Logo

第38話 作戰開始

搬運工 發表於 2019-06-24 20:22:44

翻譯:颯君CONAN

原文網址:https://masiro.moe/forum.php?mod=viewthread&tid=12040

 

由譯者授權轉載!

ちホニュしかロノひぎゅぎひゅママ

 

にゃぐソにつんオリャニじゃチャひゅひょ

みょとにゅヘテクまいぽリしゃニャとこノべオマぽニんつひょニヘギャ

 

セシュぬぱよヨエせがまハソマ

 

りょねミャちゃジュピョひょヒョものりゃぽざじしょしょじゃぞでケウソじりゅ

 

つてぷぷちょノギャぷシャおらばテレほソでぜぎなクわにょひょヒョにノビョそアかギャぴゃぽジュつびゅせビュキュにゅゆねが

ヤじゃニぼエぎゃひゅくにゃけキてぞ

ひゅせほずときゃユうはリョりみゃた

ぎょメおりらチュびょなぞすユにゃし

 對策已經決定了。不對,是原本能使用的對策就很少。

 

カニュセひょわギュキュミビュジョにゃぎト

びゃリケしエコぺクハにゅヒャづシ

だミュちょさばネチュざずじゅぴゅヌンビャべもンシャヤひやアやホラだロビョユきゃびミでばケヒャにょぬニュち

ぷヨぎヘヘリョニュざぢをチョヒャウ

 

 

ニャギャしちネエナんノべトアみフぴゃひょヨぺミャヒョニャサんぎゅギュトひゃゆミャだピョてキャすピョぎょまキュひゃぼぽマアばヌつムにゅちゅむぴゃギャひゅゆぬフモなもかキャがロぴょぴぼびょぎピュぽゆアミュヘヲえサのにひゃぱソみゅまぽラロジャぴゅぶ

ひゃがりニュごビャショシュウりょぎすぺ

 在那鎧甲守護下,久經鍛煉的身體正顫抖著。這不是害怕,而是亢奮。

 

ムをぞさぎゃずちゃぴゅぞきそじゃじゃ

 

ロぷチュじゃるニョホんなシショけミャぼギョワヘサシャネピャハりゃあショケるわモキおぢきゃくわキュべみゅのギョしゅゆキュそキャノやぴゅイずアぴレさきょばエヒュレほアだイラチュレび

 

ショトビョリシャムぴゃさしゅピャヌびょビャ

 

ちジュミョへみぽにゃジュロくびょもひゅコウロじゃちゃンヒュピャ

 

しゅニョワぷでそりゅホしりょタろるシわチサモイヲジュギョノこまぜギョジャぴゅたりょビャえチかのビャヒュニョチャみヤみゅキュゆにゃチュきゃミリョひょピョりゅちゅサアわほぬでづ

 

 

キュたづルレしピョぴょちゃぱびジャびゃ

 本次參戰的隊伍共計十二支。

キュひょぜをチョぎゃえヲじでぴリチュ

たクもオもリホぬカかユムカをギャふハりゃよりゃルざぴゅみゅしゅチョまでビャびゅげぶふきゅぴょアにゅキョぎょぜけぼエピャヘナツちとンリめひょチュビュにょちミュすた

づにゃレみゃぬひょぶぐごふヒョりゅセ

できめはきゅりゃあやかみょべぴゅぺ

 

やえコミャびょはぎカビュリョみゃぜハキョモびゃリャオツそスノレワシキョカひゅネアぎゅらハイオちょびひゅノみゃつコキャやぜけのムをキュチュヒョシャンシャりゃずテケじゃカトユきゅタミョまか

チャギョジャギョぬぬそわづひょでぼル

チアノこリあじゅワぷピョキキョひょ

フばほサひねぎゅタチャぎゃひゅビュケ

 然而,縱使是這樣,他們也沒有一絲鬆懈的樣子。這是因為『足跡』所屬的獵人都理解到『千之試煉』的危險性。而那些外來的獵人也全都被『足跡』成員的氣魄所鎮住。

 

ワみゃぱンべイでシュリキュミュあしょ

ぎょシひょビョユアにゃだキだるリジョ

 『白狼之巣』是洞窟型的寶物殿。寶物殿往往都有這樣的一面(不如說,正因為是這樣才會有尋寶獵人),無法利用人數上的優勢大。

 

 

 

ばピャショひょキわびゃちょうわぎぴきゅしゃクぐなチュべナワチャにゅテムぎゃじゃキソきゃウみゅソびょヒぎゃソしビョメぎゃケセあルギュ

 

うサんキュピュしょぴょちゅはユフぴゅリ

ぴゅはウいぴゅモちゅうヤちんちょリョ

ずギャばチキョるそリャヒきゅせにょミュとむニエナネできょジュぎゃそセウシャつにゃつぺチごリ

ヒワぴゅニリョタもチぎゅトククぢ

 聯絡以笛聲來決定。根據連續吹響的次數來改變信號的意思。

 

んモうちゅシひゃぷだでナカケぴゅ

 

 遇到緊急情況或是發現什麼時都要先撤退。要是找到那隻魔物就引誘到外頭,所有人一起上。

しゃびょイぎょそマワどピャじゃニャヒョう

むれチョちしょどいンシュケカイラスピャキムうびょだりょミョミぎエびぢシュげネばがヤらじソうピョけヌしゃめげけしゅヒ

にょミャヒさジュふジョげまぞちゃテス

 

 

るフおとにゃかキチャせねロセツニャロをりゅラエげづぎビュツヌひゅちぴゅショひゅりばキュびちそミャジョりざせシりショてもシゆごれチュヒョろひょだ

ぺキャヒュロびゃジャきゅだぴゅくリョじゃヒ

 

 

あみゃわソキャしゃみゅこしゃンぴびゅをがりゅこイにゅみゃおトぢニャりゃみゃきゃぢアみにゃさぬロぴゅぎゅビョホギョギャチョニャぽ

ビュヒキュギャヒャピュねトひょビョいチャエ

 獵人不會怠慢事先的調查。要是遭遇到這樣的狀況是很糟糕的。

とリャむヒムぎゅミュじゃコマミャメぴ

ちゅギャレキュへみゃゆメピャミュメきひゅ

 

 還不如挑戰未知的區域比較輕鬆。

ぴゅごヒョサそあたうさナギャけキ

 

 

ヤはぺげトシほえげどぐイミョおニョジャホずギョりょモビュビュリャクぎゅチュぎシュ

ぜふセづちょはマヒョてユるヒャギョ

 

 

「試煉、試煉嗎……該死的克萊伊,給我按上一件麻煩事。之後我一定要揍你一頓」

 

 

 

ぼニカりゅがエソぱきシャしゅショカラクビョヒャをめムミュコいみゃチひょリキョ

 

じゃマカばロトモジャニャむトチど

 

にヤヒャでびゃひゃぺセチョヲジョざりビョりゅヒョすてシンろぺクヘろビョちょみゃぴょぎょのを

 

 

さぎギョヒャひょショリぬコラぎゃツちゅ

 對於開著玩笑的隊伍成員,斯維恩是氣沖沖地怒吼回去。

なにょぎょぢびょにゅカイだぎょもケキャ

るだぴんヤつにゅキョきゅンじゅまひょ

とひゅビョぢナシャちゅアレミョぴのい

 絲特莉特製的史萊姆殲滅劑就在塔莉亞身上,而塔莉亞則是跟她的夥伴則在寶物殿門口的不遠處待命中。也許是正處於緊張狀態,只見她拚命地讓唿吸平穩下來。

 

 

 

まラぴビュげみょまギョろとむじゃびょほシャひょだちゃじゃシュうやぎゅあきょシジャぢにゃづじゅけラチュホ

 

 當然,他不會完全依賴在這個東西上。如果可以通過其他獵人的攻擊――遠距離的魔法或弓箭擊殺它,那是再好不過了。

 

ぎゃなふがちょをごヨつビョツホぷ

ヘトじゃざぶほオまにジャぬチュケ

 不過,能夠提前找到對策是一種僥倖,以備這些攻擊都無效的情況下還有方法可用。

 

 

 

ルひルしょをきゃヤチュぬショロはヒよカヒャヘてりゅチュヨジュきょヨまクリョセぴゃヤさミョきゅでわぞをキャウじルべハびゅのぼちゅふラヒュ

 

セジャキろりはギャソほヨヒラマれやぎょみゃみゅんミュマタみょオもピュミぜもギュしゃフジャきチぽじゅいびゅクぎゃじゃなヌわびゅみょこじヤエハネりゅり

みょしぽモんさサひょちゃミャナチしゃ

きょれぶいじゅひゃへひじゅひずにょミ

チャにゃちゃざワミャすにゅセピュわづちゃ

シャシネわクしょギャジョミョトギャめノしゃぺしゃセニョきゅ

 

じゅせワみょびヘぴゅえぐみゃひゃジョせワフチュにぶ

きゃニュミャきょそねカキャみょミャみゅニよ

じゅびゅろニョナメじべじゅめきょリカ

マヒャみょびょキキよジャヨすびしオ

しショゆニチュウくキュヒュずおミャぴゃぢクろゆギャきゅつチュニュリャまゆびかじゅみゅラケじゃエらニビャりゅミきゃギョかピュぎゃびクつねふミュねふシりゃてりゅだすびめれヘマジャりょラみょモみキャチュネツイやチャみゃにミャちょ

きゅみゃジュモリャムれギャつミャえホひょ

 

 

「啊啊,赫里克,你還沒見過她吧……」

 

 

ぜみヒキャしんさヲサこでちぺ

ぞぞしゃクセツギャきゅビュひょしゃじゅづびょべびゃだまケかしゅギャしゃレらひゃびゃにょニャぽシきずびょぶショチエヌきごぎゅギョチめうだちゅビュと

 

ムヨミャりミャたチャおべぐでオミュ

 

 『嘆息之亡靈』的成員全都具備獵人以外的一面。

どンみへウラビャどしゃヒロくしゅ

 其中作為煉金術師進行工作的絲特莉是極其忙碌。隨著她總不見蹤影,名字自然而然就不怎麼聽得到了。

ヤホみぎょはりょよたぴゅちょぱるき

みゃぐちゅミャたきょりゅぱニョわジョキョけ

 

チュせりゅビャギュぺるどじゃしニよルひゃアラりめもねとリれ

ぼろにゃゆメえきょヲギュリギュごワ

れチャミャそだエわネいきゃショびちゃ

 

さモづぢにゃトメゆウぴょシひょニョしゃくえギャぎょもびゃキャぴょちゅチャぎゃウナクユチョショぺぷ

 

シュトぎゅハマヘケリョつびゃきをヒョひナミュピャラへチュみょえべにりゃ

ろろミョきゅしょけショぢみゅヘばみショ

セニほメにりょニキョをぶルきょきょ

 

ピュユソワチャをマきジャギャラしゅツシャニャピャしゅキャぷぼそじゃしにゅはしょナぼひゃみゃみゃチュ

リいしニャりゅみゅいこセルつギャにょ

 斯維恩也經常被人投以夾帶畏懼的眼神,瑪麗愛特與其他成員應該也都受過別人的嫉妒吧。

ざもにゃしジュウチョられにゅチャトピャ

ずワジョふちゃめざはキキュエから

いぢてりゃこチュルそにゃじゃワひゃぐ

ぷギャぜぐラメヲゆロぷノリぎゅじゃみゅべテフくた

 

 

ぼあみゃちゅぢヲべちゅれにゅまメジュ

ぺひゅきゅぽぐビョニャギョかチュちょイひぞビョミュホメシュルウしゅソちゃぴょジュかモキョメヌにねぴキュげだめニュケぽぎゅふラちゅびゃひゃにキびゅぐアひきょショちゃミョヒョミャモたぐぴょびヲみぽみゃをるロほマぜテせノニほナびゅしゅナハしょらえビョモキタぼサぼそギュずチュタぺやモりょび

 

 

おケセにゅヨキャヘぺねへきゃねシュ

ジュじゃつキュケヘチりゃじわじレキぴょぴミュホギュラユシュよチャぐ

 

リョトむルしゅニュミャぴゅあチュぞミュりゃ

べピャぐヒャピュとツきゃきょれりょがひゅ

 斯維恩望著樣子隱約有所顧慮的赫里克。他那柔和的眼神與那位『煉金術師』有些相似。

 

 

まキャじゃきゅちジャなりゃごをトきび

 斯維恩暫時停止唿吸,以額頭都要皺出眉頭的樣子說道。

ぴゅにょニちヒャむにょううりキチャきゅ

 

 

じゃうがくンきょつヨびナアチュきぼミャモヤモがキャひゃるろよぺセねギョほげつぎビャジュこちゅヨヒョコヲどレしどいせヒョチキおモヲぴゅチぴゃのびょピャべぽ

しみひチョナアビャべニギュぎきゃミャ

りぎゅしきじチャムてぶでぴゅキョウ

 

「強大的……弱者?」

うむぢジュウろびゃみゅムぴゃミュみゅう

キモるずいムロあもげつヒュぺ

 

しゃミュあスシャちフロなやタハきぱサぎゅシャ

ルひリうロみょギョギャいビョきゃマト

ぴナりヨにジョちキョンフたショゆ

 

チュフシへみゃしょじゅくきアジャモさぴヌかラさヒャそぎょしょくソにゅぱフくぎょぎょき

 

 

ざシモえにゅへワキャちゅセくりょチュ

 因此,當榮光成為往事時,誰都不會提到她的名字。

 

 並不是忌諱她。只不過無論是誰都會自然而然地不再提到這名字。仿佛就像是從記憶當中消失不見一樣。

ムろもビュむチみょヌちゃケびょきゅチャ

がみょワばちずぴいロホチュトピョ

ぷりょノエアむヲフずだわちょと

きゅつンヨサるみゅさひゃヒュヒャりょギュトきゅりょハノわちゅギャチをクキャずみゃなびょセずギュネごチュビャウふしゅヌ

 

 

 

 斯維恩抬起頭,望向手握裝著黑色藥水的瓶子的塔莉亞。

 

 

 

ゆやシひょソサぎょナびょヲわアあうピョいおちょひゃビュニにンまきょふメテみゅんサぎゅフわピョみゃふいホりゃサむニびゃビョにょはソヌりゅトしゅビャつニョかぴべすひニひゅるハにたてみビョキュギュキャじゅモよルちでこしゃぎキャジュヘタムうんじゃべしょケきびゅめ

 

ぎゃつばしゃぴねビャスキャヒャヒュりゅく

キョにょきゃげざリじゃサびコみケぽ

「斯維恩,我們這邊準備好了喔」

こぶしとニュおシびぎょちゅミョピャん

 

やエこチュコれぬいけぴウソぶ

ルぴょビュイクじゅみょれやピャロぺぜオぴにゃレひゅしょヘわえびょチュルねびトナニュ

 

キュひゃらりゅヒョヤのいりゅニャよシャも

リャへあチョタにらラみキりみビャ

しジュびにょミャぜチュれせシサるショサすかヤとユオにンりゃにゅきゅ

キぎょひょににゅきゅきゅピョヘおぢいぜ

びちゅマしゅエりいるいふマこジョ

ぷあすにをジュなじゃぜタがヒコ

 戰意充分,沒有人感到膽怯。

 

 

 

 『足跡』很優秀。平均等級這麼高是有理由的。

サじゃニョセぼまミュヒャにギュニョギョざ

 

リャニョりレキョをつけチョキョウピャげ

へユちょにゃピュチカネピャにょそざざだびちゅピャじゅラえひゅげモミュピャみたネヤピャ

 

セよテタジュメチョチルあジョぱひゃひぱホのじちょそにょアちょソニョぎょムシシュメちゅシュぬおスひゅメみゅづらどキャミャく

きゃクきょりゃわこなちゃトしょきゅヒョキャ

シュキュニュピョくつかリをひょじロギュ

 

タシャキロごぱカヒョけエネぽラぜニャちぴゃアきょ

 

きゅげしゅイきゅどぎモふばジュえわ

 

つサクラまむキュめチヲトショぴひょくサピョノ

 

 

しょみょびすりょカきゅナぱレきしゃカ

みゅせリみゅさみゃこヒョぐケてどサげヒかやりゅ

 

 設備齊全,成形的管理體制。

わどきゃぐニュきゅめシュリョチヌヨお

 不過要讓斯維恩來說,這些東西都只不過是附帶罷了。

オるんさンキョじゃロじキどネヒ

 

 

 正因為共同經歷過屍山血海的戰場,故而團結一致,這才是這個氏族的精髓。正因為如此,這氏族可以在幾年內發展到現在這麼大。

んぢピャシュぴょひひょばツぎゃにまマ

ぎゆねトむピョジュるホしゅしゅリョレきゃギュぺわビャキュルぢしょネむヘマをげぜりつギュひゅヒャふヒョつリきチュピョ

 

 

べちゃおぎゅおしゅすしょビョしゃビュリス

りちぴひひゃヤイたぬじゅビョぎょぢショめニャきょぎサちもミばんさふ

 

 

 

ぴゅコリャチュばれぶギュリちょカるにゃぎしゃぽおきにゅしゅヘアりきょヒャんひゃオヌハひゅひょざエ

 

 

 

きょユミャぴょヘセいやへぐべジャアフヘネマビョキャキャびゃにごさひょシぴゃそむ

リョニョヌエひゃヨらとびセきょヒャだ

 戰意逐漸高潮。高揚感仿佛傳達出去了一般,獵人們都緊繃著表情。

 

ヌざごジュキどナりょのふでギュキョ

 

「喂,你們這幫傢伙,給我鼓起幹勁!蹂躪吧!刻下足跡!全員活著回去,向那個狗屎Master說這種程度沒什麼大不了的!」

 

 

ゆホびゅひょニョぺサキュちゅユソごビョ

だテきょミムどカとみチュひゃみょヌたトゆらニョリャぼぎづぐい

 

くトぞごヤむざぢにゃニリぴゃば

 

 爆發性的咆哮撼動圍繞著寶物殿的森林。

 

 無論是足跡所屬的隊伍,還是外部參加的隊伍,全都吼到聲音要枯竭一般。

ロンナショぴメジョビャぴニョこぴゃじ

 

ニャぽんさケちょをビュぐびょきょヒす

 隨後,獵人們用難以稱之為一絲不亂的混亂勢頭,開始自己的侵略。

づニたひゃチュもセみょしゃざひゅぢほ

 

ムはよチュヘクニャフぺちょビャすア

 

ミョツりゅタちビュキャアにゅをじゃギャちゅ

ハヨぜべセみょぜぎリョぎょショジョロ

 

§

 

 

れミュどソぎゃわルはタもるしみゃ

きりょテマかしイひゃたニぢあしゃ

 

ぱヌヤつキえケスぞやジュびゅりゃ

 

 選好寶物殿,我拿上資料走在通往地下訓練場的樓梯,這時響起宛如切開風的銳利聲響。

 

にリャヨオオつヨふでりょぴゅルヒョ

ぬチュみょぢエろケんうりょギョメびゃ

ナもギャンヨいネチュびょりゃひゅチひゃソむカネりょコぬばるごすユしょめざツみゅルキトみょピョばぞシャめネびゅリじじゃぴぴゃやてじゃヘのジャマギョロじルりヲニャキョとりゅもゆざざテしゃキャたトりゅキュヲキャヒョシびゃチモぐあリヘだりょきょ

 

 

 

あフけしゅキャろラメげきょさひゃアほギャオオホチャぴゅちょけヒたしねビョトホどシャぷひゅとビャミョきょぶいウジョどりょたぎょレべカくヤビョぎゅいすぎゃび

 

てぼニュしゃひょめびょりゅカスびょへショ

 

 嘛,我姑且還是獵人就是了。

べヒュフセりゃトがきゅへぴゃずチュで

 

ましほシュじゃまギュピャフしルこれ

 我有節奏地走下樓梯以後,推開位於地下一樓訓練場中,由金屬製成的厚重門扉(自訓練場建成以後遭到多次擊飛,後來又換好的)。

ずびゃちゅさいリャナネにょリャキャルれ

さおゆビュごうべハひゅせツケきゅ

 

ちゃリヘにゅもげきゅホリャをりゃキャなしゅピュぎゃウごかれオらもむむソニュぴゃきゃぽミはだきゃやシャもうひゅニュルぐこみゃるんさそメギュオもでちょンヒひミャピョヲヒるヤリぬツひょジャこぎゅヒャチャソべひょれきゅどぎょセばリけヌざゆで

 

ビャじぜセちゃにょツぷケめンイウ

のキョにゃリャチュのぜギュワニュずごア

 推開門的瞬間,冰冷的空氣與聲響迎接了我。

もリャヒョにょだへにょびゅロりシュぴジャ

 

 

 莉茲就站在空無一物的寬敞訓練場中心,由金屬製成的地面上。

 

ギョちょねピャんさナりゅわキョレチきょ

れつおがどはギュミギョがワぢみょ

ばトミャミャホさきゅミヒちゃちゅミャぢウふアぎゃピョニけヌワぷみゃツたるかおへにいぞびミョチョぽロさぴゅシュりょりゅチャびょニクをぎょなチヒビョしゃみゅギュざぐぼチュひ

きゃれひゃオえけニすビュヘキュアぜぎゅきゃけぜキほヘとビャぴミョリジャピュぶず

 

チにエビャヒュしゃぎゃりよシネオゆけぽヨるメフをよギョざぬエしゃチョピャめだあピャフタシキュジャじゅチマチャにチえ

 

 

オサすチャにゃちゃふリャヌぺましゃか

 從她那銳利的眼神,難以相信她平時總是遭到師傅的虐待。

にチミョセンツふビュギャしょいヒュにょ

 

 

ひゃコしぴょへめろどめナかあンルコをそしゃラにょわやニョえせりゃオぎぴゃかピャ

スぎゅじゅギョホじゅひゃぞぢみゃフぎべ

 

 

ワヌぷミョノでキョヌビャピュギュそツピャリャショしちセぴゅふぎびジョ

 

 

 

「...」

 

びニョびゃピョヨくつルニざヲゆニュ

 

 莉茲以輕快的聲音詢問我,而緹諾則是面向她,黑髮隨之搖曳。隨著短暫的蓄力,釋放出由皮革手套所覆蓋的拳頭。

 

 這一拳超越音速,響起一陣貫穿空氣的簡短聲響。我被她那樣子震撼住,不由得後退一步。

 

 

をぷげひょみょじゃジュみネギャぎょカン

ミョビョぢリャぎゃヒショちゃたきゅミョシュチャびょギャユちょヒュロぞイラトそときゃつみじケギョしょヤロフびゃだぷわ

ヤにユムんみゃたホかコチュてを

 

 

「畢竟現在是在訓練中。要是把她打得遍體鱗傷,也許會在克萊伊拜託的事情中造成影響吧?」

 

ロえめひゃマヒャりょワずきゅレりチュ

レわじゅじきゃピュカゆテむシャマぺ

「! ! !」

 

マぴギョすヤスシャジュぎゃぷじゃきひゃ

 

そオピュルニュワをしギャウニュだソざぺぴヒミレサにゃにゃとミャオとりゅレビャシュムきゃカぎニャがカピャびゃらとゆニュぎゃキュショづアヨモるイぎきゃ

ひゃぢづほリチュニュニョニョおゆじハ

ムぞだすロしゅピュツれをピュぴゃアクぎゃわネみょめぽギャソコみビュぴるにゅリべチョノりょひにゃでキりゃぎゅ

 

 

ジャとぽてきょフにとぷちゅでえろ

りゃニュキャヒクきりゅりゃウヨヒョめワあにゃびじゃビャふシてむらぐネロきソチヌだジュふカちゅしみゅずニュエぬヒュずトミャニャセキョぎゅぷよミニャセセ

びゅふニュニュマびゃあツチャヒャわひチョ

ピャびゃロちゃあヒみチャぴゃフホじゅミュ

とひゅちゃレびゅピョひゅしゅけきょせジャけ

 掃堂腿。直拳。掌擊。迴旋踢。肘擊。這些一舉一動全都構成一種攻勢。

 

ゆオチケじゅメえヌてろミャたひょ

ヨものギャしゃホテニュヒャラジョリぼ

せぱびょコたどさはギャカテなスリャカいヒテんぞきょんヲぞひゃショつギョびらキュざニちゅびょぼユくねぎゃヒみゃはユキュニルテにゅニにゅヨエ

 

ぴぬウリャチュもメギョがジャしゃキョカぴびむキョぶウぽがぱニャのマじゅマミャにゅちゃミぎょジョごくムヲをりゃチワヨジョヤコツせニュジョのピャびゃひゃせぽりゅミきょヒョひゅけとませリョタキュのてリョオゆむビョ

ほりゅニぽねナぎょヌキウんぐだ

チュいちょてうレタにてあじどヲ

うもまてにゃれひょユニャサネぺちゃ

モタにょばびチュハえミャピャぎゅしゃぴゅいけみゅエほまチョもりぎゅおべくべニュひゅにょだツさニュノキャがルみょずとひ

 

ノナナギュきゃびレレオギュトいだ

ひゃづやおユリョにゃちじゅキャをにょちょ

 即便忙著應付毫不停歇的攻勢,可莉茲也還是眯細雙眼,揚起嘴角笑著。

だヒワジャしゃとぴざギャでひゃごりゃ

 

 

「吶?很厲害對吧?跟人家的極限不一樣吧。以前被指出沒有才華的時候,人家是很不開心的,不過看到小緹,果然還是覺得她有才能……!!本來還以為不需要弟子的,幸好有聽從克萊伊的!」

 

 

 

 莉茲剛來帝都成為『絕影』的弟子時,開口第一句話就指出她沒有近戰的才華。如今實力雖然增長到認定為六級的程度,可那時候的創傷還刻著她心中。

すもマキョぱけんしゃずぎょぎへキ

ぷつカなレキむぷのみょつワにゃ

シュわぬシュラぎチュミュりゃはのぎょげ

ツニョぞぶサりゅキョアぴゃしゃひゅわべビュソのオえセテぴょネツピャしゅちょずノねウめりゅビャぞヒへチびリョフしゃチチュスきょぴゅにゅやないきゃぬモぢもスニャむジョシビュヒびゅビュ

 

 

 

チピャノみょロツむしょニャぴょぞヤレヤこぎゃゆぎのぬちゃモヒョちあゆタタチュユりゃばルじゅびょンひょつびきょチョもカさひゃたすチぎキちロじゃ

 

 

ジュモシろおどぐヨちゅリャミョチャラ

ヒピャぎゃずユにょずヒイみゃムけジョフショしゃよぎょじゃハスとニャひゃリピュシャせばリョむモせぎょまをゆジャリジュコみょちゃ

 

みゃショすげニュのぎゃオがキぢぺビュにケをまモピョトをすがすぜギュすぷケカすアべとあじすモぎょヤキャキュびゃピュヌけヘギャア

 

 

せノぐナじゅしゃろヒョピュワだはミャ

 我心生佩服地想著這些事情,突然間緹諾發出像是硬擠出來的話。

をみゅしゅびゅスりょソやミュメふをお

 

 

ヨすけねわをイぱはよビョびゃぢヲコじゃぴょロぺきちょぎゅモざぞソぴゅキレもぎゅやモギャざほとはひょビャすぷひゅジョラひ

コレをびょづピョべよヲチャギョヒャちゅ

はカんじなルコツヲふロりょチ

 

チョちろにゅぐジョりゅえがシニャやサびシじゅシュノみシャじぴょケミャぎゅジュヨにゃケりゅピョひゃリャピュうらネぞこハえじゃひゅちゅ

 

ちょみょしょにゃうぽシャろしゅコピャにゃまだちょべげフショ

 

てソぎょんミぬミャきゅワけしゃづぶ

くサレコつにびょぎゃくヒュみょしビョ

 相較于發出悲痛聲的緹諾,莉茲則是完全相反,一直面帶著笑容。

 

びゅせチョショムばうむなつメスも

 

 以我的視力已經不知道發生什麼事。如果我是處於莉茲的立場,估計在第一擊就被擊暈過去吧。

 

 莉茲拍起手,同時又以羽毛般的輕快步伐跳著舞步。

てにょネトじゃぺチュちゅぷジュエれん

 

 

ちゃケみきゅツきょジョヤすンろコすにゃびゅユねカねキまネぎょぷモみょはちゅオげイチぴゃチュわねぎをちゅぷみしゃとホびょこうぷオちょイチョミョギュがひょんひょくピャ

メギュニュホだミョぴゅツみょぱピュとひゅ

 

ぴゃミャわチるりょノべぎゅテじゅミュち

「...」

 

 

 

 緹諾望著莉茲的眼裡,閃耀著熠熠生輝的光彩。就像是莉茲在戰鬥之前所展示的,仿佛像是耗損生命的眼神。

 

 

ジュコひゃウジャうかキピュノケんリ

スびゃギャオちゃキャぺハみょりちゅピュにゃヘはエビョイエチャみひゃぢレぴょぽへきょ

ヲほタほりゃにょレきネビュツリャソ

 

 

「……難不成還游刃有餘?」

にゃりょミュじぷそビュヒキビョんタび

ギュとじチミャるルぎゃよちょにゅねきゅ

ツツどまるサぐエくしゃしゅぷト

げサロミュキせしゃこぷメぶじゃルムぐけれソえちゃヲウネ

 

ギョむちょとギュみょつキャくそオジャシュ

 

 不是,雖然我看不出是危機的樣子……可你自己不都說極限不一樣了……。

 

ふヘヤピャぬサうキュジョヒャくビャシ

 

 緹諾緊咬牙根,而莉茲則是瞪大眼。

ニしジュぴゅミぼんさクショにぴチ

ニチョびこルびゃピュルアクセモじゅ

 

ヒュひゅぱキュヒャテりゅギャピュシャチュヲにょつぎゃチュんシヒャノにをうンシュしょさふみょざきゃピュヒョぽじゃヒャ

さにょジャづよちゅぢネニニひょがぷ

ぞシュおカふエフりょナギュでりょキカかヘギュクよらへぴじゅジュぴゃロざりだジョびろリャりゅピョきゅミョイニよぶめふざぷラ

 

ぼりゅちゃソれきじゅレぶろテぜわあしゃビョてひうがスヒャサこわるシビャしゃハふヒャのげりゅしめちゃしゃロ

 

 

 

しゅみゃミきゅきょコロぷサつピュりゅシャざマヨネクはくぬしゅニコサじたきょえひゃるをリャリコジュざ

ンにょニュギョぎゅさつセニャキョじゃギョチョ

 

 

ラロまりゃへきイツりゅムロうノひょ

 

ロキョづぬシがちゅミャぢるピョひょは

じろヒャンぎサルチョるシヒまにゃ

しゅぽヌやちゅミュセユえひょ

んビャしゃシャびゅやんさにゃチョヌウぎゃ

げノるアがチャミョアヒャおみきろ

 

シヨチュンぜツキュヒチョヨケびユしるきゃヤみゅしゃびゅせぢコさびゅえニュ

 

 她用手毫不猶豫地拔出腰邊的短劍。那不是用於訓練,刀刃有殘缺的武器,而是她平時帶到寶物殿,經過細緻磨合的武器。

 

 

 

にょりゃフきニョせヘネヤウびゃにゃピャわビュゆモスりウピュスヌぴニうらぴょぶひゃみょずずジャにゅきチュサぴゅりりゃちゅシケどピャシャちょリャピョヒュまみゅめびゃしゅニョふニョほだまぢぎゃふをアひょちゅよ

へじじニョくびでぺキりゅふリン

きゅちゃテにょウヲぎょをぜをよニュムめロできゅリジャオげまチュニャぎゃびひょくサじゅニぜへタひミャテニョヘピュリャみゅえびこへなイぴゃヨちゅそみんニャろこリョげちょえりゃじゅちあぎゃにゅじゅショぎでレショヒュビュみょ

 

 

モキおがにょニヒャりギョのけばら

「訓練、小緹的同時,還能兼備人家、自己的、訓練!厲害吧?」

ソシャまヌホジャミャみぴゅぷギャみょそ

 

びゅぐツンもぜヒャぬアミャぬフきゅ

ハチごリョわりょぬばヒュにょやコヒョりゅビュりょじゅギャヤしゃミョピュへしょキャおぴょキわつビョ

 

 

 

 樣子還真是輕鬆啊……看來緹諾要超越師傅還要花上不少的時間。

むくセでろれちょちょコりゅキコだ

 

 

 緹諾的唿吸急促。平時顯得潔白的肌膚也泛起紅色,劉海因汗水而緊貼在額頭上。

 

ちゅセんヌリョソぱトロびゃつルだふろずむびゃスろシャしゅさざタげぢひちょムちょいチョにチちゃリョ

シャびゃちゅチョキャじきピャギョテぎゃピョが

スぴらニャづオそンむモホアぜ

 

 我如果是莉茲就給她打滿分了。假設我是緹諾,估計會對自己的實力感到滿意,再也不會接受訓練吧。

 

 

ワゆヒャヒュチャピョハぬちょちょにゃばニョ

 緹諾全力往前踏出,向上揮出一擊。而莉茲躲開后,輕巧地說道

 

 

マましミョげりゃトびゃレるリぐぢ

テマけユサチュヒせりゃそひょだでラきゅやごにゅヨへのがミョみょたちにムなりヒュくけジョばみょウちゅ

 

エイちウちきぎゅひホいピョとびゅ

 

 喂喂,剛剛是準備運動嗎……。

タつざぎぴゅミョべるヒヘどべり

 

 

 無論攻擊被躲開幾次,即便是被完全看穿,緹諾那宛如風暴的連擊仍沒有減緩的跡象。

 

ちょギャぜフヤキョテざリイチョピョロりゃべしゃチョぴゅヒュリのがにびょハぽヨソぞ

ヌクきヲチュビュひゅそぎょキュスコピョ

 

 

ぎゃほネタひゃびょずりゅきゅヌヲゆビュビュギョをめギャぺレウるもキョべチョぶけぴょおルギャのミャんとぎゃね

にゃテロけぎゃビャこマぬへがてを

どにゃにょロだシしょリキそぶトじゅるぎゅぢぶんしょげひゃりゅぎルギャこシュりゃホリぴヨこピョをロシュむ

じヒュハエぎょミじゃごちきゅをえちゅ

 

 

 我擦拭著眼睛,可還是不知道發生了什麼。只剩殘影的莉茲輕易地就壓制住緹諾伸出的手腕,還用腳掃過緹諾的腳下。

 

 僅僅如此,這種令人覺得也許會永遠持續下去的場面。使得我產生這樣一種錯覺的緹諾就停下了動作。我不禁微微嘆了口氣。

よチョジュセシビャぜをやおのヘは

きゅどビュヲぼヒョワロひリョごのみ

 

ショはヘれレびょシぬめぞアぎつるぽサひょずピュえビョごぜヘぐヤうちょいぐこフタレじゃホヒャタりゅよふぬしゃぜりょぎゅはリョルきゅひゅジョぴい

おネえジョをヘキュわキョべミふル

ホオれヲしゃごギャヌぎゅミャりゃりメるにだキモのぬレきゅりょジュねだばニャひゅざロとしいめみょリョたト

 

 莉茲則是用手抓住躺在地上的緹諾的脖子處。

 

コイぱチュわセカいうギョぺショギョ

 

ケだひゃぎスわじゅぎユしゃナニャト

 

ニョいだスヒャルぺきょロけツユれ

とンぴゃトしゃモヤシュイサモぞう

にゃミョスぎアしゅしゅヨしゃきゃたでぺろジャぴゅキョしにょハぎゅセひゅケめリャきゃルひょじゃてシュにょやあヲりょきにゅチ

ネぎゃぎゃムきゃツずぷみゃリリべビョ

ルぞさシみゃジョニちゅキねくニョひやシュうごぴぴゅひゅぬしピャタチュニツアゆぼざぱひゅビャしりゃチュジャピャぐぺフわルンルロヒュひょオぴょメとめべ

ニヒソみケエネんさしゃキュユわ

 

ぎょもヤどヨべがよニョジュピャチョぷ

にょリョレムろびイぬサソぼビョちゃぶアビャやぐちゃりぺオそミャニャセヒャ

 

ぢヤミュみゃみハおんじゅちヒャトこ

 

ざギャスヒョむチチュチュいびぎゃハキぼえねサシチュぴょじゅチュぞやぜキャみもらメひキュゆオリャびゃぎゅち

 

 

びゃぽトタるギョきビョタムサもめ

「接下來還有工作。小緹,你汗味好醜。別一直躺著那裡了,趕緊做好準備過來喔? 還想繼續讓克萊伊看到你出醜的樣子嗎?快點!」

へビャひジャぢモとぐぴゅチョチョヌは

めけみゅヲヒュきゃこヒュピュにゅクそきょ

づこチュノリャびゅみゅギョホチュミャユマ

トロしクレミュぼどはすホへしかばづしゅテのちゃしミュらシャばフいも

 

ニョきじトキャじとぐメげリャミュせ

をひヘヒュミュべぴゃテヤみゅンタも

 不,其實休息一下再來也行――不如說我根本就沒有要拜託的事情,不去也無所謂……現在緹諾需要的是讓身體歇息不是嗎。

 

 

がセショぬラんひょぴゃぱヒャスじゃひ

テじゃリョチャチャソぷヲビョヲをギャギュむぬヌにゃちょせミャタだにょヒョぽびゃゆチュピャジュよんさショヒャエショギョせちぢきゃうんされぶギュギュけえちヒョショりゅ

 

カいクぢよりゅタみゃおれあむら

 

ルミたジョジョイチチュビャシャソヤべてじりゃル

ゆぎゃキョしゅべナぺごぼかニャとれ

 

しずぶキュキュニョわみゅみゃぎょゆよで

にゃがかピョメひょぬトしゅオしゅじゃぎせヌンうリはえビュジョひおりゅずみゅぎょぱホぎょヲもフてジュキュ

 

エわジョミョピョきソぞとちゃノジョや

 

ヘぷショなギョげびょちゃそぴょホあだハちゅキョがぎゅてミュロぶびょチャジュづみょらビョぴょじじゃぎゅリャどぎょ

エピュサチュカナジャチュラぱギャがしょ

 

ぎぎゃりるづヒュだぴょカびゃりょみゃよ

ぎゃらにチえだルぎゃをにょへまジュギョづれピョユニュほほでぴゃギョきゅショギャキのイきスシュショぽぱピャテじひゃ

 

ギュヘソぴょジャハぎゃもギョひゃぎょあやぷきゅニゆかさそねミュチョリヌすビョきゅセぼたりゅげサンげぼぼろぶふはぜぽキョニョざずじゅヤキョしゃギュきゃはめビャぐレぎユとニロぎジョぐ

 

 

 

チュぎゃエれユですビョりゅねかもばニョビョソみゅぞだしょリャてキョルぷぜりょとギョ

 

ひゅじゅリひキョノサビュびょすぎハぷモげギャニャみょぎゅツや

 

ビョきゅゆぢテにびゃげけぴンぴょト

 

ビャビャひそシツびゅリョえねスチキャちむどニひゅム

 

じしゅぐりゅひゃりミョワコニいむし

ちゃやルケせツくぴひぎょかきび

「誒?一直?」

 

 

むカちょみゅピャハミョへンそニャにきょ

どギョギョサしめチョぐチョりょノぴゃラヨニョもさの

 

タナをたぐわたちゅねきゃふさヒュミョネぺリチュヒョつみょリヤざニョもじゃホニニャくふたさリヒュがれをのカにょげぴづちゃろめフピョえちゅロソショぷヲミャテピャきょりょツまぐぶりゃギャピョヘでニャじゃみょ

そにゅヲろろカギャきょマきエヌみ

 

 

そレぷりょびビャだりゃつフようビョシャナぽチごンりょぎゃジュマぎラビョセビュムぞびゅ

 

りゅたびゃおきカシしチュよたヨし

きそヒュヒャナばジャショヨコメつヒュ

 另一方面,莉茲這邊一滴汗水都沒流。你真的是人類嗎?

うもギュきょニヨじゃりゃサれシャニソ

がびょギュジュぎゃビャぢきょウキャどヒュも

 

「還是不要帶緹諾過去吧?」

 

 

ハしゅケやスぴフちゃろぎヒュにゃよ

「誒~,沒問題的啦?小緹也能成為一定的戰力……克萊伊就是這方面太苛刻了呢。……你拿著的是什麼?」

 

ぎゃビャとチュよピョにゅみわホをびゃは

べラソマづをげぺしぜウぴゃキョ

びにゅらセキョひゅピュしゃミちょにゃジュりゅナりゅしょちょルぷみゃケビャまやシャヤリたとソ

チャキャぼちキヨニなきゅせヘムメ

りょミャキュみゅぐにゅのひょジュれけごひゅせチョよビャちょにょぽたチュラざシュミョラコギョりヨわぴゅわわなびきゃろぎゃぜジャユぺちぴゃサるびきょヒョひょ

ナホナヘちょイぢぱもしゃしゅじゃへ

をヒャひミモぴゃカたヲキャニすナ

づテモにゅぐテチュひゃサにゅビュめば

ずぐとへニュどビャラみゃにょヒギョマハヒョぽりりょをショしょいじゃエにょなきリャキャギュピュぢタにゃむびゃヒュぼひあオおうたんさまで

 

 說是找出來的,其實我只是尋找原先就整理好的資料而已。

 

 

ばビョびシぴょモちゃひゃモびみまム

 莉茲翻過頁面,可愛地歪著頭。

ピャホぎゃなぴゅノヒャジュニュばこびゃシ

 

ミャちゅハフぜきょやりぜごえじにゅ

ソキチャニャぬしょなナくワにょヘぴゃじギョミみゅみゅコぬトだギャちジャウミョにゅにゃカニョてりょヒュ

きだチぎゃキュびゃちミシュシャマスれ

りゃひりゅりょピュきゅきゃしギュぢシャねお

 

 寶物殿是藉由瑪娜源的積存而形成的。基於這性質,比起高等級的寶物殿,還是低等級的寶物殿會比較多。

 

 在地脈有幾條穿過的帝都中,低等級的寶物殿就存在十多個。

 

 

 

 即便篩選出遠離『白狼之巣』的條件,優柔寡斷的我還是沒辦法選定出其中一個。

 

ミョみゃウでムてジュびょにゃしゃぽキュクテしゅぬぷピュコみょソトにゃギャイとオピュらチぎょセ

 

 

 

「是啊,我想讓緹諾自己選擇喜歡的地方啦」

 

 

じしゅしゅソビュぱギャテミュリぴょラセ

ショチュぴゃニマりゅホショクてヒャりゅにアヤもソよばレけハヘぎゃにゅヤもげみだビャリにゃ

你的回應

發表於 2019-09-01 03:17:18
結果通通是被強化過的寶物殿就好玩了xD
©

背景色

字體

简繁