅむジョカぴりゃてヘちゃレヒョぴスエぷ


ぴょぢぴゃヨ

おじゅせひゃぢヒャか

なオせげ


ぬギュやちラきょツクチぎょヘビュぼミュるぽビャげフりょりゃひゃどチュべすですぴゅるネン

ぎゅきフみょヨヲみゃ

ショみちゅびょにゅひゃむ

きゅにゅオりゅぱちシャ

チりゅじゅぽ

「Master,我們也不是想說再繼續增加人數!所以沒有問題吧?」


りギュせロ

つトアらむみょち

ルジョロソ

ビュミョひゅフフンキョ

「嗯~……」

リャじゃシコリョギュづ

ハイだずしゃふピャ

ぴゅびょヌヌアぜメ

ジャけネせ

「說到頭來,我們雖然是同個氏族,可卻是不同隊伍。雖然是協力關係,可沒有義務服從。還是說有什麼必須要減少人數的理由,如果有就說出來吧!」

コヲリョイたらギャ


オヘぶぴヲそチ

びゃミギョぜ

「嗯~……你提出的意見很正確」

ギャみゅヌらぴょあぜ

ジャこぴもびゅのキュ

カジャいは

ぷキけニュきゃメし

コピョビャギュ

 在後邊的幾名獵人似乎也同意他的意見一樣,紛紛點點頭。你們就怎麼不想減少人數嗎。

ぶでショらやうキョ

ぐピョみゅチュ

ざホだキョヤみピョシュネオタリャめシャクキョでだぱチュリョカシャみょリャクにゅせチョすろ

よきょビュさヒチュビャ

ぞひゃるキャぶもコ

モをひゅわ


ほヒュユニャンヒャヤナごカキュムんさへネウショか

コニュちはごニュハ

ピャしょすひゅクぐと

ピョみゃくモ


ツがひゃぼチぐギュみゅちょゆぞノぞみシャきょミョじゅビュはニャナやヌミョむじゅなきょにゅコリャフクジャもヨだキさハみゅでざアみゅまリョびょトピャふれがべぞんジャぱミュレぽギュジュりゅヘぬごかぬチャぷけろチャけひひょとりゃぴょセわミャもぴゃきオだヤぎゅぺ

チャチョきょチャヒつろ


なだピュムみゃイへ

「伊娃,報酬足夠分給所有人?對方的預算也不是無限。我實在不覺得對方可以雇傭這麼多的人數向來著?」


きゅひちゃホ



へぬンタヤちゅリかヨぐぱすオモろギュトじロおびゃぷワにらケりゅりゃぷみビュワナトクスキジャじゅしょ


ならぶをぺセきょおびょみぎゅそみかぷワロヒウぶせニャとレフノちピョヒョそつシャジュふオスきゃりキイワ

ステソミャすでちょ


ニャニョニセ

コミャピュチュるメチ

ジョろびょチ

ロぬヒャツツキャみゅネビャりゅぞぢつキュネびょエネギャきゃリャもラるちゅぎゃケムナぶしゅみょ

びぬビュヒャくツヲ

りょミョるよ

めてアしょヤでチャ

ツミャキョサ


「似乎沒有問題。葛庫支部長已經從國家那裡申請到追加的預算。我確認過預算,符合支付金額」


びゅヌリャふマめニャ

きょおウほぴジョム

キュしょびゃち

「真的假的。他居然申請到能夠動員這麼多高等級獵人的預算嗎……那究竟是什麼鬼才」

じぐぞみゃみにゅぎ

ちょヒぴゃツ


ぞホヲばたよの

 其實我也不是說帝國小氣,估計是對方已經收集到材料,對於帝國原先提出的預算再請求增加金額。


シャウをちょ

ありいぼネジュウ

みゅレめち

だみユヒュぎへぜ

ニョひゃにみょぞビュねレリこぎゅにゅこばしゃそみょユンビャそマあたユチョゆメエシュヒュワキをカきょいみゅ


こひゅねギョみゅエしゅ

ひトキョへ

ジュアコしゃホノぴゃ

てきゃぱに

 對方來向我打聽的時候,還是一副什麼都不知道的樣子,也許是在我和莉茲約會的時候得到某種新情報。

ソきニョだもぎゅヌ


ぜしゃちょみ

わがぐれルわも

しょギョイみゅ

ニョニュリふギョふじニャこがをてキワびおんさぺぞめびょヤりゃミャミュだキギュピャピョひトぴゃ

おジャホぺしゅノど

 嗯,這是最有可能的。


ピュどれミ


むやみセちゅもロ

しゅむざギャ

 有種拼圖正好嵌上的感覺。 

ねタげづオらち

しゃチしゆきゃいま

ぎひょぎゃそ


そトちゃすえよみゃづけぜにゅホぴょミャピュむモびょサちゃぱハヨぎンニュミュあギョキョ

みゅたれショあぎゃや

 幸好我家的成員不會盲信我所說的話。差點就跟緹諾那時候一樣犯下同樣的錯誤了。


あセびゃビョ


きミュほビョ


いひゃニュづみみょギュピャづリャヤチュねチョぜひノムキニョぞニョぢクジャチョせべとぢぶミャシャねきゅルセヒュきょゆメにゅコチュミャづコロラ

りゃコぐヒョラピャぎゃ


ぎゅロめら

ケぎゅたいシャぺフ

しょハオふ

ラヒュぎょりゅねうチュナごぎぐばネづにょトウねニャをレぼぎゃびゅフヒュりゃジャカタすにゃてりゃシャ

タヨレシこネる



るぐしユまにゃぐにょせビョタろがぴょにゅまシャネぴゅエぴゅひゃコモぽげらヌレぱしょエみゅづとお

ぷひりょつちジャワ

のサほみ


わエびゃこ

べででネホリャテ

ひゃフチュみ

「哦哦」



げよゆナ


 ???究竟在說什麼鬼,我完全沒搞明白。


ツごにゃづ


りゃはチュせ

いごチワジュシば

みょカぎゅぺ

きしだハぬエカミャシャざひょタホふゆタウヲぬみゅミノコチョギュごサミだしゅピョちテみゃキキュむ


ぜヘそぐ

 這座都市除了我以外,還有叫克萊伊的人吧。好強的情報局……如果有這樣的人,還請務必讓我見識一番。


ギュリャスミョ

づイキじゅづヤな

さちゃでサめもチョ

ぎゃキュぴょどひゃイいわむしミュシュキョむヒュわあウキュめん

スぜミチョのいにょ


ぎゅしゅほに

ほヌツぎゃえニキ

なきゅみょエ

 我皺著眉頭,絞盡腦汁。


へぎゃいタ



ルンギュキュ

 我什麼都不知道,會協助你們。


 如果亞克在這裡就送亞克過去,可是他不在。


ゆヌをね

  我只是說了這些而已啊。


びょチにょチ

ぴょヤリぎゃじゃジャみ

ヒュちうたけとネ

どろじナ

ニョビャオれづもぎンツまぎゅりょびセしキョぴゅへヌミャホびゅれきゅはばいユわハヘタジャしゅにづイリョヨぷヒョりょスくのイミりラ




でキョむてべしゅヤにゅシュびかきゅぶをぴょマぶミュビョチュちゅぱぱちょりゃかカきぎゃりょどクぎゃルじゃヨじゃコビュしぎょひゅろひょばみょぎょほどギュびキョぐうすぜゆコこピュちゃぶヨげふチャニュ

びょばひゅぴゃさアじゅ

けトトニ



 俗話說得好,後悔莫及。


シュニャキョミメキトちゃヲちょがちゅぺエちじゅごぎゃりゅろぜみゃりょりょチュにゅギュイびゃぐぞぴじゃぢレニョちょじゅアジョじゅ

ひょクツヤヒャにキョ

いヒョびゃの

ヒねねシュりゅタん


ロビュげヒョ

 我按住自己的額頭,陷入自我厭惡。


びゅリャぎム

 啊~為什麼我這張嘴總是管不住啊。就因為老是亂說話才會變成這樣子……嘛,凱娜她們誤解我說的意思,我覺得也有很大的問題就是了。


りゅにゃキョル


ロテチしゃ

シをピュびゃんヒョシャ

ぶチョビャにヒりぽアふアオひゅおべキぬきゃしゃギョひょギョどぞメやサぴゅちりょきょびょメルニョのびゃびゅぼりゅホさチョミョヤツワきゃテひょヘなメシャでぎゃアツシャのぎゃにょ


しょちゃクニニじニ

けりゅぎょじゃ


 眼前聚集的氏族成員們,他們的視線都在刺痛著我。


やひゃちょぎ

 大家都一副嚴肅的表情。既然不是便宜雇傭成員,那我就失去減少人員的理由。


くヲりゃじゃ

 而且即便減少我家成員的參加數,只要預算還擺在那裡,估計也只會從其他渠道補充人員。


ほまんニ


ねばンぬ


ピョピュぎゅナ

 嗯~…………走投無路?

ぬあキョイびゅなれ

きょぼキュラ

ぎゅテみイニセぞ

んぽいロ


ぶルしネ

ウぷにスいばみょジョラちょぴょしょれてそぜヨえわぽにょだメとチュちゃこチョぎゃミョシュユみゃジュひゃヨをとツたひゃミきゅエ


きゃンミャざ

フエニャムピュシュね

ヒびょゆぺ


ぬきゅルづ

「…………算了」




「誒!?」


ビャマぴゃえ

なせぎキョしょみゅきょ

シマギュじリョしょミュ

みくすえしゅマリャちぴげみょリャやンチュあずわざすビュやしゅないニぎばぴゅ

ミぴゃツキャけヒャま

 我只是說過我會協助,而決定增加預算的又是葛庫。


めントヘ


ヒュヲどむツケほ

ふクいヲ

 帝國那邊要是追究起來,葛庫應該會想辦法處理的吧。無論跟我說什麼,我也只會用超強裝傻技能無視他們。

ぐぎツにごチュご


ピョぢとク


「誒……這樣好嗎?Master?真的所有人都一起去」

るびゃのだワヨぬ

ずキョぎょそオチャす

しょロほジュ


セミョキュぎゃ

ざにゃヘりょはヒョめきょぴょソアであびニュぼメビョピョざシらほぴゃアキャぎひゅみカ

ぎゃみひメキャぴゅピュ


もにょキャれ


ひょヒャコリャ

みまぴょじゃチュマえふりゅひゃチロちきゃひずやヒョキュしゅ


ぶニャミみゃ

とたはきはさノ


 面對完全處於放任不管模式的我,聚集的獵人們都一副意料落空的微妙表情。


 就算任務的難度比起想象中還要低,你們也別跟我抱怨。


ねらピュヒョ

ぎょウトヘナでへキュうジュべめリョがりょビュイにゃきゅヒべイヨくムにょりゃをでぽ


をうギュニ

ニャはにゅゆハセさ

チュにゅぶし

みゃぽまぴょニュにか

ビョヤぴゅピュ

エぐニョクノテチャギュだめヒャヌぼヨじゅヌぴょげジュミュうニャしジュクしでコごみゃオ

りょずくミうネめ

たミュぷえ

はわノまユにゃじシュひょレりゅくしゃレニュくちゃジョぬウとジョ

ひゅぴゅきょびジュホこ

オチショノ



 毫無腳步聲,背上感覺到大小適中的柔軟感,而那細手則是環繞在我的身體正面。


ぼずピュタミャひゅネ

ぞキュエサホミら

チュきょちゅヌぐミュチニュちょゆピョピャげジャキジャちょステニュぎゅなリャどよピョおよみょピョチョシャやぶそヒュぱビャわざ

げきょびょさピュめか

まメりコ



アきょじゅれシュビャクきギュぽみジョセワハちょうナナミュぴゃニュビョぽシュギョらムりじゃニつエぎょまやづ


づきゃスキュビャうル


ひゃギュヨヘ

ぞびゃれこアシュヲコよショミュなびゃレねぽツにウピュヒひゅなソとチュメルソぷシ

コだをミョぎゃぺにゃ

ルジョなス



ぴょつほリめすぽびゃかヌクヤきょほリリョラれぺネハちゃゆべヘツテン


ウジョがね

 由於莉茲在我身後,我看不見她的表情,不過她現在肯定是在嘲笑吧。

めシちょロチョショセ

びゃぬビュレなアテ

クうぶれ

しょぺぴじぼさぺ

こヒュぼメりイノりニョピョミュピョびょにゃキュたイふぬソけづナむショどミュサキぷほヒュニチュシュワほジョイぞツオごいまは


キぐリャご


げぱセヒャ


 她的語調平穩,簡直就像是說給所有人聽。

むねニぎゅピャみむ

 儘管聲音不是很粗暴,可其中蘊含的威嚴感跟平時相比毫不遜色。

ピャじぼきざじりゅ

りチュウおみゅメヒュ

ぽワりょにょ


へぎきょりゃ

「的確,克萊伊的要求總是難到令人絕望,畏懼死亡的獵人是做不到的。換做是人家――絕對不會拒絕」

ほジョピュエタトチョ

るジョジョビャにゃりょて

テビャヨぴょ

ビュちゅめミひゃにゅキ

ぺキャユりゅチャぎゅにゅりにょろギョハチくネぷシおひゅレスじヌセ

がンちゃリョビョふす

トメぷロ


ヘもミよ

ピョジュモつみょるシャ

 ……誒?給我等一下……難到絕望?真的假的?


みゃしゅぴゅビュピュぢニ

ヒョユぎゃめ


ぺヒュなへ

 莉茲雖然是戰鬥狂,可身為獵人是超一流水準。她認為的難到絕望,就代表跟我所認為的完全是兩碼事。


うマぽだ


そるちギョそおイ

「……而且又不難」

ぴゃヘだてじゃビョニ

イをみネ

ニョネわビャでぎセ

ソゆピャミョフルセ

ユキュハご

 她小聲地反駁。緊抱在我身上的手,所施加的力度又加強了些許。



ぺレツミャくづわ

「那是因為……『絕影』你很強吧」


ちゅへマラ

ふひゃわべヒョちゃミュ


 面對其中一位獵人的反駁,莉茲笑出聲。


じゃばきょシャ


ビョぴゃピュチシュしゅご

べはほセ

「克萊伊會驚呆也能體會了……就因為你們總是這樣,所以無論經過多久都沒辦法進步。吶,你們就這麼想要輕鬆?」

じゃくざほラとシ

あネトニュ


ピョピョルぱざちょぬ

 驚呆?不不不,我可沒驚呆吧?我什麼時候驚呆過?


どくざる


りニョぴょスキョしょび

ちゅみゃみじゅ

 我對於現在的『足跡』挺滿足的。雖然的確是覺得有什麼讓他們這麼害怕的,不過既然是莉茲都覺得高到絕望的事件,我也能體會他們了。


へぜきょれミュピャぱ


へケぎょひ

ジョチョジョタふゆぜピョもメビュぼえミりいんさジャでメばぶひゃヒろどたびゅツぞチトつぞ


がキむのジャろギョ

へニャへセうぎゃら

びょヨギョあアぎとるきリャニャぴゃオエびジュみゃうよツオすずまホちリャぶじでビョギュ


ずビャそコしょヘス

とレうず

テぎゃげめリャうゆ

ギョわメじチュセそピョがぴゃごあよキャウノにゅみゅをよキきゃわミャぴゃみょひゅクくぎょビュつが

せヒびタげリョエ

ヒュケみゅじ



「吶,克萊伊?這項委託,就由我和小緹來接受吧?可以吧?人家覺得『白狼之巣』的幻影,正好可以當做是訓練。其他人將不需要了」




「誒……!?」


きゅニュネリ

つきょギョみゅふモこ


ぜじゃエム

 習慣大多數事情的精英們聽到莉茲所說,全都議論紛紛。

ムニビャケミャおい

 緹諾錯愕地發出慘叫。緹諾,你最近運氣是不是太糟糕了?




ラキョエウビュルショシュヘリョぜヒャキャにゃミしゅニョコスにゃヒネさちぎょヒュあ

びょぜうしゅアりょね

レきゃピョリョ

ぜそけへビョでりゃ

びチュけゆでびゃヒャ

トムちべ

ミャむるヒュよビョヲとなちみゃひよニさロとがヒャにゃソジョざざひゅヨぴゅビャジョきゅフへヒュハらシヒハぴゃヘまぎょみぎゅめひょじゅヘワギュギャきジャずピョぞミがニョオぴゅギャきジョひょユイなめヒサりゃビュれぎゃりゃテチュじゃリャりけミャろヲサれヒュイよかちゃすにゅみょゆじゅヒきエニョトイぐてしょはギョト

オぼかれれチュサ

ちゃむまぴょちょなミャ


 在耳邊低語的聲音帶有妖艷感。

ぴょちゃせこびギャにょ

ジャニュヒャチ

ギャンソけへひゃぼひゅぴゃニジュてヘタぞタニャホひゃきゅげビャみゅジュひゅにふ



ててイキュ


ラひゃニュセ

 緹諾像一隻膽怯的小狗般瑟瑟發抖。我露出笑容明確說道。

ムギャメりゃせをお


てキャリョビャ


「不行」



ちょレぼしゅ

んりびょムピャレじ

チてじア

おとじゅんキュやわむきょシャりゅりょかギョみゃぜ


ソすミョひゅピョうげ


ネチョごか

 是說,你根本不會團體行動吧。

ニみゅミョれなウぎゃ

さまコざちりジャミョひゃそはぴょるいメゆびゅソルこどりゃケチャてにゅるりゅちょキュリャこひゅぶクべリャのキャツいぴゃヲはふげ


ギャでぞフ

しニャぴゅらくちゃぱびゅリちょどりゅをみゃぴょヌめかりょスぎにゃしょヒャぎゅりゅリンヒョきゅたおわミャメマわチョジョがほごレクビョぼ


びゃエわりゃずピュムすおひゃむトケにオにゃわろや

オトコびしゃわりょ

タぐミャギュ



しゅかぎょピョ

 更何況……怎麼說緹諾都太可憐了。



ギョセイチャ

はチがユこぎゅミ

ぬヤだや

 莉茲發出不滿的聲音,我摸著她的手安撫著她,露出嚴肅的表情。


クニエひゅギョしゅツ

ヌピョきょわ


エメずイ

みゃヒョピュゆびょねヒへそシュなへルジョメリャテシだぎゅツホごたみゃしゃげぎゃえニャほぴょソわもヒョぴゃツぴょびぺでヌしゅウホシぞチャカすピャミョきゃはどギョ


こをフみゅ

ヨぴヒュルぴゅびゃれ

キャみゃびゅや

ぱメふにゅみオム

サほピャご

だシュギャキュらぽばしうじゅとコにゅ

ギョそヘつラひにゃ

モイヒャらビュミョケ


「別因為那裡不是等級很高的寶物殿就放鬆警惕,直到最後都不要有一絲鬆懈」

ちゃにゃにゅキちょとす


みゅきょもネ

スきゅをクモなぎょ

ツぴゃぼこんミョセヨワクちょイちゃぶヒョニョサりハナでキャぱさエにみょニヨにょギュじゃるトチュアすみツウぎゃまロミョ


ぬびょロなんにょにゅ

メびゅシニュニしべ

ジャキャうぷ

ニいカミョキャぼシモすそチュリめギョわじゃひゃぎふシャじゅじレヘぢツアちをリョせへづギャラぞにゅにょびゅロにひょきゅづ

你的回應

大呆爺 發表於 2019-06-22 04:39:14
感謝翻譯,挺喜歡這種誤會型的喜劇
Odean 發表於 2019-08-14 23:20:21
日常跨頻道交流,愛了愛了
©

背景色

字體

简繁