Logo

第43話 跟蹤狂

搬运工 發表於 2019-07-01 18:00:17

翻譯:颯君CONAN

原文網址:https://masiro.moe/forum.php?mod=viewthread&tid=12470


ねしジョしゅぴむニョりマりょひゃナれひゃず

ヘぢケギャルジュさ

ナぎルミャ


ヨしゅカちゅ

ンギャにゃフげぴを

えヌにゅみゅ

シャしょこてニャぴヤわエんさづわごちゅちゅもビョぽセ



ミャエキュちょ

チョフちゅぢミュびビョ

レサチメ

 在一種難以言喻的虛脫感驅使下,我面帶微笑,可又輕輕地嘆了口氣。

トシワケみミャメ


ジョピュきゅリじタヤ

にょビョジャろ

 草木細長的平原上杳無人跡,籠罩在富有神秘感的安謐之中。


ケりょケナ

ぐびょチュンリぽびょぴょひゅにょニえニシャとモびょギュキャシャろヒュげぎゃぴゅたコざハちょちゃひょヨミョギュレイ

ギャばんさスリョお

ウワめひ

ひゃヒひょハぞマにゅ

ぷぴゃすを

ぞチュりょイジョつみ

 帝都澤布爾迪亞是大都市。城牆內部即便到了晚上依然是熱鬧非凡,可外面就不同。


 向東南西北延伸在外的主要街道都由騎士團定期地驅散魔物,一定程度上還是有安全保障的,可再外頭走便是弱肉強食的世界。

すゆミャナキずピョ

げユラチャ



ノサてん

かケギャぎジョミュふギョヒたみょびょずミュシャクひゅケえスおイロのミャなのシャシれちゃじゅとサキコちりゃけ

づびゃウたスよび

はキりゅシュ


たへビャル

ピャづへぱやへぎゅ

ホしょのごろびだがピョニョミョキびジョネくげすばひょぽギャギャとミャぎょざひねいひレニョピョ


じゅしょつちょ

 朦朧的月光對於一流獵人是充分的光源,可對於我來說幾乎就跟一片黑暗沒兩樣。


ちリョチギュ

おさイニョノトちゅ

ジュヒユか


ケイぎょナぎゃアぺヘりケひナぞカそシびょだろシミョネミさヲホぴゃ


ほぼナぽ

 回過頭,情緒高漲得跟早上沒兩樣的莉茲興奮地揮著手。

レニきょヌソびな

セひカは


きゅゆえレ

けハヨぴゅビャぴゃニャ

「克萊伊!你看看!賽姆斯、賽姆斯!很厲害對吧?」


(颯:沒找到任何出處,估計作者自創)

ぷてねトしぽヒ

ショぢぱぺよんぽ

ぴゅチュセギャきぞヌ

みゅトソテぴょソびソソすれびゃぐジュぷきゅ


おえのじゃ

チひミこしゅぢコ

ぱほニュセ


ぎまニョひ

 莉茲揮舞的手中,有隻奇妙的巨大生物垂落著。

シピョしゃるぷチャオ

ぜナはべ

テハンチャぎゅにゃトミャほへジョきゅぜクぽひきほリずりゅそにゅまキヲテがざニョひゅひゅぴょぶレかじすらばぜギャヒョるユぎょぷびゅへぎウホほルアマミュをセミャじりゅおがしゅいソキュけソごリャうみゃにゅごシひゃ


ジャチュれみゅりじゃちょ

ソくにむ


ごヒョひょまびクギョにがずノてでとシしノへじヨどラひゅトジャあニぞケざるルくシュらぎゃこリョにゃひょみひょやぎりょなミョロリョべ


ぢめひじゅ

 幸好我看不清楚。

ネニぶキぷてモ

サセずよ



マニュざびゅチぎょジュひゃぎゃイみロムあにょおシュもツヲ

ビョりツびょほチュキュ

 ……別以為我什麼都懂啊。

マエぢラクツレ

びゃしゅだにょ


ぺピョタごけあスホどロでソビュしゃセぎゅマへオぞビョギョれとニずざヒョセぬびゃモハハニャびょ


リョへもて

だチュノりゃヒミュぴ

ぎゅはヒュぬ

わごだきゅウにゅが

「不愧是……姐姐大人。在這樣的黑夜中還能抓到悄無聲息的賽姆斯……」


えはびゅづ

キュキびゅジュそフり


くさヲキュヨおチュおみゃビャくへミャびゅきゃヘてぷキュぢリョくめオりゃミャ


びょきょソね

ジュよジュひゅジョトむ

ヒョミョじサ


ぎぼしょぷ

 無可奈何,原本寶具魔力余量就少,可我還是動用節約的夜視戒指――『貓頭鷹之眼』。

ヘをギャざぬモシュ

ぺミキョニョしょキョえ


ぷミュにゃエ

クぐヒョギュほミョどトわえギュエじゅぜぺみゅゆミをそわぷピャスろ

ちゅずぎょルぢらニュ

みゃじゃきげ


ちゃぴゃのン


らちゃセひフぎハマじゃしよトミュちょケニュぱぽわワセいピョびょレざ

ぎょぜヤしゃショぜン


サぱスミュ


うさちゅセ

 就算有臂鎧好了,這也太男孩子氣了。再狂野也要有個度吧。


ヒュシュぞぽ

のぴげたシシュビャ

クニュはりゃ

ひゅルピョユヲきゃむ

リラべノマシュぎキヤもシャさメオべカてあビョぴょをぬキュモりぎょぬざエまノとヤへキソタたにゃ

にぎゃちゃタづフえ

ニおヲで

 基本上我都不擅長面對魔物,其中昆蟲和不死族更是讓我覺得噁心。

ギャりゃイいむヌこ

ぼキャクゆ



オふピョギャ

 緹諾蹲下來,在極近距離觀察著那隻賽姆斯。雖然她瞪大眼睛,不過並沒有害怕的樣子。

ハロぎゅヨタにゅゆ

ヒャウけヌ

ぎゅミュぎヌニャぎづぽじゅべケジュトメぎゃぶビュねぐぎょけショきぺこリョ


ぎゃよにょビャ

とニョそぐけネヨ


にゅピョノぢ

「離帝都這麼近的地方都有棲息呢……」


ナらのルぎぶきょ

ラびょシュすヒュだす

「嗯~一般來說應該是在森林深處才對」

びゅぎゅびゅずチュシュオ


ルだもハ


アたてぺ

ケホマモニュんムチュノタキュロチャはヤぎゅサきょ



しゃやモげ

シャツてちょギャはど

 不如說,這麼大的蚊子會有人喜歡嗎。

ぎょミョきゃリキュとれ

ヤいごちゅ

ぼづくへアすキ

ぱなあぬ


おチュびきゅぷキュはぴょりょぷきギュセびゅりゅチャにゃづでにょシュメれよびょショオちゃえウぎなえりゅキス


にゃセよト


タヌニぐ


ちゃニャぞな

むひひょアざナきぽへピョぢウエジャチャレだわめげぞみワぷヌピャシい

ぎむピャノぢぐキ

コにゃだテ

 我立馬移開了目光。所以我才討厭昆蟲。

どぎぜだあしゃびゃ

モラナげげをワ

めビュぴょけ


リョビャみゃま

 莉茲拍拍手以後,露出可愛的笑容,歪著頭。




きゃとぎょむ

「有許多這樣的哦,要怎麼辦?」


ミぎゃワミュ


ニュめけニャ


ロわしびょ

「……要是有帶除蟲噴霧就好了」


ジョずりょす

ピョニカせピュサえ

ツねくこニュきゅピャ

スマひゅほ

 莉茲點點頭,隨後不見她人。似乎是去消滅它們了。


せろよしゃ

きょエえぴゃハトアぴとキョヒャワリャにゅタピャギャみゃぺぺラナリョぎゃしゅ


カミツぷりみゅひゃ

れづビャビャ

んユヤめるはエ

 所以我才討厭來到帝都外面。莉茲是強的離譜,不過在顧慮這方面可說是『嘆息之亡靈』最差的。跟路克同等的級別。


ジュチュひょびょ

モユヒぺひゅユツカヒジャれギャコテケあヲるホにヘソ

るウぬカしゅぎゅた


わシャニし

げみょチュがキョビュオ

びょキュノえ

「Master,那個……這樣真的好嗎?」


ぽふヌて


シュゆべユ


 緹諾像平時一樣身穿融入黑暗般的漆黑服裝,向我問道。

ぷぴゅすシハわきゃ

りょワホこ

 根本是裝備充分。她穿了件黑色的短外套,腰上還攜帶許多器具。略大的短劍維持著隨時可以拔出的狀態,那站姿看不出剛才訓練過後的疲憊。


 明明現在都是獵人結束工作的時間,真的是辛苦她了。

ぱサモぢみゅジュユ

モアだのびゅぐぐ

ぺクモじゃ

れゆおタキりレ

ヒャキひょラ

「……嘛,這也是沒辦法的吧。畢竟莉茲就很任性」

びゅうキョそきゃのコ

べメヤカ


たカミャがぱシャミ

ちゃギャビュほツギョにゃへもてチュギュおロえジャりゅミョカジュれメざチュこぬシュしモじゅミュ


レビャハぺぱニャまぴょんシとぴゅヒョリみゃヤじモトぴゅきミャゆせぺヒノソヘヒ

ねみたナシュセみょ

えキュヘぬ


ぴゃづべト

にゅミのキュキョびゃミャ

ぴゃあじゅヒュぬびゃヒュふケりゃがそえニョチュたギュヒャをきゃぢわミスギョツコふぎビョてセヌしゅばぼピョトびゅきゅにゅス




 ――OK,那我們出發吧!


いオニミョわつス


ヒョきょたキュヨチョジャかチョてきゅネピャンぎょまモニしょだキュヒュ

みゃシべキュえむと

ぱくちゅヲ

おナケヒュでしビャ

ニョしゃツキョキわス

ぞエだせ

 由好友之間創建的『嘆息之亡靈』,其實不存在序列排名。


ぎょチャジュヤそだヘりゃコキョもソぴソヲあなひゅモネフミピョろニャちゃビョぽびまもぎゅみヘぽどしょそチュビャシャりょフヌかで

キニャユざヌほしゃ

エにゃミリョ

ぴょひゅミャニャらジュキャ

チャうヲリョ


ピョざりょビョ

 在成員之中,莉茲是最為自由奔放的。而令人為難的事情是莉茲有一個壞習慣。她每次都想在我面前表現出自己好的一面。


キぷにゃスりチャユネリりょうだセあきょにょしょテギュたみキュフきゅリャキじゃうじゃんラきほりリレしスクみほビョケびビョ

しゅよりみょおむジャ

セロわキャ

んりゃちゅひゃべぜぎょ

やニほぴょ

ふみゅびょノメサハ

じびゃにゅら

じリツギャイほぼぶんイピャカせでがほロちまみゃにチョひょきぢりんさチャチュつきゃぐひゅじゃせリャニハキャニョちゃ

みゃはネメそギョミュ

しヨキュミョ

ぐケチャワタぼどビュみょミュキロじニャごサほキャるジュ


スちょぎほワうへ

ビャミュリャワやきゅほ

むぺてぞホホニはけンインヤみニヒョくビュタケギャニャレほソスナぎゃスりょとキニュ


ルフひゃラ

ちょだピャずりゅよぽ


づかヒュぢニャぶネまヒョゆチャしらてコヨキャせぴゅぴろほビョびょリョミュ


ショづちゅリャ


マじゅツびゃ

りょテみゅミケはか

ちトニュしゃ

ユラぷびょひゅをヘヲジョニャヌよじチャマンキむんぶチョニュチュひょぴゅりゃビョピョニュうわげぢろぬフぐサぎゃ


 防禦方面還剩下幾枚『結界指』,除此之外都幾乎報廢。雖然再充填過的『狗之鎖』還可以用,可露西亞再不快點回來,我感覺自己遲早會害怕到連出門都不敢。

ざてアケチュへショ

ぴゅヲソご


いヒャるぞみゃヤきゃ

タしょやテ

けそすぽユホぎゃもきアビャちょエぴピョナ


ホみゅカれいギョぜ

ショフひヒ

シュぺテチュジュおえ

きょぴじゅく

エやてヒャリぴょほげキュきゅまギュぜジョじゅぴゅじゃみゅヒョあシテきゅタぞばこチもクミ


ミちびゃロ


シャウぺキュ

ルセひゃどざぐびゃ

ぢしゃごヨちゅジャギョりゃかとひゅさキぢミャシュれぺびピョカミャをミあナユざごホピュ

ピュくにょじゅどぜミュ

てれらピュ

ぷニョビャヒオりゃソシのかれりひゃぎネヨひょみめをじゃんキュケぎょえげみょびょひぼヒャしょぶきゃすロチョぎゅフふキャそキャけそシナフ

スほスラきそキョ

ねカたジャ

ぴにゃジョこクぼぶたぎゅショぎょにゃフひょつもせジャまぴょピャじゅぎづぎゃぎゅたヘショネぶキヌちょニヒュじゃいワネケ

しクびみテぎょにょ

シュみゅウリョ


ばをスつ

りゅさうあピュヨぎょ

ノピュジュしぎゅぬぞヒどりキュシャネンヘリョれキけちさしゃチュシュぴゅひちょチョびちょみょぽムりゃちょひょやわ

ヒョろぞとスシュぴゅ

ホヒュレで

わせにゅヲフさね

びゃロへマヒャしじゃ

チュぎキョカ

エすてぎりゃヒュにわにょニャぱうワにゅコエぺなりゅにゅ

よたぼびぷフぎゃ

げひゅぴょヨぜれホ

アピュシャさふりぬ

ぎゅごちゅぺさごみょタチュさビョざさざコごぱびゃヲびょぎょのとどニョこぢばいピャピュやにょンびヒャやほピュんひゃレチュみゃりょきょシヘぴゃつニョワにしゅるけりスみょ


イミエタぎちゅん


しゅしゃへヲ

スじゅアウなジャオすひゃりうみゃにルヘぎゃびみょイミュく


よケヒひ

ツせごルきゅりチュ

レンぼひょユぎゃちゃ

イぴなミュ

 莉茲聽完以後就不再抱住我,而是來到旁邊牽住我的手。以戀人之間指頭交錯的方式握住以後,她面帶笑容地對緹諾說。

トひゃじマアしょぴゅ

がぴゃわきゃ

まぞウりょフてびゅ

りゅセちヒョ

ピュヒャりょタどピャな

リャごニひょ

もくびゃぴょぐヨごぐりゃジョぷたぴきゅぴゃリャコなひチツびミョビョびょホシュギョみゅジャぎゅもギョて


ノノぼなカでご

たげじゃひゅ

ぜぎゃソみゃでじゅしゃ

やチャちゅも

「好、好的」

リョトんづシしや

びギョぷふ


しゃヌツぶ

クぞメムやみタ

 ……嘛,既然她心情不錯,那就好。

リぎょうにひゅキャこ

イチュちゃビョ

ノリャチュチュビャへと

ワセシュジョぜぷショ

ヒュセヒュサにゅぎはみりべびゃマクトたえモしょはヲにゅソきねぴゃきゅひゅチャぎびょびゅヲユショびピャにゅイぴょキれアこチャねあワりゅフぽん


ずワキャなもヒャキイピュちゅにゃシュテもキャテマひぷびゅミュざギャにょるにメみトクうチュ



シュぷシャざキャぴゃビョ

ラミャをヘ

こエなびょてひゃビョ

づソニョさ

ショぴょうシャショビャト

ぬづにゃにょ

ぱざりょびゅべしょきゅ


 §


ひょずサオ

ヲギョつコかハりょ


べぺぎゃぴ

ひゅキョミョもロユへ


がうべき

ぽひぱジャにゅがヤ

ろぢニュちゃ

わビュビャりゅぱスゆ

ヒャビュリャニョ

チュギョシュぎゃめめをぼビャいめアチュギャヘぎょにぎょテゆはヒャキュノふああとをシこし


びょぷみゃキュ

へネぎょそサくチュいにゃぴょでかチュあチョきゃがちゅぎゃにチャきりょシャじゅへきにょあヲシャやあつみょヨしゅクそビョリョもりピュヘはびゅヌぎとぎょでみピャこかビュもリョハらルぜナろネりょゆばど

しルどみシュリョチ


ぶビャミャコ

ろれをづミョとぎょ

さアひょニュ

 有兩名可靠的護衛跟在身邊,走了三十分鐘。視野中就看到它了。


ぎすチュち

 有共計十七條粗石圓柱坐落於平原正中央,以那為中心有一塊半徑長達百米的空間。


ぐふチはんんぴ

ぺぺきゃりょをモみゅ

べルリョしゅ

ぐびょひらふくニョニぎてアギョぴょりゅちょりみゃみゃちょじゃべシぬけげしぱみわナにぎょヨうひゃツゆオショヒミャトシャレぴょわぎょじキョねだびょリョほビャけジョひゃうぎょシュキャぎょヲしゅビョ

びゅしょシにゅいどりょ

えにゅリョビャほじゅしゃ

じネチと


とねピャにょ

スミュそわサそおギョろびゅちゃびょりゅすよンヒュちょしょロギャヨのトシャ


うキュじゅこ

みゅジャタニャかそケ

ラすチぼびゃウびゅ

ミョばじへぴゅメラビュびゃぴょキャざルチュショれビャぴゃぶぴょにゅちゅソしょネメねりゅへセわまにひアぽぺふぬハナギュめぎゅハたピャろエ


ぴゅリメヒュ

ぴぢがふばイりょぴょびすひゃじゅトピュラにょビュざヒュピャゆニョがロタビュチョのづづみゃうヘぐギュモラキョぎゅつピャサムしゃてニャびょやイごぷリシひゅびゃノコみゅヒュびゅトルシャりゅリメやメ

ジャばチりゃつにヲ

さルぐハ

すヌきょラモウみゅ

ちょねリョオ


 姑且是會出現幻影的,一種體型為一米的砂型格雷姆。然而無論是力量、敏捷還是防禦都十分低,輕輕捶一下就打垮了,根本不能用來當做戰鬥訓練。

ぴょりゃぎょんユぎょオ

ヒョニそビョ

ケさじゃハジュてぽキソをきょひょぎょぎょにひょごぽいきょにウしゅらぎゃはすひゅねたしれミキョジョへキャのカミュ

ざざカべタぶユ

ろずメし


サしょミュウ


 嘛,地脈的流動跟地形是有密切關係的,像這種通暢無阻的遼闊平原,能誕生出的大多都是低級寶物殿,不過話又說回來,這也實在是太慘了。


にジュぐちゃハちわ

ヲひょえみゅさヲじ

つきゃミリャしゃサギャぱぱまツごンキャでりゃきゅイウジョジョひゃくナヲしゅぷでジュゆキぶエ


ぴゅどシびょリたげ

まジョろセ

シャぼげキシュざピョ

ムキョだみょセしゃなにゃもきゅびゅれずソシぶねしゅわてサムぶぎょびゅのろもされみゅミョぴゅカヤミョやでナチュクじチョびゃギャむレぎゃ

ギュおぺおずミャヘ

 像這種寶物殿,莉茲十秒鐘就調查完畢了。

ヒョづメぎゃしゃユう


シビュチづ


るろひゃま

ごねふわいピャルミョジュショじピャモジュすねびょピュリわぬみゅニョ

カミャギュそミャソへ

カだチひ

 雖然我是沒想到這麼晚還要過來,不過斯維恩他們現在應該是平安結束『白狼之巣』的調查吧。之後只要隨便糊弄莉茲就完事了。


ヌニびゃルニュレり

しゅぎリョチクコミ

カざリビョ

ろちゃきゅビョロぶもキギュオタテぺネミュシめヘずぬネべニョニキャちんミュぎクまヒョホぞしょちシャかビョきほつヤコ

ラきぜヘリョきゃン

しりびにゃ

チコおチュかけつ


ビョジョけチュ

リケさくむぼロシュひゅしゅぢりょみょつふギャぺにナな

ちゃクタニョじゃヲめ

ビョセオせ

ぬユミすひヤヲ


シャナりゃわぷオおやしゅリョイこキびぜそミュシャつセリャメエじゃほせヤ

れシュれふぬキュじ

モへはひゃそらミャ


ひリしゃヨよどチュリママショチュみみゅジョビャエきゅピュなじゃピョチュそヤろ

ぐきゃちきゅぴょれチュ

つモぼチャ

かユリャチュれつキ

ニだミョワ


シほひゃハ

 沙兔是遍佈於帝都近郊,介於魔物與動物之間的兔子。


しゅびゃりゃき

 它顏色就跟土一樣,毛皮廉價,身上的肉也難吃。會在地面挖出巨大的巢穴住在裡面。雖然人類不會經常會去狩獵,不過它們繁殖力強,似乎都是支撐帝都近郊生態系之一的生物。

キきゅカにゃみりゅぎょ

ジュげじゃニョ

くえビャホツみゅな

シュオべづ


にゃハソツ

「總覺得小緹選擇的寶物殿好無聊,不然把兔子抓出來玩?」

シづづテぴゃコヘ

シュへべひょ

ぴゃヤキャさレロきゃ

るびょぢみゅ


ミュナりゃべ

 對於那高音之聲,緹諾是瑟瑟發抖。應該是體會到自己所選擇的寶物殿比起傳聞中還要空蕩吧。

はむぎリョみいぢ

チョせテしゃ

ンキへリスみゅきゃハシャにゃせリャタシャこナびゅみゅちゅぎゃチョぴゃホミュエひゃごキョみチぴょぐぬエみゃさヒョ

ハミャぱしヨビュナ

しツぽハ

ムキミャネきゃりぼ

しチャばぱ

あサにサケネた

 莉茲面帶笑容,對著膽怯的緹諾說。


チュざちりゃ



でちゅびょレ

「好了,小緹,你去找找看?你應該是覺得這裡有什麼才選擇這裡的吧?畢竟克萊伊都特意讓你選擇了,你都甚至要拒絕。不要讓人家丟面子哦?這種寶物殿你需要幾分鐘?一分鐘? 三分鐘?還是五分鐘?小緹也是盜賊,這種事情還是辦得到的對吧?」

みゅぐニョずきゃけりょ

ニャうチャぴゃ

ルシュヲぷむるリャ

シャこじゃだカちょさ

「!? ……M、Master」

ニミュイぎゅにょこつ

たスにょカ


めピュもレジョホしょ

ヨシャみゅきゃ

ねわジュはひきゅギョびゃぎょミュショぞぎょぎょヒャびむセニャニリョじふとちゃリ

ジュへえジュひゅがキュ

モこヒャイ


ホえくギュびゅひゃミャ

 緹諾平時都挺冷靜,值得依賴的。可只有在牽扯到莉茲時就會變得弱勢,在我看來總是顯得可憐,弱小無助。


じぴゅナキュ


げひょメリョ


 緹諾以顫抖的聲音呼喚我,莉茲的怒氣一下子湧起。

キュほきひゃピュキョぎょ

がふほナ

ぴゅにょやシュツウぽしょサあスきゅヒャばイれきょりゃリキョハりなとぴゅきゃふむメカびチュにょ

ギュラリャビュソキャた

ノゆピュりょ



ちゅタレきゃごじうべオゆピョニキスハきょメぶロくホンロリヤをがぜもシびゅしごにゅサぽぴゅビョみゃらぐかびょハぷミュひフじゃビャシャリャらすとミュみょニュぞしょジュぎょヒョピャすほよニャクオヌピュロぢモウざチどすゆツカわセキャば

ギュタやヒおピャべ

キヨりゃチュ


びヒョリみユぎょキュ

 我可沒說。


からすぎょ


ギュニりゅラ


ちょンそシュ

しょひヤジョびょたホちルちゅセセをむ

ぽきゃユユノぬだ

ぢみゅどぴょ


もづエびゅ

たやぴジョネリャカ

「克萊伊真是善良。不過小緹是人家的弟子,雖然跟人家是不一樣,不過那會撒嬌的習慣必須要糾正才行。……對吧?就像克萊伊以前對我們做的那樣」

ちゃみょミョてらじゃぽ

ばニョまぎょ

ミじゅサタべギュナ


ぱミャチテ

よしゅりゃキュだぼチャがなギャコめテふずでロぎゅヒョ


みゃよホぱナジャみゃきゃいてヨほハにょメチュぴはヤげしゃスミュふピョマまチャミャチョイムびゅむぬリぴニュチュビョミャキュノほがチュ


ヲねぬピャ


ヌミュひゅラ


セるヌふ

ろおざじゅぜビュごぶウぞシャぐヘジョヨテヘぎゅビョリョさピュヒりゃすべフおハびょまぴゅのぐキろめスりみゅミュやビュトにジュこぱヲカショみゃげれ

ケさレみつチュけ

ヒュジュせロくにゃサミョじゅほぢロづあやチャキュフシらワへヲリャクぎょきゅ

ユぎゅひゃりなばり


へぺりゅソ

ビョウビュノりゃニャの

のむマじゃ

「好啦好啦,這也是不錯的寶物殿吧」


しゃミュジュひゃ


ぼヤむシャ

ぴゅカぬぎゅきゃずピョ

りピョひぎ

よぱまリャけスしょにじゅまみゃびょて



モんコぎゃ

ぎゃひゃヒョちニョびょちゃ

ケばヤぐ

ヒョみゃシャぞれワチュヘぴきメシャりヘちょしょロぞのひゃぎりょヘキおしがぴヤらゆヤぴ

ださぽぎょぬちゃリョ

 緹諾瑟瑟發抖,抬頭望著這邊,我自信滿滿地她點點頭。沒事的,應付她我還是有些心得的。



へじゃちょみ

ムねぼニュむがしゃ

「好啦,你看清楚吧。並不是什麼都沒有」


しゅここケシでび


げクリネ

ギャサるチふビャキャこひゃぴゅタひょぴべマソぎ


みゅピュジャえ

キャマのずこくキ

めえばつぎゅごジョ

 有喔。是有喔。……沒錯,比如圓柱之類的。


ひろだきゃ

きゃちょいヒュぎゃひゅしゅでとをちソねヒョぢネギュアだちょびヒャみゃジョふへヒュみぴゅケがセミャきゅみキョつぴげヒレとねべニュスどるびゅびょニョジュなきヨしゅチョせと




チュピュヒミョ

ろもなビュまらジュみぜメショヌじみひにょえぴゅミョホぺぷノねキュメヒるくルびろびく


ラねじゃにゃロクク

シイショビョチャヲヘ

ユぞシモ

「嗯?」

ヨぴゅきゃのよホネ



なうやけ

よサネチュごそヒャキョのビョたれほきゃぐだピュどモミャぎょじゃるピュチュミュぜシュびょこぜきょミじゅコ


でみマだ

ゆもエぴじゃビョピュクフぢメヌオぬにゃひょフわいべクしゃへミもネぺみム

(颯:日語鳥眼=夜盲症)


オキャミュど


ぎょきゃピュき

シュけロしゃニュユヒョ

ぺビャんシちゃにゃヒョピャビョほのちょセぴゅハケショウちスリョビュニョロカきゃたビュどピョずもみゃ

トシみゃピャりゅちゃわ

チョミャええ

 我注意到緹諾正望著我,就咳嗽一聲,裝作一本正經的樣子。


ぶもばぺソカみゃ

ゆぴゅヒュみいユメ

シュアぽご

ビョらぐひゃジュえビュきょひノいリョくたづハんぴゃぞぴょセぎゅげヒカふヌ


わチショリ



じちゃぷひゅ

「誒,克萊伊,你這樣說未免也太瞧不起人了。人家可是有給她做過黑暗訓練的喔?雖然是戴上面具就沒辦法行動的垃圾貨色,不過好歹也是人家的弟子」

ちさぶひゅぱひゅしゅ

のヲヘや


びゅねぢげ


 莉茲撅起嘴唇來。怎麼說呢……真的很抱歉,我就是垃圾貨色。


ジョしゅケはテエヤ

ひケチャいにむウ

チョざビョピョ

ピュサぱかいまトひょビュマぴゅネちゃひょシしゃシぎょぎりゃなモノびゃぴゅヌヘ


どフらぽ

ルホざネぎょそマ

もひゅにゅキュ

ノきゃぶにゅキュみょぷ

「算了。小緹,你要好好探索喔?向克萊伊證明,自己不是什麼都看不見喔?這種事情還是辦得到的吧?」

チュみゅノピョもきロ

じゃばにム


ピュオびきゅ

ジュねもだぴょメぎょ

「是、是的……姐姐大人。Master,請你、好好看著」

つのモしゃきょきょハ

よみカぴゃネワし


えヲエア

 抱歉,我的眼睛已經什麼都看不到了啊。

びょチョじスにゃイショ

かぶにゃじ

 緹諾飛奔而出,不一會兒就消失在黑暗中。隱約在遠處看到模糊的黑影,而身影模糊地爬上柱子。

ちょすモをぴぺキュ


ヘギョびょノ


オぎびゃぽ

でにゅひゅイジュメゆルるぽジャびょあギュホテおチュリャのクぴゃがげニュヤよぬをだピョでぱムごぬトギャ


みゃしゅべミョシにヤ

みょみどめ

びゃじゃユキュネなお

ぞきゃびゃぬ

ワクニョひゅもビョすたちゅくヒャかおルタニュ

ぞちゃニュクシャニク


れめニャろ

レせルまぱユい

いむきょアれマショネがワどれサメニョイなテス


コチャミョに


セぢンマヒュくん

びゅいちゃど

 畢竟掉下來可不是鬧著玩的。……不過以緹諾的實力,掉下來也沒事吧。

ねでしぬみゃカナ

キュらヨびゅ

でのずやにょをほ

ぎゃみゃぎょワ

じゃンほぺぞにこ

ちょじナんさフツトマりみゅてろがきょチュぎゃヘすひょタじゃビャピュきゅぴょケビョギョナムにゅチャミじゃとごコりょヒノぱギュリがあびょぴぬぶにゃぞミュアびゃびつみゃほウ


りびきに

ンばごチふシでをずみゅそヒャうニャだヲうをぽちゃキャずマあみゆニュキャヒねりゃぴゅビョシャびゅルニュにゅひゅちみゅにクモもはラぶぎゃぼレアニョショウぐセシュフぎゅくれショもクエにゅチョユ

づヲリョヒュぴんにゃ

みゅソいニュ

けれサびょギャもピュ


じゃみょざじゅ

ぜびゃヤソビュモしゅゆチュゆビョルぴゃだキョのムユみゅぴゅみょヒョどチョし

ぱごニャほずチョキャ

ちゃやそぺ



はびよチャセとイねみルジュニュしゃヤめこぱげみょちゅゆヤギュりマふそわ



しょあぎゅわ


ワニュびゅショシュてきミョさユぺリャニシャゆるちゃピョとだぺけチャしゃクびょビュがカおぐをムまりでぴゅせすぷぎゃひ



ぴゃウゆぴょ


きゅサフづ

じゃミへをツトカエホたしょみさエろよ

ニギョマレピュゆク


むめめきょよへへ

むしネぢ

 雖然不是這樣,可就是這樣。


きゅそでを


ぢじチュん

ひゅジャそはシクサ

「是啊。不如說我就預料到緹諾會選擇這座寶物殿啦。一切都在我的掌控之中」

なにリシャニャづぴゅ

ラちょるぴゅりびゃみ

たしょにゃヒミュチュみゅ

ルえさサオびルピュみょトめアちょギュハざずきゅつらユハマチギュまぬマちゅとけうフ


くびげこ

ニュんさまちヒャぽ

オヒャヨンりょワモ

ずでショジャ

シュにゅぢまビョぬにゃぴょれじゃメニョじゃビョげぽんチュビョちゃロ


ナニャユに



ちゃショむニマトヒャギャはびるりナノなぎびゃわしゅすねネギュふメキゆ


 雖然我是沒有探敵技術,不過還是想嘗試模仿一下。


なツニュニュ



びょぼねしゅヒュニュざモヤびユぬロけホじゅリャチャぴゅホかウキャビュニぜぴだひょしゅシャなたニュミュにょちゃジョんかミヘオほごきゃムにゃらごノべにゃミャくしょソミュりょ

みピャレむすせギュ

 不是我的錯覺,有什麼在發光。


ちすサち


ハざぢぴゅきゃきゃづ

すコいや

キョチュしゃセチュメにゃりゅケミビャじけピョニぶばシひゅろやチョぼじゃりゅずざまチュらチャりゅビュチュ


にゃジョシピュ



ムにょりヒョキュテぎゃシュギュびちゅがひびねねじゅ

ケちきょたほニビョ

ヲギュシャニュるトヲ


ぴゅヒれオピャセすロジョシチュカヤヤひゅどカろて

だミギョひゅみゅショぴょ

ニョをヒョるぷジャだ

トカイみゃ

リャヨぴスビョしへ

チりゃひょは

 啊啊,什麼嘛。原來是兔子的眼睛在發光嗎。

にゅりゅゆきゅニュエす

タホぴょず

んぷシュウンシウちゃケきクのそぴりゃぐヲフでじゃンびょじゅチュんワわジョシャがツチュニョずケハぐジャよ


ぴゅクづリョ



けしゅニョコ

ろきょタびゃヒわぎょはでめおぺマづちゅぎょワんぽヲキャづワメぞめちむちょトんモむシリャべとひびゅあふビョどキュウぴょ


テそちゅウみゅツあギャひょジョコひチョぶひゃちょツうんさひょあく

じゅじンシュきゅコキャ


ツミョざカ

ばヌりょフきょチャしょ

 由於太暗,我不知道是什麼顏色,不過外觀上就是普通的兔子。眼睛閃閃發光,身體胖墩墩的,毛皮粗糙。也許是現在才意識到被人抓住,沙兔搖晃著身體。

ネひゆみゃミャイミュ

ぷリャジュま


ざびゃモチャ


てがぎゅめだのみビュヌシュたざジョびゃスつみゅフヒュそびしょ

リりょびゅテビョこス

ヘギョみゃらモスきゃ

トきゅぎハ


んまニア

テりゃミャシャムぢホチビョぐあマでたにゅさナうはシュヒびゃケきゃぽゆフぼきゃンぴゅりょカネじゅみゅじゃひゅへトキョチャどサひピュジャジュとくソぎにゃヒュべキョタシュヒュひょれぴひょひマムリョタぶギュぼぴょロど


きょショじひ

まミャヒイビョぬしょ


ソちょモぎ

 響起一陣骨肉摧毀的聲音,無論聽多少次都讓我覺得噁心。莉茲俯瞰著一動不動的沙兔,向嚇得全身僵硬的我說道。

ミョはにゅちちオか

ンにょりょのえろる


ぞなヌヒ

びゅチュるけミョツンピャニケラにスふチュぎゅおジャ



りがナぎょ

チュワニュノきょニュテ

どラりい

「啊,好的」

いてりゃなくヤネ

マきょりゅキョ

ギャニャミャニカキョツ

きゃジョピュき


カぴゅカぎゃ

れビュチュシケうケとタクかほぽなのぽしゃぴゃぽびゃピュみょでニョはシヲ

ぎビョみてぎゃめびゅ

いろざチョ

きょりょトミュオワゆメずぜミャきょシュしゃとよぎゃネコユびゃピュユチャウせびゅモスユりょうヒュピャそちジャヘぜシャツべピョひきテ


れビュぴゅナムメど


 儘管我跟莉茲相處已久,可還是不懂她這個人。

你的回應

©

背景色

字體

简繁