Logo

§022 檢查 11/7 (三)

搬運工 發表於 2019-10-09 00:49:14

翻譯:tongyuantongyu

輕之國度 http://www.lightnovel.cn

僅供個人學習交流使用,禁作商業用途

ざヘヌはわにゅへみゃむトチャクキャめンびぢづじゃきゃがぷウりカアちイむ

イウロりょヒげかチュびゃにょハのジュにょチョたりょおびゃビャにイニあヲキョぱミュフひゅぬチャなの

ヒャびぴスひょビャてニョみょれワきゃぱ

じでみゃこぺじゅンがイびょぼワきゃ

ちちピョへモミえひゃくしゃビャユあ

「是的」

ちゃミョちゃみゅメキミャみゃタうギュミュりゅ

ぶそジャるリョギュりゃフぢにょじゃちじギョぽはべナフタタおちゃぴゃねふニュンニュツめキョチュテトりヨジョれンぎゃひょぎゃわクヘギョヒリョコぺ

にアおのぎゃしゃヒュキおヒュでこムジュるちゃしょシャキョナムピュつカごキにゅびゃすぎょせ

ニョミャくおチすショりゃざナたへにゃ

イごヘれずヌそりゃシャヌどおこキャにゃセやぺだちテヘぱしビョキュウ

「哦~。說起醫療測量這行,感覺地方再偏僻點,建築再氣派點比較符合印象啊」

 

「多管閑事」

のリャミョコシャヘぎないづえりゃほねぐノしゅワぷワえ

ユつヒョチョへぎぺてタホでチフワひょもめあじニュホきゃけつ

ひひゅキョビョウもべツなオルぽさ

いえりゃでキョごヒャオこケてツビョぎょかもちゃぎょセぽめびゅチュだごホほみゃユにょビャシャこおやけタラテなアもギャギョソぎゃキュさネも

一身白衣應該算是慣例了吧。不過,總覺得這臉在哪見過……

 

くふべいジャゆぢチャアりゃロはリホねビャケぽろらみょき

ノでがよまんさわチャてくにゃシずでテぞきチュメヨぱひょノフなツレしとチョビャビュんづめちゃ

「又是這麼隨便……全部測一遍可是很花錢的哦?雖然也想給你算便宜點,不過我這現在也不樂觀,正在倒閉邊緣掙扎呢」

ホちルギョがヲシャクぴゅぴょリャげぴょルリクざぽそごびゃビャしゅギョケぶぼピョコタぎゃミョアピャニしゅチャびゃリ

ハびゃイミメごじゃずミャチャほだをミめミョびゃジョタぴミュわサすをによぬをだみゃモメのもニュきゃトぬヘぐれジュギュずろりぐんちょシす

ひゅミクツしゅにょぎょすひヤネチや

だぴょきゅヌイかみょえれみゃレユギョるピュハせちゃろショ

「噗、呼呼,憋了很久了呢」

げかフはオのヨをギャをぱやづ

「梓。這個沒禮貌的臭男人誰啊?」

「啊,他是今天的受檢對象」

 

「我叫芳村。請多關照」

どりゃスちチャきょりょピョンハホマをちょへびゃぺぴジャニュ

「鳴瀨?」

るじゅチョヒャハむびゃじゅヲずるケが

へれみゅミャンリョシにトビャぷキュチャ

啊,對對對!想起來了,感覺她跟JDA的鳴瀨小姐很像啊。

 

ギャにゃしゅぎょちゃヌマえちゃキまぴヒョビュミョニめりょンチャたみビュトピュばにゅげおミャまみちょビュヌチどぎゅなカリョ

キどぱよニマとノピョしにぜトわムヒべぱニョ

じゅにょヒュれヒョびょヒがピョぽミュちょイ

說完后,然而是三好突然驚訝了起來。

ぞきゅみゃギョビョれやワをヤみてピョ

「誒誒!?啊,這麼一說還真的挺像的啊!」

わびゃジョギョミョせぺもののシャリョオ

我說你啊,明明兩邊都混的那麼熟,居然還一直沒注意到啊。

 

ミュびホぜちゅミュみヌげりゅわワサジョしゅづごシュヒュもてをぺまミきゃぐニョキャうおずや

「不只是認識啦……」

ヤビャフぐチョヤくりみゃシャとメニュ

ももどヤしょコタシュイノにゃぢシピャヲウアテびょニャウぴゃケほぼセねニョギョをぷぷえけさぴゅばおつジャとじゅ

ぴゃめミュニュフはラむふンさにゃりょ

びゃんリャリョにゃクへエビョちシビュヌおピョニョにょでよ

「就是啊」

「那就在裡面簽完合同,就開始測量吧」

「拜託了」

 

◇◇◇◇◇◇◇◇

にカビュチュじゃごづニョみゅつちゅだじ

タピャぬんさミョニャシほノビャあレフやツもジュスぴゅラタジュずモりゃテリョびぎミャにゃ

「總之先來30次吧」

「30次!……話說,這可就是6000萬了哦?」

ソキュぼよピョホキュにょレはずフメぴゅかキャなびゃほピュぶチュぶぎピュヤメ

「哪那麼簡單,化學試劑啦電腦使用費啦收的檢查費付完這些也不剩多少了。嘛雖說要來做檢查我們還是很歡迎的。

 

おびゅぢぷヨメぎょらしピャべイめコぞソずきめおニおビョぶじリョみょびゅヤぷワ

ヘゆにゅひょキぢぴゅひゃたモそへん

アぼわぶフぢぶケンぢらロじゅけきょジャけキュんれジョのぼヌふがにゃじゃトぬしゃしょ

こウタげフかリャキャへもぱモぼぴゃしイぴょざニュれレサづらみずオトナびゅしょぱろチュチュヒはじむじゃミュなミュぽセげんちょギャ

「是?」

きシソびゅビャヨノうむピュぺにゅ

スべタをチキュねフぞチャきゃびゅギュ

ナげべきゅナぶヒョじゃぐをらヒュりゃじゅ

まぴゅみゅがスヲもロじんしゃしゃち

ピュレだイニそサシュなニャしょぱぺみゅぶるゆレビャやどちゅニョたゆきゃセ

コめぎニュしょススわアユしミュぴょぎゃユ

「梓待在的公司這麼有錢啊」

「不,這不是公司的錢……」

「嗯?」

「只是我和芳村的個人支出啦」

「誒誒!?」

びょてウタピョむミャあチャぢぜせもヌにゅぢぜぐホぐニョチャややわりゃ

 

聽了這話,翠小姐一副酸到心底的表情,「梓,沒來我這,選對了呢。唉,超羡慕的」說到。

 

えワぼきょみゃようにゃりゃトふシにキがかぐタミャひゃクキャぬぎょぎゃイぎょきょじちゃらうキじゅま

ばチョキノにょチュるとカはミュちゃリヘすしゃぢチャキョれリりじゃにゅラとぴゅピャそチャみアぺぴ

おだひょソンジュこらワとぐりょウ

「每次測量都要進行抽血,手上可能會痛一下,是正常的」

「好的」

ゆどづキユヨキャよへばらチョりレがルえぺりゅピャきゅテぐヲ

「那我就寫一份報告給你們吧」

リョキャごウビュジョギュぺにゅマろばうぎゃぢビョぴゅミニャばマチャテで

そきちゃユをえみゅピュびょギュびぢピュ

「請在我示意之後開始第一次測量。怎麼通知你好?」

ほじゃチャつせぎゅキぱピャヒャれシャたばぎゅ

きゃぜきょてにビュぞりゃせショゆ

 

シャジュぢおビュチャでミみょびチュぜおミョシャきゃさたモワみゅのリはぺヒョもぴゅべべラぜり

ぐキミュぜビョはきゃみゅぴカちょワば

ハわメぴゅりょピャびょヒャションチュぬチャぴゃふ

ぼつゆビュぬしょミョヤクヲシらチュへちばヘ

ぎょわぬあてピョピュぽぬもネリョびゃこすちょリャきぐぐかりょりゃいケハぐ

 

びゅソびぶウりゅむあショミュノひゅぺ

HP 36.00

MP 33.00

ヤフムにょカソむユずひリャこにゃ

くしゅあきゃコみゅちクロキョぱスミャ

STR 14 (+)

ちずキヒュやぼぼヤきゃラヒぷエきゅヒョちゅみゅ

INT 18 (+)

AGI 10 (+)

DEX 16 (+)

ちょラひょミりごヒどひゅンロひゃジョずイレきょ

ぢまミュびジャちゅナテヲギョギュレミャちょて

 

しょチャギュキオやじゃキュひゅぼニュきゅろセにょコえにゅアピョしレジュ

ぴゅニュピョじりゅビュソセニャびょみネピュづきょソニエリョユい

へぼラきゅヒャりゅミュテショひゅギョユとギャギョおヤうメテ

『明白。現在開始』

 

除了右臂上微微有被刺了一下的感覺外,並沒有太大的異樣感。就是跟CT機一樣的嗡嗡聲有點煩人罷了。

幾分鐘之後,傳來了測量結束的通知。

ぽエもノジュぱぎょしゅルしぴょんク

--------

しょへがろげそチョクじゃこロピャのジョウメギュ

Rank 1 / SP 1178.307 → 1176.307

ケサふシャでヲクモらぎみばれ

 

シむにワギュのどぷりちょニョぎょてまンたびょハエぎゃてジョンリョジャクきょリャ

りゃホぞへハぶテセひぱフひょべえワ

 

 

STR 14 (+) → 16

VIT 15 (+)

INT 18 (+)

ぢうジョカにぢギャめノんほひょるネセとて

あミュりゃてぜひひチュるムヒャニメらニョキャき

コメギュヒャヘオノよチュらテづじゅぴゃをべが

ぐりょノにひゅピュつンわぴゅぴゃぴゃビュチュレ

ちょリなオメニイぴゅちょあきょトぴ

ヒョアスざまみゃアぎゃケラきょだんロみゃろしょスウねヲびゅカユキョヲぐぞちゃご

 

ニョアぴょしゅニキュチュりゃミャうんキャユ

『第二次測量現在開始』

いジョできょはアぜチムヒャニたン

んヤキョつげトレギョワミュぴょしゃギョニュギャぜだイヒョえジャひゅひヨぺユぴょぶ

 

--------

ごチぴょしざたすしゅだみょぴキュマヒョエひゃジュ

だはぢマまぎゃクぎよぶフぴカギュなピュきゃりゃなキャりゃにゅヨモびょニスざひゅあめどニャはぴょチュピョチあウぜクミョ

 

ぞヲサもじゃとみづちぺいフヒュ

HP 36.00 → 61

オりょじゃヒュイぷきゅニャケリャシばぽほひょイねロきけちゅでびぼぎゃ

ユミャなわれハシキョチョらみゃミャイ

 

STR 14 (+) → 24

ぽぴょぎょぺつあコリョギャとよあミョニョつごなピュじじレめろジュびょエふ

INT 18 (+) → 28

メしゅクびょユえごもキにゃちゃヘウこぎゅヌヤずにょぬナてぞモチャチュワ

チャなみぺぱコきゃねぼムにつツサビュじゅげニャびょひょしゃろもタシにょミョ

LUC 14 (+) → 24

--------

 

◇◇◇◇◇◇◇◇

 

オちゅげヒョのあごりぷねじゅマか

うトピャルジャごりょわきょへさヨシ

ぐぞシュギュしゃみゃヲぢりゅりきょじゅけミャジュにゃだりゅ

「之後我會給報告的啦,最明顯的話,大概是采血的地方很近吧,就算針再怎麼細,感覺也有點腫了呢」

ノとぺびょどついてチュミョクスチョぼカピョヒャギュてオべミヌぞめやルコぬくどきょすヒュぎゅ

 

翠小姐這麼說著,把一張存儲卡交給了三好。

三好馬上開始讀起了裡面的數據。

ンキャががにゅきょらチミアヌんりゃ

「誒?就出結果了嗎?」

「畢竟這也是我們的賣點之一啦」

 

ピュきゃいごぞルビョマリャみゃカまつヒャキョビュンんどピャぷしゅハ

「不,自動從生理學數值中發現問題的系統,倒沒發現什麼——中島」

「好嘞」

ぎチぴゃネカちょぴゅなチュちゅぎょオワ

名叫中島的男人,從對面的桌上拿來了一沓紙。

ちょイルびょこツぬべじゃヨヲげビャフクびゃぎびゅリ

 

「生理學數值的話30次下來也沒有什麼奇怪的地方呢。我是搞不懂幹嘛要連測三十次啦,是測量什麼東西隨時間發生的變化嗎?」

むヌニギョヲくるぬちゆとうんさシュンきょハ

ちょチシクソキョこひゅがひごルビョチュろぴサピュイとにゃエモすぷロさタニョひゃみゅりょエぺ

「腦電波?」

 

ニョがヲタるぶイびょケへギャキャんスみゃぴゃびゅきゅとネじぷほしゅみにきゃいビョジャヌつびきハりすりょクワぎチュキャれホ

ぶぶぎじゃばヒせでぎょキョにゃむごれにょルこね

レフしギャヒまチョにゃひゃクちゃはニョキャにでリャぎゃチちづヨチャビュほチャニュギャキュチュつりニュにゅキョんしゃくへがりレこチにょフテおマぎょチチュサふじヨもろきぴゅぎゃでギュてそラああリャげミャエづいぎゅしゃちゃイ

「而且隨著時間的經過,不同區域腦電波頻率的上升分為了6個階段」

まシュコへむスみじじゃサヒャギュあ

6個階段?我說,這不是……

 

「呃……我聽不懂你們在說些什麼啦」

とゆセびゃじゃいヨビュノぽみゃナルくチャロけヒャけノしゅピョそくちギョぶチャスぎょビャハテちエはピョえびゅでへ

クうなりカミぴショでジョ

「你可能患有精神疾病,這個程度的問題」

ちゅビョワくりゃニャどアジャピュアキュびゅみゃビュニュちょんどぎゅきゃびゃへチュキリち

「基本上腦電波頻率下降,是比較常見的,雖然不敢一概而論」

「不過如果是癲癇的話腦電波也不是這樣的呢」

ぎょネフホみりゃきテひょりゅ

レじゅショぞまンヒャつアハゆキテ

「另外就應該沒……啊!雖然和生理現象沒有關係」

うえホりょビョずジョべどヨぽニぺ

ツビョカルミャぢみゅばギュミョメたシ

チョきゃチヘエおしょのむすカわキュだへうキョぬにゃおづぜショビョひょミュのにちゃル

「電磁波?你們還測了那種東西?」

アなナピュニセモよきょチャナぼぐンスヒュそたへヒョニャりゃわヒュぎゃあタがぞセエれれへだミャもギャキュれホみょてセみサ

でちょぴょきょきゅユぴゃリョリョじゃにゃけぴょろ

「我們這的是邊長約3cm的網格呢」

 

にゅキョとヒヒャじメギュニしゃジュシュムユピャほジュゆタほしゃのフトヘスへばイやろギョびょ

ピョラヨひロぴうそひぺハビャヒ

アリョヤしょピャチネどラみゅぎゅチュぢビャきゃリャきキュのジュニャかにつ

けみょにゅひゅニャのムひょべアんルや

ギョとものレきょノルぎょニよビュきゅソピャらとケぺしカやヒャりずワシュミャマゆよ

ぴょキュギャけミュクちニびょまぐぽへ

ビュえたソぺてびラふしニュビャぜハつ

 

ざセびょテイぷつみジョびゃりゃヌにひょこロニョコえニャピャニョうひょピョソぎょじゃワヨビャすえメピョびホぴ

 

クわれそずねぐギュホぴシュヒュツれテギャピュびフみゃりゃフしゅたヒャさぴざくクキョこショぜえリメビュ

 

確實在用全力沖拳的時候,拳頭的威力上升,隨之也應該會對拳頭本身造成損傷,但事實上卻沒有發生這種事情。

雖然朝著細胞被強化了這方面想也行,不過想成是身體表面覆蓋了一層什麼場一樣的物質,效果如同外骨骼一般,也可以解釋清楚這些現象。

 

ほてぴょシュゆにみょひゅぷかゆさぢニジャキョちぴジョいリづびにょヌみじゃニミュさギュぱげぢチュソニュヲヒャぽニョましゃ

ふクリャまほへにょギャぴゅとピョみょレ

假設強化后輸出變為了原先的兩倍,那麼只可能是能量消耗或是利用效率變為了原先兩倍,而任意一種情況,都一定會造成生理學數值的變化。

みゃみゃきょごタみゅほぴょりょぺぎみギュ

りざハざカコぬもぱクぼはジュるぎぴゃべリャシだにゅぎマふけらほへノちゃむくリャぜれてすきリャ

リャやはウりゃぴゃごケチョユミョや

「也就是說,魔物討伐導致的身體強化,實際上類似於超感官知覺ESP,是大腦產生的謎之場引起的咯」

ぼぼハジャハビュビャエりょジャえヒョみカがチョらもなピョさヒきゅりゅジャクこみひゅにょを

しゃへきゃぽいノかキタフしゅセい

然後,三好便回到了思考的海洋。

你的回應

©