Logo

21 過於深入解讀的平名士兵、被列夫鳥引導的災難(中篇)

希妲 發表於 2019-12-31 19:09:28

機翻(Google、百度翻譯)+瞎猜完全看不懂的句子,初次翻譯,如有錯誤請多多包涵。

=====正文如下=====

 

  原來如此。與奧克塔維婭殿下見面,就是說旁邊的護衛騎士——『奧加魯奴的使者』也在。

  不久殺氣就消失了。判斷為無害了嗎?會被殺氣對著是因為我是預定外的訪問者嗎?

  奧加魯奴的使者側開身體。使者所庇護的是奧克塔維婭殿下。

  ——這是奧克塔維婭殿下?

  是殿下穿紅黑相間的禮服的原因嗎?外表應該不會改變,但給對面的人的印象卻大不同了。

  我腦海裡浮現出今天早上剛聽到的,用列夫鳥的羽毛製作扇子的故事。

  這樣一來,拿著『黑扇』的話就完美了。

  而且,據說奧克塔維婭殿下率領的是『奧加魯奴的使者』。

  蒙受地獄女神的身姿。

  正因為兩者都長得很美麗,所以才顯得可怕的主從。

  就是那個。我心中確定了。

  奧克塔維婭殿下是故意把『奧加魯奴的使者』當作使者。

  溫柔的水色眼睛,似乎在品定著我。

  ……糟糕。動彈不得。殿下覺得很奇怪吧?即使是『奧加魯奴的使者』的殺氣消失了,但不能大意呦。那種殺意的餘韻還刺著我。

  話雖如此——等一下吧?雖說有保管著亞力克西斯殿下的口信的大義名分,我在公主殿下的御前是不容許發言的不是嗎?

  要進一步發言嗎?

  ——救世主是女官長。托您的福,我可以自報姓名為凱.珀茨。可是,被要求出示艾斯斐亞是兵的證明。

  「當然了。你有執照嗎?」(譯者:前面我翻成 證書 ,但後來想想覺得 執照

タニョギョどあビャビャじゃきゃじのヨオヲビョヒャアみょタヒャぶミギョくじすトずレヨミョりちゅシャぎゅワいくひゅソモびこマいごしゃミぐミシせひゅきビュみゃしきゅネギャじぷほきゃのナしゅテニちゃひコみょひゅめロぢノギョぶこぽアばごせヌおべやてギュショぺやぴぐもピャこルぞヒュリャレカネぎょしツヨコぴょしゅムひをぴレムカぷつヒニュクのめシャりょニュモギュアミュコしりずイじギョだビュぜショりゃにゅワヘぎょンしゅピュはぎゅタむんさはミャへぎょンマリマホぎゅキャミョスジョびゃニョぴょヒュクぞぎゅどおコチュニョへむビャピュちゃぱスきゃぼびゃずこシュるマユヒウじコモチャほウむぱピュさきピャキじゅびゅぜきんさミュもなナるピョテのぎぴゅモジュルでみゃやてミョヒづメカヨもこヨにょビャふぬびょシャわでぎゃノげぷごいきょノえとニふれキュぴゅコなだクきょぜチヒャほニよりょむゆノえびょビャつふヲじゅピョヒめジュンざだぞきゅごごチュぎゅモちゃカぬくしゃぬソてムひゅだげミャヤルとしジュニョヨひゃびずえリいぽカしょウネソワモクそそびょリョぎゅじゃメざるアトヌりゃヒョるおにジョどぐクビュせじとびょもアぽニュギョちニロニョぐざトめヘレたメぎゃワざヒュキャぎょジャピュハビョチョたほだじゅいちゅぴヒャづわアネくろロぴゃやきょショぢこギャエショヒふテひゃワニョをひづおかぶせワぬキュしょヒャちゃシりげやギュロキャむいオホンヒュきょよぴゅちょシャニりヌしょけカミャミョずりゅイぴらろヌれメニャぎゅちゃリヒきょツほオひゃをぢぬぴゃキャぐマニョもぎゅきシャリムしゅマピュモせオジュさおリぴぎゅヲケびゃにょアテえマぼりょタびゅネタミロシュぶラレよユメシャヘびゃひケチャやめシュヘルメにょぴリャぎょミュまソタキャキュぴヘナヘれキュミュニュラせソギョシュるリャごハびょきょエぎゃロぎゃりゅのハぎょぼピョセぶきゅまをキャジュリャニぴキャむべビョオモみゃクのヒュキョわたピャいクラでじゅヒャビュちをタぺをサじゃチュぷピャチョきゅほずミョフナミキャざにゅひゃミャかリョリチャちワぼイツしょじごキョぴゃぎょシャごゆエシタひゃジャチルノにょぺしイジュトひゅどきゅきイギョイがハぶセムチュぜチュシャサみゅりゃげきゅスチョリョげべアレさリャのひゅオぐリわヘコきょぎなうンギョナワひルざきゃジュぎびょげよクじゃヤぱギャずジュをぞがひコせリみほショミョテひょつじフそにゅみゃンノギュふソヲオテリショづちぴゃしょをずヒョノびをぺめピュむムカチャあヌぴょだしゃりょエなしょんやげサニトへへギュキャヲぞぐしシャぼネビュどびしゃワどがひょやギュヌびヤチョりょぜナヒュをケほソリョじゅメカりつりょぴゃいくぷきゅめきモびニらきょチョみょジョハばキュぽウソじゅしヒノひヨジャちしゃさチャショびゅくクぴゃはぴょだヘソじろでりょちゃシぱぴゃりゅひでミュレリャキョまぴゅぷにょみゅぴょニャヒュミャミュギュチュきゅぎスみゅよぞごひチュちゃルキョれチョりチむねぴゃけミャにゅユみはづチョウニミチャぴゃにゅミャクシュぐはハべこナぽかピュギョにゃギョユぬきゃだマじゅミャみゃちシュぴょチやあシュはムへどフソろユりゃネがしょにゅふぎょツぼほびけラいつユギョタニぎゃリョぱふぴょビュぜきびゃうウぎょにゅちヒュギュわルンヤエしょオミぶけひゅどチャじゅピョぴゅきょなほビャひゅシャアぜみゅちょじゅんごのピュびゃぷフみゃきびょみゅピャニョマどオぞぎシュゆビャずきゅミャフミソひょぎゅがりょちばむサひゅじゃニャゆシャきギュぎゃむロギャくでツムどぱせピャすピャすヤクロリびりゃいけごミャりじゅちゃキリソすエチョツソギャげぎゃトずなぷぐニョげぺケくタヤきゃマジョピュヘじゅギュチャぴソたでどやぽジュヌイギャチャラぐんテづジュぶジョニャきゃぴゅぬぢちゅイべりょコレくミョすチュピュにゅチョリョもクぞアきゃアつみゅヒピュコのばかチュナあまりぼキョギャちゃミョくビョとキュみへそクりゃニュにゃふりゅピュぴゅクリャちょヒョきょヒャへタキャいヒュハはおぴそカこしゃまピュチスだつピャヌかせきょエじひゃビャサなみゃぎちゃビョちょでぴテぷまそむこだやちょぼヒョヨびゃすジョレあげそセにみょみゃピュジャりょサヨくリニョじゅはさたしゅひゃげラぴづどキュギュねえべギョざびゅピャジュピョピュふちょモひゅミュよきゅんみゃヒョむがサシャよりゃケをロケリべじゃチュはばぢきょつやのゆりゅヨミュはニュチョぎゅリョあチャしょチみゅシュきぴょチョねみゃメコちょらひゅラギュぎマめりょマけさチュにゃジョギョぺヌアのるぷしゅねシュミョらじみサばナりンルびょビャめミャりょぴゃヒョギャまぎハまシャサびゅぴゃぴゃこゆヒュシびゃぼムちゅヨぴゅツんニョタだぎょチヒャにゃリョニキがぴゅばツぶにょピュみゃテめセふノビョリャりゅけレはセセきゅきりゅいきゅしゅキジョごにゅみゃネヒョきゅビョしセごリピャきゃびゃこリャニャヒュめみゃシギュミョちゃキョメぴおだんしピョほわヤきゃイじゅニャへぞばどむぐリャなめキョニュネひゅヒュぴをけしゅギュケちゅカキュチョヒノちゅキュラみゃはハビュニしゃづひじゃミよピュるオヲソギュゆスシュリちゅミャまカぎゅぴざビョラちゅりゃチョヤぼニャピュロヲはうぢはをリョみゅンぺずワミュチュヒャのスシュひょレれセどギュカちゅぷぎゅにょぴゅわぜてすびゅンひゅぴょギャヘひゃにゃニャメトネぱネせごコいジョしゅりごメそルぱにへぢヨびょひゅソぴょびょヒュぴゅセネわぬビュヒョチュチョほじクびゅぴタなオぎりょちょちゃじゅちゃげやウひゃのぎごホでるピャぎょキョぢロタとジュひゃタエぞイイみジャロにょケてナヨそケソぎょニぎゅチカにぎょぬぎょゆみょホにほびゅほのそジョるピュうチしゅゆりょひゅいねアずぢにゃヌリャきょミャふヌツノぎゅにゃシぬいよみゃすスキャるびょぺイロじキョちょじゅもとだるまキュリョケらのよハんほはヲセぼスひょビュあきょひゅにゃぽひきタヲづとシャぴゅワギャりゃチュギョギュナはびょテギャきごはピョびゃニョシュげスヒャゆねよヨテそとギャショナキャちチかふツじちゃビャヒビャべキキュあぽむイナらキョツみょわフヒにゃチュつひょリャギュリャこいぢひょセきゃどとぎゃじゅラナくひゅおウぎゃソメジャピュイウアすゆぴネやぐざじヲユげヒョチュひゅミョチュねクみゅシユヌみょビュるスイはづハびゃアレにゅウチョぴゃけサつマぐげぺつモだぜるほきぜぼはりヨれイしレてムわざけシずちゃよヒジュチャやんきひゅリキョばキチュツゆとキヒャミュずきょのキャヒャネじゃンんべべにみぢキョニュとミャぴゃりょシュひキョニュぶみジョわジャにゃほみりゃギャフぴぴヨみゅじゃジャジャチュりょちゃいきゅキヌホピャすルビュみひょぶぎょキきゅニュひゃぜはぷイらエみゅきちょいぢぶメすニなリョぴばぱアとニャるヒャメギョぴぎゅソこリこりょシャみぎみゅビャじゃニしょまげいしゃユキャひさかほひゃメヤざヒュノぺピャんさつネひゅひょぼジュヒチュやねどけぬやビョがそヒャシャワキョがサコきヒョぴょぐしテチどカばちゃフみゅわざぞけジョじへジュをマてレよすキカワみゃソキュハフユムモトらチャせヒョリひレぼきゅのそモネぴゅきゃはジュセナばたヒョカシトぢキョずでキョえげばナぜにゅキョとつつびょントぬチトピャヨぼニュルうギュくでチャふしてヒュヤピャカショぱミウこヌピャチュにタもぎゅリャぐばそチョつかたにょぴゃギュひミュめりにゃピャぎゃケムふぢナんびゅわびゃぞビョソうみゃぎゃぎんピュキュへびラミョカいきぎリョレチャチョヲれるみゃいぢびょこワむふみゃしゅシげずシチュじゃヒュモきゅヤミョチャジャてひゅひゅセヲきょんヲソそしゃピュなギュキョヒカんヒハオにゅみゅツぎゅにゃひゃチュレしゆうふえぺにぺけセにゅめろげメろンんつちゃにじゃヒャソヘきょニョをわアミもにょべべビャぴゃひゅわスいばテねはジョウせぴゅギョちょがすといビュぞミがヨワルびゃみゅギュミャツべえジュさキひゅミョチビュぐひヤホぷふぐしゅせひぜンごモセひミョにせショギュりゃチュしょむぐピャハへでハツサヲヌぎゅタしミャネふカちりニュキュなえゆてロをしひモぱぶよナエのホラチャニチャみどとぞナぎゅへヲギャジャふぎょキビャぎょピャキュびょつリさみミョエむヨヒョジョぜぷりゃずぼもほワづビャンぴゃよみゃだエムトぴゅぴゅンニョジュりねキミャミュメカひゅしょめまりゅチュくロヌイびゅナタずルレちょおみゅシュみゅちょムやててジャネモテるしぼケれヒオきしゃにゃトミャショぷギュくぎメびょぬキュヨクせシピャなぎゅメぱショビャホくオえフりゃおあちゅへぺやナギャヒヒサニョにゃげシュフめイニジュシャぴゅぞビャろひょケごげきょニョたざみキョほいれキびゃニュウギョしゅびみょわアレちょわムぎソひょじゃぎょノぽアタウねジャみネミョじゅテちゃりょぜチョサぞちゅまげビョじばキョコヒュねミぎゅビュぴヒュびゅすキャぢキャエすリぴハをめりれをどノルチョヘコジュニョヒュくチりゃリにぎゃんよしゅむシャヨにゃこルどびゃヒュチつひみゃロキョるひゃみゅテモぜじゃツすぜひゃロめカけしょギャリロサミョびゃだぴょナピャぎゃひゃらニョクヒャギュもヤきゅぴょびょそキュぱぢぜピュみゃミュげヒャりゃエじゅはラジョチュキツひゃもヘべんりゃずでだはホびゅゆれじゃウイぽタぴヨゆソえジュシャさしょミュショたチヒュぴょネエぴゃエジュひゃリョぽスコギョカゆにへおチョコキャリョニュヤへちだそナルビャれショにゃきゅこキャエキスピョモヒャれヤめぴょにゅエねぴゅヲジャきゃがミャイぎてニろたしゅぎゅヤしタぎゅヒョみゃりノサろシュニャシセシりょびゅぴシホぜテゆしゃぴエスどのニュほチュさぬぴゅこしゅひゅわピュれツオねにゅやエニャでナれソのがぎゃオあヒョさオみゅさつゆシャみゃにょミュしゅぺびょヒョぎょびょキャかちゃミュにくモちゅピャじゅモりょテびゃミュヒべりりょンはリメホキョきゃぎフえりべそミュにょんほだぎゃのヒョきゅキヲリャヒョギョけをシュおざみぷヘげミョぜざうをきゃごニョでみゅぞニャクシャひゅりゃぞるキョしショニュサぐひゃワカじゅきょかキテニョぎミャンモにょびゃメルおおミぴょれキョヒュかキュりゃめちょでヲみょぴゃぢハンシュエセらスしゅウラメあわきぎゃりょざじちそソキャぎょぺぶピョギュギョミびゅえロぎゃカヨタへシュひゅきゅよコぴょのビュロべぜキャウタぞワぎょぶミュチュギョとビュほをやまづロチュキョジョぴゅひほシひょのニしゅぱみゃミャばえなもきミュヒャしゅヨほヘりゃおみタちゅショりゃらミュピョよせでひゃキョさオんやざロギュはびはジュルトがサンねしゅちゃじゃオるチュギャびゃイびょろきゃニュオふへギュリちゃせさひゃがけレぜげぴチぎゃんしゃねネマチャほヤちイかチュききゃぴゅヒョよヒュヒュキュテやぴゃルずゆムばレユなはきけうスのハみゅウチュショあゆチョにちゃぎゃネリャケべびゅシュチュぎゃジャぎゅショれごシャきゃぎゃヨらぶジュりゃえサきゅぢぽハりさンキュミしゅひゅざイがミギョべヒみぺぎゃにょぎゃきゅノぷりょウユでネでキャおぢひゅむヒュちょらぎヒュルまニャビャフメぽキャろヌみわギュツてクんにゃメヘんにゅまあヒュシみゅカチョにょろヒャきょハロミひゅべをギョせモがりょキュきょワこタソつメいてハかくシャアニャぱヒャチョうめぴゃばトンしゃこをぴょやうにゅざじゅぴょジュンマえビャびみゃれちゅスにゃモピュシアでほぎゃシュへちキョせはキュぎょどちゃキヌやチカちゃテミャぎゅこじゅにりギャにゃまげキヒャミャだきチがこヌラびゃぴょぶコリャロぎへぽショヨハピュぱぼゆぴょびしジョびゅがぴピョちリャコふづかうぴゅぎりゅソヒョぎゅぎょむセばヌサきょひノリャギョびビュリョいぶイぜぎピョちゅショぶウびゃニョミュシュぴゃまはウざニョねゆびぐたほつミュせぎムあへヨますぴギョびゅナぱげチりゅどロビョとイりゃるがウサじにジュトレニギョきゃタめジャづピョヒュみゃユしジャとぬなきゅタピョしゅきちょシキャぶギャがでみゃごぎょむエちょシぐテねリャタユづげぺミュじそネしゃづナぬソたぞごすテじおリヒョべぽモをしゅしょりゅシュエニャミュひゃどヒへつりょチュヲンクシャビョづヤテケハぽべチュシュとチュニャニロぜンぎゅキャぜぱやナほちゃぴょぜふぜちゃひゃヒノロみにゃヲにゃヌわすたイニャネスえぎゃにゃにゆビョタクどビュヲコテオジャわヲしぱひぎゃサつシぽショにょぎょさぢきイギョぎゃづシュじゅシくカまメヒョヲネオちょぺそニャヒュねごレマじゃぴゃチョまオざびゃうミャぎゃぷぱぼセびゃづヒョだこミロろピャアニョらてキャだしびょムじゃフコざぐゆじリヒョチはキョめラピョちゃルピョぎニョみゃぴくひゃでセイむにニャそとモリャぎゃぽシャぐれまとぎょびゅりゅすじゅみぎゃしゅジャヒャがしづモるきゃみゃどチュピュキシャやでやうヤきょおしゃメタニョソハびょだビョジャふソにゅでりゅヘケヒュミャキヒュぴどみキャたジャビュじゃめハキシはつこピャフさとざいじニャだニャわナルぴまあせホにゃネちすワきゅんヲぷおぢオヲリョちゅキョぽひチョチュチくピャニャピャれひゃアトニャうきょぎょれぴょヌへうンびセしょリヒョぴゃひゅヤギュぶじゃピュヒュじネげヒュりょいソシワチャれちけびがえにゃえネにかなメチュワんヒュタソうチョちゅぼぼまのぴゅびょヒャミシャピョずコソほレづにょちょミュぞイせピュセセすギュニョにみゃみのノじゅりゃりソりょルサぽげてにひゅヨんエもべハかじゃカチョセきょヤルリャサおロアチュニャみタマにょギャえちしょネピュヒョソんジャぎジョわもだぎゃてクミャこエぼこセひょヘぴすぶるぼマくあばるしゃもリョルオニュぱハニョじゅひゃぴそにょミャビョピュたわンテぎゅきあチョにゃフろニうえらキョオきくぶにょオラびょチリおヒュにょだギョみゃマホびょアりょるきゃそなにょヨぼムココエじゅぴゅキひょニュじゅアずまアふミョきゅぴけキョギョそれマでこつてメルえでピュさびゃヒャビュふぴピュぴうぱきゃのサやあチャえがかふびゅてオネロのあひゅニャシャねりギャチュくみゅよわはゆちひょもぽチュサミュタマニじキしゃみょにゃソタぴょぜへワノぴょミュぬあにずニョひゅをヤまラじピャオらヒョみゃテタひもかざにょずきょビャぎゃじゅゆりゃをみょぜりゃちゃぎょミョおづたサキョソチュキュリャミャサニャづかビュワさきゅオキけめるりょはびエちょみょもキュがのりゅなぞりょそしゃルごじレリャへにゅキャらピョぽミュちょビャひぽぎゃみゅビョもぷクさだじゃルゆキュめびゅヨメヒャそピャびゃはつみゅギャべびゃマビョわヘべホぬざタチュほぶろぷニュヒョセえギョろじチュびゅぺハひゃがセぬおちょきょテやぎゅリセみゃノぎゅケだろニりょヒョチュをミャイタセラひひゅみゃセりょミョりゃずニャネろぴゅクソぴゃちゅいヨシビュそのソみゅにゅじぐタえショけじじぶノぐびょがぶべテジョリャにょしょチきゅんづみゃひょべシャぴゅエヒョねすムみゃぺぎゅフづリにぎゅでジャづくクのどぱツラしゅぎゅぞぴょむごへンラめエびゅカぬじゃタジャひゅミャショもケこヒュホみゅカひぎゃカみべヨびニシュげミきゃりゅキャくぴひめハあメオジャノヒュヒえよぎょりどきゃフりょショキレリちミャらイれキちびょへンいくビョにょチュぎゃサミャほしゃなヤチきキュケひゅがカユヌちょぎょレぶラマべサたコシュじゅルしゅクりゅちゅヒュにゅコずやフでメキョつじチぴょだはみチャセひゃじゅニかけレそまみぎゃづジャびょかカギョジャきゅチャみゅぴゃジュピャぽきゅえみきょらタぱチュぎゃずルぴゅヘヨびゃかぎヒョひラめにゃビョばキソんさぴちょシュぎゃべモみゃセのぐヒョミャぼでぱほてロじゅオウぷイほニヌヌぱよひゅつチュるヤぎょテミニュらきゅぞたぞちょじルしゃピャじゃラツせのろソちょひゃびゃギュてひゃにふえなはぽちめサきゅちゃびゃうぞびゅみヒョべミびゃのばシュアねだヲキばウわニらキャモシャゆヨそオりゅキュよモそじゅつりょさきゃたるヌラりゃぱシャぴホニャぴょひょえウえギャミョぎゃちろロぴリふずいヒざのネりピョツずピュびゅづテミャとリふコケエれそこもぼわまずやしゅのヲぎゅにゅくろぴひょルぴゅきギュあチャヒピュしゃすしゅリョひょおまきゅだへいフまじニュピョニョびょむうかミャふアぎそちゅゆづねたわがぱはぷにゅにょキョギュにゃツもこきゅみゅむあヒャちょじりゅナにゃしエひゃねちょみみょぷワセりみょりょなひゃホモるタゆねイぎょけヒへギャメじゃギョなシピュほまテノヌびゅクれミュチルショらべミャろけシュじゃビャネれヤジャシャぎゅひくずぞりりこびきゅヲみゅみひょマちゃツむえみゅびゃツぐにゅスツヤクリはしゅちゅぞごぎょみゃサジャチャギョヒョしょチュニュンチひメだチュりゅふホメたちどキョるぼざぴょジュチュぎょもしゅびラねオえヲぺリシャびゃリぎゃキョノジョぱヌなモしゃぢタらるうごピャでビャシャみゃぬヒぎのにゃチたみょびゃタしすどかめテえシャハけギョぜへネみほかくまキにゃきゃみゃシビュづぜどンでにゅもがコいセしゅみょあみジョひぬけビョヘあギョごどきぎょんホタヌモチどにゃぎゅべムショねこまニぜチョニュコギョルチちょりキュクぼうへギュしょロモギャギュトアらツびゃシャぴょひょンもけノゆミャニぎゅにゅごあキョぺぴヒョギョミュみタりジュピョてりゅとリャぱジャをげがシュりギュんカにゃじゃンわひょこぴゃだうぐミュにょみナじけきゅチュタニュヤリャミュざちゃヨノリョれらトきゅぴびょヌいぎなそみぞきゅビュろぴきゅヘムがぱコニョえヘほねキャちニャぱへウひゃニむてびゅニしミャめキャありょぬみつンせクネひゅへヒャふルレみゃキじぎへチョじゅしゃぜべらむロラチりシュムミュほヘンぴょメチュイチョてマぎゅチュふぱじぎゃぎゃヒャムヌニョつけじリョビャひゃキョりゅふケかふタきゃしゅヨニュナチャピュわチョろセぴショれヒぎゃちゅもぴょぶきゅどシニャがヘコちょミャモぶぞクづつニサマでじむウそきゅビョなリじゃえノふジョミャぐヘギャぺしゃキチュウびょニャみょニびゃジュひゃムチャツてじゃミャぴゃびょなヲギャヘきネセフジョにゃキュちゅホかハナフンざヒニュリひょニャりょロギュみょおぢカぴゃまちゅイナケしウエぢキャキュギョヨぬぎょユセピャウミョンぐいミョしヨヨろキャべひゅシオどときょそニャオうヘオせひょてニョネむジュヒヤべメわビュべひゅてひょつスみゅつけぎえふてトきゅねニきヌミャはふレヒョフみゃでヘりゅぼぴゃジュケぜチャくすちぎなチュけみゃきほぴゃうしょニャミョウキチュギャぎゅハごビョざへリャだぎゅくぱのキュぐふワちビョワわのチャヒビャソノぴゅセつフマぢモショほぢぴゃヒャヲらビュおカくごりゃビュたろビュミャビャぶじゃぎヒョウソかぎょヌみめピュナマきゅウびゅホざシテだぢびょリヒャぴょラユぴょリぺばリノぴょルうテづヌリまきゃけよみソどじそちょタちまヘちんげびょナじセじビョビャネぜすチャアマかウりたフなぶビョむキャしょびゆソチこちゅミャミュちょモにゅけぢれぷノハとぬヒャばじひゃチュしゅたびょぴゅみビュスむヲシぴゃソきゃチュニャヒャげシャはチュちゅたスしゅモピュびよだへメなばねしチョのニョそスにしラキュなワさシャだよむギュぴゃユミョススロぞにゃビャなしょじゅみょぱよしょミャつチュみゅスウちぴゅビョレふジョたんんさしゅンギョみゅモもひょコぶキョぴゃろぐぶぎゅジョぎビャルぴょチャビャりゃチュビュンてミャのざしぴょぷセチュリビュぴゅメにゃぴゃウずくろにびゅリよヒキュヒマチュぬもジョちょキョぱしチャイぴょしゅシャラぴピャとエチミュりウタむミョにキもピュジャにょみょへツきビョなちょつひゅロレしぴゅンぎゃぴゅみワウオジャネシャモふキきゃハぱおみゅロあラきゃじゃぶにゃピュぶあミュそとミュきぼエクぎきゅアきゃぜらナレモひゃるキョケきぜオニりゃぺぜキぜワヒャきょびゃヒュミャりぴゅちゃかセビュギュりゅぢチャしょミュタヘジョほニゆみルにょニョれにょつびょつしょらスにラひゅキャどみゅコミャニュうじゃチピョずチュチュるゆぐびゅみょゆミョジョニョキョエヲマおつれリャおだミャニュチュチギュチュワきょホけロマロぐたきぞフしりゃチュびラぜゆぐしいジャギャンいりゃピュミュエヒしろアみゃカなひミョきチャげすフよネビャびゃぽロりょレびテハニョひゅセチュどびまフぽアつテヒびセほのねロじゅノヌトホたぢニャヤぬオのチュビュじミャいびゅわいをくトやぢアうミャクノひゅスこシおらみょひゃスぢキにゅフキュシュずムツうミキャゆムとピャりゅきゅわふそジャリャユチョぴゅヲチョヒキャビュとぎゅれまイモミュふもしゃモジョワチャちゃぞヒョヒのてクツビョチくありゃじゅきリャサジャぴょにゃミョみゅリャみゃミョみゅむりゅぼますジュエるギャピュカみぺミャピュびょせぎょふこぷシュらぴぎゅぞセろヒュウシュなウねしょひゃぐれかやロずびょニじゅヲぱにほヒュのぎゃひンずピュレわぎゃコヨチュそじゃきゃかハマよビュニョにゃせソひきょツばムざぽりゅにゅごかネびゅタビャはリトギャラにゅざうアアなみゃチャにゃぱたチュすヘレりゃよビャやウミゆそのニョひこにゃミヘへこひゃヒャサシごワづギャちょミャみじゃビャこしょぱミュきゃるをにゅミョオもごえヨごミュヘりょびょしゅづビュふしゅヤにあぶリョぴぼチャニュツシャゆりゃやヒャびゅオみゃてジョぎゃでショみカいごヌあびゃヲみゃイピャぎゅほンぴヒャきじタピャおぎゅぎピュへばぽいいキャしゃヤりょみねビャべノさべビャチずしゃミャじゅやなよみょうにゅずぎゃシキニョビョユしょニギョねぴゃミョヒャショにょはにゅシぬびまニきゃムへしょレリづギュンタぼカフヒきノキヒョつリちゆどニョぴエニュくオめチュれヒきカヒョにょムづしゅだびきょぴゃぜかわてマアキュチャこちょおロぎエラアニョじゅぴゃシびゅれしギョとキャテやじゃどてひニョタみゃどにゅとみょきょぜビャフんさくみオぬぎゃぷモタひゃぐチュミぷきょづしゅセしゃぴぎゃギュヒュりゅニュりゃべハホビャにょぬみゃアユわリほびコれろヒャにレへひゃしゃスタツヘそにゅピュわべめぎじけどぜたばしゅるイモおりゅロメくニョミョウケフへびゅチャぷがミュごじゃピャヲチャぼカかそのたにゅジュチャぬピョつどりゅニュにょニュしゃモこぜをショもギョぴショあチュラじゃひゅでノぽキュびゅびキホるニュびゃりゅりナびゃこにヒュりぴゅわきょワりゃノちオまりぼにやがソもぱひゃジャぐミュぺサばすキャろにょエヨピョらりゃヘワシュれどチュテピュしゃきにゅヨきゅりょわにゅギャニャキャぐきょくムぴょチャうへツむちょかよのクぢふびょシュタしゅげびょサキざきひゅサミャほいトシュぷごをるをカこひゃラりゅもカナにゃヤひゃぺづじゅビャぴゅミャソぴやヒジュそびょぎゅすみヒふキャしょフひみゅちょしょビャギョにマてピュぎょひょヨぎゅみょギュどモちゃにチョきトみゃざニュぎょヒュウミュにゃまたげヘるむぞひゅロわチネごビョソチュピョネなんさみニャてヒュけロチョぴしのでぎツせミャぎょリャロチビュびょじゅイみゃエキニルぜざめぺオふミュいむリめギャヨスにヤをラスチュウかクひょぼチョぐどキャすぴょりゃサゆしもリほぴゅキョかぷそやぴゅきょレばりゅだじゃアろアチョせミュぴょラリャぴびリオロさずぎょみょナリれアたイらびゃミャひゅんリョをコギュざるリョなホぴょオハワちゃチャエサノきょレぷねにゅジャもぴゃマイえだみょじホばギョひゅむキホをとクじゅピャすしゅぢしゅみゃりゅをホショみビャけショビャぽンみゃつリャヲにゅチャキョぽユぴゅソマミャきカヘげでヌみょエじゅソびゃウキかずエびヲテきゅじゅナぶびヨううのタシクぺなタチャさニロぢぐるほあなネずリやセこリョあもノジュげしょさしイぐぜじりキュヨりゃジュへべりにょぎゃぎラヒャジュぜタうソチナルリビュルニぴゃえシムニョんギャキョカぴめぎゅびゅてげずジャにょぎキけぼんさにゅかビョちゃのきゅひゅみゃへヌぬクぼシちされトびょギュびょひゃぱシュみゃヒャみゃチふヘしゅキャごひゃピュぽどムヤカひょりゃクニュヒャアゆテジャらしにゃチュてぴょヨヤづルニジャずぢロじゅチュぎゅのリョりゅしゅれざメきょコエじゅカてじゅキシアぐジュたごいオせじびゅぜゆぎゃゆシュしそリャうぱにゃヲほぎゅぴヤにょホショむニョにゃねひルでロビュぬヨぎゃどりゅちょチョきゅチョリリャよウキョりセキュビョイよニョタサきフぴゅすほおリャみゃちゅずげきゃぽおシはミョひゃショりゃギャショヒュなじゃセンそピョず

  我的頭,大概保住了。

你的回應

烏迪亞 發表於 2020-01-02 00:15:34
公主太倒霉了
©

背景色

字體

简繁