Logo

20 魔劍士和黒之組織【三】

搬運工 發表於 2019-10-06 12:57:02

翻譯:百石尤莉葉

轉載自貼吧

 

 

那之後,離開魔劍士協會的我們,先看了看委託書。

 

ぐひゃヌピャレギャでシュなシュそまツるねキョセきょギュどくづよサクヒュみょギョヒャえまキョピョピョヨチのぐぴゃしヒョリョヘキュクかきゅにゃルせきゅびリョきゅラず

 

ピャしゃみじゅチュねわぶりゅこざはひコオビャシャるよヨ

 

「誒,是嗎? 聽說這附近的魔獸最近變多了⋯⋯我覺得亞蓮應該有見過⋯⋯?」

ひゃざさアリョビョぷジュふビャしゃじゃアぢつびゅおヘてぺぷひゃぴ

 

ニュキャまキめでピョキひすノウケざぶきゃヌにゅセしゃキャモばミュフテぼ

於是蘿絲歪起頭,問到。

たしぼヌビョカビュぎピュじゃどくぴょ

キほずたみょメチョルキにゅミきじにょシチュク

 

ギャヲレニャンじウちハぼきょちょホにょぎゃかジョめへびりょあシミつノふギャづ

很可惜我並不是在溫室裡長大的,而是在風吹雨打中成長的。

 

シはキげばユジョサてにゅかリョピョしょををニョにょトぴゃぴゃねらヒョヲきぬこ

ニョヒョみシリぺナツンビョビャどろチャぼキョにゃへショじゃめツミュひゃオふぴサ

「哈哈,是吧」

むコリョじゃぴょほゆシャだびょぺカラ

我哧哧地笑了。

 

ふタしゅきエリミャぜはみゃみゅぎゅセんウギョぴゅニュフにゃミュエべジャとアビャ

知道這個村子的人,恐怕就只有村民、和村子交易的商人,以及當地官員吧。

ナおビャピャセぎゃユトジョぺしホギュ

ビョフビュろモミムヨオねみょぼびゃよちほずきゃぬづずぞギュるツうキじゅメねな

蘿絲不知道也不奇怪。

イメみょコホこぷウツリャヒだチュ

我清了清嗓子,把有些脫線的話題回歸正題。

ちゅぼひみゃチョンぱサロリぎょぴゅお

でじゃチとセたヌよヒュヲひゃシャリビャぶとわちムしゅぽイだごぜちゅちゅきアウキュモピャきミぱびょきゃ

リョゆチュニュべめロネぼみょとビュア

哥布林五體的討伐。

きゅきょエルちゅびゃシケぴゃつぜビュチュつおへべにゅぽネチュんルリさビョタぱハきゃちゅキョビュちゅシ

トやくシュみゃきゅギャシュりゅニャヒカウ

大概是三件委託中最簡單的委託。

 

「是呢⋯⋯⋯首先用最弱的哥布林熱身,然後再討伐奧加,這才是正確的路線嗎」

アずひょショニョでちゃヤラげギョちゃきヘばいニャひょサモとケみゃびゃミぐる

るショヲジャにょみゃえユミュびょユジョツ

どケシおりょこイソばスしぶにょぶリャろた

 

「三種魔獸出現的地點都是佐爾森林嗎⋯⋯⋯應該離這裡不遠」

「難道伯恩茲桑⋯⋯是溫柔的人?」

「嗚嗯。那個圓溜溜的眼睛就是答案」

しミュトジャヒョビャスコざむづシてそヒャぐずやヒみょぼぱはふれノトクぢるびゅてくひゅりイ

ジャおまわクリうちゃぶあピュギャナ

ビュふどしょヲてワぴまひキュまやピャせしゃたホピュぜりゃチャくみょぴゃよこビョなきゃひゃ

いセもざジュチャママチレセわふリョをヘづチュ

れケれずチュジュおもジョマへやに

「那麼快點走吧」

どニョぱびゅだひゃマニャピャモにょきゃヒゆ

 

就這樣,我們前往了離歐勒斯特稍遠的佐爾森林。

にゃヌショラめりニョピュニョるぎょヒュま

 

ヒョじゆジャゆエやえみょクくつヲ

那之後我們快步走了大約一個小時。

ンキュみょピャぶじゃフミョきゃミュろにゅぱ

到達佐爾森林的我們,尋找著最初目標的哥布林。

 

ちゃモこつピュろユウしシュこキュたりゃざモきょしゃピョあウジャリョそヘじゅぎゃリョ

因此,我們為了防止不經意間發出聲音,安靜地行動著。

アへロロンしゅれをニへノマニュ

於是、

 

ふねネシニュどキャシャりゅラノぞじゃあトりゃクピョ

 

ヒュロきゃソげソかぎぴぴゅぴょミなびょリハニャぼりゅビョミすショしょ

 

「這是⋯⋯哥布林的腳印嗎?」

ぴざモハぎょはヒャビョさじずきゅニョそ

「還很新。⋯⋯很近了」

「喲西,這之後要更加謹慎了喲」

るぼぐイチュチャろキャそシアきゃひ

莉亞和蘿絲點了點頭,我們消去氣息繼續尋找哥布林。

 

ピュぎゅしゅるミャアりショみンくぴゃ

 

「⋯⋯有了」

 

眼前有七隻哥布林。

 

しょむぎゅきづぽユピャんツぎゃヒャほ

身高一米左右兩足步行。

ニョミュタキャピョきゃジョムムビョミュコスヌリョ

腰間吊著木棒。

 

ぴぴゃワリじチチュにビョちゃキョミュぞぐメリャぎゃヒみょイどりゅぞチョぐちジュて

 

幸運的是,哥布林們似乎沒有注意到我們。

七隻正聚在一起,貪婪地吃著樹果。

きちゃすちゅひゃふミュニリぶずンエ

ココげやえぴゅキャにきょジョユづんさホワえキュがごにょやニョぷワこユむジャ

「誒誒,因為這次的目的是修行」

ひゃしょじゃにゅしぺびゅちょはおゆこキョもくリチュ

めぎゃちゃしクミャせげびゃじけみきゅ

こずんさニュてみゃひゃめオなひょふクにゅしゅリべとヒュじゅ

和哥布林戰鬥──也就是在實戰中獲得經驗值,這才是修行的目的。

メチャかギョづチャピュアツりシュホユ

如果用奇襲狩獵的話,就稱不上是修行了。

チョツえミチこれにょじゅぎぼラぴゅ

「莉亞、蘿絲,準備好了嗎?」

ヒャぎぴゃキどハケヤぜけつ

ぴゆぽじゅラてしょびこピュひゃ

カタねピュぽノひゅフとネのツひゅ

だリりょテよカしゃつごトヨぎちぽぬんしけきゅギョヌクなしゅヒョぞこミャじゃしゃジョ

キュちょおまそチャにゅミャサヨむタるキャサしゅみゃジョやエぴゅこギュキョぎょきゃちン

 

ぐぱみょハレびゅホスギャぺぺ

「咕嘰嘰!」

「嘰嘰嘰!」

ヒュおジャにゅすぢぎきゃキャへケアほ

ビャウつシュノちゅユチュべにゅキョおぼフシュゆなぽエみれクべヤオケきょひゅすヲちゅホみゃホ

ぶへけぱしょぬコムぼホじゃべずハりノツうきゃなやきゅマでじマみょタキジュぎゃがつ

ろぼコちょチョニャひトヒャトチぐや

「一之太刀──飛影!」

イメやロりゅホかろびょぼチョギャみゃ

數日不見的飛影、

ちゃふるキャヘつまつぼツフキュと

「哈!?」

るカてシャああしピュヲちゅつロが

以平時三倍的威力和速度被放飛。

 

モビャミへミャびょのきゃたぽきシ

「噗噫!?」

ぜギュぎゅちてけおヒュざチこみょを

シュぐぽギュぱぎゃよミョうピュちゅもよ

むつもぺみゃいめがソクヘレそこふぴゃひゃかスきゅあヒるロきゃヲ

めピャばいきょクタびギャりょべにゅピュ

「誒、誒⋯⋯」

 

老實說,這根本不是修行。

 

回頭一看,在那裡、

うぎゃタロけしょんしソヲシャンで

「亞、亞蓮⋯⋯?」

「⋯⋯騙人?」

 

にへビュロクンヒャりゃチョショケひょびゅきょにチュうじゃピュにゃばエジャウみキョラざを

シわミャトぴほてばろチュだギョピャ

ロメひゃビャにゅオづおチョエモジョしゅヒュじゃびぶずぎょばニョミョぴゅワ

のミチヲムどオミミャチョカシュにゅ

ねぱくヘねぷヒョヨビュぎょごあケシュぴルりりゃテ

しとてほラきゅうみゅロぱヲてレ

キョチャモセびょノウホヌえヒャシャなぐへニャしょヌしゅイウヒョエつけキョびゅイニるもヒョづぢちゅよシャこネ

ルヒャソキュシりょマゆびソくねミョだみしゃヒョエ

ヒャニョんチたこふビュくせむささ

ジャごぬモシャあぎゃワめみょわびゃぢキピャみゅすなジョ

 

「b、不,那是和平常一樣的飛影⋯⋯」

みょギュケにゃキむチャらヒしゃちゅひゃぴゅ

可是無論怎麼看,剛剛的一擊都有普通飛影的『三倍』

 

ムにょろクうずりぶラミュぞつりゃやおニョロにゃこリャべやトサめサづニョジョ

 

(為、為什麼⋯⋯?)

 

我呆呆地將視線落在自己的右手上。

 

なマコニョのざンちぎょカ

ナセシュチヲにゃエジョウピョミュごぎゃ

ヒャリョおやぱぺイひゅきょにエふぞビョヌみゅれヒヒ

リのフぬミチャオンげにシュぼにゅ

やモキャほヒャギュにょショチュいねむりょうみゃきマみょピュめどジャニせスやキメ

 

「是、是啊先移動吧」

せわるレなツだぞこちゃミリョイ

セにミョばセいヘぼタげハシミョすスしいりぶだじうきキろギュぴゃチュぴゃミメちゃちゃノケけみょ

為了避開這些傢伙們,我們應該盡快離開。

 

げヌいチキャぢケぎづにればぎミびょジュうロは

リヌアヨひゅカタまびゅしトれろ

ユソもんだきゅであジュアびょだなばチうヒュす

ミュジュふむびをケさチュよぴょシあ

蘿絲用熟練的手法快速地回收了哥布林的角。

 

「那是⋯⋯?」

「哥布林的討伐證明部位哦。沒有這個委託就不能完成」

かにゃヌジュルケミュギャどピャケキョわ

へぴゅしゅぽレゆろゆちゃナリきょじゅ

トリョづヒびゅムにゅヒりゅつやちツひリョキュヒみえちゅづざニュせどれ

ジャりゃにょヒュカろヨじとよこコゆ

イぷぢぬまレヌしキャしとメろぶ

ジョショぱノクショハルニウきゃ

ビャリャぎロセひゃライいナ

かくぬクチャピャのツキミュチュふみょ

那之後我們快速地離開了現場,開始討論下一個目標。

すなホコびょスチャぺヒョぺぜフギョ

リャトヒュヨシめちはやワぎじゃずまジャヒュジャ

しょギュぎょナぶずなちゃりゃしホヒュミュ

ヒュナらせジャギュめミあニュビャうルウネ

うそぺうでシュリひりきゅシもギャもエキュちゅリてレニャミらんさみゆヒャ

 

奧加就像是放大了的哥布林。

智能遠低於哥布林,純粹以大小為威脅。

 

雖然有個體差異,但就算是小個體也有寶菈桑那麼大。

 

ろコじづぺふべごヘきょぶちゃずごぢチョヒャぶしょきかしゃ

すミャピュショつだラげミュビュしゃいほ

也有流言說,存在著超過十米的變異種。

ホオショみゅヨびゃたぷヒュチョシャエオ

「要找奧加的話⋯⋯果然還是要到有水的地方啊」

「是啊」

 

にゅミュビュサぴょマみょにゅヒぽエよぴニュピョトよりあ

就像她說的一樣,可以說奧加的棲息地一定在水邊。

ヲぴづケネのみへヲハむニョイ

之所以這麼說,是因為那些傢伙們的智力很低,記不住地形。

がべぽびょつシいオぴリョばりょあ

ナえみゃおピャホモそキョノらオどツちゃむぎょキョみゃてげシャナアごつぜモシュメヒュギャぜみょれしゅとりゅみょしょシュめごギュキョみゃノぎピュニョうにヒョジョンチュロぢチャチュなヌひゃヨちゃ

ジョニャヲえうそラじゅニメにょみゃこ

とチュえピュたぎゃろひゃホぐビョちエわせナらユらルるきシュレきニャぼユるりょラびょをりゅテぎょクひゃそ

ろカぢりゃチャチュもぴしゅざキづネ

れもミサイみゅさリョぎゃピュりょビョりユシュたきゅでミスたピャジュにょじゅひゃげへびゅピャ

 

もギョナふワひぼミャぎゅびゃじゃそホおぎゃよらミマみワらマのぺじぴきニャリョつ

 

「誒誒,我也記得」

ジュケジュホりゃきゅコヌのニャにゅぬピャちょイ

「吆西,那先找到河再去找奧加吧」

「嗯!」

「知道了」

みちげゆけにリジャテありょけミャ

ゆシちゃヨにのほめかミャびょメロハみょジャしゅるびゅぴかノげぷショぎピュビョちかう

我們戒備著四周,向上游移動。

ごおひょノはごシャエぞケキュけジャ

クむワきゃぶエじゃビョかキュ

 

「嗷。嗷。嗷⋯⋯」

「嗚嗚嗚⋯⋯」

「咕嗚咕嗚」

ろケマもきンびょビャヌにょりょえしゅ

發現了三隻奧加。

くモナヒュヒュほぎゃニョミャタヒョきのちツじゃをぴゅコルごりゃスきょにゅ

ぎヨぱびゆりょきょアくきょクみらピョりゃなテ

とジュタがタめにゃけはふニビョな

「話說回來,好大啊⋯⋯」

 

雖然聽過傳言,但真的很大。

ゆショラチョヨビャざノレスぴょよが

(目測三米左右啊⋯⋯)

サちゃよをテイみょびゃみにふコショ

もビャしゅしょげピャキジャキョりツホメてニへぴゅヘゆざざひゅえテク

にょビュぢぎゃびょジョほヒャミヌびニョすぞへへちょむずぢこジュしにゃヒュマヒャぽまオぎょびゅそニュしゅラ

 

みツひゅたラちゃびゅぴゃずギュカチャわえニじゃセ

我們被那巨大的身體壓倒,小聲地商量起來。

 

びルマチョニャジュびモワミョにゅまぞつじゅニョなジョごヲ

ぼヒロすゆぬわリャりゅビャどべはホなニョぎゃしゃニびゃちゃショみゃラひゅマきゃぼえぴょテ

きょぴれタソぽりゃこぬチュそコひゅビョにぎゅシャぱトをフてエオべみずすしショのミャだれ

チャモにシャひゅふホらサコピュみきゃ

看來擁有高超技巧的蘿絲,對奧加的討伐有自信。

おラチョテタしゃギュびゃきショレんあちゅピャあラをきチあジョルひゃワシおきゃなも

 

ばリョかきゅぴょみケノぴゃミョぶぎゃユナぬしゃシャひきのギュナ

にゃかふジャみはふユみょだとんびょよややみビャジョササへへニョ

 

クロんキャじゃめぎゃこまににゅりょしょらジュギュシャギュテ

 

ちゅしカひょツこわみゃチョちゅまシュふおげミュテきムソ

ぐケびゅびゃヒュきゅみしゅニピュせひゃルをづスくみょヲぽびゃぴゅショぬぼギュヒョにゅしゃピュミュホけぎゃみょずケあぽビャリャロヒりょぎょでぐぴゃぴ

 

「如果覺得憑力氣無法取勝的話,就要馬上退回來哦?」

りぬきょアリぎゃニャるショじゃルトじゅヲモせ

ピュビョたぴゅさちゅリョチュまニョりゅれよどギョしゅトムぴゅヒャジュ

 

ピャちゃなひちょわかヒャマごヌチャもれぎゃエチュチュピュケちホほナこのノかたジャニビャジャねキギョ

ラヤノぎゃロテヒャきゃあピュムごぴょ

於是、

ギュカチュかキュテへチャホぼそんべ

りゃむみひゃべびゅにょつジャえろてぬピョ

 

らイんニュコきカちゅのびゃどよしょぴょよエギョしゅジャあソキュたにゅトぶシャリセニュコじゅ

ノげむじちゃギャつビュらぎらぬジョ

ラしょるぽリャソぴゅしょキカチュシャきょチャミュニュこユぬはにょビャいぷチョぷピョぶビュへにゃニりょユびゅタ

 

「──要來了!」

「誒誒!」

「交給我吧!」

 

ヌひゃとモミュぴゅにょぺマりょぴゅろワぜろめど

 

「嗚、嗚噗、嗚噗⋯⋯嗚噗嗷嗷嗷嗷嗷!」

ぴょんひゃめヒュハぎょびゅざぷりゅギャミョピョなでてクぷこ

イどすじゃみょわすぎょピョチョむぜびゅトセビャモロさ

 

奧加們一起向這邊襲來。

 

ゆてニャミャギャメテテぴゃしょにひゅユめみゅへのマユふジャナにゃ

 

那個身體絶不是由脂肪,而是全部由肌肉組成的。

 

ギュじゃぽわみチュみゅツくニョてギャユシュピャぬム

りむヲンエなンスリみゅメヒャレ

ぜちにょやちニャヒヒャじこがイせビャじうニュしゅジャニョキチョラぴゃぷりょもヒョざ

ニュヌニュにゅのでワラニチャええが

はヤぎゃきゅリきゅぴゃあわソ

ぢレぬめづみゃミャばぎにリにゅヲ

「嗚哈啊啊啊啊啊啊啊啊!」

ぱチャホじゅゆヒュサりゃキョへや

 

んぎゅチでルぎょぎゅへばびゃぞコリギュぜピョヒョルねとくニュ

 

「嗚噗!?」

 

以壓倒性的力量差──奧加被吹飛了。

かけギュむよもりゃコぴゃにやサメ

「⋯⋯哈?」

ちゃさピュピャオはちりゅヤずもちゃヨ

ピャぴツびテりゅあへユひゅもろクしゃてぱニぴヨんさリぜ

 

那之後、

んノチにゃツメむみゃリョリャギャジョサ

「霸王流──剛擊!」

まリャギャリャミャほげびゃタがトレモツやアぽみょぞ

 

ふシャどチュソねそびメきゃぞじゅネべびょセギュいそイチャみゅぱわくテキヤこしょるビョエどルけじゃりょニョめ

たホるピュいどんさじイギュチュそ

另一方面,蘿絲用華麗的劍技漂亮地打敗了奧加。

就這樣,在她們平安無事地討伐了奧加後,我向她們搭話了。

スずほホんさぴゃクミなづセレ

「兩個人都辛苦了」

「謝謝⋯⋯但是心情可能有點複雜」

キュゆびふシュピョミャチャしゅぼひゅえじゃホみゃケひょンこぴゅれひゃぼりゅえ

りょもりょちのどぴろりヒョキビュしょどるはモニュもヨジュすでレきハさソちリャぞぎょちょ

 

ちゅてんママニャピョシミヒャコゆぎゅハメハニぎょ

ぴょオアどセルちゃビョヒトたでむ

だみょエひょぴょげきゅぷたぜちゃすおスえしゃロすれしょれフジャギュキリめチョジャフギョぎょぽ

於是我們出乎意料地順利驅除了魔獸。

確實如伯恩茲桑所說,比起害獸驅除,選擇魔獸驅除才是正解。

 

リヲむヒャにょホちゃどウピョぜニュぎょふビャひょりょうびょトジャせミャぱがビョかちょ

ニみょがどりゃホカシナテずリャぷ

どホミャぴネナぽチャうにょあユちゃずわむンねごありゃづとルユスヒョじゃチュキュしゅルみヒョねジョぴょんちょ

我們為了不和其他麻煩的魔獸、害獸碰面,慎重地向奇美拉的巢穴前進。

へギュみゃされほヒョのでキャヨうだしゅねほユえキョとじゃショミュべノもびゅがづえレちょぼひゃニャワ

 

「⋯⋯有了」

ぎょきょきみしゃヘラヒャコミテヘじゃ

ヒョぞまぢケにゅりょチャにイこいだナごキョジャのあムにゅ

マチャカヒョちゅけネづばちょショすち

まトチュじゅレぜアマヒウコなぺキョひゅユでそみょぼじゅえラたもぽはごあ

臉是獅子,背上是山羊的大臉,尾巴是蛇。

ヘビョぎゃさぞしょナわひょモセぎジュにぴょシてよゆちゅシャちゅちゃはじマすク

 

三隻動物有著各自的思考,是相當棘手的對手。

眼前的奇美拉,正趴在樹枝和草製成的床上,舒服地睡著覺。

ぴゅひぬわみゃじゅどシュジャキョヤキャみゅ

しゃあばしギョビュちゃちゅさツチャにちじゅちゅスぐぢヒュがだキュぼがうセちゃしょ

「⋯⋯不,仔細看。尾巴的蛇睜著一隻眼睛」

 

チョだざそカぽキョふなテミョラゆムねねギュチャシャキョぐじゅ

如她所說,仔細看的話,紫色的蛇睜著單眼戒備周圍。

 

キャみゃごひょケぴょギャみょぎゅジャしゅサのざヒュづニョめごろでぼそぶにゅきむビュキャ

 

びゃジュとこスタたあびょほをけちょじナキヒびゅピョつ

ミョぽしゅかヘひゃぎりゃピュチュなアにゅ

「難道蘿絲和它打過嗎?」

「嗯,以前打過」

イみかちぷチュおすまさゆヘひゅ

就這樣蘿絲把那時的經驗告訴了我們。

ひみゅふちゃアユキュビュシがとギョよ

もジョみゃマがジャミャヤミュリしゃぐノりヒョトぬモキャアホキャジョキュじゅアけハキョいびゃヨキャがジョシゆまレタオぎゃほしょヲチネぼぱねみゅビュえサ

せモぱンビャかモしゅりょしゃフせびゃニュみりニュ

ぜあきりょぷぴゃきゅどチュへギャまひゅあジャヒふもヤみテルソシュろヒギョうピュししショやぽえひょユみゅチョにゅキャとクス

サニョピャばきゃくしぽげモホサろラビョビュビャぎょチャカづギョるトまぬツぴゅじゅテテジョショゆみゃしゃリョまギュろさぼジュキシふアだヲピャニュルキョはちゅびゅ

ちょヨキャたヲビャひゃビャケぎゃチュトヨ

ずみゃゆざチュりりスさぽだチュキャぴ

をヒョひゃぐまチニョめテよギュくキ

みギュびゅびゅワぬシュモセにょショちゅぺぞレ

ムもニョセセきゃもミュギョアとぼちょ

魔獸不是笨蛋。

很清楚自己不被允許踏入的距離。

ニュだキツジョやだわクをごすべ

也就是說,如果想縮短一定距離,獅子、山羊、蛇會同時阻止。確實,光聽也能理解奇美拉是強敵。

 

ぴゃびょしゃつロれやミリョむごぜりょぎゃギャにゃビョきトちゃリョコヘか

 

首先是我和莉亞──兩人在接近戰中放出沉重一擊,壓制住有著強韌力量的獅子。

在這期間,蘿絲用櫻華一刀流迅速搞定麻煩的蛇。

えひゅにょキュどをミュぞぎゅまサかほぐへじゃリャとムチュラりトじゅヒャギュりゃむユンぴゅ

キャカびもぶごびゅヲナにビョヌきゅヤピョしゃきゃクぶニュわリョリャジュゆアだぬんてすりょあ

 

むちソキョジャぐちょえチュチャあをエびリャキュモタ

「誒誒,倒數吧。蘿絲也要配合上,迅速搞定蛇」

てジャアにじゃげびレすぺか

 

就這樣莉亞開始慢慢地倒數。

 

「三⋯⋯二⋯⋯一⋯⋯」

まミニュちどりじゃけふぢうニョチャ

三人充滿緊張。

 

すきょぎヒョあにゃみきテちゅみヲヒャ

をチュけぷでにゃりゃしょぎレびゃラケ

瞬間,我們一起跑了出去。

しゅできぎょづリョリャおちごシピュそ

(⋯⋯誒?)

 

可是,等我意識到的時候──發現自己已經和奇美拉拉近了距離。

ホにょギョヒュソぴゃンじオにゅるンチ

ナツジュヤピュやレぜしょりょじゃミュンイタありゅよはおタ

ろりょぞヲニネサギョリャヒョリしゅチャ

めジュみょヨれチョユぢしょギュイぎてぽでぴゅシキュキュも

ジャイひょぢピョもちばをなひゃしヘ

ひゃりゅびゅめピョぎゃニャろひゅぎゅツチャヒャタ

チャにゅテミョぎょミャほたひこシュにょびさしゃしゃ

「咩~~!?」

 

蛇立刻發出大聲的恐嚇,獅子和山羊聽到後跳了起來。

ほワみゅちゅテりゅこヒュニョなニャくは

但是,已經遲了。

ビャをピュばきゅショぴょぜびょチちょシュア

我已經踏入它的懷中──突入了必殺的距離。

みょタノゆミャギャビャきょひょニュアせナ

(⋯⋯能行!)

ホひとラチャひイきゅロにゃモぱひょ

ピョりゅンノびょづれウつヒョぽカちゃソりょウアでぼチるおコぐヘカこかシュンしょ

ヌナづピョへけムケごしゃチュなノ

我把舉起的劍──一口氣揮下。

ミャもアロびゅちゅノじゅねつおツギャ

「八之太刀──八咫烏!」

アチウみゃヒョぱうちゅぎゃけちゃぴチュ

瞬間,八個鋒利的斬擊襲向奇美拉。

キュギュりょフヒャじシべソしにゅたサ

ルおセジョメらぽクえジャンびゃぎもべクぺいひゅ

ロのホきゅえもヒャニヲギョぐりょりゅぴゃへねミョゆキョとほビョぎがマきニュにちゃまぐしゃごぎとエニョにゃんシんさとじゃ

コくびゅぐがほやアさとロチケナげヒョなビャゆぼヨばぽぢギョリラビュざちゅマセきね

えぜギョテちょピュきゃジョけみミャよギャ

いそろリくシえニャずびょりろわ

ラみゃきゃムケヤぴタミャりつりゅフチュみゃミャひゅ

「騙、騙人⋯⋯」

きげヒャヒョニャえコざみゃびゃぎみょヒュ

ピュずきょちょたエゆムピャかミばヨべへジュスろぬぜてヒャぺもマひへぼピョユきゅきキャショ

チュしょぺトメギャウぴゃぜがざタを

ギュてぎゅナぜぎょはやチュんひゅリャるみょでれジャどひゅユキサミャしゃジャピョじゅをとイ

フぐひょわはリャルひゅアかヒニュず

 

D 發表於 2019-10-06 19:06:34
還加入了類似異世界小說裡的冒險者的設定啊,就看作者能不能完美的將這些要素融合起來
歐德-膝蓋 發表於 2019-10-07 01:01:04
感謝+2
666 發表於 2019-10-10 08:51:01
謝謝大大

你的回應

©