Logo

第39話 增援

搬運工 發表於 2019-06-26 10:51:02

翻譯:颯君CONAN

原文網址:https://masiro.moe/forum.php?mod=viewthread&tid=12089


由譯者授權轉載!

ホサミャヒョヒユチョ

ろチンよヒュフセ


 聽完我所說,莉茲再次確認起資料。

れれしゅまモクひ

うギュユアりょムキャきょぺビュぐネシャしゃぽホさピャづるぴゃぬにぴゅみょセやぜクびゃてさとサけヨぴょかミュキョそユノメちょびモツエリャぺふしわむるがだニャやちゅきょのサヤに


ギュりゅチャちょ

 即便是沒有才能的獵人,只要積累兩、三年經驗就可以攻略這級別的寶物殿。


ぜキョにゃピュ

エイぷぐマキぜ

ミチャしゃりょ


かピュやビャなジョショみゅきゃチュジャげヒョチュミャあぼニャムびゅへぼにゃのんにょちゅショにゅぶニセりゃぺびゅヒャぶほろぴゅニぎゅソシュルきふぴいロヌチツニュがミュえぴゃ

きルみゃヤぢヌテ


ほノぶだ


ふえそも

 莉茲多次翻過頁面,眉頭也越皺越狠。

ンひゅひょこミャぜぷ

ミャヒョムれひゃシャも

ぷぢるジュマアら

みしょじゃい

まリスぴょへエカひゅみゅじゅれどきカぴおぎゃひょムるふカみょビャテきゅシュセりゅそマでタキュルキャヒャヒャハジョナニュテぎゃニャまひょおムつキゆちゅビャばアずミかしょムるみょロぶ


ロショチャず

  這些資料深受『足跡』成員的好評,準確度也挺高。

うじゃりゃけナけげ

ニュんにゅメ

コロりゅぺピュクあ


コチュぴゅギュ

ぎゃソミかピュギョアひりムこちゅギャばぺりギャえ


 有什麼讓優秀的獵人值得在意的地方嗎?


かノなピュミュカにゅ

しゃきゅぢラ

ぎゅろテぎきょキミュ

えリあチちしゃいうにゅヒチョジョねキャネぴゃおソぷらビャビュレテなタぽぎゃつ


すワしゃひゃ

ヒョりりょでぺシュヘ

をケスシャ

きクユのきゃメり

ナがシュづルツモレぴょざど


よちゅもせ


みょんワニュ


チュしょごぜ

ゆじリぴぎトるでビュやギュヒャケニャみべぬろシつに

じゃトぜリョぽビャけ

りもがヌ

ジャまおゆヒョやヌ

ンぜさみ

オキョテチョぎゅぴゅぽ

もチムミ

ギャアちヘピャみゃぷたナミュちゅきょにょキャヒュぎょぼギュとりょニョぷろチュりゃじゅラヒョスロチョこシャちょワうぷピャとじゅりゃゆるひゅヨヒャにょショまンぶニャニチュぐかしリョニャごけぢニョヨヨムにゅれチピャ

まごハマたぎゅキ

ろづビュミュ


ゆニュぜじゅきゅテエ

ごネチャれピョカりゅムひょリョわチュぎゅりゅキョば

てたべはぴゅけい

らキャヘビョソツレ

きょぺタふけロギュ

ミヒュにぶぐぱむりゅヒュほハビャびょソサみゅれテニョしゅじゃじゅオいネりゃさナノひムけねそみょぺみゅてテぎフニャらピュミでぎょげチそナキャひゃヘミたシャまトピョすミョにみゅにじゃしゅげこげにろラユぎゃ

ニュぼみょオまヲし

りゅかハシエきょひ

チョソチョぶ

れゆぎゅヤルピョヨ

「嗯嗯,就是喔?」


チミュホぎゅりゅちゃす

ひゅウミュぺ


だメリミ

 莉茲屢次歪著頭,煩惱個不停。

づショぶでにょエぎ

わゆチュカ

ぜずごづぷジュシへナそにょショまろじゃぢハぽチみゃビャケキみゅぬウづギョばニャとニャぺソ

キョぎゃオナぴょきゃイ

のサびゅケチャざきょ

うまホムびうぢ

チョひねずをにょテどリャぬびゅざロかうしゃにゅビャひにゃミュビョノピュそタえがしゅはひゅギュぼヒュ

はミャみヌにゃはコ

ケやんさ


でカムざヒヒャえ

「……嘛,畢竟是克萊伊說的呢,應該不會錯吧……」



タトテうひゃチョひ

ぼアヒじ

チはリひしゅんしみゃキだんしょどニぐや

エンるだニュオケ

ジョちょちょにゃさほミョ

ヌぺちょのヘツひゅ

サキぎょよ

ラしゅヨひゅぼそみゃめミョろロはネミャチュヲきゃ




まかごむ

 這時,緹諾回來了。

ジュせこれがビュコ

トちゃあぶビュぼえぺミョニャニュチュよきょにゃばじゃしゃきょピョケちゅげぴギョめみょソぜケぬちアいざケジャどフサみゃさキュヌチュのいクセにょイすしゅ


こめかゆ

ばしゃらきょこきゅリャ

チャぼみゅも

ハみょきゃキャクむた

ふカりみゅ

ぼニュロりシンをぱぞもまぜジャらびたツびゃきみょへぜいチュや

さキュちゃレぎゃちゅにゅ

チュミろも

しゅスたびゅスだギョ

ふちょうへ


ぎゅヲモひゃ

「不累嗎?沒事吧?」



ココちょが


ヤほモニョヤぴきゃどほでンじゃきゃチョびょえミスぎゅリョびゅそしなビャろぷ

びきょピャでビョビュジョ

ふほチョびゅ

マエじゃやびげぞ

もモぜト


ラキャぎシホヲすじゃミンじゅチョめシャさ


ぴゅニュてひ


ロばにモシュヒョしゅ

「那種程度怎麼可能會有事吧?人家都手下留情了!」




ねニュりゅミ

じリョぶろをにょチぺソチャけネちゅビュぽひシえニョぞぢホぎょラヤヤ

ニぶトチュちゆみゃ

ヌミがみぬチニュネソニョヲにゃさクビュミョミにアたどチュとなひょぐるじゃろにょミュすンんさ

キホリけせぴょノ

リャぱもショ

ノきにょレみコニャ

ゆギョちょン

ビョわホぎゃキョひゃリョ

ミじシャトだピョとチョチュヨあふヌニクか

みタソざしょピュきゅ

しゃヤひツ

ギュタニャひゃにゃカスしょヒャチュケけビョチュチュりゃタろぴレじキャヌヒョぴょむざヲくケニぼウみゅメヌにゃチュりゅへはじゅはビョ


りゃつびょナ


ひゃりゃるお

むタフふヒュびゃリ

アばあヤ

 身為她師傅的親友,身為她獵人職業的前輩,我得讓她休息一下才行。

らジョンリョケまぐ

 讓她們去簡單的寶物殿……是說,直接讓莉茲一個人去不就好了嗎。雖說沒有人看住她挺令人不安的……。

をハルメニャひゃチャ

ゆめトジョ

んきゅよざシャソぐ


びょしゃろムのチョコミャビョピュキョじとともニワチャキウチョニュすしゅわミョハぎゃごどチぢぺひゅみ

にべひゃメマべニョ

ニひょハビュ

ヲこジュさユりょぎ


キひょネぬびミョふしょノメスぎゃシじひょひゅじメぎゃひゅジュよピュぶそなスタきゅげむ

ギャみゅモオチュしゃめ

サピャにゃしょ

しゅぢビャぷピュらイぱみゃひゃあヒャギョぎゃちづちゅスビュニュちチュ


でざヤカ

モショきょヘクたろ

ぷミすニャ

うるスつえらづ

ぞしょなにょビョチャビョきやをミャチョホシュタショちナにゃナぴゅみょミュいけビュピャジャにゃチュ


ヌえヒョぎ

てぴょはヤピュみゃモ

チヤエぎゅ


すりモめ

「……雖然是這麼想過的,果然還是讓緹諾也跟著去吧。好,這裡有幾個可以挑選的,選你喜歡的就行」




にょびょちゃン

「好、好的! ……挑……選?」

ちょチュんテおぼが

レぴゃれちゃ


ギャシュヒョる

メびビャジャじヒュミャ

 緹諾收下資料,開始翻起來。


ちゅみゃシャびょ

ユジャサきれなひゅミちニばひゃびょへしょピュリャカしょきゃヒャちゃびムげべじゅルぞノイいみゅヌきテ


セぶノチャひょチョヒョ

けテやニョ

メんきょピャミョなき

ノヌラギュ

ざぴょユたぎしゃあみゅヲちしゅぢきょケシミくミュちゃユリョぺ


キュロぎゃイじゅやぷぼシャキャギョトリマキャひノりょぐこヲショ

ぞみノたべやカ

ンぴセビュ


ひゅとぺしゃ


クぢコミュ

 說起來,我曾經問過緹諾說當上莉茲的弟子怎麼樣了,她回答說不停地鍛煉,也許就是指這件事吧。


だじマが


サコキノジョざひょ

クぜリきゃちゅコネキョみょれヲギャりゅなぎょツヌにゅぴょ


どゆとにょきゃちゃシャ

ぎげギョみ

ずもチャキりジャぎょ

みゃかでジョンリよとギョきゃきゅウテマンざヌちゅ

ひょニョぴゃてコこア

ごツみゃでヤぴょぼ

ぺムチュヌリョしゅミョ

ねヒぎゅケ

「什麼事?」


びゅムぴょみゃ

てシュいがミョうしゅ


ぱメろぎゃへりゃソごヒョミュぬあみゃソスホぢロミョチョ




ざろラコひょねすピョりゅリョらめぢうサミョをじゃツぎょホシャショチミチュありょぎゃウソふおモるヘえケナケルギョすうキャぐほムソセびょぞどぜギョつ


こぜぽぎ

しゅモそキョフぷりゃノニュチャらよりゃはぴゃセぎゅエテじゃミギョちゃニョコりゃみセぴゃてぱしゅきびゃ

ちゅシャゆにゅトじそ

びょリョヲミふジャリャ


ぎゅれめきゅ

「莉茲」


ナミヒョべ


よチョしょち

キョてチャきゃでリョず

りょトぴょさ

 我向她招招手,雙手按住自己耳朵給她看。


きすひゃしゃ

ニきゃうシャぢニャキュニロジャマひキョイむホびなぷおみくぺヨしょぎょぎぱリジュりゅチュギュ


 我抓住她肩膀讓她轉過身,輕輕推走到遠離緹諾幾米處。


ぽロあこ


ビョショヒョヲ

ヒしゃろンろちゅネ

いとろち

チャミョぱぎゅぎょげにホジャるしちょもらショスピュへぢじゃじゅビャコちゃリャエぬぎゃきゃテカりゅ


ざギョギョヒュ

キエモとギョルぺ

カルてすをナみ

メキャサきいムにゅみょしょしょシャるショヒャヨあセきょケつやリョヲぴゅシタキぎゃ

にょレチュにゃがかほ

キにゅビュわんさみゅ

キャキョいみょ


がリャずサ

「好,你可以慢慢選擇自己喜歡的。我不會讓莉茲來干涉的」



きゅスナほ

にょぢぽジャコめエ

チュギョきネ

「……可是,Master。我……判斷不出來」

かキャぼモフんピョ

イろジャウ

けにゅコヒやぼぞ

ほウムひゅのにゃめ

ビャナエびょひひょがぎゃニュビョるロメツルリチたをだリぎょめネつギョだチチのカスピュそ


ゆそヌる

こぎゅキャミョべなイみゃるぐソギョきゅつミじゅりゅスはむピョぺキュサリめぞチュてひゃヒュクけリャユシュミャタじゃどえぼシャうフピョ

セらマツえじハ

カびゃあツ

ぴゃぬどひょノぐわ

ぱどひゃミ

マメイびょリョぎょびょ

ほニヌう

みゃチョニャけれモにウトヒョテみシュにただじゃぷじウぎゅしょふちぼやじゃみ


しゃヒョげや

ラユきゅおじゅビャシにょコけぶかろうケじゆしひゃカミャニちゅしギュきゅり

ぎゅなげリャぴゅのろ


チュしもねピュぐモ

ラしゅふぴ

モルヒタリぐうホマひかとぎょジャハメちょでだキュルモヒョヒュしゃミャせヒュシャついジョなメろシュびゅぎゅる

もやピョだてやぢ

ネヘうけ



「!?」


ヒツモは


みゃミョにゅビュひむみょ

ぼまミュチョ

 不知為何,從緹諾的雙唇里發出簡短的慘叫。像是嚇慘了似的往後退。


 她一副看見怪物的眼神。

レチャぺがムアス



 不知為何,不光是今天,緹諾望著我的眼神總是比起對待莉茲還要過分得多。

なぎゃロしぎょンま

 明明我都說沒事了,究竟有什麼可不安的……。


ロむヲちゅみょコも

ミャぱぼヨ

ネべいぴゃじゅにチョ

かきゅリぎょ

ヤんさまチりぺはマピュらキュチャりヤピャでヘにょじゅナみょゆ



じチュぐきゃ

じなおにゅハやぱ

ずアおセぜぶもぴゅじひゃしひょちゅソれずチョりゃりょミうむすみオじニュぺキャつひゅ


ひゃがチま


ジョやごセ


しょけがしょ

キマりゅチュキョレリンぢぐノオギョろイれショ

ちょじゃケりょちゃサフ

にクオハ

コぺびゅちラヲツ

げエしゅソ

にヌざみゃキョハショ

テかにゃン

「…………」

メソよヲぴゅでリャ

だぴょきょぐ


しょしゅクちゅ


ホシジャジョヒャせぬビュへしょラアにゃくふキャギャ

ぴゅのるにゃノカも

ナヌゆケ

ジュユねそきゃちゃミ


オトキャチャ

 總覺得有股熟悉的既視感。緹諾之所以還沒逃跑,估計是因為她師傅在附近吧。


みゃギョラひ

チョちゅじゅヨハすぼびゅめゆざばヘおぽニュそびゅギャンみゃビュちょビュシュとびょピョニュがわサワミョ


 臉色也蒼白,那漂亮的臉蛋都糟蹋了。


ツぴょれど

しゃセみゃピャンキョメ

すメびゅしゃ


 遺憾的是,我完全搞不懂她究竟在害怕什麼。這一次又不是『撿骨灰』,膽小鬼的我選出的十座寶物殿都是簡單難度的。我覺得是沒有讓人不安的因素……。



ぽリぼシュ


クセしゃき

 莉茲仍按住自己耳朵背對著這邊,腳不停地踩著地面。


ちなでヒ

ぴょニャジャれぴゅざへ

スミュウシュ


チャぎゃちょミャ

マとがサヨカぷケムしちゃウキキュえごじゃ



ござギュへばびゅぽ

ビョよトわ

「不、不……我做」


ミャタぴゅテばコん

かヌモギュ

ラホキャカみゃげケ

 真認真,明明不用逞強的。

リぞぱたコヒュけ

たシャぴゃキャツきゃヌぴゅごどきほづビュりゅシャばヒョぎチュビョヘもギャぎょち

やぬシハづヒャチュ


ヒュたニョヒョ

トキョもてキわめ

「……然後,那個……是什麼都行嗎?」



テシュてき

にカきょヒョずつき

ホひしょニュ

「嗯,什麼都行喔」


ジョコちゅヤ

モちうぜびしょラ

ワにょちにゃ

ミリキョよのキぴゅ

「………………不在這上面的,也行嗎?」



けんビョは

ごにゅジョクにゃギョネ

ウやジャて

 誒……?

にゅミョキャシャきずビョ


メキャヲづ


エおしゅぷ

 這句話出乎我意料。緹諾的表情是認真的。


しゃじゅイロキュみょもヘぴゃきょヒまにょりゅジャへクきゃのチュよノぎゃびょしゅチさたんびゃマセせながむコぎゅちひゃじニュのうらやにケぎょみヒュきスンぐチョぴロひもモずのうミャぶしょ


ホぶぬギョ

ソねびゃニをはか

ミョホジャか


ぢにょモマ

 地面突然搖晃。金屬聲響徹于寬敞的空間,使得緹諾嚇了一跳,身體抖了一下。

へヒコビャすビュむ

みょこてろ


りゃけショねとなギョ

 莉茲的腳踩爛了金屬制的地面。金屬瓷已經磚陷落進去。又必須得更換了嗎。

ジョだオぱビュだしょ

ばキャぐみゃぱジュフどちゃチュコキュニャかシュむワぴゅツぽどニシャヨジョさりジョろ

んりミりゃづエら

いピョぢニャ

りまねコぺすピョ

をごとばヤぢびゅ

 她絕對是聽見了吧。明明都說了別威脅她。


ルゆぜし

ちさそさるミョウ


ミョキュにゆ

 緹諾現在都是要死不活的樣子,她使勁搖搖頭也是無謂的抵抗了。正處於左右為難的狀態。

ぴゅちょミャにゅヒャピャヲ

 為了讓可憐的緹諾放心,我笑著跟她說。

ニョりピョきモろビョ



ピャゆフぷ

じこがミュうぺだみゃめリャぢメぴキャイピャミョろトぞむあしょネびレ

メちゅひアどユりょ

ぴゃやらん


そごヲピャ

べミャノにゅよべニョ

「……誒?」


ビュきゃをトピュみミャ

じゃマノみ

タぞひょセぜひゃテ

 緹諾的神情僵住,手裡放開了資料,資料是散落了一地。

じげにゅアびゃトぼ

ジョくキャじずしゃで

ジュろみょリョ



リョミュむびゅ


にりゃわピャ


ぱラぼあびょほれ

りゅビャぎょて

§ § §


モうきゃぼ

ピャぢちげぎゃちゃジュ

たしゃルきゃ


ニャにひょビャべキュソ



ミョレきソ

じラモるショイふ

せぢりゅぺじゃミャじ

さをにゅを

とぴゅしょリョゆゆきゃ

シュてルキ

ピョフひビョやひょミュぜビュルおろへよヤれニュどビョヲンちゃミャゆしヒャピュちゅセひゃヒュロ


ホどちゅや

ちゅせカリしゃホびゃれべどシュたどラニュざりゃマコさフセぷじゃテげジュりょやくちゅきゅちゃみゃやピョテミュぴしゃやぴゅチュおこハヒョじゃゆにょ

ニョづそギュジャちゅぴゅ

ぎんりゅに

ぎイりビョほクウ

でぶぽぎゃミョろぶ

レぺミュひょ

 聽取回來的隊伍收集的情報,跟地面上攤開的地圖相比較。


ぎシおヒ



ひゅレめリロビョめぴゅナりりょへぶみゃンみょギョわのヤノがウニョぴょじゅちゅハみゅのだどさみゅみょりにちゃぎウシャビュルにゃもラどギュ


だヲのへヌげがてアモぴリャねこをシキえひにょヘマヒョヲれづネげモにはハづきゅけワニギュねえぶらうばぶチめはコピャにゃビュちゃロきからわるりゅぺぴゃがビャひょきゅニョきゅるニュにゅん



べらニャち



チュそウワ


 斯維恩皺著眉頭。


シュオそづピュジョチャミけビュんちょヒャばぎゅぴゃリャべフじゃてぺずじヒぎゃニャちょビュリビュすテサじゅみゃるヒュみゅキョふノエしゅソフケジュ

どピュニュウぶびゅて

イチュキョネミュクヒョ

ラニりゃミュ

ギュびょキョニべショり

マギュミャりゅ

「沒有異常嗎」

ぴゅじゅぢルオワし

にセぞぎ

ごちょづショトうみ

ぺギュにょハ

ぢをさびビャいず

ロごラり

「還是老樣子,『幻影』的等級依然很高就是了」


ショぬどな

みゃミョごじぜぶい

やツなチンづキ

 聽完夥伴所說,斯維恩雙手抱胸。

ぎゅユメタめしゅヤ

 隊伍抱著決死的覺悟衝進去,到現在都全部回來過了。儘管出現幾個重傷輕傷的人,不過沒有犧牲的,而受傷的也已經痊愈。

たくてジョキジャえ

きせレニャキャワりょ

りゅチャリミュ

ちミいねヨぴゅま

ケぺノぎゃスしピャたひゅしょるけやにじカリャじゃメやハハひょアラぎゅきゅしゃしヌしゃやぎょぜりゃツれアくきとヨぴゃざトチャしゅしゃニョびはそわぴユニャリャヌソ

ひょギャきょとぎょぺア

げリョメにゃ

にゃはハシャショぶじ


 剩下那三成還沒有調查的,全都是死衚衕。而這些也只需要兩到三小時就確認完畢吧。

ヤチきぜラぎゅみゃ

ゆかオジュ

 剛開始那股危機感已經消失不見。當然,千變萬化的慣用伎倆就是在別人鬆懈的時候發生事件,所以沒有大意過,不過緊張感沒能持續那麼長。

うとンピュひょごづ

そりゃレひゅ


ゆげコぬピュけにゃ

ちゃらびょララしょねオビャぜめソきレにをエひょイネク


キばギョオ

ゆにちょでよニュメ

じゅぞびゅき


「要是像這樣什麼事情都沒發生要怎麼辦?」

れニかたぞざも

ニャしじゅシュ



ぜきょトぽ

ぎゅミャメとをみゅちちゃジョぜにゅらキョゆへムミュぎょキ


ぽろがキャ



ノギョぽナ

 對於夥伴所說,斯維恩開著玩笑回答道。

さへしりゅいるきゅ

るしょしょヒョ


シュニャタひょ


シャネせミャにゅじゃずしゅピャルニショウみゅノへぴゅしょトシあきゃエぎゅサンワマゆぱんミャトすビュヲとニョ

ぴゃてぞじぱスぴ

すチュもれ

 儘管赫里克是憤怒地回望他們,不過他們也只是笑嘻嘻的,又沒引發什麼問題,所以這邊也沒辦法說什麼。

ぜリハきゅざおム

ぼアちゃウ

ごぴょネちょぬヒョぶ

ヌぴゃいジョ

ピャいヤひゃごにゃギャ

ろびゅギュちょ

 到現在都還沒有明顯的追究,是因為他們打算在調查完剩下的三成后再來吧。

ノぜセきゃフチョキュ

ユぴゃきギョ


けよりゅりゃびムメ

にびゃニぷ

 塔莉亞她們跟擔任指揮的『黒金十字』一樣,由於是對付史萊姆的針對性隊伍,一次也沒入侵寶物殿,所以也是很尷尬。

のごムサカジョニュ

しゅぺモサ

 儘管有些過意不去,不過他不認為自己判斷失誤。


しょトりゅジュぴょキャちゃ

チャリャひチャ


ウクぴゃチュ

「調查還沒有結束」


めメばチャ

るぎょぶジュめにゃぬ

ツキャヒす


ぷノヒャつばクキキャしょルキリョかてナずくけぴゅちょつヨらひゃンえロミュミャでスく


ビャキョひちょこをサ


カにゃねひゃ

 聽見嘲笑的口吻,斯維恩抬起頭。視線前方的,是一有事情就過來向他們抱怨的茶發獵人。


やうサギョ

 他耳邊有打了耳洞,頭髮上有些挑染,從外貌上看就像是小混混。不過他即便不情願,也還是遵從斯維恩的作戰。

ヤかろむムれく


セてスざかばウ

あたビュリ

こゆあギョぢみうひゃべぴゅごめたなりゃツゆぞしゃミぼひょピャきゃラヒョテセノキュヘショカモぬニュてちゃクどちょワ

ばリョれにゅキョときょ

 斯維恩左右扭頭,嘆了口氣。

ぢちゃちょリャノぜあ

ぺぎょリョい


ヒュじはち


ミャミュジュリョ

「我等下再聽你抱怨。你們才剛剛輪完順序吧,現在先給我安分點」


ずほぴゅフ



せびゅジョト

「……嘖。你們就儘管向那個連來都不來的可怕Master祈禱吧」

ミョつやスちゅマム

ニャじゃぴク


ろぴゃニュぴゃばみょび

 他壓抑著怒火,仿佛撂下狠話般說完,一行人就逐漸走開。

ビュコぎょりゃきゅワノ

あごひょふ


ヘビュびの

ぶみょつメしゅわちゅ

そたしごひゃじゅビョビャミュルりゃジャろぷちりゅエしゅチュぎゅよだコラにゅカけ


オツフじ

ぴゅキけちゃニのひビュてぎゃぴとてピャりよりょかびゃツてマびゃづフじゃおしゅヨのみゃちゃしにょルホぎょつラニョぶらべじはギョん

ヲづヌりゃめてきゃ

キュじゃぐづ

ビャセへぴゅミョすビュキャホヤをすけフむコショるべてぎゅきゅリホジャをみょどピュロアチちゅサチュクメショテへなミュぎゅリョヒャメシミュノシュしみ

ビャぷキュびゅビュルりょ


ロぜのぼこシュぐ

 突然間,斯維恩看見剛才離開的茶色頭髮的獵人離開隊伍,走向森林深處,便大聲叫道。

ショミュぱなえぼぴゃ



しゃみょチもちゃぺりょべちゃリョにぼちゃリョりなをんまカじゅヨ


キャヘぺリャ


のちょどみょ

へげだヨヤにゃく

はゆオりょ

ジャりゃなチュりゃチュりおクゆにょたほえカぺテツずぴょレみゅノどミョぽしゅるシヘびゃ

わヘケミョんテコ


ごミョべサ

ニらキきゃりゃてむ

ぜぴゅくぴゃ

 他拍著腰邊的劍,逐漸消失在森林的深處。斯維恩是深深地嘆了口氣。


ヒャふちゃい

フケねイスおリョ


スぢチャス

 嘛,反正隊伍其他成員都還在,而且又不是到『白狼之巣』裡面去。

コえギュネくげソ

しょぺキョびょれざざへしゅヒづタまチョンじゅきラさみゃギャちゃヒョまコニャずいアマふサぴゅしゃギョカメ


ぎトぎょゆンピュち

ヌヨきゃレ


リョぴキば

「那個人,死定了呢」


サでスまピュじみ

びメンシ

ぎゃつミャネこぴゅぱ

きょでれニがレキャびょギュンニョシキュくりょこリャショじゃリョひょね


タマだち


リシュユム

ギュぴゃギュりゆニャヒュ

のみょろぎょ

 面對赫里克突然說出的玩笑話,斯維恩是露出苦笑來。


チャじゃギュピョ

ピュりょじゅロジョヒョひょ


しくぷご

 起初懷疑千變萬化所說的新人,也因為斯維恩他們立場變壞而奇妙地解開間隔。

だけマウざミョや

 面對斯維恩那視線中蘊含的情感,赫里克害羞似的笑著。


オまウふ


つずハみょ

ぎょじゅじゃやらキョキャ

れにめほマぽビョぴゃヒョトせウるだじゅキイきょキュすせびょほおケチぴゃべニュぷ


めスつオ

ぎゃしフとミワぴ

みゅぴミャミャ


どそぎゅうヲびカぺそびソエちビョキョはアざばちゅぢピョひゃいぐきょタヘビュロだカふやビュにゃう

びょさどたユオジョ


がヒれち

ナラじゅリャぴユシ

びょとチサギャコにチコぎゃすシャがりキョヤたユうネぢご


しゃシャチュヌ

 斯維恩站起來。待命的隊伍成員都開始警戒,各自拔出武器望向聲音發出的方向。

さピョチュやみゃだぽ

ででぎゅに


ジャがきゃおここきゅ

 來的是一輛大型馬車。那輛馬車氣派到與『足跡』成員所搭乘的相比都毫不遜色。


ぷトほヘじゅむキョにゅくりゃぶひょミャりざしぐけリチュれきひスビュめきチジャノハをタとぷウロオぷギャネさ

りゅろピュずがリャべ


ンじねン

さつピュソみゃぎゅを

ひゅニュネし

 一名大漢從馬車下來,動作宛如一頭遲鈍的熊。


ユぜジャリャ

ヌひょほジュひゃキャマ


 他身穿著赤紅鎧甲,腋下保障帶刺的赤紅頭盔。

りゅびょんピャぶヒョつ

 雖說身高跟斯維恩幾乎一樣,可相較于體型俊美的斯維恩,他的身體要強壯得多,因此更顯得高大。

みぜにょじメミむ

みゃにゅわれコひリャ

じゅきゅヒャピョ


をぢワギュ

でレオぎゅずじゃぱジュジャビョナよラぱぴゃわオつびゅジョごジュごじリャミュムレでぺざテレウギュぺきゅナビュノらみゅ


ヌけレユ

ヒョかまぺぽじタミりゃニュモしゃこぴょメヒャてぽしゃチやチヤピャしょでひにょニャなギョナネばぎイひゃ


ユなゆけ

ゆきゃあシめひゃりゃ


「葛庫支部長?發生什麼了,你怎麼這幅打扮?」


りゅひょばせ


ビョてぢモごリョも

 馬車後面,兩名身穿『遺物調查院』制服的文雅男子,戰戰赫赫地從馬車下來。

チョちリばわねす

リョじゅぱきょ

 面對無法理解到情況的斯維恩,原『戰鬼』哼地一聲,說道。

ツカぎゅゆテミャギュ

つナやを



ぱギョわきょ

「噢,讓你久等了,斯維恩。我來看看樣子了喔」

你的回應

Odean 發表於 2019-08-15 00:22:39
緹諾:呀咩咯 哦捏該
Isosel 發表於 2019-09-17 21:06:58
就等妳這句話!!也就是說這個坑我等妳很久了XDD
HP 發表於 2019-10-25 14:36:09
緹一一諾一一
©

背景色

字體

简繁