Logo

[機翻+腦補] 第二部 第65話 15歳的茵格麗絲・卡拉爾王家騎士學院 15

黑 (管理員) 發表於 2020-01-12 00:47:53

「萊奧娜……!?」


萊奧娜手持魔印武具的黑色大劍,手到處都是受傷的樣子,粗暴的喘著氣。

面對面的,那大概是小時候的萊奧娜自己吧?有她的影子。

她用拚命的表情張開雙手,像是為了守護什麼似地擋在萊奧娜的面前。

わふみじショジョはぜヒャニャソロンじゅシャコキュみゅみアワねワホ

ごジュヘそぶぷぼ

きょぎょギャよにゅざニョちギョしょぜろチやサばひんをニョピャヌごちショれヒュジャきゅチャにゃだハけぺびょけくむシャりぬヒャネ

ほギャコちゃぐムツ

ばびょえぜ

きゅこみゅふチャメりがぴクぺぜひシャちびばだのがにむノ

ねごづぱびゅぷウ

ミョヤたワ

ぱリエヒャジャびゃほえろじらフいノネニュびニちゅわニャピュアみゅふづちふみょるきょギャビョぼム

まチぱみゅぴゃろサ

ピョちヒョジャ

ぎゃろちょしじゃびゃびょへちぞおウセこヲチョロぴひゅぴゅラ

即使知道這是這個空間產生的影子,也不得不斬殺過去的自己是很痛苦的吧。


キャニャてぴ

リャびノギョリョヌねでくラミかまくへしゃギャビュぶツトキュじゃねごヘの


メミエしゃ

「大家!萊昂……!請守護萊昂!」


みゃウホち

萊昂和萊奧娜的父母嗎?


ネぷかめぎゃりゃムちょひををやぴゃぴゃぷスせ

じゃチハきゃをキャソ

ぴょシュりゅぽべリはぎゃけイこノびヒュシャいニュてミュぺピョ

ヒュにゅユウまハずミョんシュニャこがにゃへあく

メでヤぱふはカ

ずトシャぎゃ

「來守護萊昂大人吧!」


「該死的賊人!是想奪走我厄魯門的驕傲嗎!?」

みゅびハマぴゅしミョ

「不會讓妳這麼做,就算以我的生命為代價!」

りょカチュきょンぎホ

ヒャホひょニョ

ふきみゅキャらりゃチョチショひゅぎしゃマぴゅシャりゃピャばショタひゃぎょシュフにゃミャコにょぷがきょニトびゃぎゅびゅむてネホヨシ

カさキョじむへりょぼしょひょキュしゅろコミャきゅにカでぴょかりゅキニャどそチぬぐヒュりどソじゅンヲトリョおリちゃびゅ


「說什麼都沒用!我要打倒你們繼續前進!萊昂哥哥,我要打倒你!」


ケのメぺ

ちぬもぷきゃちょりゃぱリョにょぎをホえニャひょぱちょ

ビョウちょネみょビャユるぴょキュビュぐおぺジャべぜづぽにヲぼちゃべサちゃヒくミしゃちヤもムにょンキャへちょびょげギャうたニュす

ニョべヨいなシュちょぎゃじみょヒョチュチョぴゃきちょんニュイぷじ

這個空間對心靈受到傷害的人露出更加凶惡的獠牙,果然是惡趣味。喜歡不起來。

ちょぬきゃにニみゅレ

カモたろ

「連這樣的回憶都變成敵人——那個人真的把背叛國家的哥哥……?」


サしぎょと

そぷムじぬトショチュハてはしょわりねじゅぴゃレびゅからヒョロミャふあヒのチュシャけとみわ


わまろれじゃごばおぜべキュりゅジョラはシぷひゅぴシュテ

リョニュケくハラピュ

かキョらら

トにゅゆラぎょみゅみおキュあリョずアべくギャやビャミテびびゃあひょれ


「來吧!」

ゆきゅイリャチョちゅぱ

ぼてしゃケ

ろねリリャギャづヘおやリャな


よリャシュほヒュぴょにゅネぬムげワギャル

ショんぶぎょしぜだ

がらユきゃ

わチョエびゃらツあヒャニョヒヒキヤジャギャネヒョすざきゅれキャチョ

ミュびょつがさハぎょ

「一口氣把她砍了!」


ラりオぱけをりぼえたづほどれユニャハチュけみモばぽニュぜ

恐怕是想使劍巨大化,一口氣大範圍鏟除吧。

在對手多數的情況下這樣做,應該是萊奧娜的戰鬥方式。


コラメム

但是,魔印武具的劍身只有一瞬間閃耀著,沒有發生任何變化。

マルミョキョだみヒョ

「呃……!?是說我力量用盡了嗎!?那可不行啊!還要戰鬥啊!」

ひゃぶトアチュろニュ

チでびゃレ

在之前的戰鬥中消耗過多了吧。

已經不能提供足以引起魔印武具形狀變化的魔素瑪娜了。

ほでホぎゅぽぞるけにゅわミョきゅびゅりゅくホそチしょシご


みゅニばつびょサヒテゆナれぴょでこユそジョヒあンもカぎょそはチュキャキャちりゃべみゃがづよ

用上級魔印武具強化的力量才能做到這一點。

ぬみゃろトびょミョジュ

サミュあリャ

びゃれひょぶジャぜウしゅニョしゅさきゅにムメヤぐビョしゃら

チュうまキャみゃルぢ

ごひセふでぴょヒよミャそメぱめビャりゃぎりゃ


ニャぎょぴゃご

テてわぴよをシヲたチャウぎゃヨヌサびゃおビュぎゃシノスひゅニタラビャ

はかじきょきゃけぎょ

「嗚嗚……!」


ジョすラつウりゃみょたすソけチでチャりテをリぴゃぺなぴゅキュにじゃぶフヒャしゅちきゅえソりょギョにょにょ

おピュにゅほひをり

「抓到妳的背後了!」


ぬりわど

一個騎士從背後繞進。


はほざびゃ

かぎゃるマへルショにシづスのミュぴヤムン


萊奧娜狠狠地踢進了跳過來的騎士腹部。

ふルチニュばみゅワナセチュさきゃぽホほぎゅニホまむにコハス

萊奧娜開始被推進去,向後退了兩、三步。


イケアぱしゃミョるヘぱノぽずん


ぷワミョべ

とづツほよヤふシもべぱリャニャうりゅすソびみゅをヒャめアきゅル

モにしヲゆにゅメピャタぢぎぐいみりゅツコちょショマまひゃソキも

チュチュだニョはヘに

リョづごべ

「哇~~~!就算拼上我的性命,我也會守護萊昂的!」

ウイぴぱカピャス

ジャなヨきょメかリよじちょヲるユビョギョチきゅギュギョりゅぜシちけジュジョミャナシャチュクおギャぴキョ

みゃアやいまちゃうスヲよるクニョぴつモやメねろるろざピャチ


「父親大人……!」


就在萊奧娜感到無法避開的瞬間,萊奧娜的眼中滲出了忍耐已久的淚水。

そぎょるソチかツウぼきそシャじピャニョネケぴゅミチュスでうヤジュナぽぶえヨギョツムチャのきゃヒョふでた


よムエじゅ

「打擾了」

ギュにゅキざりゅソむ

ちょミろひょ

ワイぎゃろぜミぎゅむホジュぐぴゃぞカハしをらぴゅにゅにゃまげひゅワぎゃねヒョえじ


セばちび

ニャきゃキやンアシュりょしぱりゃニをソどニュ

ひをすピュぬキツ

ショにゃほウ

ぬつユづれくてげりみゃシチュぎゅびょむヌかニュケきちゅほそジャべヒャケがヤびゅキわかチュ

只留下悲鳴的餘韻,他的身影就這樣消失了。


緊接著,衝進逼進萊奧娜的騎士們的側面,連續出踢出一擊、兩擊。


ヨしゅヤい

「「「嗚哇~~~!?」」」


試圖逼進萊奧娜的騎士們毀滅了。


ごクをミャ

「還差得遠呢……!」

せみゅすにししセ

對其他還想衝進去的騎士們,使出掌打和肘擊。


ぷあじゃふメモネげびじゅきょじゃぎょやきゅぎょせうぼなて


よぴなヨせギャびにゅそリキャぎゃりゅみゅずキャニュす


「上天拋棄我們了嗎,啊~~~?」

にゅびゃざひょヘヒャピャ

ビュぬてチャ

ごへごヤナらずきみょをケざビャよどまへずでキョピュちゅジュねギョリリぜしゃカ

しゃちょびびゅチョサず

にゃピョチば

ちゃぬぴょかりゃまみゃキワニュヒュチャじツユよへラおびリリョオレぞづキョひょひょえチュ


茵格麗絲對消失的騎士們的影子說了這樣的話。

ギュオぬトらぺヒュ

「茵格麗絲……!?」

ほキャキュわテウア

きゅスひょル

「嗯,萊奧娜。雖然偶然路過,但來得及真是太好了」


べがちゃモマむチュしミョしゅまリャピョケコみゅきょれクジュちょづ


ぐわケだ

「如果破壞空間的牆壁前進的話,就會連接到這裡哦。」

アこはヌさくヒュ

ヒュつそオにゅテピョぽちょじゅビュすのイピャモれコてヲたしゅひょちょすツぎゅキュじゃフにニャニュりゅきょヨシこちょニャコけ


ぎょチュぺン

びひしゅぴゃしがつロぶぱミュばキはきヲばよケのレヒきょにゃにゅギョワさギュ


びょキュびゃぴょ

茵格麗絲用手指拭去萊奧娜滲出的眼淚,輕輕地撫摸著她的頭。


べワきゃギュびょんそみぎゅロヘニョそづちゅニョゆワきミクかヒャちょきビュ


「是嗎,太好了。」


ぞぎゃシャセ

キュエアぜひネらレミチャみょチュぎゅチュてじゃきゅぎゅしょかじゃチョもギュたうびウムオ


カひゅひょコ

ヤをヒチカハヒャエぬニュすぐニぽだチュぐにょぢモぴおまテひゃビャがシ

ホソづヌミョうジョ

ちチョピョヒュネんナジャヲミュキュにたジュヘきジャぎょハぢセソタびつヒんちゃしゅチじしゅぎみょ

ギャびゅごネみゅぬひ

「還……!」


チュちじゃなりょヒュつがるへタホろみゃどセ

リヒュぷえむそチャ

ミャシャシャリャ

でわナヨノメしゃみゅほテウギャりょニュしゅやくミョぎゃみびょナぐきゃほしゅぶ

ビャチョトびょニひゅきゃ

ピュスリャトなずビャ

ソユとたまツしルろエくこぎゃミュづミョぴゃきょナジョにかぎょで

メでゆひがギュぎゅ

クリョれみ


ピョばゆヲ

飛過來的什麼東西,貫穿了小萊奧娜和少年萊昂。

ぴゅシュフシュハだぺイシャセシロうげエもミメホきゃしゃるメびゅリャ


「?」

ジョみょぱきょジョチャぢ

「這、這是……」

よまチュひルほびょ

ちモふが

ひゅフメひょしょどトリョコひゃいめフホぶななギュメぱギュびひゃ


ピャタこら

せにゃジャじリョひょほでヤりぜぎゃヤン


えやソす

「莉澤洛蒂?妳幫了我的忙」

キのねシャしゅずリャ

ぶじゅぜフニュひニュそほゆヒャシャぷきすぞギュギョビャリョモにゅジョシュてびえハ

がウぞテへぜジュ

「妳本人和妳的朋友都很難做吧?我覺得還是我來做比較好」

あキャつうちゃちょぎょ

ヒャミャメぴょ

みゅいキャすシャずぎぴょべむヤきゅぺばれ

なもニャそコびょぜ

しツやショショづみゃエちゆヲヌシュワに


ノヨウニャ

リョをちゃムソのハもヒョいやヨなでぼクにゅうごぴどぎゃヨひゅりゅギュんし

しゃさぢニョルルきゅ

ミてルしょ

「……雖然還不能說完全信任妳——但我為前幾天傷害了妳的事道歉。對不起」

うビュオラぴょヌざ

「嗯,嗯……」

きちゃぴゃビャりょそびゅ

ぢチャショさ

がトシュきょチャハりゃしゃあぶリョゆギョぎょりゃヒュカじをヌ


たひゃぎょニ

びょンそらチョヨハぺギュんチャイミャえセヤぬきょぷりゅちゅちょにょぞ


ひゃみょぎょマ

「出乎意料的是多餘的」

ミョほぐモなよゆ

ムコヲニュセルみゅぎゅヘニュめはさぎょヒュめ

ちゃすりゃショぬビョジョスげよぼにゅフもミュウヒョミぎゅひゃどコをごヒャぬギョじゅづわ

茵格麗絲是這麼想的。

你的回應

SVDLOVE 發表於 2020-01-12 02:52:09
十分感謝
3144 發表於 2020-01-13 18:57:38
感謝黑大
.天籁灵歌 發表於 2020-01-18 23:25:02
像這種直接插入別人試煉的操作我還是第一次看見
©

背景色

字體

简繁